つなぎ方は?一人暮らし先でインターネットに接続する方法

Q.pngインターネット回線について、教えて下さい。

1人暮らしをすることになりました。
それで、通勤に便利な場所に、アパートを見つけました。
ダイワハウスのD-roomです。

このアパートで、インターネットを始めたいのです。
でも、全然分からないので、教えて下さい。

先ず、インターネットをするには、パソコンが必要ですよね?

それと、光回線。
これは、電話線みたいなものなのですね?
引っ越し先は、「Bフレッツマンションタイプ対応」とのことです。
つまり、線が、もう引いてあるのですか?

そして、プロバイダーは、自分で選んで下さい、と言われました。
プロバイダーとは、電話会社みたいなものですか?
自分で選べ、と言われても、どうやって選べばいいのか分かりません。

結局、次のことをすればいいのですか?
パソコンを買ってくる。
回線をパソコンに繋ぐ。
プロバイダーと契約をする。

この方面に詳しい方。
どうか易しく解説して下さい。
お願いします。

■一人暮らしのマンション、アパートでインターネットに接続するためには

今まで実家にあるインターネット回線でなんとなくインターネットを利用していた場合、
いざ一人暮らしを始めるとなるとインターネットはどうしたら?と不安になるかもしれません。

インターネットに接続するためには、NTTに回線工事をしてもらって、プロバイダーに
加入するということが必要になります。

戸建の場合は上記のようになりますが、マンションやアパートなどの集合住宅ですと、
建設した際にもう各部屋に回線を引いていてその回線を利用することになる場合があります。

集合住宅では、一本の回線がまず建物内に入ってきて、この後に各部屋に分岐させるので、
例えばあなたが光回線にしたくてもその建物に導入されている回線がADSLだった場合、
光回線は契約したくても契約できません。

集合住宅の場合は、どんな回線になるかある程度決められてしまうということになります。

また、インターネット設備ありや光導入済みなどと物件情報に書いてあっても、
各部屋に光回線を伸ばしていますよ、ということでなにもしなくてもインターネットが
使用できるという意味ではないのでご注意ください。

■Bフレッツとフレッツ光の違い

物件の中には、Bフレッツマンションタイプ対応と書いてあるものもあるでしょう。
Bフレッツとはそもそも何なのでしょうか?
光と書いてないから遅いのかな・・・と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

実はNTTが提供している光回線には3種類あり、その中で一番古いものがBフレッツです。
その3つは微妙に違うのですが、全部まとめてフレッツ光と呼ばれています。

つまりBフレッツも光回線の一種なので、Bフレッツマンションタイプ対応の物件では、
光回線でインターネットが契約できるようになっているということです。

■LANケーブルをさせば使えるタイプ

インターネット利用可能などと書いてある物件でもNTTやプロバイダーと契約しないと
インターネットが使えないため要注意とお伝えしましたが、
物件の中には「光ファイバー月1000円」のように表記されているものもあると思います。

このタイプはマンション・アパート単位でもうNTTなどと契約しており、
入居者はLANケーブルでパソコンとつなぐだけですぐにインターネットが利用できます。

建物単位で契約している分、安く利用できるのが特徴です。
D-Room Chintai BB mのサイトでもマンション内で回線を共有するため、
安価で利用できると記されています。

回線を共有するといっても、別の部屋の住人にあなたのパソコンにアクセスされる
などといったことはありませんのでご安心ください。

大和ハウスの賃貸では他にもD.U-NET対応の物件があるようです。
どちらもサービス内容はだいたい同じです。

プロバイダーに加入不要で、LANケーブルで壁のモジュラージャックとパソコンを
つなげるだけですぐにインターネットが利用できます。
またどちらも追加料金がかかりますが、IP電話が利用可能です。

D.U-NETの場合、NTT東日本エリアでは最大200Mbps、NTT西日本エリアでは
最大1Gbpsで接続できます。
ただし、ベストエフォートタイプでの提供のため、速度の保証はありません。

D.U-NET対応の物件では、無料でインターネットが利用できます。
その他にもオプションとなりますが、無線でインターネットに接続できるようにする
無線LAN親機レンタルや遠隔サポートサービスなどが利用できます。

NTTやプロバイダーと契約すると2年間は継続利用しないと解約金が生じるなどの
不都合が生じますが、アパートやマンションについているタイプですと、
入居から退去するまで月額費用を払うだけでいいので退去時期を気にしなくていいです。

さらに、D.U-NETの場合無料なのでありがたいですね。

しかも、D.U-NETもD-Room Chintai BB mも光回線なので快適に利用できます。
(光回線が提供できない地域ではADSLです。)

パソコンやインターネットのことはさっぱりだけど、インターネットは利用したい
という方はぜひともこのようなインターネットつきの物件を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました