光ファイバー対応のアパートでインターネットをするにはどうすればよいか

Q.pngアパートでインターネットを使いたいので、教えて下さい。

最近、引っ越しをしました。
仕事も落ち着いてきたし、このアパートには数年間住むつもりです。
それで、パソコンを買って、インターネットをするつもりです。
初めてのことなので、よく分からないので、質問させていただきます。

このアパートは光ファイバーの高速ネット対応である、と書いてあります。
ですから、インターネットは出来ますよね?
インターネットを使うときは、大家さんへ連絡するのですか?
別な契約が必要なのでしょうか?
賃貸契約には、もちろん、インターネットの事はありませんでした。
毎月の使用料は、電気代みたいに、家賃と一緒に払うのでしょうか?

パソコンは、何を買えばいいのでしょうか?
インターネット専用のパソコンとか、あるのですか?
パソコン購入のとき、フレッツ光に申し込むと安くなる、と聞きました。
それなら申し込もう、と思います。
アパートに光ファイバーがあっても、申し込めますか?

なにしろ初心者です。
分かりやすく教えて下さい。
お願いします。

■インターネットを開通させる方法

自宅でインターネットを使いたい場合は、回線会社とプロバイダの2ヶ所と契約しないといけません。

インターネット環境を構築するには、光ファイバーを使った光ネット回線か電話回線を使ったADSL
回線を使用します。

ご質問の方のアパートの設備は、光ファイバー、高速ネット対応ということなので、光ネット回線が
準備されているのだと思います。

光ファイバーを施工、管理している主な事業者(キャリア)には、次のところがあります。
NTT東日本が運営するフレッツ光(東日本)、NTT西日本が運営するフレッツ光(西日本)、
KDDIが運営するauひかり、ケイ・オプティコムが運営するeo光です。

お住まいのアパートの光ファイバーは、どの回線事業者が準備されているのかを調べて申し込まないと
回線を引きなおす工事費用が余分にかかってしまいます。

準備されている光ファイバーの回線事業者に連絡し、その光ファイバーに対応しているプロバイダを
選択して申し込みを行うのが、通常のやり方です。

直接、回線事業者に連絡したり、サイトから申し込むと工事費割引きやプロバイダ料が1ヶ月無料などの
特典はあります。

しかし、大型電気店などから契約を行うと、高額なキャッシュバックがある場合があります。

■回線事業者の代理店からインターネットを申し込む

ご質問にもありますが、大型電気店でパソコンを購入時に同時にインターネットに新規加入すると
パソコンが大幅に値引きしてくれる特典があります。

これは、大型電気店が回線事業者の代理店となって、特典を使って勧誘しているためです。
他に電話や訪問などで勧誘されるのも、同じです。

また、インターネットの比較サイト(価格comなど)からでも申し込むことができますが、
この場合も代理店として運営しているからです。

新規加入にフレッツ光を指定されているそうですが、アパートに準備されているのがNTTの回線
であると、パソコン購入時に問題なく加入することができますが、もし違う回線事業者であると特典
が受けれないかもしれません。

NTTでない回線事業者の光ケーブルが引かれていて、フレッツ光を使用したい場合は、光ケーブルを
引くための初期工事が必要となり、大家さんの許可がいる場合があります。

■代理店から申し込む場合の注意点

もしフレッツ光がアパートに準備されている場合、大型電気店から申し込んでもよいです。
インターネットの比較サイトなどから加入すると、さらに高額なキャッシュバックを受けられる
ところもあります。

しかし、そのような代理店から申し込む場合に注意しないといけないことがあります。

有料のオプションが最初から付けられている場合があり、通常より高めの月額料金を支払わなければ
ならないことです。 すぐにオプションを外せればよいのですが、規定期間は外せないこともあります。

また、2年契約という場合が多く、もし2年以内に解約すると、高額な契約解除金を請求されたり
します。 キャッシュバックを受け取れないこともあります。

高額なキャッシュバックに惑わされないようにチェックが必要です。

直接、回線事業者に連絡するか、回線事業者のサイトからもう仕込む場合は、オプションは指定しないと
つきません。

■パソコンを購入する場合の注意点

アパートの設備が光ファイバー、高速ネット対応ということですが、光ファイバーでも最近は
1Gbpsの速さの通信が出来るものがあります。

今までは100Mbpsが主流だったので、大幅に早くなったわけですが、その1Gbpsの高速
通信を使用したい場合に、アパートの設備にそれが準備されていても、パソコンが対応していないと
高速通信を使用できません。

パソコンのスペックにLAN端子の項目がありますが、そこに1000Mbps(1Gbps)の
表示があれば、LANケーブルを使った通信でパソコン側が高速通信の対応があることを示しています。

もし、無線LANを使用して接続したい場合は、光ケーブルをつないでいるモデムに無線LANの
ルーターを接続する必要があります。 モデム本体に取り付けるカードタイプもあります。

パソコン側にも無線LAN(wi-fi)を受信できる子機の機能がないと使えません。
ノートパソコンには、ほとんど無線LANの子機の機能は内蔵されています。

無線LANが準備された状態で、1Gbpsの高速で無線LANを使用したい場合は、ルーターと
パソコンに高速通信の規格を持っていないといけません。

その規格は、IEEE802.11acという規格です。 11b、11a、11g、11nという
規格は多くのノートパソコン持っています。

11bという規格では、通信速度が11Mbpsで11a、11gという規格では54Mbpsしか
ありません。 ADSL回線の時代からの規格です。

11nという規格では、通信速度が65~600Mbps出せる規格となり、11acという規格では
433.3Mbps~6.93Gbpsまで対応している規格となりました。

よって、11acをルーターとパソコンが持っていれば、高速通信が使えます。
少なくても11nという規格を持つパソコンを選択したほうがよいと思います。

タイトルとURLをコピーしました