ポケットWiFiを審査なしで契約したい!

審査なしで契約できるポケットWiFiってある?
ブラックリストでも契約できるポケットWIFIとは?

ふとそんなことを思いました。

ポケットWiFiを使いたいけど審査の手続きとか面倒くさいし。
それにもし審査に通らなかったら、と考えるとかなりヘコんでしまいます。

でも大丈夫、審査なしで契約できるポケットWiFiはきっとあるはず!
ポケットWiFiの契約について詳しく調べてみましょう。

ポケットWiFiは2種類あります。

まずはポケットWiFiについて簡単に調べてみました。

ポケットWiFiは屋外でネット接続をするための、持ち運びができる
WiFiルーターのことです。

ちなみにポケットWiFiは使っている回線の種類によってLTEとWiMAXの
2種類あるのです。

そしてポケットWiFiはソフトバンク系のLTE回線を使っているポケットWiFi。
つまりLTEタイプのポケットWiFiというわけです。

それでポケットWiFiの契約をするにはどうすれば良いのでしょうか?
回線はソフトバンク回線を使っていますが、提供しているのはポケットWiFiです。

ポケットWiFiの場合はソフトバンクが回線提供をしているネクストモバイルや
Y! mobileなどから契約することができます。

ではこの中で審査なしで契約できるポケットWiFiはあるのでしょうか?

ポケットWiFiの支払い方法はクレジットカードと口座振替

ポケットWIFIを契約するときに必要なのがクレジットカードです。
ネットショッピングに慣れている人ならクレジットカードは持っていると思います。

でも未成年だったり、ブラックリストになってしいてクレジットカードがない方もいます。

そのような人は口座振替を選択したほうがよいです。

いまからクレジットカードを作るとなるとカード会社の審査で落ちる可能性が高いからです。

その点口座振替は銀行口座を持っていれば契約できます。

口座振替で支払う場合は審査なしと言えるでしょう。

口座振替の場合、ポケットWIFIの会社は次のことを主に確認しています。
これを審査を呼ぶ人もいますが、実質な事務処理作業です。

・自分の会社で過去に未払いや延滞したことがないか
・口座振替登録用紙に銀行の届出印が押されているか
・申込者の名前と銀行口座の名義が一致いしてるか
・未成年の場合は親の同意書があるか

などです。

仮に口座振替で申し込んで、審査NGで返却されても慌てないでください。

審査がNGではなく、もう一度正しい情報を記載して申し込んでください、
という意味だからです。

これを受け取り方が間違って、このポケットWIFIは口座振替でも審査なしではなく
審査があると思っている人も多いのではないでしょうか?

口座振替でポケットWIFIを契約する場合は正しい情報で申し込む。
これがスムーズに契約できるコツとなります。

Yahoo! WiFiなら審査なしでポケットWiFiの契約が出来る?

携帯端末の契約をする場合にクレジットカード支払いを選べばほとんどの場合
厳しい審査をせずに契約することができます。

これはクレジットカードの契約をする時に金融機関から厳しい審査を受けるから。
厳しい審査を受けているはずのクレジットカードを持っている人なら安心するわけです。

その為にほとんどのポケットWiFi提供ポケットWiFiではクレジットカード支払いを選べば
審査をせずに契約することが出来ます。

じゃあクレジットカードを持っていない、またはクレジットカードを使いたくない場合はどうすれば良いのでしょうか?

こんな時は銀行口座からの引き落としが利用できるのですが・・・
実はポケットWiFiでは口座振替に対応しているポケットWiFiがとても少ないです。

なぜなら口座振替は審査に時間がかかり、実際にネット回線を利用するまでに
かなり時間がかかってしまいます。

普通に審査ができても2週間以上、長い場合は2ヶ月近くも審査に時間がかかります。
この間、発送などの準備を止めておくのはちょっと大変ですよね・・・

そのために多くのポケットWiFiでは基本的にクレジットカードの利用を推奨していて
あまり口座振替に対応してはくれていないのです。

でもポケットWiFiの提供ポケットWiFiではYahoo! WiFiが口座振替に対応しています。
しかも審査なし、審査がゆるい、という噂も。

Yahoo! WiFiの口座振替の審査についてもっと詳しく調べてみましょう。

Yahoo! WiFiの審査がゆるい、審査なしの理由とは?

Yahoo! WiFiの申し込みを詳しく調べてみると、完全に審査なしで契約できる
という訳ではありませんでした。

ただしやはり審査自体はとてもゆるく、口コミなどを確認しても審査に落ちたという
書き込みを見つけることは出来ませんでした。

確かに口座振替に対応していることは分かっているのですが、何故審査がそれほど
ゆるくなっているのでしょうか?

実はYahoo! WiFiの口座振替はちょっと特殊な方法で支払いをすることになります。
それが審査をゆるくしている原因のようです。

ではYahoo! WiFiの口座振替とはどんな方法で支払うのでしょうか?
通常の支払いではなくYahoo! ウォレットを使っての支払いなのです。

つまりポケットWiFiの申し込みをして支払い方法に口座振替を選ぶ前にまずは
Yahoo! ウォレットが利用できる状況を作っておくことが必要というわけです。

ではこのYahoo! ウォレットとはどんなものなのでしょうか。
こちらについても詳しく確認してみましょう。

Yahoo! ウォレットの審査があるからポケットWiFiが簡単に契約できる?

Yahoo! ウォレットはYahoo! の系列で支払いが出来る仮想通貨、のようなものです。
ネット上で使えるSuicaなどの電子マネー、と考えれば良いのでしょうか。

銀行口座に入っているお金をYahoo! ウォレットに交換して、それをネットショッピング等
ネット上の支払いで利用することが出来ます。

この仮想通貨でポケットWiFiの月額料金を支払う、という契約です。
つまり実際には口座から直接引き落としをしているわけではない、という事です。

そしてこのYahoo! ウォレットのサービスに対応している銀行だけがYahoo! WiFiの
口座振替に対応しているという事になります。

まあちょっとややこしいのですが、結局は口座振替と同じことになっています。
ただしこのYahoo! ウォレットを利用するためには審査があるのです。

ただこちらの審査もかなりゆるく、親会社のソフトバンクの端末利用料金支払いに
滞納があったというユーザーでもYahoo! ウォレットの利用が出来たとのこと。

現状支払い能力がある、と判断されればほとんどの場合で審査が通るようです。
ただし審査には多少時間がかかります。

Yahoo! ウォレットはポケットWiFiの契約と関係なく申し込みが出来ます。
先にこちらの申し込みと審査を済ませておくことをおすすめします。

Yahoo! ウォレットの対応銀行に注意!

Yahoo!WIFIは審査なしで契約ができない、というのも残念ですがさらにもう1つ、Yahoo! ウォレットは
対応している銀行が少ないというデメリットもあります。

一般的に口座振替なら大手都市銀行はもちろん、地方銀行や信用金庫など小さな所でも
対応している金融機関は多くあります。

でもYahoo! ウォレットに対応している金融機関はみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行、楽天銀行です。

一応りそな銀行グループやゆうちょ銀行でもYahoo! ウォレットへのチャージができます。
でも有料サービス利用に対応しているのは上記の4つの銀行のみなんです。

つまりポケットWiFiを口座振替で支払いたいと思ったら、あの4つの銀行に口座を
持っている人、もしくは新しく口座を作れる人ということに・・・

ただYahoo! ウォレットでの支払いのメリットもあります。
それは口座振替の手数料がかからないこと。

普通に口座振替を選んだ場合、多くのところでは手数料が200円程度必要です。
でもYahoo! ウォレットを使った口座振替にはこの手数料がかかりません!

金額は小さいのですが毎月かかる手数料は期間が長くなれば大きな負担になります。
これが無くなるのはちょっと嬉しいと思います。

ポケットWiFiの特徴やメリットは?

審査なしでは契約できませんが、それでもかなりゆるい審査で利用できることが
わかったポケットWiFiの特徴などを確認してみましょう。

ポケットWiFiとしてはポケットWiFiのようなLTEタイプの他にWiMAXタイプの
商品もあるのですが・・・

まずはLTEを使う場合のメリットを考えてみましょう。
一番の特徴としてはつながりやすく、どこでもネット接続がし易いことです。

ポケットWiFiではソフトバンクで提供しているLTE回線とY! モバイルが
提供しているLTE回線の療法を使ってネット接続ができます。

ソフトバンクのLTE回線は全国的につながりやすいのが特徴で大きなメリットです。
これを使って色々なモバイル端末をネット接続できるようにするのがポケットWiFi、

利用する場所を選ばずにどこでも使えるのはとても使いやすいと評判です。
それに室内でもかなりつながりやすいというのも大きなメリットです。

ソフトバンクなど携帯端末で使われている電波はいわゆる低周波数帯の電波です。
プラチナバンドと言われるこの低周波数帯電波は障害物を避ける性質があります。

直進性に優れ壁などに反射しにくいので建物の奥で壁に挟まれているような部屋でも
あまり問題なく電波が届くのです。

正に場所を選ばずに使えるポケットWiFi、それがポケットWiFiのメリットです。

WiMAXタイプと比べた場合のデメリットは?

じゃあもう1つのポケットWiFi、WiMAXタイプの回線と比べた場合のデメリットは
どんなものがあるのでしょうか?

LTEタイプと違ってWiMAX回線は高周波数帯を使っています。
2Ghlz以上の周波数帯では多くの情報を載せて電波を飛ばすことができます。

つまり一度に運ぶことが出来る情報がLTEよりも多いので高速通信が可能です。
WiMAXはLTEと比べると通信速度が速いというメリットが有るのです。

通信速度だけを考えるとWiMAX回線のほうがストレス無く接続できるという事に。
でもネットの快適さは通信速度だけではありません。

高周波数帯の電波は障害物で反射しやすいという特徴があります。
つまり室内では電波が届きにくいという状況で、状況によってはつながりません。

私も以前はWiMAX2+のポケットWiFiを使っていたのですが、室内では動画が
カクカクとしてコマ送りのようになってしまうことも・・・

ただしWiMAX回線には月間データ通信総量の上限なしというプランがあります。
ポケットWiFiでは月間通信総量は7GBが上限というかなり厳しい状況です。

最近のコンテンツでは7GBくらいはすぐに使い切ってしまいます。
特に動画を見る私としてはつながりやすいけど節約が必要という状況はきついです。

ポケットWiFiの最大のデメリットは安いプランでも上限が厳しく通信速度が
遅くなる可能性がとても高いことです。

これを解消するための方法を私は頑張って探してみました(笑)

LTEを使った大容量のポケットWiFiってあるの?

LTE回線のメリットは全国どこでもつながりやすく、室内でも安定して使えること。
でもポケットWiFiでは月間データ通信総量は7GBまで。

それならLTE回線を使った大容量データ定額を提供しているポケットWiFiがないか
これを探してみました。

そして遂に見つけました!
大容量データ定額の提供をしているポケットWiFiがネクストモバイルです。

使っているのはソフトバンクのLTE回線、ポケットWiFiと同じですね。
つまり回線のつながりやすさはWiMAX以上、どこでも安定してネットができます。

そしてネクストモバイルでは月間データ通信総量の上限が20GBと30GBという
大容量データ定額パックの提供をしているのです!

