インターネットの料金は日通の引越しで契約した場合どうなるか

Q.png先日、日通で引越しを申し込みました。
すると、今日突然「フレッツ光に入りませんか?」という勧誘の電話がありました。
話をよくよく聞いてみると、日通経由で引っ越しを申し込んだ人が
フレッツ光に加入すると、キャッシュバックをしてくれる。というものでした。

引っ越し先のインターネット回線の契約をどうしようかちょうど迷っており、
キャッシュバックがあるのであれば、フレッツ光でも良いかなと思っています。

今まで何度か引っ越しをしたことがありますが、
このようにインターネット回線の契約と合わせると
お得になる。といったのは初めてです。

最近は、普通なのでしょうか?
内容はかなり魅力的ですが、本当に契約して大丈夫でしょうか?

ちなみに、フレッツ光って使いやすいですか?
評判も教えていただけると、嬉しいです!

■インターネットを使用するには

近年、インターネットは、住居の必需な物になっているので、引越し先の新居でも、インターネット
をつなげなる作業が必要です。

フレッツ光を利用してインターネットを使用するには、回線会社のNTTとプロバイダと2箇所での
契約が必要です。

NTTのフレッツ光のサイトから申し込むことはできますが、NTTの代理店というところから
勧誘があったり、パソコンを購入する時に大型電気店から勧誘があって契約することが多いと
思います。

引越し業社などがフレッツ光の代理店としてインターネットの勧誘を行っているようです。
日通の引越し社も代理店となっていて、インターネットの勧誘を行っているのだと思います。

他の代理店と同じく、キャッシュバックなどの特典を使って勧誘しているのでしょう。
特典ももらえて、さらに引越してすぐにインターネットが使えるように手配してくれるのであれば、
喜ぶ人も多いので契約してくれるのでしょう。

■インターネットの引越し

もし、現在フレッツ光を使っていて、引越し先でも同じくフレッツ光を使いたい場合は、移転の手続き
を行えるようです。

NTT東日本からNTT西日本(逆の場合も含む)という場合は移転の手続きはできません。
現在のフレッツ光(東日本)を解約して、転居先で再度フレッツ光(西日本)を契約しないといけません。

同じNTT会社のエリア内であれば、移転の手続きが行えます。
フレッツ光のサイトからか、専用窓口へ電話をして申し込むことができます。

移転のメリットとしては、契約料金800円が不要なことと、初期工事の割引があります。
新規で契約した場合は、15000円の工事費が必要ですが、移転工事の場合は、戸建(3戸以内)なら
9000円で、集合住宅(4戸以上)なら7500円で済みます。

ただし、土日祝日の工事なら3000円、工事の内容によっては追加料金がかかります。

2年契約の途中でも移転ができれば、継続することができるし、フレッツ光メンバーズクラブでの
ポイントも継続することができます。

また、メンバーズクラブの会員限定ですが、不動産の契約費の割引や、引越し料金の割引きの
キャンペーンも行っています。

日通の引越しの際でも、引越し基本料金(人件費+引越し資材)が20%OFFと車輌代が10%
OFF、または、単身パックを通常価格より1080円引きの割引き特典があります。
また、Pontaやマイレージにポイントを付加できます。

これらはフレッツ光の移転を適用した場合の特典です。

■日通の引越し社で契約した場合の問題点

フレッツ光の移転が出来ない人や、キャッシュバックの額がそれを上回ったりする場合は、新規で
契約を検討してもよいと思います。

初期工事は無料というキャンペーンもある場合があります。
日通の引越し社からの契約では無料になるかどうかはわかりません。

日通の引越し社のようなフレッツ光の代理店から契約しても、光回線の工事を行ったり、回線の管理
を行うのはNTTなのでトラブル等があれば、NTTかプロバイダが対応してくれます。

しかし、キャッシュバックの額だけで決めてしまうと、問題が発生する場合があります。

くわしい説明もなしに有料オプションを多く付けられているいる事があります。
最初の1ヶ月間くらいは、プロバイダ料は無料という事が多いですが、その後から普通より多額の請求
が来る結果となります。

すぐに有料オプションを解約できれば良いのですが、規定の期間内は解約できない場合があるので
契約時には注意が必要です。

また、2年間契約というパターンが多いのですが、キャッシュバックはその期間が終了しないともらえない
しくみになっています。 もし、2年以内に再び引越しなどの理由で解約した場合は、キャッシュバック
は受け取れません。

