モバイルWi-Fiルーターを家で使うために契約するならどれを選ぶ?

家の固定回線の代わりにモバイルWi-Fiルーターを使えない?
そう思ったことはありませんか?

スマホを使っていて、その節約のためにWi-Fiを使いたい。
でも固定回線を申し込むのは面倒だし、月額料金も高くなる。

それならモバイルWi-Fiルーターで全てのインターネットを行ってしまえば
月額料金の節約にもなるのでは?

実際に家でも使えるようなモバイルWi-Fiルーターがあるのか探してみましょう。

家でWi-Fiを使うメリットはある?

まず家でWi-Fiを使うことに対するメリットを改めて確認してみましょう。
固定回線にWi-Fiルーターを接続すれば色々な端末を簡単にネット接続できます。

例えばスマホを自宅の固定回線にWi-Fi接続すれば、ネットをするのに使う回線を
モバイル通信ではなく自宅の固定回線にすることが出来ます。

モバイル通信を使わなければ契約しているデータ定額パックを消費せずにネットが出来る。
つまりパケ代の節約ということになります。

スマホ以外にもタブレットPCや携帯ゲーム機を持っているならそれらをネットに
つなぐことも出来るようになります。

まあ電波回線なので端末の設定が必要ですがかなり手軽に色々な端末をネット接続できる
と言うのは大きな魅力でもあります。

ではこのWi-FiをモバイルWi-Fiルーターにするメリットも調べてみましょう。

モバイルWi-Fiルーターを家で使うことのメリットとは?

モバイルWi-Fiルーターはその名前の通り、持ち運びが出来るWi-Fiルーターです。
複数の端末を無線LANで同時にネット接続できるように回線分配をしています。

通常のWi-Fiルーターとの違いは持ち運んで使うために、ルーター本体にネットへの
接続ができる機能を搭載していること。

つまりスマホのようにルーター本体がモバイル通信を使ってネット接続できる
Wi-FiルーターがモバイルWi-Fiルーターです。

外出先で使うことが便利、と言われているこの端末を自宅で使うことのメリットは
どんな所なのでしょうか?

すぐに思いつくのはモバイル通信を使っているので回線設置工事が必要ないこと。
契約して端末を受け取ったらすぐにネット接続させることが出来ます。

最近主流の光回線はインターネット専用回線を自宅に設置する必要があるので
まず回線設置工事が必要です。

集合住宅の場合は管理会社や大家の許可が必要で、すでに回線設置してある場合でも
切り替え工事が必要なのでやはり工事をすることになります。

でもモバイルWi-Fiルーターを使えばこの工事の必要がなく、すぐにネットが出来る
というのはかなり大きな魅力です。

賃貸住宅で壁に傷をつけることが出来ない、すでに他の光回線があるので好みの回線を
使うことが出来ないという問題も解消されます。

それに引っ越しをしてもモバイルWi-Fiルーターなら解約せずに使い続けることが出来る
というのも大きなメリットになると思います。

WiMAXは家で使う回線として使いやすい?

では実際にどんなモバイルWi-Fiルーターを使えばいいのか。
口コミを調べてみるとWiMAXという回線は固定改正ンの代わりになるという意見が。

そこでこのWiMAXについてちょっと調べてみることにしました。
WiMAXは独自回線を使ったモバイルWi-Fiルーターのサービスです。

スマホで使っているのは900Mhlz以上の低周波数帯、プラチナバンドと言われる電波で
その特徴として障害物を避けやすく直進性能が高いという性質があります。

これとは別に独自の高周波数帯電波を使ったモバイルWi-Fiルーターサービスが
WiMAXという回線で、今では多くのプロバイダから提供されています。

特徴を確認してみると2.4Ghlz以上の高周波数帯電波を使っているので一度に運べる
情報量が多く、通信速度が高いという特徴がありました。

伝播自体の速度は変わらないのですが一度に多くの情報を運べる高周波数帯電波は
通信出来る情報量が多いので通信速度が高い、という事になります。

実際にWiMAXの最新端末では下り最速708Mbpsというかなりの高速通信が出来ます。
これは光回線にも見劣りしない通信速度です。

それに独自の電波回線を使っているのでスマホの4G/LTEに比べるとユーザー数が
それほど多くありません。

その為に利用可能地域全域で月間データ通信容量上限なしというプランの提供が
行われているのも大きな魅力です。

モバイル通信ですが光回線のように通信量を気にせずに使えるので、口コミでは
固定回線の代わりに使えると評判のようです。

実際にWiMAXは家の中で使いやすい?

では実際にWiMAXを使えば家の中でも問題なくネットが出来るのでしょうか?
これに関してはちょっと問題がある、と思います。

実は高周波数帯電波は特徴の1つに障害物で反射しやすい、と言うものがあります。
つまり障害物に当たると反射してしまうので電波が届きにくいのです。

特に壁や天井に囲まれている室内では電波がかなり届きにくくなります。
電波の安定性がなくなれば、メリットの高速通信も出来ません。

それどころか状況によっては電波が届かず回線がつながらない、すぐに断線してしまう
ということも考えられるのです。

まあ実際私も一時期WiMAXのルーターを使っていたのですが、たしかに室内では
かなり電波が安定しませんでした。

端末を窓際においておくなどちょっとした工夫が必要で、それでも家の中で使うと
かなり安定性が悪いという印象が残りました。

それにWiMAXは現在対応している地域がスマホより狭く、場所によってはまだ
対応していないという地域もあります。

地方都市や山間部では電波が届きにくく、周囲の状況によっては対応地域内でも
電波が届かないということもありました。

たしかに高速通信が出来て月間データ容量の上限なしというプランはとても魅力的で
自宅での固定回線の代わりになりそうです。

でも電波の安定性を考えると私としてはあまりおすすめできません。

スマホのLTEを使ったモバイルWi-Fiルーターは使いやすい?

室内での安定性を考えると障害物に強いLTE回線を使ったモバイルWi-Fiルーター
という事になりそうです。

こちらの回線は大手キャリアのスマホでも使っている回線なので、大手キャリアから
モバイルWi-Fiルーターサービスを契約すれば使うことが出来ます。

実際にスマホを家で使っていてもわかるように、かなり安定して使えるのが
とても大きな魅力です。

では大手キャリアでモバイルWi-Fiルーターを申込んだ場合、どれくらいの料金で
使うことが出来るのか確認してみましょう。

今回はドコモのモバイルWi-Fiルーターサービスを見てみます。
ドコモの場合は契約がスマホと同じ料金体系になっていました。

モバイルWi-Fiルーターの場合でも基本料金+プロバイダ料金+データ定額パックを
組み合わせて契約するという形です。

ルータープランは基本料金が1,200円、プロバイダ料金は200円でした。
データ定額パックはスマホで使っているものと同じデータパックを使います。

2GBが上限のデータSパックは月額3,500円、大容量のウルトラデータLパックなら
月額6,000円です。

つまり2GB上限の契約なら月額4,900円という事に。
これはちょっと高いという印象ですねえ・・・

ポケットWiFiの上限なしプランは使いやすい?

キャリアで契約するとかなり高いので他にLTEを使ったモバイルWi-Fiルーターが
提供されていないか探してみました。

ソフトバンクの系列会社、Y! mobileで提供しているのがポケットWiFiという
モバイルWi-Fiルーターサービスです。

こちらはイーモバイルとソフトバンクの4G/LTE回線が使えるルーターなので
対応地域はとても広くLTEなので室内でも安定しています。

それに最新端末を使えば月間データ通信容量の上限なし、というプランも使えます。
上限なしなら固定回線の代わりにすることも出来るのでしょうか?

調べてみると月間データ通信容量上限なしにできるのはAXGPエリアだけでした。
AXGPエリアは主要都市にのみ設置されている高速通信地域です。

地方都市では使うことが出来ず、対応しているルーター本体をアドバンスモードに
設定するというかなり面倒な手間が必要です。

アドバンスモード自体も有料オプションなので月に600円以上の金額がかかります。
しかも3日間で10GB以上使うと速度制限されるので完全無制限ではありません。

WiMAXでも3日間で10GB使えば速度制限されましたが、あちらは5Mbpsに制限。
ポケットWiFiは128Kbpsまで制限されるのでかなり厳しい状況になります。

対応地域自体は広いのですが無制限になる地域は狭く、完全無制限ではないという
ちょっと使いにくいサービスでした。

ポケットWiFiの最安値プランはお得に使える?

ポケットWiFiはY! mobileの他にもYahoo! WiFiからもサービス提供されていました。
こちらでは業界最安値クラスというオトクなプランがありました。

月額1,980円というかなり安い月額料金で使えるプランが提供されています。
モバイルWi-Fiルーターとスマホを併用してもこの料金なら全然負担になりません。

かなり魅力的なプランですが、どんなサービス内容なのでしょうか?
こちらはYahoo! プレミアム会員限定のサービスということがわかりました。

Yahoo! プレミアム会員になるには月額500円がかかります。
つまり実質2,480円になるのですが、それでもやすいと思えました。

ただし月間データ通信容量は5GBが上限なのでメイン回線として使うには
かなり厳しいという感じでした。

ポケットWiFiなら室内でも安定して使えるのですが、上限が5GBしか無いなら
スマホのサブ回線という感じでこれだけでネットが全て出来るという感じはありません。

大容量でお得なLTE回線のモバイルWi-Fiルーターはある?

