大東建託でドコモ光の申し込みは出来る?

ドコモ光を大東建託の賃貸住宅で申し込みできる?

インターネットの申し込みはかなり多くの方法があります。
電話での申し込みを始め、スマホなどからでも出来るようになっています。

そしてインターネットの新規申し込みやサービスにはかなり多くの特典があり
よりお得にインターネットが使えるようになりました。

最近ではNTTのフレッツ光とプロバイダなどが提携して、新しく光回線と
プロバイダを同時に申し込むことでお得になるサービスも開始されました。

それが光コラボレーションモデルというサービスで、例えば大手キャリアで
光コラボモデルを申し込めばスマホの月額料金が安くなる場合も。

こんな光コラボモデルはどこからでも申し込みが出来るのでしょうか?

賃貸住宅の管理を行っている大手会社の大東建託では新規の入居者に対して
専用のインターネット申込みセンターを開設しています。

こちらでは大東建託の賃貸住宅を借りている人が手軽にインターネット回線を
使えるようにサポートしてくれているのですが・・・

このようなサービスが有る大東建託の賃貸住宅でも光コラボモデルを申し込むことが
出来るのでしょうか?

今回は携帯キャリア最大手のドコモ光が利用できるのか確認してみます。

基本的には申し込みが出来る

まず光コラボモデルの利用条件、フレッツ光を利用できるかを確認します。
集合住宅の場合は基本的に建物に一つの回線設置という事になります。

現状何も光回線を設置していない賃貸住宅なら管理会社に頼んで光回線を設置してもらう
という手続きが必要になりますが・・・

すでに建物にフレッツ光が設置されているなら問題なくドコモ光を申し込むことが
出来るのです。

ただし上記の大東建託専門のインターネット申込みセンターを使うと光コラボモデルでの
申し込みをしてもらえません。

大東建託のサービスなので基本的に大東建託と提携しているプロバイダを薦められて
そちらでの契約になるので光コラボモデルを使えないのです。

当然ドコモをプロバイダとして紹介してもらえないのでドコモ光を申し込むことが
出来なくなってしまいます。

ドコモ光を申し込むときには自分でドコモショップに行くか、ネットで申し込みの
手続きをするようにしましょう。

DK SELECTの場合は光コラボモデルは無理

もう1つ、大東建託では個人的な住居の希望を探すことが出来るDK SELECTという
賃貸物件の紹介方法があります。

こちらでインターネット関係の物件を探すとインターネット無料の物件も見つかります。
インターネット無料とは最初から部屋にインターネット回線が開通している物件です。

自分でネット回線開通の申し込みをする必要がなく、入居者の案内に部屋に設置している
Wi-FiルーターのSSIDとPASSWORDが記載されています。

それを使えば入居当日にすぐにインターネットを利用することが出来るのです。
ちなみにネット利用料は家賃や管理費に含まれているので別に支払いをしません。

この物件の場合、新しく回線申込みをしないのでたとえフレッツ光を使っていても
ドコモ光を申し込むことが出来ません。

勝手にプロバイダを変更することも出来ないのでドコモ光に乗り換えることも
出来なくなっています。

ドコモ光を使いたい時にはDK SELECTを利用するのは止めましょう。

賃貸住宅でドコモ光を使うときの注意点

大東建託に限らず賃貸住宅でドコモ光などの光コラボモデルを使う場合には
回線速度が遅くなりやすいことに注意しましょう。

元々集合住宅では一つの回線を部屋の人数で分けて使っていることになります。
つまり最大1Gbpsの回線を部屋数で分けて使うという形です。

一つの回線を分け合うので同時に複数の人数が使えば回線速度は上がらなくなります。
夜間の利用者が増える時間は特に通信速度が落ちやすいので注意しましょう。

それに加えて光コラボモデルは多くの方がお得になるために契約しています。
ドコモ光もそれは変わらず、多くのドコモユーザーが加入しました。

ドコモ光の場合はまだプロバイダを選べるのでそれほど集中しませんが
プロバイダも一度に多くのユーザーが使えば通信速度が遅くなってしまいます。

つまり集合住宅で光コラボモデルを使うと通信速度がとても遅くなりやすいのです。

それに大東建託の物件は全てがフレッツ光を導入しているわけではありません。
物件によってはケーブルテレビ回線を使っている可能性もあります。

光コラボモデルは当然ですがフレッツ光を使っていることが前提なので他の回線を
利用している物件でドコモ光を使うなら部屋に個人で回線を設置することになります。

個人で引くにはフレッツ光のマンションタイプは使えず戸建向けのファミリータイプを
利用するので月額料金が高くなります。

割引できる金額と工事費や月額料金を考えてもお得にならない可能性が高いので
契約する前にきちんと確認をしておきましょう。

大東建託でソフトバンク光を申し込みできる?

大東建託の賃貸住宅でソフトバンク光の申込みは出来る?

インターネットがかなり普及した最近では、そのネット回線の申込を使った
色々なサービスも多くなっています。

特に固定回線の光回線と色々な会社が協賛している光コラボモデルという申し込みは
とても便利に使えると注目されています。

例えば大手キャリアが提供する光コラボモデルを使えば、スマホの月額料金を
割引しながらプロバイダ料金込の金額でフレッツ光を利用することが出来ます。

一時期は固定回線よりもスマホなどモバイル通信のほうが注目されていましたが
最近では家庭用ゲーム機やテレビの動画配信などで光回線も最注目されています。

そんな注目光回線の最大手がNTTの提供するフレッツ光で、この回線申込みを
プロバイダなどから行うことで様々な割引サービスを利用できるのが光コラボです。

そこでそんなオトクな光コラボモデルを賃貸住宅でも利用できるのか?
集合住宅のインターネット回線申し込みでも出来るのかちょっと知りたくなりました。

大東建託の賃貸住宅はインターネット関係のサービスに強いと言われていますが
こちらから光コラボモデルの申し込みは出来るのでしょうか。

今回は私の使っているキャリア、ソフトバンク光の申し込みで確認してみます。

賃貸住宅にフレッツ光がなければ申し込みできない

まず大東建託の賃貸だけではなく全ての賃貸住宅でも言えることですが
建物にフレッツ光が設置されていなければ光コラボモデルは申し込みできません。

集合住宅の場合は建物に光回線を設置して、それを各部屋に分配しています。
これは光回線だけではなくケーブルテレビ回線も一緒です。

つまり一つの建物に1回線しか設置できないのが普通なので、すでに別の回線が
設置されているなどフレッツ光がなければ設置ができないのです。

まだ光回線やケーブルテレビ回線が何も設置されていない、という状況なら
大家か管理会社を通してフレッツ光を集合住宅に設置することは出来ますが・・・

回線設置工事は集合住宅の居住者の認証が必要なのでかなり難しいし長い時間が
かかる可能性が高いです。

一応個人で戸建て用の回線申し込みをすればアパートなどの1部屋だけに
フレッツ光を設置することも出来るのですが、この場合月額料金が高くなります。

手間を掛けずに利用できるのはすでにフレッツ光が設置されていることです。
まずは設置されている回線を確認してみましょう。

大東建託の賃貸住宅でもソフトバンク光の申し込みは出来る

大東建託の賃貸住宅では入居時に専用のサポートダイヤルを教えてもらえます。
こちらに連絡すると提携しているプロバイダと簡単に契約することができます。

多くの物件でこのサポートダイヤルを利用する人がいるので、それ以外の
インターネット申込みが出来ないと思ってしまう人も多いようです。

でも実際には単純にサポート用のダイヤルからプロバイダに連絡しているだけです。
つまり自分でプロバイダに連絡してネット利用の契約をする事が出来ます。

当然ソフトバンクのスマホを使っていて、ソフトバンク光を使いたいと思えば
ショップなどから申し込みをする事が出来るのです。

ソフトバンク光に限らず、他の光コラボモデルでも問題はありません。
賃貸住宅にフレッツ光が設置されているなら問題なく契約ができます。

それに光コラボモデル以外でも単純にキャッシュバックを利用するために
プロバイダを申し込むことも出来ます。

新規契約特典では色々なキャンペーンを展開していますが、それを使うために
自分でプロバイダから申し込みをすることも問題ありません。

自分で申し込みをする場合の注意点とは?

