WiFiを審査なしで契約したい!(ネット回線が審査落ちしたので)

審査なしで契約できるポケットWiFiってある?
ブラックリストでも契約できるポケットWIFIとは?

ふとそんなことを思いました。

ポケットWiFiを使いたいけど審査の手続きとか面倒くさいし。
それにもし審査に通らなかったら、と考えるとかなりヘコんでしまいます。

でも大丈夫、審査なしで契約できるポケットWiFiはきっとあるはず!
ポケットWiFiの契約について詳しく調べてみましょう。

ポケットWiFiは2種類あります。

まずはポケットWiFiについて簡単に調べてみました。

ポケットWiFiは屋外でネット接続をするための、持ち運びができる
WiFiルーターのことです。

ちなみにポケットWiFiは使っている回線の種類によってLTEとWiMAXの
2種類あるのです。

そしてポケットWiFiはソフトバンク系のLTE回線を使っているポケットWiFi。
つまりLTEタイプのポケットWiFiというわけです。

それでポケットWiFiの契約をするにはどうすれば良いのでしょうか?
回線はソフトバンク回線を使っていますが、提供しているのはポケットWiFiです。

ポケットWiFiの場合はソフトバンクが回線提供をしているネクストモバイルや
Y! mobileなどから契約することができます。

ではこの中で審査なしで契約できるポケットWiFiはあるのでしょうか?

ポケットWiFiの支払い方法はクレジットカードと口座振替

ポケットWIFIを契約するときに必要なのがクレジットカードです。
ネットショッピングに慣れている人ならクレジットカードは持っていると思います。

でも未成年だったり、ブラックリストになってしいてクレジットカードがない方もいます。

そのような人は口座振替を選択したほうがよいです。

いまからクレジットカードを作るとなるとカード会社の審査で落ちる可能性が高いからです。

その点口座振替は銀行口座を持っていれば契約できます。

口座振替で支払う場合は審査なしと言えるでしょう。

口座振替の場合、ポケットWIFIの会社は次のことを主に確認しています。
これを審査を呼ぶ人もいますが、実質な事務処理作業です。

・自分の会社で過去に未払いや延滞したことがないか
・口座振替登録用紙に銀行の届出印が押されているか
・申込者の名前と銀行口座の名義が一致いしてるか
・未成年の場合は親の同意書があるか

などです。

仮に口座振替で申し込んで、審査NGで返却されても慌てないでください。

審査がNGではなく、もう一度正しい情報を記載して申し込んでください、
という意味だからです。

これを受け取り方が間違って、このポケットWIFIは口座振替でも審査なしではなく
審査があると思っている人も多いのではないでしょうか?

口座振替でポケットWIFIを契約する場合は正しい情報で申し込む。
これがスムーズに契約できるコツとなります。

Yahoo! WiFiなら審査なしでポケットWiFiの契約が出来る?

携帯端末の契約をする場合にクレジットカード支払いを選べばほとんどの場合
厳しい審査をせずに契約することができます。

これはクレジットカードの契約をする時に金融機関から厳しい審査を受けるから。
厳しい審査を受けているはずのクレジットカードを持っている人なら安心するわけです。

その為にほとんどのポケットWiFi提供ポケットWiFiではクレジットカード支払いを選べば
審査をせずに契約することが出来ます。

じゃあクレジットカードを持っていない、またはクレジットカードを使いたくない場合はどうすれば良いのでしょうか?

こんな時は銀行口座からの引き落としが利用できるのですが・・・
実はポケットWiFiでは口座振替に対応しているポケットWiFiがとても少ないです。

なぜなら口座振替は審査に時間がかかり、実際にネット回線を利用するまでに
かなり時間がかかってしまいます。

普通に審査ができても2週間以上、長い場合は2ヶ月近くも審査に時間がかかります。
この間、発送などの準備を止めておくのはちょっと大変ですよね・・・

そのために多くのポケットWiFiでは基本的にクレジットカードの利用を推奨していて
あまり口座振替に対応してはくれていないのです。

でもポケットWiFiの提供ポケットWiFiではYahoo! WiFiが口座振替に対応しています。
しかも審査なし、審査がゆるい、という噂も。

Yahoo! WiFiの口座振替の審査についてもっと詳しく調べてみましょう。

Yahoo! WiFiの審査がゆるい、審査なしの理由とは?