やはり室内で使うには安定性の高いLTEがいいと思います。
そして大容量のデータ定額パックを使えれば十分に固定回線の代わりになるはず。

そんなモバイルWi-Fiルーターを探していたら、遂に見つけることが出来ました。
それがネクストモバイルのサービスです。

ネクストモバイルではソフトバンク回線をレンタルしてサービス提供をしています。
MVNO、つまり格安SIMと同じようなサービスです。

ただネクストモバイルではSIMカード単体のサービスではなくモバイルWi-Fiルーターを
提供しているのです。

しかも提供しているのは20GBと30GBを上限にした大容量データ定額パックです。
これが月額2,760円と3,490円というかなり安い料金で使うことが出来ます。

MVNOなのであまり余計なサービスがなく、端末を選ぶことも出来ませんが
Yahoo! WiFiの最安値クラスと同じくらいの料金で20GBも使うことが出来るんです!

使っているのはソフトバンクの4G/LTEなので室内でもかなり安定していて
固定回線の代わりに十分浸かるモバイルWi-Fiルーターだと思います。

wifi

インターネットを固定電話なしで使える最安値はどんなサービス?

固定電話なしで使えるインターネットの最安値は?

インターネットが普及する前は電話回線を使ってパソコン通信を行っていました。
データのやり取りをするのに数時間かかるというのはかなり普通のことでした。

その後、インターネットが普及してもまだ接続回線には電話回線を使うことが多く
電話料金を安くするために夜間の9時以降にネットをするという人が多くいました。

でも最近では電話回線を使ってインターネットを行うことが少なくなり、主流は
スマホのようなモバイル通信かインターネット専用の光回線です。

光回線は一時期に比べるとかなり普及して、月額料金も安くなりました。
サービス開始当初、光回線の月額料金はとても高く契約しにくかったのです。

その頃の高速通信といえば電話回線を使ったADSLでしたが、このサービス
実は今でも利用することが出来ます。

ただし最近では一人暮らしの時に固定電話の契約をしないという方も多く
実際に固定電話を持っていないという人も多いと思います。

スマホがあれば連絡を取ることに問題はないので固定電話を使わないという方も
とても多くなっています。

ではこの固定電話がない状態の時にADSLは安く使えるのでしょうか?
インターネットの最安値で使えるサービスを探してみます。

固定電話がない状態のADSLの月額料金は?

まずはADSLを使った場合の月額料金を確認してみます。
以前は光回線よりも安く使えるネット回線として人気がありましたが・・・

元々電話を使っていた家庭での利用を考えてサービス開始されたためにADSLでは
固定電話が必須でした。

でも固定電話を使っていない人が増えて、固定電話なしで使えるADSLサービスも
開始されました。

月額料金は固定電話があれば月額1,500円程度でインターネットができるというのが
ADSLの大きな魅力です。

ただしADSLでも高速通信が出来るプランがあり、こちらの場合は料金が高くなります。
40MBコースでは月額5,000円近くになるというプロバイダもあります。

それに固定電話がない状態で契約するとADSLの月額料金に電話回線利用料が足されて
月額料金が3,500円程度になります。

下り最速12Mbps程度の通信速度で月額料金が3,500円というのはちょっと高い気が。
キャンペーン利用で最安値のプロバイダなら3,000円位になるのですが・・・

光回線は固定電話なしで使える?

最近主流になってきている光回線の場合も確認してみましょう。
そもそも光回線は固定電話なしでも契約が出来るのでしょうか?

一番有名なフレッツ光がNTTの提供なので電話回線と関係がある、と思いがちですが
光回線はインターネット専用回線なので固定電話の有無は関係ありません。

つまり固定電話を持っていなくても何も問題なく契約することができます。
でもまだ月額料金はちょっと高めです。

マンションタイプの場合、その建物の契約戸数によって月額料金が変わります。
大規模マンションの場合は契約戸数も多いので月額2,800円位で使える場合も。

でも戸建の場合、安くなっても月額5,000円位です。
一般的なアパートなら8戸が契約しても月額3,500円くらいです。

これにインターネット接続のためのプロバイダ料金がかかるのでプラス1,000円位
料金が必要になるという感じです。

新しく始まった光コラボモデルではフレッツ光とプロバイダの月額料金をセットにして
割引価格で利用することが出来ます。

プロバイダなどから契約することで割引サービスも利用できるので光コラボモデルを
使うことができれば多少お得にフレッツ光を使うこともできそうです。

ただインターネット回線として安いか?と聞かれるとちょっと微妙な感じです^^;

モバイル通信や公衆無線LANスポットを使うと安い?

もう1つ固定回線ではないインターネット回線の月額料金も確認してみます。
スマホなどモバイル通信を使った場合の料金はどれくらいなのでしょうか?

大手キャリアのスマホを使えばデータ定額パック5GBくらいで通話プランなら
月額5,000円もあれば契約可能です。

有料オプションなどがあれば料金が変わるし、データ定額パックを大容量にすれば
更に月額料金は高くなります。

同じようにモバイル通信を使うモバイルルーターならもう少し安くなりそうです。
こちらは端末自体がモバイル通信でネット接続できるWi-Fiルーターです。

タブレットPCや携帯ゲーム機など自信でネット接続できない端末をネットに
接続させることが出来るので使い勝手は良いと思います。

でも月額料金が4,000円位、キャンペーン適応で3,500円程度というところ。
これで使える通信容量は7GB程度です。

他にも安いプランを提供するプロバイダがありますが、月間データ通信容量の
制限なしプランは月額4,500円程度、割引があって数ヶ月は3,500円というところです。

最安値のモバイルルーターは月額1,980円で使えますがデータ容量上限が5GBなので
スマホのサブ回線というところでしょうか・・・

公衆無線LANスポットを使えば公共設備内にあれば無料で使えるのですが・・・
自宅で使えないというのはかなり厳しいところです。

固定電話なしでも使えるインターネットサービスはこれほど多くありました。
それぞれの料金とサービス内容で契約する回線を選ぶことをおすすめします。

モバイルWiFiルーターを契約すればiPadはもっと使いやすくなる!

モバイルWiFiルーターを使えばiPadはもっと使いやすくなる?
タブレットPCを使う時に色々困ったことはありませんか?

世界的に注目されているiPadですが、これを上手に使いこなそうとすると
やはり問題になるのはインターネットへの接続です。

このネット接続を簡単に、お得にすることが出来るのがモバイルWiFiルーターで
どんな契約をすればいいのか、色々と確かめてみましょう。

iPadをインターネットに接続する方法とは?

まずはiPadをインターネットに接続するための方法を考えてみます。
まあiPadはセルラー版があるのでキャリアを契約すればいいのですが。

セルラー版とはスマホと同じ回線を使ってネット接続できる端末のことです。
つまり画面の大きなスマホ、iPhoneという感じで使うことが出来ます。

大手キャリアならiPadのセルラー版の取り扱いがあるので、スマホと同じように
契約をすればiPadでも問題なくネット接続させることができます。

セルラー版を購入しない場合は自宅の固定回線にWi-Fiルーターを接続して
Wi-Fi接続するという方法もあります。

このWi-Fi接続を屋外で出来るようにするのがモバイルWiFiルーターを使う方法です。
簡単に考えただけでもこれくらいの方法がありました。

ではそれぞれの方法でiPadをネット接続させる時のメリットやデメリット、それに
注意点などを考えてみましょう。

固定のWi-Fiスポットを使ってネット接続させる方法

一番手軽であまり金額がかからないのが固定のWi-Fiスポットを使って
インターネット接続する方法です。

自宅に固定回線がある場合はそこにWi-Fiルーターを接続するだけ。
外出先でもWi-Fiスポットを設置している店舗は多くなってきました。

カフェやファーストフード店ではFree Wi-Fiを設置している店舗も多くあります。
また全国対応のWi-Fiスポット契約に加入することもできます。

自宅にWi-Fiルーターを設置するならルーター購入代金だけで使えます。
安いものなら3,000円程度からWi-Fiルーターは購入できます。

固定回線への接続などちょっとした知識は必要ですがそれほど難しいものでもなく
家族に出来る人はいるかと^^;

