大学の寮でのインターネットの使用について、福島大学です

Q.png次の4月で無事大学生になります。
福島大学に合格し、親と一緒に一安心しているところです。
実家は同じ福島ですが、家から通うには2時間ほどかかってしまうので、
福島大学についている寮に入ろうと思ってます。

大学に入ったら、インターネットを使うことが増えると思うので、
パソコンを買いたいと考えています。
福島大学の寮には、インターネット環境は整備されているのでしょうか。
また、利用するにはどのくらいの料金がかかるのでしょうか。

もし、インターネット環境が整っていなくて、
自分で契約の手続きなどをしなければいけない場合は、
お勧めの回線などを教えていただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

■福島大学の学生寮について

福島大学の学生寮は、如月寮、信夫寮、葵寮の3つの建物があります。
すべて大学のキャンパス内にあり、隣接しています。

如月寮は、男子学生用で、定員は200名です。
信夫寮も男子学生用で、定員は150名です。
葵寮は、女子学生用で、定員は150名です。

共同スペースの設備は、寮棟の各階に浴室、トイレ、キッチン、洗濯機、乾燥機、リビングルームなど
があります。
各部屋は、全室個室となっていて、5.5畳です。

部屋の設備は、エアコン、ベット、マットレス、本棚(希望者に貸し出し)があります。
各部屋で必要な、家電やカーテン、じゅうたんなどは各入寮者が準備します。
布団の貸し出しはあるそうです。

カーペットは、福島大学生協で、部屋のサイズに合わせた特注品を販売しているそうです。
生協では、大学で使うのに便利な仕様にしたパソコンも販売しています。

テレビの持ち込みは可能です。NHK受信料の契約は行わないといけないようです。
寒い福島の夜を過ごすために、コタツは必需品だそうです。

月額の料金は、寄宿料が月4300円、各寮自治会費が1000円です。
光熱水費は、自室の電気代は、個人で負担し、共同スペースの電気・水道・ガス代は、各階の人数割
で負担します。

入寮できる条件は、通学が不便であると認められる者、経済的に困難であると認められる者、その他
特別の事情があると認められる者で、大学が選考して決めています。

入寮できるのは、大学1~4年生と大学院1~2年生の最低修業年数です。
年2回入寮の選考を行っています。

3寮とも自治寮で、寮生が寮自治会を作って、寮の運営を行っています。
門限はないそうです。 寮内は全面禁煙です。

福島大学生協では「寮見学ツアー」を行っています。 寮見学ツアーでは、寮生活について紹介して
もらいながら実際に学生寮を見学することができるそうです。

■福島大学の学生寮のインターネットについて

学生寮の各部屋には、壁にインターネットを接続できるLANケーブルソケットがついています。
工事等は必要なく、LANケーブルを挿すだけでパソコンにつながります。 光回線だそうです。

ただし、インターネットを使う際には、契約が必要とのことです。

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。 合計で、月額料金4000円~5000円くらいです。

すでに、大学側がインターネット環境を構築している場合は、回線会社やプロバイダと契約する必要
は無く、大学が指定したインターネット管理会社と契約することになります。

大学側が指定したインターネット管理会社か、回線会社とプロバイダとの契約かの、どちらを使用するか
を選択できるところもあります。

インターネット管理会社を利用すると、通常よりも格安料金となるところが多いです。
料金は大学側がある程度、負担する形になると思うので月額2000円くらいだと思います。
大学のネットワークにアクセスできて、便利な面も多いです。

福島大学のキャンパスにも無線LANの設備が整っているようです。

しかし、大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、
その点は安心ですが、その反面、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイト
があったり、動画の閲覧もできない場合があります。

通常の回線会社とプロバイダとの契約の場合は、そのような規制はないかと思いますが、その
方法ができない場合は、ポータブル通信端末を使う方法があります。

■個別にインターネットをつなぐ

学生寮の部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法としては、回線を引かない、
モバイル通信端末を使う方法があります。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信では、7GBの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は基本使用料が4196円で、2年間使い続けるおトク割500円を割り引いた
3696円です。

インターネットのサイトから申し込むと、キャッシュバックなどの特典があるところもあります。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

インターネットのオンラインゲームを高知工科大学の寮で使う方法は

Q.png高知工科大学の学生寮について、詳しい方いらっしぃますでしょうか。
今年の4月から高知工科大学の学生になります。

隣の県なので、自宅から通うことが出来ません。
高知工科大学に学生寮があるようなので、そこに入ろうと考えています。
高知工科大の寮はドミトリーという名前のようですが、
ドリミーではでインターネットを利用することは出来ますが、
オンラインゲームは出来ないと聞きました。

