光ファイバー対応とは?アパートでネットする方法まとめ

光ファイバー対応ってどういう意味なのか

・光ファイバー通信エリア内にアパートがあって光ファイバーを使える
・廊下や階段などの共通部分か部屋にまで回線が届いてる
・部屋にまで回線が届いていると工事費がいらないのでお得

一人暮らしを始めるためや単身赴任のため、家族の事情で引っ越しをするために新しい
部屋を探していると「光ファイバー対応」という文字が装備欄に書かれていることがあります。
ネットの光回線なら聞いたことあるけど、光ファイバーってよくわからないですよね?

私も以前は物件のそういう情報に詳しくなかったので、意味も分からず「非対応よりいいか」
と思い、入居を決めたことがあります。でも、のちのち後悔したのであなたも後悔しないように、
ここで「光ファイバー対応」のアパートとはどういうものなのか、具体的にお話ししていきます。

まず光ファイバーとは光回線のことです。
光回線は光ファイバーという素材でできた回線なので、光ファイバーと呼ぶこともあります。
「光ファイバー対応」ということは「光回線が使えますよ」という意味ですね。

光ファイバーにはスマホと同じようにいくつか通信会社があって、通信エリアがあります。
対応しているアパートは通信エリア内に建っているのです。
それだけではなく、光ファイバーの回線が廊下などの共通部分か部屋にまで来ています。

共通部分まで来ている場合は部屋まで回線を引き延ばす、かんたんな工事が必要。
部屋まで回線が来ている場合は、工事不要なので工事費が浮いてお得です!

電話回線よりも光回線のほうが通信速度が速いのは、よく知られているところなので
「光ファイバー対応のほうがいいじゃん」と思うかもしれません。
でも、実は光ファイバーは一人暮らしにはハイスペックすぎるのです。

光ファイバーが一人暮らしには十分すぎる理由とは

・家の中で高速で安定した通信が無制限できるけど家にあまりいないから
・外出先ではスマホで通信するので通信制限を気にすることになるから
・動画をよく見たり、アプリのインストールをよくする人には向いてる

光ファイバーはフレッツ光、NURO光などの会社があります。
フレッツ光の場合は最大速度が1Gbpsと、超高速通信ができるのです。
しかも、通信制限がないから好きな時に好きなだけネットできます。

ただ、通信できる範囲は家の中だけ。
外出先ではスマホで通信するから、ドコモやソフトバンクなどの通信制限がかかります。
一人暮らしで基本的に家にいるという人は少ないので、基本的にスマホでネットすることに。

これではせっかくのハイスペックな通信環境が生かせませんよね?
光ファイバーは家庭を持っていて、家族みんなで生活している人向きの通信環境なのです。
あとは一人暮らしで毎日のように帰宅後動画をみたり、アプリをインストールする人向き。

私は毎日のように映画を見ているので、光ファイバーの環境にあっていました。
でも、外出先で通信制限を気にしながらネットしているのにイライラしてたし、引っ越しの
たびに光ファイバーを撤去して、設置してと面倒でした。

「光ファイバー対応」と書かれていて、部屋まで回線が来ている場合は回線の撤去工事は
いりません。でも新しい部屋が部屋まで回線が来ていないと設置工事があります。
引っ越しはネット環境以外にも注目したいポイントがあるし、いちいち気にするのが面倒。

そこで、私はポケットwifiにしました!
無線通信だから回線工事不要で、引っ越しの時も手続きがいらないのです。
家でも外出先でもネットできるし、WIMAXなら3日間で10GBの通信量ですよ。

それを生かして今はスマホのパケットプランを解約して、ポケットwifiだけでネットしているので
通信費は以前の半額以下です。節約にもなるしイライラも解消するし、一石二鳥ですね。

光ファイバー対応アパートでも契約は必要。その理由

・部屋の契約と光ファイバーの契約は別なので契約は必要
・ずっと契約している状態だと大家さんが通信費を負担することになる
・一つの部屋に住む住人が同じパスワードを使うから電波を盗まれてしまう可能性も!

光ファイバー対応アパートは対応しているから、契約はいらないというわけではありません。
部屋を管理しているのは大家さん、光ファイバーを管理しているのは通信会社。
別のところが管理しているから、別で契約が必要になります。

もし、光ファイバー対応のアパートが契約不要になるとしたら、受忍が住んでいるときも
住んでいないときもずっと契約している必要があります。
住人がいないときはもちろん大家さんが料金を負担するから、大変になりますよね?

しかも、同じ部屋に住むすべての住人が同じパスワードで使うことになるから、電波を
盗まれてしまう可能性もあります。大家さんが大変で、セキュリティー上よくないから、
住人が入るたびに契約をして、引っ越しをするたびに解約をするというシステムなのです。

私はこの手間が嫌でポケットwifiにしました。
引っ越しを考えるときに「でもネットの工事があるし」と思わずに済んで、楽になりましたよ。

光ファイバーじゃないとネットがさくさくつながらないのはうそ

・今はポケットwifiでもスマホと同じように快適につながる時代
・「ネットがとびれるのが心配」という理由で光ファイバーにしているなら解約を
・ただオンラインゲームをする人でもWIMAXなら大丈夫

光ファイバーじゃないと、ネットにさくさくつながらないと思っている人が多いですが、
実はあれはうそです!
今は通信技術は発達していて、ポケットwifiでも超高画質動画が楽に見れます。

私はKDDIが提供しているUQ WIMAXというポケットwifiで毎日快適に映画をみたり、
好きなアーティストのPVを見ていますよ。
動画を見ている途中で止まってしまったり、データが読み込めないことがありません。

いつも快適に見られているので、無線通信のポケットwifiをメイン回線にしても問題なしです。
ポケットwifiにはWIMAXの他にLTEがありますが、こちらはスマホと同じで通信制限あり。
WIMAXも通信制限はありますが、3日間で10GBなのでオンラインゲームも十分楽しめます。

光ファイバー対応のアパートじゃないとネットできないのか

・スマホだけでも家でネットできる
・通信制限があるからすぐに引っかかってしまう
・ポケットwifiがあって通信エリア内なら通信制限を気にしないでネットできる

光ファイバー対応のアパートは光ファイバーを契約するのに、とても便利。
でも、光ファイバーがないと家でネットできないのでしょうか?

詳しく調べてみると、実はスマホだけでもネットできるみたいです。
仕組みはかんたんで外出先でスマホでネットしているのと同じように、スマホの回線で
ネットするだけです。

家のネット契約をわざわざしたくないという人は、部屋の契約だけでいいでしょう。
でもスマホの回線だけで家でも外出先でもネットするから、通信制限にすぐに引っかかります。

私の友達も「夫婦だけだからインターネットはいいか」と契約しないでいたら、しゅちゅう
通信制限の警告が来て大変なことになっているそうです。
光ファイバー対応じゃないアパートでは、電話回線のADSLでネットする方法があります。

でも、電話回線は一昔前の回線だからYOUTUBEの超高画質動画を読み込むのは相当な時間が
かかってしまいます。光ファイバー対応じゃないアパートで超高画質動画を見るには、やっぱり
ポケットwifiがいいですね!

また、光ファイバーは超高速通信を売りにしていますが、アパートやマンションだとそうも
いかない場合があります。

光ファイバーは個人宅の方がアパート・マンションより速いという事実

・1つの建物に1本の回線を設置するから集合住宅は部屋別に回線を枝分かれさせる
・個人宅は1本の回線をそのまま使うから速度が落ちない
・小さいアパートだと料金は個人宅波の高さ、速度は個人宅よりも遅い

光ファイバーの最大のメリットである超高速通信は、個人宅じゃないと最大限に利用できません。
それは集合住宅でも、個人宅でも1つの建物に1本の回線しか設置しないからです。
集合住宅はいくつも部屋があるから、回線が枝別れしています。

その枝分かれ部分で速度が落ちたり、通信が不安定になったりするのです。
でも個人宅なら1本の回線をそのまま使えるから、超高速で通信は安定しています。

その分集合住宅では料金が安い、個人宅では料金が高いということに。
でも、ほとんどの通信会社でアパートのような小規模の建物は料金が個人宅と同じです。
つまり料金は個人宅レベルに高いけど、通信の質は集合住宅レベルに下がるのです。

これじゃ損ですよね?
ポケットwifiなら通信回線を使わないから、集合住宅でも個人宅でも料金は同じ。
どちらが損ということはありません。

ポケットwifiはルーターの異変に気付きやすいというメリットも

・持ち歩くからルーター異変に気づきやすい
・光ファイバーのルーターはめったに触らないから故障に気が付かない
・持ち歩く分壊したりなくしたりしやすいというデメリットも!

ポケットwifiは引っ越しの時に楽とは外出先でも使えるということ以外にも、メリットが
あります。それはルーターの異変に気付きやすいということ。持ち歩くから触る機会が多く、
「発熱してる」「端が欠けてる」などの異変がすぐにわかります。

光ファイバーだとめったに触る機会がないから異変に気付きにくいです。
ただポケットwifiは持ち運ぶ分、無くしたり壊したりしやすいというデメリットもあります。

アパートに長く住むつもりがないならポケットwifiがいい

今住んでいるアパートに2年以上住み続けるつもりなら、光ファイバーでもいいですが、
すぐに引っ越しをするつもりなら、引っ越しの時に楽なポケットwifiがいいでしょう。

私の会社の同僚にも気分で引っ越しを繰り返している人がいますが、彼女にポケットwifiを
進めたら、「引っ越しの点が省けた!」ととても喜んでくれました。私自身もそうで、

引っ越しの時のイライラが解消されたし、外出先で通信制限を気にしてネットを見るのをやめる
こともなくなりました。仕事でも趣味でもネットをフル活用できていて、毎日快適です。

wifi

アパートでwifiを飛ばす方法は?光ファイバーは使える?

アパートでwifiを飛ばすことはできるのか

・どんなアパートでもいくつか方法があるのでwifiを飛ばせる
・アパート全体で契約している通信回線に契約するのが一般的
・ほかの通信回線を契約したい場合は大家さんと相談しないといけない

アパートでwifiを飛ばしたいと思っても、「マンションじゃないとダメかな」とあきらめて
しまっている人は少なくありません。
でも、どんなに古いアパートでもwifiを飛ばす方法はいくつかあるので、可能ですよ。

私の知り合いもアパートに住んでいて、wifiをあきらめていました。
でも、私がwifiについて教えてあげたら、その1か月後には光ファイバーでネットして
いました。あなたがきちんと調べさえすればアパートでもwifiは飛ばせるのです。

ただ、アパートやマンションは全体で通信回線を契約しています。
住人全員が同じ通信回線に契約をして、1本の回線をシェアするのが一般的。
例えばみんながNURO光なのに、あなただけフレッツ光を契約するのは難しいです。

でも、光ファイバーを使いたい場合光回線といえばフレッツ光だから、フレッツがいい
と思っている人は多いはず。そういう場合は大家さんに相談をしてみましょう。
ある男性の体験談には、大家さんとかなり話し合いをして決めたそうです。

アパートに入居してから通信回線がauひかりであることがわかり、どうせ光回線なら
フレッツ光がいいと思って大家さんに頼んでみたそうです。

すると大家さんが「それは難しいですね」と断られてしまい、「そこを何とか」と
お願いすると「ほかの住人の方にも『フレッツがいい』と言われてしまうと、
いくつも回線を引かないといけなくなるので」と言われてしまったそうです。

そこから2か月くらい話し合いを何度も重ねて、やっとフレッツ光の通信回線を
引くことができたそうです。大家さんによってはかんたんにOKしてくれる人もいますが、
ほとんどの大家さんがもう引いてある回線を使ってほしいといいます。

アパート全体で契約している回線を使うことを大前提で、考えておきましょう。
また、アパート全体で通信回線を契約していない場合は、どうすればいいのでしょうか?

アパート全体で通信回線を契約していない場合

・大家さんに頼んで通信回線を引いてもらう
・個人的に一から通信回線を設置する
・一からの場合は電線から共通部分までを他の住人に使われる可能性もある

もし、あなたが住んでいるアパートが通信回線と契約していない場合、大家さんに頼んで
回線を引いてもらうことになります。また個人的に一から通信回線を設置します。
大家さんが引いてくれる場合は、工事は廊下などの共通部分から自分の部屋へ引くだけです。

でも大家さんが通信回線を引くことの許可はくれるものの、「工事は自分でやって」と
言われた場合は外の電線から自分の部屋まで回線を実費で引くことになります。
この場合は、戸建てと同じ工事になるので工事費は戸建ての場合と同じになります。

フレッツ光の場合は、集合住宅の工事費が15,000円、戸建ての場合は18,000円。
そこまで変わらないので、自己負担でも問題ないかと思います。
ただ、あなたが実費で回線を同じアパートの他の住人が共通部分まで使う可能性があります。

その場合に「工事費を一部だけでも払います」と言ってくれる人は、まずいません。
のちのちほかの住人にも使われることを理解しておきましょう。

そもそも「光ファイバー対応」「光ファイバー非対応」の意味

・光ファイバー対応は引っ越してすぐに光ファイバーを使える
・光ファイバー未対応は電話回線のADSLでネットするか、一から回線を引く
・光ファイバーを使って高速通信がしたいなら「光ファイバー対応」にする

そもそも「光ファイバー対応」と「光ファイバー未対応」の違いとは、なんなのでしょうか?
光ファイバーとは光回線のこと。光ファイバーを使って通信するので、この呼び名もあります。
そして対応しているアパートは回線が部屋まで来ているか、廊下まで来ています。

部屋まで回線が来ている場合は壁にLANポートがあって、そこにケーブルを差し込めばいいだけ。
工事いらずで光ファイバーが使えます。
廊下までの場合は工事が必要ですが工事する範囲が狭いので、すぐに終わりますよ。

でも光ファイバー未対応の場合は電話回線のADSLでネットするか、先ほどの体験談の男性と
同じように一から回線を引くことになります。光ファイバーでネットしたい場合は、
「光ファイバー対応」と装備欄に書かれているアパートを選びましょう。

光ファイバーでwifiを飛ばす方法まとめ

・工事する場合は業者さんが全部やってくれる
・工事不要の場合はケーブル、モデム、wifiルーターが送られてくる
・送られてくる説明書をよく読んでつなぐ

光ファイバー対応のアパートで、wifiを飛ばすためにはどうしたらいいのでしょうか?
通信回線を工事する場合は、業者さんが全部やってくれます。
あなたが準備するものはとくにありません。

でも回線が部屋まで来ていて工事不要の場合は、あなた自身で機器を設置します。
光ファイバーの会社と契約するとケーブル、モデム、wifiルーターが送られてきます。
これらを一緒に送られてくる説明書に従って、つなぎます。

基本的には、「LANポート→ケーブル→モデム→ケーブル→wifiルーター」とつなぎます。
ここまでつないだら、スマホやパソコンのwifi設定画面を立ち上げてwifiルーターのWPS
ボタンを長押しするだけ。

ネットの知識がない人でもかんたんいできるので、初心者でも大丈夫ですよ!

wifiを飛ばすとどんなメリットがあるの?優先接続よりもいい理由

・スマホやノートパソコン、タブレットなど同時にネットにつなげることができる
・ケーブルをいちいち差し込まなくてもネットできる
・光ファイバーに契約すれば自動でwifiルーターを送ってもらえる

光ファイバーを部屋に引いてwifiを飛ばすことには、どんなメリットがあるのでしょうか?
調べてみると、いろいろなメリットが見つかりました。

・同時にスマホ、タブレット、パソコンをネットにつなぐことができる
・優先接続のようにケーブルをいちいち差し込まなくてもネットできる
・wifiルーターは光ファイバーに契約すれば自動的に送ってもらえる

このようにネットをするときに手軽にできるようになるので、調べ物をしたり人に連絡を
するのが楽になります。友達のSNSをチェックするのも楽ですよ。

でも、光ファイバーは本格的な契約だし、工事も手間がかかります。
引っ越してきたときに手間がかかるということは、今の部屋を引き払って新しい部屋に
引っ越しをするときにも点がかかるということです。

一人暮らしや今後どれくらい今の部屋に住み続けるかわからない人には、光ファイバーは
ハイスペックすぎですよね?
そこで、もっと手軽に契約できて手軽に契約できるネット回線はないのか調べてみました。

光ファイバーを契約するのに抵抗がある場合はポケットwifiを

・ポケットwifiなら無線通信だから工事不要
・引っ越しの時も手続きがいらない
・今の部屋を2年以内に引っ越すかもしれない人向き

光ファイバーはスマホと同じように、2年間の最低利用期間があります。
ですのでその間に引っ越しをする場合は、解約料を支払わないといけません。
フレッツ光を例に考えてみると、解約料は1,500円です。

一人暮らしの場合はいつ引越しをするかわからないし、できればネットのことを考えないで
引っ越したいときに引っ越したいですよね?そこでポケットwifiにしてみましょう。

ポケットwifiは、無線通信だから回線工事がいりません。
ネットで申し込んで自宅に届いたルーターに簡単な設定をすれば、すぐにネットが使える
ようになります。

もちろん引っ越しの時も手続き不要なので、気軽に引っ越しができます。
今の部屋に2年以上は済まない可能性が高い人に向いています。
私も一人暮らしなので、ポケットwifiです。

いつ引っ越すことになってもいいので、精神的に余裕があります。
ネットはあまり詳しくないし、別にこだわりもない。
でも、通信量は多いという人にはポケットwifiが向いていますよ。

ポケットwifiの種類。WIMAXとLTEの特徴まとめ

・ポケットwifiにはWIMAXとLTE2種類ある
・WIMAXはKDDIが大本で都市部を中心につながりやすい
・LTEやドコモ、ソフトバンク系列で地方でも都市部でもつながりやすい

私が使っているポケットwifiには2種類あります。
KDDI系列のWIMAXとドコモ、ソフトバンク系列のLTEです。
WIMAXは都市部に基地局と呼ばれる発信源が多く、つながりやすいです。

LTEは全国的にまんべんなく基地局が多いので、都市部でも地方でもつながりやすいです。
わかりやすく言えばLTEはスマホと同じ電波なので、スマホ並みによくつながります。

WIMAXはスマホとは違い直進性に優れている電波なので、大容量多いファイルをインス
トールするようなデータ量の多いやり取りに向いています。
私はWIMAXなのですが、仕事でネットを使う人に向いているのかなと思っています。

私のネットの使い道は4割くらいは仕事で2割はプライベート、そして2割は映画鑑賞です。
スマホで映画を見ることが多いから、家でも外出先でもネットができるWIMAXをフル活用中。

通信制限が3日間で10GBと緩いので、かなりネットを使えますよ。

ネットをよく使う人はWIMAがいい!LTEの通信制限は厳しい

・WIMAXが3日間で10GB使えるのに対してLTEは3日家電3GB
・キャリアの回線なのでスマホと同じ通信回線を使ってネットする
・WIMAXは独自回線だから余裕がある

ネットをよく使う人がポケットwifiにするならWIMAXがいいでしょう。
LTEは3日間で3GBという厳しい通信制限だからです。
これはLTEはスマホと同じ通信回線を使っていて、WIMAXが独自回線だから。

WIMAXのほうが余裕があるので、通信制限が緩いということですね。
仕事でネットを使ったり、スマホで動画をたくさん見たり、SNSをよくやる人はWIMAXが向いて
います。SNSは意外と通信料を食うので、LTEでは制限に引っかかる可能性が高いです。

逆にSNSもしない、仕事でネットを使わないという人はLTEで十分。
月額はLTEが3,696円、WIMAXが4,880円と、LTEのほうが安いので無駄が出ませんよ。

wifi

アパートで光ファイバーを契約すると料金はいくらになる?

アパートで光ファイバーを契約するにはいくらかかるのか

・アパートでもマンションでも集合住宅は初期費用が同じ
・契約料800円、初期工事日15,000円
・光ファイバー対応マンションだとこの15,000円がかからない

光ファイバーを使ったネット回線は今、主流になっていますがアパートにはなかなか
設置できないイメージがありますよね?でも、実際にはアパートでもマンションでも
設置ができます。

私の知り合いもアパートに住んでいますが、ふつうにフレッツ光に申し込みをして、
廊下まで届いていた回線を部屋まで引き入れてもらって契約をしたそうです。

ネットのことはよくわからないけど、とりあえず「光がいい」というのは知っていたので
光ファイバーの回線を引いてもらったそうですよ。

光ファイバーを使ったネット回線を家に引くときに重要なのは、「通信エリア内か」と
いうポイントです。例えばフレッツ光がいいならフレッツ光の通信エリアに入っている
かどうかの審査を受けましょう。

あとは、アパートそのものがその光ファイバーに対応しているかどうかですね。
集合住宅は一つの建物に1本の通信回線しか設置しないのがふつうなので、他の回線、
例えばNURO光などを設置していると、NURO光に契約するように大家さんに言われます。

この2つの条件をクリアしていれば、アパートでも光ファイバーが引けます。
そして、アパートに光ファイバーを引くときにかかるのが工事費です。

いくらかかるのか、マンションとアパートでは違うのか、気になって調べてみました。
その結果フレッツ光の場合は契約料800円、初期工事費15,000円でマンションでも
アパートでも変わらないことがわかりました。

これなら安心して光ファイバーに契約できますね。

フレッツ光のプロバイダの中で一番料金が安いのはどの会社なのか

・個人で自由に選べるプロバイダはそれぞれ月額利用料が違う
・冷静に比較して一番安いところを探したほうがいい
・500円~900円前後と意外と開きがある

光ファイバーの会社は、アパートごとに決まっています。
そして、料金プランもアパートの規模によって決まっています。
でもプロバイダは契約対象の数社は決まっていますが、その中から好きな会社を選ぶ
ことができます。

契約する光ファイバーの対象になっているプロバイダの中で一番料金が安いところを選べば、
少しでも料金が節約できます。ここでは例としてフレッツ光のプロバイダを比較してみましょう。
一番料金が安いのは、どの会社なのでしょうか?

「BB.excite月額500円(開通月~11か月無料で2年目半額)」「@nifty950円(16か月間無料)」。
10社あるプロバイダの中で安かったのはこの2社です。()内はネットから申し込んだ場合の料金。
ちなみに一番高かったのは「OCN月額900円」でした。

@niftyは契約kら16か月間無料で17か月目~24か月目は950円なので、2年間の合計は7,600円。
BB.exciteは12か月目~25か月目は250円なので、3,500円になります。
第一印象としては@niftyのほうがお得な感じでしたが、計算するとbb.exciteの方がお得でした。

光ファイバーの最低利用期間がスマホと同じ2年間あるので、2年間の合計費用で決めましょう。

アパートの光ファイバーの実際の料金まとめ

・フレッツ光東日本は月額4,450円~で西日本と同じくらいの料金
・アパートが集合住宅プランに当てはまるかは通信会社によってちがう
・フレッツ光の場合はアパートの規模が3戸以下だと戸建てと同じ料金になる

アパートはマンションよりも規模が小さいので、料金が高くなります。
集合住宅では1本の回線をみんなで使うから、住人が多い方が一人当たりの負担額が少ないです。

アパートの規模が4戸と仮定して、光ファイバーのアパートの料金をまとめてみると…

「フレッツ光東日本 月額4,450円~」「フレッツ光西日本 月額4,310円~」
「auひかり 月額5,100円~」「NURO光 月額4,743円~」

このような結果になりました。多少の誤差はあるものの、月額4,000円~5,000円前後ですね。
アパートの規模が小さいと通信会社の集合住宅の規定に、当てはまりません。
例えばフレッツ光は4戸以上、auひかりは16戸以上、NURO光は7階建て以上…。

アパートじゃなくても、ふつうのマンションでも集合住宅プランに当てはまらないこともあるので、
事前に確認をしてくださいね。アパートに光ファイバーを引くと、かなりのお金がかかることになり
ますね。

もっと安く光ファイバーを引く方法はない?対策を検討してみた

・通信会社や料金プランは選べないからスマホで通信費を調節するしかない
・格安スマホにすれば月額1,000円代になって毎月5,000円以上節約できる
・外出先で使える通信量がかなり減るし、速度も遅くなる

アパートで光ファイバーを引くと、かなり料金が高くなります。そこで、対策を考えてもっと
お得にネットしましょう。とはいっても通信会社や料金プランは選べないから、スマホで通信費
を調節しないといけません。

そこで多くの人が試してみるのが格安スマホ!
アパート住まいの私の知り合いも、格安スマホにして通信費を浮かせたといっていました。
格安スマホは月額1,000円以下だから毎月のスマホ台が5,000円以上節約できます。

年間で6万円近い節約になるので、光ファイバーの料金が高くても安心ですね。
でも、知り合いが言うには思わぬ落とし穴があるのだそうです。
それは、「外出しているとき通信量が少なく、質が悪い」ということ。

格安スマホは大手キャリアの通信回線をレンタルして、通信しています。
そして、低価格な料金を実現するために通信制限が厳しいのです。
高画質動画を見るために、かなりの時間待たないといけなかったりして、イライラします。

家ではwifiを使えば、光ファイバーの高品質なネット環境が使えるので格安スマホでも快適。
でも、その分外出した時との落差がストレスになります。
あと、一人暮らしって部屋に人がいる時よりも誰もないときのほうが圧倒的に多いですよね?

たったら、家にいる時よりも外出中のネット環境が高品質な方が助かります。
ということは、格安スマホは光ファイバーの料金の高さを快適に解消してくれるわけではないと
いうことになります。

快適に光ファイバーの料金の高さを解消する方法

・ポケットwifiにすれば家でも外出先でも高品質なネット環境が手に入る
・無線通信だからアパートで指定している通信会社に関係なく契約できる
・ヤフーwifiなら業界最安値級の月額2,000円前後!

アパートで指定されている光ファイバーにすると、かなりの通信料金が取られてしまう…。
格安スマホも快適じゃないとなると、残されているのはポケットwifiです。

私もポケットwifiを使っていますが、快適ですよ!
無線通信だから工事もいらないし家でも外出先でも使えるし、通信は高品質。
通信回線をひかないからアパートが指定している通信会社に関係なく、契約できます。

光ファイバーのwifiルーターと同じで、1台あれば10代くらいの通信機器でネットできます。
パソコン、スマホ、タブレット、ゲーム機、オンライン機器はいろいろあるけど、全部同時に
つかっても通信回線がパンクしません。

カフェでパソコンでネットを使って仕事しながら、スマホで取引先とやり取り…ということも
スムーズにできます。休みの日に友達を待っているときにYOUTUBEを快適に見ることもできます。

気になる料金は光ファイバーよりも安いものがあります。
ソフトバンクの傘下であるヤフーが提供しているポケットwifiのヤフーwifiは、月額2,000円前後。
業界最安値級なので、お得にネットすることができます。

便利だけど落とし穴があるポケットwifi!使いすぎには注意して

・ヤフーwifiやワイモバイルなどのソフトバンク系列のポケットwifiには通信制限がある
・スマホと同じで使いすぎるとかなり速度が落ちてしまう
・家でも外出先でも3日間で3GBまでなので、足りない可能性大

契約も簡単で工事もいらない、住んでいる住宅の通信回線縛りにも左右されないと、とても
便利なポケットwifi。そのうえ通信費も安いから、一人暮らしの若者やネットにお金をかけ
たくない人に人気です。

でもヤフーwifiやワイモバイルなどのソフトバンク系列のポケットwifiは、3日間で3GBの制限が
あります。先ほど紹介した月額2,000円前後の料金プランは月間7GBまでしか使えないので、
家と外出先を合わせてこれだけの通信量は、つらいですよね?

月額3,696円のプランなら3日間で3GBまで使えますが、それでも足りないという人は多いはず。
私も家と外出先で3GBは足りないですね。

私はスマホでよく映画を見ているので、無制限に近い感じじゃないと、やっていけません。
私と同じようにスマホで高画質動画をよく見るという人は、ソフトバンク系列以外のポケットwifi
にしましょう。例えばWIMAXがあります。

KDDI系列のWIMAXは3日間で10GBの通信量!ほとんど無制限の使い心地

・KDDI系列のWIMAXは3日間で10GBという大容量
・ほとんど無制限と同じだから高画質動画を見まくっても大丈夫
・外出先で使えるからバスマホで調節できる

ソフトバンク系列のポケットwifiは安いけど、通信量が少ないです。通信量が多いポケットwifi
はKDDIのWIMAXですね。WIMAXは月額4,880円と少し高めの料金ですが、3日間で10GBという
大容量が使えます。これなら、ほとんど無制限と変わりません。

家でも外出先でも使えるというメリットを生かして、スマホの通信プランを解約すれば節約可能。
年間で6万円近くを節約しながら、家でも外でも快適にネットが使えます。

WIMAXにした私の体験談

私は光ファイバーを使っていた時よりも、WIMAXにしてからのほうがネットを使うときのストレスが
減りました。今までは外出先でネットを使うときにあまり使いすぎると、通信制限にひかっかるからと
使わないように気を付けながら生活していたけど、それがないのが快適ですね。

ただ、通信量が多いからとネットしまくっていると健康を害する恐れがあるので、ほどほどにしましょう。

wifi

賃貸で光ファイバーの料金はいくら?契約は必要なの?

賃貸で光ファイバーを使う場合の料金を知りたい

・賃貸でも分譲でも建物の規模と通信会社が同じなら料金は同じ
・集合住宅は一つの回線をみんなで使うから住人が多い方が料金が安い
・その反面、回線が込んでネットがつながりにくくなりやすい

賃貸マンションを借りて引っ越しをするときに、気になるのがネット環境です。
今は1日でもネットを使えないと不便でしょうがない時代になっているからです。
仕事でネットを使う人も多いから、休みの日に家で仕事する人にとっては重要ですよね?

私も引っ越しをするときに新しい家のネット環境がとても気になっていました。
「もし通信速度が遅くて使い物にならなかったらどうしよう」と、心配だったのです。
でも、光ファイバーに対応しているマンションなら、その心配はありません。

光ファイバーは抵抗を最小限にしているので、高速で安定した通信ができます。
毎日朝から晩からネットをしているというヘビーな方でも、安心です。
ただ、ネットを使うことが多ければ多いほど気になるのは料金ですよね?

基本的に賃貸でも分譲でもマンションの規模や通信会社が同じなら、料金は同じです。
プロバイダという仲介会社の料金もあるので、プロバイダが違うと料金は数百円単位で
変わりますが。

どの通信会社でも、集合住宅のほうが戸建てよりも料金が安いという傾向にあります。
こらは一つの建物で1本の通信回線しか設置しないからです。
1本の回線をみんなで使うから料金が割り勘になるのです。

例えばフレッツ光の場合は戸建てだと月額5,100円~。16戸以上のマンションだと月額
3,450円~です。毎月2,000円近い差があります。
でも、多くの人で1本の回線だから、すぐに混んでしまって通信速度が遅くなったりもします。
安い反面、こうしたデメリットもあるのです。

光ファイバーが無料な賃貸のからくり。本当はお得じゃない

・光ファイバーが無料なのは家賃に組み込まれているから
・追加料金、手数料などの名目で支払うからくりになっている
・本当に無料じゃないので理解しておこう

光ファイバーに対応している賃貸の中には、「インターネット無料」と書かれているところも。
でも、本当に無料なわけではありません。

「インターネット無料」と書かれている賃貸は、必ず家賃のなかに料金が組み込まれているか、
手数料や追加料金という名目で支払うからくりになっています。
その料金は先ほどお話ししたような通信会社の一般的な料金です。

法外な料金を取られているということはありませんが、お得というわけでもありません。
そのうえ契約も必要なので、他のマンションと変わらないですね。

光ファイバーどころかネット対応していないマンション

・一から工事をして契約をしてと戸建て並みに大変
・ポケットwifiにすればすべての手間が省ける
・無線通信でも安定していて高速な通信ができる

光ファイバーに対応しているマンションは契約をすれば、工事不要でネットできます。
手間が省けるだけじゃなく、工事費も省けるのでお得ですよね。
でも、光ファイバーに対応していないマンションでは一から工事をすることになります。

電話回線を使ったADSLでいいなら固定電話を買って契約して簡単な工事をしてもらえば
いいだけなので手軽ですが、超高画質動画などは見ることができません。

SNSなどの画像や動画が多いサービスも使いづらいし、今時なネットサービスのほとんどが
使いづらいということになります。だったら、一から光ファイバーを引いた方がいいです。
でも戸建て並みに面倒なので、どうしても避けたいという場合はポケットwifiにしましょう!

ポケットwifiはネットから申し込みができて、ルーターが自宅に届きます。
簡単な設定をすれば、すぐにネットできるようになるのです。
無線で通信するから家の中でも外出先でも、通信エリア内ならネットが使えます。

無線通信は不安定で速度が遅いというイメージがあるかと思いますが、最近は高速で安定
した通信ができます。

また、マンション独自の通信回線をひいているところもありますが、それはフレッツ光や
au光などと違って口コミがありません。入居してみないと速度がわからないというリスクが。
独自回線に契約するのが必須じゃないなら、契約しないでポケットwifiにしましょう。

また、光ファイバーに対応していても、ポケットwifiのほうがいいです。
それには、3つの理由があります。

光ファイバー対応でもポケットwifiがいい3つの理由

・工事不要、知識不要でとても手軽
・回線が込み合わないから時間帯に関係なく快適にネットできる
・ヘビーユーザーでも同じマンションの住人に気兼ねなく使える

光ファイバー対応のマンションは先ほどもお話ししたように契約が必要です。
また、1本の回線を1つの集合住宅のみんなでつかうので、回線が込み合ってしまいます。

ポケットwifiなら契約手続きがとてもかんたんです。
近所にWIMAXユーザーがいなければ回線を独占状態で使えるので、かなり快適。
同じマンションの人たちに気兼ねなく、ネットできるのはうれしいですよね。

私は映画好きなので、できれば毎日映画を見たいです。
Huluに登録しているからネットで見るのですが、以前住んでいたマンションでは映画の
データを読み込むのに時間がかかってみるのをあきらめることもありました。

あと「毎日夜映画を見て通信量を多く使っていると、私だけマンションの回線を独り占め
してるみたいだな」と思い、遠慮していました。
今はWIMAXなので、同じマンションの人に気兼ねなく毎日映画を見られています。

趣味が充実すると生活も充実するので、仕事や日頃のストレスも解消できていてイライラする
ことも減りました。ネット回線がよくなると、現代の生活が楽になります。
あなたの生活レベルも上がるので、ネット回線には少しこだわってみてください。

光ファイバーとポケットwifiに共通しているデメリット

・月額利用料が途中で高くなる
・高額キャッシュバックは契約してすぐにもらえない
・キャッシュバックをもらうためには申請が必要

光ファイバーとポケとwifiは工事の必要性や利便性に大きな違いがあります。
でも、共通しているデメリットがあります。それは、この3つです。

・月額料金が途中で高くなる 最初の3か月は月額が割引になるので途中で通常価格に戻る
・キャッシュバックをもらうタイミング 契約後1年くらいしてからキャッシュバックがもらえる
・申請が必要 メールが届いたり書類が届くので申請をしないとキャッシュバックがもらえない

これらの共通しているデメリットを比べても意味がないので、それぞれにしかないデメリットを
比べましょう。

工事や契約の手間以外で光ファイバーにしかないデメリット

・引っ越すときに必ず解約するので解約料が必要になる
・一人暮らしは契約期間中に引っ越しになることが多い
・ポケットwifiは引っ越しの時も解約が必要ない

工事や契約の手間以外で光ファイバーにしかないデメリットは、引っ越すときに必ず解約
しないといけません。一人暮らしは契約から2年以内に引っ越しをすることが多いので、
高確率で解約料を支払うことになります。

フレッツ光は1年目の解約手数料が9,800円。
ポケットwifiは引っ越しの時も解約が必要ないから、契約期間中でも解約料は必要ありません。
無線通信のメリットがここにも反映されるのです。

私もポケットwifiにしてから一度引っ越しをしましたが、ネットの心配や手続きをしなくてよかったので
とても楽でした引っ越しの時は部屋の解約やいろんな手続きが必要なので、ただでさえバタバタします。
ネットの手間がないのは、とても助かりますよ。

装備に「光ファイバー」と書かれていれば工事不要なのか

・光ファイバーと書かれているマンションは光が使えるというだけ
・対応と書かれていないなら工事が必要
・キャンペーンなどで工事費が無料になる

賃貸マンションの装備に「光ファイバー」と書かれていれば、光ファイバーはつかえます。
でも、工事は必要なのでしょうか?気になったので調べてみました。
すると、「対応」と書かれていない限り工事は必要になります。

でもキャンペーンで工事費無料になるし、プロバイダのキャンペーンでキャッシュバックが
もらえて工事費を取り戻すことができます。
工事費は挽回できますね。でも工事の手間や引っ越しの際の手間はどうしてもかかります。

「光ファイバー対応」のマンションは引っ越しをするとき、回線撤去工事は必要ありません。
でも新しい部屋が「光ファイバー対応」のマンションじゃないと、工事の手間があります。
せっかく気に入った部屋でも「光ファイバー対応」じゃないからと、あきらめることに。

ポケットwifiは気に入った部屋のネット環境を気にすることなく、引っ越しができます。
一人暮らしならではの「引っ越ししたいときに引っ越したい部屋に引っ越す」という
ことがしやすくなりますね。

ポケットwifiよりも光ファイバーのほうが料金が安いこともある

・集合住宅は基本的にWIMAXの月間無制限よりも料金が安い
・家でしか使えないのでスマホの料金もかかる
・ポケットwifiならスマホの通信プランを解約できる

ポケッwifiはそれだけだと、光ファイバーの集合住宅の料金よりも高いです。
WIMAXの月間無制限で3日間で10GB使えるプランだと、月額4,880円。

光ファイバーの代表格フレッツ光の集合住宅プランは、4戸以上月額4,450円~、
8戸以上は月額3,85円~、16戸以上は月額3,450円~です。
ただ、これにスマホの通信料金が加わります。

ポケットwifiなら家でも外出先でも使えるので、スマホの通信プランを解約できます。
月額5,000円くらいの節約になるので、年間6万円前後、通信費が浮くことになるのです。
これを考えると、光ファイバーよりもポケットwifiのほうがいいですよね?

私もポケットwifiにしてから格安スマホじゃないのに、スマホ台が付き2,000円くらい
しかかかっていないので、助かっています。格安スマホは高画質動画を読み込むのに時間が
かかっるから、スマホで動画を楽しみたい人には向きませんよ。

wifi

賃貸マンションで光ファイバーを使ってwifiを飛ばすには?

賃貸でもwifiを飛ばせる?ネットの基本がよくわからない

・賃貸でも分譲でも関係なくwifiは飛ばせる
・光ファイバーに対応しているマンションなら通信会社が指定されてる
・プロバイダは自由に選べるところがほとんど

一人暮らしを始めたり、引っ越しをしたりして「wifiを飛ばせたら便利だなー」と思いつつ、
あきらめているという人もいるかと思います。
私も一人暮らしを始める時「ネットはよくわからないからあとでいいや」と思っていました。

でも、引っ越した先のマンションで大家さんにフレッツ光に加入するのを進められて、
「ネットはよくわからないからありがたい!」と言われるがままに契約しました。
最初は便利だったのですが、やっぱり通信費が高くて支払うのが大変になってきたのです。

しかも、大変なところはそれだけじゃなくて引っ越しのときにいちいち通信回線の撤去と
設置の工事をしないといけないんですよね。
これが面倒で、イライラして解約してしまいました。

今はポケットwifiを使ってネットしているので、工事がなくてとても楽です。
ポケットwifiは無線通信だから、わずらわしい手続きもないし、とても手軽ですよ!

また、光ファイバーでもポケットwifiでも賃貸も分譲も関係なくwifiを飛ばせます。
光ファイバーに対応しているマンションなら、私が初めて住んだところと同じで通信会社
が指定されています。

でも、プロバイダという通信回線とあなたを結ぶ会社は選べるので、該当する会社を比較
してお得なところを選びましょう。

光ファイバーの会社に申し込む方法がわからない!主な手順まとめ

・光ファイバーの会社のサイトから申し込む
・会社の代理店サイトから申し込む
・家電量販店から申し込む

光ファイバーに申し込む場合は、大家さんにお願いしてもダメです。
あなた自身で申し込みをしないといけません。
申し込む方法は、主に3つあります。

・申し込み方法1 「光ファイバーの公式サイトから」
フレッツ光やauひかりなどの光ファイバーの公式サイトから直接申し込みます。
入力フォームに必要事項を入力していくだけなので、ネットの知識がなくてもかんたん。
工事費無料や高額キャッシュバックなどのキャンペーンが、ときどき行われています。

・申し込み方法2 「会社の代理店のサイトから」
光ファイバーの会社の代理店のサイトからも申し込みができます。
光ダイバーの会社よりも高額なキャッシュバックがあるので、お得ですよ。

・申し込み方法3 「家電量販店から」
コジマ電気やヤマダ電機などの家電量販店からも申し込みができます。
キャッシュバックなどもありますが手数料がかかる分、サイトからの申し込みよりも
料金が高くなります。

家電量販店で申し込むと有料のオプションを追加されていたりして、損をします。
例えば「パソコン無料!」というキャンペーンをやっている変わりに月額利用料が
高かったりとよく見てみると、お得じゃないので気を付けてください。

ネット加入と同時にノートパソコンがほしいと思っている人は多いので、そういうときは
もっとお得に買いましょう。

光ファイバーの加入と同時にノートパソコンを買いたいとき

・高額キャッシュバックをもらって通販で安く買おう
・自分で使うソフトが初めから入っているノートパソコンを買おう
・家電量販店はパソコンが結局有料なので注意

光ファイバーに契約をするのと同時にノートパソコンがほしい場合は、家電量販店より
公式サイトや代理店サイトで高額キャッシュバックをもらうほうがお得です。
ノートパソコンはAmazonなどの通販サイトで安く売られています。

私が買ったのは6万円くらいでした。
ノートパソコンを初めてかったので買う前は「10万以上はする」と勝手に思ってました。
でも、6万円で済んだし高額キャッシュバックで3万円もらえたので実質3万円ですね。

Amazonには2万円くらいのノートパソコンがあって一瞬「これにしよう」と思いましたが、
商品説明をよく読んだら、ExcelとかWordとかが入っていませんでした。
別でソフトを買った場合を知りたくて調べてみると、それぞれのソフトが2万円づつ…。

合計で6万円くらいで同じなので、最初から入っている方が楽でいいですよね?
安すぎるノートパソコンには、理由があるので商品説明をよく読みましょう。

wifiを飛ばす方法は?ノートパソコンの設定はどうする

・wifiは光ファイバーに契約すると手に入るルーターで飛ばす
・設定は業者の人にしてもらえるから安心
・ノートパソコンはルーターのWPSボタンを押せばつながる

光ファイバーをお得に契約したら、いよいよwifiを飛ばします。
wifiは契約すると手に入るwifiルーターで飛ばすので、特別な手順は必要ありません。
wifiルーターの設置や設定は、通信回線の工事をしてくれる業者の人がしてくれます。

ノートパソコンやスマホ、タブレットにwifiを飛ばすのは、ルーターのWPSボタンを押せば
すぐに設定できるので初心者でもかんたんです。

ただ、ルーターとパソコンやスマホの通信規格に注意しましょう。

通信規格ってなに?どれがいちばんいいのかまとめ

・通信規格とは電波を飛ばす通信方式
・年々進化しているので古い通信規格だと高速通信できない
・パソコンやタブレットを中古で買うと古い通信規格のものがある

通信規格とは、電波を飛ばすときの通信方式のこと。
年々進化していて、光ファイバーの最大の魅力である高速で安定した通信を体感する
ためには最新の通信規格じゃないといけません。

光ファイバーにふつうに契約してwifiルーターを手に入れれば、最新の通信規格に対応
しているルーターを用意してもらえます。
でも、発信源が最新でも受信する側であるスマホやパソコンの通信規格が古いとだめです。

スマホをもう3年以上使っている場合は機種変更しましょう。
パソコンやタブレットを買うなら中古だと古い通信規格なので、やめて新品を買ってください。
通信規格は、こんな感じで表記されています。

・11d 電話回線(ADSL)時代の通信規格で速度が54Mbpsくらいしか出ない
・11n 最新ではないけど65~600Mbpsくらいとふつう並みの速度が出る
・11ac 最新の通信規格で433Mbps~7Gbpsくらいまで出る高速通信規格

光ファイバーの最大速度は1Gbpsなので、最大限に高速通信したいなら「11ac」。
でも、私が使っているポケットwifiのWIMAXは80Mbpsくらいですが、十分速いです。
超高画質動画も数秒で読み込んでくれるから、「11n」でも十分な気がします。

「光ファイバー対応」ということは契約は必要ないのか

・対応しているというだけで契約はふつうに必要
・プロバイダとも同時に契約しないとネットを使えない
・部屋にLANポートがあれば工事は不要

契約したマンションが「光ファイバー対応」と書かれていると、
「ネットの契約しないで使えるのかな?」と少し期待してしまいますよね?
でも、実際には契約が必要です。

契約の方法はさきほどお話しした公式サイトや代理店サイトから、かんたんにできます。
プロバイダも同時に契約できるので、手間はかかりません。
でも回線が部屋まで届いていないと、工事は必要になります。

部屋の壁をチェックしてLANポートがあれば、部屋まで届いている証拠です。
チェックしてみてください。
もしLANポートがない場合は、契約日とは別に工事をしてもらいます。

立ち会ったり、説明を聞いたりと面倒なので、できれば避けたいですよね?
そういう時は工事不要のポケットwifiにしましょう!

ポケットwifiと光ファイバーの違い。ADSLとどっちが優秀なのか

・ポケットwifiは回線工事不要、契約かんたん、家でも外でも使えるネット回線
・光ファイバーほどの速度は出ないけど、ADSLより断然速い
・契約は面倒、工事は嫌、外でもネットを気兼ねなく使いたい人向け

ポケットwifiは無線でネットにつながる回線工事がいりません。
契約もネットからサイトにアカウントを作るような手続きで簡単にできます。
無線だしポケットサイズのルーターだから、家でも外でもネットができます。

無線通信は速度が遅かったり、安定しないのが不安ですよね?
でも、電話回線を使ったADSLより断然速いから快適にネットできますよ。

通信量もWIMAXを選べば3日間で10GBも使えます。
光ファイバーほどではありませんが、高速で無制限に近い感覚で使えるのです。
気になる料金も月額4,880円と月額5,100円~の光ファイバーよりもややお得です。

私はWIMAXにしてから、ネットのことで悩む機会がかなり減りました。
まず、引っ越しのたびに回線工事をしなくていいのが助かります。
ポケットwifiは引っ越しの時に住所変更をすればいいだけなので、とても楽です。

あとは外でも、気兼ねなくSNSやYOUTUBEを見られるのがうれしいですね。
光ファイバーのころはスマホの通信制限を気にしながら、ネットしてたので。

ポケットwifiはネットを始める時にとにかく楽!初心者向けのネット環境

・光ファイバーはモデム、ケーブル、wifiルーターと機器が多く必要
・ポケットwifiならルーターだけなので手軽
・ネットの知識がない人や手間を省きたい人向け

光ファイバーはモデムと呼ばれる通信回線を通ってきた電波をいったん受け取る機器や
ケーブル、wifiルーターといろいろなものが必要です。
すべて用意してもらえて、業者さんにつないでもらえますが、家の中がごちゃごちゃします。

ポケットwifiならルーターだけなので、ごちゃごちゃしないし、わかりやすいです。
もしネットをしていてつながらないというトラブルが起きたときも、ルーターを再起動すれば
トラブルが解消することがほとんど。

光ファイバーだとwifiルーターに原因があるのかケーブルに原因があるのか、モデルに原因が
あるのかを業者の人に来てもらって調べてもらうことになります。
これではただでさえ不安なトラブルが余計に不安になりますよね?