Yahoo! WiFiの申し込みを詳しく調べてみると、完全に審査なしで契約できる
という訳ではありませんでした。

ただしやはり審査自体はとてもゆるく、口コミなどを確認しても審査に落ちたという
書き込みを見つけることは出来ませんでした。

確かに口座振替に対応していることは分かっているのですが、何故審査がそれほど
ゆるくなっているのでしょうか?

実はYahoo! WiFiの口座振替はちょっと特殊な方法で支払いをすることになります。
それが審査をゆるくしている原因のようです。

ではYahoo! WiFiの口座振替とはどんな方法で支払うのでしょうか?
通常の支払いではなくYahoo! ウォレットを使っての支払いなのです。

つまりポケットWiFiの申し込みをして支払い方法に口座振替を選ぶ前にまずは
Yahoo! ウォレットが利用できる状況を作っておくことが必要というわけです。

ではこのYahoo! ウォレットとはどんなものなのでしょうか。
こちらについても詳しく確認してみましょう。

Yahoo! ウォレットの審査があるからポケットWiFiが簡単に契約できる?

Yahoo! ウォレットはYahoo! の系列で支払いが出来る仮想通貨、のようなものです。
ネット上で使えるSuicaなどの電子マネー、と考えれば良いのでしょうか。

銀行口座に入っているお金をYahoo! ウォレットに交換して、それをネットショッピング等
ネット上の支払いで利用することが出来ます。

この仮想通貨でポケットWiFiの月額料金を支払う、という契約です。
つまり実際には口座から直接引き落としをしているわけではない、という事です。

そしてこのYahoo! ウォレットのサービスに対応している銀行だけがYahoo! WiFiの
口座振替に対応しているという事になります。

まあちょっとややこしいのですが、結局は口座振替と同じことになっています。
ただしこのYahoo! ウォレットを利用するためには審査があるのです。

ただこちらの審査もかなりゆるく、親会社のソフトバンクの端末利用料金支払いに
滞納があったというユーザーでもYahoo! ウォレットの利用が出来たとのこと。

現状支払い能力がある、と判断されればほとんどの場合で審査が通るようです。
ただし審査には多少時間がかかります。

Yahoo! ウォレットはポケットWiFiの契約と関係なく申し込みが出来ます。
先にこちらの申し込みと審査を済ませておくことをおすすめします。

Yahoo! ウォレットの対応銀行に注意!

Yahoo!WIFIは審査なしで契約ができない、というのも残念ですがさらにもう1つ、Yahoo! ウォレットは
対応している銀行が少ないというデメリットもあります。

一般的に口座振替なら大手都市銀行はもちろん、地方銀行や信用金庫など小さな所でも
対応している金融機関は多くあります。

でもYahoo! ウォレットに対応している金融機関はみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行、楽天銀行です。

一応りそな銀行グループやゆうちょ銀行でもYahoo! ウォレットへのチャージができます。
でも有料サービス利用に対応しているのは上記の4つの銀行のみなんです。

つまりポケットWiFiを口座振替で支払いたいと思ったら、あの4つの銀行に口座を
持っている人、もしくは新しく口座を作れる人ということに・・・

ただYahoo! ウォレットでの支払いのメリットもあります。
それは口座振替の手数料がかからないこと。

普通に口座振替を選んだ場合、多くのところでは手数料が200円程度必要です。
でもYahoo! ウォレットを使った口座振替にはこの手数料がかかりません!

金額は小さいのですが毎月かかる手数料は期間が長くなれば大きな負担になります。
これが無くなるのはちょっと嬉しいと思います。

ポケットWiFiの特徴やメリットは?