普通にスマホを使うだけなら20GBあれはかなりの動画を楽しんで、音楽配信をして
それでも十分に余裕があるくらいです。

しかもこの大容量プラン、スマホのデータ定額パックよりも安いんです。
最初の2年間は月額2,760円で20GBの大容量が使えます。

30GBでも最初の2年間は月額3,490円、スマホの大容量データパックなら
同じ要領でも月額8,000円しますよね?

安くてつながりやすく、実際に動画を見ても安定しているのでかなりお気に入りです。
ポケットWiFiの契約なら審査なしで契約できるネクストモバイルがおすすめです。

wifi

インターネット料金を安く!大東建託指定のところしかだめ?

大東建託のプロバイダ

※大東建託に住んでいる人、これから住もうとしている人必見の記事です!
私も光回線を契約しようとしていましたが、結局モバイルWIFIにした理由を書いています。

 

Q.png賃貸物件での、プロバイダー契約などについて、質問します。現在、大東建託の賃貸物件で、1人暮らしをしています。

これまで、インターネットは、会社でしかやりませんでした。
仕事上の事だけを、教わった通りにクリックしていたのです。

でも、やはり、自分の部屋にないと、不便になりました。それで、いくつか質問があります。
パソコンは、何を買えばいいでしょうか?
インターネット用の性能は、カタログのどこを見ればいいのですか?
ちなみに、ノートパソコンです。この物件には、光回線はあるそうです。

(どのコンセントなのか、よく分かりませんが。)
それで、入居のとき、J:COMの紙を渡されました。
これは、J:COMと契約しろ、ということでしょうか?

もしJ:COM以外と契約すると、賃貸条件に違反するのでしょうか?J:COMは、他のプロバイダーと比較して、どうでしょうか?
料金とか、サービスとか、教えて下さい。この方面に詳しい方、回答をお願いします。

大東建託でのインターネット契約

普段からインターネットをされる方ですと部屋探しの段階でインターネット環境は
どうなっているかを考慮しながら部屋を探されているかもしれません。

一方、入居時にはインターネットはいらないと感じていたけど、最近インターネットを
始めたくなった、という方もいらっしゃるでしょう。

 

入居するときはそんなつもりがなかったため、お住まいの物件のインターネット環境が
どうなっているか全くわからないという方もいるのでは?

今や当たり前になってきたフレッツ光、最近話題のWiMAXやイーモバイルなどがあり、
一口にインターネットと言ってもさまざまな通信形態があります。

 

今回は一人暮らしの物件でインターネットを始めるにはどうするかについてみていきます。

大東建託のインターネット料金

大東建託 インターネット料金

携帯電話のようにコードなしで通信できるモバイル通信と違い、一般的に自宅で
インターネットをする場合、インターネット工事をして部屋に回線を持ってきます。
このようなものを固定回線と言います。

自宅のパソコンなどでインターネットを使用する場合、固定回線を引くのが一般的です。
フレッツ光も固定回線です。

 

大東建託に入るとすすめられるのはフレッツ光やJCOMなどの固定回線です。
 
 

「U-NEXT(ユーネクスト) 」という代理店から勧誘の電話がかかってきた人も
多いのではないでしょうか?

 

大東建託の窓口(インターネットご案内センター)U-NEXT(ユーネクスト)はNTTの代理店なのでフレッツ光を勧めてくるケースが多いです。

 

では

固定回線は安定感抜群で通信速度もダントツです。
ただし、固定回線と言うだけあって自宅でしか使用できないのが難点です。

それでも自宅でよくインターネットを利用される方ならば固定回線は引きたいところ。
集合住宅ではその建物に既に設備環境が整っているかどうかが問題となります。

 

大東建託で「インターネット設備環境あり」などと書かれている物件では、入居したら自動的に
インターネットが使用できるわけではありませんが、建物内の共有部分には既に
インターネットの回線が引かれています。

そのため、入居者がNTTやケーブルテレビ(JCOM)に申し込むと工事後
お部屋でインターネットが使えるようになります。

 

一方、その建物内にそういった設備が整っていない場合は、個人で申し込むことになり、
近隣の状況などによっては光回線は不可能なこともあります。

 

また、固定回線はほとんどがNTTによるものですが、一部でケーブルテレビや
地方の電力会社系列の業者なども提供しており、

NTTの回線が建物内に配備されている大東建託の物件でNTTに申し込むのは基本的に問題ありませんが、
NTTの回線が配備されている物件でケーブルテレビに申し込む場合、
個人で申し込むことになってしまいますのでお気をつけください。

 

NTTやJCOMに申し込んでからおおよそ3週間位で
工事が完了します。

ちょっと長いですね・・

 

まあさくさくネットができると考えるとそれくらいは待ってもいいかもしれませんが
当然のように

 

2年契約です。

 

そのため、引っ越しなどの解約時に2年未満だったり、2年目のちょうど更新月
(25ヶ月目の月)

出ない限り、解約違約金(1万円~2万円位)を取られてしまいます!

 

これを知らずに契約している人も多いので注意が必要です。

あと、フレッツ光などの設備が大東建託の物件に入っていれば、物件の戸数(部屋数)によって
料金がきまります。

 

そのため申し込みのルートで月額料金が変わることは一切ないのです。

申し込みのルートで変わるのはキャッシュバックなどの特典だけです。

 

料金はどうかというと、物件の戸数(部屋数)が少ないほど割高(高くなる)になります。
一例ですが、4部屋の物件で月額4500円程度になります。

ただ、大東建託では無料のインターネット回線がある物件がサイトに掲載されていますので物件によっては無料でインターネットをすることができます。

家賃を見るとちょっとお値段がはっているのではと感じる物件もあるので個人的には
大東建託が家賃に若干インターネット使用料を上乗せしているのではないかと思っています。

 

大東建託のインターネット回線についてのツイート

ネットの声のひとつであるツイッターからインターネット回線の口コミについて
拾ってみました。

ネガティブな評判もあるみたいですが、インターネット使用料無料(家賃にネット回線代が含まれている)というのがメリットですね。

ポジティブなツイート

 

 

 

ネガティブなツイート

 

 

 

 

フレッツ光以外(J:COMタイプ)のインターネット料金

フレッツ光以外のインターネット料金

先ほども少し触れましたが、ケーブルテレビにインターネットつきのプランがあります。

たとえばケーブルテレビのJ:COMでは、テレビで77チャンネル見ることができ、
最大160Mbpsの高速インターネットとWi-Fi、さらに固定電話付きで、
月7143円(税抜)のスマートお得プラン160があります。

 

auスマートバリュー対象なので、auのスマホをお使いの方はさらにお得です。

同じ速度でケーブルテレビなしのネットパック160Mコースもあります。
そちらは月4248円(税抜)です。

 

メールアドレスも複数取得でき、他にも無料のセキュリティーも充実していて
このお値段はお得です。

上記は全て集合住宅の場合の料金です。
さらに集合住宅の場合、大家さんによる費用の一部または全額負担でさらにお安く
利用できるところもあります。

 

そのような物件では建物の共有設備としてJ:COMが配備されています。
J:COMのサイトでどの建物に導入されているか見ることができるので参考になさってください。

 

入居時に大東建託からJ:COMの紙を渡されたら、J:COMしかだめなの?

大東建託 渡される紙

入居時に不動産や大東建託からインターネットの会社を指定されたという方もいるでしょう。

 

基本的に、その指定されたところにしなければいけないということはないと思います。
(ケースによっては無料のインターネットが込の物件もあるので契約書類をご確認ください。)

 

ただし、先ほどご紹介したJ:COMのように大家さんの負担で安く利用できる場合もあります。
そのような場合は、回線速度にこだわりがなければJ:COMでいいかもしれません。

 

費用が通常と同じ場合でも、建物に導入されている設備がNTTではなく、
J:COMであった場合、NTTのフレッツ光を利用するとなると個人で物件に
光回線を引いてもらうことになり月額費用も割高です。

 

なのでもし、不動産屋や大東建託からケーブルテレビを指定された場合は少し気を付けましょう。

 

あと個人でネット回線を引く場合ですが、大東建託の物件の部屋にある配管(電話線・エアコンダクトの穴)使ってして設置する場合は設置可能ですが
壁に穴を開ける工事が必要な場合は大東建託パートナーズの営業所に工事内容の確認が必要となります。

建物・部屋にビス止めや穴を空けた場合、退去時に補修費用を請求されるケースも
あるようですので個人の判断で大東建託の物件に固定回線(光回線など)を引く時は
よく確認したほうがいいでしょう。

 

大東建託ではケーブルテレビ以外にも物件単位でインターネット定額サービスがあるところもあります。
個人でNTTとプロバイダーに加入するよりも安く使える場合がほとんどなので、
そのような場合は素直に加入していいかもしれません。

(引っ越しする時の違約金の問題をのぞけば)

 

上記以外で普通にNTTとプロバイダーに加入する場合は、必ずしも不動産に言われた
プロバイダーに加入する必要はありません。
キャッシュバックなど特典が多い、無料で高速通信ができる場合は大東建託が紹介しているネット回線で問題ないでしょう。

ネット回線について相談したい場合は大東建託専用インターネットご案内センターというWEBページからインターネット回線について確認できます。

 

わたしは引越し時に回線の撤去がいらずに、住所変更だけ届ければいいモバイル回線(モバイルWIFIルーター)にしています。



これだとフレッツ光のように工事も必要ないですし、なにより解約しないで
そのまま持ち運べるので、違約金が発生しないメリットがあります。
不動産や大東建託に対していちいち断りを入れる手間が省けるのもメリットの一つです。

 

特にWIMAXは光並に回線速度が速いので契約する人が爆発的に増えています。

 

さらに2017年2月から速度制限が緩和され、3日で10G以上使わなければ速度制限がかからなくなりました!

 

 

WIMAXは申し込みしてから遅くても1週間以内に端末が送られてきますので
電源を入れればすぐに使えます。

 

 

大東建託の賃貸住宅でインターネット回線が遅い場合

大東建託の物件ではネットの通信速度は遅いと感じる方が多く、通信速度を
向上させたいという方はいるようです

では何故大東建託の物件はネットの通信速度が遅い場合があるのでしょうか。
その解決方法は何か無いのでしょうか?

契約しているプロバイダが遅い原因?

まず考えられることは大東建託の物件で契約しているプロバイダ、通信回線が原因で
通信速度が上がらないことです。

大東建託の賃貸住宅では提携しているU-NEXTと契約することが多いです。
こちらはIPv6に対応していないために混雑時に通信速度が遅くなります。

今までのプロバイダの多くがIPv4というインターネット接続方法を使っています。
この方式では回線接続認証に時間がかかり、認証のためのサーバーが混雑します。

これを解消するのがIPv6という新しい接続方式なのですが、これはまだ一部の
プロバイダと回線でのみ対応しているのです。

つまりプロバイダを変えることができれば回線速度が早くなる可能性もあります。
それと賃貸住宅自体が光回線を使っていないという可能性も。

大東建託の賃貸住宅全てで光回線が設置されている、という訳ではありません。
中にはケーブルテレビ回線や電話回線を使ったADSLを使っている物件もあります。

これらの回線は光回線に比べると通信速度はどうしても遅くなります。
この回線の最高速度自体が遅いために通信速度が遅く感じるという事です。

後は回線と同じく建物の設備自体に遅い原因がある可能性も考えられます。

大東建託の物件で分配方式がVDSL方式の場合は速度が遅い

集合住宅の場合、光回線は各部屋に直接設置するのではなく建物に設置してから
各部屋まで回線を分配するという形になります。

つまり一つの回線を建物全体で共有するということになります。
その為に同時にネット接続する人が増えると一人あたりの通信速度は遅くなります。

更に大東建託の各部屋に回線を分配する方式も注意が必要です。
せっかくの光回線を電話回線で分配している可能性があります。

電話回線を使った分配方式をVDSL方式といい、光回線を分配器に接続して
そこから各部屋には電話回線を使って分配しています。

電話回線は確実に各部屋に設置されているので申し込みを断られる心配がない
というメリットが有るのですが、通信速度は当然遅くなります。

大東建託の建物内部の分配にもLANケーブルを使っていれば通信速度はあまり落ちずに
高速通信が期待できるのですが・・・

この様に建物の設備自体に通信速度が遅い原因がある場合も多くあります。

大東建託の賃貸住宅で回線速度を回復させるために

大東建託の賃貸住宅でも自分でプロバイダを選んで契約できるところはあります。
その場合はIPv6対応、IPoEに対応しているプロバイダを選びます。

IPv6の接続にも従来のPPPoEの接続をしては認証の混雑を回避できません。
せっかくIPv6にするなら認証回避ができるIPoEのプロバイダを選びましょう。

それと光コラボモデルは選ばないほうがオススメです。
光コラボはオトクな割引が多く、ユーザーが多くなりやすいです。

混雑を回避することは速度が遅くなることを防げるので、ユーザーが多くなりやすい
光コラボモデルを避けたほうが通信速度は高くなりやすいです。

後は建物に設置されている装置自体が遅い原因の場合にはもうその回線を使わずに
モバイルルーターなど別の回線を使うほうがいいかも・・・

まあ混雑してしまうとモバイルルーターでも通信速度は遅くなりやすいです。
当然光回線でも混雑する時間帯を外せばそれほど速度低下がない可能性も。

ちなみに大東建託の賃貸物件に限らずインターネット回線が混雑するのは主に夜間の時間帯で、特に夜9時から
深夜2時位まではとても混雑する時間帯と言われています。

大東建託の賃貸物件で通信速度が遅くなる原因は色々と考えられるので、まずは手軽に出来る方法を
試してはいかがでしょうか。

大東建託でドコモ光の申し込みは出来る?

ドコモ光を大東建託の賃貸住宅で申し込みできる?

インターネットの申し込みはかなり多くの方法があります。
電話での申し込みを始め、スマホなどからでも出来るようになっています。

そしてインターネットの新規申し込みやサービスにはかなり多くの特典があり
よりお得にインターネットが使えるようになりました。

最近ではNTTのフレッツ光とプロバイダなどが提携して、新しく光回線と
プロバイダを同時に申し込むことでお得になるサービスも開始されました。

それが光コラボレーションモデルというサービスで、例えば大手キャリアで
光コラボモデルを申し込めばスマホの月額料金が安くなる場合も。

こんな光コラボモデルはどこからでも申し込みが出来るのでしょうか?

賃貸住宅の管理を行っている大手会社の大東建託では新規の入居者に対して
専用のインターネット申込みセンターを開設しています。

こちらでは大東建託の賃貸住宅を借りている人が手軽にインターネット回線を
使えるようにサポートしてくれているのですが・・・

このようなサービスが有る大東建託の賃貸住宅でも光コラボモデルを申し込むことが
出来るのでしょうか?

今回は携帯キャリア最大手のドコモ光が利用できるのか確認してみます。

基本的には申し込みが出来る

まず光コラボモデルの利用条件、フレッツ光を利用できるかを確認します。
集合住宅の場合は基本的に建物に一つの回線設置という事になります。

現状何も光回線を設置していない賃貸住宅なら管理会社に頼んで光回線を設置してもらう
という手続きが必要になりますが・・・

すでに建物にフレッツ光が設置されているなら問題なくドコモ光を申し込むことが
出来るのです。

ただし上記の大東建託専門のインターネット申込みセンターを使うと光コラボモデルでの
申し込みをしてもらえません。

大東建託のサービスなので基本的に大東建託と提携しているプロバイダを薦められて
そちらでの契約になるので光コラボモデルを使えないのです。

当然ドコモをプロバイダとして紹介してもらえないのでドコモ光を申し込むことが
出来なくなってしまいます。

ドコモ光を申し込むときには自分でドコモショップに行くか、ネットで申し込みの
手続きをするようにしましょう。

DK SELECTの場合は光コラボモデルは無理

もう1つ、大東建託では個人的な住居の希望を探すことが出来るDK SELECTという
賃貸物件の紹介方法があります。

こちらでインターネット関係の物件を探すとインターネット無料の物件も見つかります。
インターネット無料とは最初から部屋にインターネット回線が開通している物件です。

自分でネット回線開通の申し込みをする必要がなく、入居者の案内に部屋に設置している
Wi-FiルーターのSSIDとPASSWORDが記載されています。

それを使えば入居当日にすぐにインターネットを利用することが出来るのです。
ちなみにネット利用料は家賃や管理費に含まれているので別に支払いをしません。

この物件の場合、新しく回線申込みをしないのでたとえフレッツ光を使っていても
ドコモ光を申し込むことが出来ません。

勝手にプロバイダを変更することも出来ないのでドコモ光に乗り換えることも
出来なくなっています。

ドコモ光を使いたい時にはDK SELECTを利用するのは止めましょう。

賃貸住宅でドコモ光を使うときの注意点

大東建託に限らず賃貸住宅でドコモ光などの光コラボモデルを使う場合には
回線速度が遅くなりやすいことに注意しましょう。

元々集合住宅では一つの回線を部屋の人数で分けて使っていることになります。
つまり最大1Gbpsの回線を部屋数で分けて使うという形です。

一つの回線を分け合うので同時に複数の人数が使えば回線速度は上がらなくなります。
夜間の利用者が増える時間は特に通信速度が落ちやすいので注意しましょう。

それに加えて光コラボモデルは多くの方がお得になるために契約しています。
ドコモ光もそれは変わらず、多くのドコモユーザーが加入しました。

ドコモ光の場合はまだプロバイダを選べるのでそれほど集中しませんが
プロバイダも一度に多くのユーザーが使えば通信速度が遅くなってしまいます。

つまり集合住宅で光コラボモデルを使うと通信速度がとても遅くなりやすいのです。

それに大東建託の物件は全てがフレッツ光を導入しているわけではありません。
物件によってはケーブルテレビ回線を使っている可能性もあります。

光コラボモデルは当然ですがフレッツ光を使っていることが前提なので他の回線を
利用している物件でドコモ光を使うなら部屋に個人で回線を設置することになります。

個人で引くにはフレッツ光のマンションタイプは使えず戸建向けのファミリータイプを
利用するので月額料金が高くなります。

割引できる金額と工事費や月額料金を考えてもお得にならない可能性が高いので
契約する前にきちんと確認をしておきましょう。

大東建託でソフトバンク光を申し込みできる?

大東建託の賃貸住宅でソフトバンク光の申込みは出来る?

インターネットがかなり普及した最近では、そのネット回線の申込を使った
色々なサービスも多くなっています。

特に固定回線の光回線と色々な会社が協賛している光コラボモデルという申し込みは
とても便利に使えると注目されています。

例えば大手キャリアが提供する光コラボモデルを使えば、スマホの月額料金を
割引しながらプロバイダ料金込の金額でフレッツ光を利用することが出来ます。

一時期は固定回線よりもスマホなどモバイル通信のほうが注目されていましたが
最近では家庭用ゲーム機やテレビの動画配信などで光回線も最注目されています。

そんな注目光回線の最大手がNTTの提供するフレッツ光で、この回線申込みを
プロバイダなどから行うことで様々な割引サービスを利用できるのが光コラボです。

そこでそんなオトクな光コラボモデルを賃貸住宅でも利用できるのか?
集合住宅のインターネット回線申し込みでも出来るのかちょっと知りたくなりました。

大東建託の賃貸住宅はインターネット関係のサービスに強いと言われていますが
こちらから光コラボモデルの申し込みは出来るのでしょうか。

今回は私の使っているキャリア、ソフトバンク光の申し込みで確認してみます。

賃貸住宅にフレッツ光がなければ申し込みできない

まず大東建託の賃貸だけではなく全ての賃貸住宅でも言えることですが
建物にフレッツ光が設置されていなければ光コラボモデルは申し込みできません。

集合住宅の場合は建物に光回線を設置して、それを各部屋に分配しています。
これは光回線だけではなくケーブルテレビ回線も一緒です。

つまり一つの建物に1回線しか設置できないのが普通なので、すでに別の回線が
設置されているなどフレッツ光がなければ設置ができないのです。

まだ光回線やケーブルテレビ回線が何も設置されていない、という状況なら
大家か管理会社を通してフレッツ光を集合住宅に設置することは出来ますが・・・

回線設置工事は集合住宅の居住者の認証が必要なのでかなり難しいし長い時間が
かかる可能性が高いです。

一応個人で戸建て用の回線申し込みをすればアパートなどの1部屋だけに
フレッツ光を設置することも出来るのですが、この場合月額料金が高くなります。

手間を掛けずに利用できるのはすでにフレッツ光が設置されていることです。
まずは設置されている回線を確認してみましょう。

大東建託の賃貸住宅でもソフトバンク光の申し込みは出来る

大東建託の賃貸住宅では入居時に専用のサポートダイヤルを教えてもらえます。
こちらに連絡すると提携しているプロバイダと簡単に契約することができます。

多くの物件でこのサポートダイヤルを利用する人がいるので、それ以外の
インターネット申込みが出来ないと思ってしまう人も多いようです。

でも実際には単純にサポート用のダイヤルからプロバイダに連絡しているだけです。
つまり自分でプロバイダに連絡してネット利用の契約をする事が出来ます。

当然ソフトバンクのスマホを使っていて、ソフトバンク光を使いたいと思えば
ショップなどから申し込みをする事が出来るのです。

ソフトバンク光に限らず、他の光コラボモデルでも問題はありません。
賃貸住宅にフレッツ光が設置されているなら問題なく契約ができます。

それに光コラボモデル以外でも単純にキャッシュバックを利用するために
プロバイダを申し込むことも出来ます。

新規契約特典では色々なキャンペーンを展開していますが、それを使うために
自分でプロバイダから申し込みをすることも問題ありません。

自分で申し込みをする場合の注意点とは?

大東建託の賃貸物件の場合、最初からインターネット回線が利用可能な状態で
契約できるサービスもあります。

DK SELECTネットサービスでは入居した時にすでにネット契約がされている状態で
Wi-Fiルーターですぐにネットがつながる状況になっています。

こちらの物件では回線契約が終わっている状態なので新しくソフトバンク光に
乗り換えることが出来ません。

自分の部屋にだけフレッツ光を設置して光コラボモデルを契約する、という方法も
一応出来るのですがコストが掛かりすぎます。

それにDK SELECTの場合、すでにネット利用料金が管理費などに含まれている
可能性が高いのでネット代金の二重払いの状態になります。

それと光コラボモデルは多くのユーザーが乗り換えたことで一時期かなり混雑し
ネットの通信速度が遅くなるというトラブルも多発しました。

特にソフトバンク光はスマホが安くなるためにソフトバンクユーザーが集中し
しかも選べるプロバイダが1つなのでそこに多くのユーザーが集まってしまいました。

現在多少緩和されているようですが、光コラボモデルにすると通信速度が遅くなる
という状況も考えて契約したほうが良さそうです。

アパートでインターネット契約(WIFI)をするにはどうしたらいいの?

Q.pngアパートでWiFiをやりたいのですが、よく分かりません。

今度、アパートで1人暮らしをします。
これを機会にインターネットを本格的にやろうと思っています。
現在はiPhone6を使っています。
でも、やはり大きな画面で、がっちりやりたいのです。

具体的にどうやればいいのか、よく分かりません。
それで教えて欲しいのです。

先ず、アパートには光回線がありません。
ですから、無線LANが必要なのですよね?
つまりはWiFiを買えばいいのでしょうか?
それは、ソフトバンクとかauで売っているのですか?

パソコンはMacBook Airを買う予定です。
これがいちばん格好いいですから。
アップルに聞いたら、AirMac Expressが必要とのことでした。

以上を揃えれば、インターネットが出来るのですね?
ただ、設定などは、どこで聞けばいいのでしょうか?

ソフトバンクかau、それともアップルですか?

なにしろド素人です。
この方面に詳しい方、分かりやすく教えて下さい。
お願いします。

アパートでWIFI接続するには

WIFIとは、無線でインターネットに繋がることをいいます。
無線LANという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、
WIFIと無線LANは、ほとんど同じです。

無線でインターネットに接続するWIFIを利用すれば、アパートで
ケーブルなしで通信することができるのです。

また、モバイルWIFIと呼ばれる通信機器を活用すれば家の中でも
アパートで簡単にインターネットに接続することができます。

無線で通信をすると、個人情報が漏れるなどの危険性が高まりますが、
セキュリティー対策も揃っているので、安心して利用できます。

無線でインターネットにアクセスして通信をするWIFIには普通のWIFIと
モバイルWIFIがあります。

普通のWIFIは親機と子機に分かれています。
まず、WIFIの親機でインターネットから通信を受けます。

インターネット通信を子機へと転送するのです。

親機から通信が転送してきた子機はその通信をスマホやパソコン、
タブレットなどに再度転送します。

しかし、最近のスマホやタブレット、パソコンはほとんどがこのWIFI
子機の機能が内蔵されています。

WIFI親機のみでも十分、通信をすることができます。

WIFI機器は通信会社でレンタルすることも出来ますし、購入することも
できるのです。

そして、モバイルWIFIはアパートなどの屋内でも屋外でも通信することが出来る
WIFI機器です。

WIFIのような無線通信機器は、室内に弱いというデメリットがあります。

屋外の方が本来の通信速度や通信の安定感が出ますので、外出先
でよくインターネットを使う人はモバイルWIFIがおススメです。

では、WIFIの基本が分かったところで、どのようなWIFIを購入
すればいいのでしょうか?

WIFIの機能性は?

質問者様が気になっているAirMacExpressは通信も高速ですが、
設定もすぐに出来てとても便利なWIFIです。

しかし、モバイルWIFIではないので、屋外での使用は出来ません。
モバイルWIFIはこちらがおススメです。

便利なモバイルWIFI

残念ながらAppleにはモバイルWIFIルーターがまだありません。
ですので、他の会社のモバイルWIFIルーターになります。

おススメは、現在人気のUQ WIMAXです。

UQ WIMAXはKDDIグループなのですが、WIMAXというモバイルWIFI
ルーターを販売している大元の会社なのです。

ですので、保証は万全ですしWIMAXの通信端末も幅広い種類があります。

質問者様は現在、Mac book airの購入を検討されているようですが、
WIMAXにはこんなセットがあります。

「WIMAX2+ルーター タブレットorパソコンセット」 販売価格1,500円~

こちらのセットは「Speed WI-FI NEXT WX01」「Speed WI-FI NEXT W01」
「WI-FI WALKER WIMAX 2+」の3つの中から好きなWIMAX2+ルーター
を選びます。

そして、「TranBook T100Chi」「EeeBookX205TA」のどちらかの
パソコンか、「Nexus 9」「MeMO Pad 7」のどちらかのタブレット
から好きなものを選びます。

このセットは最大で20,000円引きですので、とてもお得にノート
パソコンとWIMAXのルーターが手に入ります。

UQ WIMAXなら通信制限が一切なくて月額4,380円で利用する
ことが出来ます。契約から3ヵ月間は3,696円とさらにお得な料金です。

アパートのネット契約は家電量販店でしないほうがよい理由

家電量販店でもWIMAXの契約をすることが出来ます。

「最大○万円キャッシュバック!」というキャンペーンが良く行われ
ているので、とてもお得に感じるかもしれませんが、家電量販店で
契約をすると月々の利用料金に家電量販店への手数料が上乗せ
されているのです。

ですので、家電量販店では契約をしないようにしてください。

また、モバイルWIFIでも通常のWIFIでもセキュリティーをつけるように
することが大切です。

パソコンを購入する時は、一緒にウイルス対策ソフトも購入しましょう。

WIFIのような無線通信はインターネットの犯罪などに巻き込まれや
すいのです。しっかりとセキュリティーをかけることが大切なのです。

また、WIFI機能付きのスマホなどで、「FREE」と名前のついた無線
LANなどにはアクセルしないようにしてください。

無料で通信できると思うかもしれませんが、パソコンやスマホなどに
不正アクセスされたり、ウイルスを感染させられたりすることがあります。

ポケットWIFI、モバイルルーター、モバイルWIFIは同じ

ネットには固定回線と無線回線があります。
無線回線には、さまざまな呼び名があります。

ポケットwifi、モバイルルーター、モバイルwifiなどがありますがどれも同じです。
コードレスの無線通信機器で、室内でも屋外でもネットできます。

ここではポケットwifiと呼びますが、ポケットwifiの最大のメリットはどこでも通信
できることと、契約の手軽さです。ポケットwifiはネットから契約をします。

氏名、住所、電話番号、クレジットカードの情報などの必要事項を入力してほしい
ルーターを選び、それぞれのオプションを選びます。

そして、申し込みから最短で翌日に自宅にルーターが届きます。
申し込みから回線工事まで最短でも2週間かかる固定回線に比べて、早く使えますよ。

ポケットwifiは、外出する時間が長いアパートでの一人暮らしに向いています。
室内でも屋外でも使えることは、かなり大きいメリットですよね?

また、ポケットwifiは1台で10代前後の通信機器とつながることができます。
スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機などで快適にネットできます。

公共無線LANを設置していないカフェでも、友達と大勢でオンラインゲームできますし、
友達と遊ぶときにできることが増えますよ。

バッファローなどの無線LANルーターでは外でネットができない

室内でも屋外でもネットできるポケットwifi。
一方、固定回線の無線LANルーターでは、外でネットすることができません。

バッファローなどの無線LANルーターは、室内でネットするための機器です。
ケーブルで固定回線のモデムと繋がっていないと、電波が届かない仕組みになっています。

自宅の庭や自宅前などでは、ネットできますが、それ以上自宅から離れている場所では、
ネットできません。

これは法律で、無線LANルーターやトランシーバーのような免許がいらない無線局の電波の
出力上限が決まっているから。

2010年に改正された法律で電波の出力上限は1000mWです。
ただ、この上限はまだ無線LANルーターに適応されていません。

ほとんどの無線LANルーターの最大出力は10mW以下です。
まったく障害物がない状態なら直線距離100mくらいまで届きます。

ただ、無線LANルーターの電波は家電などに影響がないよう、ドア1枚でも弱まってしまう
くらいに電波が弱いです。

無線LANルーターを1回に置いている場合でも、家具、壁、ドア、外壁などにぶつかって
電波がかなり弱くなります。

実際には自宅から少し離れたところまでしか電波が届かないでしょう。

持ち運べる無線LANルーター=ポケットWIFI

ポケットwifiは持ち運べる無線LANルーターです。
インターネットから送られてくる電波をキャッチして、スマホやタブレットなどに送ります。

ポケットwifiでできるのは、ふつうのネットサービスを利用すること。
ネットサーフィンはもちろん、ショッピング、SNS、動画再生、動画投稿などもできます。

家でスマホでネットしているときと同じ感覚でネットを使えるので、外出先でほしくなった
ものを通販で頼み、自宅に届けてもらうこともできます。

ネットを使ったサービスがどんどん増えている今、ポケットwifiを持ち歩いていることは
生活を便利にすることになります。

私もポケットwifiを使っているのですが、外出先での待ち時間によくYOUTUBEを観ています。
気になるアーティストやお笑い動画を観て、相手を待っている時間をつぶせて便利です。

私は外出先でネットをよく使って、家では料理のレシピを検索する程度なので、外出先で
使えるポケットwifiがあっています。

モバイルWIFI=WIMAXではない

モバイルwifiの中で特に人気で、多くのサイトで紹介されているwimax。
このwimaxだけがポケットwifiというわけではありません。

ポケットwifiには、もうひとつLTEという種類があります。
LTEには、以下のような種類があります。

・ヤフーwifi
・ワイモバイル
・SoftBank
・au
・DOCOMO

これらのポケットwifiは、会社によって月々の利用料金が異なります。
もっとも安いのはヤフーwifiです。

また、LTEにはアドバンスモードというオプションがあります。

月間の制限なしで通信でいるモードで、通信量が多い人でも快適にネットできる
ようになります。

LTEはwimaxと違い、電波が強くありません。
ですので、柔軟性があるので室内の奥まったところにも電波がしっかり届きます。

スマホと同じような感覚で電波が届くので、ネットが使いやすいですよ。

通信基地局の数にもよりますが、一般的に都市部はwimax、地方はLTEが適している
といわれています。

場所を選ばないので、職場、学校、駅地下、ショッピングモールなどどんな場所でも
快適にネットできます。

固定回線の代わりに十分あるので、アパートでの一人暮らしの人はポケットwifiにしましょう!
ちなみに契約はネットからですが、解約は書類や電話で行います。

解約には、少し手間がかかることを知っておきましょう。
また、契約書などは保管しておいてください。

アパートに光回線を引くのは手続きが工事が面倒

アパートに光回線を引くのは、手続きや工事が必要です。
手続きや工事をするのに抵抗がある人は、ポケットwifiがいいでしょう。

アパートに光回線を設置するとき、必要な工程は以下の通りです。

・1 ネットでサイトから申し込み
・2 通信エリアかどうかの審査の結果を受ける
・3 契約をする
・4 回線設置工事の日程を決める
・5 回線設置工事をして、ネットを使い始める