いざというときに知識がなくても対処ができるくらい扱いがかんたんなところも、ポケットwifiの
メリットですね。

wifi

工事不要で光ファイバーは使える?マンションに引っ越し後の流れ

光ファイバーを部屋につなぎたい!工事不要な方法とは?

・もともと光ファイバーが設置されているマンションなら工事不要
・マンションの階段や廊下までしか回線が来ていないなら工事が必要
・マンション自体に回線が来ていないとゼロからの工事になる

光ファイバーを使ったネット環境は、今主流になっていて高速で安定した通信を家で
楽しんでいる人は多いです。
日本は60%以上の個人宅に光ファイバーが届いているそうですよ。

ここまで普及していると一人暮らしを始めてからも、「光ファイバーを使ってネットしたい」
と思うのが当然です。
私も一人暮らしを始めたときは「光ファイバーは必要だから」と何の迷いもなく契約しました。

大家さんに勧められたことが決め手でしたが、たぶん進められていなくても自分で契約していた
と思います。でも、この光ファイバーを部屋につなぐのは、意外と面倒なのです。

私の時はマンション自体に通信回線が届いていなかったので、大家さんに「ネットの回線を
つなぎたいなら自分でいちから工事を頼んでね」と言われてしまいました。
そこでフレッツ光に電話して、通信の回線工事をしてもらったのです。

その時の工事は外にある電線の中からフレッツ光の回線を選んで延長して、家のエアコンの
排気口から家の中に通してwifiルーターを設置しました。
時間にして30分くらいだったと思います。「意外と短いな」と思いました。

でも光ファイバーに対応しているマンションに住んでいる場合は、ここまでの工事は不要です。
部屋にまで回線が来ているなら、契約をしてLANポートにwifiルーターをつなげばいいだけ。
階段や廊下まで回線が来ている場合は、部屋まで回線を引き延ばせばいいだけです。

15分程度で工事が終わるのですが、申し込みをしてから契約、工事と2週間くらいかかって
しまいます。引っ越してきてすぐにネットにつながるわけではないので、気を付けましょう。

工事不要な場合はルーターやケーブルは自分で用意するものなのか

・ルーターもケーブルも用意してもらえる
・ルーターにこだわりがある場合は自分で購入しよう
・自分で設置する場合でも設置の方法はとても簡単

工事があるとルーターやケーブルは業者の方に用意してもらえいます。
でも、工事がいらないと「自分で買わなきゃいけないの?」と不安になりますよね?
工事不要の場合でも、ルーターやケーブルは自分で買う必要はありません。

用意してもらえるので、ご安心ください。
ただ、「このルーターが評判がいいらしいからこれにしたい!」というこだわりがある
場合はルーターは自分で購入しましょう。

自分でルーターを用意する場合でもLANポートにLANケーブルを刺して、wiiルーターに
つないでWPSボタンを長押しするだけ。たったこれだけでネットできるようになります。

意外と大切!wifiルーターを置く場所を決めておこう

・床の上やテレビの裏だと電波がさえぎられて通信が不安定になる
・周りの家具よりも高いところにおくために棚を設置しよう
・よくスマホやパソコンを使う場所から遠くないところにおくといい

光ファイバーの工事が済んだら、今度はwifiルーターを置く場所を考えましょう。
適当に床に直接おいてしまう人もいますが、これでは通信速度が遅くなります。
wifiルーターの電波は電波法で定められているので、家具や壁にさえぎられてしまうくらい
弱いです。

床の上に置くと、周りの家具にさえぎられて電波が届きにくくなります。
ですので、まわりの家具よりも高いところにwifiルーターを置いてください。
よくスマホやパソコンを使うところから、あまり遠くないところに置くといいでしょう。

工事不要のサインは何?光ファイバー導入済みと書いてあればOKなのか

・LANポートがあれば導入済み
・一番いいのは管理人さんに聞くこと
・フレッツ光に問い合わせてみるとチェック項目を教えてくれる

光ファイバー導入済みと書かれていても、階段や廊下までしか回線が届いていないという
こともあります。ですので、部屋の環境をチェックする必要があるのです。
LANポートとコンセントが部屋の壁にあれば、導入済みです。

LANポートとは電話線の差込口のようなものです。
それとコンセントがセットになっていれば工事不要ですね。
ただ一番いいのは管理人さんに聞くことです。

入居の時にあらかじめ聞いておくと安心ですよ。
そして、フレッツ光に問い合わせてみるとチェック項目を教えてくれます。
工事不要かどうかを確認できるので、問い合わせてみましょう。

また、回線の工事が必要なくてもwifiルーターの設置工事が必要になります。
こちらの工事費は、3,000円代で契約料が840円かかります。
工事不要だからといってタダで使えるようになるというわけではありませんよ。

光導入済みのはずなのにLANポートがない場合

・工事費を負担することになる可能性があるのでまずは管理人さんや通信会社に相談
・工事費負担を要求されたら、消費者センターに相談をしてみよう
・管理会社と争うことになるかもしれない

マンションを選ぶときに「光ファイバー導入済み」と書かれていたから契約したのに、いざ
住んでみるとLANポートが部屋にないということがあります。
この場合はマンション側のミスや過失です。

管理人さんに問い合わせをして、通信会社にも相談をしてみてください。
工事が必要になると工事費を請求されることになる可能性が高いので、事前に確認しましょう。

またある女性の体験談によると、「光ファイバー導入済み」のマンションのはずなのに、LANポート
がなかったそうです。マンションをリフォームした内装業者が勝手にLANケーブルを引っこ抜いて
しまい、回線が使い物にならなくなっていました。

もちろん、マンション側にも通信会社側にも責任がないので、支払う雰囲気はゼロ。
リフォーム業者に問い合わせをしたいけど管理人さんがトラブルを嫌がって、連絡先を教えてくれない
状態なのだそうです。このままではこの女性が工事費を支払うことになります。

こういうトラブルに巻き込まれてしまったら、どうすればいいのでしょうか?
まずは消費者センターに相談してみましょう。

消費者センターは買い物のときに相談する機関だと思っている人がほとんどですが、マンションの
契約などにも対応してくれます。個人で判断できないところは、専門の期間に相談するのがいちばん。
そして、争った末にあなたが支払うことになっても合理的な解決策がありますよ。

トラブルで工事不要のはずなのに工事費を支払わないといけなくなったら…

・キャッシュバックがあるプロバイダを選ぼう
・契約自由なら契約しないでポケットwifiにしよう
・家賃の値下げ交渉をしてみよう

まず家賃に光ファイバーの料金が組み込まれていて、どうしても光回線に契約しないといけない場合は、
高額キャッシュバックがあるプロバイダを選びましょう。
プロバイダの高額キャッシュバックは20,000円~30,000円。工事費と同じくらいなので取り戻せます。

また光ファイバーが家賃に組み込まれていない場合は、契約自由なので契約をしないでください。
そして無線で工事不要で使えるポケットwifiにしましょう。
ポケットwifiは回線を使わないので、こうしたトラブルとは無縁です!

あとは、ダメもとですが家賃を期間限定で値下げしてもらえないか、交渉してみてください。
数百円でも値下げしてもらえれば、半年くらいで工事費の半分は取り返せますよ。
光ファイバーの回線は壁紙を張り替える時、邪魔になります。

もちろん、きちんとしている業者なら丁寧によけて壁紙を張り替えてくれますが、雑な業者は
壁紙でLANポートをふさいでしまったり、引っこ抜いてしまいます。
部屋の下見の段階で確認すると、確実に防ぐことができますね。

引っ越しの時に後回しにしてしまうインターネット。面倒なことが嫌ならポケットwifi

・ネットから申し込みができて自宅にルーターが届く
・かんたんな設定だけでインターネットができるようになるから工事不要
・トラブルにもなりにくいし管理人さんの許可もいらないから安心

一人暮らしを始める時やネットをするときについつい後回しにしてしまうのが、インターネット契約。
簡単な設定だけでインターネットができるので、工事不要で初心者でも安心ですね。
ネットから申し込んでルーターが自宅に届くのを待つだけ。

光ファイバーは申し込みから使い始めるまで工事不要でも、2週間くらいかかります。
でもポケットwifiなら早ければ翌日に自宅に届くので、使い始めるまでの期間も短いです。
ですので、すぐにネットを使い始めたい人にも向いています。

工事不要な分、トラブルも少ないし、大家さんに断る必要もないので安心です。
光ファイバーに対応しているマンションでも、していないマンションでも契約をすることができます。

ポケットwifiで費用が掛からないのはWIMAX!手続きがかんたんなものを選ぼう

・高額キャッシュバックがあるプロバイダもあるが手続きが面倒
・Broad WIMAXなら手続き不要ですぐにお得
・初期費用、利用料割引でお得を実感できる

ポケットwifiで費用が掛からないのはWIMAXです。
固定回線並みに通信量が多くて、月額4,880円なのです。
コードレスで家でも外出先でもネットできて、3日間で10GBも使えます。

私もWIMAXユーザーですが、持ち歩ける固定回線ですね。
いつもHuluで映画を見ています。
WIMAXには高額キャッシュバックがあるプロバイダがありますが、手続きが面倒です。

そこで、Broadd WIMAXのような初期費用が無料になるプロバイダを選びましょう。
通常18,000円代の初期費用が0円になるので、契約直後からお得です。
月額利用料も契約から最大3か月間は2,762円と激安。

高額キャッシュバックは契約から11か月後に受け取ることになっていたり、手続きがわざと
複雑にしてあって面倒です。Broad WIMAXは、手軽にお得な思いをすることができます。
WIMAX以外にはポケットwifiには、ヤフーwifiやワイモバイルなどがありますよ。

wifi

契約したら料金高い!光ファイバーのマンションでの節約方法?

光ファイバーを契約したら料金が高くてびっくりした

・規模が小さいマンションほど光ファイバーの料金は高い
・一つの回線の料金を住人で割り勘するので料金が安くなる
・3戸以下のアパートだと戸建てと同じ料金になる

光ファイバーは高速で安定した通信ができると好評で、多くの人が契約をしています。
光ファイバーに対応していて、引っ越すだけでその日から光ファイバーでネットできる
物件はとても人気で、空き部屋対策として光ファイバーを導入するマンションもあります。

私が以前住んでいた部屋も光ファイバー対応でした。
もちろん、部屋を選んだ時に「光ファイバー対応」と書かれているのに惹かれて購入したのです。
でも、実際に契約していると毎月の料金の高さに悩まされることになりました。

私は住んでいたのは全部で6戸ある小さいマンション。
大型マンションが家賃も高いからネット料金も高いイメージがあったので、小さいところに。
でも実際には逆で、規模が小さいマンションのほうがネット料金が高かったのです。

マンションやアパートなどの集合住宅は住人全員で、1本の通信回線を使います。
だから、通信量はみんなで割り勘するのです。
大規模なマンションのほうが当然、住人が多いので一人当たりの負担は軽くなりますね。

私が住んでいたマンションはフレッツ光だったので毎月4,500円くらいかかっていました。
年間で54,000円です。これで家でしかネットできないことはかなり不満でした。

1日中どこででも無制限でネットできてこの料金なら納得だけど、家でだけでこの料金!
しかもこれにスマホのパケット代が月々5,000円、年間60,000円かかるのです。
インターネットのヘビーユーザーでもないのに、年間の通信費が114,000円はつらかったです。

知り合いの話では3戸以下の集合住宅の場合は、戸建てと同じ料金(月額5,100円~)らしいです。
「もっと安くネットしたい!」と本気で思って、いろいろ調べてみました。

光ファイバーのマンションはネット料金がみんな高いの?比較してみた

・フレッツ光はどのプランでも西日本でも東日本でも2,000円代~4,000円代
・auひかりは3,000円代~5,000円代
・NURO光は5,000円前後

光ファイバーの料金はどの会社でも高いイメージですよね?
でも、実際はどうなのか検証してみました。

・フレッツ光 東日本 2年目まで2,877円~3,412円、3年目以降は2,813円~4,042円
・フレッツ光 西日本 2年目まで2,992円~4,147円、3年目以降は2,813円~3,905円
・auひかり 3,990円~5,250円
・NURO光 4,980円

比べてみると、群を抜ていお得な会社はないですね…。
でも、プロバイダの組み合わせによって高額キャッシュバックがあります。

・BB.excite フレッツ光 東日本20,000円
・GMOとくとくBB フレッツ光 東日本30,000円、西日本36,000円、auひかり42,000円
・So-net フレッツ光40,000円、auひかり40,000円、NURO光15,000円
・BIGLOBE フレッツ光40,000円、auひかり25,000円

こうしてみるとフレッツ光が多いですね。
でもマンションごとに契約する回線は決まっているので、自由に選べません。
もし該当する会社に当たったら、プロバイダを自由に選べる場合はキャッシュバックを選びましょう。

フレッツ光は西と東で料金が違う!同じ会社でも料金が違うなら同じマンションでも違う?

・同じマンションなら低雄会でも高層階でも料金は同じ
・プロバイダを自由に選べないマンションは完全に同じ料金で住人全員がネットをする
・通信費を抑えるためスマホのパケットは節約が難しい

フレッツ光は西日本と日が足日本に分かれています。
同じ会社なのに、料金は異なっていて最大で2,000円前後の開きがあります。
これは不公平な感じがしますよね?

だた、そういうシステムになっているので改善することはできません。
会社全体で料金を値下げしてくれるのを待ちましょう。

こんな風に同じ会社なのに、住むところが違うだけで料金が異なることがあると心配に
なってくるのは「同じマンションでも料金が違うことはあるのか?」ということ。
こちらの方が調べてみましたが、心配いりません。

同じマンションに住んでいて、同じ会社の回線を使っているなら基本的に料金は同じ。
「同じマンションに住んでるのにネット料金が違うじゃない!」というクレーム対応として
プロバイダをマンション全体で指定しているところもあります。

そういうマンションは住人全員が完全に同じ料金で、ネットをします。
その分、高額キャッシュバックのあるプロバイダを選ぶことはできません。
こんな風に光ファイバーに対応してるマンションでは通信費の節約は難しいのです。

スマホのパケットを見直そうとしても、外出先でかなり節約しないといけなくなるから、
それはそれで大変です。どうすれば、マンションの契約をやぶらずに料金を節約できるので
しょうか?

家賃にインターネット料金が組み込まれていない場合はポケットwifiを

・すでに設置してある回線も契約しなければ料金は発生しない
・ポケットwifiなら無線通信だから回線の工事がないのでマンションに迷惑をかけない
・「インターネット無料」と書かれている場合は家賃に入っている

マンションの家賃にインターネット料金が組み込まれていない場合は、ポケットwifiを
契約すればかんたんにインターネットの料金を節約することができますよ。

ポケットwifiはネットから申し込めて、自宅に届くルーターを設定して使います。
無線で通信するから、回線の設置工事も必要ありません。

月額は最安値級のものだと月額2,000円前後!
高くても月額4,380円なので、固定回線より高くなることはありません。
しかも外出先でもネットできるし、月額4,880円は3日間で10GBも使えます。

固定回線で実現する無制限のwifi環境を持ち歩けるようなものなので、かなり便利です。
スマホのパケットを解約できるから、その分の費用が浮きます。
ソフトバンクで月間7GBのプランに加入していると、月額5,700円かかります。

これが毎月節約できるのですから、年間で68,400円浮きます。
この金額が節約できるのは、うれしいですよね?
光ファイバーでは実現できない通信費の節約になるので、試してみてください。

ただ、「インターネット無料」と書かれているマンションは家賃に光ファイバーの料金が
組み込まれています。これだと解約できないのでスマホのパケットのみを解約することに
なります。

それでも、月間7GBしか使えないで月額5,700円が月間ほとんど無制限で月額4,880円に
なるので、節約にもなるし、通信量も増えて便利になります。
外出中の「ネット節約しないと」という焦りがなくなって、イライラしなくなりますよ。

ソフトバンクのパケットを解約してWIMAXに変更した場合は、毎月1,320円の節約になります。
年間で15,840円の節約になるので、なかなかお得ですね。
こんな風に節約になるので、家賃にネット料金が組み込まれている場合でも試してみてください。

光ファイバーも契約してキャリアのスマホでネットして通信料金を節約するのは難しいです。
ほかには、こんな方法があります。

格安スマホにして通信費を抑える方法

・毎月6,000円~7,000円の料金がかかるスマホを格安スマホにする
・外出先での通信が不安定になるというデメリットがある
・SNSがカウントフリーになる格安スマホがある

光ファイバーが解約できない場合に実践できる通信費の節約方法に、格安スマホがあります。
毎月6,000円~7,000円かかるスマホ台を3分の1以下にできるのです。
格安スマホはさまざまな会社から発売されていますが、LINEモバイルならSNSが無料です。

LINE、Twitter、facebook、インスタがカウントフリーになっているのです!
SNSをメインで使う人にはぴったりな格安スマホですね。

月間の通信量は3GB、5GB、7GB、10GBで月額1,110円~。
月間7GBは月額2,880円と今までの半額以下になります。
このスマホに変更するだけでも、通信費の節約になりますね。

ただ、格安スマホは通信速度が遅いから動画の再生に時間がかかったり、ユーザーが多くなる
昼休みや夕方に通信が不安定になるというデメリットがあります。
WIMAXをはじめとするポケットwifiにはそういうことがありません。

安定した通信ができるので、快適にネットを使うことができますよ。

ほとんどの光ファイバー対応マンションはプロバイダを自由に選べる

・ほとんどの光ファイバー対応のマンションはホールセール型
・回線プロバイダ一体型のマンションは少ない
・プロバイダは無駄のないところを選んで節約しよう

光ファイバー対応マンションの中には、プロバイダがマンション全体で決まっている
ところがあります。

こういうシステムをとっているところを「回線プロバイダ一体型」と言います。
一方、通信回線は決まっているけど、プロバイダは自由に選べるところを「ホールセール型」
と言います。ほとんどのマンションは、「ホールセール型」。

あなたの好きなプロバイダを選べるので、無駄のないところにしましょう。
月額500円前後が相場ですが、中には1,000円くらいするところも。
そういうところは大容量のデータ保存サービスがあったり、メールアドレスが何個も提供され
たりします。

しかし、一人暮らしでメールアドレスが何個も必要な人はなかなかいません。
データもパソコンに保存すれば済む場合が多いので、本当に必要なのか十分に考えてから契約
してくださいね。

光ファイバーじゃなくても快適にネットできる

私はWIMAXというポケットwifiでネットしていますが高画質動画もサクサク進んで、
快適にネットできています。

職場の人とLINEしていても「返事遅いね」と言われたことがありません。
周りにも迷惑をかけないので、ポケットwifiはいいですよ。

WIMAXには高額キャッシュバックがある

光ファイバーを解約して新しいネット環境を準備するのはお金がかかりますが、WIMAXには
キャッシュバックがあるから、ネット環境の変更の出費も節約できますよ。

wifi

wifiを飛ばしたい!光ファイバー・マンションの場合は?

マンションでwifiを飛ばす方法の基礎まとめ

・親機であるwifiルーターと子機であるスマホやパソコンが必要
・光ファイバーが事前に通ってるマンションなら部屋にあるLANケーブルにつなぐだけ
・光ファイバーが事前に通ってないマンションなら回線契約からはじめよう

インターネットしたいけど、契約したことがないからよくわからないという人は今も多いです。
若くてこれから一人暮らしを始める人、結婚するまで実家にいた人、結婚後も奥さんにすべて
やってもらっていて出張先などで初めて自分だけで契約する人。

私も一人暮らしを始めたころにインターネットについて基礎の基礎から知りたいと思いました。
ネットで契約の方法を調べても、専門用語の説明とかがないんですよね?
どうしていいかわからなくなり、結局NTTに言われるがままに契約をしました。

でも、のちのち不満がたくさん出てきて途中で解約することになり、今はポケットwifiをフル
活用してネットしています。最初からポケットwifiにしておけば、余計なお金を使わないで
済んだのに…。とても後悔しているので、この記事にwifiの飛ばし方をまとめてみました。

さまざまな事情でインターネットをこれから始めて契約する人のために、wifiの基礎からお話し
していきます。契約の際に参考にしてみてくださいね!

まず、wifiを飛ばすには親機と子機が必要。
親機は無線LANルーター、wifiルーターと呼ばれる機器です。黒か白で単行本サイズの薄い箱状の
ものをどこかで見かけたことがあると思います。

このルーターから発信される電波がwifiなのです。これをキャッチするのがwifi受信機内蔵のスマホ、
パソコン、タブレットなど。ここ10年以内に購入したものならwifi受信機は内臓されています。
この場合は設定でwifiをオンにするだけで、簡単にネットにつながりますよ。

以前はパスワードの入力などがあったのですが、今はルーターのWPSボタンを長押しするだけ。
パスワードの入力って意外と面倒ですよね?でも、今はボタンひとつでwifi設定が完了します。

光ファイバーが事前に通っているマンションなら、何の契約もなしに壁のLANポートにケーブルを
差し込むだけでネットにつながります。
でも、事前に光ファイバーに契約していないマンションだと、自分で契約することになります。

ただマンションが「光ファイバー対応」と書かれていれば部屋まで回線が来ていますよ。

すべての光ファイバー対応マンションが契約不要じゃない

・プロバイダは自分で選んで契約するパターンもある
・マンション自体のHPがあってパソコンやスマホやあればその日からネットできるところもある
・「光ファイバー対応」でも引っ越した当日から確実にネットが使えるわけではない

「光ファイバー対応」と書かれていても、部屋に引っ越して来たらすぐにネットが使えるとは
限りません。中にはプロバイダに個人で契約しないといけないところもあります。

光ファイバーに対応しているマンションはフレッツ光、ドコモ光、au光、ソフトバンク光など
の光ファイバーを利用した通信サービスを提供している会社とマンションごと契約しています。
ですので、自分で好きな通信会社を選べません。

ただ、この通信会社はそれぞれいくつかのプロバイダがあります。
プロバイダとは、インターネット回線と利用者であるあなたを結び付けるための会社です。
加入しないとネットが使えないので、必ず契約しましょう。

プロバイダはマンションで一括で決まっているところもあれば、自由に選べるところもあります。
自由に選べるところでは、料金が一番安いところ、メールアドレスがたくさんもらえるところなどを
あなたがいいと思うところを選べますが、契約が面倒というデメリットも。

ネットから申し込めますが自宅に来て、契約書にサインをするのでそれまでネットが使えません。
マンションで一括でプロバイダと契約をしているところなら、引っ越してきてすぐに
契約できます。自由に選べない分、手間はかからないのです。

光ファイバーでもwifiルーターが使えないことがあるのか

・光ファイバーがつながっているならwifiを後から買っても使うことができる
・wifiはどの機種でも使えるので部屋の規模に合わせて選ぼう
・最大速度をチェックして買うと失敗がない

ある男性の体験談で光ファイバー対応のマンションに住んでいるけど、ドコモショップの
店員さんに「今のままではwifiルーターは使えない」と言われてしまったそうです。
「光ファイバーに対応してるのにどうして?」と思ったそうですが、実はこれは店員さんの誤解です。

光ファイバーに対応しているマンションであれば、wifiルーターを設置することはもちろんできるし、
そのwifiでパソコン、スマホ、タブレットなどの通信機器と無線でつながることができます。
5,000円くらいで買えるので、最大速度をチェックしてから購入しましょう。

また、wifiルーターが部屋にないということはこの男性はLANポートにLANケーブルを刺して、
パソコンやスマホと優先接続している状態です。
優先接続は安定しますが、不便なのでルーターを買ったほうがいいでしょう。

ルーターを買っても定額プランにしているなら、利用料金が上がることはありません。
新しく契約も必要ないです。ルーターだけを買ってパソコンやスマホをつないでいたケーブルで
ルーターとLANポートをつなぐだけですよ。

光ファイバーはどれくらい速いのか?口コミを見て事前にチェック

・最大速度が100Mbpsのときに約95Mbps出ていた
・理論上の数値とほとんど変わらない速度ということはそれだけ安定しているということ
・ポケットwifiだと無線通信なので最大速度の4分の1くらいの速度になってしまう

光ファイバーの最大の魅力は、その通信速度の速さと安定性です。
どれくらいなのか調べてみると、かなり前のデータが出てきました。

体験談を書いた人はフレッツ光を使っていました。現在のフレッツ光の最大速度は1Gbps。
でも、その時の最大速度は100Mbpsでした。それでも実測は約95Mbpsだったのです!