■マンションのインターネット環境

フレッツ光を契約する前に、転居先の住居のインターネット環境を確認しておく必要があります。

中には、すでにインターネットが使える環境が整っているところもあります。
部屋の壁にLANケーブルソケットが備え付けられているところでは、初期工事は必要ありません。

ビジネスホテルのようにソケットにLANケーブルを挿しただけで、すぐにインターネットがつながる所
もあります。 そのようなところでは、回線会社やプロバイダとも契約する必要はありません。
通常より格安にインターネットを使用できるようになっています。

LANケーブルのソケットが付いていて、すぐには使えない場合では、回線会社とプロバイダとの契約
を行うだけで、インターネットが使用できます。

マンションの入居者を増やしたり、転居者を減らす目的で、そのようなインターネットの環境を最初から
構築しているようです。

インターネットをレオパレスで接続する場合の料金

Q.png半年間だけ、東京で夫が単身赴任をすることになりました。
期間も短いので、レオパレスにしました。
今月末から、レオパレスに入居する予定です。

仕事柄、パソコンを使う事が多く、家でパソコン作業をすることも多いです。
私も夫もレオパレスで暮らした経験がないので、
レオパレスのインターネット環境について教えていただきたいです。

レオパレスでのインターネット環境はどのようになっているのでしょうか?
すでにどこかと契約をしてあり、そこを使う事になるのでしょうか。
その場合は、インターネットの料金や使い勝手など教えていただきたいです。

また、新たに私たちで契約しなければいけない場合は、
どのような手続きが必要となるのでしょうか。

■インターネットマンション

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。 合計で、月額料金4000円~5000円くらいです。

マンションには、インターネットマンションという、回線会社やプロバイダと契約しなくても、
ビジネスホテルのように壁にあるLANケーブルソケットにLANケーブルをつなぐだけで使えるところ
もあります。

少なくとも、LANケーブルソケットが装備されているところでは、工事は不要です。

ソケットが装備されているところでインターネットをつなぐには、回線会社とプロバイダとの契約を行う
場合と、決められたインターネット管理会社と契約する場合があります。

インターネット管理会社とは、集合施設などのインターネットの設備を構築している会社です。
マンションなどの入居者を増やすために、最初からインターネットがすぐに使えるようにしています。

レオパレスのマンションは、自社でインターネット管理を行っているようなので、インターネット管理会社
と同じしくみだと思います。

■レオパレスの賃貸マンションでのインターネット

レオパレスのマンションはLEOーNETというインターネット環境を設備しているようです。
以前はインターネットマンションとしてアピールし、無料で使えていました。
しかし、通信速度が遅いというクレームのある物件が多かったようです。

現在では、有料契約になり月額1645円でインターネットが使えるようです。
インターネットとビデオ、CS放送が見られて3240円というプランもあるようです。
入居時に指定、契約するそうです。

通信速度は上がっているようですが、地域によって光ネットの種類が違うためか、まだ遅いところ
もあるようです。

あと残っている問題としては、IPアドレスの割り振りが、グローバルIPではなく、プライベートIP
なので、オンラインゲームやアプリで動作しないものがあるそうです。

また、LEOーNETは、独自のプロバイダを使っているので、他のプロバイダの指定や変更は
できないようです。

もし、インターネットを使用する上でLEO-NETでは満足できない場合は、フレッツ光などの回線に
変更できるか、管理人か不動産屋に確認しないといけません。

フレッツ光のNTT光回線で引き直すと、初期工事費が必要で、集合住宅でも戸建ての契約になってしまう
かもしれません。 工事を大家さんが認めてくれないかもしれません。

フレッツ光の通常料金は、4戸以上の集合住宅とそれ以下の戸建てにより変わります。
集合住宅では16戸以上の利用者が見込めるプラン2で、3350円。 8戸以上のプラン1で
3750円。それ以下のミニで4350円です。 戸建てでは5700円です。

