大東建託の物件では電話回線を使ったインターネットを利用している?

大東建託のインターネット回線は電話回線?

大手の賃貸住宅管理会社として有名なところが大東建託です。
かなり多くの物件を持っているので、使ったことがある人も多いはず。

最近では自分の好みのサービスを選んで物件を探すことが出来るDK SELECTという
サービスも開始されました。

そしてインターネット関係でも多くのサービスを提供していることでも有名です。
実際にネット無料の物件も大東建託では見つけることが出来ます。

そんなネットに強い、という印象がある大東建託の賃貸物件ですがその中には今でも
電話回線を使ったインターネット接続をしているという噂もあります。

現在では固定回線なら光ファイバーを使った光回線が主流になっています。
電話回線を使ったものよりもかなり安定していて通信速度も速いためです。

でも大東建託の物件では本当に電話回線を使っているのでしょうか?
この噂について詳しく調べてみましょう。

大東建託の物件で使っているのは色々な回線

まず大東建託の物件で使っているインターネット回線は電話回線という噂ですが
ある意味では本当である意味間違っています。

大東建託ではかなり多くの賃貸物件の管理を行っています。
その為にインターネット設置済みの物件の種類もかなり多くなっています。

最近できた物件では当然光回線を使っている所も多いのですが、古い物件の場合
電話回線のときのままという建物もあります。

それに光回線が対応していないところや安くなるなどの理由でケーブルテレビ回線を
使っている賃貸住宅もあります。

つまり電話回線を使ってインターネット接続している物件もかなり少ないのですが
大東建託の賃貸住宅の中にはある、という事です。

でも全ての物件で電話回線でのネット接続をしているわけではありません。
むしろ電話回線でネットをしている物件のほうが少ないはずです。

では現在大東建託の賃貸住宅で多く利用されているのはどんな回線なのでしょうか。
ちょっと調べてみることにしましょう。

大東建託専用インターネットご案内センターを確認してみる

大東建託では入居者向けのサービスの1つに専用のインターネット案内センターを
設置しています。

不動産店の案内や入居時にチラシをもらうこともあると思いますが、そちらには
この大東建託専用インターネットご案内センターについてのチラシもあります。

フリーダイヤルの電話番号とQRコードが書かれているので電話やネットで
申し込みや相談をする事が出来ます。

こちらのセンターを使ってインターネットの契約をした場合、案内されるのは
フレッツ光かJ:COMです。

つまり多くの物件では光回線、もしくはケーブルテレビ回線を勧められます。
これは物件によって設置されている回線が違うので物件によって変わります。

元々大東建託はU-NEXTと提携しているのでこちらが勧めるプロバイダとの
契約が多くなっています。

つまりU-NEXTが利用できる光回線か、その地域で利用できるケーブルテレビの
インターネット回線を使っている物件が多いという事に。

これらの回線のどちらも対応地域になっていない場合には電話回線を使ったADSLで
インターネットをしているということのようです。

でも現状では電話回線も光ファイバーケーブルを使うことが多くなり、メタル回線を
使っているADSLはとても利用可能地域が少なくなっていると聞いています。

光回線でも分配に電話回線を使っている可能性はある

もう1つ、電話回線を使ったインターネットということに心当たりがあります。
実は光回線を使っていても集合住宅の場合、電話回線を使うことがあるのです。

集合住宅では建物に光回線を設置して、それを各部屋に分配して使います。
フレッツ光なら1Gbpsの回線をそれぞれの部屋で使えるように分配することに。

その為に一度に複数の部屋で同時にネット接続をすると一つの部屋の通信速度は
遅くなるという状況なのですが^^;

この分配をするための回線に電話回線を使っている集合住宅があります。
これがVDSL方式の分配をしている集合住宅です。

以前の建物には必ず電話線が設置されていたので各部屋まで新しく回線設置をせずに
分配をするために電話線を使いました。

最近の建物では建築時に各部屋までLANケーブルを設置してLANコンセントを
作っている物件も多くなっています。

でもいまだに多くの集合住宅ではVDSL方式の分配をしているので、せっかくの光回線が
電話回線を使って遅くなってしまうという状況も多くあるのです。

物件の内見をする時にコンセントにLANの差込口があれば電話線を使わずに分配をする
物件の見分けをする事が出来ます。

まあその前に不動産店に確認をとってもいいと思うのですが。
通信速度が気になるなら分配方式を聞いておくのを忘れないようにしましょう。

Wi-Fi(モバイルルーター)契約なしでできる?無線LANルーターとモバイルルーターの違いって何?

Wi-Fiって何も契約しないでも使うことができるの?
そんな疑問を聞かれたことがあります。

実際にモバイルルーターと言われてもよくわからない、という方も多いのでは?
モバイルルーターって無線LANルーターと何が違うの?

そんな疑問を解消できるように、それぞれの機材の特徴や契約が必要など
詳しく確認してみましょう。

モバイルルーターと無線LANルーターの違いって?

まずはモバイルルーターと無線LANルーターの違いを確認してみます。
基本手には無線LANルーターは自宅の固定回線に接続する分配器です。

ルーターとは一つの回線を複数に分配するための機材、LANと言われている
小さな地域でのネットワークをつなぐためにも利用されている分配器です。

この分配を無線で行うのが無線LANルーター、Wi-Fiルーターとも言われています。
Wi-Fiとは無線LANの規格の1つなので意味的には無線LANと一緒です。

今現在使われている無線LANは多くがインターネットの固定回線を分配するために
設置されているものです。

この無線LANルーターを持ち運んで使えるようにしたのがモバイルルーターです。
固定回線を分配するのではなく、モバイル回線を分配しています。

一般的な無線LANルーターが光回線などの固定回線を分配するために設置されます。
モバイルルーターはそれを持ち運ぶためにルーターがモバイル通信をしています。

スマホを考えてもらえばわかりやすいでしょうか。
モバイルルーターは電源を入れればスマホのようにネット接続が出来るのです。

そしてそのモバイル通信で接続したインターネット回線をWi-Fiを使って他の端末に
分配してネット接続できるようにしているのがモバイルルーターです。

無線LANルーターの利用には基本的には契約が必要ない

ではそれぞれの機械について、契約が必要になるのか考えてみましょう。
まず無線LANルーターの場合ですが、基本的には購入して接続すれば使えます。

まあ基本的なセキュリティや接続する端末ごとの設定は必要ですが、無線LANルーターを
使うことに関しての契約は必要ありません。

電波を使っているとはいえ家庭内でのネットワーク用の電波です。
ローカルエリアのネットワーク構築に参加している人以外の許可は必要ありません。

普通に考えても契約している固定回線を分岐させて使わせてもらうので、回線の契約を
している人の許可をもらえば問題ないかと。

ただしこちらは固定回線を分配するので、当然ですがインターネットに繋がる
固定回線が必要です。

光回線などの契約は別に必要になるので、まずはインターネットの固定回線を
契約していることが大前提になります。

無線LANルーターを使うことに契約は必要ありませんが、無線LANルーターを使える
という状況を作るためには固定回線の契約が必要です。

モバイルルーターを使うには契約が必要

次にモバイルルーターを使う場合ですが、こちらはモバイル通信を行うために
スマホと同様に契約が必要になります。

無線LANルーターの場合はすでに契約している固定回線に接続して使いましたが
モバイルルーターはルーター自体がインターネット回線に接続する機能を持っています。

その為にインターネット接続するための契約をモバイルルーターごとに行う
という必要があるのです。

モバイル回線を使ってインターネット接続するためにモバイルルーターには
スマホと一緒でSIMカードが挿入されています。

SIMカードがなければモバイル通信が出来ないわけで、中古でモバイルルーターの
本体を購入してもSIMカードがないためにネット接続が出来ません。

まあSIMカードのみの契約をすれば安くモバイルルーターが利用できる
ということにもなるのですが・・・

ただしモバイルルーター本体にはSIMカードの取り外しができない端末もあります。
それにモバイルルーターにはSIMカードの契約だけでは使えない機能もあります。

SIMカードのみの契約でモバイルルーターを運用するには多少の知識が必要なので
モバイルルーターを使うなら新規契約することをおすすめします。

無線LANルーターとモバイルルーターはどっちが使いやすい?

まず自宅に固定回線がすでにあるなら契約なしで使える無線LANルーターのほうが
すぐに使えて便利です。

まあ使い方にもよるのですが、単純に自宅でタブレットPCや携帯ゲーム機などを
ネット接続させたいというなら無線LANルーターで十分です。

自宅にいる間はスマホのデータ定額パックを節約したい、という場合にも
無線LANルーターを使うことでデータ定額パックを節約することが出来ます。

ただしこちらは固定回線が設置されていることが前提です。
一人暮らしなどでまだ固定回線がないなら無線LANルーターを購入する意味は無いかと。

一人暮らしなので自宅ではインターネットをあまり使わない、スマホ以外に
タブレットPCなども外出先で使いたいというならモバイルルーターが便利です。

モバイルルーターなら電波が届く地域ならどこでもネット接続が出来ます。
当然室内でも使えるので固定回線をあまり使わないなら代わりにするということも。

これに持ち運びが出来るので、スマホを使う時にも大容量のデータ定額パックを辞めて
モバイルルーターにすれば月額料金が安くなる可能性もあります。

ただしモバイルルーターは回線契約が必要なので、どんなプロバイダと契約するかで
使い方やお得感は大きく変わってしまいます。

無線LANルーターとモバイルルーターはその人のネットの使い方や状況によって
大きく使いやすさが変わってくると思います。

モバイルルーターはどうやって選べばいい?

では次にモバイルルーターを契約する場合の注意点などについて考えてみましょう。
そもそもモバイルルーターには種類があるのでしょうか?

実は現在モバイルルーターで使われている回線には2種類あります。
この回線の特徴がそのままモバイルルーターの特徴になっています。

まず一般的なスマホで使われているのと同じLTEを使っている商品があります。
実際にドコモやソフトバンクの回線を使ったサービスはそれぞれに提供されています。

後LTEを使っているのはイーモバイル回線ですが、これは現在ソフトバンクの
系列会社になっているのでソフトバンク回線も同時に使えます。

それともう1つ、独自の回線を使ったWiMAXというモバイルルーターがあります。
こちらはauと同じ親会社のKDDI傘下の企業が提供しています。

モバイルルーターを選ぶならこのどちらかの回線を使っている端末を選ぶ
という事になるのですが・・・

この2種類の回線にはかなり大きな違いがあり、好みや使い方によってどちらの
回線がいいのかは変わってくると思います。

ではそれぞれの回線の特徴を確認してみることにしましょう。

WiMAXを使ったモバイルルーターの特徴

まずはWiMAXを使っているモバイルルーターの特徴を確認してみます。
こちらは独自の高周波数帯電波を使ったモバイル回線を使っています。

高周波数帯電波は一度に多くのデータを運ぶことが出来るので同じ伝播速度でも
運ぶことが出来るデータ量が大きく変わります。

つまり通信速度が速くなるという特徴があり、独自回線のために混雑もそれほど
大きくなっていないというのが大きな特徴です。

実際にWiMAXでは最新端末を使えば通信速度は下り最速708Mbpsが出せます。
光回線の通信速度に引けを取らない高速通信が出来るという魅力があります。

それに対応地域の全域で月間データ通信容量の上限なしというプランが利用できる
というのも大きな魅力です。

毎月のデータ通信容量を気にすること無くインターネットが出来るのです。
ただし3日間で10GBの通信をすれば速度制限がかかるのですが・・・

完全無制限ではないのですが、それでもヘビーユーザーにはとても魅力的なプランが
提供されているのがWiMAXのモバイルルーターです。

欠点としては高周波数帯の電波の安定性が悪いこと。
障害物で反射するので室内ではかなり電波状況が悪くなります。

建物の奥では最悪の場合、ネット接続ができないという状況もあります。
それに対応地域は人口カバー率94%程度とちょっと狭いのもデメリットです。

対応している地域の確認、更には対応していても周囲の状況によってはつながらない
というかなり安定性に問題があると思えるのがWiMAXでした。

LTEを使ったモバイルルーターの特徴

次にLTEを使ったモバイルルーターの特徴を調べてみましょう。
こちらは基本的にスマホと同じ回線を使っているモバイルルーターです。

実際にソフトバンクとドコモではそれぞれの4G/LTE回線を使ったモバイルルーターを
提供しているのですが、こちらは月額料金が高いので今回は除外します^^;

LTEを使ったモバイルルーターとして一般的なのはポケットWiFiという商品で
こちらはイーモバイルとソフトバンクの4G/LTE回線を使えます。

ソフトバンクの回線が使えるので全国的にかなり広い地域でのネット接続が可能です。
人口カバー率99%はかなり広い地域で使うことが出来る安心感があります。

使っているのが低周波数帯のプラチナバンドの電波なので障害物を避けて進めるので
室内でも安定してネット接続が出来るというメリットもあります。

ただしポケットWiFiでは基本的に月間データ通信容量の上限が7GBなので
固定回線の代わりに使えるほどのデータ容量がありません。

一応上限なしというプランもあるのですが、対応している地域はAXGPエリアのみ。
つまり主要都市にだけ展開されている地域のみで使えるプランという事です。

ポケットWiFiでは業界最安値プランの提供をしているプロバイダもあり
月額1,980円というかなりの安いプランが提供されています。

でもこちらも月間データ通信容量は5GBが上限でそれを超えれば速度制限がかかる
という状況です。

容量が厳しくメインになりにくいのがポケットWiFiでした。

もう1つのLTEを使ったモバイルルーターとは?

実はもう1つ、LTE回線を使ったモバイルルーターのサービスがあります。
それがソフトバンクのMVNO、回線レンタルをして提供しているサービスです。

格安SIMでは大手キャリアの回線をレンタルしてSIM契約のみでのサービス提供を
行っているプロバイダがあります。

これと同じようにソフトバンクの回線をレンタルしてモバイルルーターを
提供しているのがネクストモバイルというところです。

格安SIMと同じで余計なサービスを付けずにオトクな料金でサービス提供しています。
実際に20GBと30GBのプランがそれぞれ2,760円と3,490円で使えるのです。

WiMAXのような月間データ容量無制限ではないのですが20GBあればかなりの大容量で
多くのコンテンツを楽しむことができます。

料金もとても安く、スマホで同じ要領のデータ定額パックを契約すれば月額料金は
6,000円も必要になります。

LTE回線なので安定性も高く、ソフトバンク回線なので広い地域で使えます。
これがお得に使えるネクストモバイルはかなりオススメのモバイルルーターです。

wifi

大東建託の賃貸住宅のインターネット回線でソフトバンク光を申し込みできる?

大東建託の賃貸住宅でソフトバンク光の申込みは出来る?

インターネットがかなり普及した最近では、そのネット回線の申込を使った
色々なサービスも多くなっています。

特に固定回線の光回線と色々な会社が協賛している光コラボモデルという申し込みは
とても便利に使えると注目されています。

例えば大手キャリアが提供する光コラボモデルを使えば、スマホの月額料金を
割引しながらプロバイダ料金込の金額でフレッツ光を利用することが出来ます。

一時期は固定回線よりもスマホなどモバイル通信のほうが注目されていましたが
最近では家庭用ゲーム機やテレビの動画配信などで光回線も最注目されています。

そんな注目光回線の最大手がNTTの提供するフレッツ光で、この回線申込みを
プロバイダなどから行うことで様々な割引サービスを利用できるのが光コラボです。

そこでそんなオトクな光コラボモデルを賃貸住宅でも利用できるのか?
集合住宅のインターネット回線申し込みでも出来るのかちょっと知りたくなりました。

大東建託の賃貸住宅はインターネット関係のサービスに強いと言われていますが
こちらから光コラボモデルの申し込みは出来るのでしょうか。

今回は私の使っているキャリア、ソフトバンク光の申し込みで確認してみます。

賃貸住宅にフレッツ光がなければ申し込みできない

まず大東建託の賃貸だけではなく全ての賃貸住宅でも言えることですが
建物にフレッツ光が設置されていなければ光コラボモデルは申し込みできません。

集合住宅の場合は建物に光回線を設置して、それを各部屋に分配しています。
これは光回線だけではなくケーブルテレビ回線も一緒です。

つまり一つの建物に1回線しか設置できないのが普通なので、すでに別の回線が
設置されているなどフレッツ光がなければ設置ができないのです。

まだ光回線やケーブルテレビ回線が何も設置されていない、という状況なら
大家か管理会社を通してフレッツ光を集合住宅に設置することは出来ますが・・・

回線設置工事は集合住宅の居住者の認証が必要なのでかなり難しいし長い時間が
かかる可能性が高いです。

一応個人で戸建て用の回線申し込みをすればアパートなどの1部屋だけに
フレッツ光を設置することも出来るのですが、この場合月額料金が高くなります。

手間を掛けずに利用できるのはすでにフレッツ光が設置されていることです。
まずは設置されている回線を確認してみましょう。

大東建託の賃貸住宅でもソフトバンク光の申し込みは出来る

大東建託の賃貸住宅では入居時に専用のサポートダイヤルを教えてもらえます。
こちらに連絡すると提携しているプロバイダと簡単に契約することができます。

多くの物件でこのサポートダイヤルを利用する人がいるので、それ以外の
インターネット申込みが出来ないと思ってしまう人も多いようです。

でも実際には単純にサポート用のダイヤルからプロバイダに連絡しているだけです。
つまり自分でプロバイダに連絡してネット利用の契約をする事が出来ます。

当然ソフトバンクのスマホを使っていて、ソフトバンク光を使いたいと思えば
ショップなどから申し込みをする事が出来るのです。

ソフトバンク光に限らず、他の光コラボモデルでも問題はありません。
賃貸住宅にフレッツ光が設置されているなら問題なく契約ができます。

それに光コラボモデル以外でも単純にキャッシュバックを利用するために
プロバイダを申し込むことも出来ます。

新規契約特典では色々なキャンペーンを展開していますが、それを使うために
自分でプロバイダから申し込みをすることも問題ありません。

自分で申し込みをする場合の注意点とは?

大東建託の賃貸物件の場合、最初からインターネット回線が利用可能な状態で
契約できるサービスもあります。

DK SELECTネットサービスでは入居した時にすでにネット契約がされている状態で
Wi-Fiルーターですぐにネットがつながる状況になっています。

こちらの物件では回線契約が終わっている状態なので新しくソフトバンク光に
乗り換えることが出来ません。

自分の部屋にだけフレッツ光を設置して光コラボモデルを契約する、という方法も
一応出来るのですがコストが掛かりすぎます。

それにDK SELECTの場合、すでにネット利用料金が管理費などに含まれている
可能性が高いのでネット代金の二重払いの状態になります。

それと光コラボモデルは多くのユーザーが乗り換えたことで一時期かなり混雑し
ネットの通信速度が遅くなるというトラブルも多発しました。

特にソフトバンク光はスマホが安くなるためにソフトバンクユーザーが集中し
しかも選べるプロバイダが1つなのでそこに多くのユーザーが集まってしまいました。

現在多少緩和されているようですが、光コラボモデルにすると通信速度が遅くなる
という状況も考えて契約したほうが良さそうです。

大東建託からインターネットの申し込みをするとキャッシュバックキャンペーンはある?

大東建託からのネット申し込みにはキャッシュバックキャンペーンはある?

大東建託の賃貸物件を契約した場合、インターネット加入手続きがかなり手軽に出来る
という情報があります。

実際に大東建託ではインターネット無料の物件、DK SELECTネットサービスなどを
提供しています。

それ以外の一般的な賃貸物件に入居した場合でも専用窓口から簡単にネットの
利用手続きを行うことができるようです。

インターネットの申し込みに関してはかなり便利に利用できる、という印象が
大東建託の賃貸住宅にはありました。

ではこの大東建託の専用窓口からインターネット契約をした場合、ネット代理店などで
行われているようなキャッシュバックキャンペーンは使えるのでしょうか?

一時期かなり大々的に大手代理店などで行われていたキャッシュバックキャンペーンは
上手に使えれば月額料金の負担を大きく減らすことができます。

この特典は大東建託の窓口から申し込みをしても利用できるのでしょうか。
ちょっと調べてみることにしましょう。

DK SELECTの物件ではネット申し込み自体がない

まずは大東建託のインターネット物件の代名詞、DK SELECTの場合ですが
そもそもこちらではインターネット回線申込の手続きがありません。

入居してすぐにインターネットが使えるように各部屋にWi-Fiルーターを設置して
回線も開通している状態で賃貸に出されています。

つまり契約の手間がない反面、自分でプロバイダを選ぶことが出来ないというのが
DK SELECTの物件です。

インターネット回線加入申し込み手続きがないので新規加入キャンペーンとして
行われているキャッシュバックなどのキャンペーンを利用することが出来ません。

たとえDK SELECTの物件が代理店でキャッシュバックキャンペーンを展開している
回線とプロバイダと全く同じだとしても特典の適応はありません。

まあすでに加入している状態なので、新しくつかうというだけで新規加入特典を
利用することは出来ないですよねえ・・・

では他の大東建託の賃貸住宅ではどうなのでしょうか?
別の物件の場合をも確認してみます。

大東建託の専用窓口から申し込みをしてもキャンペーンは利用できない

大東建託の賃貸物件を契約すると提携しているプロバイダからインターネットの
加入ができる専用窓口が利用できるようになります。

専用のオペレーターに相談することが出来て、申し込み手続きも簡単に出来る
というメリットが有るのですが基本的に提携プロバイダへの申し込みになります。

契約した地域によって申込先が変わりますが、基本的に大東建託と提携している
プロバイダへの申し込みが簡単になるという窓口です。

そしてやはりこちらの窓口から申し込みをした場合にはキャンペーン特典を
利用することが出来ません。

利用している回線や契約するプロバイダがどんなキャンペーンを行っていても
それを利用することが出来ないのです。

たとえ契約するプロバイダが代理店を使えばキャッシュバックを行っていたとしても
大東建託の窓口から申し込みをすればそのキャッシュバックは利用できません。

回線のキャンペーンも代理店が大東建託の窓口、と言うことになるようで
全くキャンペーン特典が使えない状況になります。

キャッシュバックなどを使いたいなら自分で申し込みをする事が必要になる
ということのようです。

大東建託の賃貸物件は自分でネット申し込みが出来る?

新規加入キャンペーンを使うなら自分で契約をする事が必要。
でも大東建託の窓口を使わずにネット申し込みをする事は出来るのでしょうか?

最初から回線契約がされているDK SELECTでは無理ですが、普通の賃貸物件なら
大東建託の窓口を通さずにネットの利用契約を行うことが出来ます。

建物に設置されていない回線を使うのはちょっと難しいのですが、基本的に
大東建託の賃貸物件は傷をつけない工事の場合には許可が必要ありません。

すでにフレッツ光が設置されている物件にauひかりの回線を自分の部屋だけに
設置するということも出来るのです。

まあ普通はすでに設置されているフレッツ光に加入するのが簡単ですが^^;
自分で契約するならプロバイダも自由に選ぶことが出来ます。

当然プロバイダや回線提供代理店などで行っているキャッシュバックなどの
キャンペーン特典も利用することが出来ます。

大東建託の窓口を通さない場合には管理費などが高くなるということもないので
あまり気にせずに申し込みをしましょう。

プロバイダ選びはネット回線の通信速度にも関係するので実はとても重要です。
キャンペーンも使えるので手間がかかりますが自分で契約するほうがオススメです。

インターネット付きの大東建託の物件でWi-Fiを使うにはどうすればいい?

大東建託の物件でWi-Fiを使ったインターネット接続をするには?

最近では一人暮らしのための必要な設備の中にインターネットという項目があります。
女性の場合、人気の設備の1位にはオートロックなど防犯設備が入っています。

これが男性になるとインターネット無料という条件が上位に入ってきます。
まあ女性でもインターネット無料はかなり人気の設備なのですが^^;

こんな状況なので賃貸住宅情報の中にはインターネット設置済みという項目も
多く見られるようになりました。

特に大東建託の賃貸住宅ではインターネット関連の設備には力を入れている
という噂も聞きます。

それならインターネット設置済みの物件でスマホをお得に使うためにWi-Fiを使った
ネット接続をするにはどうすれば良いのでしょうか?

スマホのデータ定額パックを節約するためにWi-Fiの利用は欠かせません。
そのWi-Fiを使うためには何を用意すれば良いのでしょうか?

大東建託の賃貸住宅なら何も用意せずにWi-Fiを使うことが出来るのでしょうか。
インターネット関係のサービスについて詳しく調べてみることにします。

インターネット設置済みとインターネット無料は違う

まずは住宅情報などで記載されている「インターネット設置済み」と
「インターネット無料」の物件の違いについて確認してみます。

人によってはどちらも同じ意味に聞こえるかもしれませんが、賃貸住宅の設備
という意味ではそれぞれに意味が違うのです。

インターネット設置済みと書かれている場合、賃貸物件の建物にはネット回線が
設置されているという意味で使われています。

集合住宅のインターネット回線は基本的に建物で1つの回線を使います。
大きなマンションなどになれば複数の回線を使うこともあるのですが・・・

そして実際にインターネット接続をするためにはその建物の回線を各部屋に分配して
それぞれの部屋まで開通させることが必要です。

賃貸契約をしただけでは回線は借りた部屋まで届いていません。
自分で回線契約をして初めてインターネットを接続できるようになる、という訳です。

ではインターネット無料というのはどういう意味なのでしょうか。
こちらはすでに部屋でインターネットが使えるように契約している状態です。

入居してすぐにでもネット接続が出来る状態になっています。
回線契約を個別に行う必要が無いのです。

そして多くの場合、回線利用料金が管理費や設備利用代金として集められています。
つまり家賃と一緒に支払いをしている状態です。

だから別途回線料金を支払うことがないのでインターネット無料と書かれているのです。
基本的にただでインターネットが出来る、という意味ではないのです。

大東建託のDK SELECTの場合

では実際にそれぞれの物件でWi-Fiを使うためにはどうすれば良いのか調べてみます。
まずは大東建託のインターネット無料物件の場合です。

大東建託ではDK SELECTというサービスを実施していて、その中にインターネット無料
という物件の提供も行っています。

このDK SELECTでは部屋に最初からWi-Fiルーターを設置してあります。
回線契約も住んでいる状態なので後はWi-Fiルーターのセキュリティを解除するだけです。

入居すると簡単なサービス内容を記載した小冊子をもらうことが出来ます。
その中にWi-FiルーターのSSIDとPASSWORDが記載されています。

スマホなどWi-Fi対応端末でそれを入力すればそれでネット接続設定は完了です。
すぐにでもネットが出来るようになっています。

こちらの場合は何も用意せずにすぐにWi-Fiが使えるという魅力があります。

一般的な賃貸住宅の場合

では大東建託を始め一般的な賃貸住宅でWi-Fiを使うにはどうすれば良いのでしょうか。
まずはインターネット回線の契約をする事が必要です。

回線や建物の設備によって違いますが、ネット回線契約をすると部屋に回線の端末
インターネットモデムやVDSL終端装置が設置されます。

通常はここからパソコンなどの端末にLANケーブルを使って接続するのですが
ここにWi-Fiルーターを自分で接続すればWi-Fiでの分配が可能になります。

つまり部屋の中の回線の途中にWi-Fiルーターを設置することでスマホなどを
Wi-Fi出インターネットに接続できるようになるという訳です。

ちなみにWi-Fiルーターはプロバイダなどでレンタルをする事が出来ます。
月額500円程度ですが、自分で購入してつなげることも出来ます。

Wi-Fiルーター自体は安いものなら4,000円程度、高いものなら15,000円以上
という商品もあるのですが・・・

後は固定回線を契約せずにモバイルルーターの契約をすればすぐにでも
Wi-Fiを利用することが出来ます。

モバイルルーターはスマホのようにモバイル通信を使ってネット接続する
持ち運び可能なWi-Fiルーターというところでしょうか。

こちらは月額5,000円以下で使えますので固定回線に興味が無いなら
モバイルルーターが手軽で便利です。

スマホをWi-Fiで使っていても契約容量(プラン)を超えると通信速度が遅くなる?

スマホはWi-Fi接続すれば通信速度が遅くならない?
この事に疑問を持ってことはありませんか。

よく言われているのはスマホのデータ通信容量を節約するためにはWi-Fi接続すること。
でもこのWi-Fi接続ではどんな状況でも通信速度は変わらないのでしょうか。

スマホの通信速度とWi-Fi接続の関係をちょっと詳しく調べてみることにしました。
Wi-Fiを使えばどんな節約ができるのかも確認してみましょう。

何故Wi-Fiを使うとデータ通信容量の節約ができる?

現在のスマホの契約は基本的に基本通話料金プランにプロバイダ料金と
データ通信定額パックをあわせた月額料金を支払っています。

このデータ通信パックの容量は契約して決めるのですが、容量以上の通信をすると
速度制限がかけられてしまいます。

一般的に大手キャリアでは下り最速128Kbpsまで速度を落とす措置が取られます。
この状態でネットを利用するのはかなり難しくなってしまいます。

そこでデータ通信パックの容量を使わずにネットをする事が通信速度制限の危険を
回避するために必要というわけです。

そしてデータ通信とは違う方法でネットに接続すればデータ通信容量を減らさずに
ネットが出来るということに。

その方法としてWi-Fiを使う、という方法が利用されているのです。
Wi-Fiは無線LAN規格の1つで、実際にはLAN通信をしているだけです。

つまり無線LANルーターに接続するだけでインターネットが出来る環境があれば
データ通信の節約ができる、ということですね。

すでに速度制限されている状態でWi-Fiを使っても速度は遅いまま?

Wi-Fiを使うことでデータ通信容量の節約ができることはわかったと思います。
では次の疑問、速度制限されている状態ではWi-Fiでも速度は遅いのでしょうか?

すでに契約した容量以上の通信をしてしまい、現状速度制限がかかっているスマホで
Wi-Fi接続のインターネットをした場合には通信速度はどうなっているのでしょうか?

まあスマホでは全て同じ回線でインターネットに接続している、と思っている人も
多いようですが実は違うんです。

データ通信用の定額パックではスマホ本体がモバイル通信という電波を使った通信を
行っているのですがWi-Fiは上記の通り無線LANの接続です。

つまり使っている回線が全く違うのでそれぞれの回線は影響を受けていません。
速度制限されるのはデータ通信だけなのでWi-Fiの速度は変わりません。

例えばスマホで速度制限されている時に自宅の固定回線にWi-Fi接続したとします。
この時にネット接続するのは固定回線なのでスマホの速度制限は無関係です。

これでわかるようにスマホが速度制限された時にはWi-Fiを使ってネットをすれば
快適に楽しめるということです。

Wi-Fiを使えば通信速度が遅くなることはない?

スマホが速度制限を受けているときでもWi-Fiを使えば快適にネット接続が出来る
ということがわかりました。

でもWi-Fi接続ならどんな状況でも通信速度が遅くなることはないのでしょうか?
実はWi-Fiも環境によっては通信速度が落ちる可能性はあるのです。

自宅のWi-Fiルーターで多く起きる可能性があるのは、ルーターと端末の間に
障害物が多くあるという状況です。

例えば戸建住宅の1階にWi-Fiルーターを設置して、2階でスマホをWi-Fi接続した
という状況では通信速度が遅くなる可能性が高いです。

この場合、Wi-Fiルーターとスマホの間に壁や天井などの障害物が多くあるので
電波が届きにくいという状況です。

通信回線に速度制限がなくてもWi-Fiが届きにくい環境では通信速度は上がらず
インターネットも快適な状況ではなくなります。

それとWi-Fiルーターと端末の距離が開くことでも電波状況が悪くなるので
やはり通信速度が遅くなります。

あまりにWi-Fiルーターと利用する場所が離れている時には中継点を設置するなど
改善策が必要になります。

Wi-Fiルーターの同時接続数が多くなると通信速度は遅くなる

Wi-Fiルーターに接続している端末が多くなればやはり通信速度が遅くなります。
ルーターは単純に一つの回線を複数に分配するだけの装置です。

それはWi-Fiルーターでも同じで電波を使って一つの回線を複数の端末で使えるように
分配しているだけなので同時に多くの端末を使えば1つずつの回線速度は下がります。

自宅のWi-Fiルーターならそれほど多くの端末を同時に使うことも少ないのですが
公衆無線LANスポットを使うとこの状況がよくわかります。

公衆無線LANスポットはいわば公共のWi-Fiルーターを設置しているようなものです。
無料で使えるWi-Fiスポットならかなり多くの人がそこを利用していると思います。

1つのWi-Fiスポットに数十人単位で同時にネット接続をすれば、一人の回線速度は
かなり遅くなることが簡単に予想できますよね?

最近ではカフェやファーストフード店でも利用者が無料で使えるWi-Fiスポットを
設置している店舗が増えています。

そんな公衆無線LANスポットを使えば確かにデータ通信容量の節約が出来るのですが
かなりの混雑が予想されるので大きなデータのやり取りには向かないと思います。

端末のセキュリティやWi-Fiルーターのファームウェアを確認

もう1つWi-Fi通信が遅くなる可能性が考えられます。
こちらはちょっと技術的なことですが、セキュリティなどの問題です。

インターネットに接続するのでウィルス感染予防のためにセキュリティソフトを
使っている方は多いと思います。

そのセキュリティソフトによっては特定のWi-Fi通信をハッキングと同じようにとらえて
ブロックしてしまうということがあるのです。

つまり端末でWi-Fiの電波を妨害しているのでネット接続が出来ない、通信速度が
遅くなるなど障害が発生してしまいます。

それに昔から使っているWi-Fiルーターの場合、LAN接続などに関する内部プログラムが
古くなっていて効率が悪く最新の端末では通信速度が上がらないということも。

スマホなどのセキュリティソフトが働いている場合はそのソフトの例外設定に
Wi-Fiルーターとの接続を入れれば問題はありません。

古いWi-Fiルーターの場合はファームウェアの更新をする、という方法があります。
まあこれはちょっと難しいので出来れば知識のある方にお願いしましょう。

後は古いタイプのWi-Fiルーターの場合、他の家電の電波と鑑賞してしまうということも。
例えば電子レンジは使用中に2.4Ghlzの電波を発しています。

これがWi-Fiルーターの電波をお互いに干渉して電波が届かなくなってしまいます。
新しいルーターなら5Ghlzの電波を使えるので干渉がなくなります。

これを考えると古いタイプのWi-Fiルーターを買い換えるというのも一つの方法です。

いつでもWi-Fi接続させるためにはモバイルルーターが便利

自宅の固定回線にWi-Fiルーターを設置する、公衆無線LANスポットを利用する場合
どちらもその場所でのみ利用できるWi-Fiという事になります。

スマホを使っている以上、移動中の電車の中でも使いたいところです。
そんな時にはモバイルルーターを使う方法がおすすめです。

モバイルルーターはいわば持ち運びが出来るWi-Fiルーターです。
使っているのがモバイル通信なのでスマホと同じく屋外でも使うことが出来ます。

スマホとWi-Fiで繋げばスマホのデータ通信容量を使わずにネットが出来るので
スマホのデータ定額パックを小さなものにしても問題ありません。

ただしモバイルルーターもスマホと同じモバイル通信をしているので、今度は
モバイルルーターのデータ通信容量が気になるのですが・・・

でもスマホの大容量データ定額パックの月額料金と比べればモバイルルーターの
月額料金はかなり安くなります。

つまりスマホで大容量のデータパックを契約するなら安いモバイルルーターを
契約したほうがトータルの月額料金を安くできる可能性が高いのです!

今の大手キャリアで月間20GBの大容量データ定額パックを契約すると
月額6,000円かかりますが、これより安いモバイルルーターはあるのでしょうか?

ポケットWiFiとWiMAXでは厳しい?

大手キャリア、ドコモやソフトバンクで提供しているモバイルルーターは
基本的にスマホと同じデータ定額パックを使うので併用しても安くなりません。

他に使えるモバイルルーターを探してみるとソフトバンクとイーモバイルの
4G/LTE回線を使えるポケットWiFiというサービスが有りました。

こちらはスマホと同じソフトバンクの4G/LTEとイーモバイルのLTEが使えて
全国かなり広い地域でネット接続が出来るというメリットがあります。

ただし基本的にデータ通信容量上限が7GBと少なく、上限なしプランはあるのですが
特定地域でしか使えないというかなり使いにくいサービスです。

プロバイダを選べば月額1,980円というかなりの低価格で利用できる魅力もありますが
上限は5GBなのでやはりメインに使うには厳しいというところ。

もう1つ独自回線を使ったWiMAXというモバイルルーターもあるのですが、こちらは
電波の安定性に問題がありました。

利用可能地域は人口カバー率94%と若干狭い程度で、その利用地域全域で使える
データ容量上限なしプランも提供されています。

でも電波が反射しやすく室内では電波が届かないという状況になることもあり
電波の安定性がとても悪いのです。

実際にその場所で使ってみないと通信が出来るかわからない、というのは
あまりおすすめしやすい商品ではありませんよねえ・・・

室内でも安定しているネクストモバイルの大容量プランがオススメ

更に探してみるとソフトバンクのMVNOでモバイルルーターを提供しているところが
見つかりました。

それがネクストモバイルの大容量データプランのモバイルルーターです。
こちらは20GBと30GBのプランを提供しているサービスです。

使っているのがソフトバンクの回線なので全国的に広い地域でネットができます。
室内でも安定しているのでどんな状況で使いやすくなっています。

そして大きな魅力は提供しているサービスが大容量で、しかもお得ということ。
20GBは月額2,760円、30GBも月額3,490円という料金で契約できます。

無制限ではないのですが20GBあればかなりの大容量なのであまり上限を気にせず
インターネットが出来ると思います。

実際に私も動画をよく見るのですが、ネクストモバイルなら多くの動画を見ても
速度制限されずに楽しむことが出来ました。

スマホを大容量にするよりも安く、スマホを基本的にこちらでネット接続して
スマホのデータパックをサブに利用するという使い方もできます。

スマホをWi-Fi接続でどこでも使いたいと思うならネクストモバイルのサービスが
コスパも良くてオススメです。

wifi

大東建託の賃貸住宅でインターネットを使うときの料金はいくら?

大東建託ならインターネット利用料金は安くなる?

インターネットは今ではかなり多くの種類があり、回線自体を選んで契約することが
出来るようになっています。

スマホが普及してからはモバイル通信、電波を利用してネット接続する回線が
注目され多く利用されるようになりました。

でも多くの家電がインターネットに対応するようになり、高速通信が必要になると
また自宅で使う固定回線が見直されているようです。

一人暮らしでも自分の部屋に固定回線を設置するという人も増えていて
更に色々なサービスが提供されるようになりました。

そんな状況で注目されているのが大東建託の賃貸住宅です。
こちらではインターネットの利用料金がとても安く出来るという噂も・・・

大東建託の賃貸住宅ではインターネット接続料金が安くなるのでしょうか?
それならばいくらで利用できるのでしょうか?

大東建託のインターネット回線の提供について詳しく調べてみました。

DK SELECTを使えばネット接続料金はかからない

大東建託では新しい賃貸住宅の提供方法として、自分の好みに合わせた住居を
選んで探すことが出来るDK SELECTというサービスを提供しています。

その項目の中にネットサービスがあるのですが、このDK SELECTネットサービスに
対応している賃貸住宅ではネット接続料金がかからないのです。

賃貸住宅に入居したときにはすでにインターネット回線が設置されていて
しかも接続ができる状態になっています。

つまり無料でインターネットに接続ができて、賃貸契約をしている間は使い放題
という事になっています。

詳しく確認してみると入居した時に渡される案内に部屋に設置されている
Wi-FiルーターのSSIDとPASSWORDが記載されています。

これをWi-Fiの対応端末に入力することでWi-Fiルーターを通してインターネットに
接続できるようになる、という訳です。

確かにこの設備がある賃貸住宅を利用すれば新しくネット接続の契約をしなくても
インターネットを利用することができるようになります。

つまりネット利用料金が0円になる、ということなのですが・・・
ちょっと気になることもありました。

インターネット無料の物件は周辺相場よりも家賃が高い?

大東建託の他にもインターネット無料物件の提供は行われています。
そちらの情報も見てみると、ネット接続料金は家賃などに加算されていることも。

例えばライオンズマンションでもネット接続が最初から出来る物件の分譲をしています。
賃貸でもネット接続無料という物件はあります。

ただしライオンズマンションの分譲の場合、インターネット利用料金は管理費に
含まれているので管理費が高くなっているのです。

賃貸の場合は家賃に上乗せされているようで周辺相場よりも高く設定されています。
まあネット無料というメリットが有るために家賃が高いと言えるのですが^^;

当然DK SELECTの場合もインターネット接続料金は家賃に上乗せされていることが
考えられます。

まずは同じ間取りの周辺地域の家賃相場を確認してみることをおすすめします。

それともう1つ、最初からネット環境が整っている物件は回線を変えることが
難しいので通信速度が遅いなどの不満があっても使い続ける必要があります。

全てのネット無料物件で高速通信が出来る光回線を使っている、という訳はなく
物件によっては電話回線を使うADSLでのネット接続という可能性も。

そんな遅い回線なのに家賃が5,000円も高いというならそこに魅力はありません。
できれば使っている回線の確認もした方がいいと思います。

大東建託のDK SELECT以外の物件のネット利用料金は?

大東建託ではSK SELECT以外の物件も提供しています。
こちらのインターネット接続料金はいくらなのでしょうか?

普通の賃貸住宅ならインターネット回線を自分で申し込む必要があります。
この場合は基本的に他の賃貸物件と変わらない利用料金が必要です。

すでに建物にインターネット回線が設置されていれば、後はそこに利用申込をして
契約した部屋まで回線の分配をしてもらえば回線利用ができます。

プロバイダ契約をすればネット接続が出来るのでインターネットの利用が開始できます。
利用料金は回線の種類とプロバイダによって変わってきます。

フレッツ光なら契約戸数で料金が変わりますが8戸の賃貸住宅なら4,000円を切るくらい。
プロバイダは安いところなら500円くらいの月額料金で契約することができます。

大東建託の場合は提携しているプロバイダから申し込みをするとサポートが受けられる
というメリットがありますが、月額料金は安くなりません。

ネットを利用した加入代理店ならキャッシュバックなどお得なキャンペーンの利用も
出来る可能性があるので更に安くなることも。

ちょっと手間がかかりますが、安くインターネットを使いたいと思うなら自分で
プロバイダや加入申込先を選ぶようにしましょう。

インターネット回線を使うつもりなら大東建託のアパートが便利?

大東建託のアパートならインターネットが使いやすい?

スマホのデータ定額パックを節約するためには自宅の固定回線を使うことが効果的で
最近ではゲームなどでも光回線を使うことは増えています。

以前は一人暮らしには固定回線は必要ない、と言われることも多かったのですが
最近ではまた自宅の固定回線が見直されています。

実際に一人暮らしの部屋にほしい設備は?という質問をしたところ男女とも
インターネット無料と回答した人が上位になっていました。

特に男性はインターネット環境があるとかなり便利と考えるようで、一人暮らしでも
インターネット回線契約をする人が多いようです。

ではそんなインターネット回線の契約が簡単な賃貸アパートはどこなのでしょうか?
口コミなどを調べてみると大東建託のアパートはとても注目されているようです。

アンケートにもあったインターネット無料物件なども大東建託では行っているようです。
それならば確かにとても人気が出るのもわかります。

でも本当に大東建託のアパートはインターネットが無料で使えるのでしょうか?
ちょっと調べてみることにしましょう。

インターネット無料とインターネット設置済みは違う

まずはアパートの説明、インターネット無料の物件とインターネット設置済み物件の
違いについて確認してみます。

インターネット設置済みという説明ではすでにインターネットを使える状況になっている
という印象ですが実は回線設置をしてあるだけでネット接続は出来ません。

光回線はケーブルテレビ回線でネット接続するためには回線を設置する必要があります。
特に光回線はインターネット専用回線を設置するので引き込み工事が必要になります。

集合住宅の場合は建物に回線引き込みをして分配器につなぎ、そこから各部屋に分配する
というタイプのネット接続方法が多いです。

つまりインターネット設置済みという物件はこの建物への回線設置が終わっているだけで
各部屋への分配をしていないのです。

当然回線契約は部屋ごとにする必要があり、契約後に分配器の設定を変更してもらう
という工事を行います。

これに対してインターネット無料はそのままの意味、つまりインターネットが
無料で使える物件ということです。

こちらはアパートの賃貸契約をした時点ですでにインターネット回線が開通していて
すぐにネットに接続できるようになっています。

しかもネットの月額料金を別途支払うことがなく使えるのでとても人気があるのです。

大東建託のDK SELECTネットサービスがインターネット無料物件

では大東建託が何故インターネットに関して注目されているのでしょうか。
それは大東建託の新しく始まったDK SELECTというサービスがあるからです。

このDK SELECTでは自分のライフスタイルに合わせた設備などを選んで
探すことが出来るのです。

つまりインターネット無料の物件も多く用意されているので大東建託なら
探しやすいと注目されているのです。

実際にDK SELECTネットサービスではアパートの賃貸契約をするともらえる
住まいるインフォメーションの中にWi-FiのIDとPASSが記載されています。

基本的には各部屋にWi-Fiルーターが設置されていてすぐにWi-Fiでの
ネット接続が出来るようになっています。

一部の物件では光コンセントを使ったLAN接続ですが、こちらも接続すれば
すぐにネットを使うことが出来ます。

大東建託ではこの物件を全国展開で普及しているので、大手の賃貸住宅情報会社で
インターネット無料物件を探しやすくなっているのです。

大東建託指定のプロバイダ以外も使うことは出来る

DK SELECTで契約した場合は無理ですが、その他の物件なら大東建託がおすすめする
プロバイダ以外の契約をすることも出来ます。

大東建託のアパートを借りると提携しているプロバイダを紹介されます。
でもそこ以外のプロバイダと契約しても問題はありません。

ただ大東建託ではインターネット契約の手助けをする専用窓口があります。
常時開設されていて賃貸契約者のサポートとして無料で使えます。

インターネット関係の契約についてあまり詳しくない、という場合はこちらを使えば
かなり手軽にインターネット契約が出来るようになります。

まあ自分でプロバイダを選んだほうがキャンペーン特典などオトクな特典を選んで
契約が出来るので安くなるとは思うのですが^^;

ちなみに大東建託のアパートはその建物ごとに設置している回線の種類が違います。
アパートによっては光回線以外のインターネット回線を使っている可能性もあります。

無料で使えるネット回線でも、建物に設置されている回線の種類は確認をしておくと
安心できるので必ず聞いておきましょう。

大東建託の賃貸住宅ではインターネット回線にauひかりが使える?

大東建託の賃貸住宅でauひかりを使うことは出来る?

賃貸住宅管理の大手業者として有名な大東建託では様々な物件の提供をしています。
最近では自分のライフスタイルに合わせた物件を選べるサービスも開始されました。

そして最近の賃貸住宅物件の人気設備にはインターネット無料という項目が出てきました。
多くの方がインターネット関係の充実を期待しているのです。

特に最近では高速通信が出来る固定回線の種類も多くなっています。
中でもauひかりは大手携帯キャリアが提供する光回線としてとても注目されています。

スマホがauの方はこちらの回線を利用することでスマホ料金の割引にも期待ができる
というお得なキャンペーン特典も利用できます。

でもこのauひかりは賃貸住宅でも利用することが出来るのでしょうか?
大東建託の賃貸住宅ではauひかりを設置することが出来るのでしょうか。

確かにauひかりのサービスにはマンションタイプもあるのですが、それは
大東建託の賃貸住宅でも使えるのでしょうか。

大東建託の賃貸住宅で利用できるインターネット回線について調べてみます。

最初からauひかりが設置されていれば問題なし

大東建託の賃貸住宅には全ての建物に決まった回線が設置されているわけではありません。
住居ごとに違う回線が設置されています。

ただ大東建託が提携しているところが提供している回線を使っていることが多いので
フレッツ光とJCOMが多くなっているようですが^^;

でも物件によってはADSLが今でも使われているところもありますし
物件の中には最初からauひかりを設置しているところもあります。

つまりすでにauひかりが使える状態になっている賃貸物件もあるはずなので
そちらを利用すれば問題なくauひかりを使うことが出来ます。

申し込みも大東建託の窓口から申し込みが出来るのでかなり簡単に契約が
出来るようになっています。

賃貸物件で自分の住むところにauひかりが設置されている所があればいいのですが
その状況を待つのはちょっと難しいと思います。

そこで現在違う回線が設置されている大東建託の物件でauひかりを使うことが
出来るのかを確認してみましょう。

個人的にauひかりを設置することは出来る

一般的にすでに固定回線、光回線やケーブルテレビ回線を設置してある集合住宅に
新しく回線を設置するのはかなり難しいことになります。

管理会社や大家、住民の意見交換が必要で多くの人の了解を得ることが必要です。
しかも回線乗り換えになるとかなり大変なことに・・・

ただしこれは集合住宅全体で使う回線を変更する場合のことです。
単純に一つの部屋だけでauひかりを使うだけならそんな手間はいりません。

個人で契約して集合住宅のその一部屋だけに回線を設置すればいいだけなので
基本的には誰の許可も必要なく契約することができます。

ただし壁に傷をつけるような工事が必要な場合は大家や管理会社の許可が必要です。
許可なく工事をして退去する時に原状復帰が出来ないと大問題になるので。

まあ簡単に考えるなら集合住宅にいるのですが、auひかりの戸建てタイプの契約を
個人的に契約して光回線を使うという事になります。

回線の引き込み工事もエアコンのダクト穴を使えば新しく壁に穴を開ける必要がなく
壁を傷つけることもありません。

契約自体は問題なく出来るのですが、利用する場合にちょっと注意が必要です。

個人的に契約すると月額料金が高くなる?

例えばすでにフレッツ光が設置されている大東建託の賃貸住宅で個人的にauひかりを
契約したとします。

この場合フレッツ光を使えばマンションタイプの料金で使うことが出来るのですが
個人的に契約したauひかりは戸建てタイプの料金になります。

一般的にマンションタイプは一つの回線を戸数で分けて使うので一人当たりの料金は
戸建てに比べると安くなります。

マンションタイプのフレッツ光は大きな賃貸住宅になると月額2,500円くらいで使えます。
それに比べると戸建てのネット回線はかなり月額料金が高くなります。

いくらauひかりが安くスマホの割引ができると言ってもトータルコストではやはり
最初から設置されている回線を使うほうが安くなる可能性は高いです。

それに大東建託ではネット利用環境を整えてある賃貸物件もあります。
DK SELECTネットサービスでは入居してすぐにインターネットを使うことが出来ます。

このタイプの物件では最初から周辺相場より家賃が高く設定されていて、家賃に
ネット利用料金が含まれているということもあります。

この物件で他に回線契約をするとネット料金の二重支払いという事に・・・
自分で回線契約をする場合は物件の状況をしっかりと把握してからにしましょう。

SIM契約データ通信は自宅ではWifi利用が前提?節約せずに使える大容量プランはある?

SIMカードのみの契約をする場合、自宅のWi-Fi環境は必ず必要になる?
格安SIMの契約はあまり良くわからないという方、いませんか?

中古のスマホなどで使えばかなり安く利用できる、と言われている格安SIMは
データ通信の容量が少なく節約が必要と思われています。

実際にWi-Fi環境がなくても使えるプランがあるのか、確認してみましょう。

現在の格安SIMは色々なプランから選ぶことが出来る

格安SIMとは大手キャリアの回線をレンタルして提供している、MVNOと言われる
回線提供業者です。

大手キャリアの回線を使っているのですが余計なサービスなどがなく、月額料金が
かなり安くなっているために格安SIMと呼ばれています。

以前はその料金の安さをさらに特化させるために提供しているプランは月間データ容量が
5GBくらいまでの少量のプランが主流でした。

その為に格安SIMを使う時には自宅のWi-Fi環境など、データ通信を節約する方法を
用意することが重要と言われていました。

確かに月間で5GB以下のデータ通信しか出来ないという状況なら節約が必要です。
でも最近では格安SIMにもかなり多くのプランが出来ているのです。

つまり節約せずに使えるような大容量データ定額パックの提供もあります。
今回は大容量プランに絞って格安SIMの確認をしてみましょう。

提供されている大容量の格安SIMを確認

まずは実際に提供されている格安SIMの大容量プランを確認してみましょう。
かなり多くのプロバイダからサービス提供がされているようです。

大手プロバイダのBIGLOBEが提供しているBIGLOBEモバイルでは20GBの
データ通信専用SIMが月額4,500円、音声つきだと5,200円です。

こちらはドコモの回線を使っているので利用可能地域も広く、ドコモの提供する
データ定額パックに比べればかなり安くなっているのがわかります。

他にもDMMモバイルでは20GBのデータ通信専用SIMを月額3,980円で提供しています。
こちらは20GBのみですがかなり安い金額で利用できるプランです。

20GBだけではなく30GBと更に大容量のデータ通信プランを提供している
プロバイダも多くありました。

中でもエキサイトモバイルではデータ通信容量50GBというかなりの大容量プランを
提供していました。

こちらは月額10,180円とかなり高額な金額に感じますが、やはりキャリアの提供する
大容量プランやデータ定額パックを考えると安くなっています。

まあエキサイトモバイルはかなり特殊な感じですが、他の格安SIMでも大容量の
データ通信プランはかなり一般的になっているようです。

ではそれぞれの格安SIMの提供プロバイダにはどんな特徴があるのでしょうか。
特色なども確認してみましょう。

格安SIMは特化したサービス提供が多い

格安SIMのプロバイダを選ぶ時には何を規準にすれば良いのか?
月額料金も重要ですが、それぞれのプロバイダで提供しているサービスに注目しては?

例えばイオンモバイルでは最大5枚のSIMカードとデータ容量を共有できる
シェアプランの提供があります。

大手キャリアで行っているシェアプランと同じものを格安SIMでも利用できるのです。
当然月額料金は大手より安く50GBが11,800円、最大5人で分け合うことが出来ます。

他にもBIGLOBEモバイルではYoutubeなどのエンタメ系アプリの利用がフリーになる
エンタメフリーオプションの提供があります。

後は楽天モバイルなら親会社の楽天市場などで使える楽天ポイントが貯まるなど
グループ企業としてのメリットを十分に活かすサービスを提供しています。

ただし中にはオプション料金が必要なサービス、特殊な契約が必要なサービスもあり
格安SIMのメリットの1つでもある月額料金を圧迫することになる可能性も。

かなり特徴的な格安SIMのサービスも多いのですが、月額料金などはプロバイダによって
大きく変わることが多いです。

それに提供プロバイダによっては回線の安定性なども違うので、契約する前にきちんと
口コミなどを確認しておくことをおすすめします。

格安SIMは使っているキャリアの回線で選ぶことも出来る

以前は格安SIMで使っているのはほとんどがドコモ回線でした。
一部au回線を使えるサービスも有りましたが、ほとんどがドコモ回線のMVNOでした。

実際に今もドコモ回線を使っている格安SIMは多いのですが、実は他のキャリアの
回線を使っているMVNOも参加しているのです。

格安SIMの提供当初からドコモとauの回線を選んで使えると宣伝していたのが
mineoです。

こちらでは契約の時にどちらの回線を使ったSIMを契約するか選ぶことが出来ます。
自分の持っている端末に合わせて契約を選ぶことが出来るのです。

SIMフリーの端末以外、例えばキャリアで機種変更をした後の端末はそのキャリアの
SIMしか使えないようにロックを掛けています。

SIMロックと言われるものでキャリアのショップに持ち込めば手数料を支払って
解除することもできます。

このSIMロックを解除せずに使えるのがそのキャリアのMVNO、つまり回線を使った
格安SIMという訳です。

以前はなかったソフトバンク回線を使った格安SIMもでてきたようです。
U-mobileでは30GBプランのみですがソフトバンク回線の契約も出来ました。

ソフトバンクの端末を持っていて格安SIMで使いたい、という方でも最近は
サービスを利用することが出来るようになりました。

モバイルルーターの月額料金と格安SIMを比べてみる

たしかに格安SIMでも大容量データ定額プランを使えばかなり自由に使えます。
でも他の方法で安くすることは出来ないのでしょうか?

例えば現在キャリアのスマホを持っていてサブのスマホを格安SIMにしている場合
出来ればこちらは大容量の契約はしたくありません。

それならばどっちのデータ通信も節約できるようにモバイルルーターを使うという
方法は出来ないのでしょうか?

モバイルルーターならいつでもWi-Fi接続ができるのでスマホのデータパックも
格安SIMのデータ容量も節約することが出来ます。

格安SIMを音声通信無しで契約するならいっそSIMカード無しで本体を使って
ネットは全てモバイルルーターで行うという方法も。

モバイルルーターも使い方によってはかなり便利なのですが、実際に使う場合の
月額料金はどれくらいになるのでしょうか?

格安SIMの大容量データ定額パックよりも安い金額で利用できるモバイルルーターは
あるのでしょうか。

モバイルルーターのサービスと料金を詳しく調べてみることにしました。

LTEを使ったモバイルルーターの月額料金とサービス

まずは普通にキャリアで提供しているモバイルルーターを調べてみます。
使っているのはスマホと同じLTE回線なので利用可能地域の問題はありません。

ただしキャリアではほとんどスマホと同じ料金プランでの提供です。
基本料金+プロバイダ料金+データ定額パックです。

基本料金は通話がないぶん安いのですがプロバイダ料金と合わせて2,000円。
これにデータ定額パックの料金ですが、こちらはスマホと全く一緒です。

つまり20GBのデータパックを契約すると6,000円、合わせて8,000円という
高額な月額料金が必要になってしまいました・・・

これじゃあ意味が無いので別のモバイルルーターを調べてみます。
もう1つLTEを使っているポケットWiFiを確認してみましょう。

こちらはソフトバンクとイーモバイルのLTE回線が使えるのですが基本的に
スマホと同じ回線なのでデータ通信容量の上限が厳しいです。

無制限プランはあるのですがAXGPエリアという特定地域のみの対応で
現在主要都市以外に展開されていません。

しかも3日間に10GB以上使うと速度制限されるという完全無制限ではない
サービスなのでかなり使いにくい印象です。

回線はスマホと同じなので安定していて便利なのですが、提供プランと
月額料金にはちょっと不満が残るという感じでした。

WiMAX回線を使ったモバイルルーターのサービスの特徴

もう1つ、モバイルルーターで使われている回線にはWiMAXがあります。
こちらは独自回線を使っていてLTEに比べてユーザーが少ないメリットがあります。

回線混雑があまり無いので対応地域全域で通信容量上限なしプランの提供があります。
まあこちらも完全無制限ではなく3日間で10GB使うと速度制限されるのですが^^;

でもWiMAXの場合は対応地域全域で使えて月額料金もプロバイダを選べば
月額4,000円以下にすることも出来ます。

かなり魅力的なサービスに感じるのですが一つ問題があります。
それが利用できる場所が安定しないことです。

現在対応地域は人口カバー率94%とLTEに比べて少し狭い程度ですが
それ以上の問題として電波の安定性があります。

LTEと違って障害物に反射しやすい電波を使っているので室内では電波が
安定せずに通信速度も上がりません。

また周囲の状況に影響されやすく、対応地域でも電波が届いていないという
状況になることもあります。

実際に使ってみないとその場所でネットが出来るかがわからない、というのは
モバイルルーターとしてはかなり厳しいところです・・・

電波状況が悪いところでは回線が切れてしまうことも多く、安定性が悪いのは
ちょっと使いにくいという印象でした。

MVNOのモバイルルーターならお得に使える

LTEの安定性とWiMAXの大容量データ通信を併せ持ったモバイルルーターは
無いのでしょうか?

格安SIMのように大手キャリの回線を使ったモバイルルーターがあれば・・・
と思って探してみると、見つけることが出来ました。

それがネクストモバイルのサービスです。
こちらはソフトバンク回線を使ったMVNOのモバイルルーターサービスです。

回線はソフトバンクなので全国の広い地域で接続可能です。
室内でも安定してネットを楽しむことが出来ました。

そして提供しているのは20GBと30GBのデータ定額パックです。
こちらが月額2,760円と3,490円で利用できます。

キャリアのサービスとは違ってこの月額料金だけでネット接続が出来ます。
格安SIMのサービスと比べてもかなり安い料金で利用することが出来ます。

SIMのみの契約と違ってスマホ以外のモバイルツールをネット接続させることも
出来るというメリットがあります。

私も実際に使っているのですが、室内でも安定して使える安定性と大容量なので
容量を気にせずにネットが出来る安心感があります。

動画をよく見る私でも20GBあれば十分に毎月楽しむことが出来ました。
色々なデータ通信を節約するならネクストモバイルのサービスはおすすめです。

wifi