大東建託の賃貸物件の場合、最初からインターネット回線が利用可能な状態で
契約できるサービスもあります。

DK SELECTネットサービスでは入居した時にすでにネット契約がされている状態で
Wi-Fiルーターですぐにネットがつながる状況になっています。

こちらの物件では回線契約が終わっている状態なので新しくソフトバンク光に
乗り換えることが出来ません。

自分の部屋にだけフレッツ光を設置して光コラボモデルを契約する、という方法も
一応出来るのですがコストが掛かりすぎます。

それにDK SELECTの場合、すでにネット利用料金が管理費などに含まれている
可能性が高いのでネット代金の二重払いの状態になります。

それと光コラボモデルは多くのユーザーが乗り換えたことで一時期かなり混雑し
ネットの通信速度が遅くなるというトラブルも多発しました。

特にソフトバンク光はスマホが安くなるためにソフトバンクユーザーが集中し
しかも選べるプロバイダが1つなのでそこに多くのユーザーが集まってしまいました。

現在多少緩和されているようですが、光コラボモデルにすると通信速度が遅くなる
という状況も考えて契約したほうが良さそうです。

アパートでインターネット契約(WIFI)をするにはどうしたらいいの?

Q.pngアパートでWiFiをやりたいのですが、よく分かりません。

今度、アパートで1人暮らしをします。
これを機会にインターネットを本格的にやろうと思っています。
現在はiPhone6を使っています。
でも、やはり大きな画面で、がっちりやりたいのです。

具体的にどうやればいいのか、よく分かりません。
それで教えて欲しいのです。

先ず、アパートには光回線がありません。
ですから、無線LANが必要なのですよね?
つまりはWiFiを買えばいいのでしょうか?
それは、ソフトバンクとかauで売っているのですか?

パソコンはMacBook Airを買う予定です。
これがいちばん格好いいですから。
アップルに聞いたら、AirMac Expressが必要とのことでした。

以上を揃えれば、インターネットが出来るのですね?
ただ、設定などは、どこで聞けばいいのでしょうか?

ソフトバンクかau、それともアップルですか?

なにしろド素人です。
この方面に詳しい方、分かりやすく教えて下さい。
お願いします。

アパートでWIFI接続するには

WIFIとは、無線でインターネットに繋がることをいいます。
無線LANという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、
WIFIと無線LANは、ほとんど同じです。

無線でインターネットに接続するWIFIを利用すれば、アパートで
ケーブルなしで通信することができるのです。

また、モバイルWIFIと呼ばれる通信機器を活用すれば家の中でも
アパートで簡単にインターネットに接続することができます。

無線で通信をすると、個人情報が漏れるなどの危険性が高まりますが、
セキュリティー対策も揃っているので、安心して利用できます。

無線でインターネットにアクセスして通信をするWIFIには普通のWIFIと
モバイルWIFIがあります。

普通のWIFIは親機と子機に分かれています。
まず、WIFIの親機でインターネットから通信を受けます。

インターネット通信を子機へと転送するのです。

親機から通信が転送してきた子機はその通信をスマホやパソコン、
タブレットなどに再度転送します。

しかし、最近のスマホやタブレット、パソコンはほとんどがこのWIFI
子機の機能が内蔵されています。

WIFI親機のみでも十分、通信をすることができます。

WIFI機器は通信会社でレンタルすることも出来ますし、購入することも
できるのです。

そして、モバイルWIFIはアパートなどの屋内でも屋外でも通信することが出来る
WIFI機器です。

WIFIのような無線通信機器は、室内に弱いというデメリットがあります。

屋外の方が本来の通信速度や通信の安定感が出ますので、外出先
でよくインターネットを使う人はモバイルWIFIがおススメです。

では、WIFIの基本が分かったところで、どのようなWIFIを購入
すればいいのでしょうか?

WIFIの機能性は?

質問者様が気になっているAirMacExpressは通信も高速ですが、
設定もすぐに出来てとても便利なWIFIです。

しかし、モバイルWIFIではないので、屋外での使用は出来ません。
モバイルWIFIはこちらがおススメです。

便利なモバイルWIFI

残念ながらAppleにはモバイルWIFIルーターがまだありません。
ですので、他の会社のモバイルWIFIルーターになります。

おススメは、現在人気のUQ WIMAXです。

UQ WIMAXはKDDIグループなのですが、WIMAXというモバイルWIFI
ルーターを販売している大元の会社なのです。

ですので、保証は万全ですしWIMAXの通信端末も幅広い種類があります。

質問者様は現在、Mac book airの購入を検討されているようですが、
WIMAXにはこんなセットがあります。

「WIMAX2+ルーター タブレットorパソコンセット」 販売価格1,500円~

こちらのセットは「Speed WI-FI NEXT WX01」「Speed WI-FI NEXT W01」
「WI-FI WALKER WIMAX 2+」の3つの中から好きなWIMAX2+ルーター
を選びます。

そして、「TranBook T100Chi」「EeeBookX205TA」のどちらかの
パソコンか、「Nexus 9」「MeMO Pad 7」のどちらかのタブレット
から好きなものを選びます。

このセットは最大で20,000円引きですので、とてもお得にノート
パソコンとWIMAXのルーターが手に入ります。

UQ WIMAXなら通信制限が一切なくて月額4,380円で利用する
ことが出来ます。契約から3ヵ月間は3,696円とさらにお得な料金です。

アパートのネット契約は家電量販店でしないほうがよい理由

家電量販店でもWIMAXの契約をすることが出来ます。

「最大○万円キャッシュバック!」というキャンペーンが良く行われ
ているので、とてもお得に感じるかもしれませんが、家電量販店で
契約をすると月々の利用料金に家電量販店への手数料が上乗せ
されているのです。

ですので、家電量販店では契約をしないようにしてください。

また、モバイルWIFIでも通常のWIFIでもセキュリティーをつけるように
することが大切です。

パソコンを購入する時は、一緒にウイルス対策ソフトも購入しましょう。

WIFIのような無線通信はインターネットの犯罪などに巻き込まれや
すいのです。しっかりとセキュリティーをかけることが大切なのです。

また、WIFI機能付きのスマホなどで、「FREE」と名前のついた無線
LANなどにはアクセルしないようにしてください。

無料で通信できると思うかもしれませんが、パソコンやスマホなどに
不正アクセスされたり、ウイルスを感染させられたりすることがあります。

ポケットWIFI、モバイルルーター、モバイルWIFIは同じ

ネットには固定回線と無線回線があります。
無線回線には、さまざまな呼び名があります。

ポケットwifi、モバイルルーター、モバイルwifiなどがありますがどれも同じです。
コードレスの無線通信機器で、室内でも屋外でもネットできます。

ここではポケットwifiと呼びますが、ポケットwifiの最大のメリットはどこでも通信
できることと、契約の手軽さです。ポケットwifiはネットから契約をします。

氏名、住所、電話番号、クレジットカードの情報などの必要事項を入力してほしい
ルーターを選び、それぞれのオプションを選びます。

そして、申し込みから最短で翌日に自宅にルーターが届きます。
申し込みから回線工事まで最短でも2週間かかる固定回線に比べて、早く使えますよ。

ポケットwifiは、外出する時間が長いアパートでの一人暮らしに向いています。
室内でも屋外でも使えることは、かなり大きいメリットですよね?

また、ポケットwifiは1台で10代前後の通信機器とつながることができます。
スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機などで快適にネットできます。

公共無線LANを設置していないカフェでも、友達と大勢でオンラインゲームできますし、
友達と遊ぶときにできることが増えますよ。

バッファローなどの無線LANルーターでは外でネットができない

室内でも屋外でもネットできるポケットwifi。
一方、固定回線の無線LANルーターでは、外でネットすることができません。

バッファローなどの無線LANルーターは、室内でネットするための機器です。
ケーブルで固定回線のモデムと繋がっていないと、電波が届かない仕組みになっています。

自宅の庭や自宅前などでは、ネットできますが、それ以上自宅から離れている場所では、
ネットできません。

これは法律で、無線LANルーターやトランシーバーのような免許がいらない無線局の電波の
出力上限が決まっているから。

2010年に改正された法律で電波の出力上限は1000mWです。
ただ、この上限はまだ無線LANルーターに適応されていません。

ほとんどの無線LANルーターの最大出力は10mW以下です。
まったく障害物がない状態なら直線距離100mくらいまで届きます。

ただ、無線LANルーターの電波は家電などに影響がないよう、ドア1枚でも弱まってしまう
くらいに電波が弱いです。

無線LANルーターを1回に置いている場合でも、家具、壁、ドア、外壁などにぶつかって
電波がかなり弱くなります。

実際には自宅から少し離れたところまでしか電波が届かないでしょう。

持ち運べる無線LANルーター=ポケットWIFI

ポケットwifiは持ち運べる無線LANルーターです。
インターネットから送られてくる電波をキャッチして、スマホやタブレットなどに送ります。

ポケットwifiでできるのは、ふつうのネットサービスを利用すること。
ネットサーフィンはもちろん、ショッピング、SNS、動画再生、動画投稿などもできます。

家でスマホでネットしているときと同じ感覚でネットを使えるので、外出先でほしくなった
ものを通販で頼み、自宅に届けてもらうこともできます。

ネットを使ったサービスがどんどん増えている今、ポケットwifiを持ち歩いていることは
生活を便利にすることになります。

私もポケットwifiを使っているのですが、外出先での待ち時間によくYOUTUBEを観ています。
気になるアーティストやお笑い動画を観て、相手を待っている時間をつぶせて便利です。