審査なしでは契約できませんが、それでもかなりゆるい審査で利用できることが
わかったポケットWiFiの特徴などを確認してみましょう。

ポケットWiFiとしてはポケットWiFiのようなLTEタイプの他にWiMAXタイプの
商品もあるのですが・・・

まずはLTEを使う場合のメリットを考えてみましょう。
一番の特徴としてはつながりやすく、どこでもネット接続がし易いことです。

ポケットWiFiではソフトバンクで提供しているLTE回線とY! モバイルが
提供しているLTE回線の療法を使ってネット接続ができます。

ソフトバンクのLTE回線は全国的につながりやすいのが特徴で大きなメリットです。
これを使って色々なモバイル端末をネット接続できるようにするのがポケットWiFi、

利用する場所を選ばずにどこでも使えるのはとても使いやすいと評判です。
それに室内でもかなりつながりやすいというのも大きなメリットです。

ソフトバンクなど携帯端末で使われている電波はいわゆる低周波数帯の電波です。
プラチナバンドと言われるこの低周波数帯電波は障害物を避ける性質があります。

直進性に優れ壁などに反射しにくいので建物の奥で壁に挟まれているような部屋でも
あまり問題なく電波が届くのです。

正に場所を選ばずに使えるポケットWiFi、それがポケットWiFiのメリットです。

WiMAXタイプと比べた場合のデメリットは?

じゃあもう1つのポケットWiFi、WiMAXタイプの回線と比べた場合のデメリットは
どんなものがあるのでしょうか?

LTEタイプと違ってWiMAX回線は高周波数帯を使っています。
2Ghlz以上の周波数帯では多くの情報を載せて電波を飛ばすことができます。

つまり一度に運ぶことが出来る情報がLTEよりも多いので高速通信が可能です。
WiMAXはLTEと比べると通信速度が速いというメリットが有るのです。

通信速度だけを考えるとWiMAX回線のほうがストレス無く接続できるという事に。
でもネットの快適さは通信速度だけではありません。

高周波数帯の電波は障害物で反射しやすいという特徴があります。
つまり室内では電波が届きにくいという状況で、状況によってはつながりません。

私も以前はWiMAX2+のポケットWiFiを使っていたのですが、室内では動画が
カクカクとしてコマ送りのようになってしまうことも・・・

ただしWiMAX回線には月間データ通信総量の上限なしというプランがあります。
ポケットWiFiでは月間通信総量は7GBが上限というかなり厳しい状況です。

最近のコンテンツでは7GBくらいはすぐに使い切ってしまいます。
特に動画を見る私としてはつながりやすいけど節約が必要という状況はきついです。

ポケットWiFiの最大のデメリットは安いプランでも上限が厳しく通信速度が
遅くなる可能性がとても高いことです。

これを解消するための方法を私は頑張って探してみました(笑)

LTEを使った大容量のポケットWiFiってあるの?

LTE回線のメリットは全国どこでもつながりやすく、室内でも安定して使えること。
でもポケットWiFiでは月間データ通信総量は7GBまで。

それならLTE回線を使った大容量データ定額を提供しているポケットWiFiがないか
これを探してみました。

そして遂に見つけました!
大容量データ定額の提供をしているポケットWiFiがネクストモバイルです。

使っているのはソフトバンクのLTE回線、ポケットWiFiと同じですね。
つまり回線のつながりやすさはWiMAX以上、どこでも安定してネットができます。

そしてネクストモバイルでは月間データ通信総量の上限が20GBと30GBという
大容量データ定額パックの提供をしているのです!

普通にスマホを使うだけなら20GBあれはかなりの動画を楽しんで、音楽配信をして
それでも十分に余裕があるくらいです。

しかもこの大容量プラン、スマホのデータ定額パックよりも安いんです。
最初の2年間は月額2,760円で20GBの大容量が使えます。

30GBでも最初の2年間は月額3,490円、スマホの大容量データパックなら
同じ要領でも月額8,000円しますよね?

安くてつながりやすく、実際に動画を見ても安定しているのでかなりお気に入りです。
ポケットWiFiの契約なら審査なしで契約できるネクストモバイルがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました