WiMAXのギガ放題は使い放題じゃない!?炎上の理由と通信制限時の速度

1-1 こんなにいいサービスなのになぜ…

非常に高速で通信が可能なことで人気のモバイル回線であるWiMAX。
2008年ごろのサービス開始からずっと使われてきたWiMAXは、近年WiMAX2+という上位互換
の規格に順次切り替えが進んでいます。

従来のWiMAXと比べると通信速度が大幅に向上しており、WiMAXの3~4倍という220Mbpsとい
う非常に速いスピードで通信ができるようになりました。

光回線の速度が最大1Gbps、つまり1000Mbpsなので、WiMAX2+ではその4分の1にまで達する
速度を出すことができます。
そのように従来の企画と比べて大幅な進化を果たしたWiMAX2+ですが、実は一度ユーザー
からの批判が殺到して「炎上」してしまうことになります。

一体WiMAX2+のどこが悪かったのでしょうか?

1-2 通信制限という足かせ

炎上の理由を説明する前に、近年おモバイル回線の動向について説明していきます。

2012年ごろから本格的に普及を見せたLTEという規格があるのは多くの人がご存知だと思
います。
LTEは従来使われてきた3G回線に比べ、高速通信が可能など基本的に進化した規格として
登場しました。

それと並行して2010~2012年にかけて急速にスマートフォンの普及が進み、モバイル回線
全体の通信量は右肩上がりでどんどん増え続けていきました。

モバイル回線というものは、固定回線と違って一度に通信できる量に限りがあり、一部の
人が大量のデータ通信をすると回線全体がパンクしてしまう恐れがありました。

スマートフォンというのは従来のいわゆる「ガラケー」と異なり、容量の大きい動画など
のデータに簡単にアクセスできるものだったため急速にデータ通信量が増加してしまいま
した。

スマートフォン時代の回線として生まれたLTEでは、初めからそのデータ通信量の急激な
増加を防ぐために「通信制限」という仕組みを導入しました。

これは指定した通信量以上の通信をした場合、当該月末までの通信速度を大幅に絞ること
で使いすぎを防止するというものです。
料金プランの違いは基本的にこの通信量の違いに基づいて決められており、高い料金プラ
ンを選べば1ヶ月により多くデータ通信ができると行った仕組みになっています。

1-3 最後の楽園もついに崩壊か!?

一方WiMAXでは基本的に「通信制限なし」を謳っており、基本的に通信制限が発生するLTE
が本格的に普及した後もその原則は変わりませんでした。

しかし、データ通信量の急激な増加はWiMAXにも無関係ではなく、WiMAXの回線もパンクの
危機にあることは明白でした。

その後もWiMAXでは通信制限が発生しないことを貫いていましたが、ついにWiMAX2+の登場
でその原則は崩れることになります。

WiMAX2+の登場とともに導入された新料金プラン「ギガ放題」では通信量制限なしを謳っ
ていましたが、3日間で3GB以上使ったユーザーに対して通信制限を行うことが
明記され、完全な通信し放題というわけではなくなってしまいました。

そこでついに「最後の楽園」であったWiMAX2+でも通信制限がかけられるようになったの
ですが、これが大きな騒動を読んでしまう結果になりました。

2-1 ついにWiMAXにも通信制限が始まった

前述の通り、WiMAXは光回線ほどとはいきませんがかなりの高速で通信が可能な回線で、
固定回線代わりとして使うユーザーも多いようなサービスです。

固定回線というのは通常、モバイル回線のような通信制限は一切ないのが当たり前となっ
ていたのでこのWiMAX2+の突然の通信制限の発動はかなりの反発を招いてしまいま
した。

当初の計画ではWiMAX2+の通信制限の内容は次のようになっていました。

・直近3日間で3GB以上の通信を行った場合、通信速度を700Kbpsまで制限する
この700Kbpsという速度は、例えばYoutubeの標準画質程度の動画コンテンツがギリギリ見
られるというほどの速度で、普段のWiMAXの出せる速度とはあまりに
もかけ離れたものでした。

当然ですがこの制限は非常に多くのユーザーから反発を受けました。
そこでWiMAXプロバイダでは猶予措置として通信制限の発動が開始される時期を先延ばし
する措置を取ったのですが、それがさらなる反発を呼んでしまう結果になりました。

2-2 煽りすぎた代償

当初ではこの通信制限は2015年4月から発動される予定でしたが、あまりにも多くの反発
を受けたため4月中は従来通り通信制限なしで据え置きのままとなっていました。

しかしこの措置はあくまで先延ばしであったため、いずれ通信制限がかかるようになるこ
とは明白でしたが、あろうことに一部のWiMAXプロバイダではその状況を逆手に取り
「今なら無制限で通信ができる」と謳ってユーザーを獲得していきました。

この宣伝で多くのユーザーを獲得できたのですが、実際に2015年4月に通信制限が全面的
に発動されるようになると一気に問題が噴出することになりました。

先ほどのような宣伝文句でWiMAXを新規契約したユーザーは当然、通信制限がかかるなど
ということは想定外でした。

彼らはあくまでも無制限のモバイル回線を望んで契約を結んだわけで、実際WiMAXプロバ
イダが勧誘するときも将来的に通信制限がかかるといった情報を積極的に発表してい
なかったのでユーザーは無制限で使える状態がこれからもずっと続いていくと期待してい
ました。

しかしこの思惑は2015年4月に通信制限が発動されることで崩壊していきます。
前述の通り3日間で合計3GB以上の通信を行ったユーザーに対し、通信速度を700Kbpsとい
う普段の通信速度とはあまりにもかけ離れた低速でしか通信できなくなる通信
制限を発動したことでユーザーからの非難が集まるようになってしまいました。

2-3 ついに業者も方針転換

この非難は非常に広く広がり、SNSではWiMAXプロバイダの「無制限」「使い放題」を過剰
に押し出した宣伝に対してかなりの批判的な意見が集まり、大きな抗議運動にま
で発展してしまう結果になりました。

この騒動はインターネット上のみでは収まらず、実際に消費者庁などの国の組織への抗議
文が出されるようになるなどかなり異例な規模の抗議運動になってしまいました。
このように非常に騒ぎが大きくなってしまい、テレビなどのマスメディアでも「紛らわし
い広告」として汚名が着せられてしまう結果になりました。

この抗議を受けWiMAXでは、通信制限後の速度を当初予定していた700Kbpsから5~6Mbpsま
で引き上げることを決定しています。

この速度は通常時のWiMAXの通信速度からは大きく落ちるものの、モバイル回線としては
十分な速度ですし、固定回線でも1GBを超えるような大きなデータをやり取りする
ような場面を除けば十分実用に値するほどの速度となっています。

このように騒動が広がってしまった原因として、「WiMAXを固定回線代わりにしている人
が多い」という事情が考えられます。

WiMAXよりもずっと前から通信制限が行われてきたLTEではこれほどの批判が起きなかった
理由として、LTEはスマートフォン用の回線と割り切って使っていた人が多
かったという理由が考えられますね。

しかしモバイル回線と違って固定回線というのは、動画やGB単位の大きなデータをやり取
りするのに使う方が非常に多いので、通信制限をかけられてしまうと非常に困る結果に
なってしまうのがお分かり頂けると思います。

このような理由でWiMAXの通信制限に対する批判が盛り上がってしまったと推測できます
が、そのおかげで通信制限がある程度緩和されたという功績もあると考えられます
ね。

3-1 使い放題と使い放題ではないWiMAX

そんなWiMAX2+ですが、実は大きく分けて2つの契約プランがあるのをご存知でしょうか?

一つは先ほどもご紹介した、1ヶ月毎の通信制限が原則存在しない「ギガ放題プラン」、
もう一つが1ヶ月7GBまでという通信制限付きのプラン(名称は各プロバイダによって
異なります)となっています。

この2つのプランの使い分けとしては、「家の中で固定回線代わりでも家の外でモバイル
回線としてもWiMAXを使いたい」という方はギガ放題プラン、「家の外でしか使わな
いので料金を抑えたい」という方は後者の通信制限付きプランを選ぶのがオススメです。

料金としては、各プロバイダによっても異なりますが代表的な会社であるUQではギガ放題
プランが月額4380円、通信制限付きプランは月額3696円となっています。

3-2 通信制限ありでも良心的なWiMAX

記事の上の方でも申し上げた通り、ギガ放題プランであっても通信制限が存在し、3日間
で3GB以上の通信をした場合に適用されるので、1ヶ月間では実質30GBまで使える
計算になります。

固定回線代わりに使用する方のうち、頻繁にGB単位の大きなファイルをやり取りしている
という方には少し厳しい条件に見えると思いますが、毎日動画を見たりする程度のデー
タ通信で済むという方には非常にオススメのプランとなっています。

冒頭でも申し上げたとおり、WiMAXの通信速度は光回線には及ばないもののADSLといった
高速ブロードバンド回線に匹敵するほどのパフォーマンスを出してくれますし、
また外に持ち出して使うことも簡単にできるという特徴から、自宅で使う回線と外出先で
使う回線を統一することができ、月々の通信料金を節約できるというメリットも存在しま
す。

また、仮に通信制限に引っかかってしまっても、通信制限後も引き続き5~6Mpbsというそ
こそこの速度で通信することができるので安心です。

このように、WiMAXのギガ放題には「固定回線と外出時に使うインターネット回線の2つを
兼ね備えることができる」、「通信制限がかかったとしても非常に良心的な条件で
通信ができる」という非常に大きなメリットが存在します。

3-3 通信制限付きプランがおすすめな人

一方、通信制限付きのプランの方にも契約するメリットはきちんと存在します。

ギガ放題プランは1ヶ月毎の通信制限がない代わりに、比較的割高の料金設定となってい
ます。

そのため料金を抑えたいという方や、あくまでWiMAXはサブとして利用し、メインの回線
は別に用意するという方にとってはギガ放題のサービスは少しもてあそび気味となっ
てしまう結果になります。

そこでこの通信制限プランの出番となるのですが、このプランは各プロバイダによって名
称が異なり、例えば最大手のUQではUQ flatツープラスという名前で提供されて
います。

このプランの月額はUQの場合月3696円となっており、ギガ放題プランと比べると月々1194
円お得になっています。

また、このプランを契約するメリットとして「使いすぎを防止できる」というところが考
えられます。

ギガ放題プランのように1ヶ月毎の通信制限がない場合、ついつい際限なくインターネッ
トを利用してしまいがちですが、このプランのように明確なリミットが立てられている場
合はそのような心配も余りありません。

特にゲームや動画などでついつい使いすぎになりがちなお子様にWiMAX端末を買い与える
際にはうってつけのプランと言えますね。

4-1 WiMAXはどうやって使えばいいの?