私は外出先でネットをよく使って、家では料理のレシピを検索する程度なので、外出先で
使えるポケットwifiがあっています。

モバイルWIFI=WIMAXではない

モバイルwifiの中で特に人気で、多くのサイトで紹介されているwimax。
このwimaxだけがポケットwifiというわけではありません。

ポケットwifiには、もうひとつLTEという種類があります。
LTEには、以下のような種類があります。

・ヤフーwifi
・ワイモバイル
・SoftBank
・au
・DOCOMO

これらのポケットwifiは、会社によって月々の利用料金が異なります。
もっとも安いのはヤフーwifiです。

また、LTEにはアドバンスモードというオプションがあります。

月間の制限なしで通信でいるモードで、通信量が多い人でも快適にネットできる
ようになります。

LTEはwimaxと違い、電波が強くありません。
ですので、柔軟性があるので室内の奥まったところにも電波がしっかり届きます。

スマホと同じような感覚で電波が届くので、ネットが使いやすいですよ。

通信基地局の数にもよりますが、一般的に都市部はwimax、地方はLTEが適している
といわれています。

場所を選ばないので、職場、学校、駅地下、ショッピングモールなどどんな場所でも
快適にネットできます。

固定回線の代わりに十分あるので、アパートでの一人暮らしの人はポケットwifiにしましょう!
ちなみに契約はネットからですが、解約は書類や電話で行います。

解約には、少し手間がかかることを知っておきましょう。
また、契約書などは保管しておいてください。

アパートに光回線を引くのは手続きが工事が面倒

アパートに光回線を引くのは、手続きや工事が必要です。
手続きや工事をするのに抵抗がある人は、ポケットwifiがいいでしょう。

アパートに光回線を設置するとき、必要な工程は以下の通りです。

・1 ネットでサイトから申し込み
・2 通信エリアかどうかの審査の結果を受ける
・3 契約をする
・4 回線設置工事の日程を決める
・5 回線設置工事をして、ネットを使い始める

これらの工程をすべておわらせるためには、2週間~1か月くらいかかります。
また、回線の設置工事は外壁に穴をあけるので、アパートの管理人さんの許可が必要です。

光回線を設置した人の体験談によると、大家さんへの許可は光回線の会社が
とってくれるそうです。

ただ、アパートでの工事は外壁に数cmの穴をあけるので、騒音が出ます。
周囲の部屋へ一言断っておくといいかもしれません。

また、固定回線で使う無線LANルーターの接続は素人では難しいですが、これも回線の
設置業者が行ってくれます。

ネットの知識がなくても、固定回線の契約と設置行為には対応できますよ。
ただ、申し込みから設置工事までの流れがとても面倒です。

光回線はアパートからの引っ越し時にさらに面倒

光回線は契約時も面倒ですが、引っ越し時はさらに面倒。
ここからは、引っ越し時の手続きを紹介していきます。

アパートで光回線を契約している人が引っ越しをするとき、以下のような手順を踏みます。

・1 公式サイトから手続きをする
・2 回線の撤去工事をする
・3 引っ越し先で回線の設置工事をする

このように、工事を2回する必要があります。

これらの手順は引っ越し前に済ませておかないと、引っ越しですぐからネットを
使うことができません。

アパートからの引っ越し前は転居届を出したり、電気屋ガスの業者に連絡をしたりといろいろな
手続きをする必要があります。

ネットの手続きだけに時間をかけていられないので、引っ越しのときに手続きの必要が
ないネット環境の方がいいですよね?

引っ越しのときに手続きのいらないネット環境には、スマホのテザリング機能を使った
方法があります。

スマホでテザリングのメリット、デメリット

スマホでテザリングをする場合、メリットとデメリットがあります。
それぞれどんなものが説明していきましょう。

まず、スマホのテザリング機能のメリットは固定回線やポケットwifiのように、
契約は必要ありません。

オプションとして申し込みをすれば、使えるようになります。
また、ドコモはパケットプランに加入していれば、無料で使えるようになります。

ワイモバイルもドコモと同じで無料でテザリングができます。
しかし、スマホをポケットwifiにする機能なので、スマホが使えなくなります。

また、バッテリーの消耗も激しいので、長時間外出先でネットできません。
自宅にいるときのようにスマホでネットするには、ポケットwifiがいいでしょう。

そして、テザリング機能をオンにするのは、設定から行います。

設定→インターネットの共有→モバイルデータ通信→インターネットの共有をオンにして
接続用パスワードを入力します。

これでテザリングが使えるようになります。

テザリングは外出先でオンにすることが多いので、パスワードを書いたメモを財布などに
入れて持ち歩きましょう。

また、テザリングはネットをつかうときだけオンにして、それ以外はオフにしておきましょう。
通信量がかさんでしまい、制限にひっかかるからです。

このようにテザリングを使うにはなかなか手間がかかります。
ポケットwifiならルーターが届いてすぐに一度設定すれば、あとはオン・オフだけ。

操作が簡単なので、外出先でイライラすることがありませんよ!

WIFIが無料のアパートは家賃にコストが上乗せ

ネットに対応しているアパートが増えていますが、最近はネットが無料のところもあります。
WIFIが無料になっているアパートは、本当に無料ではありません。

実は、アパートの家賃にネット料金が上乗せされているのです。
また、通信回線の工事費も分割で上乗せされているところもあります。

固定回線の料金は月額5,000円前後なので、本来の家賃よりも5,000円は高くなっていると
見込んでおきましょう。

そして、固定回線が必要な人がwifi無料のアパートにするのはいいのですが、ポケットwifiを
使いたい人がwifi無料のアパートに住むと無駄が出てしまいます。

その理由は、家賃に料金が組み込まれているwifiではなく、別回線でネットするので、使わない
回線の料金を支払い続けることになるから。

アパートでの一人暮らしの人は、固定回線よりもポケットwifiの方がいいので、wifi無料のアパートには
すまない方がいいでしょう。

ポケットwifiは家でも外出先でも使えるので無駄が出ません。

私はアパートでの一人暮らし歴が長く、ポケットwifiでネットしていますが、外出先でも旅行先でも自宅と
同じように快適にネットできるので満足しています。

wifi無料のアパートは、好きな会社の通信回線を選べないし、オプションもよくわかりません。
自分で好きなルーターやオプションを選べて契約できる、ポケットwifiが安心ですよ!

アパートは戸数が少ないので光回線は割高のプランに…

アパートやマンションは1つの建物で1つの通信回線を使います。
戸数が少なければ少ないほど、利用者が支払う料金が割高になる仕組みです。

1つの集合住宅に1つの通信回線しか設置できないので、この1つの回線で同じ建物に
住んでいる人たちがネットすることになります。

1つの通信回線の料金を集合住宅に住んでいる人全員で割り勘して払うので、戸数が多い
集合住宅であれば料金は割安に、戸数が多くない集合住宅であれば割高になります。

アパートは4戸や8戸などの少ない戸数なので、光回線の料金が高くなります。
例えば、NTTのフレッツ光の料金は以下の通りです。

・3戸以下      月額5,100円~
・4戸以上7戸以下  月額3,950円~
・8戸以上15戸以下 月額3,350円~
・16戸以上     月額2,950円~

このように一番料金が安い集合住宅といちばん料金が高い集合住宅では、1.5倍以上の
差があります。戸数の少ないアパートに住んでいるならポケットwifiにしましょう。

ただ、安いところでも月額3,000円前後です。
この料金で自宅でしかネットできないのは、少し不満を感じますよね?

ポケットWIFIなら外でもネットができる

光回線はかなりの料金がするのに、自宅でしかネットすることができません。
しかし、ポケットwifiなら外でもネットができます。

法律で無線LANから発信する電波は強くすることができません。
半径数mまでしか電波が行き届かないので、光回線では自宅と自宅周辺だけになります。

しかし、無線LANそのものを持ち歩けるポケットwifiは数mの電波を常に持ち歩いている
状態なので、通信エリア内であればいつでもどこでもネットできます。

以前は、地下ではネットできませんでしたが、どんどん地下鉄の駅構内でもネットできる
ようになってきて、半地下のカフェなどでもネットできるようになっています。

光回線では外出先でネットできないので、ポケットwifiの方がネットできる時間が長いです。
月間の通信量を余すことなく使えるので、料金に無駄が出ません。

そして、家でも外でも使えて通信費に無駄が出ないポケットwifiには2種類あります。
wimaxとLTEです。LTEにはヤフーwifiやソフトバンクなど、さまざまな会社があります。

ここからは、wimaxとヤフーwifiについて説明していきます。

WIMAXとヤフーWIFI(LTE)は電波の特徴が違う

wimaxとヤフーwifiは、電波の特徴が違います。
それぞれの特徴を知っておくと、契約のときためになりますよ。

〇wimaxの電波の特徴

・電波が曲がりにくいので建物などにぶつかりやすい
・室内やいりこんだところは電波が届きにくくなる
・都市部では高速、地方では低速になりやすい

〇ヤフーwifi(LTE)の電波の特徴

・電波が曲がりやすいから建物の中でもぶつからない
・室内でも屋外でも変わらず電波が届きやすい
・都市部でも地方でも安定した速度で通信できる

このようにそれぞれの電波にはメリットとデメリットがあります。
wimaxの電波は曲がりにくいので、壁やドアにぶつかって電波が途切れやすいです。

周波数帯は2.5GHzで電子レンジや家庭用の無線LANと同じ周波数の電波があります。
LTEの周波数帯は800MHで、スマホと同じ周波数の電波です。

スマホと同じ感覚で使えるLTEの方がネットをしていて、快適と思うことが多いかと思います。
ただ、最近はwimaxでも室内で通信しやすくなっています。

住んでいる場所によってどちらの方が繋がりやすいかがちがいますので、両方の通信エリアを
調べてからどちらにするかを決めましょう!

速度制限はあるけどコスパがよいヤフーWIFI

速度制限があるけどコスパがよいのはLTEのヤフーwifiです。
ヤフーwifiにすれば、低料金でネットできます。

ヤフーwifiには3日間で3GB、月間7GBという通信制限があります。

この制限は、ネットをかなり使う人には厳しい制限ですが、常識の範囲内でネットを
使っている人には、問題ない通信量です。

私はwimaxを使っていますが、月間7GBの通信制限に引っかかるのは数か月に1度だけ。
制限後も5Mbpsくらい出るので、ふつうにネットできています。

ただ、制限後の速度が遅くても1~2日くらい動画が見れなくなるだけです。

ヤフーwifiは制限後、128KbpsになってメールやSNS、ネットサーフィンはできるけど、
動画視聴や大容量のダウンロードができなくなります。

しかし、これでも問題ないという人は少なくありません。
これさえ我慢すれば、月間2,000円代でネット環境が手に入るのです。

また、ポケットwifiの本体代は0円、初期費用は3,000円です。
これはワイモバイルやドコモなども同じですが、月々の料金はもっと高いです。

ワイモバイルは月額3,696円、ドコモだと月間2GBでも3,500円します。

初期費用がお得ではなくても、毎月の料金がお得なので総合的に観てヤフーwifiの
コスパはよいといえます。

ヤフーWIFIは5Gが最大ですが、20G以上を求めるには同じ2000円台
でつかえるポケットWIFIがあるので下のコンテンツを参考にしてください。
(ネクストモバイルというWIFIがあります)

wifi

インターネット料金を安く!大東建託指定のところしかだめ?

大東建託のプロバイダ

※大東建託に住んでいる人、これから住もうとしている人必見の記事です!
私も光回線を契約しようとしていましたが、結局モバイルWIFIにした理由を書いています。

 

Q.png賃貸物件での、プロバイダー契約などについて、質問します。現在、大東建託の賃貸物件で、1人暮らしをしています。

これまで、インターネットは、会社でしかやりませんでした。
仕事上の事だけを、教わった通りにクリックしていたのです。

でも、やはり、自分の部屋にないと、不便になりました。それで、いくつか質問があります。
パソコンは、何を買えばいいでしょうか?
インターネット用の性能は、カタログのどこを見ればいいのですか?
ちなみに、ノートパソコンです。この物件には、光回線はあるそうです。

(どのコンセントなのか、よく分かりませんが。)
それで、入居のとき、J:COMの紙を渡されました。
これは、J:COMと契約しろ、ということでしょうか?

もしJ:COM以外と契約すると、賃貸条件に違反するのでしょうか?J:COMは、他のプロバイダーと比較して、どうでしょうか?
料金とか、サービスとか、教えて下さい。この方面に詳しい方、回答をお願いします。

大東建託でのインターネット契約

普段からインターネットをされる方ですと部屋探しの段階でインターネット環境は
どうなっているかを考慮しながら部屋を探されているかもしれません。

一方、入居時にはインターネットはいらないと感じていたけど、最近インターネットを
始めたくなった、という方もいらっしゃるでしょう。

 

入居するときはそんなつもりがなかったため、お住まいの物件のインターネット環境が
どうなっているか全くわからないという方もいるのでは?

今や当たり前になってきたフレッツ光、最近話題のWiMAXやイーモバイルなどがあり、
一口にインターネットと言ってもさまざまな通信形態があります。

 

今回は一人暮らしの物件でインターネットを始めるにはどうするかについてみていきます。

大東建託のインターネット料金

大東建託 インターネット料金

携帯電話のようにコードなしで通信できるモバイル通信と違い、一般的に自宅で
インターネットをする場合、インターネット工事をして部屋に回線を持ってきます。
このようなものを固定回線と言います。

自宅のパソコンなどでインターネットを使用する場合、固定回線を引くのが一般的です。
フレッツ光も固定回線です。

 

大東建託に入るとすすめられるのはフレッツ光やJCOMなどの固定回線です。
 
 

「U-NEXT(ユーネクスト) 」という代理店から勧誘の電話がかかってきた人も
多いのではないでしょうか?

 

大東建託の窓口(インターネットご案内センター)U-NEXT(ユーネクスト)はNTTの代理店なのでフレッツ光を勧めてくるケースが多いです。

 

では

固定回線は安定感抜群で通信速度もダントツです。
ただし、固定回線と言うだけあって自宅でしか使用できないのが難点です。

それでも自宅でよくインターネットを利用される方ならば固定回線は引きたいところ。
集合住宅ではその建物に既に設備環境が整っているかどうかが問題となります。

 

大東建託で「インターネット設備環境あり」などと書かれている物件では、入居したら自動的に
インターネットが使用できるわけではありませんが、建物内の共有部分には既に
インターネットの回線が引かれています。

そのため、入居者がNTTやケーブルテレビ(JCOM)に申し込むと工事後
お部屋でインターネットが使えるようになります。

 

一方、その建物内にそういった設備が整っていない場合は、個人で申し込むことになり、
近隣の状況などによっては光回線は不可能なこともあります。

 

また、固定回線はほとんどがNTTによるものですが、一部でケーブルテレビや
地方の電力会社系列の業者なども提供しており、

NTTの回線が建物内に配備されている大東建託の物件でNTTに申し込むのは基本的に問題ありませんが、
NTTの回線が配備されている物件でケーブルテレビに申し込む場合、
個人で申し込むことになってしまいますのでお気をつけください。

 

NTTやJCOMに申し込んでからおおよそ3週間位で
工事が完了します。

ちょっと長いですね・・

 

まあさくさくネットができると考えるとそれくらいは待ってもいいかもしれませんが
当然のように

 

2年契約です。

 

そのため、引っ越しなどの解約時に2年未満だったり、2年目のちょうど更新月
(25ヶ月目の月)

出ない限り、解約違約金(1万円~2万円位)を取られてしまいます!

 

これを知らずに契約している人も多いので注意が必要です。

あと、フレッツ光などの設備が大東建託の物件に入っていれば、物件の戸数(部屋数)によって
料金がきまります。

 

そのため申し込みのルートで月額料金が変わることは一切ないのです。

申し込みのルートで変わるのはキャッシュバックなどの特典だけです。

 

料金はどうかというと、物件の戸数(部屋数)が少ないほど割高(高くなる)になります。
一例ですが、4部屋の物件で月額4500円程度になります。

ただ、大東建託では無料のインターネット回線がある物件がサイトに掲載されていますので物件によっては無料でインターネットをすることができます。

家賃を見るとちょっとお値段がはっているのではと感じる物件もあるので個人的には
大東建託が家賃に若干インターネット使用料を上乗せしているのではないかと思っています。

 

フレッツ光以外(J:COMタイプ)のインターネット料金

フレッツ光以外のインターネット料金

先ほども少し触れましたが、ケーブルテレビにインターネットつきのプランがあります。

たとえばケーブルテレビのJ:COMでは、テレビで77チャンネル見ることができ、
最大160Mbpsの高速インターネットとWi-Fi、さらに固定電話付きで、
月7143円(税抜)のスマートお得プラン160があります。

 

auスマートバリュー対象なので、auのスマホをお使いの方はさらにお得です。

同じ速度でケーブルテレビなしのネットパック160Mコースもあります。
そちらは月4248円(税抜)です。

 

メールアドレスも複数取得でき、他にも無料のセキュリティーも充実していて
このお値段はお得です。

上記は全て集合住宅の場合の料金です。
さらに集合住宅の場合、大家さんによる費用の一部または全額負担でさらにお安く
利用できるところもあります。

 

そのような物件では建物の共有設備としてJ:COMが配備されています。
J:COMのサイトでどの建物に導入されているか見ることができるので参考になさってください。

 

入居時に大東建託からJ:COMの紙を渡されたら、J:COMしかだめなの?

