ネットのみで使う格安ノートパソコンのおすすめは

Q.png新しくノートパソコンを買いたいので、オススメを教えて下さい。

現在、NECのLaVieでインターネットをやっています。
気ままにネットサーフィンを楽しんでいます。
結果として、1日に5時間くらいはネットを見ています。

ノートパソコンのLaVieは、5年ほど前に買ったものです。
もう大分ガタがきています。
それで、今度、新しく買い替えたいと思っているのです。

ネットが快適に出来ることが条件です。
だから、メモリーやCPUは、十分に大きいのが欲しいです。
逆に、オフィスなどは要りません。
画面は、最低15インチは必要です。

こうした条件に合うノートパソコンを教えて下さい。
それと、どこで買えばいいでしょうか?
ネットでしょうか、それとも大型家電量販店でしょうか?
もちろん、できるだけ安く買いたいのです。

なお、ネットは光回線でやっています。
ですから、WiFiなどは必要ありません。

この方面に詳しい方、アドバイスをお願いします。

■格安ノートパソコン

現在発売されているノートパソコンで、液晶サイズが15インチ以上のもので格安のものをいくつか
紹介します。

パソコンの処理速度は、まずCPUで、クロック数の大きいほど早くなります。
また、メモリ容量も大きい方が早くなりますが、増設できる空きスロットがあれば、なおありがたい
です。

HDDの容量が多いことも処理速度に影響します。 空き容量が多い方がよいです。

また、インターネットを使用する場合、最近では光ネット回線で1Gbps(1000M)の高速の
ものがありますが、パソコンがその速さに対応していないと速度を出すことができません。

・Lenovo社製のLenovo B50です。
液晶サイズは15.6インチのワイド画面で、解像度はWXGA(1366×768)です。

CPUはCeleron DualCore N2840でクロック数は2.16GHzの2コアです。
メモリ容量は4GBで空きスロットは1つあります。 HDD容量は500GBです。

有線LANで1000Mbpsまで対応しています。
DVDマルチドライブが付いています。 現在最安値が32800円です。

・HP社製のHP 15-g033AU スタンダードモデルです。
液晶サイズは15.6インチのワイド画面で、解像度はWXGA(1366×768)です。

CPUはAMD Dual-Core E1-6010でクロック数は1.35GHzの2コアです。
メモリ容量は4GBで空きスロットはありません。 HDD容量は750GBです。

有線LANで100Mbpsまで対応しています。
DVDマルチドライブが付いています。 現在最安値が33800円です。

・Acer社製のAspire ES1 ES1-511-A12Cです。
液晶サイズは15.6インチのワイド画面で、解像度はWXGA(1366×768)です。

CPUはCeleron DualCore N2840でクロック数は2.16GHzの2コアです。
メモリ容量は2GBで空きスロットはありません。 HDD容量は320GBです。

有線LANで1000Mbpsまで対応しています。
DVDマルチドライブが付いています。 現在最安値が34500円です。

■格安パソコンのメーカー

上記で紹介したパソコンは、すべて海外の会社の製品です。
日本でも人気のあるメーカーをいくつか紹介します。

・Lenovo(レノボ)社
中国北京とアメリカ合衆国に本社を置く中国のメーカーです。スマートフォンも制作、
販売しています。

IBMを買収した会社で、日本で開発されたThinkPadシリーズは人気があります。
キーボードの操作性には定評があり、オフィスなどにも導入されています。

・HP(フューレットパッカード)社
アメリカ合衆国のメーカーです。 プリンターも制作、販売しています。
世界シェア2位のメーカーです。 性能が良い割りに価格が安いと人気があります。

・Acer(エイサー)社
台湾に本社を置く台湾のメーカーです。 アメリカのパソコンメーカーだったGatewayを
買収して大きくなりました。

日本メーカーのNEC、富士通、日立などにもマザーボードなどのパソコン関連部品を提供しています。
サイズの小さいネットブックでもシェアの高いメーカーです。 低価格に定評があります。

その他、希望のスペックでパソコンを製作してくれる、アメリカのDELL(デル)や台湾の
メーカーのASUS(アスース)などが低価格で人気があります。

■海外パソコンのメリット、デメリット

海外ブレンドのパソコンのメリットは、低価格にあります。
国内メーカーであれば6万円くらいするスペックのパソコンが、3万円代で購入できます。

処理速度が速いCPUが搭載されていたり、メモリ容量もそこそこあり、HDDの容量も多いなど
のパソコンの性能が高い割りに、価格が国内のメーカーのものに比べて安いことです。

中国や台湾などのメーカーが多いので品質に不安がありそうですが、トラブルは減ってきている
ようです。 日本の国内にも製造工場を持つところも多くあります。

デメリットとしては、マニュアルが薄く、使用方法が分かり辛いことと、故障した場合の対応です。
保障期間が短かったり、修理に出しても修理に時間がかかったりします。

日本にも会社がありますが、電話での応対はそれほど親切ではないそうです。
パソコンの初心者には、あまりおすすめできないかもしれません。

日本のメーカーの強みは、細かいアフターサービスにあると思うので、ひとつのメーカーに絞る
人もたくさん居ます。 メーカーの通販サイトでメンバーになると、高額の値引きをしてくれる
ところもあるので、検討してもよいかと思います。

タイトルとURLをコピーしました