これらの工程をすべておわらせるためには、2週間~1か月くらいかかります。
また、回線の設置工事は外壁に穴をあけるので、アパートの管理人さんの許可が必要です。

光回線を設置した人の体験談によると、大家さんへの許可は光回線の会社が
とってくれるそうです。

ただ、アパートでの工事は外壁に数cmの穴をあけるので、騒音が出ます。
周囲の部屋へ一言断っておくといいかもしれません。

また、固定回線で使う無線LANルーターの接続は素人では難しいですが、これも回線の
設置業者が行ってくれます。

ネットの知識がなくても、固定回線の契約と設置行為には対応できますよ。
ただ、申し込みから設置工事までの流れがとても面倒です。

光回線はアパートからの引っ越し時にさらに面倒

光回線は契約時も面倒ですが、引っ越し時はさらに面倒。
ここからは、引っ越し時の手続きを紹介していきます。

アパートで光回線を契約している人が引っ越しをするとき、以下のような手順を踏みます。

・1 公式サイトから手続きをする
・2 回線の撤去工事をする
・3 引っ越し先で回線の設置工事をする

このように、工事を2回する必要があります。

これらの手順は引っ越し前に済ませておかないと、引っ越しですぐからネットを
使うことができません。

アパートからの引っ越し前は転居届を出したり、電気屋ガスの業者に連絡をしたりといろいろな
手続きをする必要があります。

ネットの手続きだけに時間をかけていられないので、引っ越しのときに手続きの必要が
ないネット環境の方がいいですよね?

引っ越しのときに手続きのいらないネット環境には、スマホのテザリング機能を使った
方法があります。

スマホでテザリングのメリット、デメリット

スマホでテザリングをする場合、メリットとデメリットがあります。
それぞれどんなものが説明していきましょう。

まず、スマホのテザリング機能のメリットは固定回線やポケットwifiのように、
契約は必要ありません。

オプションとして申し込みをすれば、使えるようになります。
また、ドコモはパケットプランに加入していれば、無料で使えるようになります。

ワイモバイルもドコモと同じで無料でテザリングができます。
しかし、スマホをポケットwifiにする機能なので、スマホが使えなくなります。

また、バッテリーの消耗も激しいので、長時間外出先でネットできません。
自宅にいるときのようにスマホでネットするには、ポケットwifiがいいでしょう。

そして、テザリング機能をオンにするのは、設定から行います。

設定→インターネットの共有→モバイルデータ通信→インターネットの共有をオンにして
接続用パスワードを入力します。

これでテザリングが使えるようになります。

テザリングは外出先でオンにすることが多いので、パスワードを書いたメモを財布などに
入れて持ち歩きましょう。

また、テザリングはネットをつかうときだけオンにして、それ以外はオフにしておきましょう。
通信量がかさんでしまい、制限にひっかかるからです。

このようにテザリングを使うにはなかなか手間がかかります。
ポケットwifiならルーターが届いてすぐに一度設定すれば、あとはオン・オフだけ。

操作が簡単なので、外出先でイライラすることがありませんよ!

WIFIが無料のアパートは家賃にコストが上乗せ

ネットに対応しているアパートが増えていますが、最近はネットが無料のところもあります。
WIFIが無料になっているアパートは、本当に無料ではありません。

実は、アパートの家賃にネット料金が上乗せされているのです。
また、通信回線の工事費も分割で上乗せされているところもあります。

固定回線の料金は月額5,000円前後なので、本来の家賃よりも5,000円は高くなっていると
見込んでおきましょう。

そして、固定回線が必要な人がwifi無料のアパートにするのはいいのですが、ポケットwifiを
使いたい人がwifi無料のアパートに住むと無駄が出てしまいます。

その理由は、家賃に料金が組み込まれているwifiではなく、別回線でネットするので、使わない
回線の料金を支払い続けることになるから。

アパートでの一人暮らしの人は、固定回線よりもポケットwifiの方がいいので、wifi無料のアパートには
すまない方がいいでしょう。

ポケットwifiは家でも外出先でも使えるので無駄が出ません。

私はアパートでの一人暮らし歴が長く、ポケットwifiでネットしていますが、外出先でも旅行先でも自宅と
同じように快適にネットできるので満足しています。

wifi無料のアパートは、好きな会社の通信回線を選べないし、オプションもよくわかりません。
自分で好きなルーターやオプションを選べて契約できる、ポケットwifiが安心ですよ!

アパートは戸数が少ないので光回線は割高のプランに…

アパートやマンションは1つの建物で1つの通信回線を使います。
戸数が少なければ少ないほど、利用者が支払う料金が割高になる仕組みです。

1つの集合住宅に1つの通信回線しか設置できないので、この1つの回線で同じ建物に
住んでいる人たちがネットすることになります。

1つの通信回線の料金を集合住宅に住んでいる人全員で割り勘して払うので、戸数が多い
集合住宅であれば料金は割安に、戸数が多くない集合住宅であれば割高になります。

アパートは4戸や8戸などの少ない戸数なので、光回線の料金が高くなります。
例えば、NTTのフレッツ光の料金は以下の通りです。

・3戸以下      月額5,100円~
・4戸以上7戸以下  月額3,950円~
・8戸以上15戸以下 月額3,350円~
・16戸以上     月額2,950円~

このように一番料金が安い集合住宅といちばん料金が高い集合住宅では、1.5倍以上の
差があります。戸数の少ないアパートに住んでいるならポケットwifiにしましょう。

ただ、安いところでも月額3,000円前後です。
この料金で自宅でしかネットできないのは、少し不満を感じますよね?

ポケットWIFIなら外でもネットができる

光回線はかなりの料金がするのに、自宅でしかネットすることができません。
しかし、ポケットwifiなら外でもネットができます。

法律で無線LANから発信する電波は強くすることができません。
半径数mまでしか電波が行き届かないので、光回線では自宅と自宅周辺だけになります。

しかし、無線LANそのものを持ち歩けるポケットwifiは数mの電波を常に持ち歩いている
状態なので、通信エリア内であればいつでもどこでもネットできます。

以前は、地下ではネットできませんでしたが、どんどん地下鉄の駅構内でもネットできる
ようになってきて、半地下のカフェなどでもネットできるようになっています。

光回線では外出先でネットできないので、ポケットwifiの方がネットできる時間が長いです。
月間の通信量を余すことなく使えるので、料金に無駄が出ません。

そして、家でも外でも使えて通信費に無駄が出ないポケットwifiには2種類あります。
wimaxとLTEです。LTEにはヤフーwifiやソフトバンクなど、さまざまな会社があります。

ここからは、wimaxとヤフーwifiについて説明していきます。

WIMAXとヤフーWIFI(LTE)は電波の特徴が違う

wimaxとヤフーwifiは、電波の特徴が違います。
それぞれの特徴を知っておくと、契約のときためになりますよ。

〇wimaxの電波の特徴

・電波が曲がりにくいので建物などにぶつかりやすい
・室内やいりこんだところは電波が届きにくくなる
・都市部では高速、地方では低速になりやすい

〇ヤフーwifi(LTE)の電波の特徴

・電波が曲がりやすいから建物の中でもぶつからない
・室内でも屋外でも変わらず電波が届きやすい
・都市部でも地方でも安定した速度で通信できる

このようにそれぞれの電波にはメリットとデメリットがあります。
wimaxの電波は曲がりにくいので、壁やドアにぶつかって電波が途切れやすいです。

周波数帯は2.5GHzで電子レンジや家庭用の無線LANと同じ周波数の電波があります。
LTEの周波数帯は800MHで、スマホと同じ周波数の電波です。

スマホと同じ感覚で使えるLTEの方がネットをしていて、快適と思うことが多いかと思います。
ただ、最近はwimaxでも室内で通信しやすくなっています。

住んでいる場所によってどちらの方が繋がりやすいかがちがいますので、両方の通信エリアを
調べてからどちらにするかを決めましょう!

速度制限はあるけどコスパがよいヤフーWIFI

速度制限があるけどコスパがよいのはLTEのヤフーwifiです。
ヤフーwifiにすれば、低料金でネットできます。

ヤフーwifiには3日間で3GB、月間7GBという通信制限があります。

この制限は、ネットをかなり使う人には厳しい制限ですが、常識の範囲内でネットを
使っている人には、問題ない通信量です。

私はwimaxを使っていますが、月間7GBの通信制限に引っかかるのは数か月に1度だけ。
制限後も5Mbpsくらい出るので、ふつうにネットできています。

ただ、制限後の速度が遅くても1~2日くらい動画が見れなくなるだけです。

ヤフーwifiは制限後、128KbpsになってメールやSNS、ネットサーフィンはできるけど、
動画視聴や大容量のダウンロードができなくなります。

しかし、これでも問題ないという人は少なくありません。
これさえ我慢すれば、月間2,000円代でネット環境が手に入るのです。

また、ポケットwifiの本体代は0円、初期費用は3,000円です。
これはワイモバイルやドコモなども同じですが、月々の料金はもっと高いです。

ワイモバイルは月額3,696円、ドコモだと月間2GBでも3,500円します。

初期費用がお得ではなくても、毎月の料金がお得なので総合的に観てヤフーwifiの
コスパはよいといえます。

ヤフーWIFIは5Gが最大ですが、20G以上を求めるには同じ2000円台
でつかえるポケットWIFIがあるので下のコンテンツを参考にしてください。
(ネクストモバイルというWIFIがあります)

wifi

固定電話なしで使えて安いインターネット回線はどこがオススメ?

固定電話なしで使えるインターネット回線で安いのはどこ?

昔はインターネットと言えば電話回線を使って接続するものでした。
ADSLを最初のブロードバンド回線として使ったという方も多いはずです。

でも最近では固定回線では光ファイバーケーブルを使った光回線が主流になり
他にもスマホなどモバイル通信を使ったネット接続方法もあります。

つまり電話回線を使ったインターネット接続にこだわらなくても色々な方法で
インターネットを楽しむことが出来るのです。

それにスマホが普及しているので最近では一人暮らしの方が固定電話を契約しない
という状況も多くなっています。

会社や商店、フリーランスの個人経営者などは固定電話が必要なのですが
個人で固定電話を使うという状況はほとんどなくなりました。

インターネット回線にも電話回線を使わなくなっている現在、固定電話がなくても
多くのインターネット回線を選んで使うことが出来ます。

ではどんな回線を選べば安くなるのでしょうか?
月額料金や初期費用などを含めて調べてみましょう。

固定電話があるとインターネットが安くなる?