ただ自宅で誰かがネット契約しているなら安くなるのですが、自分で回線契約するなら
固定回線の月額料金がかかるのでそれなりに高い料金になります。

それに外出先でiPadを使うなら固定のWi-Fiスポットでは厳しい状況も。
自分の行動範囲にWi-Fiスポットがなければネット接続できません。

コンビニなどが提携しているWi-Fiスポットでも月額500円位はかかります。
そして移動中には使えないというデメリットもあります。

Wi-FiスポットのみでiPadをネット接続させるにはかなり条件が制限される
という印象でした。

大手キャリアのiPad購入金額

次にセルラー版のiPadを購入して使った場合を確認してみましょう。
まずセルラー版はWi-Fi版に比べて本体価格もちょっと高くなっています。

Apple storeで端末代金を確認してみると32GBのiPad Wi-Fi版は37,800円ですが
セルラー版では52,800円になります。

ただしキャリアで購入する場合、スマホと同じように複数年契約の端末割引が使えるので
多少金額は安く購入できるようになります。

例えばドコモでiPadのセルラー版を購入して通信契約もした場合には本体割引の
月々サポートが使えるので本体分割購入代金から毎月1,800円程度の割引があります。

まあ割引金額は端末によって変わるので、大きく割引されないiPad mini等の場合は
あまり購入代金が変わらないという可能性もありますが。

ただiPad Pro12.9インチ64GBのような大きな端末を購入する場合には
キャリアの割引はとてもお得になります。

24ヶ月の割引金額だけでも1,863円が24回、つまり44,712円が割引されます。
5万円近くも安くなるのはかなり魅力的です。

でも元々の本体価格は11万円を超えるモデルなので安くなってもかなり高い買い物
という印象はなくなりませんが。

そしてセルラー版ならこの本体を購入するだけでネット接続が出来るのですが・・・
それには回線契約をする事が必要になります。

ドコモでiPadをネット接続させる時の月額料金

キャリアで端末購入するほうが安くなるのはわかるのですが、そのiPadを
ネット接続するためにかかる費用も確認してみます。

今回は大手キャリアのドコモでiPadの契約をする場合を確認してみます。
ドコモの場合は基本的にスマホと同じ契約が必要です。

つまり基本料金にプロバイダ料金、それにデータ定額パックを契約します。
データ定額パックの容量を選ぶことが出来るのもスマホと同じです。

詳しく見てみると基本料金が2年契約で1,700円、通話のないデータ通信専用の
プランを契約することになります。

プロバイダ料金はSPモードの300円、これにスマホと同じデータ定額パックが
利用できるという事です。

一番小さなデータSパックは月額3,500円で2GB、ウルトラデータLパックは
大容量20GBですが月額料金は6,000円かかります。

つまり最も小さな2GBの通信でも月額料金は5,500円かかります。

ただしデータパックに関してはスマホも同じドコモを使っているなら、スマホの
データパックを分け合って使うことが出来ます。

その場合はiPadのデータパック料金がシェアパック料金500円になります。
ただしiPadでネット接続すればスマホのデータ容量が減るということに。

スマホと併用するのもちょっと月額料金が高いという印象です。

モバイルWiFiルーターを使ってネット接続する方法

モバイルWiFiルーターはスマホと同じようにデータ通信をしてネット接続する
持ち運び可能なWi-Fiルーターです。

これを使うことでiPadもWi-Fi版にして本体価格を安く出来ますし、セルラー版と
同じように移動中でもネット接続させることができます。

ちなみに普通にWi-FiルーターなのでiPadに限らずWi-Fi接続ができる端末なら
どんなものでもネット接続させることは出来ます。

例えば携帯ゲーム機を持っているならそれをネットに繋いでゲームの購入や同時プレイを
出来るようになります。

それにスマホを持っているならモバイルWiFiルーターに接続させることでスマホの
データ通信を節約することも出来ます。

スマホにタブレットPCなど複数の端末を外出先でもネット接続させたいというなら
かなり便利に使えるのがモバイルWiFiルーターです。

ただしモバイルWiFiルーター自体端末なので、スマホにiPadとルーターも
持ち歩く端末の数がどんどん多くなるというデメリットもありますが・・・

モバイルWiFiルーターについてもっと詳しく調べてみることにしましょう。

キャリアでモバイルWiFiルーターを契約する場合

まずはiPadと同じように大手キャリアでモバイルWiFiルーターを契約する場合
どれくらいの月額料金が必要になるのか調べてみます。

わかりやすいようにドコモでモバイルWiFiルーターを契約する場合の料金を
確認してみることにしましょう。

やはりドコモではスマホと同じ料金体系のようで、モバイルWiFiルーターでも
基本料金、プロバイダ料金にデータ定額パックの契約です。

ただしモバイルWiFiルーターの場合はiPadの基本料金とは違いルーター用の
基本料金プランが適応されます。

ルーターの基本料金は月額1,200円、そしてプロバイダ料金もmopera Uなので
月額200円になります。

データ定額パックはスマホ、iPadと一緒なので2GBのデータSパックが
月額3,500円という事になります。

合計すると2GBのモバイルWiFiルーターで月額4,900円という事に。
やはりちょっと高いという印象ですね。

20GBのウルトラデータLパックを使った場合6,000円なのでトータルでは
月額7,400円です。

もっとお得に利用できるモバイルWiFiルーターを探すことにします。

LTEとWiMAXはどちらがいい?

モバイルWiFiルーターをもっと調べてみると、現在使われている回線が
大きく2種類に分かれていることがわかりました。

1つはスマホと同じ4G/LTEを使っている製品で、大手キャリアの回線を使った
モバイルWiFiルーターもこちらになります。

そしてもう1つ、独自のWiMAX回線を使ったモバイルWiFiルーターが
提供されていることがわかりました。

それぞれの特徴を確認してみると、まずLTEを使ったルーターは利用できる地域が
とても広く全国的にどこでもネットが出来るというメリットがあります。

ドコモやソフトバンクで契約するモバイルWiFiルーターはもちろんですが
ソフトバンクの系列会社が提供しているルーターもソフトバンク回線が使えます。

人口カバー率で調べてみると99%以上という結果が出るので全国どこでも使える
と言っていいかと。

対するWiMAXは人口カバー率が94%程度なので利用できる地域ではLTEよりも
狭くなっていることがわかります。

ただしこちらは高速通信が出来るというメリットが有り、月間データ容量の上限なし
という魅力的なプランも提供されていました。

かなり魅力的なのですが注意点として高周波数帯電波を使っているので障害物に弱く
室内では安定しないというデメリットもあります。

月額料金はLTEの場合、7GB上限のプランが3,500円程度、WiMAXの
データ上限なしプランは月額4,000円くらいです。

キャリアのデータ通信費用に比べるとたしかに安いのですが、もっと使いやすく
お得なモバイルWiFiルーターは無いのでしょうか?

ネクストモバイルならコスパが良くてオススメ

大手キャリアの回線を使ってサービス提供している代理店の中にはキャリアよりも
お得にサービス提供ができるところもあります。

そんな代理店の1つがネクストモバイルで、こちらではソフトバンクの回線を使った
大容量データパックのモバイルWiFiルーターを提供しています。

使っているのはソフトバンク回線なので全国的に広い地域でネットが使えます。
そして提供しているサービスは20GBと30GB上限の大容量プランです。

こちらの大容量プランを月額2,760円と3,490円というかなり安い金額で提供するのが
ネクストモバイルです。

キャリアのルーターのように大容量にすると月額料金が高くなる、ということもなく
WiMAXのように室内で安定せずに使いにくいということもありません。

大容量データパックなのでiPadとスマホを同時に使っていてもそれほど問題なく
通信容量を気にせずにネット接続が出来るのです!

ただしMVNOなのでルーター端末本体を選ぶことが出来ず、プランも2種類のみ
という状況ですが使いやすさに問題はありません。

実際に私も使っているのですが、動画をよく見る私のような使い方でも問題なく
全てのネット接続をモバイルWiFiルーターで行うことが出来ます。

スマホのデータ定額パックを安くして、iPadのようなタブレットPCを使うことも
携帯ゲーム機を使うことも問題ありません。

スマホとiPadを同時に余裕を持って使いたいならネクストモバイルのサービスは
かなりおすすめできます。

wifi

固定電話なしで使えて安いインターネット回線はどこがオススメ?

固定電話なしで使えるインターネット回線で安いのはどこ?

昔はインターネットと言えば電話回線を使って接続するものでした。
ADSLを最初のブロードバンド回線として使ったという方も多いはずです。

でも最近では固定回線では光ファイバーケーブルを使った光回線が主流になり
他にもスマホなどモバイル通信を使ったネット接続方法もあります。

つまり電話回線を使ったインターネット接続にこだわらなくても色々な方法で
インターネットを楽しむことが出来るのです。

それにスマホが普及しているので最近では一人暮らしの方が固定電話を契約しない
という状況も多くなっています。

会社や商店、フリーランスの個人経営者などは固定電話が必要なのですが
個人で固定電話を使うという状況はほとんどなくなりました。

インターネット回線にも電話回線を使わなくなっている現在、固定電話がなくても
多くのインターネット回線を選んで使うことが出来ます。

ではどんな回線を選べば安くなるのでしょうか?
月額料金や初期費用などを含めて調べてみましょう。

固定電話があるとインターネットが安くなる?