大東建託 渡される紙

入居時に不動産や大東建託からインターネットの会社を指定されたという方もいるでしょう。

 

基本的に、その指定されたところにしなければいけないということはないと思います。
(ケースによっては無料のインターネットが込の物件もあるので契約書類をご確認ください。)

 

ただし、先ほどご紹介したJ:COMのように大家さんの負担で安く利用できる場合もあります。
そのような場合は、回線速度にこだわりがなければJ:COMでいいかもしれません。

 

費用が通常と同じ場合でも、建物に導入されている設備がNTTではなく、
J:COMであった場合、NTTのフレッツ光を利用するとなると個人で物件に
光回線を引いてもらうことになり月額費用も割高です。

 

なのでもし、不動産屋や大東建託からケーブルテレビを指定された場合は少し気を付けましょう。

 

あと個人でネット回線を引く場合ですが、大東建託の物件の部屋にある配管(電話線・エアコンダクトの穴)使ってして設置する場合は設置可能ですが
壁に穴を開ける工事が必要な場合は大東建託パートナーズの営業所に工事内容の確認が必要となります。

建物・部屋にビス止めや穴を空けた場合、退去時に補修費用を請求されるケースも
あるようですので個人の判断で大東建託の物件に固定回線(光回線など)を引く時は
よく確認したほうがいいでしょう。

 

大東建託ではケーブルテレビ以外にも物件単位でインターネット定額サービスがあるところもあります。
個人でNTTとプロバイダーに加入するよりも安く使える場合がほとんどなので、
そのような場合は素直に加入していいかもしれません。

(引っ越しする時の違約金の問題をのぞけば)

 

上記以外で普通にNTTとプロバイダーに加入する場合は、必ずしも不動産に言われた
プロバイダーに加入する必要はありません。
キャッシュバックなど特典が多い、無料で高速通信ができる場合は大東建託が紹介しているネット回線で問題ないでしょう。

ネット回線について相談したい場合は大東建託専用インターネットご案内センターというWEBページからインターネット回線について確認できます。

 

わたしは引越し時に回線の撤去がいらずに、住所変更だけ届ければいいモバイル回線(モバイルWIFIルーター)にしています。



これだとフレッツ光のように工事も必要ないですし、なにより解約しないで
そのまま持ち運べるので、違約金が発生しないメリットがあります。
不動産や大東建託に対していちいち断りを入れる手間が省けるのもメリットの一つです。

 

特にWIMAXは光並に回線速度が速いので契約する人が爆発的に増えています。

 

さらに2017年2月から速度制限が緩和され、3日で10G以上使わなければ速度制限がかからなくなりました!

 

 

WIMAXは申し込みしてから遅くても1週間以内に端末が送られてきますので
電源を入れればすぐに使えます。

 

 

大東建託の賃貸住宅でインターネット回線が遅い場合

大東建託の物件ではネットの通信速度は遅いと感じる方が多く、通信速度を
向上させたいという方はいるようです

では何故大東建託の物件はネットの通信速度が遅い場合があるのでしょうか。
その解決方法は何か無いのでしょうか?

契約しているプロバイダが遅い原因?

まず考えられることは大東建託の物件で契約しているプロバイダ、通信回線が原因で
通信速度が上がらないことです。

大東建託の賃貸住宅では提携しているU-NEXTと契約することが多いです。
こちらはIPv6に対応していないために混雑時に通信速度が遅くなります。

今までのプロバイダの多くがIPv4というインターネット接続方法を使っています。
この方式では回線接続認証に時間がかかり、認証のためのサーバーが混雑します。

これを解消するのがIPv6という新しい接続方式なのですが、これはまだ一部の
プロバイダと回線でのみ対応しているのです。

つまりプロバイダを変えることができれば回線速度が早くなる可能性もあります。
それと賃貸住宅自体が光回線を使っていないという可能性も。

大東建託の賃貸住宅全てで光回線が設置されている、という訳ではありません。
中にはケーブルテレビ回線や電話回線を使ったADSLを使っている物件もあります。

これらの回線は光回線に比べると通信速度はどうしても遅くなります。
この回線の最高速度自体が遅いために通信速度が遅く感じるという事です。

後は回線と同じく建物の設備自体に遅い原因がある可能性も考えられます。

大東建託の物件で分配方式がVDSL方式の場合は速度が遅い

集合住宅の場合、光回線は各部屋に直接設置するのではなく建物に設置してから
各部屋まで回線を分配するという形になります。

つまり一つの回線を建物全体で共有するということになります。
その為に同時にネット接続する人が増えると一人あたりの通信速度は遅くなります。

更に大東建託の各部屋に回線を分配する方式も注意が必要です。
せっかくの光回線を電話回線で分配している可能性があります。

電話回線を使った分配方式をVDSL方式といい、光回線を分配器に接続して
そこから各部屋には電話回線を使って分配しています。

電話回線は確実に各部屋に設置されているので申し込みを断られる心配がない
というメリットが有るのですが、通信速度は当然遅くなります。

大東建託の建物内部の分配にもLANケーブルを使っていれば通信速度はあまり落ちずに
高速通信が期待できるのですが・・・

この様に建物の設備自体に通信速度が遅い原因がある場合も多くあります。

大東建託の賃貸住宅で回線速度を回復させるために

大東建託の賃貸住宅でも自分でプロバイダを選んで契約できるところはあります。
その場合はIPv6対応、IPoEに対応しているプロバイダを選びます。

IPv6の接続にも従来のPPPoEの接続をしては認証の混雑を回避できません。
せっかくIPv6にするなら認証回避ができるIPoEのプロバイダを選びましょう。

それと光コラボモデルは選ばないほうがオススメです。
光コラボはオトクな割引が多く、ユーザーが多くなりやすいです。

混雑を回避することは速度が遅くなることを防げるので、ユーザーが多くなりやすい
光コラボモデルを避けたほうが通信速度は高くなりやすいです。

後は建物に設置されている装置自体が遅い原因の場合にはもうその回線を使わずに
モバイルルーターなど別の回線を使うほうがいいかも・・・

まあ混雑してしまうとモバイルルーターでも通信速度は遅くなりやすいです。
当然光回線でも混雑する時間帯を外せばそれほど速度低下がない可能性も。

ちなみに大東建託の賃貸物件に限らずインターネット回線が混雑するのは主に夜間の時間帯で、特に夜9時から
深夜2時位まではとても混雑する時間帯と言われています。

大東建託の賃貸物件で通信速度が遅くなる原因は色々と考えられるので、まずは手軽に出来る方法を
試してはいかがでしょうか。

ポケットWiFiと無線LANルーターの違い、データ通信容量の制限について

ポケットWiFiって一体どんなもののこと?

こんにちは、いつもありがとうございます。
今日は今注目されているポケットWiFiについて調べてみたいと思います。

スマホなんかを使っていると外出先でもインターネットを使うことは当たり前。
でももっと便利に使いたいならポケットWiFiがいい、なんて聞いたことはありませんか?

詳しく聞いてみるとタブレットPCやノートPCも外出先で使えるようになるのが
ポケットWiFiらしいです。

でもポケットWiFiってなんのこと?
そう思う方はいないでしょうか?

ちょっと調べてみると屋外でモバイル通信を使って複数の端末をネット接続するための
持ち運び可能な無線LANルーターをモバイルルーターといいます。

この中の一つの種類がポケットWiFi、正しくはY! mobileの登録商標だそうで。
ただこれと同じ機能を持つ端末をポケットWiFiと呼ぶ人も多いとか。

つまりモバイルルーター=ポケットWiFiという感じでも通じるということでしょうか。
じゃあ今回はポケットWiFiとはモバイルルーターのことって感じで。

ちなみに無線LANルーターは自宅の固定回線につないで無線LANのWi-Fiを使って
回線を分配するための機械です。

これを持ち運べるようにしたのがポケットWiFiということのようです。

じゃあ小型の無線LANルーターを持って歩けば外出先でもインターネットが出来るか?
これはちょっと違うようですねえ・・・

もうちょっと無線LANルーターとポケットWiFiについて調べてみましょう。

ポケットWiFiと無線LANルーターの違い

まずは無線LANルーターをもう少し詳しく調べてみます。
こちらは契約している固定回線を分配するルーターの1つのこと。

1つの回線を複数の端末で使う時に回線を付け替えるのではなく、最初から回線を
複数に分岐させてそれぞれの端末に接続して使えるようにします。

その分岐させる回線に有線を使わず、無線で分配しているのが無線LANルーター。
つまりこっちは契約している回線に使う据え置きの機械のこと。

そんな無線LANルーターを持ち運べるようにしたのがポケットWiFi。
でも固定回線を持ち運ぶことは出来ないのでこっちは使う回線が変わります。

どこでもつながるインターネット回線、という事でスマホなんかで使っている
モバイル通信に接続して分配するルーターがポケットWiFiです。

つまりポケットWiFiの場合はモバイル通信を使うための契約をする必要があり
契約すれば電波が届く地域ならどこでもネット接続が出来るようになる。

無線LANルーターとポケットWiFiでは使える場所も違うし契約などの
条件も違うことがよくわかったと思います。

これを考えると確かにポケットWiFiはかなり使いやすそうな印象だけど
実際に使うならどんなタイプの端末を選べば使いやすいのか。

今度はポケットWiFiを選ぶための目安なんかも考えてみましょう。

持ち運んで使うか、自宅で使うか

まずはポケットWiFiを使う場所を決めてみましょう。
持ち運んで使うのか?自宅で使うのか?