まずは基本になる料金を決めてみます。
今回は電話回線を使ったインターネット、ADSLの月額料金を考えてみましょう。

今でもADSLが利用されているのは単純に対応地域の問題だけではなく、ADSLは
状況によってはかなり安く使えるからです。

ちなみに固定電話を持っている人がADSLを使う場合、月額料金は最安値で1,500円程度。
インターネット回線としてはかなり安くなっているのです。

ただしこの料金には電話回線利用料が含まれていません。
それは固定電話を使っているのでそちらで支払いをしているためです。

それに1,500円程度で使えるのは下り最速12Mbsという契約の場合です。
更に遅い8Mbpsなら更に安くなる可能性もあります。

しかもこれは最高速度なのでいつでもこの速度が出せる保証はありません。
つまり現在の主流のインターネット回線に比べるとかなり遅い回線速度です。

電話回線利用料を含めたADSLの料金は月額3,000円を超えるくらいです。
固定電話がない状況ではそれほど安くならないというのが正直な感想です。

ではこのADSLよりもお得に使えるインターネット回線はどんなものがあるのでしょうか。

固定回線なら光回線かケーブルテレビ回線

固定回線で考えるなら選べるのは光回線かケーブルテレビ回線ですが、どちらも
ADSLよりも安いというプランはほとんどありません。

最近始まった新しいサービスの光コラボモデルを使えばプロバイダと回線利用料が
セットになってお得です。

でも単純にインターネット回線利用料金としては月額4,800円程度、マンションタイプは
3,500円くらいになるだけです。

光コラボモデルの場合は契約するプロバイダによって色々な特典が利用できます。
大手キャリアの光コラボモデルならスマホの月額料金割引があります。

それを考えるとちょっとは安くなる、という程度ではっきりとお得になるとは
言えないのが現状です。

ケーブルテレビ回線の場合はまず通信速度が光回線よりも遅くなります。
最高速度は光回線よりも遅いのが一般的です。

月額料金に関しては契約する回線の種類で決まります。
例えば最高速度が1Mbpsの低速なら3,000円を切る金額で利用することが出来ます。

30Mbps以上の高速通信の場合は5,000円近くの月額料金が必要になる場合も。
料金とプランに関してはそのケーブルテレビ会社によって大きく変わります。

モバイル通信なら安くなる可能性も

もう1つ、スマホのように固定回線ではないインターネット回線を使うという
方法も考えられます。

例えばスマホで全てのネット接続をするなら大容量データ定額パックを使います。
この場合月額料金は8,000円位になりますが・・・

ただ元々スマホの月額料金が5,000円くらいと考えればネットの利用料金は
実質3,000円位で収まっているといえるのでは?

まあそれでもスマホに8,000円を支払うのはちょっと高い気がしますが^^;
それならばモバイルルーターを新しく契約するという方法もあります。

モバイルルーターはスマホと同じモバイル通信でネット接続が出来る
Wi-Fiルーターで、室内はもちろん持ち運んでも使うことが出来ます。

対応地域内ならどこでもネットが出来るというメリットもあります。
ただし光回線に比べると安定性が悪いので通信速度は遅くなります。

ただし月額料金は4,000円以下、安いものなら3,000円以下で使えるものも。
契約プロバイダを選べばかなり安くネットが出来る環境を作れます。

この様に電話利用料付きのADSLと同じくらいの料金でネットができる環境は
色々と整っているのが現在のインターネットサービスです。

固定電話なしでも安く使えるサービスはあるので、自分が利用できる状況を
よく調べてから契約しましょう。

固定電話なしでFAXの送受信を自宅でする事はできる?

FAXを使うのに電話回線なしでも出来る様になる?

最近では自宅に固定電話を置いていないという家庭も増えているようです。
実際に一人暮らしの場合はスマホだけで固定電話を使わない人も多くなりました。

実際にスマホなど携帯端末があれば電話はそれほど困らないのですが、固定電話がない
という状況で困るのがFAXを使う場合です。

自営業やフリーランスでの仕事を自宅で行っている場合、仕事の状況によっては
FAXが今でも必要になるということがあります。

この時に固定電話を使っていない状態でFAXを利用することが出来るのでしょうか?
一応コンビニFAXなどがあるので自宅になくてもFAX自体は出来るのですが・・・

仕事の情報をやり取りするのにコンビニFAXや他人の家のFAXを借りるというのは
かなり抵抗があるという方も多いと思います。

そんな時に何とか自宅で固定電話無しでFAXを利用する方法がないのでしょうか?
やはり固定電話を引いてしまう方が楽なのでしょうか?

ちなみに調べてみるとNTTでFAX専用の電話回線を新しく設置する場合の費用は
工事費が36,000円とかなり高額です。

ただし設置工事が必要ないライトというプランもあり、こちらは基地局の工事だけなので
2,000円で使うことが出来ます。

月額料金は回線利用料が1,850円くらい、これよりもお得に使えるFAXはないか
色々な方法を確認してみることにします。

光回線を使っているならひかり電話を使う

現在光回線を使っているならオプションサービスのひかり電話を使ってFAX専用回線を
増やすという方法があります。

光回線の契約をしていると、この回線を使ったいわゆるIP電話も使えるようになります。
基本的には有料オプションで月額500円位です。

すでに光回線を設置しているので新しく電話回線を設置する必要がなく、その光回線で
FAXを送受信する事ができるようになります。

こちらの場合は現在IP電話を使っているならFAXの複合機と交換するかFAX専用に
新しく番号をもらうことが必要です。

IP電話の場合、新しく電話番号を追加しても工事費2,000円弱で月額料金100円がかかる
という程度なので大きな負担にはなりません。

IP電話のサービスによってはFAXの受信に通信料がかからない場合もあります。
ランニングコストが安くなるのですが当然FAX本体が必要です。

FAXを使う回数がそれほど多くないならわざわざFAX本体を購入する初期費用の高さが
ちょっと気になるところです。

インターネットFAXならパソコンなどで送受信可能

もう1つ最近とても注目されているのがインターネットFAXです。
インターネット回線を使ってのFAXはひかり電話と同じですがこちらは本体がいりません。

パソコンやスマホなどいつも使っている端末からFAXが出来るというメリットがあります。
エクセルなどのファイルもそのまま送信できるので使い勝手はかなり上がります。

例えば相手が普通の電話回線を使ったFAXだったとしてもテキストやエクセルのデータを
プリンターと同じように出力してくれます。

当然普通のFAXから送られたデータもパソコンやスマホの画面でデータとして確認が
出来るのでペーパーレスでのやり取りも出来ます。

ただしこちらの場合はプロバイダと同じでインターネットFAXを提供している業者との
契約が必要になります。

月額500円から1,500円程度で送受信にも電話と同じで料金がかかりますし
こちらのほうが単価は高いので割高になります。

後は電話番号が業者によって違い、市外局番が東京や大阪限定になってしまう
という場合もあります。

業者によっては市外局番を自分の住んでいる所と同じにすることが出来るのですが
市外局番を選べない業者も多いです。

相手がFAX番号だと思えない番号で送信されるということもあるので、利用には
事前に確認をすることも必要になりそうです。

何か通信手段があればFAXの利用は可能

現状電話回線の権利を持っていない状態でも何かの通信回線を持っていれば
それを使ってFAXをする事は出来るようになっています。

FAX本体が高いので購入は難しいという場合でも本体をレンタルすることが出来ます。
今なら色々な方法でFAXを使うことは出来ます。

ただしインターネットFAXは単価が高いので多くの遣り取りをする場合には
ランニングコストがかなりかかってしまいます。

ひかり電話でのFAXならランニングコストは良いのですが光回線がすでにある
という方以外には初期費用がかかるのでおすすめしにくいです。

それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、自分がどれくらいの
送受信を毎月行うのかよく考えて使うことが重要になります。

まあ何も通信回線を持っていない、スマホも持っていないという場合には
コンビニFAX以外の選択肢がなくなってしまうのですが^^;

ちなみにコンビニFAXの単価は50円程度です。
送信だけならこれが一番手軽で簡単かもしれません。

WiFiの契約をauでするとお得に使える?

大手携帯キャリアでモバイルルーターの契約をするとどれくらいの月額料金になる?
モバイルルーターの契約先で悩んではいませんか?

モバイルルーターはスマホと同じ電波を使ったモバイル通信を行います。
つまりそれはスマホの大手キャリアなら契約しやすいのでしょうか。

今回は大手キャリアの1つ、auでモバイルルーターを契約する場合の料金や
サービスなどを調べてみましょう。

auで提供されているモバイルルーターサービスの内容は?

まず大手キャリアのauではモバイルルーターのサービス提供をしているのでしょうか。
調べてみるとモバイルルーターの購入、利用が出来るようになっています。

契約はデータ通信プランが利用できるようになっていました。
確認してみるとメインに使われているのはauの4GLTEではなくWiMAX回線です。

WiMAXはauと同じ親会社のKDDIの系列企業、UQコミュニケーションズが提供する
独自回線を使ったモバイル通信サービスです。

モバイルルーターをauで契約するとこのWiMAX回線を使ったプラン提供になります。
そしてサブ回線としてauの回線が利用できるようです。

実際にauで契約できるサービス内容はどんな物なのでしょうか?
詳しく確認してみます。

契約できる内容は2種類のサービス

基本的にはWiMAXを使ったプラン提供で、1つは通常の7GBを上限にしたプラン。
もう1つは月間データ通信容量の上限がないプランでした。

モバイル通信では一人のユーザーが回線を独占してしまうと他のユーザーの
通信速度が上がらなくなるので、ヘビーユーザーには速度制限がかかります。

スマホの場合はデータ定額パックを契約することで自分の月間データ容量の上限を
決めて契約することができます。

モバイルルーターの場合も基本的には同じなのですが、auの場合WiMAXでの
提供なので選べるのはWiMAXが提供しているプランになります。

そしてWiMAXでは通常のプランが月間上限7GBなのですが、もう1つ特徴的な
月間データ通信容量上限なしというプランが提供されています。

WiMAXのサービス提供プロバイダではギガ放題プランという名前なのですが
WiMAXプロバイダではないauではWiMAX2+フラットfor DATE EXです。

ちなみに通常のプランはWiMAX2+フラットfor DATEです。
かなりややこしい名前になっていますねえ・・・

ではこの月間データ容量上限なしプランがどれくらいの月額料金で契約できるのか。
更に詳しく見てみることにしましょう。

月額料金は結局いくらになる?

スマホでも大手キャリアでは月額料金の計算がとても面倒くさいです。
見てすぐに分かる料金体制ではないので、わかりにくくなっています。

現状ではそれはモバイルルーターでも同じで、auでも結局いくらで契約できるのか
ちょっとわかりにくくなっていました。

まずWiMAX2+フラットfor DATE EXは基本の月額料金が5,880円です。
ここからauの割引サービス、誰でも割シングルが適応できます。

スマホでも利用できる割引サービスですが、こちらは2年契約による割引です。
つまりモバイルルーターも2年縛りにすれば月額料金が1,000円割引されます。

更にau指定の端末を購入して契約すれば最大25ヶ月間のWiMAX2+おトク割が
適応されて月額料金から500円割引されます。

基本的にauでは中古本体を持参して契約することが出来ないのでauで端末を
購入して契約することになります。

余程のことがない限り指定端末を購入して割引を使うのでここまではほとんどの人が
利用できる割引ということです。

割引を適応した場合、月額料金は4,380円です。
これが基本的なauで契約した場合のモバイルルーターの月額料金、という事です。

更に金額が変わる、高くなる可能性と低くなる可能性

基本的な、というのはこの月額料金からさらに金額が変わる可能性があるからです。
しかも安くなる場合と高くなる場合、どちらも考えられます。

まずは安くなる場合を見てみましょう。
スマホもauを使っているなら割引サービスのスマートバリューが使えるようになります。

モバイルルーターとスマホのセットで割引するならauスマートバリューmineが
適応できるようになります。

条件としては2年契約が必要で、割引されるのはスマホの月額料金です。
そして割引金額は最大1,000円ですが、データ定額パックで金額が変わります。

スマホでも大容量の20GBのデータ定額パックを使っていれば1,000円割引ですが
データパックの容量が小さくなれば月額500円ということも。

最新の安いプランでは対象外になっている場合もあるので注意しましょう。
そして月額料金が高くなるのは有料オプションを使った場合です。

モバイルルーターWiMAXでauの回線を使う場合、オプション料金として
1,005円が必要です。

申し込みが必要な有料オプションではなく、auの電波を使った場合に加算される
自動選択オプションと言うかたちになります。

つまりau電波を使わなければこのオプション料金はかかりません。
ただし一度でも接続できるモードにするとその月には1,005円が加算されます。

使った日数で日割りされるなどはなく、使えば課金で使わなければ0円です。
しかもこちらはデータ容量上限7GBで容量を超えれば速度制限がかかります。

接続設定はモバイルルーター端末本体の設定から行う必要があるので
使う前にきちんと確認しておきましょう。

auのモバイルルーターサービスは使いやすい?

結局auでモバイルルーターの契約をすると安くなるのでしょうか?
使いやすいのかちょっとよくわからないというのが正直な印象です。

単純にモバイルルーターを契約するだけ、と考えると月額4,380円は
それなりの金額で安くも高くも感じません。

月間データ通信容量の上限なしというメリットがあるのですが、それならば
わざわざauで契約しなくても他のプロバイダでもサービス提供されています。

スマホがauならばauスマートバリューが使えますがスマホの月額料金割引は
スマホで契約しているデータ定額パックで金額が変わります。

つまりスマホのデータパックを節約するためにモバイルルーターを使うなら
その節約で割引できる金額が少なくなるという事に・・・

これではauでモバイルルーターの契約をするメリットがほとんどありません。
キャンペーン展開をしている他のプロバイダのほうがお得に感じてしまいます。

そもそもauで契約できるWiMAXはモバイルルーターとして使いやすいのでしょうか。
ちょっとWiMAXについても調べてみたいと思います。

WiMAXはモバイルルーターとして使いやすい?

WiMAXはUQコミュニケーションズが行っているプロバイダのUQ WiMAX以外からも
多くのプロバイダがサービス提供しているモバイルルーターです。

最近ではかなり落ち着いていますが、以前は各プロバイダが新規加入者集めのために
多くのキャンペーンを展開していました。

中でも現金キャッシュバックなど興味を引く特典が多いという特徴的なサービスでした。
最近でもキャッシュバックキャンペーンは多くのプロバイダで行われています。

そのキャッシュバックを月額料金として使えばかなりお得に使える、という事ですが
それ以前に元々月額料金を安く提供しているプロバイダもあります。

例えば月額料金は3,500円程度とかなり安くしているのですが、複数年契約が必須で
途中解約の違約金が19,000円というかなり高額に設定しているプロバイダがあります。

また通常初期費用は事務手数料3,000円程度ですが月額料金が3,000円くらいなのに
初期費用が20,000円もする、というプロバイダもあります。

たしかにプロバイダを選べば安く契約できるのですが、契約内容をきちんと確認しないと
かなりきつい状況になることも・・・

回線自体はauで使われているように月間データ通信容量の上限なしプランがあります。
3日間で10GB使うと速度制限されるので完全無制限ではないが残念ですが^^;

月額料金やサービス内容を見てみるとそれなりに魅力のあるモバイルルーターでした。

WiMAXを使う場合のデメリットはない?

ではWiMAXはデメリットなく使うことが出来るモバイルルーターなのでしょうか。
実はWiMAXで使っている高周波数帯電波は状況によってとてもつながりにくいのです。

スマホでは低周波数帯の電波を使っていて、こちらは障害物があっても避けて直進する
という性質を持っています。

つまり壁などで囲まれている室内でも電波が届きやすく、安定してネットが出来るという
メリットが有るのです。

では高周波数帯の電波のメリットは何でしょうか?
一度に多くのデータを運ぶことが出来るので通信速度はかなり速くなるのです。

実際にWiMAXは最新端末を使えば下り最速708Mbps、それ以外の端末でも440Mbpsの
かなり速い通信速度が出るモバイルルーターです。

ただし障害物に当たると電波が反射するので室内では電波が安定せず、高速通信も
出来ないという状況になります。

私も以前WiMAXのモバイルルーターを使っていたのですが、自宅内で使っていると
場所によって電波が届かないので端末を安定するところを見つけて置いていました。

しかもスマホのキャリアに比べると元々利用できる地域が狭く、地方都市では
WiMAXが使えない地域もあります。

やはり使えない場所が多いのは使いにくく、私は解約しました。

LTEで使いやすいのはネクストモバイル

WiMAXを解約した後、私が使っているのがネクストモバイルのルーターです。
こちらはソフトバンクのMVNOで、大容量データパックのルーターを提供しています。

格安SIMと同じで大手キャリアの回線をレンタルしてサービスを行っています。
ソフトバンク回線を使っているので利用できる地域に問題はありません。

しかも大容量のデータ定額パックを使ってモバイルルーターサービスを行っています。
提供プランは2種類、20GBと30GBが上限のモバイルルーターサービスです。

月額料金は20GBが2,760円、30GBでも3,490円とかなり安い料金です。
WiMAXをauで契約した場合に比べてもかなりお得に感じます。

モバイルルーター端末料金は0円、これは他と変わらないのですがネクストモバイルでは
端末を選ぶことが出来ません。

MVNOなのでサービスがかなり少なくなっていますが、余計なサービスがない分だけ
安く回線を提供しているということのようです。

データ通信容量は無制限ではないのですが20GBあればかなりの大きな容量です。
私は動画を楽しむことが多いのですが、容量を使い切ることはほとんどありません。

スマホのデータ定額パックを少なくしてモバイルルーターだけでネット接続をしても
十分に利用できるほどの大容量がかなり安く使えるのでオススメできるサービスです。

wifi

Wi-Fi(モバイルルーター)契約なしでできる?無線LANルーターとモバイルルーターの違いって何?

Wi-Fiって何も契約しないでも使うことができるの?
そんな疑問を聞かれたことがあります。

実際にモバイルルーターと言われてもよくわからない、という方も多いのでは?
モバイルルーターって無線LANルーターと何が違うの?

そんな疑問を解消できるように、それぞれの機材の特徴や契約が必要など
詳しく確認してみましょう。

モバイルルーターと無線LANルーターの違いって?

まずはモバイルルーターと無線LANルーターの違いを確認してみます。
基本手には無線LANルーターは自宅の固定回線に接続する分配器です。

ルーターとは一つの回線を複数に分配するための機材、LANと言われている
小さな地域でのネットワークをつなぐためにも利用されている分配器です。

この分配を無線で行うのが無線LANルーター、Wi-Fiルーターとも言われています。
Wi-Fiとは無線LANの規格の1つなので意味的には無線LANと一緒です。

今現在使われている無線LANは多くがインターネットの固定回線を分配するために
設置されているものです。

この無線LANルーターを持ち運んで使えるようにしたのがモバイルルーターです。
固定回線を分配するのではなく、モバイル回線を分配しています。

一般的な無線LANルーターが光回線などの固定回線を分配するために設置されます。
モバイルルーターはそれを持ち運ぶためにルーターがモバイル通信をしています。

スマホを考えてもらえばわかりやすいでしょうか。
モバイルルーターは電源を入れればスマホのようにネット接続が出来るのです。

そしてそのモバイル通信で接続したインターネット回線をWi-Fiを使って他の端末に
分配してネット接続できるようにしているのがモバイルルーターです。

無線LANルーターの利用には基本的には契約が必要ない

ではそれぞれの機械について、契約が必要になるのか考えてみましょう。
まず無線LANルーターの場合ですが、基本的には購入して接続すれば使えます。

まあ基本的なセキュリティや接続する端末ごとの設定は必要ですが、無線LANルーターを
使うことに関しての契約は必要ありません。

電波を使っているとはいえ家庭内でのネットワーク用の電波です。
ローカルエリアのネットワーク構築に参加している人以外の許可は必要ありません。

普通に考えても契約している固定回線を分岐させて使わせてもらうので、回線の契約を
している人の許可をもらえば問題ないかと。

ただしこちらは固定回線を分配するので、当然ですがインターネットに繋がる
固定回線が必要です。

光回線などの契約は別に必要になるので、まずはインターネットの固定回線を
契約していることが大前提になります。

無線LANルーターを使うことに契約は必要ありませんが、無線LANルーターを使える
という状況を作るためには固定回線の契約が必要です。

モバイルルーターを使うには契約が必要

次にモバイルルーターを使う場合ですが、こちらはモバイル通信を行うために
スマホと同様に契約が必要になります。

無線LANルーターの場合はすでに契約している固定回線に接続して使いましたが
モバイルルーターはルーター自体がインターネット回線に接続する機能を持っています。

その為にインターネット接続するための契約をモバイルルーターごとに行う
という必要があるのです。

モバイル回線を使ってインターネット接続するためにモバイルルーターには
スマホと一緒でSIMカードが挿入されています。

SIMカードがなければモバイル通信が出来ないわけで、中古でモバイルルーターの
本体を購入してもSIMカードがないためにネット接続が出来ません。

まあSIMカードのみの契約をすれば安くモバイルルーターが利用できる
ということにもなるのですが・・・

ただしモバイルルーター本体にはSIMカードの取り外しができない端末もあります。
それにモバイルルーターにはSIMカードの契約だけでは使えない機能もあります。

SIMカードのみの契約でモバイルルーターを運用するには多少の知識が必要なので
モバイルルーターを使うなら新規契約することをおすすめします。

無線LANルーターとモバイルルーターはどっちが使いやすい?