95Mbpsは今でもかなり速い通信速度。
しかも、最大値とほとんど変わらない速度ということは通信に無駄がなく安定しているという
ことなので、品質の高さがわかります。

ポケットwifiの場合は、当時の最大速度がWIMAXは40Mbps、ドコモは100Mbps。
これに対して実際の通信速度は、WIMAXは約10Mbps,ドコモは約9Mbps。
WIMAXは4分の1、ドコモに関しては100分の1以下の速度になってしまっています。

でも、これは珍しいことではありません。私が今現在使っているWIMAXの最大速度は440Mbps。
しかし、いつも使っているときの通信速度は約80Mbps。5分の1以下の速度になっているのです。
この原因は無線通信だから。

無線通信は外を電波が直接飛んでいるので木や鳥、雨、人、建物、車など様々なものにぶつかって
減速しながらあなたのところに電波が届きます。
しかし、光ファイバーはケーブル内を電波が通ってくるので障害物がありません。
距離が多いと少し減速してしまうだけで、ほとんど最大速度で自宅まで届くのです!

高速で安定している通信ができる光ファイバーの最大のデメリット

・家でしかネットできないので外ではスマホで直接通信することになる
・月間の通信制限を気にしながら利用するので、ストレスになる
・外出先でネットを我慢しながらの生活を送ることになる

高速で安定した通信ができる光ファイバー。完璧に思える通信環境ですがひとつだけ
大きなデメリットがあります。それは「家でしか高速通信ができないこと」。
家でなら通信制限なく快適にネットできますが、外出先ではそうもいかないのです。

外出先ではスマホの通信で直接ネットすることになるので、月間7GBの通信制限に
引っかからないようにいろいろ工夫をしながらネットしないといけないのです。
これは仕事や趣味でネットを使う社会人も、勉強や趣味でネットを使う学生も同じです。

最近はSNSが流行っているので、友達のインスタを一通りチェックしただけであっという間に
かなりの通信量を使ってしまうことになります。

これでは家でしかハイスペックな通信環境を使えないことになりますよね?
そのために毎月5,000円近い利用料を支払わないといけないのです。
もう少し安い通信料金の固定回線もありますが、マンション自体が光ファイバーに対応している
から変えることができません。

こういう場合は、どうやって通信費を節約すればいいのでしょうか?

光ファイバーに対応しているマンションでも無理なくできる通信費の節約方法

・料金プランの変更をしてみる
・ポケットwifiを契約する
・wifiルーターは売れるからリサイクルショップにもっていってみよう

光ファイバーに対応しているマンションでは、通信回線を変えることはできません。
対応していないマンションでもマンション全体で契約している通信回線以外の会社と契約
しようとすると、大家さんに嫌な顔をされてしまいます。

そこで、無理なくできる通信費の節約方法を考えてみました。
まずは料金プランを変更してみることです。
今契約している料金プランよりも安いものにすれば、かんたんに通信費を節約できます。

私もこれを真っ先に思い付いたのですが個人的にプラン変更ができませんでした。
ですので、ポケットwifiに変更してください。
wifiルーターは売れるので、リサイクルショップにもっていってみましょう。

ポケットwifiにするメリットまとめ

光ファイバーのマンションでも契約は強制ではないので、ポケットwifiを使えます。
ポケットwifiにするとどれくらいお得なのか、そのメリットをまとめてみました。

・スマホのパケットを解約してもネットできるからパケット料金がタダになる
・月額4,880円以下なので固定回線よりも安く利用できる
・家でも外でも通信できるからネットを我慢する必要がない

家賃にインターネット代が含まれている場合でも…

家賃にインターネット大が腹案れている場合は、解約できません。
でもポケットwifiはスマホのパケットプランよりも安いので、その場合でも節約になります。

wifi

ポケットwifiの中で一番つながるwifiはどれですか?

そもそもポケットwifiがよくわからない…

・無線でネットに繋がれるコードレスの通信機器のこと
・ネットから契約できて初期設定はスマホよりもかんたん!
・タッチパネル式だから操作も直感的にできる

一人暮らしを始めたり、旅行や出張で遠征したり、家族が多くて通信回線が1本じゃ足りない
ような気がしたりしたとき「ポケットwifiがほしい」と思いますよね?

私も一人暮らしを始めてから最初は光回線を引いていたのですが、引っ越すたびに回線の
撤去工事と引っ越し先で設置工事があってイライラして、ポケットwifiがほしくなりました。
でも、「ポケットwifiがほしい」と思っている人の中にはよくわかっていない人が意外と多いです。

私の以前はその中の一人でした。
今まで携帯もスマホもシステムをよくわかっていない状態で契約して、特に問題がなかったから
よくわかってなくてもいいかと思っていたのですが、そうでもありません。

まず、ポケットwifiには聞きなれない会社の商品があるからどれをえらんでいいかわからないのです!
ここでは、ポケットwifiの基礎知識から一番つながるwifiまでお話ししていきます。

ポケットwifiにはどんな会社があるのか

ポケットwifiやスマホなどの通信機器と聞いて一番最初にイメージするのはドコモ、au、
ソフトバンクですよね?でも、ポケットwifiにはauとソフトバンクの商品がありません。
それぞれの傘下であるWIMAXとワイモバイル、ヤフーwifiになります。

ポケットwifiは、スマホと同じように無線でネットにつながる通信機器です。
よくスタバやマックにあるwi-fiを持ち歩いているようなものです。
1台あればゲーム機やタブレット、スマホなど10台くらいの通信機器がネットに接続できます。

ネットから契約でいて初期設定はスマホよりもかんたん。操作もタッチパネル式でスマホ
感覚で使えます。かなり便利なので、毎日の生活が快適になりますよ。

一番つながるポケットwifiはどれなのか

・通信エリアが広いのはドコモ
・WIMAXはau、ワイモバイル、ヤフーwifiはソフトバンクの通信エリアと独自エリアを使える
・2つのエリアを使える、WIMAX、ワイモバイル、ヤフーwifiがつながりやすい

ポケットwifiを発売しているのはドコモ、auのWIMAX、ソフトバンクのワイモバイル、
ヤフーwifiの3つです。この3つのポケットwifiの特徴をまとめてみると…

ドコモはNTTドコモ回線を使って通信します。人口カバー率は99%とキャリアの中で最高。
安定性やつながりやすさにも定評があります。

WIMAXはau回線とWIMAX専用回線の2つを使うことができます。
どちらも全国的に通信エリアが広がっているので、つながりやすいです。
auでつながらないならWIMAXでという方法が取れるから、つながりにくくても安心です。

ワイモバイルとヤフーwifiも、それぞれの独自回線とソフトバンク回線を両方使えます。
2つの通信回線を使えると、つながりにくくなるので安心感があります。
このようにつながりやすいのはWIMAX、ワイモバイル、ヤフーwifiですね。

この中でどれが一番つながるかは、使う人が住んでいる環境によって違います。
それぞれの会社のサイトで通信エリアマップをチェックしてみて、あなたが住んでいる
地域でエリアが一番広い会社を選びましょう。

つながりやすさ=通信エリアの広さ

・通信速度は5Mbps以上あれば十分速く感じる
・つながりやすさは通信速度ではなく通信エリアの広さで決まる
・住んでいる地域、よくいく場所が通信エリアに入っているかをチェックしよう

ポケットwifiのつながりやすさは、通信速度で決まると思っている人が多いです。
私も以前はそう思っていました。通信速度が速ければ早いほど早くつながると。
でも、実際はそうではありません。

通信速度は5Mbps以上あれば、ストレスなくネットにつながります。
ポケットwifiの「実際の速度を図った結果=実測」は、どの会社も10Mbps以上です。
WIMAXは90Mbpsというところもありますので、どの会社を選んでも十分な速度ですね。

ただ、通信エリアは会社によって力を入れている地域が違います。
例えば、ドコモは山岳地以外は一通りつながります。
WIMAXは都市部中心、ワイモバイル、ヤフーwifiも山岳地以外なら基本的につながります。

このように違いが出るのは、ドコモ、ワイモバイル、ヤフーwifiはLTEで通信していて、
WIMAXは独自回線だから。私はWIMAXを使っているのですが、都市部でも地方でも問題
なくつながります。都市部中心だから、地方ではつながらないという意味ではありません。

WIMAXのつながりやすさはどれくらいなのか?私の体験談

・高画質動画でもさくさく読み込んでくれるし、新幹線の中でもつながる
・地下鉄の駅、電車内、高層のオフィスでも快適にネットできる
・2年使っていて不満がほとんどない

私は2年前からWIMAXを使っています。
スマホで高画質動画を見る時も、さくさくデータを読み込んでくれるし、新幹線の中でも
快適につながります。

地下鉄の駅や電車内、高層の建物の中でもネットできるので、かなり便利です。
WIMAXにしてからネットがつながらなくてイライラしたことが、ほとんどありません。

スマホにある通信制限がポケットwifiにもありますが、WIMAXの場合は3日間で10GBと
大容量。毎日のように映画を見ても、通信速度制限にひっかかりません。
また、引っかかったとしても制限されるのは18時から翌朝2時まで。

ワイモバイルやヤフーwifiは丸1日制限されてしまうのですが、WIMAXはその心配がありません。
速度も速くて通信制限も緩いので、WIMAXは一番つながるwifiと言えますね。

WIMAXの電波は都市部でつながりやすい!その理由

・直進が得意なので、遠くまでよく届くから
・基地局が多いから発信源から基地局までが近いから
・高層ビルの屋上に基地局が設置されているから

WIMAXは地方よりも都市部のほうがつながりやすいです。
その理由は、WIMAXの電波の特徴、そして基地局の設置の特徴にあります。

まずWIMAXは、2.5Ghzという高周波の電波で通信をします。
ですので、直進が得意で遠くまでよく届きます。
またそれだけではなく基地局が都市部を中心に増えているので、基地局と発信源が近いです。

そのため、入り組んだ場所でもつながりやすいのです。以前は直進性が高い分、入り組んだ場所
ではつながりにくいというデメリットがありましたが、基地局を増やして改善しました。

あと電波の特徴に関係なく、高層ビルや高層マンションの上層階では電波が届きにくいのですが、
WIMAXは電波がしっかり届きます。これは、高層ビルや高層マンションの屋上に基地局を設置
しているからです。

ただ、理論上は直進性が強いと雨や雪、建物などの障害物に反射してつながりにくくなります。
でも私はWIMAXを使っていて、雨の日でも晴れの日でも速度に違いを感じたことはありません。

雪の日はつながりにくいこともありますが、それは雪に電波が反射しているからというよりも、
ユーザーがみんな交通情報をチェックしているから。
ドコモやソフトバンク系のポケットwifiでも、同じようなことが起こると思います。

LTEは直進性が弱いですが、その分回り込むのが得意です。
障害物があっても土地が凸凹でも、柔軟につながってくれます。ただ全国的にまんべんなく基地局を
設置しているので、引っ越しが多い人や出張、旅行をよくする人向きですね。