まずは基本になる料金を決めてみます。
今回は電話回線を使ったインターネット、ADSLの月額料金を考えてみましょう。

今でもADSLが利用されているのは単純に対応地域の問題だけではなく、ADSLは
状況によってはかなり安く使えるからです。

ちなみに固定電話を持っている人がADSLを使う場合、月額料金は最安値で1,500円程度。
インターネット回線としてはかなり安くなっているのです。

ただしこの料金には電話回線利用料が含まれていません。
それは固定電話を使っているのでそちらで支払いをしているためです。

それに1,500円程度で使えるのは下り最速12Mbsという契約の場合です。
更に遅い8Mbpsなら更に安くなる可能性もあります。

しかもこれは最高速度なのでいつでもこの速度が出せる保証はありません。
つまり現在の主流のインターネット回線に比べるとかなり遅い回線速度です。

電話回線利用料を含めたADSLの料金は月額3,000円を超えるくらいです。
固定電話がない状況ではそれほど安くならないというのが正直な感想です。

ではこのADSLよりもお得に使えるインターネット回線はどんなものがあるのでしょうか。

固定回線なら光回線かケーブルテレビ回線

固定回線で考えるなら選べるのは光回線かケーブルテレビ回線ですが、どちらも
ADSLよりも安いというプランはほとんどありません。

最近始まった新しいサービスの光コラボモデルを使えばプロバイダと回線利用料が
セットになってお得です。

でも単純にインターネット回線利用料金としては月額4,800円程度、マンションタイプは
3,500円くらいになるだけです。

光コラボモデルの場合は契約するプロバイダによって色々な特典が利用できます。
大手キャリアの光コラボモデルならスマホの月額料金割引があります。

それを考えるとちょっとは安くなる、という程度ではっきりとお得になるとは
言えないのが現状です。

ケーブルテレビ回線の場合はまず通信速度が光回線よりも遅くなります。
最高速度は光回線よりも遅いのが一般的です。

月額料金に関しては契約する回線の種類で決まります。
例えば最高速度が1Mbpsの低速なら3,000円を切る金額で利用することが出来ます。

30Mbps以上の高速通信の場合は5,000円近くの月額料金が必要になる場合も。
料金とプランに関してはそのケーブルテレビ会社によって大きく変わります。

モバイル通信なら安くなる可能性も

もう1つ、スマホのように固定回線ではないインターネット回線を使うという
方法も考えられます。

例えばスマホで全てのネット接続をするなら大容量データ定額パックを使います。
この場合月額料金は8,000円位になりますが・・・

ただ元々スマホの月額料金が5,000円くらいと考えればネットの利用料金は
実質3,000円位で収まっているといえるのでは?

まあそれでもスマホに8,000円を支払うのはちょっと高い気がしますが^^;
それならばモバイルルーターを新しく契約するという方法もあります。

モバイルルーターはスマホと同じモバイル通信でネット接続が出来る
Wi-Fiルーターで、室内はもちろん持ち運んでも使うことが出来ます。

対応地域内ならどこでもネットが出来るというメリットもあります。
ただし光回線に比べると安定性が悪いので通信速度は遅くなります。

ただし月額料金は4,000円以下、安いものなら3,000円以下で使えるものも。
契約プロバイダを選べばかなり安くネットが出来る環境を作れます。

この様に電話利用料付きのADSLと同じくらいの料金でネットができる環境は
色々と整っているのが現在のインターネットサービスです。

固定電話なしでも安く使えるサービスはあるので、自分が利用できる状況を
よく調べてから契約しましょう。

一年契約が出来るモバイルWiFiルーターってお得に使うことが出来る?

モバイルWiFiルーターって1年契約できるところはない?
2年縛りの契約って結構面倒くさいですよね・・・

色々な事情で複数年契約をしたくない、1年毎に契約の見直しをしたいという場合
2年縛りの契約ではちょっと不満が出ます。

でもインターネット回線契約のモバイルWiFiルーターで1年契約が出来るという
プロバイダはあるのでしょうか?

大手キャリアのモバイルWiFiルーターを確認してみる

まずは普通にインターネット契約を多く行っている大手プロバイダで
モバイルWiFiルーターの契約を確認してみます。

モバイルWiFiルーターではスマホと同じ電波回線を使ってインターネットに
接続をしているので、その回線を持っている大手キャリアなら・・・

キャリア最大手のドコモで確認してみると、こちらではスマホの契約と同じように
モバイルWiFiルーターも契約することが出来ました。

基本料金+プロバイダ料金+データ定額パックという契約をすることで
モバイルWiFiルーターも使うことが出来るようです。

詳しい月額料金は1,200円+200円+3,500円。
データ定額パックは一番小さいデータSパックの2GBを契約した場合です。

そして基本料金1,200円は2年契約をして割引された場合の金額です。
2年契約しない場合は2,700円になります。

つまりドコモで1年契約のモバイルWiFiルーターを使うとなると月額料金は
2,700円+200円+3,500円の7,400円です。

これで月間データ容量が2GBという事になります。
かなり高いという結果になりました・・・

UQ WiMAXで1年契約をした場合の月額料金

他にも1年契約が出来るプロバイダがないか探してみたところ、WiMAXの
モバイルWiFiルーターを提供しているUQ WiMAXでも1年契約ができました。

こちらの月額料金やサービスを詳しく確認してみます。
まずWiMAXは独自の回線を使ったモバイルWiFiルーターサービスです。

大手キャリアの4G/LTEではない独自の電波を使っているサービスです。
その電波提供をしているUQコミュニケーションズのプロバイダがUQ WiMAXです。

UQ WiMAXでは1DAYや2段階定額など色々なサービスの提供がありますが
継続契約が基本的に1年毎という変わったサービスを提供しています。

ただし1年契約が出来るのはWiMAXのサービスで、現在の主流になっている
WiMAX2+では2年か3年の契約しか出来ない状態です。

現在はWiMAX回線はほとんどがWiMAX2+回線に使われている状況です。
つまりWiMAXとして使える地域はとても少なくなってしまっています。

一応1年契約で月額料金が3,696円、月間データ容量上限なしというサービスですが
利用できる地域はとても限られてしまいます。

かなり厳しいという状況で、サービス自体も今後縮小されることがわかっているので
あまりオススメできるサービスではありません。

3年契約も増えてきたので注意が必要

UQ WiMAXを調べてわかったのですが、最近では2年契約ではなく3年契約をする
プロバイダも多くなっているので注意が必要です。

例えばWiMAXの場合、親会社が同じauの4G/LTE回線も使うことが出来るのですが
こちらの回線を使う場合オプション料金が必要になります。

ただ一般的な有料オプションと違い、au回線利用は使わなければ料金請求がされません。
一度でもau回線を使うとその月に1,005円のオプション料金が自動的に請求されます。

このオプション料金を0円にするためにUQ WiMAXでは3年契約をする、という方法が
利用できるのです。

3年契約をすればこのau回線の利用オプション料金が0円になる、というプランが
提供されていました。

他のプロバイダでも同じようにauオプション料金が無くなる代わりに3年契約が
必要というプラン提供はされています。

ただし3年契約の場合には通常の割引がほとんどなくなり、月額料金が1年目の
1.5倍にもなるというプロバイダも多くあります。

2年契約をすると多くのプロバイダでは月額料金の割引をするのですが、その割引は
1年毎に少なくなり3年目にはなくなっているというプロバイダもあります。

長期間契約の場合には月額料金の変更にも十分に注意して契約しましょう。

継続契約なしでモバイルWiFiルーターを利用する方法はある?

複数年契約をする場合、やはりかなり注意が必要というのはよくわかりました。
では継続契約をせずにモバイルWiFiルーターを使う方法はないのでしょうか?

一応大手キャリアで契約する場合、割引を使わなければいつ辞めても違約金が
かからない契約はできるのですが・・・

元々キャリアではモバイルWiFiルーターの月額料金が高く、割引がなくなれば
更に高くなってしまうのでとても使いにくくなります。

そこで全く別の方法でモバイルWiFiルーターを使うことは出来ないか
調べてみることにしました。

色々と探してみると、大手キャリアの回線をレンタルしてサービス提供する
MVNO、いわゆる格安SIMを使う方法があります。

それにモバイルWiFiルーターは現在レンタルで借りることも出来ます。
つまり長期間レンタルが出来るところで借りてしまうという方法もありました。

どちらの方法も基本的には契約期間を選ぶことが出来るのですが、その期間は
通常のモバイルWiFiルーターの2年縛りのような長さではありません。

これなら安く、契約期間に縛られずにモバイルWiFiルーターが使えないでしょうか。
それぞれ詳しく調べてみることにしましょう。

レンタルモバイルWiFiルーターを使う場合

レンタルでモバイルWiFiルーターを使う場合を考えてみます。
レンタルなので基本的には契約期間を最初に選ぶことになります。

短期間の場合は1日毎に選ぶことが出来ますがこれだと結局高くなる可能性が。
例えば1日400円程度で借りることが出来るルーターをレンタルすると・・・

30日借りていれば12,000円というかなりの金額になってしまいます。
旅行などで数日借りるときとは状況が違うので、出来れば30日レンタルをおすすめします。

安いところなら30日レンタルが3,000円くらいで利用できるところもあります。
最近では民泊WiFiも国内向けにサービスを開始しています。

レンタルの場合、料金だけを考えるとそれなりの金額なのですが基本的に端末本体も
レンタルされている端末です。

つまり新品ではなく、故障する可能性も低くはないのです。
そして故障した時の賠償金がそれなりに高いのも注意するところです。

一応本体破損のときのために保険に加入することが出来ますが、それが月額600円程度と
月額料金の負担になります。

場合によっては月額料金が4,000円程度になり、レンタルで利用するメリットが
あまり感じられなくなるという状況も・・・

自分の好きな期間だけ利用できる、というのはかなり大きなメリットですが
長期間使い続ける場合はちょっと微妙な感じです。

格安SIMを使ってモバイルWiFiルーターを利用する場合

格安SIMは基本的にSIMカードのみの契約をしています。
他に余分なサービスがないので月額料金が安く、継続契約の割引もありません。

つまり複数年契約をせずに月額料金を安くしているので、更に割引をするための
継続契約のサービスを行っていないところが多いのです。

そして通話がない、データ通信専用というSIMカードの提供も多いので
データ通信しかしないモバイルWiFiルーターにも使いやすいというメリットが。

例えば月1GB上限のSIMカードなら月額400円程度で利用できます。
さすがに1GBではモバイルWiFiルーターとして使いにくいと思いますが^^;

でもスマホのサブ回線として月3GB程度の容量でいいのならやすければ700円程度の
月額料金で利用することができるところもあります。

初期費用として3,000円程度、契約した月に解約すると解約手数料2,000円程度が
かかるというところが多いので解約の時期にはちょっと注意が必要です。

でもいつでも解約できる、月額料金が安いというメリットを考えると格安SIMで
モバイルWiFiルーターを使うのはかなりいい方法だと思えました。

格安SIMを使う場合の注意点とは?

かなりお得に感じる格安SIMですが、モバイルWiFiルーターで使う場合には
ちょっと注意が必要になります。

キャリアやプロバイダから契約するモバイルWiFiルーターは基本的に
端末本体の購入がセットになっています。

まあ本体価格0円というところも多く、その為に複数年契約をしているという
プロバイダもあるのですが。

つまりプロバイダなどで契約する場合は本体の心配をすることはないのですが
格安SIMでは基本的に本体は自分で用意する必要があります。

モバイルWiFiルーターの端末を同時購入できる格安SIMもあるのですが
購入金額は当然割引がなく、普通に購入する金額が必要になります。

SIMフリーのモバイルWiFiルーター端末本体の価格は安くても30,000円くらい。
つまり初期費用がとても高くなるというデメリットが有るのです。

以前キャリアで契約していたモバイルWiFiルーターの本体が手元にある、という方は
中々いないと思うので結局購入する必要があります。

中古本体などで安く購入できる可能性もありますが、それを探すための労力は必要で
自分の欲しい端末が中古に出回っている可能性はどれくらいなのか・・・

格安SIMを使うときには本体の用意が一番大きな問題になりそうです。

MVNOのモバイルWiFiルーターサービスを利用する

格安SIMならお得なのですが本体を用意することが必要。
それならばMVNOでモバイルWiFiルーターを提供しているところを探してみます。

ソフトバンク回線をレンタルしてモバイルWiFiルーターを提供しているところを
見つけることが出来ました!

それがネクストモバイルのサービスです。
こちらでは20GBと30GBが上限のモバイルWiFiルーターを提供しています。

使っているのはソフトバンク回線なので利用可能地域に関しては問題なし。
しかも大容量が使えるのでかなり使いやすい印象です。

月額料金もお得で、20GBが月額2,760円。
30GBでも3,490円とかなり安い金額で利用することが出来ます。

契約期間は2年間とやはり継続契約が必要になるのですが、それでもこの安さで
この大容量が使えるという魅力はとても高いです。

実際に私も契約して使ってみたのですが、回線の安定性は高くどこでもきちんと
ネット接続が出来ました。

そして20GBという大容量データパックは動画をよく見る私でも残り容量の
心配をそれほどする必要が無いほど使いやすかったです。

屋外は当然、室内でも安定してネット接続が出来るので固定回線をあまり使わない
という方なら固定回線の代わりにこちらを使うこともおすすめです。

安定した大容量を安く利用できるネクストモバイルならどんな方にもおすすめしやすい
モバイルWiFiルーターとなっています。

wifi

ADSLでインターネットを接続したいならやはり固定電話なしでは出来ない?

ADSLは固定電話無しで契約することが出来ない?

最近のインターネットは固定回線とモバイル通信が主流になっています。
光回線やスマホなどの携帯端末を使っている人は多いと思います。

安定した高速通信が出来る光回線とどこでもネットに接続ができるモバイル通信は
やはりとても使いやすいです。

そのためにこちらのサービスを選ぶ方も多くなっているのはよくわかります。
でも最近ちょっと見直されているのが電話回線を使ったADSLです。

インターネット回線はどの方法でも混雑する時間帯には通信速度が遅くなる
という傾向にあります。

特に一つの回線を多くの人数で分配する集合住宅の場合、光回線でも通信速度が
10Mbpsくらいになってしまうという状況もあります。

それなら最初から下り最速12Mbps程度ですが、ユーザー数の少ないADSLを使っても
通信速度はそれほど変わらないのでは?

しかも光回線は安くなったとはいえまだ月額料金は高めです。
月額料金だけを比べればADSLの方が使いやすくなるのでは?

ただ気になるのはADSLで使っているのが電話回線なので固定電話を持っていない場合
ADSLを使えるのか?という事です。

固定電話なしでもADSLを使うことは出来る

基本的にADSLは電話回線を使ったインターネット接続サービスなので昔は電話回線を
使っている家庭の未加入できる、ということでした。

でも最近では一人暮らしで固定電話を使っていないという方も増えているので
固定電話が必要ないプランの提供も開始されました。

つまり建物に電話回線があれば固定電話を持っていない、電話の契約をしていない
という場合でもADSLを契約することが出来るのです。

ただし電話回線自体が設置されていない場合は設置工事が出来るのかを確認して
直接電話回線を部屋に引き込むための工事も必要になります。

賃貸住宅の場合は大家か管理会社に確認をして工事の許可をもらうことが必要
という場合もあります。

この設置工事ができない状況の時には固定電話なしのADSL申し込みを断られる
ということも実際にあります。

現状ではADSLを使うことが出来る環境が整っているという地域や住宅自体が
かなり少なくなっています。

その為にいろいろな条件をクリアしなければADSLは使えないということに・・・
現在のADSLが利用できる状況を確認してみましょう。

現在メタル回線を使っている地域か?

ADSLは以前の電話回線、正確にはメタル回線という電話線を使ったサービスです。
つまり現在でもこのメタル回線を使った地域で利用できるのです。

今では電話回線にも光ファイバーケーブルを使っている地域が多くなり、NTTでも
順次光ファイバーケーブルへの交換工事を行っています。

現状ではADSLが利用できる地域というのはとても少なくなっていて、今後は更に
少なくなることが予想されます。

ただし現在光ファイバーケーブルを使っている地域でも地下の回線設置のための施設に
空きがある状態ならメタル回線を設置してもらえる可能性はあります。

当然その設置のための工事期間がかかるので、実際にネットが出来るようになるには
とても時間がかかってしまうのですが^^;

この様にADSLが利用できる状況でも時間が掛かるなど利用状態にも問題が出来る
という可能性は高いです。

では実際に固定電話がない状態でのADSL利用にはどんなデメリットがあるのか。
そちらも確認してみることにしましょう。

固定電話がないADSLはそれほど安くない

現状ではADSLが使えるかは地域によって変わります。
そのためにまずは対応地域なのかを確認することが必要です。

まだADSLのサービス提供をしているプロバイダは多いのでそちらで確認するか
直接NTTに連絡を取ってみましょう。

それと現在固定電話がない状態でADSLを使うと、実は電話下院選利用料を
同時に支払う必要があります。

ADSLは光回線よりも月額料金が安い、という印象があると思うのですが
それは固定電話を使っている人が低速の契約をした場合のみです。

現在ADSLでも50Mbps程度の高速通信が出来るプランの提供を行っています。
以前の8Mbpsや12Mbpsが最高速度ではありません。

ただ高速通信が出来るプランになれば月額料金が高くなります。
1,500円以下で使えるのは基本的に12Mbps程度のプランだけです。

しかも固定電話なしのプランでも実際に電話回線を使うことになるので
電話回線の利用料金が必要です。

これがADSLの月額料金に上乗せされるので12Mbpsプランでも月額3,000円以上が
必要になるプロバイダが多いです。

確かに固定電話なしでもADSLを使うことは出来るのですが、準備に時間がかかり
月額料金もそれほど安くなる事はありません。

どうしてもADSLが使いたい、というならまずはNTTに連絡をして対応地域か調べて
お得に使えるプロバイダを探せば固定電話なしでも契約することは可能です。

アパートなどで契約するならモバイルWiFiルーターのほうが使いやすい?

アパートで契約するなら固定回線よりもモバイルWiFiルーターの方がいい?
そんなことを聞いたことはありませんか。

最近では自宅でインターネット回線を使っていないという世代も増えてきています。
その為にモバイルWiFiルーターがとても注目されています。

特にアパートで一人暮らしをしているならモバイルWiFiルーターのほうが便利
という意見を聞くことも多いのですが、それは本当なのでしょうか。

モバイルWiFiルーターのメリット

固定回線とモバイルWiFiルーターを比べた時にモバイルWiFiルーターが
優れていると言える、メリットはどこにあるのでしょうか?

回線速度を比べてみると光回線では最速1Gbpsという通信速度が出せる回線が
サービス開始しています。

これに比べるとモバイルWiFiルーターでは下り最速708Mbpsというのが最速です。
確かにかなり近づいていますがまだ光回線のほうが速いです。

それに光回線は専用回線を使うことで通信ノイズをかなりカットできます。
ノイズが入らなければそれだけ通信が安定して速度もきちんと出せるようになります。

速度と安定性ではかないませんが、手軽さということではモバイルWiFiルーターは
とても簡単でどこでも使えるというメリットがあります。

電波回線なので回線設置工事が必要なく、引っ越しをしても回線がそのまま使える。
契約変更などをする必要が無いというのも大きな魅力です。

ではこの魅力、アパートなどでどの様に効果的なのでしょうか?

賃貸住宅で壁を傷つけずにインターネットが出来る

最近では一人暮らし用のアパートやマンションを購入する人も増えているようですが
まだまだ主流は賃貸住宅での一人暮らしです。

つまりアパートを利用している方の多くは賃貸住宅を使っています。
賃貸住宅の場合、壁に穴を開けるなど傷つけることがあまり好まれません。

と言うか壁に傷をつける、釘などを使うだけでもその修繕費用として敷金から
使われてしまうということにも。

壁紙の修繕費なども請求されるので室内で工事を行うのは賃貸住宅の場合
とても大きなリスクを伴うということになります。

そこで注目されたのがモバイルWiFiルーター、こちらは電波を使うので
室内工事を全く行う事無くインターネット回線を使えるようになるのです。

まあ最近では最初からインターネット設備が設置されているアパートも多くなり
その分家賃が高いというアパートも増えているようです。

ただその場合も集合住宅で一つの回線を分配するので時間帯によっては光回線でも
通信速度がとても遅くなる可能性があるのがアパートのネット回線です。

つまりアパートの回線が遅いときのためにモバイルWiFiルーターは予備回線として
利用するということも出来ると思います。

モバイルWiFiルーターを室内で使う時の注意

アパートでモバイルWiFiルーターを使うことのメリットはわかってきました。
でもどんなモバイルWiFiルーターでも変わりなく室内で使えるのでしょうか?

実はモバイルWiFiルーターには利用されている回線の種類があり、その特徴には
室内での利用が難しくなる場合もあるのです。

例えば普段使っているスマホは自宅で使っていてもそれほど問題なく、外出先で
使っているのと同じ感覚で使えると思います。

これはスマホで使っている4G/LTE回線が障害物に強いという特徴があり
室内でも比較的安定した通信が出来るためです。

このLTEを使ったモバイルWiFiルーターなら室内でもそれほど気にすること無く
ネットをする事が出来るはずです。

でも障害物に弱い回線を使っているモバイルWiFiルーターなら、室内で使うには
注意をする事が必要になります。

例えば室内で電波の受信状況が良くなるような工夫をする。
パラボラアンテナなどアイテムを利用するなどの方法が必要です。

室内では届きにくいモバイルWiFiルーターは他にどんな特徴があるのでしょうか。
もう少し詳しく調べてみることにします。

WiMAXを使ったモバイルWiFiルーターのメリットとデメリット

室内で安定しないと言われているのはWiMAXという回線を使ったサービスで
現在ではかなり多くのプロバイダからサービス提供されています。

WiMAXは独自の高周波数帯電波を使ったモバイルWiFiルーターサービスで
高速通信が出来るというメリットがあります。

先程の光回線と同じくらいの通信速度が出せるモバイルWiFiルーターとは
このWiMAXを使ったサービスのことです。

まあ最新端末を使った場合、という注釈が付くことになるのですが^^;
最新以外でも下り最速440Mbpsという高速通信が出来るのは大きな魅力です。

ただし高周波数帯電波の特徴として障害物に当たると跳ね返ってしまう
という特徴があります。

つまり壁で反射して、狭い室内では電波が乱反射するのでやはり届きにくい
という状況になります。

まあ端末に電波が届けばネット接続が出来るので、端末を窓際に置くというのも
かなり有効的な手段なんですが・・・

それともう1つ、WiMAXはスマホの大手キャリアに比べると利用できる地域が
ちょっと狭いというのもデメリットに感じます。

どれくらいの地域で使えるのか、その目安になる人口カバー率を比べてみると
大手キャリアのdocomoが100%なのに対してWiMAXは94%です。

ソフトバンクも99%とかなり広い対応地域があるので、これらと比べた場合に
WiMAXの利用可能地域の狭さがちょっと気になるところです。

LTEを使ったモバイルWiFiルーターの特徴

では大手スマホキャリアと同じ、LTEを使ったモバイルWiFiルーターは
あるのでしょうか?

というかそのままキャリアを確認してみるとモバイルルーター、Wi-Fiルーターという
サービス提供がされています。

これはそのまま、キャリアの回線を使ったモバイルWiFiルーターサービスのことです。
つまり大手キャリアの回線を使ったモバイルWiFiルーターを使うことが出来ます。

ただしauでは親会社が一緒のWiMAXを提供しています。
WiMAXのオプションとしてau回線を使うことが出来るというサービスです。

でもdocomoとソフトバンクではそれぞれの回線を使ったモバイルWiFiルーターを
提供していました。

利用できる地域の広さを考えるとかなり便利なサービスのように思えるのですが
何か注意することはあるのでしょうか。

大手キャリアのモバイルWiFiルーターサービスを確認してみましょう。

大手キャリアのモバイルWiFiルーターの月額料金に注意

スマホと同じ電波なので室内での安定性は確認済み。
利用できる地域は人口カバー率を見るとかなり広い地域に対応しています。

これを見るととても使いやすいモバイルWiFiルーターという印象ですが、実は
大手キャリアのサービスは月額料金に注意が必要です。

例えばソフトバンクの場合、系列会社のY! mobileが提供するポケットWiFiという
モバイルWiFiルーターが提供されています。

こちらはソフトバンク回線とイーモバイル回線の療法が使えるサービスなのですが
月額料金が2年契約で4,196円、これにプロバイダ料金500円がかかります。

現在はキャンペーン期間中なので1,000円割引されて月額3,696円で利用できます。
このプランの場合は月間データ容量上限が7GBです。

スマホの月額料金を考えると7GB上限でこの金額なら安く感じると思いますが
実際に固定回線としてスマホと併用する場合、上限7GBでこの料金はちょっと・・・

それにモバイルWiFiルーターの利用可能上限が7GBというのはかなり厳しいです。
アパートの光回線ならほとんど変わらない金額で無制限という場合もあります。

購入した端末によってプランが違うのですがサービスの内容はほとんど変わりません。
それにスマホと併用することで割引できるのですが、それもスマホ料金の割引です。

あまりソフトバンクではモバイルWiFiルーターのサービスに力を入れていない
という印象でした。

他のプロバイダから提供されているポケットWiFiのサービス

大手キャリアではなく他のプロバイダから提供されているポケットWiFiの
サービス内容を確認してみましょう。

Yahoo! WiFiでは月間データ通信容量無制限というプランが提供されていました。
こちらを使えばアパートで固定回線の代わりに使いやすいのでしょうか?

サービス内容を調べてみると、月間データ通信容量の上限なしで使えるのは
AXGPエリア内でアドバンスモードに対応した端末を使った場合のみです。

AXGPエリアは現在主要都市にのみ設置されている高速通信可能地域のことで
地方都市ではほとんどありません。

しかも上限無しで使うためには端末をアドバンスモードにして使うことが必要です。
この切り替えができる端末を使っていることも条件になります。

当然アドバンスモードにして使わないと上限なしになりません。
速度制限されている状況でアドバンスモードにしても速度制限解除はされません。

そして完全無制限ではなく3日間に10GB以上の通信をすると速度制限されます。
こんな制限の多いプランが月額3,696円です。

自分の行動範囲、アパートがAXGPエリアにあるなら使いやすいと思うのですが
その可能性はかなり低いと思います。

月間データ通信容量上限無しで使うにはかなり厳しい条件がある、というのが
正直な感想でした。

大容量で使いやすいモバイルWiFiルーターはネクストモバイル

もう1つ気になるモバイルWiFiルーターのサービスがあります。
それがMVNOのネクストモバイルのサービスです。

格安SIMと同じ、大手キャリアの回線をレンタルしてサービス提供をする
MVNOでのモバイルWiFiルーターサービスを提供しているネクストモバイルです。

こちらはソフトバンク回線を使ったモバイルWiFiルーターを提供しています。
利用可能地域には問題なさそうです。

そして提供しているプランは大容量20GBと30GBを上限にしたプランです。
月間データ通信容量がかなり大きいという特徴があります。

しかもこのプラン、月額料金が20GBで2,760円です。
30GBでも3,490円というかなり安い金額で利用することが出来るのです。

さすがにデータ通信容量上限なし、と比べると20GBという制限はあります。
でも月間20GB使えればかなり充実したコンテンツを楽しむことができます。

これが大手キャリアのモバイルWiFiルーターと同じような金額で使えるのです。
コストパフォーマンスを考えるととても魅力を感じました。

実際に私も契約して使ってみたのですが、確かに室内でも安定していてつながりやすく
20GBあるので十分に動画を楽しむことが出来ました。

ネクストモバイルのモバイルWiFiルーターなら固定回線の代わりにアパートで使っても
問題なくオススメできるサービスだと思います。

wifi

固定電話無しでインターネットをWi-Fi接続で使うことはできる?

インターネットのWi-Fi接続は固定電話なしでもできる?

インターネット回線は今では生活に欠かすことが出来ないものと言われています。
実際に若い世代ではライフラインの一つと言われることも。

最近の一人暮らしにほしい設備の中にはインターネット無料がアンケートにはあり
その順位も上位になるほどです。

ただ一人暮らしをする場合、スマホの普及もあって最近では固定電話を使わない
という方も増えています。

建物には電話回線が設置されているけれど、契約をしないという方も多くなっています。
ではこの状態の時にインターネットはどうなるのでしょうか?

基本的にインターネットは全てスマホで行っているというなら問題はありません。
でもスマホの負担を減らすためにはWi-Fiを使ってのネット接続もしたいところです。

スマホのデータ定額パックは自分の契約した容量以上の通信をすると速度制限がかかり
ネットをまともに使うことが出来なくなってしまいます。

この速度制限を防ぐためにデータ通信ではなくWi-Fiを使ったネット接続をすれば
データパックを使わずにネットが出来るので便利です。

でも電話回線を使わずに固定電話がない状態でWi-Fiを使うことが出来るのでしょうか?

Wi-Fiは光回線などでも使うことが出来る

まず結論から言うと固定電話がない状態でも問題なくWi-Fiを使うことは出来ます。
基本的にインターネット回線があればWi-Fiでのネット接続は出来るのです。

以前はインターネット回線といえば固定電話回線を使ったものでしたが、最近では
光回線やケーブルテレビ回線を使ったインターネットも盛んです。

これらのインターネット回線は直接パソコンなどの端末に接続できないので終端装置
いわゆるインターネットモデムにつなげてから端末にLANを使って接続します。

このインターネットモデムと端末の間にWi-Fiルーターを接続すると無線LANで
回線を分配してネット接続させることができるようになります。

つまりどんな回線でもWi-Fiルーターを接続できれは問題なくWi-Fiでのネット接続は
出来るのです。

固定電話にこだわる必要はなく、固定電話がなくても問題なくWi-Fiでの接続は
できるようになります。

固定回線を使わずにWi-Fiを使えるモバイルルーター

もっと言えば固定回線にもこだわる必要はなく、モバイル通信でもWi-Fiを
使ったネット接続は出来るのです。

スマホ等と同じ電波の回線を使ってどこでもネット接続が出来るようになっている
持ち運びが出来るWi-Fiルーターをモバイルルーターと言います。

こちらは端末自体がモバイル通信を使ってネット接続し、Wi-Fiでの回線分配を
出来るようにしているWi-Fiルーターです。

つまり屋外に持ち運びながらでもWi-Fiを使ってスマホのデータパックの節約が
出来る様になるWi-Fiルーターです。

現在はスマホと同じLTEを使ったモバイルルーターと独自回線を使った端末の
2種類がサービス提供されています。

それぞれに通信速度や利用可能地域、月額料金などのサービス内容が違うので
自分で選んで契約することができます。

モバイルルーターなら室内でも屋外でも、場所をあまり気にせずにネットが出来るので
かなり手軽にWi-Fiを使えるようになります。

電話回線や固定電話どころか固定回線も気にすること無くWi-Fiが使えるので
賃貸住宅での利用には使いやすくオススメできるインターネット契約の1つです。

Wi-Fiスポットも利用できればどこでもWi-Fiが使える

モバイルルーターほどではないのですが、屋外でもかなり手軽にWi-Fiを使える場所が
Wi-Fiスポットです。

公衆無線LANスポットと言われることもありますが、屋外で不空の人数向けに
提供しているWi-Fiサービスです。

公共施設に設置されているものならほとんどは無料でWi-Fiを使ったネット接続が
出来るようになっています。

それに月額500円程度の料金で提携している店舗などあるアンテナを使って
Wi-Fiでのネット接続をさせるサービスも展開されています。

大手キャリアのドコモ、ソフトバンク、auではそれぞれ300円程度の月額料金で
ファミレスやカフェ、ファーストフード店などのWi-Fiスポットが使えます。

こちらの場合は固定電話ではなくスマホを契約していることが条件になりますが
公共無線LANスポットなら何も条件がなくネット接続できるのです。

今では電話回線以外の専用回線などを使ったインターネット接続が主流になっていて
固定電話は基本的にネット接続に関係しなくなっています。

そのインターネット回線を無線LANで分配するWi-Fiを使う場合にもあまり固定電話は
気にせずに使えることが多くなっています。

ただしWi-Fiでのネット接続は固定回線に比べると安定しませんので、ネットを使う
場所には十分気をつけて使うようにしましょう。

モバイルWi-Fiルーターのプロバイダには契約期間なしのものはある?

モバイルWi-Fiルーターって必ず2年縛りがあるの?
そんな事を疑問に思ったことはありませんか。

今ではスマホの2年縛りはかなり一般的です。
その為にインターネット接続のためには複数年契約が普通、と思ってしまいます。

でも解約違約金のある複数年契約をしたくない、という場合はどうすればいい?
そんな疑問の解消をしてみましょう。

モバイルWi-Fiルーターの契約の種類

モバイルWi-Fiルーターは持ち運びが出来るWi-Fiルーターです。
固定回線を使わずにネット接続させるためにルーターに回線接続機能があります。

屋外でも使われる端末なので使っている回線はスマホと同じようなモバイル通信です。
契約でもスマホと同じように複数年契約の割引があります。

2年契約をすれば月額料金が安くなる代わりに2年間の連続契約が必要で
途中解約をすれば解約違約金がかかります。

この契約期間がない、普通の契約というのは出来るのでしょうか?
出来るならばいくら位になるのでしょうか?

月額料金がそれほど変わらなければ違約金がなくいつでも解約できる方が
便利に使えるという可能性も・・・

モバイルWi-Fiルーターの契約についてちょっと調べてみましょう。

ドコモで割引なしのモバイルWi-Fiルーター契約をする場合

まずは大手携帯キャリアのドコモで行っているサービスを確認します。
ドコモのXi回線を使ったモバイルWi-Fiルーターを提供していました。

基本料金がルーター専用プラン、これにプロバイダ料金とデータ定額パックを
組み合わせた物が月額料金になります。

普通は基本料金プランが2年契約の場合割引になります。
ドコモはルータープランは期限なしの場合月額2,700円です。

これが2年契約の割引を使うと月額1,200円になります。
プロバイダ料金はルーター契約だと200円です。

データ定額パックはスマホで使われているものと同じなので2GBのデータSパックが
月額3,500円です。

期間制限なしの契約をする場合、2,700円+200円+3,500円で7,400円です。
これで月間5GBのモバイルWi-Fiルーターを契約することができます。

単純に月額料金だけを考えるとかなり高いという印象です。
月に使えるデータ通信容量を大きくすればもっと金額は高くなります。

もしスマホと併用することになれば、これにスマホ代金がかかるということに。
毎月の通信料金はかなりの高額になってしまうということに・・・

キャリアのモバイルWi-Fiルーターはとても高いということがわかりました。
では他のモバイルWi-Fiルーターサービスはどうなのでしょうか?

UQ WiMAXのモバイルWi-Fiルーターの定額プラン

独自回線を使ったモバイルWi-Fiルーターサービスを提供しているのが
UQコミュニケーションズで、そのプロバイダサービスがUQ WiMAXです。

こちらではWiMAXという独自回線を使ったルーターを提供しています。
回線提供会社のプロバイダなので色々なサービスを選ぶことが出来ます。

UQ WiMAXではUQフラットという定額プランが提供されています。
こちらのプランは月間データ通信容量の上限なしで契約期間も制限されません。

このUQフラットは月額4,267円です。
ただし初期費用として事務手数料3,000円が最初の月にかかります。

それと契約期間に制限はないのですが、課金開始の日にちから30日以内に
解約する場合は契約解除手数料として2,000円が必要になります。

ちなみにUQ WiMAXで1年間の継続契約をする場合、年間パスポートという
契約になります。

こちらも月間データ通信容量の上限なしで月額3,696円です。
1年後に解約手続きをしなければ自動契約更新になるのはスマホと同じです。

UQ WiMAXの場合は1年毎の契約で、と注意解約の違約金も5,000円と
それほど高い印象ではありません。

スマホの2年契約に比べるとかなり使いやすいという感じですが・・・
他のモバイルWi-Fiルーターの提供プロバイダも確認してみることにしましょう。

GMOとくとくBBのWiMAX2年契約の違約金

WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは多くのプロバイダからサービス提供されています。
その中にはかなり特徴的なサービスを行っているプロバイダもあります。

多くのユーザーが注目するのは月額料金で、WiMAXはプロバイダごとに月額料金が
大きく変わるのが特徴です。

中でもかなり安い月額料金で利用できるのがGMOとくとくBBというプロバイダです。
こちらは色々なプラン提供がありますが最も安いのはLTE無料プランの2,170円です。

月間データ容量上限なしを選んでも月額料金が変わらず、LTE回線を使った場合の
オプション料金も発生しません。

ただし月額2,170円で使えるのは最初の2ヶ月間のみで、その後24ヶ月目までは
3,344円になります。

更にこちらのプランは3年契約で25ヶ月目からは月額4,263円になり、途中解約の
違約金は1年目で解約すると19,000円も必要です。

2年目終了までに解約した場合も14,000円と他のプロバイダに比べてかなり高く
月額料金が高くなる3年目まで使い続けないといけないという厳しい条件です。

ちなみにGMOとくとくBBでは複数年契約のないプランはありませんでした。
選べるのは2年契約が基本のプランだけでした。

契約期間なしのモバイルWi-Fiルーターは他にある?

モバイルWi-Fiルーターの場合は引っ越しが決まっている時に契約しにくい
固定回線とは違って、どこでも使えるというメリットがあります。

それでも海外に行くなどの理由があればやはり複数年契約がしにくくなります。
そこで継続契約をしなくても使えるモバイルWi-Fiルーターを他に探してみました。

普通のプロバイダでは2年縛りが普通で、継続しない場合は月額料金が高くなります。
そうならないモバイルWi-Fiルーター、となると考えられるのは格安SIMを使うこと。

例えばSIMフリーのモバイルWi-Fiルーター本体と格安SIMを組み合わせれば
契約金額も安く期間を決めずに使うことが出来ます。

まあ初期費用として端末購入代金が必要になるので、月額料金が安くても最初に
結構資金がかかるのですが^^;

後はモバイルWi-Fiルーターの契約をせずにレンタルするという方法も。
最近では国内向けにモバイルWi-Fiルーターのレンタルも多くなっています。

レンタルなら回線契約自体をしないので、途中解約の違約金も発生しません。
レンタル期間中に返却しても違約金はかからないのですから。

ただこれらの方法の場合、月額料金や初期費用などはどうなるのでしょうか?
それぞれの契約についてもちょっと調べてみました。

格安SIMでモバイルWi-Fiルーターを利用する場合

格安SIMは大手キャリアの回線をレンタルしてサービス提供をしています。
あまり余計なサービスを付けないので月額料金はとても安くなります。

ただし契約がSIMカードのみなので基本的に端末本体を自分で用意する事が必要です。
でも最近ではSIMフリーの端末を同時購入することも出来るのですが。

この格安SIMをモバイルWi-Fiルーターで使うことが出来れば安く、契約期間も
決めずに使うことが出来るはずです。

探してみると格安SIMのイオンモバイルはSIMフリーの端末購入も出来るので
モバイルWi-Fiルーターの運用にはかなり便利なサービスに思えます。

実際にイオンモバイルで提供しているプランにはかなりの幅があり、最小は1GBの
月額480円から最大50GBの月額13,800円までありました。

キャリアの大容量として提供されている20GBも月額4,980円とそれなりの金額です。
データ通信の月額料金としては安くなっていると思います。

でも端末を購入する必要があり、イオンモバイルではWEB限定で端末の同時購入が
出来るのですが・・・

端末代金は25,000円とかなり高額です。
これに事務手数料を合わせて28,000円が最初にかかる費用ということに。

中古端末などを用意できるならもっと初期費用は安くなりますが、それでもかなり高額な
初期費用が必要になると思います。

イオンモバイルではドコモ回線をレンタルしているのでつながりやすさなどは問題ない
と思いますが最初のハードルがとても高いという印象でした。

モバイルWi-Fiルーターをレンタルして利用する場合

次にモバイルWi-Fiルーターをレンタルして使う場合を調べてみましょう。
最近では民泊WiFiなど海外旅行者に向けて利用させるためのレンタルWiFiがあります。

当然国内で使えるモバイルWi-Fiルーターなので日本人が使っても問題ありません。
これを使う場合の月額料金を調べてみましょう。

日割り計算が出来るレンタルWiFiも多いのですが、こちらの場合30日使うとかなり
コスパが悪くなるので月間レンタルが出来るところを調べてみました。

UQ WiMAXと同じWiMAXのモバイルWi-Fiルーターをレンタルしているところでは
月額2,980円で利用できるFUJI Wifiというところがありました。

確かに月額料金は安いのですがレンタルなので本体が損傷したときには補償金が必要です。
保険に入る場合は月額300円か620円が必要です。

300円の保険では本体の破損などには対応できますが、SIMカードの破損には対応出来ず
この場合の補償金額が4,000円と高額なのがちょっと気になります。

それと充電器など周辺機器として必要なものもレンタルできずに最初に購入する
というのも初期費用が大きくなるので厳しいところです。

レンタルなので本体は必ず中古、場合によってはすぐにバッテリー切れを起こすような
端末という可能性もあるのがレンタルのデメリットです。

補償を考えると保険をかけることが必要で、その金額が加算されるならあまりレンタルは
安くならないという印象でした。

MVNOのモバイルWi-Fiルーターならお得に使える

もっと安く使えるモバイルWi-Fiルーターを探してみると格安SIMと同じように
MVNOでサービス提供しているところを見つけました!

ネクストモバイルではソフトバンク回線をレンタルしてモバイルWi-Fiルーターを
提供していました。

イオンモバイルとの違いは回線だけではなく、ネクストモバイルはSIMカードのみ
ではなくモバイルWi-Fiルーターを利用することが出来るのです。

つまり端末代金は契約金に含まれています。
初期費用は事務手数料のみで普通のスマホと同じように契約できるというメリットが。

レンタルしているのがソフトバンク回線なので利用可能地域に問題はありません。
そして月額料金は20GBで2,760円という料金です。

提供しているサービスは20GBと30GBの2種類ですが30GBでも3,490円と
かなり安い料金で利用することができます。

契約自体は2年縛りがあるので解約違約金が発生してしまうのですが、月額料金と
利用できるデータ通信容量にはとても大きな魅力がありました。

スマホのデータ定額パックの節約にも使えるので、スマホと2台持ちをしても
月額料金に大きな負担がかからないネクストモバイルはオススメです。

wifi

固定電話なしでFAXの送受信を自宅でする事はできる?

FAXを使うのに電話回線なしでも出来る様になる?

最近では自宅に固定電話を置いていないという家庭も増えているようです。
実際に一人暮らしの場合はスマホだけで固定電話を使わない人も多くなりました。

実際にスマホなど携帯端末があれば電話はそれほど困らないのですが、固定電話がない
という状況で困るのがFAXを使う場合です。

自営業やフリーランスでの仕事を自宅で行っている場合、仕事の状況によっては
FAXが今でも必要になるということがあります。

この時に固定電話を使っていない状態でFAXを利用することが出来るのでしょうか?
一応コンビニFAXなどがあるので自宅になくてもFAX自体は出来るのですが・・・

仕事の情報をやり取りするのにコンビニFAXや他人の家のFAXを借りるというのは
かなり抵抗があるという方も多いと思います。

そんな時に何とか自宅で固定電話無しでFAXを利用する方法がないのでしょうか?
やはり固定電話を引いてしまう方が楽なのでしょうか?

ちなみに調べてみるとNTTでFAX専用の電話回線を新しく設置する場合の費用は
工事費が36,000円とかなり高額です。

ただし設置工事が必要ないライトというプランもあり、こちらは基地局の工事だけなので
2,000円で使うことが出来ます。

月額料金は回線利用料が1,850円くらい、これよりもお得に使えるFAXはないか
色々な方法を確認してみることにします。

光回線を使っているならひかり電話を使う

現在光回線を使っているならオプションサービスのひかり電話を使ってFAX専用回線を
増やすという方法があります。

光回線の契約をしていると、この回線を使ったいわゆるIP電話も使えるようになります。
基本的には有料オプションで月額500円位です。

すでに光回線を設置しているので新しく電話回線を設置する必要がなく、その光回線で
FAXを送受信する事ができるようになります。

こちらの場合は現在IP電話を使っているならFAXの複合機と交換するかFAX専用に
新しく番号をもらうことが必要です。

IP電話の場合、新しく電話番号を追加しても工事費2,000円弱で月額料金100円がかかる
という程度なので大きな負担にはなりません。

IP電話のサービスによってはFAXの受信に通信料がかからない場合もあります。
ランニングコストが安くなるのですが当然FAX本体が必要です。

FAXを使う回数がそれほど多くないならわざわざFAX本体を購入する初期費用の高さが
ちょっと気になるところです。

インターネットFAXならパソコンなどで送受信可能

もう1つ最近とても注目されているのがインターネットFAXです。
インターネット回線を使ってのFAXはひかり電話と同じですがこちらは本体がいりません。

パソコンやスマホなどいつも使っている端末からFAXが出来るというメリットがあります。
エクセルなどのファイルもそのまま送信できるので使い勝手はかなり上がります。

例えば相手が普通の電話回線を使ったFAXだったとしてもテキストやエクセルのデータを
プリンターと同じように出力してくれます。

当然普通のFAXから送られたデータもパソコンやスマホの画面でデータとして確認が
出来るのでペーパーレスでのやり取りも出来ます。

ただしこちらの場合はプロバイダと同じでインターネットFAXを提供している業者との
契約が必要になります。

月額500円から1,500円程度で送受信にも電話と同じで料金がかかりますし
こちらのほうが単価は高いので割高になります。

後は電話番号が業者によって違い、市外局番が東京や大阪限定になってしまう
という場合もあります。

業者によっては市外局番を自分の住んでいる所と同じにすることが出来るのですが
市外局番を選べない業者も多いです。

相手がFAX番号だと思えない番号で送信されるということもあるので、利用には
事前に確認をすることも必要になりそうです。

何か通信手段があればFAXの利用は可能

現状電話回線の権利を持っていない状態でも何かの通信回線を持っていれば
それを使ってFAXをする事は出来るようになっています。

FAX本体が高いので購入は難しいという場合でも本体をレンタルすることが出来ます。
今なら色々な方法でFAXを使うことは出来ます。

ただしインターネットFAXは単価が高いので多くの遣り取りをする場合には
ランニングコストがかなりかかってしまいます。

ひかり電話でのFAXならランニングコストは良いのですが光回線がすでにある
という方以外には初期費用がかかるのでおすすめしにくいです。

それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、自分がどれくらいの
送受信を毎月行うのかよく考えて使うことが重要になります。

まあ何も通信回線を持っていない、スマホも持っていないという場合には
コンビニFAX以外の選択肢がなくなってしまうのですが^^;

ちなみにコンビニFAXの単価は50円程度です。
送信だけならこれが一番手軽で簡単かもしれません。