ポケットWiFiは最初に説明したとおりに持ち運びができる無線LANルーターです。
つまり外出先でもインターネットに接続ができるようになります。

スマホのように端末そのものにインターネット接続機能がない端末をネットに
つなぐためにはかなり便利なのがポケットWiFiです。

最近では持ち運びに便利なようにポケットWiFiの端末もかなり小さくなっています。
これが一般的なポケットWiFiの使い方だと思います。

でもポケットWiFiは電波が届く所ならどこでもネット接続ができます。
それはつまり室内でもネット接続が出来るということ。

使い方によっては室内で固定回線の代わりに使うという方法も。
ポケットWiFiなら回線工事が必要ないのですぐにネット接続が出来るというメリットも。

そしてポケットWiFiの端末の中にも自宅で付けるように据え置き型の端末があります。
こちらはアンテナが大きくなり電波の受信がしやすくなっているという特徴的な端末です。

ちなみに据え置き型の端末はバッテリーではなくコンセントから電源供給するので
屋外で使うのはかなり難しいと思います。

ポケットWiFiの端末は今ではかなり多くの種類が取り扱われているので、まずは自分が
どんな使い方をするのか考えてから選ぶようにしましょう。

モバイル通信のデータ通信容量の制限はどうするか

もう1つ、ポケットWiFiを選ぶときに重要なことがデータ通信容量の制限をどうするか。
モバイル通信には回線独占を防ぐための通信容量の制限があります。

スマホの場合は自分でデータ通信容量を選んでデータ定額パックを契約します。
例えばドコモならデータMパックなら5GB上限で月額5,000円です。

この上限を超えた通信をした場合、通信速度が制限されるというペナルティが
あるので多くの人が通信総量を気にしています。

ポケットWiFiも同じくモバイル通信を使っているのでこのデータ通信容量の上限が
決められています。

ただポケットWiFiの契約プランには月間データ通信容量上限なしというプランも
提供されています。

例えばWiMAX2+で提供されているギガ放題プランは月間データ通信容量の上限が
無いために毎月のデータ通信容量を気にする必要がありません。

まあ直近3日間で10GB使うと速度制限されるので、完全に通信総量を無視できる
というわけじゃないんですが・・・

ちなみにこのギガ放題プラン、月額4,300円位するのでそれなりにコストの負担は
大きいので契約するかはよく考える必要があります。

wifi

オンラインゲームをドコモのポケットWiFiでプレイすることは出来る?

ドコモのポケットWiFiでオンラインゲームが出来る?

昔はオンラインゲームといえばパソコンを使ったゲームが主流でした。
高性能のパソコンで高画質のゲームをする、というイメージがとても強いです。

でも最近では家庭用ゲーム機でもインターネット接続が簡単にできます。
当然そのネット回線を使ったゲームも多く発売されています。

以前はパソコンを使った高画質のゲームでも今では家庭用ゲーム機でかなり手軽に
楽しむことが出来るようになっています。

このようなサービスが増えてきて、最近ではまた固定回線にも注目が集まる
という事になっています。

でも一人暮らしで固定回線を契約している人は少なく、ネットを使う人の中にも
スマホだけでインターネットをしているというユーザーも増えています。

さすがにスマホでオンラインゲームをするのは難しいと思いますが、スマホと
同じデータ通信をするポケットWiFiならどうでしょうか?

スマホのように電波を使ってネット接続をするポケットWiFiでもオンラインゲームを
楽しむことが出来るのでしょうか?

まずはドコモで提供しているポケットWiFiで行う場合を確認してみます。

ドコモのポケットWiFiはオンラインゲームにむいている?

ドコモではデータ通信専用プランを使ったポケットWiFiのサービスを提供しています。
メリットとしては全国的に広い地域で接続可能ということ。

ドコモのXi回線と3G回線を使ってネット接続できるのでほぼ全国どこでも
ネット接続が出来るという魅力的なポケットWiFiです。

通信回線の安定性や利用可能地域に関してはそれほど問題ないと思いますが
もう1つ、データ通信容量に関してはちょっと厳しいところです。

ドコモのポケットWiFiはスマホと同じでデータ定額パックを契約して使います。
ポケットWiFiでも速度制限がかかる上限容量を自分で選ぶことになります。

そして大容量のデータ定額パックを選べば当然月額料金は高くなります。
高額のデータ定額パックを使うなら固定回線を契約したほうが安い場合も・・・

ただしゲームによってはそれほど通信容量を必要としないものもあります。
それに通信速度も必要ではないゲームも最近ではかなり多くなっています。

つまりあまり頻繁に通信をせずに出来るオンラインゲームなら
ドコモのポケットWiFiでも十分にプレイ可能という事です!

どんなオンラインゲームならポケットWiFiで出来る?

例えばパソコンでも販売されている大人数同時プレイが可能なFPSでは
かなり高性能の本体と高速通信可能なネット回線が要求されます。

まあそんなゲームにモバイル通信のユーザーが一人でも入るとその場所の全員が
回線不安定になるので基本的に参加することは出来ませんが。

でも例えばターン制のカードゲームでは順番が来るごとに少量のデータ通信をして
状況を反映させるだけなので通信速度はほとんど必要ありません。

常時接続が必要ないゲームなら通信容量が少ないポケットWiFiでも長時間のプレイが
出来るのでそれならおすすめしやすいです。

それに大戦格闘ゲームも実はそれほど頻繁にデータの読み込みをしなければ通信容量は
多くはならないようです。

ただしリアルタイムで対戦する場合は回線の反応速度、ping値が重要になります。
通信速度よりもこのping値が少ない、反応までの時間が短い回線が有利になります。

この様にきちんとプレイするゲームを選べば十分にオンラインゲームを楽しむことは
ポケットWiFiでも可能です。

回線の状態と通信容量には注意

ただしポケットWiFiの場合は使っている回線が電波回線のために固定回線に比べると
どうしても安定性が悪くなります。

ドコモのポケットWiFiでも電波干渉が起これば回線が繋がらなくなり、断線します。
有名なところでは電子レンジのマイクロウェーブはモバイル通信と干渉しやすいです。

他の家電でも電波による干渉が起きる可能性はあります。
また家の外でトラックの無線や工業機械が動く時にも電波干渉が起こりやすいです。

電波干渉が起こればモバイル通信はすぐに断線してしまいます。
ドコモ回線でもそれは注意しておきましょう。

それにデータ通信容量はちゃんと把握しておかないとデータ容量がなくなって
速度制限されることになります。

速度制限されてしまうとドコモのポケットWiFiは通信速度が下り最速128Kbpsまで
制限されてしまいます。

これではオンラインゲームどころか普通にサイトを見ることも難しいです。
使えるデータ容量は把握しておきましょう。

スマホで出来るオンラインゲームでも、ブラウザを使ったゲームだと
思った以上にデータ通信をしている場合も多いです。

ポケットWiFiでもオンラインゲームが出来るのは間違いないのですが、状況や
データ容量の変化には十分気をつけておきましょう。

ドコモのポケットWiFiを使っていて急に遅くなったときの対処方法は?

ドコモのポケットWiFiが遅くなったときの原因と対策

スマホのデータ定額パックを節約する方法として注目されているのがポケットWiFiです。
最近ではかなり多くのサービスが提供されています。

大手キャリアが提供するポケットWiFiなら利用可能地域が広いなどメリットが有り
使っている人もいるかと思います。

また大手キャリア以外にも色々なポケットWiFiのサービスが提供されていて
サービス内容や金額で選んでいるという方も多いと思います。

そんな今注目のポケットWiFiですが、使っている途中で急に遅くなったと
感じることはありませんか?