2年以上の契約で使える「ギガ推し!キャンペーン」や「にねん割」などを適用すると
集合住宅では400円、戸建てで1100円安くなります。

それにプロバイダ料金が500円~1200円(キャンペーンで2年くらいは割引があります)
かかります。

電話回線が通っているのであれば、ADSL回線を使う方法もありますが、レオパレスは電話回線がない
ところも多いそうです。

ADSL回線を使用する場合は、電話線のソケットにモデムを取り付けるだけなので、工事の必要は
ありません。

しかし、ADSL回線を使う場合は、NTT局舎からの距離が離れていると、少し通信速度が遅くなって
しまいます。 しかも固定電話の電話加入権がない場合に、ADSL回線でインターネットを引く時は、
電話加入権不要タイプにしないといけないので、少し料金が割高になります。

その様な場合は、固定回線はあきらめて、モバイル通信端末を使用した接続を検討した方がよい
でしょう。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信では、7GBの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は基本使用料が4196円で、2年間使い続けるおトク割500円を割り引いた
3696円です。

インターネットのサイトから申し込むと、キャッシュバックなどの特典があるところもあります。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

ポケットWIFI以外の持ち運べるWIFIはない?人気の機器

Q.pngWiFiを始めたいので、いろいろと教えて下さい。

僕は、高校生です。
最近、クラスの中で、WiFiが話題になっています。
僕も、WiFiをやろうと、思います。
ところが、意味がよく分からないのです。
クラスで一番出来る奴に、笑われました。
もう、学校では、誰にも聞きたくありません。
それで、ここで、教えて頂きたいのです。

WiFiは、スマホに付けるものですよね?
WiFiがあれば、スマホの性能が上がるのですか?

WiFiには、LTEとWiMAXがあるそうです。
この2つは、どう違うのですか?

僕は、次のような例えで考えていました。
WiFiは自動車である。
LTEは、普通の自動車である。
WiMAXは、ディーゼル車である。
これなら、それぞれのメリット、デメリットがあるのが分かります。

ところで、この例えを、一番出来る奴に言ったのです。
そうしたらゲラゲラ笑われたのです。
僕の例えは、間違っていますか?

LTEとWiMAXのメリット、デメリットは、どこにありますか?

この方面に詳しい方、どうか、易しく教えて下さい。
お願いします。

■ポケットWIFIなどの持ち運べるWIFI

最近、良くポケットWIFIという言葉を耳にしますよね?
ポケットWIFIとはモバイルWIFIルーターの中の一つです。

モバイルWIFIルーターはWIFI対応のタブレットやノートパソコンなどで
データ通信を行うための通信補助機器のことをいいます。

簡単にいうとそれひとつではインターネットに繋がれない機器を
インターネットに繋げてあげるための機器のことなのです。

スマホにはデザリングという機能がありますが、実はデザリングは
スマホをモバイルWIFIルーターにする機能なのです。

スマホのデザリング機能を使えば簡単に外出先でノートパソコン
などをインターネットに接続することができます。

しかし、デザリングは膨大な電池を使うので持ちが悪く、またスマホを
使えなくなってしまうのです。

機能自体は便利ですが、スマホを使えないのはとても不便ですね。

そのため、通信補助専用の機器が必要になります。
ポケットWIFIはモバイルWIFIルーターの中の一つです。

イーモバイルが発売しているモバイルWIFIルーターをポケットWIFI
といいますが、もちろん他の通信会社もモバイルWIFIルーターを
発売していますよ。

ここからは、それぞれの通信会社のモバイルWIFIルーターを
ご紹介しましょう。

■通信会社 各社のモバイルWIFIルーター

「DOCOMO Wi-Fi STATION HW-02G」

DOCOMOから発売されているモバイルWIFIルーターがコチラです。
タッチパネル式で使いやすく、4G通信対応で快適にネット接続できます。

シンプルなメニュー画面で初めてモバイルWIFIルーターを使用する
人でも使いやすくなっています。

通信速度は最大で225Mbpsでますので、高画質の動画もサクサク
進みます。屋内でも屋外でもスムーズに通信できます。

こちらは新規加入でも機種変更でも実質負担額は0円です。

「Soft Bank Pocket WIFI 304HW」

こちらのモバイルWIFIルーターは通信速度が最大で110Mbps出る
機器です。

同時に10代の通信機器と通信することが出来るので、家族全員で
スマホやパソコンを使用してもOKです。

連続通信可能時間は約9時間と長寿命ですので、1日中仕事で
使用することも出来ます。

こちらの端末も実質負担額0円で始めることが出来ます。

■その他WIFI機能がついている機器は?