まず自宅に固定回線がすでにあるなら契約なしで使える無線LANルーターのほうが
すぐに使えて便利です。

まあ使い方にもよるのですが、単純に自宅でタブレットPCや携帯ゲーム機などを
ネット接続させたいというなら無線LANルーターで十分です。

自宅にいる間はスマホのデータ定額パックを節約したい、という場合にも
無線LANルーターを使うことでデータ定額パックを節約することが出来ます。

ただしこちらは固定回線が設置されていることが前提です。
一人暮らしなどでまだ固定回線がないなら無線LANルーターを購入する意味は無いかと。

一人暮らしなので自宅ではインターネットをあまり使わない、スマホ以外に
タブレットPCなども外出先で使いたいというならモバイルルーターが便利です。

モバイルルーターなら電波が届く地域ならどこでもネット接続が出来ます。
当然室内でも使えるので固定回線をあまり使わないなら代わりにするということも。

これに持ち運びが出来るので、スマホを使う時にも大容量のデータ定額パックを辞めて
モバイルルーターにすれば月額料金が安くなる可能性もあります。

ただしモバイルルーターは回線契約が必要なので、どんなプロバイダと契約するかで
使い方やお得感は大きく変わってしまいます。

無線LANルーターとモバイルルーターはその人のネットの使い方や状況によって
大きく使いやすさが変わってくると思います。

モバイルルーターはどうやって選べばいい?

では次にモバイルルーターを契約する場合の注意点などについて考えてみましょう。
そもそもモバイルルーターには種類があるのでしょうか?

実は現在モバイルルーターで使われている回線には2種類あります。
この回線の特徴がそのままモバイルルーターの特徴になっています。

まず一般的なスマホで使われているのと同じLTEを使っている商品があります。
実際にドコモやソフトバンクの回線を使ったサービスはそれぞれに提供されています。

後LTEを使っているのはイーモバイル回線ですが、これは現在ソフトバンクの
系列会社になっているのでソフトバンク回線も同時に使えます。

それともう1つ、独自の回線を使ったWiMAXというモバイルルーターがあります。
こちらはauと同じ親会社のKDDI傘下の企業が提供しています。

モバイルルーターを選ぶならこのどちらかの回線を使っている端末を選ぶ
という事になるのですが・・・

この2種類の回線にはかなり大きな違いがあり、好みや使い方によってどちらの
回線がいいのかは変わってくると思います。

ではそれぞれの回線の特徴を確認してみることにしましょう。

WiMAXを使ったモバイルルーターの特徴

まずはWiMAXを使っているモバイルルーターの特徴を確認してみます。
こちらは独自の高周波数帯電波を使ったモバイル回線を使っています。

高周波数帯電波は一度に多くのデータを運ぶことが出来るので同じ伝播速度でも
運ぶことが出来るデータ量が大きく変わります。

つまり通信速度が速くなるという特徴があり、独自回線のために混雑もそれほど
大きくなっていないというのが大きな特徴です。

実際にWiMAXでは最新端末を使えば通信速度は下り最速708Mbpsが出せます。
光回線の通信速度に引けを取らない高速通信が出来るという魅力があります。

それに対応地域の全域で月間データ通信容量の上限なしというプランが利用できる
というのも大きな魅力です。

毎月のデータ通信容量を気にすること無くインターネットが出来るのです。
ただし3日間で10GBの通信をすれば速度制限がかかるのですが・・・

完全無制限ではないのですが、それでもヘビーユーザーにはとても魅力的なプランが
提供されているのがWiMAXのモバイルルーターです。

欠点としては高周波数帯の電波の安定性が悪いこと。
障害物で反射するので室内ではかなり電波状況が悪くなります。

建物の奥では最悪の場合、ネット接続ができないという状況もあります。
それに対応地域は人口カバー率94%程度とちょっと狭いのもデメリットです。

対応している地域の確認、更には対応していても周囲の状況によってはつながらない
というかなり安定性に問題があると思えるのがWiMAXでした。

LTEを使ったモバイルルーターの特徴

次にLTEを使ったモバイルルーターの特徴を調べてみましょう。
こちらは基本的にスマホと同じ回線を使っているモバイルルーターです。

実際にソフトバンクとドコモではそれぞれの4G/LTE回線を使ったモバイルルーターを
提供しているのですが、こちらは月額料金が高いので今回は除外します^^;

LTEを使ったモバイルルーターとして一般的なのはポケットWiFiという商品で
こちらはイーモバイルとソフトバンクの4G/LTE回線を使えます。

ソフトバンクの回線が使えるので全国的にかなり広い地域でのネット接続が可能です。
人口カバー率99%はかなり広い地域で使うことが出来る安心感があります。

使っているのが低周波数帯のプラチナバンドの電波なので障害物を避けて進めるので
室内でも安定してネット接続が出来るというメリットもあります。

ただしポケットWiFiでは基本的に月間データ通信容量の上限が7GBなので
固定回線の代わりに使えるほどのデータ容量がありません。

一応上限なしというプランもあるのですが、対応している地域はAXGPエリアのみ。
つまり主要都市にだけ展開されている地域のみで使えるプランという事です。

ポケットWiFiでは業界最安値プランの提供をしているプロバイダもあり
月額1,980円というかなりの安いプランが提供されています。

でもこちらも月間データ通信容量は5GBが上限でそれを超えれば速度制限がかかる
という状況です。

容量が厳しくメインになりにくいのがポケットWiFiでした。

もう1つのLTEを使ったモバイルルーターとは?

実はもう1つ、LTE回線を使ったモバイルルーターのサービスがあります。
それがソフトバンクのMVNO、回線レンタルをして提供しているサービスです。

格安SIMでは大手キャリアの回線をレンタルしてSIM契約のみでのサービス提供を
行っているプロバイダがあります。

これと同じようにソフトバンクの回線をレンタルしてモバイルルーターを
提供しているのがネクストモバイルというところです。

格安SIMと同じで余計なサービスを付けずにオトクな料金でサービス提供しています。
実際に20GBと30GBのプランがそれぞれ2,760円と3,490円で使えるのです。

WiMAXのような月間データ容量無制限ではないのですが20GBあればかなりの大容量で
多くのコンテンツを楽しむことができます。

料金もとても安く、スマホで同じ要領のデータ定額パックを契約すれば月額料金は
6,000円も必要になります。

LTE回線なので安定性も高く、ソフトバンク回線なので広い地域で使えます。
これがお得に使えるネクストモバイルはかなりオススメのモバイルルーターです。

wifi

大東建託の賃貸住宅ではインターネット回線にauひかりが使える?

大東建託の賃貸住宅でauひかりを使うことは出来る?

賃貸住宅管理の大手業者として有名な大東建託では様々な物件の提供をしています。
最近では自分のライフスタイルに合わせた物件を選べるサービスも開始されました。

そして最近の賃貸住宅物件の人気設備にはインターネット無料という項目が出てきました。
多くの方がインターネット関係の充実を期待しているのです。

特に最近では高速通信が出来る固定回線の種類も多くなっています。
中でもauひかりは大手携帯キャリアが提供する光回線としてとても注目されています。

スマホがauの方はこちらの回線を利用することでスマホ料金の割引にも期待ができる
というお得なキャンペーン特典も利用できます。

でもこのauひかりは賃貸住宅でも利用することが出来るのでしょうか?
大東建託の賃貸住宅ではauひかりを設置することが出来るのでしょうか。

確かにauひかりのサービスにはマンションタイプもあるのですが、それは
大東建託の賃貸住宅でも使えるのでしょうか。

大東建託の賃貸住宅で利用できるインターネット回線について調べてみます。

最初からauひかりが設置されていれば問題なし

大東建託の賃貸住宅には全ての建物に決まった回線が設置されているわけではありません。
住居ごとに違う回線が設置されています。

ただ大東建託が提携しているところが提供している回線を使っていることが多いので
フレッツ光とJCOMが多くなっているようですが^^;

でも物件によってはADSLが今でも使われているところもありますし
物件の中には最初からauひかりを設置しているところもあります。

つまりすでにauひかりが使える状態になっている賃貸物件もあるはずなので
そちらを利用すれば問題なくauひかりを使うことが出来ます。

申し込みも大東建託の窓口から申し込みが出来るのでかなり簡単に契約が
出来るようになっています。

賃貸物件で自分の住むところにauひかりが設置されている所があればいいのですが
その状況を待つのはちょっと難しいと思います。

そこで現在違う回線が設置されている大東建託の物件でauひかりを使うことが
出来るのかを確認してみましょう。

個人的にauひかりを設置することは出来る

一般的にすでに固定回線、光回線やケーブルテレビ回線を設置してある集合住宅に
新しく回線を設置するのはかなり難しいことになります。

管理会社や大家、住民の意見交換が必要で多くの人の了解を得ることが必要です。
しかも回線乗り換えになるとかなり大変なことに・・・

ただしこれは集合住宅全体で使う回線を変更する場合のことです。
単純に一つの部屋だけでauひかりを使うだけならそんな手間はいりません。

個人で契約して集合住宅のその一部屋だけに回線を設置すればいいだけなので
基本的には誰の許可も必要なく契約することができます。

ただし壁に傷をつけるような工事が必要な場合は大家や管理会社の許可が必要です。
許可なく工事をして退去する時に原状復帰が出来ないと大問題になるので。

まあ簡単に考えるなら集合住宅にいるのですが、auひかりの戸建てタイプの契約を
個人的に契約して光回線を使うという事になります。

回線の引き込み工事もエアコンのダクト穴を使えば新しく壁に穴を開ける必要がなく
壁を傷つけることもありません。

契約自体は問題なく出来るのですが、利用する場合にちょっと注意が必要です。

個人的に契約すると月額料金が高くなる?

例えばすでにフレッツ光が設置されている大東建託の賃貸住宅で個人的にauひかりを
契約したとします。

この場合フレッツ光を使えばマンションタイプの料金で使うことが出来るのですが
個人的に契約したauひかりは戸建てタイプの料金になります。

一般的にマンションタイプは一つの回線を戸数で分けて使うので一人当たりの料金は
戸建てに比べると安くなります。

マンションタイプのフレッツ光は大きな賃貸住宅になると月額2,500円くらいで使えます。
それに比べると戸建てのネット回線はかなり月額料金が高くなります。

いくらauひかりが安くスマホの割引ができると言ってもトータルコストではやはり
最初から設置されている回線を使うほうが安くなる可能性は高いです。

それに大東建託ではネット利用環境を整えてある賃貸物件もあります。
DK SELECTネットサービスでは入居してすぐにインターネットを使うことが出来ます。

このタイプの物件では最初から周辺相場より家賃が高く設定されていて、家賃に
ネット利用料金が含まれているということもあります。

この物件で他に回線契約をするとネット料金の二重支払いという事に・・・
自分で回線契約をする場合は物件の状況をしっかりと把握してからにしましょう。