そのほかに、禁止されていることはあるのでしょうか?
まだ入ると決定はしていないので、いろいろと教えていただき、
入寮の判断をしたいと思っています。

みなさんのご回答楽しみにしています!
どうぞよろしくお願いいたします。

■高知工科大学の学生寮(ドミトリー)の設備

高知工科大学のドミトリーは、大学の敷地内に日本一高いと言われる15階建てで、2棟
あります。 高層型のデザインが美しい大学のシンボルだそうです。

部屋は、238室の全てが個室のワンルームタイプです。 部屋内の設備は、机、椅子、
電気スタンド、ベット(ベットバッド、枕、毛布2枚付き)、クローゼット、バス、トイレ、
冷蔵庫、エアコン、内線電話です。

テレビはついていませんが、持ち込んでもよいし、入寮時に販売されていて、購入することも
できるそうです。

各部屋に情報コンセント(LANケーブルソケット?)があり、24時間無料でインターネット
や学内ネットワークに各室から自由にアクセスできます。 入寮している生徒にはパソコンの
レンタルもあるそうです。

共同エリアには、受付、コインランドリー、コモンスペース(各階に学生達が集まって談笑
できる スペースを設置)、談話室、自動販売機があります。

各部屋へは、ICカードで入室します。 食事は大学内の食堂で食べます。
まるで、ビジネスホテルのように、すべて揃っていて、綺麗なので、手ぶらでも入寮できると
評判です。

寮費は月々3万円(光熱費、水道代、インターネット接続料金込みです)。 朝食、夕食をつけても
合計48000円ほどで暮らせます。

門限は23時です。 基本的に学部1年生のみしか入寮できません。
2年生からは、自分で住居を探さないといけないようです。

生活面の問題としては、大学が町から少し外れにあるので、スーパーなどの買出しなどに時間が
かかるということらしいです。 土佐山田町中心まで車、バイクで15分ぐらいかかります。
自転車は学校でレンタサイクルもあるそうですが、坂が多いので辛いらしいです。

■ドミトリーのネットワーク事情

高知工科大学の情報ネットワークのサイトからの情報です。

高知工科大学では、国内でも最速レベルのキャンパス情報ネットワーク「KUPPA-NET」を
使っています。

KUTPPA-NETは、リング状に相互接続した3台の10Gbps Ethernet Switchをコアとして、
学内LANを構築しています。

ネットワークは論理的に、学科サブネット、WSサブネット、事務サブネットなど約80の
サブネットから構成され、一部のサブネットを除き IPv4とIPv6の両方(デュアルスタック)
が利用できます。

学内のほぼすべての施設に情報コンセントを設置し、学内LANへのアクセスを容易にする一方
、オープンスペースにおいては認証システムを導入しセキュリティの確保を行っています。

KUTPPA-NETは、インターネットへの接続を30Mbpsで行い、高品質なインターネット環境を
実現しています。

説明どおり、ドミトリーの各部屋から無料でインターネットや学内ネットワークに接続
できます。

学内ネットワークで学内限定サービスを受けられるますが、オンラインゲームや動画などが
見ることができないなどの制限があります。

これは、大学のネットワークを利用するので、外部からの侵入などを防ぐセキュリティとして
プロキシサーバやファイヤウォールを強化しているためだと思われます。
ポートの開放も少なくしているため、動画なども見れないのでしょう。

インターネット系サーバーについては、学外データセンターにアウトソーシングを行っています。
とあるので、有害と思えるサイトはすべてアクセスできないようにしているのかもしれません。

もし、ソフトのダウンロードとかもできなければ、ちょっと困ったことです。

しかし、大学も企業と同じく、侵入されて情報が漏れれば大変なので、セキュリティの強化は
仕方ないと思われます。

■別にインターネットをつなぐ

ドミトリーの部屋内からオンラインゲームや動画を見たい場合は、個別でインターネットを
つなぐ以外は方法はありません。

光回線は工事が必要なので許可が下りないと思うし、電話は備わっていますが、内線という
ことなので電話回線を利用したADSL回線での接続も無理でしょう。

回線を引かない、モバイル通信端末を使う方法があります。

通常のインターネットは無料で利用できるので、オンラインゲームや動画を見るのに
どれだけの通信量を使うかわかりませんが、7Gbの通信量を超えると速度が落とされる
速度制限がないものはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は4000円ほどです。

高知工科大学にモバイル通信の電波が通じているかどうかは調べないといけません。
WiMAXは通信エリアに制限があるので、LTEの電波だとおそらくつながるとは思いますが
7Gbの測度制限はあります。

お持ちのスマートフォンがテザリング機能を持っていれば、月額500円で利用できます。
利用がない月は月額利用料の請求はありません。

しかし、テザリングでの接続は、通信量制限があり、500MBを超えると、当月末までの
通信速度が送受信最大128kbps となってしまいます。

また、テザリング機能を使うとスマートフォンの電池の減り方が早くなります。

ドミトリーに入寮できるのは1年間だけなので、2年目からはインターネットを使うには
自分で引かないといけません。 1年間だけ使いたい場合、WiMAXでは、2年契約が多い
ので注意してください。

UQWiMAXからの契約では1年単位での契約をすることができます。