インターネットのサイトを開くのに重たくなり、時間がかかるということが
急に起きている場合には通信速度が遅くなっている可能性があります。

大手キャリアのポケットWiFiを使っていてもこの級に遅くなるという現象は
起きる可能性があります。

では何故通信速度が急に遅くなってしまうのでしょうか?
遅くなった時はどうすれば元の通信速度に戻るのでしょうか?

今回は大手キャリアのドコモでポケットWiFiを契約した場合の対処方法について
調べてみました。

通信速度制限を受けてはいないか

普段通りに使っていて急に遅くなった、という場合には通信速度制限がかかった
という可能性が高いです。

ドコモのポケットWiFiはスマホと同じ料金プランでの契約が出来ます。
基本料金プランにプロバイダ料金とデータ定額パックを組み合わせて使います。

ポケットWiFiでは通話のないデータ通信専用の基本料金プランとプロバイダ料金を
契約できるので1,200円と200円の1,400円が基本料金とプロバイダ料金です。

データ定額パックはスマホで選ぶことが出来るデータパックと同じものを
選んで契約しています。

データSパックなら2GB上限で3,500円、ウルトラデータLLパックなら30GB上限で
8,000円という月額料金です。

当然スマホと同じようにシェアパックを選ぶことも出来るのですが、この容量の上限を
越えて通信をした場合に通信速度制限がかかります。

前日と全く同じ環境で使っていて速度が遅くなったなら多分データ定額パックの
容量を使い切っている可能性は高いと思います。

この速度制限を解除するためには一時的に利用可能容量を増やすという方法で
速度制限を解除することが出来ます。

ドコモショップや会員専用サイト、サポートダイヤルなどから申し込みが出来ます。
128Kbps通信解除という手続きが必要です。

手続きをするとその月の締め日まで一時的に容量が2GB上限アップします。
手続きにかかる料金は2,500円です。

この2GBを使い切ればまた通信速度が遅くなるので注意しましょう。

外部から電波干渉を受けていないか

速度制限されていないのに通信速度が上がらない場合は通信に使っている電波が
外部から干渉されているという可能性もあります。

元々モバイル通信は電波を使ってデータのやり取りをしているので、電波が届く
環境が悪くなるとどうしても通信速度が遅くなってしまいます。

利用可能地域という意味ではドコモの回線を使えるのでかなり安定して全国の
広い地域でネット接続が出来るのですが、その電波が干渉してしまうと・・・

モバイル通信で使っている電波は専用の周波数、というわけでもないので
他の家電などで同じチャンネルを使っている可能性もあります。

またパソコンに繋いでいるWi-Fiルーターと干渉してしまう場合も。
当然他の電波に干渉することもあります。

電子レンジで使われているマイクロウェーブとモバイル通信は周波数帯が近いので
近くでレンジを使っていると電波が届かなくなることもよくあります。

この場合はポケットWiFiの位置を変えてみる、場所を移動してみるなどの
電波干渉が怒らない場所を探すことが解決方法です。

回線が混雑している時間帯を外す

最後にもう1つ、モバイル通信に限ったことではなくインターネット回線は
利用者数が多くなれば回線が混雑して通信速度が遅くなります。

それはたとえ専用の光回線を使っていても、プロバイダに人が多く集まれば
接続させる入り口が混雑するので通信速度は遅くなります。

高速道路を使う時に料金所で混雑してスピードを落としているのと同じです。
回線自体は速い速度が出せるのですがその入口で詰まってしまうのです。

この場合の対処方法はもっと大きなプロバイダ日混雑の少ないプロバイダに
変更するという方法が効果的ですが・・・

今まで使っていたプロバイダをすぐに変更することも難しいですよねえ。
解約できるタイミングもありますし、解約違約金の問題もあります。

後は基本的に夜間は多くの人がインターネットを使うのでこの時間帯の利用を
なるべく避けるという方法が効果的かと。

ポケットWiFiの場合はドコモのような大手キャリアでも多くの原因で
通信速度が遅くなる可能性があるのをよく覚えておきましょう。

ポケットWiFiの対応エリア、ドコモとWiMAXではどっちが広い?

ドコモとWiMAXではどっちのほうが対応エリアが広い?

スマホの節約にかなりの効果があると言われているのがポケットWiFiです。
モバイルWi-Fiルーターと言われることもある、持ち運び可能なWi-Fiルーターです。

スマホはデータ通信をしているので基本的には無制限に使うことが出来ず
大手キャリアでは自分で利用可能容量を決めて契約しています。

このデータ通信容量を節約するためにWi-Fi接続が出来るネット回線を使うのは
スマホのヘビーユーザーでは常識といえるほど行われているテクニックです。

そして最近では大手キャリアのデータ定額パックよりも安いポケットWiFiを使って
スマホをもっと快適に使うことに注目が集まっています。

実際に多くのポケットWiFiが提供されているのですが、それらが使える地域は
どれくらい広いのでしょうか?

そこで大手キャリアのドコモと無制限プランに注目が集まるWiMAXで
対応エリアの違いを調べてみることにしました。

WiMAXは大手キャリアのドコモと同じくらいの対応地域があるのでしょうか?
利用可能エリアを確認してみます。

利用可能エリアが大きいのはドコモ

まずはドコモのポケットWiFi対応エリアから。
こちらはドコモのXi回線を使っているのでかなり広い地域で接続が出来ます。

実際にドコモの公式サイトで対応地域を調べてみると、山間部の地方都市はもちろん
離島でも利用可能エリアになっているところが多くあります。

実際に対応エリアの広さを調べる人口カバー率を調べてみるとドコモは99%という
かなり高い結果になります。

つまり人が住んでいるところの99%で使うことができるという事です。

対するWiMAXは現在WiMAX2+という回線のサービスを行っていますが
こちらの対応地域はやはり山間部など若干少なくなります。

同じように人口カバー率を調べてみると94%という結果になりました。
現在でもアンテナ設置工事の拡大は進められているようですが、ドコモには届きません。

単純に利用可能エリアで比べるならドコモのほうが使いやすいという事です。

月額料金を考えるとWiMAX2+の方が使いやすい

対応エリアを比べてみると確実にドコモのほうが使いやすいと思います。
でもポケットWiFiの使いやすさは対応エリアの広さだけではありません。

ドコモの場合、ポケットWiFiの月額料金がかなり高いというデメリットもあります。
それにWiMAX2+には月間データ通信容量上限なしプランもあります。

まずドコモのポケットWiFiはスマホと同じ料金体系になっています。
基本料金とプロバイダ料金にデータ定額パックを契約します。

このデータ定額パックがスマホと同じものなのでどうしても料金が高くなります。
5GBのポケットWiFiでも月額6,400円という金額になります。

一方のWiMAX2+では大手プロバイダなどからもサービス提供がされていて
回線利用料とプロバイダ料金がセットでの提供が行われています。

しかも月間データ通信容量上限なし、というプランがあるので月のデータ容量を
ほとんど気にせずネットができるというメリットも。

こちらのプランの月額料金はキャンペーン適応で3,500円くらい。
キャンペーンがなくなっても4,300円くらいの月額料金です。

ただし3日間で10GB以上の通信をすると速度制限がかかるので完全無制限ではなく
やはりちょっとデータ容量を気にする必要があるのですが・・・

データ容量と月額料金を考えるとWiMAX2+の方が使いやすいです。

結局どっちが使いやすい?

単純にスマホを安くするために使うならWiMAX2+の方がおすすめしやすいです。
月間データ通信容量上限なしがあるのでスマホのデータ定額パックを少なく出来ます。

月額料金も安いのでスマホを節約するにはこちらの方が良いと思います。
でも対応エリアに関してはちょっと問題点も。

ドコモに比べると狭い、というだけではなく対応エリア内でも障害物が多いと
回線が安定しないというデメリットがWiMAX2+にはあります。

特に室内では安定しないので部屋の中で使うという場合、WiMAX2+はあまり
オススメできる回線ではなくなってしまいます・・・

スマホをテザリングしたくないけど他の端末も少しはネット接続したい
というなら1,900円で使えるドコモは十分選択肢に入ります。

ドコモはスマホのデータ定額パックと分け合う形で使う2台目プラスという
サービスの提供をしています。

これを使えばデータ定額パックの代わりにシェアオプションを使うことで
安くポケットWiFiの契約ができます。

ポケットWiFiを使う場合はやはり対応エリアはとても重要で、安定していれば
通信速度も遅くならずに快適に使うことが出来ます。

それぞれのメリットを考えて自分にとって使いやすいポケットWiFiを選んで
契約することがオススメです。

ポケットWiFiの本体一括0円購入はドコモでも出来る?

本体一括0円購入のポケットWiFiはおトク?

携帯ショップなどで本体購入時に一括0円という表記を見たことはありませんか?
これはその通り、本体を一括払いで0円購入できるという事です。

キャリアの場合は本体購入サポートを行っているので、端末によっては割引金額が
月々の分割払いと同じ金額になり実質0円で購入できる場合もあります。

結局0円購入できるならどちらも同じことでは?
と思う人もいるかもしれません。

でも実は一括0円購入の本体でも本体購入割引が適応できる事があります。
つまり一括0円で本体を購入すれば割引は通信料金の割引に使えるのです!

まあ本体一括0円購入が出来る本体の割引金額はかなり少なくなったり
場合によっては割引が使えないということもあるのですが・・・

ではこの本体一括0円購入、スマホや携帯電話以外でも行っているのでしょうか?
例えばポケットWiFiの端末でも一括0円購入が出来るのでしょうか。

ポケットWiFiはモバイルWi-Fiルーターとも言われ、持ち運びが出来る
Wi-FiルーターとしてスマホやタブレットPCを使う人から注目されています。

このポケットWiFiで本体一括0円購入ができるとどうなるか調べてみましょう。

ドコモでポケットWiFiの本体一括0円をしている?

大手キャリアなら大体本体購入時の割引特典を利用することが出来ます。
ドコモでも月々サポートという割引があるので、今回はドコモで確認してみます。

まずドコモでもポケットWiFiの取扱があるのか?
これはすぐに見つけることが出来ました、ドコモのXi回線を使った端末がありました。

ドコモの回線は日本国内かなり広い地域で利用できるので、ポケットWiFiも同じく
かなり広い地域で使えることになります。

ただ端末の種類は多くはなく、現在2種類を取り扱っているだけでした。
ただしどちらの端末もスマホと同じように月々サポートを使うことが出来ます。

では現在本体一括0円購入が出来るのでしょうか?
これは公式サイトでは確認することが出来ませんでした。

携帯ショップなどでは在庫セールなどで行っていることもあるのでしょうが
その確認は実際に店舗に行ってみないとわかりません。

公式のオンラインショップではたまにキャンペーンとして本体一括0円購入を
行っているようですが・・・

とりあえず本体一括0円での購入が出来る可能性があることがわかりました。

ドコモで本体一括0円購入をする場合の注意点

ドコモでスマホを購入する時に利用する月々サポートは、スマホの分割支払の
負担を減らすために毎月の割引が行われます。

例えばiPhoneを購入する場合、月々サポートでは約2,300円位の割引が出来ます。
これで実質の支払いが月額1,800円程度になるわけですが。

でもこれは全ての端末に同じように適応される割引ではありません。
特に本体一括0円購入の本体ではこれほどの割引は使えない場合も多いです。

スマホ本体ならショップが独自に行っている本体一括0円セールなどで同じような金額の
割引が使える可能性もあるのですが、ポケットWiFiでは元々の割引も多くありません。

そのために公式で行っている本体一括0円以外に割引をすることもあまり無いので
基本的に月々サポートの金額が大きく下がります。

以前行われた本体一括0円購入のポケットWiFi本体では月々サポートの割引金額が
500円程度でした。

つまり月額料金を安く出来るのは500円くらい、という状況であまりお得感は
無いというのが正直な感想です。

ドコモのポケットWiFiは使いやすい?

そもそもドコモで契約するポケットWiFiはお得で使いやすいのでしょうか?
金額を考えてみるとそれほど安いというわけではありません。

ドコモでポケットWiFiを契約する場合、基本的にスマホと同じような契約です。
基本料金プラン+プロバイダ料金+データ定額パックとなります。

データ通信専用の基本料金プランは1,200円、プロバイダも200円と安くなります。
データ定額パックはスマホと全く同じデータパックを使うことになります。

つまり標準5GB上限のデータ定額パック、データMパックが月額5,000円です。
合計すると5GBのポケットWiFiを契約するのに月額6,400円かかります。

一応ドコモのスマホを契約している場合、スマホのデータ定額パックと共有して
データ通信が出来るプランも使えます。

この場合はデータ定額パックの代わりにシェアオプションを使います。
シェアオプションは月額500円なので1,900円でポケットWiFiが持てることに。

この場合一見安く見えるのですが、実際に使う場合はスマホのデータパックを
消費しているので全くスマホの節約になりません。

そこから500円の割引があってもあまり魅力的には感じませんよねえ・・・
本体一括0円購入の魅力はあまり無い、というのがドコモのポケットWiFiでした。

ドコモのポケットWiFiでも解約違約金は発生する?

ドコモのポケットWiFiで違約金が発生するのはどんな時?

スマホを使っていて気になるのが解約ができる時期です。
基本的に複数年契約をしているので契約途中の解約には違約金がかかります。

契約期間がすぎれば自動更新なので契約期間を気にすることはあまり無いのですが
乗り換えなどのタイミングがちょっと難しくなります。

新しい端末が発売されて、それに乗り換える場合は新しく契約し直すので
今までの契約を一度解約する必要があるのです。

つまり機種変更のタイミングが悪いと違約金を支払うことになるのです。

スマホを提供している多くのキャリアでは複数年契約をしているので
違約金にはかなり気をつけるのですが、ポケットWiFiでも違約金はあるのでしょうか。

ポケットWiFiはスマホと同じように屋外で電波を使ったネット接続が出来る
Wi-Fiルーターです。

持ち運びが出来るのでモバイルWi-Fiルーターと言われることもあります。
これを解約した場合、やはりスマホと同じように違約金が必要になるのでしょうか?

大手携帯キャリアのドコモで取り扱っているポケットWiFiの契約について
詳しく調べてみることにしました。

ドコモのポケットWiFiの契約体系

色々なキャリアやプロバイダからサービス提供されているポケットWiFiですが
ドコモで契約した場合の魅力はやはりドコモの回線を使えることです。

地方都市を含めてかなり広い地域で使えるドコモのXi回線を使ってポケットWiFiを
利用できるので日本中どこに持ち歩いても接続はしやすいです。

そんなドコモのポケットWiFiを契約する場合のプランなどを確認してみましょう。
調べてみると基本的にスマホと変わらない契約内容でした。

スマホの場合は基本通話料金プランにプロバイダ料金とデータ定額パックを合わせた
契約になります。

これがポケットWiFiになると、基本料金とプロバイダ料金、データ定額パックという
契約内容になります。

通話がないポケットWiFiは基本料金がデータ通信のみの1,200円プランだけになり
プロバイダ料金もそれに合わせたmopera Uという200円のサービスになります。

そしてデータ定額パックはスマホで使っているのと全く同じパックを使います。

使えるデータパックも最小のデータSパック(2GB)から大容量のデータパックと
家族で分け合うシェアパックも契約することができます。

例えば標準サイズのデータMパック(5GB)を契約すれば合計6,400円で
5GB上限のポケットWiFiが使えるようになるというわけ。

ではこれを解約する場合に違約金がかかるのでしょうか?

解約では違約金が必要、データパックの変更は違約金がかからない

ポケットWiFiの場合でも基本料金プランは2年契約の割引があります。
つまり2年の途中で解約すれば違約金が必要です。

違約金もスマホと同じ9,500円で、やはり契約更新期間は解約しても違約金が
必要ないという条件も同じです。

ドコモの場合は2年契約の場合、その契約が終わった次の月は更新月という事で
この間に解約すると違約金がかからずに解約が出来ます。

つまり2年契約の場合は24ヶ月で契約終了し、次の25ヶ月目は更新月です。
この25ヶ月目に解約をすれば違約金なしで解約ができるのです。

25ヶ月目を過ぎれば解約の意志がないということで自動更新され、また2年間の
契約を結んだということになります。

それともう1つ、複数年契約の割引は基本料金プランに適応されています。
つまり基本料金プラン以外は何も割引されていません。

契約しているデータ定額パックを別の定額パックに変更しても違約金はかかりません。
何も割引されていないし複数年契約もしていませんから。

ただ気をつけなくちゃいけないのはデータ定額パックが適応されるのは申し込みをした
次の月からです。

データ定額パックを大きくしたらすぐに適応されるわけではなく、締め日が過ぎてから
使える容量が大きくなります。

締め日までは以前のデータ容量のままなので注意しましょう。

複数年契約しなければ違約金が発生しない

ちなみにもう1つ、違約金が発生せずに解約できることがあります。
それは最初から複数年契約をしないで使うことです。

基本料金プラン1,200円というのは2年契約で割引されたときの金額です。
2年契約は必須ではないので、実は割引無しで契約することも出来るんです。

2年契約をしない場合の月額料金は2,700円、これにプロバイダ料金200円と
データ定額パックで契約可能です。

まあこの場合、2GBのデータ定額パックで節約しても月額6,600円という
かなり高い金額になるのですが^^;

ポケットWiFiの場合は引っ越しをしても使える可能性が高いので2年契約をしない
というメリットがあまり考えられません。

ただ元々ドコモのポケットWiFiは月額料金が高いしスマホと併用したときの割引も
無いのであまりおすすめできないという感じですが。