固定電話無しでインターネットをWi-Fi接続で使うことはできる?

インターネットのWi-Fi接続は固定電話なしでもできる?

インターネット回線は今では生活に欠かすことが出来ないものと言われています。
実際に若い世代ではライフラインの一つと言われることも。

最近の一人暮らしにほしい設備の中にはインターネット無料がアンケートにはあり
その順位も上位になるほどです。

ただ一人暮らしをする場合、スマホの普及もあって最近では固定電話を使わない
という方も増えています。

建物には電話回線が設置されているけれど、契約をしないという方も多くなっています。
ではこの状態の時にインターネットはどうなるのでしょうか?

基本的にインターネットは全てスマホで行っているというなら問題はありません。
でもスマホの負担を減らすためにはWi-Fiを使ってのネット接続もしたいところです。

スマホのデータ定額パックは自分の契約した容量以上の通信をすると速度制限がかかり
ネットをまともに使うことが出来なくなってしまいます。

この速度制限を防ぐためにデータ通信ではなくWi-Fiを使ったネット接続をすれば
データパックを使わずにネットが出来るので便利です。

でも電話回線を使わずに固定電話がない状態でWi-Fiを使うことが出来るのでしょうか?

Wi-Fiは光回線などでも使うことが出来る

まず結論から言うと固定電話がない状態でも問題なくWi-Fiを使うことは出来ます。
基本的にインターネット回線があればWi-Fiでのネット接続は出来るのです。

以前はインターネット回線といえば固定電話回線を使ったものでしたが、最近では
光回線やケーブルテレビ回線を使ったインターネットも盛んです。

これらのインターネット回線は直接パソコンなどの端末に接続できないので終端装置
いわゆるインターネットモデムにつなげてから端末にLANを使って接続します。

このインターネットモデムと端末の間にWi-Fiルーターを接続すると無線LANで
回線を分配してネット接続させることができるようになります。

つまりどんな回線でもWi-Fiルーターを接続できれは問題なくWi-Fiでのネット接続は
出来るのです。

固定電話にこだわる必要はなく、固定電話がなくても問題なくWi-Fiでの接続は
できるようになります。

固定回線を使わずにWi-Fiを使えるモバイルルーター

もっと言えば固定回線にもこだわる必要はなく、モバイル通信でもWi-Fiを
使ったネット接続は出来るのです。

スマホ等と同じ電波の回線を使ってどこでもネット接続が出来るようになっている
持ち運びが出来るWi-Fiルーターをモバイルルーターと言います。

こちらは端末自体がモバイル通信を使ってネット接続し、Wi-Fiでの回線分配を
出来るようにしているWi-Fiルーターです。

つまり屋外に持ち運びながらでもWi-Fiを使ってスマホのデータパックの節約が
出来る様になるWi-Fiルーターです。

現在はスマホと同じLTEを使ったモバイルルーターと独自回線を使った端末の
2種類がサービス提供されています。

それぞれに通信速度や利用可能地域、月額料金などのサービス内容が違うので
自分で選んで契約することができます。

モバイルルーターなら室内でも屋外でも、場所をあまり気にせずにネットが出来るので
かなり手軽にWi-Fiを使えるようになります。

電話回線や固定電話どころか固定回線も気にすること無くWi-Fiが使えるので
賃貸住宅での利用には使いやすくオススメできるインターネット契約の1つです。

Wi-Fiスポットも利用できればどこでもWi-Fiが使える

モバイルルーターほどではないのですが、屋外でもかなり手軽にWi-Fiを使える場所が
Wi-Fiスポットです。

公衆無線LANスポットと言われることもありますが、屋外で不空の人数向けに
提供しているWi-Fiサービスです。

公共施設に設置されているものならほとんどは無料でWi-Fiを使ったネット接続が
出来るようになっています。

それに月額500円程度の料金で提携している店舗などあるアンテナを使って
Wi-Fiでのネット接続をさせるサービスも展開されています。

大手キャリアのドコモ、ソフトバンク、auではそれぞれ300円程度の月額料金で
ファミレスやカフェ、ファーストフード店などのWi-Fiスポットが使えます。

こちらの場合は固定電話ではなくスマホを契約していることが条件になりますが
公共無線LANスポットなら何も条件がなくネット接続できるのです。

今では電話回線以外の専用回線などを使ったインターネット接続が主流になっていて
固定電話は基本的にネット接続に関係しなくなっています。

そのインターネット回線を無線LANで分配するWi-Fiを使う場合にもあまり固定電話は
気にせずに使えることが多くなっています。

ただしWi-Fiでのネット接続は固定回線に比べると安定しませんので、ネットを使う
場所には十分気をつけて使うようにしましょう。

モバイルWi-Fiルーターのプロバイダには契約期間なしのものはある?

モバイルWi-Fiルーターって必ず2年縛りがあるの?
そんな事を疑問に思ったことはありませんか。

今ではスマホの2年縛りはかなり一般的です。
その為にインターネット接続のためには複数年契約が普通、と思ってしまいます。

でも解約違約金のある複数年契約をしたくない、という場合はどうすればいい?
そんな疑問の解消をしてみましょう。

モバイルWi-Fiルーターの契約の種類

モバイルWi-Fiルーターは持ち運びが出来るWi-Fiルーターです。
固定回線を使わずにネット接続させるためにルーターに回線接続機能があります。

屋外でも使われる端末なので使っている回線はスマホと同じようなモバイル通信です。
契約でもスマホと同じように複数年契約の割引があります。

2年契約をすれば月額料金が安くなる代わりに2年間の連続契約が必要で
途中解約をすれば解約違約金がかかります。

この契約期間がない、普通の契約というのは出来るのでしょうか?
出来るならばいくら位になるのでしょうか?

月額料金がそれほど変わらなければ違約金がなくいつでも解約できる方が
便利に使えるという可能性も・・・

モバイルWi-Fiルーターの契約についてちょっと調べてみましょう。

ドコモで割引なしのモバイルWi-Fiルーター契約をする場合

まずは大手携帯キャリアのドコモで行っているサービスを確認します。
ドコモのXi回線を使ったモバイルWi-Fiルーターを提供していました。

基本料金がルーター専用プラン、これにプロバイダ料金とデータ定額パックを
組み合わせた物が月額料金になります。

普通は基本料金プランが2年契約の場合割引になります。
ドコモはルータープランは期限なしの場合月額2,700円です。

これが2年契約の割引を使うと月額1,200円になります。
プロバイダ料金はルーター契約だと200円です。

データ定額パックはスマホで使われているものと同じなので2GBのデータSパックが
月額3,500円です。

期間制限なしの契約をする場合、2,700円+200円+3,500円で7,400円です。
これで月間5GBのモバイルWi-Fiルーターを契約することができます。

単純に月額料金だけを考えるとかなり高いという印象です。
月に使えるデータ通信容量を大きくすればもっと金額は高くなります。

もしスマホと併用することになれば、これにスマホ代金がかかるということに。
毎月の通信料金はかなりの高額になってしまうということに・・・

キャリアのモバイルWi-Fiルーターはとても高いということがわかりました。
では他のモバイルWi-Fiルーターサービスはどうなのでしょうか?

UQ WiMAXのモバイルWi-Fiルーターの定額プラン

独自回線を使ったモバイルWi-Fiルーターサービスを提供しているのが
UQコミュニケーションズで、そのプロバイダサービスがUQ WiMAXです。

こちらではWiMAXという独自回線を使ったルーターを提供しています。
回線提供会社のプロバイダなので色々なサービスを選ぶことが出来ます。

UQ WiMAXではUQフラットという定額プランが提供されています。
こちらのプランは月間データ通信容量の上限なしで契約期間も制限されません。

このUQフラットは月額4,267円です。
ただし初期費用として事務手数料3,000円が最初の月にかかります。

それと契約期間に制限はないのですが、課金開始の日にちから30日以内に
解約する場合は契約解除手数料として2,000円が必要になります。

ちなみにUQ WiMAXで1年間の継続契約をする場合、年間パスポートという
契約になります。

こちらも月間データ通信容量の上限なしで月額3,696円です。
1年後に解約手続きをしなければ自動契約更新になるのはスマホと同じです。

UQ WiMAXの場合は1年毎の契約で、と注意解約の違約金も5,000円と
それほど高い印象ではありません。

スマホの2年契約に比べるとかなり使いやすいという感じですが・・・
他のモバイルWi-Fiルーターの提供プロバイダも確認してみることにしましょう。

GMOとくとくBBのWiMAX2年契約の違約金

WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは多くのプロバイダからサービス提供されています。
その中にはかなり特徴的なサービスを行っているプロバイダもあります。

多くのユーザーが注目するのは月額料金で、WiMAXはプロバイダごとに月額料金が
大きく変わるのが特徴です。

中でもかなり安い月額料金で利用できるのがGMOとくとくBBというプロバイダです。
こちらは色々なプラン提供がありますが最も安いのはLTE無料プランの2,170円です。

月間データ容量上限なしを選んでも月額料金が変わらず、LTE回線を使った場合の
オプション料金も発生しません。

ただし月額2,170円で使えるのは最初の2ヶ月間のみで、その後24ヶ月目までは
3,344円になります。

更にこちらのプランは3年契約で25ヶ月目からは月額4,263円になり、途中解約の
違約金は1年目で解約すると19,000円も必要です。

2年目終了までに解約した場合も14,000円と他のプロバイダに比べてかなり高く
月額料金が高くなる3年目まで使い続けないといけないという厳しい条件です。

ちなみにGMOとくとくBBでは複数年契約のないプランはありませんでした。
選べるのは2年契約が基本のプランだけでした。

契約期間なしのモバイルWi-Fiルーターは他にある?

モバイルWi-Fiルーターの場合は引っ越しが決まっている時に契約しにくい
固定回線とは違って、どこでも使えるというメリットがあります。

それでも海外に行くなどの理由があればやはり複数年契約がしにくくなります。
そこで継続契約をしなくても使えるモバイルWi-Fiルーターを他に探してみました。

普通のプロバイダでは2年縛りが普通で、継続しない場合は月額料金が高くなります。
そうならないモバイルWi-Fiルーター、となると考えられるのは格安SIMを使うこと。

例えばSIMフリーのモバイルWi-Fiルーター本体と格安SIMを組み合わせれば
契約金額も安く期間を決めずに使うことが出来ます。

まあ初期費用として端末購入代金が必要になるので、月額料金が安くても最初に
結構資金がかかるのですが^^;

後はモバイルWi-Fiルーターの契約をせずにレンタルするという方法も。
最近では国内向けにモバイルWi-Fiルーターのレンタルも多くなっています。

レンタルなら回線契約自体をしないので、途中解約の違約金も発生しません。
レンタル期間中に返却しても違約金はかからないのですから。

ただこれらの方法の場合、月額料金や初期費用などはどうなるのでしょうか?
それぞれの契約についてもちょっと調べてみました。

格安SIMでモバイルWi-Fiルーターを利用する場合

格安SIMは大手キャリアの回線をレンタルしてサービス提供をしています。
あまり余計なサービスを付けないので月額料金はとても安くなります。

ただし契約がSIMカードのみなので基本的に端末本体を自分で用意する事が必要です。
でも最近ではSIMフリーの端末を同時購入することも出来るのですが。

この格安SIMをモバイルWi-Fiルーターで使うことが出来れば安く、契約期間も
決めずに使うことが出来るはずです。

探してみると格安SIMのイオンモバイルはSIMフリーの端末購入も出来るので
モバイルWi-Fiルーターの運用にはかなり便利なサービスに思えます。

実際にイオンモバイルで提供しているプランにはかなりの幅があり、最小は1GBの
月額480円から最大50GBの月額13,800円までありました。

キャリアの大容量として提供されている20GBも月額4,980円とそれなりの金額です。
データ通信の月額料金としては安くなっていると思います。

でも端末を購入する必要があり、イオンモバイルではWEB限定で端末の同時購入が
出来るのですが・・・

端末代金は25,000円とかなり高額です。
これに事務手数料を合わせて28,000円が最初にかかる費用ということに。

中古端末などを用意できるならもっと初期費用は安くなりますが、それでもかなり高額な
初期費用が必要になると思います。

イオンモバイルではドコモ回線をレンタルしているのでつながりやすさなどは問題ない
と思いますが最初のハードルがとても高いという印象でした。

モバイルWi-Fiルーターをレンタルして利用する場合

次にモバイルWi-Fiルーターをレンタルして使う場合を調べてみましょう。
最近では民泊WiFiなど海外旅行者に向けて利用させるためのレンタルWiFiがあります。

当然国内で使えるモバイルWi-Fiルーターなので日本人が使っても問題ありません。
これを使う場合の月額料金を調べてみましょう。

日割り計算が出来るレンタルWiFiも多いのですが、こちらの場合30日使うとかなり
コスパが悪くなるので月間レンタルが出来るところを調べてみました。

UQ WiMAXと同じWiMAXのモバイルWi-Fiルーターをレンタルしているところでは
月額2,980円で利用できるFUJI Wifiというところがありました。

確かに月額料金は安いのですがレンタルなので本体が損傷したときには補償金が必要です。
保険に入る場合は月額300円か620円が必要です。

300円の保険では本体の破損などには対応できますが、SIMカードの破損には対応出来ず
この場合の補償金額が4,000円と高額なのがちょっと気になります。

それと充電器など周辺機器として必要なものもレンタルできずに最初に購入する
というのも初期費用が大きくなるので厳しいところです。

レンタルなので本体は必ず中古、場合によってはすぐにバッテリー切れを起こすような
端末という可能性もあるのがレンタルのデメリットです。

補償を考えると保険をかけることが必要で、その金額が加算されるならあまりレンタルは
安くならないという印象でした。

MVNOのモバイルWi-Fiルーターならお得に使える

もっと安く使えるモバイルWi-Fiルーターを探してみると格安SIMと同じように
MVNOでサービス提供しているところを見つけました!

ネクストモバイルではソフトバンク回線をレンタルしてモバイルWi-Fiルーターを
提供していました。

イオンモバイルとの違いは回線だけではなく、ネクストモバイルはSIMカードのみ
ではなくモバイルWi-Fiルーターを利用することが出来るのです。

つまり端末代金は契約金に含まれています。
初期費用は事務手数料のみで普通のスマホと同じように契約できるというメリットが。

レンタルしているのがソフトバンク回線なので利用可能地域に問題はありません。
そして月額料金は20GBで2,760円という料金です。

提供しているサービスは20GBと30GBの2種類ですが30GBでも3,490円と
かなり安い料金で利用することができます。

契約自体は2年縛りがあるので解約違約金が発生してしまうのですが、月額料金と
利用できるデータ通信容量にはとても大きな魅力がありました。

スマホのデータ定額パックの節約にも使えるので、スマホと2台持ちをしても
月額料金に大きな負担がかからないネクストモバイルはオススメです。

wifi

固定電話なしでFAXの送受信を自宅でする事はできる?

FAXを使うのに電話回線なしでも出来る様になる?

最近では自宅に固定電話を置いていないという家庭も増えているようです。
実際に一人暮らしの場合はスマホだけで固定電話を使わない人も多くなりました。

実際にスマホなど携帯端末があれば電話はそれほど困らないのですが、固定電話がない
という状況で困るのがFAXを使う場合です。

自営業やフリーランスでの仕事を自宅で行っている場合、仕事の状況によっては
FAXが今でも必要になるということがあります。

この時に固定電話を使っていない状態でFAXを利用することが出来るのでしょうか?
一応コンビニFAXなどがあるので自宅になくてもFAX自体は出来るのですが・・・

仕事の情報をやり取りするのにコンビニFAXや他人の家のFAXを借りるというのは
かなり抵抗があるという方も多いと思います。

そんな時に何とか自宅で固定電話無しでFAXを利用する方法がないのでしょうか?
やはり固定電話を引いてしまう方が楽なのでしょうか?

ちなみに調べてみるとNTTでFAX専用の電話回線を新しく設置する場合の費用は
工事費が36,000円とかなり高額です。

ただし設置工事が必要ないライトというプランもあり、こちらは基地局の工事だけなので
2,000円で使うことが出来ます。

月額料金は回線利用料が1,850円くらい、これよりもお得に使えるFAXはないか
色々な方法を確認してみることにします。

光回線を使っているならひかり電話を使う

現在光回線を使っているならオプションサービスのひかり電話を使ってFAX専用回線を
増やすという方法があります。

光回線の契約をしていると、この回線を使ったいわゆるIP電話も使えるようになります。
基本的には有料オプションで月額500円位です。

すでに光回線を設置しているので新しく電話回線を設置する必要がなく、その光回線で
FAXを送受信する事ができるようになります。

こちらの場合は現在IP電話を使っているならFAXの複合機と交換するかFAX専用に
新しく番号をもらうことが必要です。

IP電話の場合、新しく電話番号を追加しても工事費2,000円弱で月額料金100円がかかる
という程度なので大きな負担にはなりません。

IP電話のサービスによってはFAXの受信に通信料がかからない場合もあります。
ランニングコストが安くなるのですが当然FAX本体が必要です。

FAXを使う回数がそれほど多くないならわざわざFAX本体を購入する初期費用の高さが
ちょっと気になるところです。

インターネットFAXならパソコンなどで送受信可能

もう1つ最近とても注目されているのがインターネットFAXです。
インターネット回線を使ってのFAXはひかり電話と同じですがこちらは本体がいりません。

パソコンやスマホなどいつも使っている端末からFAXが出来るというメリットがあります。
エクセルなどのファイルもそのまま送信できるので使い勝手はかなり上がります。

例えば相手が普通の電話回線を使ったFAXだったとしてもテキストやエクセルのデータを
プリンターと同じように出力してくれます。

当然普通のFAXから送られたデータもパソコンやスマホの画面でデータとして確認が
出来るのでペーパーレスでのやり取りも出来ます。

ただしこちらの場合はプロバイダと同じでインターネットFAXを提供している業者との
契約が必要になります。

月額500円から1,500円程度で送受信にも電話と同じで料金がかかりますし
こちらのほうが単価は高いので割高になります。

後は電話番号が業者によって違い、市外局番が東京や大阪限定になってしまう
という場合もあります。

業者によっては市外局番を自分の住んでいる所と同じにすることが出来るのですが
市外局番を選べない業者も多いです。

相手がFAX番号だと思えない番号で送信されるということもあるので、利用には
事前に確認をすることも必要になりそうです。

何か通信手段があればFAXの利用は可能

現状電話回線の権利を持っていない状態でも何かの通信回線を持っていれば
それを使ってFAXをする事は出来るようになっています。

FAX本体が高いので購入は難しいという場合でも本体をレンタルすることが出来ます。
今なら色々な方法でFAXを使うことは出来ます。

ただしインターネットFAXは単価が高いので多くの遣り取りをする場合には
ランニングコストがかなりかかってしまいます。

ひかり電話でのFAXならランニングコストは良いのですが光回線がすでにある
という方以外には初期費用がかかるのでおすすめしにくいです。

それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、自分がどれくらいの
送受信を毎月行うのかよく考えて使うことが重要になります。

まあ何も通信回線を持っていない、スマホも持っていないという場合には
コンビニFAX以外の選択肢がなくなってしまうのですが^^;

ちなみにコンビニFAXの単価は50円程度です。
送信だけならこれが一番手軽で簡単かもしれません。

Wi-Fi(モバイルルーター)の契約をauでするとお得に使える?

大手携帯キャリアでモバイルルーターの契約をするとどれくらいの月額料金になる?
モバイルルーターの契約先で悩んではいませんか?

モバイルルーターはスマホと同じ電波を使ったモバイル通信を行います。
つまりそれはスマホの大手キャリアなら契約しやすいのでしょうか。

今回は大手キャリアの1つ、auでモバイルルーターを契約する場合の料金や
サービスなどを調べてみましょう。

auで提供されているモバイルルーターサービスの内容は?

まず大手キャリアのauではモバイルルーターのサービス提供をしているのでしょうか。
調べてみるとモバイルルーターの購入、利用が出来るようになっています。

契約はデータ通信プランが利用できるようになっていました。
確認してみるとメインに使われているのはauの4GLTEではなくWiMAX回線です。

WiMAXはauと同じ親会社のKDDIの系列企業、UQコミュニケーションズが提供する
独自回線を使ったモバイル通信サービスです。

モバイルルーターをauで契約するとこのWiMAX回線を使ったプラン提供になります。
そしてサブ回線としてauの回線が利用できるようです。

実際にauで契約できるサービス内容はどんな物なのでしょうか?
詳しく確認してみます。

契約できる内容は2種類のサービス

基本的にはWiMAXを使ったプラン提供で、1つは通常の7GBを上限にしたプラン。
もう1つは月間データ通信容量の上限がないプランでした。

モバイル通信では一人のユーザーが回線を独占してしまうと他のユーザーの
通信速度が上がらなくなるので、ヘビーユーザーには速度制限がかかります。

スマホの場合はデータ定額パックを契約することで自分の月間データ容量の上限を
決めて契約することができます。

モバイルルーターの場合も基本的には同じなのですが、auの場合WiMAXでの
提供なので選べるのはWiMAXが提供しているプランになります。

そしてWiMAXでは通常のプランが月間上限7GBなのですが、もう1つ特徴的な
月間データ通信容量上限なしというプランが提供されています。

WiMAXのサービス提供プロバイダではギガ放題プランという名前なのですが
WiMAXプロバイダではないauではWiMAX2+フラットfor DATE EXです。

ちなみに通常のプランはWiMAX2+フラットfor DATEです。
かなりややこしい名前になっていますねえ・・・

ではこの月間データ容量上限なしプランがどれくらいの月額料金で契約できるのか。
更に詳しく見てみることにしましょう。

月額料金は結局いくらになる?

スマホでも大手キャリアでは月額料金の計算がとても面倒くさいです。
見てすぐに分かる料金体制ではないので、わかりにくくなっています。

現状ではそれはモバイルルーターでも同じで、auでも結局いくらで契約できるのか
ちょっとわかりにくくなっていました。

まずWiMAX2+フラットfor DATE EXは基本の月額料金が5,880円です。
ここからauの割引サービス、誰でも割シングルが適応できます。

スマホでも利用できる割引サービスですが、こちらは2年契約による割引です。
つまりモバイルルーターも2年縛りにすれば月額料金が1,000円割引されます。

更にau指定の端末を購入して契約すれば最大25ヶ月間のWiMAX2+おトク割が
適応されて月額料金から500円割引されます。

基本的にauでは中古本体を持参して契約することが出来ないのでauで端末を
購入して契約することになります。

余程のことがない限り指定端末を購入して割引を使うのでここまではほとんどの人が
利用できる割引ということです。

割引を適応した場合、月額料金は4,380円です。
これが基本的なauで契約した場合のモバイルルーターの月額料金、という事です。

更に金額が変わる、高くなる可能性と低くなる可能性

基本的な、というのはこの月額料金からさらに金額が変わる可能性があるからです。
しかも安くなる場合と高くなる場合、どちらも考えられます。

まずは安くなる場合を見てみましょう。
スマホもauを使っているなら割引サービスのスマートバリューが使えるようになります。

モバイルルーターとスマホのセットで割引するならauスマートバリューmineが
適応できるようになります。

条件としては2年契約が必要で、割引されるのはスマホの月額料金です。
そして割引金額は最大1,000円ですが、データ定額パックで金額が変わります。

スマホでも大容量の20GBのデータ定額パックを使っていれば1,000円割引ですが
データパックの容量が小さくなれば月額500円ということも。

最新の安いプランでは対象外になっている場合もあるので注意しましょう。
そして月額料金が高くなるのは有料オプションを使った場合です。

モバイルルーターWiMAXでauの回線を使う場合、オプション料金として
1,005円が必要です。

申し込みが必要な有料オプションではなく、auの電波を使った場合に加算される
自動選択オプションと言うかたちになります。

つまりau電波を使わなければこのオプション料金はかかりません。
ただし一度でも接続できるモードにするとその月には1,005円が加算されます。

使った日数で日割りされるなどはなく、使えば課金で使わなければ0円です。
しかもこちらはデータ容量上限7GBで容量を超えれば速度制限がかかります。

接続設定はモバイルルーター端末本体の設定から行う必要があるので
使う前にきちんと確認しておきましょう。

auのモバイルルーターサービスは使いやすい?

結局auでモバイルルーターの契約をすると安くなるのでしょうか?
使いやすいのかちょっとよくわからないというのが正直な印象です。

単純にモバイルルーターを契約するだけ、と考えると月額4,380円は
それなりの金額で安くも高くも感じません。

月間データ通信容量の上限なしというメリットがあるのですが、それならば
わざわざauで契約しなくても他のプロバイダでもサービス提供されています。

スマホがauならばauスマートバリューが使えますがスマホの月額料金割引は
スマホで契約しているデータ定額パックで金額が変わります。

つまりスマホのデータパックを節約するためにモバイルルーターを使うなら
その節約で割引できる金額が少なくなるという事に・・・

これではauでモバイルルーターの契約をするメリットがほとんどありません。
キャンペーン展開をしている他のプロバイダのほうがお得に感じてしまいます。

そもそもauで契約できるWiMAXはモバイルルーターとして使いやすいのでしょうか。
ちょっとWiMAXについても調べてみたいと思います。

WiMAXはモバイルルーターとして使いやすい?

WiMAXはUQコミュニケーションズが行っているプロバイダのUQ WiMAX以外からも
多くのプロバイダがサービス提供しているモバイルルーターです。

最近ではかなり落ち着いていますが、以前は各プロバイダが新規加入者集めのために
多くのキャンペーンを展開していました。

中でも現金キャッシュバックなど興味を引く特典が多いという特徴的なサービスでした。
最近でもキャッシュバックキャンペーンは多くのプロバイダで行われています。

そのキャッシュバックを月額料金として使えばかなりお得に使える、という事ですが
それ以前に元々月額料金を安く提供しているプロバイダもあります。

例えば月額料金は3,500円程度とかなり安くしているのですが、複数年契約が必須で
途中解約の違約金が19,000円というかなり高額に設定しているプロバイダがあります。

また通常初期費用は事務手数料3,000円程度ですが月額料金が3,000円くらいなのに
初期費用が20,000円もする、というプロバイダもあります。

たしかにプロバイダを選べば安く契約できるのですが、契約内容をきちんと確認しないと
かなりきつい状況になることも・・・

回線自体はauで使われているように月間データ通信容量の上限なしプランがあります。
3日間で10GB使うと速度制限されるので完全無制限ではないが残念ですが^^;

月額料金やサービス内容を見てみるとそれなりに魅力のあるモバイルルーターでした。

WiMAXを使う場合のデメリットはない?

ではWiMAXはデメリットなく使うことが出来るモバイルルーターなのでしょうか。
実はWiMAXで使っている高周波数帯電波は状況によってとてもつながりにくいのです。

スマホでは低周波数帯の電波を使っていて、こちらは障害物があっても避けて直進する
という性質を持っています。

つまり壁などで囲まれている室内でも電波が届きやすく、安定してネットが出来るという
メリットが有るのです。

では高周波数帯の電波のメリットは何でしょうか?
一度に多くのデータを運ぶことが出来るので通信速度はかなり速くなるのです。

実際にWiMAXは最新端末を使えば下り最速708Mbps、それ以外の端末でも440Mbpsの
かなり速い通信速度が出るモバイルルーターです。

ただし障害物に当たると電波が反射するので室内では電波が安定せず、高速通信も
出来ないという状況になります。

私も以前WiMAXのモバイルルーターを使っていたのですが、自宅内で使っていると
場所によって電波が届かないので端末を安定するところを見つけて置いていました。

しかもスマホのキャリアに比べると元々利用できる地域が狭く、地方都市では
WiMAXが使えない地域もあります。

やはり使えない場所が多いのは使いにくく、私は解約しました。

LTEで使いやすいのはネクストモバイル

WiMAXを解約した後、私が使っているのがネクストモバイルのルーターです。
こちらはソフトバンクのMVNOで、大容量データパックのルーターを提供しています。

格安SIMと同じで大手キャリアの回線をレンタルしてサービスを行っています。
ソフトバンク回線を使っているので利用できる地域に問題はありません。

しかも大容量のデータ定額パックを使ってモバイルルーターサービスを行っています。
提供プランは2種類、20GBと30GBが上限のモバイルルーターサービスです。

月額料金は20GBが2,760円、30GBでも3,490円とかなり安い料金です。
WiMAXをauで契約した場合に比べてもかなりお得に感じます。

モバイルルーター端末料金は0円、これは他と変わらないのですがネクストモバイルでは
端末を選ぶことが出来ません。

MVNOなのでサービスがかなり少なくなっていますが、余計なサービスがない分だけ
安く回線を提供しているということのようです。

データ通信容量は無制限ではないのですが20GBあればかなりの大きな容量です。
私は動画を楽しむことが多いのですが、容量を使い切ることはほとんどありません。

スマホのデータ定額パックを少なくしてモバイルルーターだけでネット接続をしても
十分に利用できるほどの大容量がかなり安く使えるのでオススメできるサービスです。

wifi

Wi-Fi(モバイルルーター)の契約をして自宅で使うことってできる?

モバイルルーターは自宅内で固定回線のように使える?
こんな疑問を持ったことはありませんか。

モバイルルーターは持ち運びに便利なモバイル通信端末ですが、それを自宅で
固定回線の代わりに使うことは出来ないのでしょうか。

モバイルルーターを色々と調べてみて、使いやすそうなサービスがないか。
ちょっと探してみましょう!

モバイルルーターを固定回線の代わりに使うには

まずはモバイルルーターの特徴を考えてみます。
モバイルルーターはスマホと同じデータ通信を使ったモバイル端末です。

電波を使ってデータのやり取りが出来るデータ通信が出来るので、固定回線のように
回線設置工事が必要ありません。

電波の届く地域ならどこでもすぐにインターネットが出来る、という魅力があります。
これを自宅で使う場合のメリットとはどんなことなのでしょうか?

回線設置工事は周囲の状況によっては壁に穴を開けて回線を設置します。
賃貸住宅の場合、この工事にかなり多くの人の許可が必要になってしまいます。

でもモバイルルーターなら回線工事が必要ないのでアパートでも気軽に契約できて
当然持ち運んでも使えるというメリットが出来ます。

ではどんなモバイルルーターを使えば固定回線になるのでしょうか。
気になるのはデータ通信容量と回線の安定性です。

通信容量無制限の固定回線の代わりに出来るモバイルルーターは?

固定回線の場合、データ通信容量は基本的に無制限です。
スマホのように月に7GB以上の通信をすると速度制限がかかる事はありません。

最近では大手プロバイダがファイル交換ソフト対策としてアップロードの
通信データ量を制限している、ということがありますが・・・

基本的には光回線を何時間使っていても通信速度に制限をかけられることはありません。

この固定回線の代わりに使うというならば、データ通信容量はかなり大きなもの
それがデータ通信容量無制限というモバイルルーターということになります。

スマホで考えるならデータ定額パックは大容量なら20GBでも6,000円かかります。
無茶な使い方をしなければこれでも十分にインターネットが出来るのですが。

例えば自宅では家庭用ゲーム気を使っていて、それでネットゲームをしている。
という方ならやはり通信容量無制限の回線が必要になると思います。

ではモバイルルーターでデータ容量無制限のサービスはあるのでしょうか?
探してみるとWiMAXでは月間データ通信上限がないプランの提供がありました。

このデータ通信制限なしプランをもっと詳しく見てみましょう。

WiMAXのギガ放題プランを確認

モバイルルーター回線の1つ、独自の電波を使ったWiMAXには月間データ通信容量の
上限なしプラン、ギガ放題プランが提供されています。

こちらはモバイル通信なのですが月間のデータ通信容量上限がありません。
月に7GBを上限、などの決まりがなく何GBの通信をしても速度制限がかかりません。

ただし3日間の合計通信量が10GBを超えたときには速度制限がかかります。
完全無制限ではなく短期間に大容量通信をすると速度が遅くなります。

でもWiMAXでは制限される速度がスマホよりもゆるいです。
制限されても下り最速5Mbps程度の通信速度が出るようです。

スマホの場合は下り最速128Kbpsというかなりの低速に制限されてしまいます。
ここまで厳しい制限ではないので使い方によってはあまり気になりません。

月額料金はギガ放題プランのみで4,000円程度です。
オプションが付けば多少変わりますが、大きく変わるのはプロバイダによってです。

WiMAXはかなり多くのプロバイダからサービスの提供が行われています。
その為にプロバイダでは月額料金や初期費用など色々と変えて提供しています。

中には月額料金が安い代わりに2年契約必須で途中解約の違約金がとても高い
というプロバイダもあります。

初期費用が異常に高いというところもあるので、契約前にはしっかりと確認して
選ぶことがとても重要です。

WiMAXは固定回線の代わりに使うことが出来る?

回線の通信容量だけを考えるとかなり使いやすそうなWiMAXですが、本当に
固定回線の代わりに使うことが出来るのでしょうか?

固定回線の代わりに使う場合、もう1つ気になるのは回線の安定性です。
光回線は専用回線を使うために余計なノイズが入らずにとても安定した通信が出来ます。

これと同じ安定性を求めるのはとても厳しいですが、WiMAXの安定性はどうでしょうか。
実はWiMAXは室内ではかなり安定性が悪い、というのが口コミでも言われています。

WiMAXは独自の電波、高周波数帯電波を使っています。
ちなみに一般的にスマホが使っているのは低周波数帯のプラチナバンドです。

高周波数帯電波は一度に運ぶことが出来るデータ量が多いというメリットが有るのですが
障害物に当たると反射してしまい、室内では電波が届きにくいという状況になります。

例えば窓から入った電波は室内で乱反射してしまい、特定の場所のみで電波が
受信できるという状況になる場合も・・・

電波が届かなければ当然回線が不安定になり、通信速度が出ないだけではなく
最悪の場合は回線が繋がらず断線してしまいます。

WiMAXを使う場合はこの障害物に対する反射や周囲の状況に影響されやすい
高周波数帯の電波を上手く受信できる状況にないと厳しいと思います。

LTEは室内でも安定して電波が届く

自宅内でスマホを使っていて電波が届きにくいと感じたことはありますか?
多少悪くなることもあると思いますがほとんど外出先と変わらないと思います。

つまりスマホで使っている4G/LTEは室内でも安定して届くのです。
自宅で使うならこの室内でも安定しているLTEを使ったほうが安心できます。

ではLTEを使ったモバイルルーターはあるのでしょうか?
大手キャリアを確認してみると普通にモバイルルーターサービスは有りました。

それぞれのキャリアで使っている回線で通信が出来るモバイルルーターの
サービスが提供されていました。

ただしこちらのサービスは基本的にはスマホと変わらない料金プランです。
基本料+ネット接続料+データ定額パックで月額料金が決まります。

例えばドコモの場合で確認してみると通話のないモバイルルーターの基本料金は
データ通信専用プラン1,200円です。

これにmopera Uというプロバイダ料金200円でネット接続が出来るようになります。
後はデータ定額パックですがこちらはスマホと同じデータパックが使われています。

ドコモのスマホは2GBのデータ定額パック、データSパックが月額3,500円。
つまり合計4,900円が2GBのデータ容量のモバイルルーターの月額料金です。

20GBを使おうと思えばデータ定額パックが6,000円になるので月額料金は合計で
7,400円という事に・・・

これなら固定回線を選んだほうが安くて使いやすいという感じですよねえ。
他のサービスを探してみることにしましょう。

ポケットWiFiは利用可能地域も広い

LTEを使ったモバイルルーターは他にも提供されているのでしょうか?
探してみるとポケットWiFiというサービスを見つけることが出来ました。

こちらはイーモバイルとソフトバンクのLTEを使ってサービス提供している
モバイルルーターです。

元々はイーモバイルが提供していたのですがソフトバンクの系列会社になり
会社名もY! mobileに変わりました。

そして親会社の4G/LTE回線を使えるようになりかなり広い地域で使える
モバイルルーターになって注目されています。

ソフトバンクのスマホと同じ回線を使えるので室内での安定性はかなり高く
広い地域で使えるという魅力もあります。

ソフトバンクは人口カバー率99%というかなり広い地域で使える回線なので
ほぼ全国どこでも使える回線という事になります。

室内の安定性はよいのですがデータ通信容量はどうなのでしょうか?
ポケットWiFiのサービス内容を確認してみます。

ポケットWiFiの無制限プランは使いやすい?

調べてみるとポケットWiFiでも月間データ通信容量無制限のプランが
提供されているのがわかりました。

ただしこのプランは特定地域で対応している端末を使った時のみ無制限になります。
その対応地域とはAXGPというエリアです。

現在AXGPエリアは中心都市の一部のみで提供されていて、地方都市ではAXGPの
エリアになっている所はほとんどありません。

そして対応している端末をアドバンスモードに設定して初めて上限なしになります。
アドバンスモードにしなければAXGPエリア内でも上限は7GBです。

しかも上限に達して速度制限がかかった状態ではAXGPエリアでアドバンスモードでも
通信速度は遅く制限されたままです。

通信速度もスマホと同じ下り最速128Kbpsまで制限されるのでまともにネットが
使える状況ではありません。

ポケットWiFiの無制限プランはとても条件が厳しく、現状では使えるとは言いにくい
という印象のサービスでした。

大容量をお得に使うならネクストモバイルがおすすめ

ポケットWiFiではデータ通信がとても厳しいので、他にLTEで使いやすいサービスが
無いのか探してみることにしました。

色々と探してみてとても気になったのがネクストモバイルのサービスです。
ネクストモバイルはソフトバンクの回線をレンタルしてサービス提供をしています。

格安SIMと同じMVNOでのサービス提供ですが、こちらではモバイルルーターを
提供しているという事です。

そのサービスは大容量20GBと30GBの定額パックを使ったモバイルルーターで
月額料金は20GBが2,760円、30GBでも3,490円という安さでした!

使っているのがソフトバンクの回線なので室内でも高い安定性が期待できます。
ポケットWiFiと違ってイーモバイル回線は使えませんが広い地域で使えます。

しかも20GBの大容量データ定額パックが2,760円というかなり安い料金で
使えるという大きな魅力もありました。

実際に私も契約して使ってみたのですが、自宅内でも安定してネット接続できて
大容量なのであまり通信料を気にせずにスマホを楽しむことが出来ました。

動画をよく見る私も動画の画質を考えればかなり長い時間の再生が可能です。
1ヶ月20GBあれば十分に余裕を持ってインターネットが出来ました!

たしかに自宅の回線をすべてまとめるには大容量のデータ通信パックが必要です。
ネクストモバイルならお得に大容量が使えるのでかなりおすすめです。

wifi

WiFi(モバイルルーター)の安い契約が出来るプロバイダはどこ?

モバイルルーターを安く契約するためにはどこを選べばいい?
この疑問は多くの方が持っていると思います。

モバイルルーターを契約したいという方の多くがスマホを安くするために使う
という方で、実際にスマホと2台持ちになる方も多いはずです。

2台持ちの月額料金を考えると安く契約できるモバイルルーターはとても魅力的で
その情報はとても多くの方が欲しがっているはず。

ではどこで契約すれば安くなるのか、色々と考えてみることにしましょう。

普通にモバイルルーターを契約するといくらかかる?

例えばスマホと同じ、大手キャリアでモバイルルーターを契約した場合に
どれくらいの月額料金が必要になるのでしょうか?

携帯キャリアの大手、ドコモでモバイルルーターを契約する時の料金を調べてみました。
ちなみに使えるのはドコモのXi回線なのでかなり広い地域でネット接続ができます。

ドコモでモバイルルーターを契約する場合、契約プランはスマホと同じです。
基本料金とプロバイダ料金にデータ定額パックの料金です。

モバイルルーターの場合は通話がないのでデータ通信専用プランを契約します。
これが月額1,200円です。

プロバイダ料金はモペラUが使えるので月額200円、これにスマホと同じ
データ定額パックの料金という事です。

月間データ容量2GBのデータSパックは月額3,500円、トータルの月額料金は
4,900円という事になります。

普通に考えれば2GBのデータ通信をするのに毎月5,000円近くの料金が必要
と考えるとかなり高い気がしますが・・・

やはり安い料金で契約できるところを探す必要がありそうです。

業界最安値クラスの月額料金で利用できるモバイルルーター

かなり安い月額料金、という事で探してみるとYahoo! WiFiでは業界最安値クラス
というモバイルルーターのプランが提供されていました。

Yahoo! WiFiで提供しているのはポケットWiFiです。
こちらはソフトバンクとイーモバイルの4G/LTEを使ったモバイルルーターです。

業界最安値クラスのプランでは月額1,980円でサービス提供されていました。
金額だけを見ればかなり安い料金で契約できることになります。

ただし契約の条件としてYahoo! プレミアム会員であること。
このプレミアム会員になるには月額500円が必要です。

つまり実際の月額料金は2,480円ですが、これでもかなり安い金額です。
他にデメリットはないのでしょうか?

サービス内容を確認してみると月間データ通信容量が5GBでした。
月に5GB以上のデータ通信を行うと速度制限がかかります。

安いには理由がある、という事でしょうか。
でも月間5GBはかなり厳しい容量で、メインで使うには足りないと思います。

同じポケットWiFiの別のサービスも調べてみることにしました。

月間データ通信容量無制限プランは使える地域が狭い

ポケットWiFiではもう1つ、月間データ通信容量の上限なしになるプランも
提供されていました。

ポケットWiFi提供元のY! mobileではポケットWiFiプラン2にアドバンスオプションを
つければ月間データ通信容量の上限が無くなります。

ポケットWiFiプラン2の月額料金が3,696円で、このまま使えばデータ通信容量は
月に7GBが上限です。

このプランはアドバンスモードに対応している端末が加入できるプランです。
アドバンスモードとはAXGPエリアで上限なしに通信が出来るオプションモードです。

現在ではまだ主要都市にしか設置されていないAXGPエリアですが、こちらの地域で
アドバンスモードにすると月間データ通信容量の上限が無くなります。

まあ3日間に10GB以上の通信をすると速度制限がかかるので完全無制限ではなく
AXGPエリアのみでモード設定をしなければいけないというかなり厳しい条件です。

それにアドバンスモードにするのは有料オプションで、月額684円かかります。
つまりトータルの料金は4,380円で地域限定の無制限ということになります。

ポケットWiFiの対応地域に比べるとAXGPエリアはとても狭いので上限なしで
使える地域はかなり限られてしまいます。

とても使いにくいサービスという感じなのであまりおすすめできません。

無制限に使えるWiMAXは使いやすいモバイルルーター?

月間データ通信容量の上限なしというプランは他でも提供されています。
注目されているのはWiMAXが提供しているギガ放題プランです。

WiMAXはスマホのLTEとは違った独自回線でサービス提供をしている
モバイルルーターで、高速通信が出来ることでも注目されています。

それにポケットWiFiとは違って、対応地域全域でギガ放題プランの
加入が出来るようになっています。

つまりWiMAXが使える地域なら場所を選ばずに月間データ通信容量の
上限なしでネット接続が出来るというわけです。

提供しているプロバイダも多く、大手プロバイダならほとんどのところで
WiMAXの契約が出来るはず。

月額料金も安いプロバイダを選べば月額4,000円を切る金額で
利用できるところもあります。

ポケットWiFiのサービスに比べるとかなり使いやすい印象ですが
本当にWiMAXは使いやすいモバイルルーターなのでしょうか。

もう少し詳しくサービス内容を確認してみます。

WiMAX回線の特徴について詳しく調べてみた

WiMAXは多くのプロバイダから提供されているモバイルルーターですが
そのサービス内容は基本的にプロバイダによって変わります。

月額料金も変わるのですが、基本的には同じ回線を使ったサービスなので
回線の特徴はどこで契約しても変わりません。

ではWiMAX回線はどんな特徴がある回線なのでしょうか。
LTEと違う独自回線のWiMAXは高周波数帯電波を使ったモバイル通信です。

スマホで使っているのは低周波数帯の電波、プラチナバンドと言われる電波です。
こちらの特徴は地表近くを飛んで障害物を避ける性質があること。

高層ビルなどでは厳しいところもありますが、普通の家庭なら問題なく電波が届き
壁や天井に囲まれた室内でも電波が届きやすいという特徴があります。

これに対してWiMAXで使っている高周波数帯電波は一度に運べるデータ量が多く
高速通信が出来るという特徴があります。

電波の速度自体は変わらないのですが、一度に多くのデータを運べるので通信速度が
高くなるという特徴があるのです。

その一方で高周波数帯の電波は障害物で反射しやすいという特徴もあります。
つまり壁や天井に当たると跳ね返ってしまうので室内では電波が届きにくいのです。

高い建物の囲まれた状態でも電波状況が悪くなり、周囲の環境によって安定性が
大きく変わってしまうというデメリットもあります。

室内ではちょっと使いにくいという印象のモバイル通信でした。

WiMAXの月額料金と初期費用を調べてみた

業界最安値クラスの月額料金で利用できるポケットWiFiに比べてWiMAXは
どれくらいの月額料金で利用することが出来るのでしょうか?

WiMAXの特徴でもあるギガ放題プラン、月間データ通信容量制限なしのプランで
月額料金を確認してみました。

WiMAXの最安値として宣伝しているのはGMOとくとくBBというプロバイダでした。
こちらは月額2,170円となっています。

ただしこの金額はかなり多くの特典を利用している場合のみ、しかも2ヶ月間限定という
料金でした。

WiMAXプロバイダの場合、新規加入特典として現金キャッシュバックを行っている
プロバイダが多くあります。

この現金キャッシュバックを全て月額料金に利用した場合の金額として発表しているので
実際の月額料金はもっと高いです。

しかも最初の2ヶ月間だけの割引という特典もあるので後にどんどん月額料金は
高くなっていきます。

GMOとくとくBBの料金を詳しく見てみると通常の月額料金は2年間3,344円で
3年目以降4,263円になります。

これでも月額料金は安いのですがこちらでは2年契約をした場合にこの金額です。
更に途中解約をすると最大19,000円というかなり高額な違約金が必要です。

この様にプロバイダによっては解約時の違約金が高い、初期費用が他より高額
という契約内容の場合もあるので注意しましょう。

WiMAXのキャッシュバックキャンペーンにも注意が必要

もう1つ、WiMAXについて注意することがあります。
それがキャッシュバックキャンペーンを適応させるための手順です。

ネット上の加入代理店ではWiMAXの新規加入者に向けてかなり大きな
キャンペーンを展開しています。

その特典の1つにキャッシュバックがあるのですが、これを適応させる条件が
ちょっと複雑なので注意が必要です。

以前はかなり大きな金額のキャッシュバックの展開もあったのですが、その中には
現金ではなく商品券や独自のポイントでの支払いというところも多くありました。

それと実際にキャッシュバックを受ける事が出来るまでにかなり時間がかかる
例えば使い始めてから半年後にキャッシュバック適応のためのメールが来る場合も。

この半年間の間にプロバイダに申請していたメールアドレスを変更してしまうと
確認メールが届かずにキャッシュバックが適応されないというトラブルも有りました。

現在でも現金キャッシュバックはすぐに適応される所は少なく、振込先の指定メールを
返信しなければキャッシュバックがキャンセルされるのは変わっていません。

キャッシュバック込みで月額料金の割引計算をしているならこの特典利用のための手順を
きちんと確認しておくことが重要です。

使いやすくオトクなのはネクストモバイル

もっと使いやすく、わかりやすいお得なモバイルルーターがないのか探してみました。
色々と調べ見るとソフトバンクのMVNOに面白いサービスがありました。

MVNOとは大手キャリアの回線をレンタルしてサービス提供をしているプロバイダです。
格安SIMでも有名ですが、それをモバイルルーターで行っているところがありました。

それがネクストモバイルのモバイルルーターサービスです。

使っているのはソフトバンク回線なので全国広い地域でネット接続が出来ます。
そして提供しているのが20GBと30GBの大容量データ定額パックです。

モバイルルーター本体を選ぶことが出来ず、他にオプションサービスが殆どないので
サービス自体はかなり淡白です。

でも単純に20GBと30GB使えるモバイルルーター端末が欲しいならかなり使いやすい
サービスになっていました。

しかも月額料金は20GBが2,760円、30GBでも3,490円とかなりお得な金額です。
スマホの同じ要領のデータ定額パックは月額6,000円なのでとても安く感じます。

実際に20GBあればかなり多くのコンテンツを楽しむことができます。
私は動画をよく見るのですが、20GBあれば長時間楽しむことができます。

利用可能地域も広く、使える容量が多いネクストモバイルのサービスなら
かなり安く契約できるので多くの方におすすめできます!

wifi

Wi-Fi(モバイルルーター)の契約はどこで行うのが良いの?

モバイルルーターの契約はどこですればいいの?
お得に契約できるところで悩んではいませんか?

モバイルルーターを使えばスマホの月額料金が安くなる、なんて説明をされても
実際にどうすれば良いのかもあまり良くわからない。

それにお得に契約できるところがあるならそこを選んで契約したい。
そんな方も安心して契約できるところを確認してみます。

モバイルルーターの契約が出来るのはどこがある?

スマホの場合、データ通信をするための容量は自分で決めて契約しています。
この契約容量以上の通信をすると速度制限がかかるということに。

たくさんのコンテンツを楽しみたいのなら大容量データ定額パックを
契約すれば良いのですが、その場合月額料金の問題があります。

ただスマホではWi-Fi機能を搭載していて、これを使ってネット接続すれば
データ通信容量を消費せずにネットが出来るのです。

そしてWi-Fiを使ったモバイルルーターなら屋外でもネット接続が出来るので
スマホのデータ定額パックの節約にもなります。

ではこのモバイルルーターはどこで契約することが出来るのでしょうか?
調べてみると家電量販店、携帯ショップ、インターネットの代理店などがあります。

店頭でもネット上でも契約することが出来るこのモバイルルーターはどこで契約すれば
お得に便利に使えるのでしょうか。

ちょっと調べてみることにしましょう。

家電量販店でモバイルルーターを契約した場合

大きく宣伝していることも多く、家電量販店は色々なモバイルルーターを
取り扱っているという印象があります。

実際に大都市の家電量販店ではきちんと自分で選んでモバイルルーターの契約が
出来る店舗も多くありました。

家電量販店で契約する場合、一緒にパソコンなどを購入した時にその本体価格から
割引されるというキャンペーン特典が使えるメリットがあります。

しかも店頭受付なの在庫があればすぐに端末をもらうことが出来ます。
つまり契約したその日にインターネットに接続させることが出来るというわけです。

ただし注意点があります。
家電量販店の場合は独自のキャンペーンが多いのでその内容が他と違います。

場合によっては全く割引されてない、モバイルルーターの月額料金が高くなっている
という契約が以前はかなり多くありました。

例えばモバイルルーター契約と同時にパソコンを購入すると本体価格50,000円割引!
というキャンペーンでは実は本体価格割引金額を分割して月額料金に足していました。

一般的に加入した場合よりもモバイルルーターの月額料金が高く設定されていました。
その差額が実質はパソコン本体の分割購入金額というわけです。

それに家電量販店で加入した場合、跡で解約したくても窓口が店頭ではなくなる
という状況もあります。

キャンペーン時の特設会場で加入するとその窓口がなくなってしまいます。
解約手続きは基本的に加入した窓口で行うのでどこで解約すれば良いのかわからない。

結局かなりたらい回しにされて解約までに時間がかかるという状況もあります。
家電量販店ではすぐに受取ができる以外にあまりメリットがないという感じでした。

携帯ショップでの加入手続きをする場合

モバイルルーターの中には大手携帯キャリアのLTE回線を使っているものもあります。
その為に大手キャリアで契約することが出来る端末もあります。

大手キャリアのLTE回線を使っているので利用できる地域がとても広くスマホと同じ
キャリアを使っているなら割引が出来る可能性もあります。

店頭窓口での契約なので店員から直接説明を受けられるというのも大きな魅力です。
ただし大手キャリアのモバイルルーターは基本的に料金が高いです。

スマホと同じような契約をすることになるので月額料金がかなり高いです。
基本料金+プロバイダ料金+データ定額パックが基本的な月額料金の内訳です。

1,700円+300円+5,000円の7,000円、これが5GB上限のモバイルルーターを
契約する場合の月額料金です。

ほとんどスマホと変わらない料金が必要で、スマホと合わせても10GB上限という
あまりメリットの少ない契約プランになります。

スマホと同じデータ定額パックを使ってモバイルルーターを使えるというプランも
あるのですが、それは結局スマホのデータパックの節約にはなりません。

それに携帯キャリアではモバイルルーターの割引特典などがほとんどなく
キャンペーン特典の利用もかなり難しくなります。

大手キャリアのモバイルルーターはあまり大きなメリットを感じませんでした。

ポケットWiFiのショップで契約する場合

もう1つ、携帯ショップで取り扱われているモバイルルーターにポケットWiFiという
端末があります。

これは元々イーモバイルが提供していたモバイルルーターですが、現在は
ソフトバンクの系列会社になり、Y! mobileが提供している商品です。

Y! mobileのショップが展開されていますが、そちらから契約が出来るモバイルルーター
という事になります。

モバイルルーターとしてはソフトバンク回線が使えるので利用可能地域が広く
キャリアのモバイルルーターに比べてかなり使いやすい印象です。

ただしやはり月間データ通信容量の上限が厳しく、基本的には7GB上限です。
月間データ通信無制限のプランは利用できる地域がかなり狭いので使いにくいです。

こちらで契約する場合のメリットはキャンペーンが多くプレゼントが貰えること。
店頭受付なので在庫があればすぐにでも手元にモバイルルーターが届きます。

デメリットとしてはポケットWiFiの他のプロバイダが契約できないこと。
Y! mobileよりも安く提供しているポケットWiFiのプロバイダもあるのです。

それとY! mobileのショップはそれほど多く展開されていないのである程度
大きな街で探す必要がある、というのもちょっとデメリットに感じました。

インターネット上から契約代理店で契約をする場合

最後はインターネットを使って契約代理店を使うという方法です。
ネット上なので直接説明を聞くことが出来ませんが、時間を気にせずに選べます。

しかもネットの代理店ではかなり多くのキャンペーンを展開しています。
モバイルルーター契約で現金キャッシュバックという特典もありました。

プロバイダでもキャンペーンを展開している所は多く、一番オトクに契約が出来る
と思えるのがこのネット上の契約です。

デメリットとしては説明を聞きたいときには時間がかかる、対応があまり良くない
という可能性が高い事。

それにネット通販と同じで商品が郵送されるまでに時間がかかります。
契約しても端末が郵送されてくるので、実際に使えるまでに時間がかかります。

いつでも契約が出来るということ、キャンペーンが多いということは大きな魅力です。
私には一番使いやすい契約方法だと思えました。

どんなモバイルルーターを選ぶ?

では次にどんな種類のモバイルルーターを選ぶのがオススメなのでしょうか?
上記のLTE回線を使ったものの他にもWiMAXというモバイルルーターもあります。

キャリアの端末とポケットWiFiは基本的にスマホと同じLTE回線を使っています。
これとは別のWiMAX回線を使ったモバイルルーターというのもあるのです。

まあ月額料金を考えるとキャリアの端末はとても高いので、実質ポケットWiFiと
WiMAXのどちらを選ぶかという事になると思います。

この2つの回線はそれぞれに複数のプロバイダから提供されているので、プロバイダで
選ぶという方法もあるのですが・・・

自裁に2つの回線の特徴やサービス内容をもっと詳しく確認してみましょう。

それぞれのルーターのメリットとデメリット

ポケットWiFiはY! mobileの他にYahoo! WiFiからもサービスの提供があります。
そちらでは業界最安値クラスの月額料金で使えるサービスが提供されています。

月額1,980円というとても安い月額料金なのですが、データ容量の上限は5GBと小さく
Yahoo! プレミアム会員になる必要があり、そちらで月額500円が必要です。

実質2,480円になりますがそれでもかなり安いというメリットが有りました。
でも上限が厳しいのでメイン回線として使うにはかなり心細いです。

ただしLTEを使っているのでかなり広い地域で接続可能、室内でも安定しているのは
とても大きな魅力です。

一方のWiMAXは利用可能地域がLTEに比べるとちょっと狭く、一部の地方都市では
接続できないという欠点があります。

でもそれ以上のメリットとして利用可能地域全域で月間データ通信容量上限なし
というプランの提供があります。

プロバイダによって月額4,000円前後と料金が多少変わりますが、データ容量の上限が
無制限になるプランが提供されています。

直近3日間で10GBという制限は残るので完全無制限ではないのですが容量的には
とても使いやすいプランです。

ただし回線としてのデメリットが有り、障害物に弱く室内では電波が安定しない
という弱点があります。

周囲の状況に影響されやすい電波なので対応地域内でも電波が届かないことも。
安定性には疑問が残るサービスでした。

安定して大容量が使えるモバイルルーター

出来ればLTE回線を使っていて大容量のデータ通信が出来るモバイルルーターが
使いやすいのですが・・・

そんなサービスがないか、探してみると見つけました!
それがネクストモバイルのモバイルルーターサービスです。

ネクストモバイルはソフトバンクの回線をレンタルして提供しているサービスです。
つまり格安SIMと同じMVNOでモバイルルーターを提供しています。

そして提供しているプランが20GBと30GBという大容量プラン、こちらが
月額2,760円と3,490円というかなり安い料金で使えるのです。

ソフトバンク回線なので利用可能地域に問題はありません。
しかも月額料金は同じ20GBでもソフトバンクの半額以下になります。

20GBあれば動画をよく見るという使い方をしても十分に1ヶ月楽しめます。
メイン回線として十分使える容量をお得に契約することができます。

こちらはネット上からの契約になるので、端末郵送の時間がかかりますが
それを考えてもお得で使いやすいサービスです。

私も実際に契約してみたのですが、思った以上にデータ通信が使えるので
自宅の固定回線を解約してモバイルルーター1つでネット環境を整えました。

スマホの節約だけではなくかなり使い勝手が良いモバイルルーターの
ネクストモバイルをおすすめします。

wifi

Wi-Fi(モバイルルーター)の契約は未成年でもすることが出来る?

未成年だけどモバイルルーターの契約をしたい!
そんなときにはどうすればいいか考えたことはありますか?

インターネット回線では基本的に回線利用のための契約をします。
しっかりとした契約なので未成年が行うことは難しいと思います。

では未成年はモバイルルーターを使うことは出来ないのでしょうか?
未成年者がモバイルルーターを契約する方法を探してみましょう。

親の承諾があれば未成年者でも契約ができる

インターネット回線は利用契約書にサインをする、普通に契約が必要なものです。
その為に基本的には未成年者がかって位に契約することが出来ません。

キャッチセールスや強引な商法に対する対策として未成年者が親権者に断り無く
勝手に契約した場合には親権者の権利として契約破棄をする事が出来ます。

つまり未成年者は基本的に契約をする場合、親権者の許可を取ることが必要。
これはインターネット回線契約にも言えることなのです。

親に内緒でモバイルルーターの契約をする事は未成年者には出来ません。
でも裏を返せば親の許可があれば未成年者でも契約が出来る、という事です。

つまり親の許諾書を提出すれば契約できるモバイルルーター、プロバイダというのは
探せば見つかります。

実際にモバイルルーターのプロバイダでは回線提供会社のプロバイダUQ WiMAXと
大手プロバイダのBIGLOBEで親権者許諾書を使った契約ができます。

まあ実際に許諾書を書いてもらうだけではなく、親権者の本人確認書類などを
一緒に提出する必要があるのでかなり面倒くさいのですが・・・

ちなみにこの方法だと契約者の名義が申し込みをする未成年者本人になります。
これを受け付けてくれるプロバイダはかなり少ない、という事を覚えておきましょう。

親に契約してもらった端末を借りる

もっと簡単に未成年者がモバイルルーターを利用する方法としては
親にモバイルルーターを契約してもらって、それを借りるという方法。

親の名義でモバイルルーターの契約をしてもらい、支払いも親の口座から。
端末は未成年の子供が持って使うという方法です。

これなら契約自体は親権者が行うので契約上の問題は全くありません。
普通に契約してモバイルルーターを使うことが出来ます。

ちなみに契約者と支払い口座の名義が違うと問題になることもあるので出来れば
支払い口座も申し込みをする人の口座を使わせてもらいましょう。

使い方や月額料金の支払いなどは事前に契約する人と相談をして決めます。
つまりやはり未成年者が勝手に契約することは出来ない、という事ですね。

それと申込用紙は必ず契約する人に書いてもらうようにしましょう。
親の名前を使って子供が契約することは違法です。

ネット上から申し込みをする場合でも必ず本人が一緒にいる状態で申し込みをする
という事に気をつけましょう。

親のクレジットカードで家族カードを作ってもらう

ネットから申し込みが出来るモバイルルーターのプロバイダが多くなっている現在では
月額料金の支払い方法がクレジットカード限定というプロバイダもあります。

クレジットカードなら支払い方法の確定がすぐに出来るというメリっともあるのですが
もう1つ、クレジットカードを持っているということはすでに審査がされているという事。

つまりクレジットカード入手のために行う審査がされている人、という事で
プロバイダ側は金融に関する審査をしなくても信頼できると判断するわけです。

まあインターネット回線料金や電話料金の未払いが無いか、という審査はあるようですが
かなりゆるい審査になります。

そしてこのクレジットカードは家族カードでも大丈夫というプロバイダが多いのです。
家族カードとは支払い元が同じ口座のサブカードのようなものです。

カードの名義は使う本人ですが支払口座は親カードを持つ人の口座です。
当然親カードを持っている人が申し込みをしなければ作ることが出来ません。

家族カードを作ってもらう時点で親の承諾が必要になる、という事です。
家族カードを作ってもらうことが出来ればモバイルルーターの申し込み自体は簡単です。

学生でも作れるクレジットカードを作って契約する

クレジットカードではもう一つ方法があります。
それが学生申込可能、または学生カードを使ってモバイルルーターの契約をする方法です。

クレジットカードには大学生から申し込みが出来るという種類のカードもあります。
または大学生専用に利用可能金額の上限を低くした学生カードを発行しているところも。

つまり未成年でも大学生になって自分でクレジットカードが作れるようになれば
モバイルルーターを契約することができます。

まあモバイルルーターの契約自体は自己責任で行えるのですが、クレジットカードを
作る時にやはり親の許可が必要になります。

こちらの方法でも完全に親に内緒で勝手にモバイルルーターの契約をするということは
出来ません。

未成年者の場合はモバイルルーターの契約か、その申し込みのための手段の入手で
必ず親権者の許可を取ることが必要になるという訳です。

口座振替とクレジットカードはどっちがオススメ?

ちなみにモバイルルーターの支払いはクレジットカードと口座振替では
どちらの方法がオススメなのでしょうか?

モバイルルーターの契約だけを考えるならクレジットカードのほうが便利です。
支払い方法の確定に時間がかからないのですぐにでも契約完了するからです。

実際問題としても現在口座振替に対応しているプロバイダが少なく、申込先を
選ぶことが難しくなっているという状況でもあります。

クレジットカードを持っていない、作れない、使いたくないという理由はあると
思うのですが手間を考えるとやはりクレジットカードはおすすめです。

口座振替の場合は申込用紙の郵送と書類を返送する時間、それに審査や確認の
時間がとても長くかかります。

最低でも支払い方法の確定まで2週間程度、長い場合は1ヶ月かかることも。
その間モバイルルーターを使えない、というプロバイダもあります。

モバイルルーター端末の発送は支払い方法が確定してから、という場合は
確定まで時間が掛かる口座振替には選ぶ理由があまり見当たらなくなります。

プロバイダによっては支払い方法の確定までは請求書での支払いに対応してくれて
契約してからすぐに発送してもらえるところもありますが、余分な手数料がかかります。

モバイルルーターはよほどの理由がない限りクレジットカードの利用をおすすめします。

モバイルルーターはどこで申し込みをするのがいい?

では実際にモバイルルーターを契約するならどこが良いのでしょうか?
まずはどの回線を使ったモバイルルーターにするかを考えてみます。

現状モバイルルーターではLTEとWiMAXという2種類の回線を使ってサービスの
提供を行っています。

LTEはスマホで使っている4G/LTEと同じ回線で、実際にドコモやauに
ソフトバンクからもサービスの提供がされています。

まあauの場合はちょっと違うので外して、ドコモとソフトバンクでは基本的に
スマホと同じプランを使ったサービスの提供になります。

基本料金とプロバイダ料金にデータ定額パックの料金を足したものが
モバイルルーターの月額料金になります。

実はこの場合、月額料金がとても高く2GB上限のモバイルルーター契約でも
月額5,500円というかなりの金額になります。

とても厳しい料金なのでオススメは他のモバイルルーター契約です^^;
月額料金を考えるとポケットWiFiなら安いプランが提供されています。

もう1つのWiMAXは独自回線のモバイルルーターで、月間データ通信容量の
上限なしプランが提供されているという魅力があります。

それぞれのモバイルルーターの特徴を調べてみましょう。

ポケットWiFiは安い月額料金が魅力

ポケットWiFiはソフトバンク回線とイーモバイル回線を使えるルーターで
利用できる地域はソフトバンク回線があるので全国的にとても広くなっています。

基本的にはソフトバンク系列のプロバイダからサービス提供されていて
Yahoo! WiFiとY! mobileから契約することが出来ます。

その中でもYahoo! WiFiでは業界最安値プランとして月額1,980円で契約できる
サービスの提供があります。

使っている回線はソフトバンクの4G/LTEなので全国的にネット接続可能で
室内でも安定した接続ができるというメリットもあります。

月額1,980円プランは実はYahoo! プレミアム会員のみの金額なので実際には
プレミアム会員費用500円が加算されます。

それでも2,480円という月額料金でモバイルルーターが使えるのは魅力なのですが
データ通信容量が5GB上限なのでメイン回線としては厳しいです。

月に5GB以上のデータ通信をすると速度制限がかかり、下り最速128Kbpsまで
通信速度が下げられてしまいます。

スマホで大容量データパックを使っていて、そのサブ回線として使うならこれくらいの
データ容量でも問題ないと思うのですが・・・

もう少し別のサービスを探してみましょう。

ソフトバンクのMVNOなら大容量がお得でオススメ

同じソフトバンクの回線を使ったモバイルルーターサービスがありました。
それがネクストモバイルのモバイルルーターです。

ネクストモバイルはソフトバンク回線をレンタルしてサービス提供している
いわゆるMVNOのモバイルルーターです。

ポケットWiFiと違ってイーモバイル回線が使えないのですが、利用可能地域は
ソフトバンク回線全域が使えるので大きな問題はありません。

そしてネクストモバイルでは提供しているサービスが大容量データ定額パックです。
20GBと30GBが上限のプランを提供しています。

しかもこのプランの月額料金が20GBで2,760円です!
30GBでも3,490円というかなり安い月額料金で利用することが出来るのです。

同じ回線のソフトバンクのスマホなら20GBのデータ定額パックを契約すれば
月額6,000円が必要です。

しかもスマホの場合は基本通話料金プランにプロバイダ料金も必要なので最低でも
月額料金が8,000円になります。

ネクストモバイルなら20GBなら2,760円だけでネット接続が出来るようになります。
比べてみればかなりお得な料金で利用できるのがわかると思います。

20GBあればメイン回線として十分にネット楽しむことができます。
せっかく契約するモバイルルーターを選ぶならネクストモバイルがおすすめです。

wifi

大東建託の賃貸物件ではインターネット回線にJCOMを使っている?

大東建託の賃貸縦隔でインターネット申込みをするとJCOMになる?

最近ではインターネット回線、特に固定回線に多くの方が注目しています。
一時期はスマホのようなモバイル通信が注目されていました。

でも家庭用ゲーム機でも固定回線を使うようになり、テレビでも光回線を使った
サービスの提供が多くなってきました。

自宅で楽しむエンターテインメントには固定回線がとても便利、という事で
最近また固定回線の利用者が増えているようです。

一人暮らしでもその傾向は強くなり、一人暮らしを始める時に欲しい設備は?
というアンケートでもインターネット回線はかなり上位になります。

それに賃貸仲介業者が取ったアンケートではほしい設備の上位にインターネット無料が
男女ともに上位になっています。

そんなインターネット回線が注目される中で、特にインターネット関係に強い
と言われているのが大東建託の賃貸物件です。

入居してすぐにネット接続が出来る物件の提供もあり、インターネットを使うなら
大東建託の物件が便利という評判もあります。

ただこの大東建託の物件では光回線ではなくケーブルテレビ回線のJCOMを
使っているという噂もあります。

大東建託の賃貸物件ではどんな回線を使っているのでしょうか?

大東建託の物件は建物ごとに回線が違う

大東建託では専用のインターネット申込み窓口を開設しています。
ここは大東建託で物件賃貸をしたユーザーのみが使える専用の窓口です。

こちらからインターネット回線の申し込み手続きをした場合、大東建託と提携している
プロバイダから申し込みが出来るようになっています。

では実際に使った方の意見を見てみましょう。
どんなところと契約しているのでしょうか?

プロバイダとしてはU-NEXTが多いようですが、JCOMに申し込みをしたという方も
いるようです。

実際にどこの回線を使ってどこのプロバイダを契約するのか、それは地域や状況によって
変わってくるのでここに決まっているというところはありません。

それこそJCOMで申し込みをする物件もあるし、フレッツ光での申し込みになる物件も
あるということです。

古い物件の場合は今でもADSLでの申し込みになるところもあるようですが・・・
つまり大東建託全ての物件がJCOMに加入するわけではありません。

どうしてもJCOMを使いたいという場合は?

大東建託の物件では使っている回線がそれぞれの建物で違うので、それに合わせた
回線やプロバイダを使うことになります。

ではもし光回線が設置されている大東建託の物件でJCOMを使いたいという場合は
どうなるのでしょうか?

とりあえずJCOMの対応地域になっているなら、個人でJCOMと契約して
ケーブルテレビ回線を設置してもらうことは出来ます。

回線引き込みの工事に関しても壁を傷つける工事でなければ基本的には大東建託への
手続きなどは必要ありません。

ただし壁に穴を開ける、回線設置のフックを付けるなどで傷がついてしまった場合には
原状回復のための修繕費が請求される事になります。

それに個人でJCOM回線を使う場合はマンションタイプの月額料金ではなく
戸建てプランでの月額料金になります。

マンションタイプよりも金額が高くなるので月額料金の負担が増えてしまいます。
特に最初からインターネットが使える部屋の場合は注意しましょう。

DK SELECTの場合は月額料金の二重払いに注意

大東建託では自分のライフスタイルに合わせた物件探しが出来るDK SELECTという
賃貸物件の提供を行っています。

その1つにネットサービスがあるのですが、こちらを契約した場合は入居したときから
すぐにネットが利用できる状態になっています。

インターネット回線の各部屋への分配が終わっていて、インターネット回線の契約も
済ませてある状態で入居できます。

回線接続には入居時にもらえる小冊子に部屋のWi-FiルーターのSSIDとPASSWORDが
あるのでそれを端末に入力すればすぐにネットが使えます。

このDK SELECTネットサービスでは管理費や家賃にネット利用料金を加算しているので
別途ネット回線の料金を取られることがありません。

つまり他に回線を引くと部屋に最初からある回線利用料金と自分で引いた回線の料金を
両方支払うという状態になります。

管理費が高くなっていればすぐに分かりますし、家賃は周辺の家賃相場と比べれば
やはり簡単にわかるはずです。

まずは大東建託の賃貸住宅で利用し散るネット回線を調べてみること。
不動産業者に聞けばすぐに分かるはずです。

それでJCOMを使っていない場合は回線契約料金と管理費などを比べてみて
かなり慎重に回線契約を選ぶ必要があると思います。

インターネットの契約、大東建託の賃貸住宅でドコモ光の申し込みは出来る?

ドコモ光を大東建託の賃貸住宅で申し込みできる?

インターネットの申し込みはかなり多くの方法があります。
電話での申し込みを始め、スマホなどからでも出来るようになっています。

そしてインターネットの新規申し込みやサービスにはかなり多くの特典があり
よりお得にインターネットが使えるようになりました。

最近ではNTTのフレッツ光とプロバイダなどが提携して、新しく光回線と
プロバイダを同時に申し込むことでお得になるサービスも開始されました。

それが光コラボレーションモデルというサービスで、例えば大手キャリアで
光コラボモデルを申し込めばスマホの月額料金が安くなる場合も。

こんな光コラボモデルはどこからでも申し込みが出来るのでしょうか?

賃貸住宅の管理を行っている大手会社の大東建託では新規の入居者に対して
専用のインターネット申込みセンターを開設しています。

こちらでは大東建託の賃貸住宅を借りている人が手軽にインターネット回線を
使えるようにサポートしてくれているのですが・・・

このようなサービスが有る大東建託の賃貸住宅でも光コラボモデルを申し込むことが
出来るのでしょうか?

今回は携帯キャリア最大手のドコモ光が利用できるのか確認してみます。

基本的には申し込みが出来る

まず光コラボモデルの利用条件、フレッツ光を利用できるかを確認します。
集合住宅の場合は基本的に建物に一つの回線設置という事になります。

現状何も光回線を設置していない賃貸住宅なら管理会社に頼んで光回線を設置してもらう
という手続きが必要になりますが・・・

すでに建物にフレッツ光が設置されているなら問題なくドコモ光を申し込むことが
出来るのです。

ただし上記の大東建託専門のインターネット申込みセンターを使うと光コラボモデルでの
申し込みをしてもらえません。

大東建託のサービスなので基本的に大東建託と提携しているプロバイダを薦められて
そちらでの契約になるので光コラボモデルを使えないのです。

当然ドコモをプロバイダとして紹介してもらえないのでドコモ光を申し込むことが
出来なくなってしまいます。

ドコモ光を申し込むときには自分でドコモショップに行くか、ネットで申し込みの
手続きをするようにしましょう。

DK SELECTの場合は光コラボモデルは無理

もう1つ、大東建託では個人的な住居の希望を探すことが出来るDK SELECTという
賃貸物件の紹介方法があります。

こちらでインターネット関係の物件を探すとインターネット無料の物件も見つかります。
インターネット無料とは最初から部屋にインターネット回線が開通している物件です。

自分でネット回線開通の申し込みをする必要がなく、入居者の案内に部屋に設置している
Wi-FiルーターのSSIDとPASSWORDが記載されています。

それを使えば入居当日にすぐにインターネットを利用することが出来るのです。
ちなみにネット利用料は家賃や管理費に含まれているので別に支払いをしません。

この物件の場合、新しく回線申込みをしないのでたとえフレッツ光を使っていても
ドコモ光を申し込むことが出来ません。

勝手にプロバイダを変更することも出来ないのでドコモ光に乗り換えることも
出来なくなっています。

ドコモ光を使いたい時にはDK SELECTを利用するのは止めましょう。

ドコモ光を使うときの注意点

大東建託に限らず賃貸住宅でドコモ光などの光コラボモデルを使う場合には
回線速度が遅くなりやすいことに注意しましょう。

元々集合住宅では一つの回線を部屋の人数で分けて使っていることになります。
つまり最大1Gbpsの回線を部屋数で分けて使うという形です。

一つの回線を分け合うので同時に複数の人数が使えば回線速度は上がらなくなります。
夜間の利用者が増える時間は特に通信速度が落ちやすいので注意しましょう。

それに加えて光コラボモデルは多くの方がお得になるために契約しています。
ドコモ光もそれは変わらず、多くのドコモユーザーが加入しました。

ドコモ光の場合はまだプロバイダを選べるのでそれほど集中しませんが
プロバイダも一度に多くのユーザーが使えば通信速度が遅くなってしまいます。

つまり集合住宅で光コラボモデルを使うと通信速度がとても遅くなりやすいのです。

それに大東建託の物件は全てがフレッツ光を導入しているわけではありません。
物件によってはケーブルテレビ回線を使っている可能性もあります。

光コラボモデルは当然ですがフレッツ光を使っていることが前提なので他の回線を
利用している物件でドコモ光を使うなら部屋に個人で回線を設置することになります。

個人で引くにはフレッツ光のマンションタイプは使えず戸建向けのファミリータイプを
利用するので月額料金が高くなります。

割引できる金額と工事費や月額料金を考えてもお得にならない可能性が高いので
契約する前にきちんと確認をしておきましょう。