私のような普段あまり長い距離を移動しない人によっては、一番つながるwifiは、WIMAXです。

ドコモのワイヤレスゲートは本当にお得!?見落としがちなデメリット

・通信料金が高くても根強い人気のドコモ
・ワイヤレスゲートはルーターなしでも全国でwifiが使えて便利
・ルーターの通信制限は月間3GBと少ない

ドコモのスマホを使っている人の中にはWIMAXとワイモバイルなどのポケットwifiを契約しないで、
ワイヤレスゲートを使っているという人もいます。
月額3,980円でもてるポケットwifiで、全国3万か所にあるwifiスポットが無料でつかえます。

実際にワイヤレスゲートを使っている人の体験談を読んでみると、池袋のカフェで実測
約9Mbps、明治神宮前駅の中では約3Mbps、上野では約3Mbpsという結果でした。
WIMAXの実測を調べると、池袋で約54Mbps、原宿で約46Mbps、上野で約76Mbpsでした。

WIMAXのほうが早いですね。
また、ワイヤレスゲートのルーターの月間の通信量をみてみるとたった3GBでした。
WIMAXなら月間7GBで月額3,696円、月額4,880円では3日間で10GB使えます。

ワイヤレスゲートはかなり高い料金で、速度も速くないということがわかりますね。
全国のwifiスポットを無料で使えるのもメリットのように思うかもしれませんが、
WIMAXで全国どこででも通信制限を気にせず、ネットできたほうが快適だと思います。

wifiスポットでネットするときはいちいちスポットを探さないといけないので、手間ですし。

つながりやすいポケットwifiを調べるのに確実な方法

・1日それぞれの会社のルーターをレンタルする
・1日500円くらいでレンタルできるから4社レンタルしても2,000円
・見切り発車で契約してすぐ解約すると解約料がとられてしまう

つながりやすいポケットwifiを調べるのに確実な方法は、1日だけそれぞれの会社のルーターを
レンタルすること。1日500円くらいでレンタル業者から借りられるので、実際に使ってみてください。
4社すべてのルーターをレンタルしても2,000円で済むので、安心です。

見切り発車で契約しても納得できずにすぐ解約ということになると、解約料が2万円以上かかります。
特にヤフーwifiとワイモバイルは月額利用料金が安い分、解約料金が高く設定されています。

WIMAXはレンタル業者に多く取り扱われているし、試しやすさも一番です。
失敗しないためにもレンタルをしてみてください。私はWIMAXにしてから外出先でSNSを更新する
機会が増えました。今までよりもネットを楽しく活用できていて、満足しています。

wifi

どれが安く使える?一番安いwifiルーターはどれですか?

できるだけお金をかけたくない通信費

・一人暮らしはいろんなことにお金がかかるから通信費は節約したい
・「固定回線+スマホ」だと月額1万円以上になる
・スマホのパケットを解約してポケットWiFiにすれば通信費は半額くらいになる

一人暮らしをすると、いろんなことにお金がかかります。
一番は家賃ですね。その次に光熱費、食費、交通費、雑費、交際費など…。
毎月貯金をするのもやっとで、通帳を見ることも多くなります。

そんなときに毎月かかる出費を少しでも節約できたらうれしいですよね?
そこで、インターネットの代金である通信費を節約してみましょう。

私は以前高速で安定した通信ができる光回線に契約していました。
月額5,000円前後でスマホも同じくらい、合計で1万円くらい通信費として使っていたのです。
これが普通だと思っていたし、必要な出費だから特に気にしていませんでした。

でも、一人暮らしを始めて数か月後にふと思ったのです。
「家にいる時しか使えない通信回線に毎月お金をかけたくないな」と。
そこで、家以外でも使えるネット回線を探しました。

その結果、WIMAXに乗り換えてスマホのパケットを解約したのです。
そして通信費を毎月5,000円以下にすることができました。
このように、少し工夫をするだけで通信費の節約はできます。

ポケットWiFiで一番通信料が安いのはどれなのか

・ヤフーWFIがダントツで安い
・ほかのポケットWIFIと比較しても安さがわかる
・端末無料は当たり前なので騙されないで

ポケットWiFiの中でいちばん安いルーターはどれなのかを知るために、有名なルーターを
いくつか比較してみました。

・ヤフーWIFI(制限あり) 1年目の月額1,980円 2年分の合計費用 62,000円代
・ヤフーWIFI(制限なし) 半年間の月額3,696円 2年分の合計費用 101,000円代
・UQ WIMAX      3か月間の月額3,696円 2年分の合計費用 104,000円代
・GMOとくとくBB WIMAX 2か月間の月額3,609円 2年分の合計費用 104,000円代
・Broad WIMAX     2か月分の月額2,726円 2年分の合計費用 83,000円代
・BIGLOBE       2か月分の月額3,695円 2年分の合計費用 106,000円代

このように安さでポケットWiFiを選ぶなら、ヤフーWIFIがいいですね。
ダントツで安いから通信費の心配をする必要がありません。

ただ月額7GBという通信制限があるので、スマホの制限に引っかかったことがある人は
通信量が足りないかもしれません。

通信制限に引っかかったことがある人はGMOとくとくBB WIMAXがいい

・ヤフーWIFIでは通信量が足りなくなってしまう
・GMOとくとくBBには高額キャッシュバックがあるから合計費用が安くなる
・ヤフーWIFIと1万円くらいの差額になる!

ヤフーWIFIの制限ありプランはポケットWIFIの中で、いちばん安いです。
しかし、通信料が足りなくなってしまうという心配がありますよね?
特にスマホで動画を見たい人や仕事でネットを使う人は通信制限が気になるところ。

そこで、通信制限が気にならない通信量の多いポケットWIFIを契約しましょう。
通信量が多いのはWIMAXですね。
3日間で10GBもの通信量を使えるので、大容量のファイルをダウンロードするのも安心です。

しかもGMOとくとくBB WIMAXには、33,000円の高額キャッシュバックがあります。
2年間の合計費用は104,000円代なので、71,000円代になります。
ヤフーWIFIと1万円以下しか違わないので、通信量が多い人はGMOがいいですね!

WIMAXにはもっと安いプロバイダがある?ラクーポンの特徴

・安さに特化したWIMAXのプロバイダ
・月額2,312円と激安だけど4か月目以降は2,996円になる
・25か月目以降は月額4,456円とさらに値上がりする

WIMAXにもヤフーWIFI並みに安い料金で使えるプロバイダがあります。
楽天が運営しているラクーポンWIMAXというプロバイダです。
月額2,312円と激安ですが4か月目以降は月額2,996円、25か月目以降は月額4,456円に!

2年間の合計費用は、2,312円×3=6,936円、2,996円×22=65,912円、69,848円。
これに初期費用などが加わるので、だいたい7万円くらいとGMOと同じですね。

ラクーポンはメールアドレスがもらえないのに対してGMOは10個以上もらえます。
また支払いもラクーポンはクレジットカードだけ、GMOは口座振替も可能です。
口コミも少ないし、サポートの質も不明なので、やめたほうがいいかもしれません。

私はGMOとくとくBB WIMAXがいいと思います。
料金も安いし、ルーターとクレードルが無料でついてくるし、お得ですよ。
何より口コミも体験談も多いから、契約後の様子をイメージしやすいですね。

業界最安値のヤフーWIFIに思わぬ落とし穴

・料金プランによってルーターが決まってる
・解約料金は1年目に3万円代もかかる
・契約してすぐに解約したら4万円とられたという体験談が!

ポケットWIFIの中で業界最安値であるヤフーWIFIは、料金プランによってルーターが決まっています。
WIMAXは料金プランとルーター、好きな組み合わせが選べるので、そちらの方がうれしいですよね。
しかも、解約料も高いというデメリットがあります。

計約1年目に解約すると3万円代の解約料金を取られてしまうのです。
ヤフーWIFIを契約したものの、通信が不安定ですぐに解約したという人の体験談では
「解約するのに4万もかかった。ぜんぜん業界最安値じゃないです」とありました。

確かにほかのポケットWIFIは契約直後に解約しても2万円くらいしかかからないので、
倍かかってしまいます。でも事前にしっかりヤフーWIFIについて調べて、使えることが
わかってから契約すれば、問題ありません。

ですので「業界最安値だから」と軽い気持ちで契約をしてのちのち後悔することのないように
してくださいね。一番安くなるのは、ヤフーWIFIですがリスクが低いのはGMOです。
ただGMOもキャッシュバックの受け取りに手続きがいるから、注意が必要です。

GMOとくとくBB WIMAXのキャッシュバックは受け取り方が面倒

・契約から11か月後にメールが来て手続きを行う
・この手続きをしないと高額キャッシュバックがもらえない
・GMO側に少しでも利益が残るようにするためのシステム

GMOとくとくBB WIMAXは、最低利用期間が2年間で解約料も2万円前後と安心です。
でも、契約から11か月後にメールが届いて手続きを行うことになります。
この手続きをしないとキャッシュバックが無効になってしまいます。

必ず契約から11か月後に手帳に大きく「GMOキャッシュバック」と書いておきましょう。
また、スマホのカレンダーにアラーム付きで登録しておいてもいいですね。
11か月後なので覚えておくのは難しいです。記入しておけば、忘れずに済みます。

人の記憶力はとてもあいまいで頼りにならないものなので、必ずわかりやすくメモをして
おきましょう。私の知り合いはメモをしておいたので、手続きを忘れずにキャッシュバックを
受け取ることができたそうです。3万円がかかっているので必ずメモしましょう。

ヤフーWIFIの業界最安値級キャンペーンはいつまでやっているのか

・在庫がなくなり次第終了
・ポケットWIFIのキャンペーンはスマホのキャンペーンと同じで告知なしで終了する
・在庫やコストなどの都合があるから仕方がない

ヤフーWIFIは現在業界最安値級のキャンペーンを開催しています。
でも在庫がなくなり次第、告知なしで終了します。
こうしたシステムはよくありますが、在庫やコストなどの関係上仕方がないのです。

ただヤフーWIFIのキャンペーンは変わる変わる行われていて、料金に数百円の違いはある
ものの、基本的に2,000円前後です。お得なことには変わりありません。
そして最低利用期間も解約金も変わらないので、今のキャンペーン中に急ぐ必要はないです。

3年間使い続けるものなので、じっくり考えて契約してくださいね。
私も最初はヤフーWIFIにしようかと思ったのですが、通信量が少ないことと最低利用期間が
長いことが不安でWIMAXにしました。結果的にWIMAXにして大正解でしたね。

最近映画をHulude見るのにハマってて、毎日のように見れているのでいいストレス解消に
なっています。ヤフーWIFIだったらできなかったですね。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは急に終わったりするのか

・キャンペーン内容はこまめに変わっているけど高額キャッシュバックには変わらない
・ルーター無料、クレードル無料はずっと続いている
・初月無料も継続中だから急がなくてもお得に契約できる

ヤフーWIFIのキャンペーンがころころ変わる割に大部分が変わっていないのと同じで、
GMOとくとくBB WIMAXも細かい金額が変わるだけで大部分は変わりません。

私が最初キャッシュバックを見たときはGMOとくとくBB WIMAXの確か27,000円だったと
思います。でも、今は33,000円。増えているからお得になってていいですよね?

あとルーター無料、クレードル無料、諸月利用料金無料はずっと継続してやっています。
大掛かりなキャンペーンだけど、終わらないので焦って契約しなくても大丈夫。

ポケットWIFIは気軽に契約できますが、ネット回線の契約であることには変わりません。
「本当に必要なのか?」「本当のこの会社でいいのか?」「もっとあっているところはないのか?」
と十分に吟味したうえで契約してください。

私もかなり悩んで契約したので、不満なくWIMAXを使えています。
あまり調べないで契約すると後悔するので、気を付けましょう。

また通信エリア内でも自宅の環境やよく行く場所の環境で、電波で届きにくいという
トラブルもあるのを頭に入れておきましょう。私もたまに電波が入りにくいところが
あるなと感じますが、ほとんどの場所でつながりますよ。

wifi