さて、ここからは具体的なWiMAXの活用方法についてお話ししていきたいと思います。

WiMAXが使える端末は様々な種類がありますが、もっともポピュラーな端末はポケットwif
iといった「スマホよりも一回り小さな手のひらサイズの端末」となっていま
す。

ポケットwifiに初めて触れる人は「これはどうやって使うんだ?」と疑問に思うかと思い
ます。

それもそのはずでポケットwifiには通常、液晶画面のようなわかりやすいものはついてお
らず、あるのは数個のボタンとランプだけという非常に不思議なデバイスに見えるか
らです。

このポケットwifiはどのような仕組みで動いているかと言いますと、本体がWiMAXの電波
を受信し、その受信した電波をwifiの電波に変換することでスマートフォン
やタブレットなどのwifi対応端末に通信をさせるといった仕組みとなっています。

みなさんが使っているiPhoneなどのスマートフォンやタブレット端末、ノートパソコンの
中でWiMAXに対応している機種はほとんどありませんが、ほぼ全ての機器がwifiに対応し
ています。

そのためポケットwifiを使って間接的にWiMAXで通信を可能にするということが主なWiMAX
活用法となります。

4-2 WiMAXで通信料金を節約しよう!

さて、スマートフォンとポケットwifiを組み合わせることで間接的にスマホをWiMAXで運
用することが可能になるのですが、実はこの方法で月々の通信量を大幅に節約す
ることすら可能になります。

みなさんが契約しているスマートフォンは、通常パケット定額がセットになっています。

スマートフォンは従来の携帯電話と比べて桁違いの通信量を使うので、巨額の請求を防ぐ
ためにほぼ強制的にパケット定額サービスを契約させられることになるのですが、実はこ
の定額サービスをつけずに通話だけでスマートフォンを契約することが可能になります。

実はそれこそが今回お教えすることの肝になるのです。

例えばドコモの場合、最低でも6000円ほどのパケット定額パックの契約をすることになり
ますが、これをカットしてWiMAXのみで通信すると考えると、ギガ放題にしても月々約200
円も浮かせられる計算になります。

また、WiMAXのポケットwifi経由で通信する限り、タブレットなどの端末をいくら追加し
ても料金が変わらないため、インターネットにつながる端末をたくさん所持して
いればしている人ほどお得に使えるという計算になるのがお分かり頂けると思います。

4-3 まとめ

いかがだったでしょうか?

このように一見わかりにくいWiMAXですが、使ってみると通信制限回避以外にも料金の節
約という効果も存在することがお分かりいただけたのではないでしょうか。

契約前に渡される文章をよく読み、納得してから契約して楽しいモバイルライフを送って
いただけることを願っています。

WIMAX

ポケットwifiの実行速度はドコモとWiMAXでどれくらい違うの?総務省が出したガイドラインはどんな関係が?

1-1 近年需要を増すポケットwifi

インターネットにつながる端末を複数所持している人が増える一方で、外出先でのインタ
ーネット接続需要も年々高まっています。

そんな人たちに重宝されているのが「ポケットwifi」という手のひらサイズのデバイスで
す。

この手のひらサイズのコンパクトなボディですが、携帯電話回線の電波をwifiに変換し、
パソコンやタブレット端末などLTE通信に対応していない機器であっても外出先でインタ
ーネットに接続することが可能になります。

そんな便利なポケットwifiですが、現在様々な会社から販売しています。

代表的なところでドコモ、auと言った大手携帯電話キャリアや、WiMAXと言った後発の会
社、さらに近年知名度が急速に高まってきている格安SIMと言った各社がしのぎを削って
ポケットwifiサービスを提供しています。

各社ともに様々な特徴がありますが、ここではドコモとWiMAXに絞ってご紹介していきま
す。

1-2 ドコモの特徴はどんな感じ?

まずドコモですが、これはみなさんもご存知の通り日本で一番大きな携帯電話キャリアと
なっていて、古くからサービスを提供してきた関係上、通信可能エリアが非常に広く、人
口カバー率は99.9%を誇っています。

人口カバー率というのは日本の人口に対して何人の人がドコモのエリア内に住んでいるか
という指標なので、単純計算で日本人の99.9%はドコモのサービスエリア内に住んでいる
ということになります。

実際、他のキャリアは県外でもドコモだけ通信できるというエリアは山間部を中心にまだ
まだ存在しますので、地方の山間部にお住まいもしくはよく行かれるといった方には非常
にオススメのキャリアです。

ドコモのデメリットとしては料金の高さが真っ先に挙げられます。

LTEが本格的に普及してから通信キャリアでは通信制限というものを設けています。
これは、1ヶ月の通信量があらかじめ定められた量を超えたときの通信速度を大幅に落と
すことで回線の混雑を防ぐという制限です。

制限がかかる通信量は各キャリアによって違い、またプランによっても違いますが、概ね
1GB~10GBの範囲で決められています。

しかし、auやソフトバンクが最低1GBからのプランを用意しているのに対し、ドコモでは
最低でも1ヶ月3GBのプランからしか用意されていないため、どうしても料金が割高のプラ
ンしか選べないという結果になってしまいます。

また、3GBプランも月額6500円と非常に割高で、あまり有効な割引キャンペーンもありま
せん。
逆にドコモでお得になることがあるとしたら、「家族内でパケットをシェア」が可能な「
パケットシェアリング」があります。

これは文字どおり家族内で使える通信量を共有することで、家族の通信料金をひとまとめ
にできるというものです。

1-3 WiMAXの特徴は?

次にもう一方のWiMAXについてご説明していきます。
WiMAXは2008年に始まった比較的新しいサービスで、現在はWiMAX2+というより新しく進化
した回線に切り替わっています。

このサービスの利点と言ったら何と言っても通信速度の速さです。

新規格のWiMAX2+の最大通信速度は下220Mbpsという速さに達し、これは光回線の1Gbpsの4
分の1というかなり早い速度となっています。

このような高速通信が可能なため、固定回線を解約して外で使う回線とうちで使う回線を
WiMAX2+に一本化して通信料を節約するということも可能になりますし、実際そのような
目的で使用している人もかなりいます。

また、WiMAXのもう一つの利点として料金の安さが挙げられます。
先ほどのドコモの場合、最低でも月額6500円がかかってしまいますが、WiMAXですと会社
によっても違いますが概ね4000円前後の月額で利用できます。

しかも月額が安いだけにとどまらず、1ヶ月あたりの通信制限も存在しないのでドコモに
比べて相対的に非常に安く利用することが可能というわけです。

メリット尽くしに見えるWiMAXですが、デメリットも存在します。
まず大きなデメリットがエリアの狭さです。

WiMAXは後発の通信キャリアなので、電波の整備が他社と比べて遅いのは当たり前の話で
すが、それに加えて電波の性質という問題もあります。

WiMAXが使っている電波は「曲がりにくく回り込みにくい」という特徴を持っているため
、ビルの影や屋内といった「何かの影になるところ」では通信状況が著しく悪くなってし
まうという問題を抱えています。

2-1 ドコモ vs WiMAX 料金編

ここからはドコモとWiMAXの具体的な比較をしていきます。

まずドコモでポケットwifiを契約するといった場合ですが、現在ドコモのプランは1ヶ月
に通信可能な通信量ごとにプランが分かれていて、最小で3GBから用意されています。

3GBで契約する場合、最低でも月額6500円かかってしまいますが、前述のシェアパックを
契約すると「家族全体での料金」プラス1900円でポケットwifiを使うことが可能です。

しかし、いくらシェアパックを使って料金を圧縮すると言ってもそもそものシェアパック
自体が非常に高額なものですし、そもそも家族がドコモを使っていない、もしくはあまり
通信をしないという場合はほとんど旨味がありません。

一方WiMAXにはドコモのようにシェアパックはないものの、そもそもの料金が非常に安く
なっています。

WiMAXは様々な業者がサービスを提供しているため、月額料金は業者によってまちまちで
すが概ね3500円~4000円ほどの範囲に収まっています。
そのため、料金面だけで見るとドコモよりもWiMAXの方が圧倒的にお得と言えるでしょう

2-2 ドコモ vs WiMAX 通信エリア編

次に通信エリアの広さでこの2社を比較してみます。
先ほどでも説明した通り結論から申し上げますと、この勝負は圧倒的にドコモが勝ちです

そもそもドコモの全身は国策会社である電電公社で、日本における携帯電話の通信網を最
初に整備したのもドコモでした。

その蓄積があるおかげで現在ドコモは通信エリアの広さでは他の追随を許さないほどの水
準になっていて、全人口に対する「通信エリア内に住んでいる人」の割合である人口カバ
ー率はなんと驚愕の99.9%となっています。

そのため、市街地はもちろん地方の山間部や海上でも通信可能なエリアが非常に広く、ど
んな環境でも安心して通信をすることができます。

それに対してWiMAXの通信エリアは非常に狭くなっています。

WiMAXという仕組みは、ドコモよりも圧倒的に後発の規格になっているため、必然的に通
信網の整備が遅れて通信エリアが狭くなっています。
また、このようなモバイル回線の整備は基本的に都市部から優先されえ行われるため、地
方では非常に電波状況が悪いです。

それだけではなく、WiMAXの電波自体の性質としてビルの影や地下街、地下鉄のような「
何かの影になるところ」に非常に電波が届きにくく、圏外になることが多いという問題も
あります。

このように、WiMAXの弱点は通信可能エリアの狭さです。

2-3 デメリットも実はカバー可能

しかし、この問題には実は解決策が存在します。

WiMAXを提供している会社の中にUQというところが存在しますが、実はこの会社ではWiMAX
の料金に1000円程プラスするだけでauのLTE網を使うことができます。
auはドコモに次ぐ通信キャリアで、通信可能エリアもドコモに比べれば狭いですが、WiMA
Xに比べれば圧倒的に広い範囲で通信をすることが可能です。

また、WiMAXとauのLTEの電波の切り替えは完全に自動で行われるため、自分では全く設定
をしなくても自然な使い勝手で使うことができます。

先ほども申し上げた通り、WiMAXの通信可能エリアが狭いという弱点はあるものの、それ
すらもカバーすることが可能となっています。

またそれだけではなく、WiMAXには1ヶ月毎の通信制限が存在しないという点がメリットと
して挙げられます。

ドコモなどの大手通信キャリアでは、あらかじめ決められた量以上のデータ通信を行った
場合、当該月末までの通信速度を大幅に制限するという措置が取られています。
しかしWiMAXのギガ放題というプランでは、1ヶ月毎の通信制限がなくあるのは「3日間で3
GB以上の通信を行ったユーザー」に対する通信制限のみです。

ドコモなどとは違い、通信制限が発動したとしてもYoutubeなどの動画サイトの標準画質
程度なら問題なく見られるくらいの速度で引き続き通信が可能ですし、数日ですぐに制限
は解除されます。

この制度があるため、WiMAXは通信エリアなどのデメリットがあるにもかかわらず人気と
なっています。

3-1 実質0円はなぜ寂れた?

突然ですが、皆さんは「実質0円」などの宣伝文句を聞いたことがあるでしょうか?

これはどのような意味かと言いますと、機種変や通信キャリア乗り換えなどで新たにスマ
ートフォンを購入するときに、機種代金をその場で払わなくてもスマートフォンが購入で
きるというシステムです。

その場で料金を払わなくてもスマートフォンが入手できますが、本当に0円で入手できる
というわけではなく後から月額料金に機種代金が分割されたのが上乗せされていて、月々
返済していくといった仕組みになっていました。

しかし、総務省が2015年に出したガイドラインで突然実質0円キャンペーンは控えるよう
に通達されてしまいました。

3-2 MNPをめぐる熾烈な競争

顧客からの満足度も非常に高かった実質0円キャンペーン。
このサービスはなぜ突然自粛の方向に急に進んでしまったのでしょうか?

実はその背景には「既存ユーザーと新規ユーザーの扱いの不平等感」がありました。
現在日本ではナンバーポータビリティ制度、通称MNPと言って、通信キャリアを乗り換え
ても電話番号を変わらず引き続き使い続けられるという仕組みがあります。

電話番号が変わらないことから、通信キャリア乗り換えに対する心理的障壁が低くなって
各社ではユーザーの流失をいかに抑えるかが課題となりました。

一方逆の視点でいえば各通信キャリアは新規ユーザーを獲得するチャンスでもあるので、
このMNPを使って乗り換えてきた顧客には非常に有利になるようなキャンペーンが盛んに
行われました。
先ほどの実質0円もその一環として行われたものです。

3-3 行き過ぎた優遇措置

しかし、その制度には歪みが生じていました。

各通信キャリアがMNPで乗り換えてきた顧客に対して行った実質0円キャンペーンでしたが
、あまりにもMNPに対する優遇措置が行きすぎたせいで既存ユーザーへとの不平等感がど
んどん広がっていってしまったのです。

実質0円キャンペーンが浸透しきた頃、MNPで乗り換えてきた顧客に対して高額のキャッシ
ュバックキャンペーンを行うなど次第に優遇キャンペーンはエスカレートしていき、つい
にはキャッシュバック目当てで通信キャリアを渡り歩いて利益を得る通称「MNP乞食」と
呼ばれる人まで出現してしまう始末でした。

2015年に安倍晋三総理の鶴の一声で携帯電話料金値下げの動きが強まったときに、この行
きすぎた優遇措置が問題視されてついに先ほどの総務省の通達が出されたことになります

SIMフリーが普及し、使いたい端末を使いたい通信キャリアで使えるようになった現在で
は、各通信キャリアの顧客獲得競争は新たな局面に差し掛かっています。

4-1 GMOとくとくBBでお得にポケットwifiを手に入れよう

さて、2015年の総務省通達で実質0円キャンペーンは大幅な衰退を余儀なくされたのです
が、実はWiMAXには実質0円をまだ行っている業者が存在します。

その会社は「GMOとくとくBB」という業者で、WX02というポケットwifiの購入代金が0円に
なるキャンペーンを継続的に行っています。

WiMAXは複数の業者が提供していて、すべての業者が同じWiMAX電波を使ってサービスを提
供しているという構造上、競争が非常に熾烈なので未だにこのようなキャンペーンが行わ
れているのです。

端末代金を後で払うことになるとはいえ、初期投資を抑えられるというのは実質0円キャ
ンペーンの大きな魅力ですよね。
しかしGMOとくとくBBでは、実質0円に収まらないほどのさらにお得なキャンペーンが用意
されているのです。

4-2 高額キャッシュバックでお得に使おう

そのお得なキャンペーンというのは「キャッシュバックキャンペーン」というものです。

これはどのようなものかと簡単に説明しますと、2年間の継続契約をすると一定の金額が
業者からもらえ、それを通信費に当てることで実質的に料金を抑えることが可能になると
いうサービスとなっています。

もらえる金額は業者によって違うのですが、このGMOとくとくBBではなんと29800円もの金
額が現金でキャッシュバックされます。

2年間使い続けると仮定すると、1ヶ月あたり2400円もの割引が受けられるという計算にな
ります。
GMOとくとくBBの「ギガ放題」という「1ヶ月の通信制限がない」使い放題プランの料金が
3600円なので、なんと月額実質1200円でWiMAXを使うことができるという計算になります

さらに、通常ですと結局後から支払うことになる端末の料金ですらも無料になるキャンペ
ーンが行われています。
この割引も合わせると恐ろしいほどお得にWiMAXを使うことができるということがお分か
りいただけたと思います。

ただし、一つだけ注意点がありそれは「2年以内に解約してしまうと1万円ほどの高額な違
約金が発生してしまう」ということです。
そのためGMOとくとくBBを契約するときはじっくりと考えてから契約することをオススメ
します。

4-3 まとめ

いかがだったでしょうか?

WiMAXには通信エリアなどの問題があるのは確かですが、それをカバーする手段があった
り、料金を大幅に安くする方法があったりなど様々なメリットが存在することがお分かり
いただけたと思います。

WiMAXサービスを提供している各社では、継続的にお得なキャンペーンを実施しているの
でぜひWiMAXを契約することをご検討してみてはいかがでしょうか?

ポケットwifiはMVNOで使おう!スマモバとドコモを徹底的に比較してみました

1-1 通信制限なしの破壊力

スマートフォンをお使いの方で、毎月かかる通信制限に頭を悩ませている人は多いのでは
ないでしょうか。

現在ドコモをはじめとした大手通信キャリアでは軒並み1ヶ月間に通信できるデータ量に
制限をかけていて、各社とも1ヶ月3~GBと設定されています。
2016年現在この制限を回避する手段はほぼ皆無に等しく、唯一回避できる方法として「追
加料金を払って通信制限を解除してもらう」という方法がありますが、毎月続けてい
るとかなりの金額になってしまいます。

動画サービスなどやり取りするデータ量が多くなりがちなサービスが台頭しているこの社
会では、スマートフォンをメール閲覧やSNS専用に使っているなどしていない限り意外
と簡単にこの通信量制限を突破しがちです。

外出時では動画を見ないでWIFI環境下でしか見ないという対策もあるにはあるのですが、
それでは何のためにスマートフォンを手に入れたのかわからなくなってしまい本末転
倒ですね。

そこで今回紹介するのが「スマモバ」というサービスです。

このサービスを使うと、月々の通信制限をきにすることなくスマートフォンを楽しむこと
ができるようになります。
そんなうまい話があるのかと疑っているかもしれませんが、事実そんなことが可能になる
のがこの「スマモバ」です。

1-2 なぜそんなことが可能になるの?

では、そのスマモバはどのような仕組みで通信制限なしを実現しているのでしょうか?

その説明の前に一つあなたに質問させていだだきます。

あなたはMVNOという言葉をご存知でしょうか?
おそらくご存知ではないかと存じますが、このMVNOというのはモバイルインターネット会
社のビジネスモデルの一つに過ぎないものです。
具体的には「ドコモなどの大手通信キャリアから回線を買い取り、その一部を第三者のユ
ーザーに提供する」という形のビジネスモデルとなっています。

そのMVNOがなぜやすいかと言いますと、簡単に行ってMVNOが「大量に回線を買い取ってい
る」からです。
ジュースを1本づつ1000回買うのと、ジュースを一気に1000本買うのでは同じ1000本のジ
ュースでも値段が全然違ってきますよね?
MVNOとは要するにそのような仕組みで安く通信サービスを私たちに提供しているのです。

もしかしたらMVNOではなく「格安SIM」という言葉なら一度はお聞きになったことがある
のではないでしょうか。

この「格安SIM」というのはほぼMVNOとイコールの意味の言葉で、大手通信キャリアより
も安い金額で通信サービスを提供している会社の総称となっています。

近年、特に2015年にSIMロック解除が義務付けられてから特に活発になっている市場で、
最新のデータでは全スマートフォン利用者に占める格安SIMの利用者の割合は11.5%を占め
るまでになっています。

市場が伸びているとはいえまだ全体の10%ほどしかシェアがありませんので、各社とも顧
客獲得のために様々なキャンペーンを打ち出しています。
その一環としてスマモバのような「1ヶ月毎の通信制限がない」というサービスを提供す
る会社が生まれたのです。

1-3 いいものを安く

突然ですが、あなたはモバイルインターネット回線の人口カバー率という指標をご存知で
しょうか?

この指標は文字どおり日本の総人口のうち、どれくらいの割合の人が自社のサービスのエ
リア内にいるのかを表している数字となります。

現在ドコモ、au、ソフトバンクといった大手通信キャリアでは軒並み90%超えを達成して
いるのですが、ドコモは99.9%という頭一つ飛び抜けた圧倒的な人口カバー率を
叩き出しています。

そのため、地方の山間部に現在お住まいもしくはよく行かれるという人にとってドコモは
最善の選択肢となるでしょう。
しかし、人口カバー率が頭ひとつ飛び抜けているドコモですが、料金の高さも他のキャリ
アと比べると頭ひとつ飛び抜けています。

ドコモでは1ヶ月に通信可能なデータ量ごとに料金が異なっているのですが、最小単位で
ある1ヶ月3GBのプランを選んだとしても月々6500円ほどの料金がかかってしまい
ます。

これはau、ソフトバンクに比べると頭一つ抜けている価格となっていて、さらにドコモの
プランでは3GB/1ヶ月のプランが最安で、auの1GB/1ヶ月のように割安なプ
ランが存在しないこともドコモが高いという印象に拍車をかけています。

せっかく品質がいいのに料金のせいでなかなかドコモの契約に踏み切れないという方は多
いのではないでしょうか。
そこでこの「スマモバ」の出番というわけです。

先ほども申し上げた通りスマモバはドコモから回線を買い取って第三者に使わせる「格安
SIM」の一種となっていて、スマモバはドコモの回線をそのまま使うことができます。
もちろんドコモの広範囲に及ぶサービスエリアも、安定性の高い回線もそのまま使うこと
が可能です。
しかもこれらのサービスをドコモより格段に安い価格で使用できるのです。

2-1 スマモバにするだけでこんなに安くなる料金

それでは、具体的にスマモバではドコモに比べてどれくらい料金が安くなるのかを見てい
きましょう。
スマモバには幾つかプランが存在するのですが、ここでは最大の売りである「通信制限を
気にせず好きなだけLTEを使える」プランを見ていきます。

ドコモが最低でも6500円/月かかるのに対し、スマモバの使い放題プランでは3480円/月と
なっています。もちろん通話、SMS機能付きなので通常のスマートフォンと
全く同じ感覚で使うことが可能です。

スマモバには幾つか料金プランがあります。
プランは「使い放題が可能な時間帯」によって分けられていて、例えば夜間のみ使い放題
な「ナイトプラン」、平日の深夜1時から17時まで使い放題のプレミアムプラン、そして1
日中使い放題のプランです。

この中で一番安いのはナイトプランの月1980円ですが、一番割高な使い放題プランでも月
わずか3480円となっているので、最低でも6500円かかるドコモの約半額の値段でLTEを、
しかも通信制限を気にすることなく使うことができます。

2-2 具体的にどのようなプランがあるの?

それでは、具体的に各プランの利点について説明していきます。

まず一番安いナイトプランですが、これは深夜から早朝にかけてインターネットをよく使
うという方に非常におすすめなプランです。
具体的には深夜1時から翌朝9時までがLTE使い放題の時間になり、それ以外の時間は128kb
psという低速に抑えられますが通信は可能となります。

このように昼間も通信できなくはないのですが、メールやツイッター閲覧ぐらいが精一杯
というぐらいの速度にまで遅くなってしまうので、完全に深夜帯の利用に特化したプラン
と言えるでしょう。

もう一方のプレミアムプランですが、こちらはナイトプランより幅広い層におすすめのプ
ランと言えます。

深夜1時から夕方17時までLTEが使い放題になるので、仕事中や学校に行っている間にも高
速通信が可能となります。

さらに、17時から深夜1時までは自動的に速度が128kbpsまで絞られるので、お子様のスマ
ートフォンの使いすぎ防止や、お子様が塾に行っている間にスマートフォンで遊ぶのを防
いでくれると言った効果があります。

最後の使い放題プランですが、これはいうまでもなく完全な使い放題プランとなります。

一日中スマートフォンを使うと言った方や、動画やゲームなど大きなデータを毎日やり取
りしているといった方に非常におすすめなプランです。

2-3 どんな端末でスマモバは使えるの?

「スマモバは特殊な端末でしか使えないのでは」とお考えの方ももしかしたらいらっしゃ
るかもしれませんが、そんなことは決してありません。

実はあなたが今使っているiPhoneやAndroidなどのスマートフォンで、全く設定すること
なく使うことができます。
もちろん今お使いの端末がそのまま使えるので、買い替える必要も全くありません。

スマモバはドコモ回線を使った格安SIMサービスなので、ドコモの電波をそのまま使って
いる形になっています。
そのため、もしあなたが今ドコモのスマートフォンを使っているという場合、買い替える
ことなくスマモバでスマートフォンを使うことが可能です。

スマモバで通信をするにはSIMカードという小さなチップくらいの大きさのカードを購入
する必要があります。
スマモバの公式サイトでは、SIMカード単体での販売を行っているのでそちらで購入する
ことができます。

価格は3000円で、別途送料や手数料がかかります。

届いた後は説明書にしたがって簡単な初期設定をするだけで通信が可能になるので、格安
SIMは初めて使うといった人でも安心して導入することが可能です。
格安SIMサービスの中には、初期設定が非常に面倒なものも少なくない中で、スマモバは
徹底的に使いやすさにこだわったサービスとなっています。

3-1 スマートフォンのみに止まらないスマモバの魅力

スマモバで使えるサービスはスマートフォンのみに止まらず、ポケットwifiも展開してい
ます。
スマートフォン以外にもタブレット端末やパソコンなど、インターネットにつながる端末
を複数台所持している方にとって、ポケットwifiは非常に便利なデバイスだと思います。

ポケットwifi自体はドコモやauなど、複数の会社で提供されていますが、いずれも通信制
限がかかってしまいます。
WiMAXであれば通信制限を気にせず使うことができますが、やはりドコモなどに比べると
圧倒的に通信エリアが狭いため、圏外になって使えなくなる確率が高いです。

かといってドコモでポケットwifiを契約した場合、最低でも月6500円の金額がかかってし
まうため非常に割高になってしまいます。

しかしスマモバならこの2つの問題を一気に解決することができます。

月々わずか3480円で高速インターネットが無制限で使えるようになるので、通信制限と値
段の問題を一気にクリアすることができます。
それに加え、スマモバはドコモ回線を使ったサービスなので、ドコモの通信エリア内であ
れば問題なく通信することが可能です。

ドコモは現在人口カバー率99.9%を達成しているので、日本国内であればよほどの山間部
でも安心して通信することができます。
ドコモ本体と契約した場合、月々6500円もかかる上に1ヶ月の通信量が3GBを超えるだけで
通信制限がかかってしまいます。

しかしスマモバなら、料金はドコモの半分で、しかも通信制限は一切ありませんのでまさ
にいいとこ取りでドコモ回線を使うことができるのです。

3-2 スマモバとY!mobileはどっちがお得?

しかし、使い放題サービスを提供している格安SIMはスマモバ以外にも幾つか存在します

例えば代表的なところでY!mobileが存在します。
この会社は最近テレビCMも大量に放映しているのでご存知の方も多いと思いますが、スマ
モバと同じように格安SIMサービスを提供していて、しかも無制限プランもちゃんと存在
します。

しかしY!mobileが使っている電波はドコモの電波ではありません。
基本的にかつて存在した通信キャリアであるイーモバイルの電波網とソフトバンクの電波
網を組み合わせて使うことになるので、どうしても通信可能エリアという意味ではドコモ
の電波を使うスマモバよりも劣ってしまいます。

このため、電波の繋がりやすさや安定を求める人にはスマモバが一番オススメです。

3-3 WiMAXとスマモバの違い

また、無制限プランを提供している通信回線の代表例として先ほどもご紹介したWiMAXが
ありますが、こちらも通信可能エリア以外にも問題があります。

それは「WiMAX対応端末のほぼすべてがポケットwifi」という点です。
もちろんポケットwifi目的でWiMAXを使うのなら全く問題はないのですが、スマートフォ
ンで無制限インターネットを楽しみたいという方には不向きになってしまいます。

また、WiMAX対応端末の数は限られているので、新たに端末を買い足さなくてはならない
という問題も発生します。

しかしスマモバではポケットwifiだけではなくスマートフォンとのセット販売も行ってい
るため、あらゆる端末で無制限インターネットを楽しむことが可能です。
もちろんドコモで発売されたスマートフォンであれば基本的にそのまま使えるので、新た
な端末を買い足す必要もありません。

このようにスマモバには他の通信サービスにはない様々な利点が存在します。

4-1 スマモバではどんな端末が買えるの?

スマモバは回線とセットで購入できる端末のバリエーションが豊富です。

例えばHuaweiという会社の「Mobile WiFi E5377」という製品が購入可能ですが、このポ
ケットwifiのスペックは非常に高いものとなっています。

まず多くの人が重視するであろうバッテリーの持ちですが、連続通信可能時間は6時間と
なっています。

この数字はあくまで「連続で何かをダウンロードするなど通信を行った」時に何時間バッ
テリーが持つかの指標ですので、一般的な使い方ならこの時間よりもっとバッテリーを持
続させることが可能です。

そしてこの端末の最大通信速度は150Mbpsにまで達しており、実用面でも申し分のないス
ピードを出してくれることがお分かり頂けると思います。

4-2 Mobile WiFi E5377の使いやすさの秘密

さらにこの端末にはもう一つ嬉しいポイントがあり、それは「ディスプレイ付きである」
ということです。

多くのポケットwifiにはディスプレイがついておらず、初期設定などをパソコン経由で行
う必要がありました。

その操作は初心者にとっては非常に面倒で複雑なもので、ポケットwifiを買うに当たって
心理的な壁となっていましたが、この端末には中央に大きなディスプレイが搭載されてい
るので、直感的に設定をしたりバッテリーの残量を確認することが可能です。

このように、この端末は「使いやすさ」に非常に重点をおいた端末であると言えます。

4-3 まとめ

いかがだったでしょうか?

このようにスマモバは、私たちのスマートフォンライフのみならず外出先でのインターネ
ット使用全般に深く利益をもたらしてくれます。
あなたもスマモバで快適なインターネットライフを過ごせることを祈っています。

ポケットwifiが低速化中!ソフトバンクの解除方法は?

Q.pngポケットWiFiの仕組みについて、教えて下さい。

インターネットは、主に自宅の光回線でやっています。
パソコンは、デルのデスクトップです。
しかし、昼間、外でネットが必要となるようになりました。

それで、2ヶ月前に、ノートパソコンとポケットWiFiを買ったのです。
今のところ、それほど外出先でネットを使うことはありませんでした。
今月は、1度も使っていません。
ポケットWiFiの電源も、入れていません。
ところがです。
昨日電源を入れたら、「低速化中」と出ているのです。
ポケットWiFiの契約で、使用量制限があるのは知っています。
でも、今月は、全然使っていないのですよ。

なぜなのでしょうか?

ちなみに、ポケットWiFiは、ソフトバンクのものです。
店の人に、勧められるまま買ったのです。
その時、店の人が、いろいろと説明してくれました。
でも、細かいことはよく分からなかったのです。
使用量制限も、スマホと同じだろう、と考えていました。
違うのでしょうか?

ポケットWiFiに詳しい方。
どうか、分かりやすく教えて下さい。

回答をお願いします。

■先月のアイコンが消えていないのでは・・・?

質問者様のソフトバンクのモバイルルーターは今月初めて電源を
入れたんですよね?

でしたら、何らかの原因で先月の通信速度低下中のアイコンがまだ
消えていないという可能性があります。

低速化中のアイコンはこのように消してください。

「ENTER」をタッチして「設定」を選択します。
「その他」を選択して「通知アイコン消去」を選択しましょう。

「ご利用データ量」が選択されていることを確認してから「Yes」を押すと
アイコンは消えます。

しかし、低速化は解除されるわけではありません。
次に低速化の解除を行いましょう。

まず、低速化中のプラウザ画面で「通常速度に戻す」をクリックします。
通常速度に戻す申し込みをしてください。

先月の低速中がまだ、解除されていないなら解除のために追加
料金を支払う必要があります。

通信速度が制限をオーバーした日から請求の締日ですので、月を
またぎます。請求の締日は毎月10日、20日、末日から選択できます。

DOCOMOやauなら、その月の末日なのですが、ソフトバンクは
少々ややこしいシステムになっています。

今月初めて電源を入れたので、「故障?」と驚かれたとおもいますが、
一般的な通信制限ですので、ご安心ください。

また、ソフトバンクは毎月2GBまで追加料金を支払うことで追加できます。

■しっかりと通信制限を守るためには・・・?

通信制限をしっかり守って、心地よくソフトバンクのポケットWIFIを
利用するためには、このような対策を打ちましょう。

まず、自分のデータ量を確認してください。今月はどれくらい通信していて、
残りどれくらいなら、通信できるのかを把握しておきましょう。

ソフトバンクならスマホで「my softbank」から確認することが出来ます。

人気のメニューの中に「ご利用のデータ通信料を確認する」という
項目があります。

ここで、月の中盤に必ず一度チェックを入れる習慣をつけましょう。
こうすることで自分の通信料を簡単にいつでも確認できるのです。

■通信制限を設けている理由は?

ソフトバンクの通信制限を設けている理由は、2つあります。

1つに、通信回線の混乱を防ぐという目的です。
スマホユーザーやネットユーザーが増えすぎていることで、ソフトバンクの
回線がパンクしないように通信制限を設けているのです。

7GBという制限を設けることで通信料を抑えられますし、その制限を
超えたら通信速度を大幅に遅くすることで、回線への負担をへらす
ことが出来るのです。

また、もう1つの理由はユーザーの公平性を保つためです。
どんなに通信無制限と言っても、通信をする量は人によって違います。

無制限を生かして、毎日のように長時間ネットを活用する人もいれば、
仕事や家事などで、時間が限られていて、毎日ほんの少ししか通信
できない人もいるのです。

同じ利用料金を支払っているのに、こんなに違いが出てしまっては、
公平性が失われてしまいます。

そこで、通信制限が必要となってくるのです。
この2つの理由から通信制限はあります。

■ソフトバンクの制限は3日間で1GB?!

ソフトバンクに刃3日間の通信料が1GBを超えたら通信制限という
とても厳しい制限があります。

これは他の通信会社でもなかなかないほど厳しい制限なのですが、
この度、その3日間で1GBの制限が緩和されました。

しかし、緩和されるには、ある条件があります。
それは、スマ放題という新しい料金プランに加入することです。

しかし、多くのユーザーは別の料金プランですので、なかなか該当
するユーザーは増えないのが現状です。

ソフトバンクの通信制限をポケットWIFIとスマホセットで考えて、
緩和する方法を考えましょう。

スマ放題に乗り換える以外では、家庭に固定回線がある場合は、
動画再生や音楽視聴などは自宅で行うなどがあります。

また、公共無線lANスポットを活用することもおススメです。
ちょっとしたことでも通信制限は免れますので、出来ること
から少しづつ対策を打ちましょう。

また、ソフトバンクのスマ放題は通信料が無制限なだけではなく、
通話も定額です。

お仕事柄、電話を良くする人や毎日のような長電話をしてしまう人
にはピッタリですね。

ソフトバンク以外のキャリア会社のモバイルWIFIでも通信制限はあります。
ドコモ月間7GBですので、他のキャリアに変えても同じような通信
環境となります。

モバイルWIFIで通信制限がないのは、WIMAXだけですが、ソフトバンク
程の通信エリアの広さがありません。

また、通信電波もソフトバンクに比べると弱く速度も遅いです。
それでも無制限で使いたい場合は、WIMAXへの乗り換えを考えて
みるのもいいかもしれません。

wifi

評判は?Yahooのモバイルwifiの通信エリアを教えて!

Q.pngヤフーWiFiの値段について、質問があります。

外でインターネットをやりたいと思っています。
これまでは、家の光回線を使っていました。
でも、ファミレスで仕事をする癖がついたのです。
やはり、ファミレスを含めて、外出先ででもネットが必要だと分かりました。

パソコンは、富士通のノートパソコンを買いました。
富士通ブランドを信用しているのです。

WiFiは、ブランド信仰はありません。
安ければいい、というポリシーです。
ところが、ヤフーで、次の広告を発見しました。
「ポケットWiFiが業界最安値」
その値段は、月額2880円です。
ただし、プレミアム会員限定、とあります。

これは安い、契約してもいいかな、と思います。
ヤフーなら大手でもありますし。

ただ、念のために質問なのですが。
安い分だけ、何か短所があるのでしょうか?
安かろう悪かろう、では困ります。
また、エリアは携帯と同じなのですか?

こういうことに詳しい方。
どうか、回答をお願いします。

■ヤフーWiFIの3つのメリットは?

ヤフーWIFIは現在、モバイルルーターで月額が最安値なので、
人気を集めていますね。

しかし、どんなにお得なものでも必ずメリット・デメリットがあります。
まずは、メリットから見ていきましょう。

ヤフーWIFIの一番のメリットは配線工事がないので、インターネットで
申し込むをすると最短で翌日に通信端末が届きます。

到着したら、すぐに設定を行い数分で通信ができるようになります。
面倒な手続きも設定もありません。機会が苦手でもOKです。

そして、ヤフーWIFIは全政令指定都市と、全県庁所在地の人口カバー
率が99%と、大変高確率です。

ですので、屋内では電波が入りずらいこともあるのですが、屋外では
本当に繋がりやすく、ストレスを感じません。

モバイルルーターは繋がりにくいというイメージを持っている方も
納得できる通信環境です。

そして、ヤフーWIFIの月額2,743円の303HWは超高速通信端末です。
4G通信にもLTE通信にも対応しているのです。

通信速度は最大で110Mbpsとモバイルルーターとは思えない程、
高速な通信を実現してくれます。

では、そんなお得で高速通信が出来るヤフーWIFIのデメリットは
どのようなものがあるのでしょうか?

■ヤフーWIFIのデメリット

ヤフーWIFIのデメリットは通信制限があるということです。
月間で7GB通信をすると通信制限がかかってしまいます。

通信制限がかかると、通信速度がガクッと落ちてしまいます。
10年以上前にケータイ電話並みの遅さになるのです。

しかし、7GBという通信料はかなり余裕のある数値です。
高画質の動画を7GB分見るとなると約7時間40分もあります。

通常のインターネットサーフィン出したら、1日3時間以上しても
通信制限には引っかからないくらいなのです。

また、もし通信制限がかかってしまっても10年以上前のケータイ
電話並みに通信速度が落ちるだけです。

メールと通常のネットサーフィンなら、問題なく繋がります。
通信制限と言っても完全に通信が出来なくなる訳ではないのです。

■ヤフーWIFI契約中に気をつけること

ヤフーWIFIを契約中は、必ずヤフープレミアム会員を規約しないように
注意しましょう。

ヤフープレミアム会員は月額380円かかるのですが、これを解約して
しまうと、月額が3,696円になります。

ヤフーWIFIの月額利用料2,743円はヤフープレミアム会員限定の価格です。
ですので、ヤフープレミアム会員の費用と月額の利用料を足した金額の
3,123円が事実上の料金ということになります。

それでもとても安い金額ですので、ご安心ください。
また、ヤフーWIFIは3年目以降は月額が3,696円になってしまいます。

これはプレミアム会員であってもなくても変わらないので、この時点で
他のモバイルルーターへ乗り換えるか、ヤフープレミアム会員を解約
してしまいましょう。

そして、ヤフーWIFIを掻いy九する時はタイミングに注意をしてください。
契約から25カ月後、2年1か月後に解約をすることで、0円での
解約となります。

このタイミング以外で解約をすると10,000円以上の解約金を
とられてしまいますので、くれぐれも注意してください。

お得なヤフーWIFIをしっかりお得に利用するためには、注意ポイントが
いくつかあります。頭に入れておいてください。

■ヤフーWIFIの評判は?

ヤフーWIFIの評判はいかがなものなのでしょうか?
まず、利用料金については満足している人が多いようです。

ですが、通信制限がありますのでインターネットヘビーユーザーの
方は少々不満を感じている方が多いですね。

しかし、ヤフーWIFIの通信回線はソフトバンクの通信回線と同じです
ので、通信速度を遅いと感じる人はほとんどいないようです。

ソフトバンクの回線をレンタルして通信しているため、ソフトバンクと
全く同じスピードが出るわけではないのですが、それでもモバイル
ルーターの中ではトップクラスの通信速度を誇ります。

このようなことを考えるとストレスを感じずにヤフーWIFIを使用している
人が多いようです。

モバイルルーターの共通するデメリットとして、電波の弱さがあります。
無線出の通信ですから、有線通信よりもどうしても電波が弱くなって
しまうのです。

しかし、これは窓際に通信端末を置くことで多少は軽減されます。
また家の中で通信がしやすいところを見つけて、そこを通信端末の
定位置にすることもおススメです。

モバイルルーターは工夫をすることでさらに便利になります。
自分なりの通信しやすいスポットなどを探してみてください。

wifi

無制限は嘘?ワイモバイルルーターの通信速度が遅い・・・

Q.pngy!mobileの通信速度制限について、教えて下さい。

これまでは、自宅で光回線でネットに繋いでいました。
でも、外でネットをやりたくなったのです。
エキナカのファミレスでネット検索。
格好いいですよね。

ということで、パナソニックのノートパソコンを買いました。
それと、y!mobileのポケットWiFiです。
通信量無制限なので、これに決めたのです。

ところがです。
ルーターに、「速度制限を超えました」と出るようになりました。
さらに、「追加しますか?」と出ます。
もちろん、「イエス」として解決していたのです。

でも、昨日から妙なことが起きました。
めちゃくちゃネットが遅いのです。
最初は、止まったのかな、と思いました。
でも、「接続中です」という表示はありました。
ようするに、速度がとんでもなく遅いのでした。
そして、ルーターに表示は出ません。

これは何でしょうか?
ちなみに、再起動をやってみましたが、変化なしです。

こういう方面に詳しい方。
原因は何か、どうすればいいのか。
こういうことを教えて下さい。
お願いします。

■ワイモバイルが無制限の意味

ワイモバイルから無制限のモバイルルーターが発売されています。
しかし、この無制限とは何が無制限なのでしょうか?

しかし、定額の通信料で無制限で通信できるのではなく、追加料金を
支払って行けば、それだけ通信ができるという意味なのです。

ですので、スマホや固定回線などに良くみられる「定額制限なし」の
料金プランとは仕組みや利用料金が大きく違います。

まず、「CA対応Pocket WiFI使い放題キャンペーン」という名前ですが、
その内容をもう一度、ここで詳しくおさらいしましょう。

期間中にワイモバイルのPocket WiFiプラン+に申し込むと月額3,696円で
高速なデータ通信が追加料金を支払わないで利用できます。

つまり、前提として月額と月の制限はあるのです。その上で追加料金は
支払う必要がなく通信量を追加できるプランなのです。

質問者様の場合は、追加料金を支払い続けていましたが、追加の
制限を超えてしまったのです。

追加料金は500MBごとに500円なのですが、このキャンペーンが
適応されている場合は、最大2年間無料になります。

3日間で1GBを超えた場合は、当日の朝6時から翌日の朝6時まで
通信制限がかかってしまいます。

質問者様は3日間で1GBの通信制限を超えてしまったのです。
ですので、最長1日は制限がかかった状態となります。

キャンペーンは最大2年間は追加料金が無料となるのですが、
契約によって細かい期間は違います。

ご自分の契約書を見直していつまで追加料金が無料なのか、
しっかり確認をしておきましょう。

そして、追加料金無料の期限を手帳などに書いておいてください。
無料のつもりでドンドン追加して、有料だったとなればかなりの痛手に
なりますよ。

■本当に無制限なモバイルルーター

本当に通信制限がないモバイルルーターは今のところ、WIMAXのみです。

しかし、WIMAXは通信エリアが狭く都市部のみでしか利用できない、
通信電波が弱くちょっとした障害ですぐに通信が不安定になってしまう
などのデメリットがあります。

ですので、通信制限なしのこだわるのならWIMAXにしましょう。

通信の安定感や通信エリアの広さにこだわるのなら、ワイモバイルに
してください。

このように利用したい通信状況によって、選ぶモバイルルーターも
変わってくるのです。

大切なのは、契約する前にそれぞれのモバイルルーターの特徴を
把握することなのですが、質問者様の場合は、もう契約後なので、
ここからどうしていくかを考えましょう。

この状況をどうにかする対処法としては、このような方法があります。

・公共無線LANを活用する
・無制限のモバイルルーターを購入する

■公共無線LANを活用しよう!

まず、公共無線LANを活用する対処法からです。
公共無線LANスポットとは無料に使える通信サービスのことです。

駅やファストフード、ショッピングモールなどでよく見かけます。

このサービスはモバイルルーターをOFFにしても通信できる
ので、どんどん利用しましょう。

これなら、通信制限がかかってしまっている状況でも通信でいますし、
追加料金も気にしなくて済みます。

また、通信制限が解除されたらワイモバイル通信と、公共無線LANを
上手く使い分けて、通信制限がかからないようにしましょう。

■WIMAXも契約をする

WIMAXなら通信料が無制限で利用できます。しかも月額2,856円と
とても安い金額ですので、ワイモバイルに2台持ちになってもOKです。

また、今ワイモバイルを解約すると解約金が発生するかと思いますが、
それでもWIMAXは通信端末が全機種無料ですので、それを考慮
するとプラスマイナス・ゼロになります。

また、最新式のモバイルルーターは本体価格20,000円近くする
ものもあるので、むしろプラスになる可能性もあるのです。

ワイモバイルのように通信無制限をうたっていても、実は私たちの
イメージする通信無制限とは違っていたり、事実上無制限では
なかったりします。

キャンペーンの内容などをしっかり確認してから、契約をしてください。

また、WIMAXにもキャッシュバックなどのキャンペーンがあるのですが、
自己申告をしないとキャッシュバックを受けることは出来ません。

無効から自動的にキャッシュバックが振り込まれるだろうと待っていても
ダメですので、自分から振込をプロバイダの会社に申請をしましょう。

基本的にモバイルルーターで通信制限がないものには、カラクリが
あります。また、WIMAXでも料金プランによっては通信制限があるので、
しっかり料金プランを確認してから契約してください。

wifi

モバイルWIFIの通信制限7ギガじゃ足りない!ドコモの他は?

Q.png7GBの使用量制限とは、どのくらいのものなのでしょうか。

現在は、ドコモのガラケーを使っています。
今度、機種変更をしようと思いました。
それで、ドコモショップへ行ったのです。
ところが、パケット定額は7GBの制限がある、とのことです。
使用量制限なのです。

ドコモの人は、次のように言いました。
ニュースサイト閲覧は、1日で44MBくらい使う。
動画閲覧は、1日45分で169MBくらい使う。
だから、月7GBで十分である。

しかし、何となく信用できません。
動画閲覧では、かなり容量を使うはずですよね。
そこで質問ですが。
皆様は、7GBで、足りているでしょうか?
足りなくなると、どういうことになるのでしょうか?
完全に、ネットに入れないのですか?

ちなみに、私は、1ヶ月平均2時間くらい動画を見ます。
それで7GBを超えるなら、今のガラケーのままにします。
これなら、容量制限はありませんから。

実際に7GBの制限を経験された方。
回答をお願いします。

■月間7GBの通信制限ってどれくらい!?

DOCOMOのように通信制限がある回線は不便に感じてしまいますよね?
しかし、その通信制限である月間7GBとは、どれくらいの通信量なの
でしょう。

ここでは、まず月間の通信制限7GBがどれくらいなのかをご説明します。

まず、YOUTUBEで高画質な動画を見る時、7GBだと約7時間40分
みることができます。

音楽のダウンロードだと月間で360曲はダウンロードすることが
できるので、音楽好きな方でも安心です。

また、メールに換算すると月間で1,000通以上のメールのやり取りが
できます。

質問者様は月間で動画視聴は約1時間~2時間程度ですよね?
通信制限があっても十分、楽しめる通信量ですよ。

そして、DOCOMOのカタログに動画視聴の目安が書いてあるという
ことですが、DOCOMOは日本全国に数えきれないほどのユーザーがいます。

通信会社の中でもトップクラスの知名度と実績を誇る会社なので
カタログに嘘はかきません。

疑わずに、しっかり細部まで読むようにしてください。

DOCOMOのスマホには動画再生のクオリティーに、ことこんこだわった
スマホが多くあります。

ここから、ご紹介していきましょう。

■DOCOMOのスマホ

「DOCOMO Galaxy S6 edge」 本体価格 69,336円

「黒が違う」とはっきり分かるほど暗い色でもキレイに映してくれます。
高解像度577ppiの最新有機ELディスプレイを搭載しています。

そして、高機能なのに省エネですので、動画を美しく再生しながら
長持ちするバッテリーで毎日のスマホライフを快適にしてくれます。

カメラ画素数は約1600万画素で鮮明な画像がとれます。
ワンセグ機能もありますので、外出先でテレビも観れます。

「DOCOMO XPERIA Z3」 本体価格 11,664円

ソニーの機能を結集したカメラ機能でデジカメ以上の高画質が実現。
クリアな質感で撮影することが出来ます。

また、動画再生はもちろん、音楽の再生機能も充実しており、CD以上の
音質をハイレゾが再現してくれます。

演奏しているその場にいるかのような臨場感を体験できます。
まぶしい屋外でも見やすいディスプレイの構造になっています。

■iphone 6 / 6 Plus の通信速度で比べてみると

DOCOMO、au、ソフトバンクの通信速度はどれくらいなのでしょうか?
iphone6の通信速度を例に比べてみましょう。

まず、体感的に一番早いという声が多かったのは、ソフトバンクでした。
通信速度は20Mbps以上を達成しているので、ストレスなくインター
ネットを見れる環境です。

全体的な通信速度でソフトバンクはauといい勝負をしていますが、
高速エリアの割合はソフトバンクの圧勝です。

一方のDOCOMOは20Mbpsに通信速度が達する地域が半数に届かず、
iphone6では、本来の通信速度は発揮されていません。

ソフトバンクが一番いい環境でiphne6を使えます。

■DOCOMOの通信速度測定アプリ

DOCOMOの測定アプリは、スマホにダウンロードするだけでその場の
通信速度が計測できるアプリです。

こちらをダウンロードしておけば、通信が繋がりにくくて、イライラした
時に、繋がりやすいところを探すのに便利です。

また、通信速度が落ちているところでは、無理に再生などはしない
方がいいので、その判断材料にもなります。

通信速度が分かると便利なことがたくさんありますので、このアプリは
ダウンロードしておきましょう。

DOCOMOスピードテストは無料でダウンロードできます。

■通信制限を解除する方法は・・・?

DOCOMOなどのように通信制限がある、回線で制限がかかってしまったら、
解除しようとする人がいますが、実は解除方法はありません。

追加料金を支払って2GBを手に入れることで使用することは出来ますが、
完全に通信制限を解除することは出来ないのです。

また、最近話題の格安スマホは、DOCOMOやソフトバンクなどの
キャリア通信会社の回線をレンタルして通信しているので、
DOCOMOなどよりも通信制限が厳しいです。

しかし、1ヶ月1時間~2時間程度しか動画を見ないのなら、
格安スマホでも問題なく利用できますよ。

DOCOMOの回線をレンタルして通信をする格安スマホも続々発売
されていますし、そちらの方も検討してみてください。

自分ではとても多く通信をしているように思えても意外と通信制限内
で十分だったり、反対に足りなかったりします。

通信制限の値がどれくらいなのかを確認して制限有のスマホに
するかどうか決めましょう。

wifi

通信制限なしのlteモバイルルーターはありませんか?

Q.pngLTEのモバイルルーターで、使用量制限なしのものを探しています。

今度、事情があって東京へ出ることになりました。
東京のアパートで1人暮らしをするのです。

実家の金沢では、光回線でネットをやっていました。
でも、東京のアパートには光回線が入っていません。
工事しようとすれば出来るようです。
でも、工事や契約がややこしそうなので、光回線はあきらめました。

ですからWiFiを使うしかないのです。
そうすると、すぐに使用量制限です。
月に7GB、3日で1GBの制限。
話がズレますが、なんでこんなことをするのですかね?
商売がえげつないと思いますよ。

それはともかく。
LTEのモバイルルーターで、使用量制限のないものを、ご存じありませんか?
ネット上には、いろいろな製品があふれています。
使用量制限なし、というのもあると思うのです。
残念ながら、私は発見出来ませんでしたが。

この方面に詳しい方、どうか教えて下さい。

お願いします。

■LTEには通信無制限がない・・・?!

LTEには通信無制限がありません。ですので、どうしても月間7GB、
3日間で3GBなどの通信制限がかかってしまいます。

しかし、通信速度が速いこと、通信エリアが広いことがLTEの最大の
メリットなのです。

そして、モバイルルーターで通信制限がないのはWIMAXだけです。
WIMAXは月額の利用料金がとても安く、通信無制限です。

しかし、通信エリアが狭いのでその通信エリアには言っている方は
いいのですが、地方などで通信エリア外の人は利用できません。

もし、都市部に住んでいるのであればLTEよりもWIMAXがいいのでは
ないでしょうか?

高額のキャッシュバックなどもあり、遠くに始めることができますよ。

モバイルルーターでYOUTUBEなどの動画サイトを好きなだけ見れて、
音楽視聴も好きなだけできるのは、WIMAXだけです。

もし、自宅に個性回線があり、補助用として無制限の通信端末が
欲しい場合はぷららのモバイルルーターをおすすめいたします。

■固定回線とセットで無制限なモバイルルーター

ぷららのモバイルルーターは固定回線を契約している人なら無制限で
通信をすることができます。

「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」 月額2,760円

通信量は無制限、最低利用期間の制限もなく、解約金も発生しません。
また、現在キャンペーンで初月無料となっています。

通信速度は3Mbpsで、通信量制限がないので、ブロードバンドのように
繋ぎっぱなしでも費用を気にせず使えますよ。

毎日、1GBを超える通信をしてもまったく問題ないのです。
また、繋がる通信エリアはDOCOMO回線ですので、全国規模です。

住んでいる地域を気にすることなく、契約出来ます。

通信が途切れた時でもぷららモバイルLTEのデザリング機能で
スムーズに通信することができます。

ぷららモバイルLTEは、イザという時にも安心です。

■LTE通信制限の7GBってどれくらい?!

LTE通信の制限7GBとは、どれくらいの通信量なのでしょうか?

月間7GBは、YOUTUBEで高画質動画を再生すると1日1時間くらいに
なります。音楽のダウンロードは1日60曲です。

メールの送受信だと1日62万通になります。
通常のインターネットサイトだと、1日1,687ページなのです。

これだけの通信料ですので、通信制限があってもあっという間に
通信できなくなるということはありません

また、無料で使える公共無線LANスポットをかしこく利用することで
通信制限をカバーすることが出来ます。

高画質動画や音楽視聴などは、公共無線LANスポットでするなど
しましょう。

通信制限を考慮して、サポートしてもらえるスポットやサービスを
活用することで、制限が緩和されます。

■LTEモバイルルーターならsimフリーがおススメ!

LTE通信が出来るモバイルルーターの中でもsimフリーの機種が
おススメです。ここから、LTE通信のモバイルルータをご紹介しましょう。

「4G LTE Mobile Wi-FI ルーター MF98N」 本体価格 19,800円

バッテリーは5,000mAhですので、外出先でも安心して通信を
することが出来ます。

通信速度も速く、取扱説明書も日本語ですので安心です。

しかし、通信端末は重いので、洋服のポケットに入れて持ち歩くのは、
不便です。カバンに入れて持ち歩きましょう。

「NEC A手rmPA-MR03LN(AT)」 本体価格 23,100円

タッチパネルでの操作ですので、スマホに近い感覚で誰でも
簡単に操作できます。

スマホで高画質の動画を見る時も音楽をダウンロードする時も
モバイルルーターを併用することで、比べ物にならないくらいに
スムーズになります。

また、利用している通信回線や電波受信レベルなどを、分かりやすく
表示してくれるので、ディスプレイを見るだけでいつでもすぐにルーター
の状態を把握できます。

このようにLTE対応のモバイルルーターには高機能なものが
多くありません。

しかし、高機能ゆえ、本体価格も高額です。

WIMAXは基本的に本体価格は0円ですので、やはり初期費用や
月額の利用料金違いが出てしまいますね。

LTEの通信速度はFOMAの通信速度がもう一段階上がったくらいの通信速度です。
ですので、固定回線程の通信速度は期待できません。
また、WIMAXの通信エリアは狭いものの、通信速度は110Mbps~
220Mbps出ますので、どちらが自分の理想的なインターネット環境を
比べてみましょう。

高性能でもすんでいる地域や利用状況に合っていないと意味が
ありません。注意しましょう。

wifi

simフリーのモバイルルーターを教えて!Lte通信がいい

Q.pngLTEのモバイルルーターで、SIMフリーのものを探しています。

インターネットについては、あまり詳しくありません。
現在は、光回線を使い、デスクトップパソコンでネットに繋いでいます。
これは、2年前にヨドバシカメラで契約したものです。
光回線を工事し、その人にパソコンをセットしてもらいました。
使い方も教えてもらったのです。

そして、インターネットを使っています。
動画を見たりネットサーフィンをしています。
それで、どうやら、ネットの仕組みが分かってきた気がします。

それで、外でのネットに挑戦することにしました。
ノートパソコンとWiFiで、ファミレスでネットを見るのです。
ノートパソコンは、パナソニックを買う予定です。
そしてモバイルルーター。
実は、これに迷っています。
ネット情報がありすぎて、決まらないのです。

現在は、LTEにしようと思っています。
この選択は、グーでしょうか?
できるなら、LTEでSIMフリー、という選択をしたいのです。
SIMフリーのLTEを、教えて下さい。

この方面に詳しい方、どうか回答をお願いします。

■人気のsimフリーモバイルルーター

今年は格安sim元年ですので、格安simに対応できるsimフリーの
スマホが年齢を問わず人気です。

そして、それに伴いsimフリーのモバイルルーターも注目を集めています。

ここでは、利用者の多いDOCOMOのモバイルルーターをはじめとする
人気の機種3つをご紹介していきましょう。

・1,7GHzLTEに対応しているDOCOMOモバイルルーター
「LG L-02F」 本体価格16,500円前後

こちらのモバイルルーターは3G、LTE、無線LANに対応している
モバイルルーターです。

同時に最大10台までと通信をすることができるので、多くの人と
通信を共有することもできます。

対応できるsimサイズはmicroSIMです。simサイズに注意しましょう。
LTE通信モードで出る通信速度は最大で150Mbpsです。

モバイルルーターの中で高速と言われているWIMAXが110Mbps~
220Mbpsでますので、高速通信といえます。

バッテリーはLTE通信ですと約13時間連続で起動可能です。

本体価格は少し高額ですが、機能性や通信の安定性の高さ、そして、
スタミナではデメリットの無い機種です。

個性回線を引かず、モバイルルーターメインで通信をしたい方には
満足のいく機種です。

・NEC 「AtermMR03LN」 本体価格22,000円前後

こちらのモバイルルーターは、simフリーモバイルルーターとして
圧倒的な知名度を誇っている機種です。

モバイルルーターの購入を考えている方なら誰でも一度は、購入を
考えるのですが、本体価格の高さがネックとなります。

インターネットを仕事や趣味などで頻繁に使い、ネット環境のためなら
多少の無理はOKという方におススメです。

一番のメリットは3G通信にもLTE通信にもBluetoothデザリングにも
対応していることです。

LTE通信とBluetoothデザリング両方に対応している機種は
他にありません。

3G起動連続時間は約12時間、LTE起動連続時間は約12時間、
Bluetoothデザリング連続時間は約24時間とスタミナはバツグンです。

・HUAWEI 「HW-01F」 本体価格 13,000円前後

こちらはDOCOMOの最新モデルです。本体価格がお手頃で、購入
しやすい機種ですね。

バッテリーが少なめなのがネックなのですが、それ以外は3G通信も
LTE通信も可能ですし、無線LASNにも対応しているので、フレキシブル
に利用できるモバイルルーターです。

一般のインターネットユーザーでしたら、何の問題もなく通信出来る
機種です。

■simフリーのモバイルルーターのメリット

simフリーのモバイルルーターはスマホに格安simをささず、モバイル
ルーターの方にさすことで利用することが出来ます。

その最大のメリットはいくつかのWI-FI通信機器を同時に1つの回線で
使えるというモノです。

スマホに格安simをさすと、スマホでしか通信をすることが出来ません。

しかし、モバイルルーターは機種にもよりますが最大で10台の通信
機器が1つの回線で通信できるのです。

■simフリーのモバイルルーターのデメリット

simフリーのモバイルルーターの最大のデメリットは通信量です。

格安simにするとキャリアの通信回線をレンタルして通信しているので、
通信料に厳しい制限があります。

最近は、通信量無制限の格安simも登場していますが、厳密にいうと
完全に無制限ではなく、ある一定の通信料になったら、通信速度を
落とすという処置をとられます。

モバイルルーター自体が通信モードが高機能でも肝心のsimカードが
格安simですと、通信環境はあまりいいとは言えなくなります。

また、複数の通信機器を繋ぐにも心細いですね。

後は、モバイルルーターとスマホ、2台持ち歩くことになるので、
荷物が増えてしまいます。

しかし、これはsimフリーでなくても同じことですので、デメリットは
格安simを選んだ場合のみ発生します。

■siフリー端末はまだまだこれから!

simフリーは今年始まったばかりのものですので、simフリー通信端末が
本格的に増えてくるのは、まだまだこれからです。

もし、今焦って購入する理由が特にない場合は、来年まで待ってみる
のもいいかもしれません。

年々進化するモバイルルーターに合わせて、simフリーモバイル
ルーターもどんどん便利に高機能になっていきます。

また、LTE通信は場所によって繋がりにくいところがあります。
自分の住んでいる地域がLTE通信に対応しているか、事前に
チェックしておきましょう。

wifi

最安値のモバイルルーターはlteってホント?デメリットは?

Q.pngLTEのモバイルルーターは、安い分だけデメリットがあるのですか。

私は、ネットやスマホの初心者です。
ちょうど1年前に、ソフトバンクのスマホを買ったのです。
ゲームをやったりネットを見ました。
そして、2週間後に、動かなくなってしまいました。
もちろん、ソフトバンクへ行き、故障だと言ったのです。
ところが、使用量制限に引っかかったのだ、と言われました。
もちろん、買うときに説明されました。
でも、初心者なので、何の事か、よく分からなかったのです。
もっと詳しく聞いておくべきだった。

それ以来、制限内に収まるよう、ビクビクしながら使っていました。
そして、1ヶ月前です。
モバイルルーターのことを知りました。
すぐに買おうと思いましたよ。

いろいろ調べました。
価格ドットコムを見ました。
そこでは、LTEのモバイルルーターが最安値になっています。

それで質問なのです。
何で、こんなに安いのでしょうか?
安い分のデメリットがあるのでしょうか?

今度は、詳しく聞いておくべきだった、とならないようにしたいのです。

どうか、回答をお願いします。

■価格ドットコムで行われているキャンペーン

現在、価格ドットコムで行われているキャンペーンはこちらの内容です。

「GMOとくとくBB WiMAX2+ (通常プラン)Speed Wi-Fi Next WX01」

現金キャッシュバックがありますので、23,790円です。
初年度の実質費用は月額1,498円となります。

2年目の実質負担費用は2,648円です。

こちらのキャンペーンは人気のWIMAX端末をとても手頃な金額で
手に入れることが出来るキャンペーンです。

デメリットは、WIMAXの通信端末を自分で選べないことです。

また、通常の通信端末で利用できる「ハイスピードプラスエリアモード」
という一番高速な通信モードは利用できません。

そして、「ノーリミテットモード」という無制限の通信モードも利用する
ことが出来ないのです。

利用できるのは、「ハイスピードモード」のみの通信モードだけです。
しかし、これでも十分いい通信環境です。

「ノーリミテットモード」はその名のとおり、無制限で通信することが
出来る通信モードのことです。

「ハイスピードモード」は通信制限が月間で7GBという制限があります。

その制限がかかったら通常だったら、「ノーリミテットモード」に切り
替えることで通信できます。

しかし、こちらの格安キャンペーンで申し込みをすると利用できませんので、
通信環境はかなり厳しいものがあります。

しかし、GMOとくとくBBへの入会費や通常かかる初期費用3,240円
が必要なのですが、こちらのキャンペーンで申し込むと初期費用無料です。

こちらのキャンペーンを利用するには、GMOトクトクBBに入会をする
必要がありますが、通信制限があってもいいという方には、とても
うれしいキャンペーンです。

また、以前同じキャンペーンに申し込んだことがある人や、過去に
GMOトクトクBBに入会し、退会したことのある人は契約することが
出来ません。

また、キャンペーン用の特設ページ以外から申し込みをすると適応
されませんので、必ずキャンペーンの特設ページから申し込みをしてください。

また、GMOとくとくBBの月額料が無料の期間はGMOとくとくBB
ポイントは尽きません。

■WIMAXの最大の良さは・・・?

WIMAXの最大の良さは、通信料がとても安いのに、通信制限がない
というポイントです。

ですので、こちらのキャンペーンではその最大のメリットである
通信無制限という部分がなくなってしまっています。

しかも、現在、WIMAX Broadでは通信端末無料キャンペーンが
行われているほか、その他の会社でも高額キャッシュバックか
タブレットかノートパソコンプレゼントというキャンペーンを行っています。

そういったお得なキャンペーンは通信は無制限のままです。

月額の利用料金には、差が出てしまいますが、他の会社の
キャンペーンでも十分お得なのではないでしょうか?

また、WIMAXは都市部では通信しやすいのですが、地方では
なかなか通信しづらいところもあります。

■WIMAXの一番安い年間費用の会社は?

価格ドットコムで行われているキャンペーンよりもお得に、かつ
通信無制限というメリットはそのままに、WIMAXを契約するためには、
どこの会社を選んだらいいのでしょうか?

おススメなのは、「とくとくBB WIMAX2+ ギガ放題」です。

月額利用料金は4,263円で1年目の合計利用料金は24,105円、
2年目だと51,156円2年間の合計で75,261円です。

ギガ放題で業界最大規模の高額キャッシュバックがあります。
契約期間は2年間で、通信制限はありません。

■モバイルWIFIなどのツ新契約をする時は?

モバイルWIFIルーターなどの通信駅薬をする時は必ず、その時の
公式サイトやキャンペーンの内容のページをプリントしておきましょう。

下の方に書かれている細かい字も含めてしっかり保存しておけば、
あとからキャンペーンの内容と違うのでは?という事態になっても
疑問を解消しやすくなります。

キャンペーン内容と違うという場合は、ほとんどが契約者の確認
ミスであることが多いです。

しっかりキャンペーン内容はチェックしてほんとうにお得かを
かくにんしておきましょう。

また、キャッシュバックでよくあるのは、契約後1年経ってからでないと
申し込みが出来ないというモノです。

契約後1年経っているとほとんどの利用者が忘れてしまい、せっかく
もらえるキャッシュバックをもらい損ねてしまうことが良くあるので、
注意をしてください。

また、スマホ同様、2年間の契約中に解約を据えると解約金が発生します。

wifi