インターネットをマンションで契約してる場合個人で契約は無理?

Q.pngマンションで一括契約のプロバイダーがあるとき、他との契約は出来ないのですか。

今度、マンションで1人暮らしをすることになりました。
それで、インターネットも新しく契約しなければなりません。
(これまでは、彼のを使っていたのです。)

引っ越しを予定しているマンションには、光回線が入っています。
そして、プロバイダーは全戸一括契約、となっています。

これは、賃貸契約の条件になっているのでしょうか?
どうしても別なプロバイダーにしたい、と言ったらどうなりますか?
賃貸契約出来ないのでしょうか?

次のような事は可能でしょうか?
マンションが決めたプロバイダーへ料金は支払う。
それと同時に、私が好きなプロバイダーと別に契約する。

ちなみに、マンションが契約しているプロバイダーですが。
ネット上では、あまり評判がよくないのです。

この方面に詳しい方、回答をお願いします。

■有線LANの設置は難しい・・・?

質問者様のマンションはプロバイダが一括で管理されています。
ですので、回線もプロバイダも指定の会社での契約となります。

指定のプロバイダとも契約し、別のプロバイダとも契約・・・となると、
回線ももう一つ必要ということになりますよね?

マンションがプロバイダを指定している以上、回線を個人的に
増やすことは無理です。

なぜなら、マンション単位で適応している回線が決まっているので、
それ以外の回線は繋がることが出来ないのです。

有線のインターネット接続は不可能ですが、これが無線になれば、
簡単にもう一つのインターネット接続の方法が手に入ります。

モバイルWIFIルーターのような設置工事が不要なものであれば、
マンションが適応している回線以外の会社もOKです。

モバイルWIFIルーターは、現在ではさまざまな通信端末があり、
プロバイダもBIGLOBEやnifty、UQ WIMAXなどの大手企業です。

持ち運べるWIFIルーターというと通信が不安定というイメージを
お持ちかもしれませんが、マンション指定の有線LANと組み合わ
せれば、問題なく安定したインターネット通信ができます。

また、公共無線LANに登録をして外出先で無料で通信環境を
手に入れるという方法もあります。

家の中で回線を増やせないのなら、町中に回線を増やしてしまえば
いいのです。

■たった20秒で繋がる!公共無線LAN

公共無線LANとは、最近ファストフード店や駅、ショッピングモール
などでよく見かける無料で使える通信サービスのことです。

公共無線LANを利用するには、登録が必要となるのですが、
例えばファミレスのデニーズやセブンイレブンなどで使える
セブンスポットの登録方法はこのような流れです。

スマホの「設定」から「WI-FI」を選択し、「7spot」に接続をします。

メールアドレス、性別、誕生年、パスワードをつくり入力するだけです。
この3つのステップですので、たった20秒で済む登録です。

たったこれだけで、無料で安定した通信環境を手に入れることが
できます。

これだけ簡単に登録してしまうと、通信を使ってトラブルになる
心配がありますよね?

しかし、こうした公共無線LANを利用するにはログインが必要となるのです。
つまり、登録すれば誰でも使えるのですが、登録をしていない人は
使えないのです。

■公共無線LANを利用する時の注意点

公共無線lANはログインをしないと利用できません。

しかし、不特定多数のユーザーが同じ場所で無線で通信を
行うので注意が必要となります。

まず、個人情報は入力しないようにしてください。

名前や電話番号、住所などを登録するようなショッピングサイトや
オンラインサービスは公共無線LANでは利用しないでください。

また、クラウドを利用するような機械では極力アプリケーションを
利用してください。

そして、携帯会社の公共無線LANもありますので、携帯会社の
公共無線LANスポットがある時はそちらを選びましょう。

そして、WIFIの中には野良WIFIと呼ばれる誰のものかよくわからない
WIFIがあります。

WIFI設定をしていると自分が接続しているWIFIは一つのはずなのに、
複数のWIFIアドレスが出てきてしまったことはありませんか?

ああいったWIFIには絶対に接続しないようにしてください。
怪しい通信は出来るだけ、避けるようにしてください。

これらの項目を守ることで無線通信のデメリットはかなり軽くなります。
無線通信は危険性が高いということをしっかり頭に入れておきましょう。

■通信サービスにも使えるようになったクーリングオフ

今までは、通信サービスやスマホの契約にクーリングオフは
適応されませんでした。

しかし、今年から通信サービスの契約にもクーリングオフが
適応されるようになったのです。

契約から8日以内であれば、理由を説明する必要なく解約する
ことが出来ます。

しっかりとサービスの内容を確認してから契約をするのが一番
なのですが、通信会社との契約はややこしくて分からないこと
だらけですよね?

そんな時は、クーリングオフ制度を活用して不本意な契約を
無効にしましょう。

また、料金プランの変更がしやすいかどうかも事前にチェックを
しておきましょう。

実際に使ってみてこんなに通信速度はいらないなと感じる人は
意外と多くいるのです。

毎月料金プランを見直せる通信会社もありますので、確認をしましょう。
契約後に融通が利く通信会社の方が何かと安心です。

そして、優先LANでも無線lANでもモバイルWIFIでも契約期間は
2年間です。長い目で見て、料金プランなどを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました