フレッツ光のインターネット料金は?アート引っ越しセンターから契約

Q.png来月から社会人になるのですが、実家から離れ、大阪で働くこととなりました。
それを機に、一人暮らになります。

先日、引っ越しの見積もりをアート引越センターに依頼したところ、
いきなり「フレッツ光に入りませんか?」という
勧誘の電話が家にかかってきました。

引っ越しで何かとお金が出ていきますし、
新卒なので、お金を持っているわけではありません。
なので、キャッシュバックがあるという内容はとても魅力的です。

私も親もこのような経験がないので、
本当に契約しても良いのか心配をしています。
契約しても、特に問題はないですよね・・・?

ご経験のある方、お詳しい方、いらっしゃったらご意見を頂けますと嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

■引越し業社がインターネットを勧める理由

近年、自宅でのインターネット設備は必須になってきているので、引越しした新居でも、すぐに
使いたい人が多いので、引越し業者がインターネットの勧誘を行っているようです。

フレッツ光を利用してインターネットを使用する場合は、回線会社のNTTとプロバイダとの契約
を行う必要があります。

NTTへ連絡して契約を行うこともできますが、代理店を通して契約することの方が多いと思います。

フレッツ光の代理店には大きく分けて、3種類あります。 営業代理店型、店舗代理店型、Web
代理店型です。

営業代理店型は直接、電話をかけてきての勧誘や、自宅などに訪問しての勧誘を行う形式のものです。

店舗代理店型は、大型電気店などで契約をする形式のものです。 自店で売っている商品を
値引きしたり、キャッシュバックで勧めています。

Web代理店型は価格comのようにWebページからインターネットの申し込みが出来る形式の
ものです。

いずれの代理店でも、キャッシュバックなどの特典を使って勧誘しています。

アート引越センターは、フレッツ光の直接の代理店ではないようですが、アート引越しセンターが
提携している営業代理店型の契約会社から勧誘があるそうです。

■アート引越センターで契約した場合のメリット

アート引越しセンターが勧めるインターネットの契約を行うと、キャッシュバックという特典が
あるということですが、他の代理店でも特典があります。

たとえば、大型電気店で契約すると、パソコンがとても安い価格で購入できたりします。
現在は規制がかかって、禁止になっていますが、以前では、電化製品の価格を大幅に値引きする特典
もあったらしいです。

パソコンのWebサイトから契約すると、かなり高額のキャッシュバックがあるところもあります。
また、引越し業社には、引っ越し料金を大幅に値引きするところもあります。

フレッツ光の場合は、どこの代理店から契約しても、回線工事や回線のトラブルに対応するのは
NTTであり、接続時のトラブルもNTTかプロバイダが対応してくれます。

引越し先ですぐにインターネットを使いたい場合に、引っ越し業社がその対応をしてくれるところ
もあります。 通常なら工事の日に立ち会わないといけなかったりするので、引越しの日に引越し
終了後、すぐに工事に来てくれるのであれば、助かります。

それぞれの代理店からの契約にはメリットがある反面、注意しないといけないこともあります。

高額なキャッシュバックの特典があるところでは、有料のオプションをいくつもつけられている
ことがあります。 キャッシュバックの額が大きいため年間の出費は安く感じるかもしれませんが
普通より割増な請求が来ることになります。

その有料オプションはすぐに、解約できればよいのですが、規定の期間は解約できない場合も
あります。

また、2年契約のプランでの契約が多く、もし2年以内に再び引っ越しなどの理由で解約となると
キャッシュバックは受け取れません。

最初から2年以上利用することがわかっている場合は、よいですが、そうでない場合は、2年契約
は避けた方がよいでしょう。

フレッツ光のサイトからだとオプションは選択できるし、契約期間のプランも選ぶことができます。

引越してすぐにインターネットを使いたい場合は、転居する1か月以上前に連絡したらよいでしょう。

■引越先の住居の設備について

引っ越し先でインターネットを開通されるための状況を、前もって確認しないといけないと思います。
アート引越センターが調べてくれているのであれば、よいのですが。

たとえば、部屋の壁にLANケーブルソケットがついていて、回線会社やプロバイダと契約しなくても
ビジネスホテルのように、LANケーブルをつなぐだけで使えるところもあります。

マンションなどの入居者を増やすために、最初からインターネットがすぐに使えるようにしています。
大家さんが料金をいくらか負担して、通常より安い金額でインターネットが使用できるようになっている
ところが多いです。

また、LANケーブルソケットが装備されていて、光回線などがすでに設置されているところがあります。
初期工事なしで、回線会社とプロバイダとの契約だけで使用できるものです。

ただ、このような場合には、通信速度が最初から遅い設定になっていたりすることもあります。

マンションなどの集合住宅だと、自室のみ通信速度を上げる設定にすることはできません。
新たに自分用の回線を引くことも、おそらく無理だと思います。

その様な場合は、固定回線はあきらめて、モバイル通信端末を使用した接続を検討した方がよい
でしょう。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

タイトルとURLをコピーしました