モバイルWIFIルーター以外でWIFI機能がついているものがあります。
それは WIFI機能付きのSDカードです。

デジカメに差し込むだけでインターネット上に自分で取った画像を
送ることが出来るのです。

「Eye-Fi」は、周囲に無線LANの電波さえあれば、そこに接続して
インターネットにアクセスすることが出来ます。

インターネット上に画像をアップしたい時にわざわざノートパソコンに
SDカードを差し込んでノートパソコンを起動させ、インターネットを開き
アップするという工程が省けるので、とても便利です。

普段から写真を良くとる人や、画像をインターネットにあげる習慣が
ある人にとってもおススメですよ。

このようなWIFI機能付きのSDカードがあるくらいで、モバイルWIFI
ルーター以外のWIFI機能付きの機器はありません。

スマホやノートパソコンのようにもともとWIFI機能が内蔵されている
ものもありますが、高額ですので、モバイルWIFIルータ-を購入
する方が遥かに気軽です。

■スマホやモバイルWIFIルーターの節約術の効果は?

スマホの節約術でよくある「小まめにアプリを終了させる」や「インター
ネット接続を短めに酢る」「ディスプレイの明るさを抑えめにして自動
調整はやめる」などの方法が掲載されているサイトや情報誌があります。

しかし、どれもスマホの電力はほんの気持ち程度しか節約されないのです。
ほとんど変わらないので、神経質に行う必要はないのです。

スマホの電力を長持ちさせる一番の方法は、モバイルWIFIルーター
とスマホを併用することです。

通信をするのに一番電力を使うので、それ専用の機器を併用する
ことで、スマホの電池の持ちが格段に良くなります。

先ほどお話しした節約術よりも遥かに効果がありますよ。

月額の利用料が気になる場合は、家の固定通信回線を解約して
モバイルWIFIルーター一本で通信をするととても節約になります。

また、インターネット利用者が増えるのは、午後9時~午後11時の間です。
その時間帯はインターネットを利用しないようにするとスムーズに
通信をすることができます。

WIMAX

引越しの際、フレッツ光をアパマンショップで契約する時の割引は本当

Q.png今月の末から一人暮らしのスタートです!
まだ引っ越しはしていないのですが、今からわくわくしています。

先日、アパマンショップでアパートを契約してきました。
すると、数日後に「フレッツ光に入りませんか?」という
勧誘の電話が自宅にかかってきました。

アパマンショップで引っ越し先を決めた方がフレッツ光に加入すると、
キャッシュバックをしてくれるという内容でした。
キャッシュバック、かなり魅力的です!

しかし、契約して大丈夫なものでしょうか?
初めての引っ越しのため、分からないことだらけで困っています。
また、フレッツ光の評判はどうでしょうか。

お詳しい方、色々と教えていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

■不動産で紹介される物件のインターネットの設置条件

インターネットが普及した最近では、インターネットは家の設備のひとつとなっているので、引越し
の際には、新居にインターネットの契約の勧誘を受けることが多いようです。

アパマンショップの賃貸物件の説明欄にも、「インターネット対応」「光ファイバー」などの条件項目
があります。

また、他に「インターネット無料」という項目もあったりします。
通常の場合、インターネットを使用するには、回線会社(NTTやKDDI)とプロバイダとの
契約を行います。

「光ファイバー」という条件は、その物件にすでに光回線が配線されているということです。
フレッツ光の場合は、契約すると光回線を外部から配線する工事をNTTが行いますが、この物件だと
工事が必要ないということです。

「インターネット対応」というのは、光回線だけでなく、ケーブルテレビやADSLなどのいずれか
の方法でインターネットが使えるという物件です。

「光ファイバー」や「インターネット対応」という物件では、回線会社とプロバイダと契約しないと
インターネットは使用できません。 月額料金もそれぞれでかかります。

一方、「インターネット無料」という物件では、回線の種類はわかりませんが、回線会社やプロバイダ
と契約しなくてもインターネットが使えるという物件です。

そのような物件では、壁にLANケーブルソケットが付いていて、そこにLANケーブルを挿すだけで
インターネットが使えるというビジネスホテルのような設定になっています。
中には、無線LANで接続可能というところもあるかもしれません。

マンションの入居者を増やしたり、転居者を減らす目的で、最初から設置されている物件です。

質問の方の新居は、フレッツ光を勧められたということなので、「光ファイバー」という物件であれば、
初期工事は必要ありませんが、そうでない場合は、工事が必要です。

■インターネットの代理店

フレッツ光を使用してインターネットをつなぐには、回線会社のNTTとプロバイダの2箇所で契約
する必要があります。

NTTへ直接申し込んでも契約できますが、かわりにNTTと契約してくれる代理店というものが
あります。
電話で勧誘を受けたのも、おそらくアパマンショップがフレッツ光の代理店となっているからでしょう。

他に大型電気店でも契約できますし、インターネットのサイトからでも契約することができます。
いづれもキャッシュバックや値引きなどの特典で勧誘を行っています。

■アパマンショップで契約した場合の問題点

アパマンショップなどの代理店で契約しても、初期工事をしたり、回線の管理を行うのはNTTです。
また、接続にトラブルがあった場合でも、プロバイダやNTTが対応してくれます。

そうなると、キャッシュバックなどの特典の額だけでどこの代理店で契約するかを判断すればよい
ことになりますが、注意が必要です。

有料のオプションを最初から多く付けられて、契約をしてしまうケースが多いからです。
契約時に詳しく説明なしで付けられるので、わからないことがほとんどです。

最初の1~2ヶ月はプロバイダ料金は、無料の特典もあるので、それ以降は普通より高額な料金を
払わないといけない結果となります。 すぐに有料オプションを解約できればよいのですが、規定の
期間は解約できないというケースも多くあります。

キャッシュバックの額にごまかされて、契約しないほうが良いと思います。

また、契約期間が2年間のプランでの契約がほとんどで、キャッシュバックを受け取れるのが、2年後
というケースもあり、もし、2年以内に再び転居などの理由で解約すると、キャッシュバックは受け
取れません。

契約を交わす前に注意が必要です。

■インターネット無料マンションの問題点

インターネット無料というマンションでは、回線会社やプロバイダと契約しなくてもインターネットが
使えると最初に書きましたが、その場合でも問題がある場合があります。

インターネットが無料、もしくは格安で使用できるという利点はありますが、大家がその分を負担する
という形式になるので、できるだけその負担を減らす対策を行う場合があるからです。

家賃や共益費を少し上げるという場合もありますが、インターネットの設定を通信速度が、遅い設定に
なっていることがあります。

また、集合住宅の場合、光ケーブルは各部屋に1本づつということは無く、1本のケーブルを何部屋かで
共用するケースが多いので、利用者が増える時間は、通信速度が遅くなったりする場合があります。

このような場合は、新たに光回線で引き直すことは、大家さんが認めてくれないかもしれません。
そうなれば、固定回線はあきらめて、モバイル通信端末を使用した接続を検討した方がよいでしょう。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。

JCOMによるインターネットの料金は? アート引越しセンターから勧められた

Q.png来月から大学生になるのですが、実家から離れ、一人暮らになります。

先日、引っ越しの見積もりをサカイ引越センターに依頼したところ、
いきなり「JCOMに入りませんか?」という
勧誘の電話が自宅にかかってきました。

引っ越しで何かとお金が出ていきますし、
新卒なので、お金を持っているわけではありません。
なので、電話がかかってきた時は驚きましたが、
キャッシュバックがあるという内容はとても魅力的です。

このような経験がないので、本当に契約して大丈夫なのか配をしています。
契約しても、特に問題はないですよね・・・?

ご経験のある方、お詳しい方、いらっしゃったらご意見を頂けますと嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

■なぜアート引越センターからJCOMの勧誘がきたのか

近年、自宅でのインターネット設備は必須になってきているので、引越し業者が、インターネットを
引く勧誘を行っているようです。

アート引越しセンターとJCOMは業務提携を行っているようです。

JCOMのメンバーズサイトでは、引越しの際にアート引越しセンターを利用すると、引越し基本料金
(車輌代+人件費)から30%割引するキャンペーンを現在行っています。
さらにハウスクリーニングとハイスコーティング料が10%割引く特典があります。

その代わりにアート引越しセンターが、JCOMの代理店として、JCOMに加入する勧誘を行って
いると思われます。

フレッツ光を勧誘してくる引越し業者も多くあります。
それも、各引越し業者がフレッツ光の代理店となっているからです。

インターネットの回線(フレッツ光、JCOMなど)の代理店には大きく分けて、3種類あります。
営業代理店型、店舗代理店型、Web代理店型です。

営業代理店型は、電話をかけてのセールスや、訪問販売でのセールスをする形式のものです。

店舗代理店型は、大型電気店などで契約をする形式のものです。 自店で売っている商品の
値引きするというキャッシュバックで勧めています。

Web代理店型は価格comのようにWebページからインターネットの申し込みが出来る形式の
ものです。

いずれも、キャッシュバックなどの特典で勧誘しています。

インターネットの回線でJCOMをすすめたのは、引越し先のマンションにすでにJCOMが配線
されているからでしょうか。

■アート引越センターからのインターネットの契約

アート引越センターは、営業代理店型なのでJCOMでのインターネットを新規契約すると、
キャッシュバックなどの特典をアピールして勧誘しているものと思われます。

アート引越しセンターは勧誘を行うだけで、契約後の設置、トラブル管理はJCOM側で行うので、
使用上のトラブルなどの問題はないと思います。

ただ、詳しい説明もなく、有料オプションなどを最初からつけた状態で契約させられる場合があるので
注意が必要です。

引越し先のインターネットの接続環境を調べておく必要があります。
インターネットをつなぐ方法は、JCOMしかないのか、フレッツ光という方法は使えないのでしょうか

引越し先の環境が、すでにJCOMの設置体制が出来ているのであれば、テレビ電波が入りにくいという
理由でJCOMを利用してTV放送を流しているのかもしれません。

マンションには、インターネットマンションという、回線会社やプロバイダと契約しなくても、
ビジネスホテルのように壁にあるLANケーブルソケットにLANケーブルをつなぐだけで使えるところ
もあります。

ソケットが装備されているところでインターネットをつなぐには、回線会社とプロバイダとの契約を行う
場合と、決められたインターネット管理会社と契約する場合があります。

インターネット管理会社とは、集合施設などのインターネットの設備を構築している会社です。
マンションなどの入居者を増やすために、最初からインターネットがすぐに使えるようにしています。

もしかすると、引越し先でのインターネット管理会社がJCOMなのかもしれません。

大家さんが料金をいくらか負担して、通常より安い金額でインターネットが使用できるようになっている
場合もあります。 しかし、通信速度が最初から遅い設定になっていたりすることもあります。

その場合は、NTT光回線で引き直すと、初期工事費が必要で、集合住宅でも戸建ての契約になってしまう
かもしれません。 工事を大家さんが認めてくれないかもしれません。

その様な場合は、固定回線はあきらめて、モバイル通信端末を使用した接続を検討した方がよい
でしょう。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

■インターネットを契約する場合の注意点

アート引越センターで申し込んでも、つながるのはJCOMのインターネットなので問題はないと
思います。 ただ、最初から有料オプションが付加されていないかを確認すべきでしょう。

JCOMでインターネットを引くと、テレビ、電話のセットで通信速度が12Mbpsで5695円、
40Mbpsで6171円、140Mbpsで6648円かかります。

キャッシュバックだけで見ると、JCOMのサイトから申し込んでも、高額なキャッシュバック
の特典があります。 自分にあったパックも選択できます。

どちらが悩む!Wimaxとbroadはどっちが評判いいの?

Q.pngBroad WiMAXとBroad LTEでは、どちらがいいでしょうか。

今度、WiFiをやることにしました。
でも、よく分からないところがあるので、質問します。
Broad WiMAXとBroad LTE。
これのどちらが、オススメですか?

毎日、かなり使う予定で、しかも屋外でも使います。
もちろん、繋がりやすく、速度が速い方がいいです。

それに、お金が心配です。
初期費用は、いくらくらいかかるでしょうか?
毎月の使用料は、いくらでしょうか?
どちらかというと、ランニングコストが安い方がいいです。
でも、あまり安すぎるのも、変だな、と思います。
標準的な金額を、教えて下さい。

2社それぞれの、速度と値段を知りたいのです。

ネット上には、いろいろな事がかいてあります。
褒めちぎっているのがあります。
会社の回し者ではないか、と思います。
徹底的にけなしているのもあります。
アブない人じゃないか、と思います。

客観的な情報を知りたいのです。

どうか、回答をお願いします。

■2つのモバイルWIFIを比較してみよう!

質問者様が気になっているBroad LTEとWIMAXはどんな違いが
あるのでしょうか?

ここでは、2つのモバイルWIFIの違いをひとつひとつ比較していきます。
まずは、Broad LTEの特徴からです。

Broad LTEは日本全国にエリアが拡大しており充実した通信環境です。

通信速度の速さも重要なのですが、通信エリアが広ければそれだけ
通信は安定するのです。

Broad LTEは通信速度が下り最大165Mbpsですので、通信速度も
通信エリアも申し分ないといえます。

また、利用料が月額2,856円ですので、業界最安値です。
ずっと使い続けてもおサイフを圧迫することはありません。

オンラインで購入後、すぐに届きその日のうちに使うことができます。
購入したら、端末は即日発送となります。

モバイルWIIFIの端末代金は期間限定で全機種0円です。

いまなら、全員に10,000円の割引があります。
インターネットでの購入は24時間、対応してもらえます。

契約事務手数料は3,000円、初期費用は18,857円です。

解約金は初月は36,572円です。使用していくうちにどんどん
安くなり、2年1か月後には0円になります。

支払はクレジットカードと口座振替ができます。
もう一方のWIMAXはどのようなものなのでしょうか?

■WIMAXのモバイルWIFIの特徴は?

利用料金は月額最安値2,856円です。
WIMAXも期間限定のキャンペーンで端末が全て無料です。

また、通信エリアは全国規模で空港・駅・地下鉄で利用可能です。
通信速度は下り最大220Mbpsとなっています。

この速度はとても早くインターネットを外出先で多用する方でも
スムーズにストレスなく繋がれる通信速度です。

大容量のダウンロードもサクサク進みます。

そして、契約事務手数料は3,000円、全機種端末無料、初期費用は
18,857円です。

解約金は12か月以内に解約すると19,000円、それ以降は徐々に
安くなっていき、更新月は0円となります。

2つのモバイルWIFIの特徴が分かったところで、どちらの方がお得
なのでしょうか?

■お得で便利なのはどちら?

2つを比べてみると、月額の利用料、初期費用、契約事務手数料は
同じ金額です。

しかし、解約金に大きな違いがあります。

Broad LTEの翌月の解約金は36,000円前後でWIMAXの翌月の
解約金は19,000円です。

さらに、Broad LTEの通信速度は最大で165Mbpであるのに対して
WIMAXは通信速度が最大で220Mbps出ます。

通信速度に大幅な違いがありますので、WIMAXをおススメいたします。
WIMAXならVISAをはじめとする5種類のクレジットカードで支払うこと
が出来ます。

さらに、WIMAXは今ならとてもお得なキャンペーンを行っています。

2台目を契約すると2台目の初期費用が10,000円割引になるのです。
8,000円代でモバイルWIFIの契約が出来ることになりますので、
とてもお得です。

また、オンラインで購入すると月額最安値プランの初期費用が5,000
円割引となります。

どこよりもお得にスタートを切ることが出来ます。

■地域によって通信が遅いことも!

モバイルWIFIの通信速度は最大の数値が公式サイトには書かれています。

ですので、実際に使用していると公式サイトとは全く違う遅い速度での
通信となることも良くあるのです。

自分がすんいでいる地域にはモバイルWIFIの通信基地局が設置
してあるかどうかを事前に調べましょう。

通信基地局を検索できるサイトもあります。

また、モバイルWIFIの公式サイトから検索サイトへ飛べるように
なっていることもあります。

事前にしっかり通信基地局の有無を把握していれば、
びっくりするほどおそいということになりません。

また、モバイルWIFIを利用して通信を行うことで、スマホの電池の
持ちが良くなります。

モバイルWIFIを使うようになってから以前の倍以上電池が長持ち
して充電の手間が省けていい、電気代が節約になるといった声も
上がっています。

また、モバイルWIFIが通信状況が悪くインターネットがさくさく
進まない時は、公共無線LANを利用しましょう。

公共無線LANは駅やファストフード店などに良く設置されている無料で
使える無線サービスのことです。

公共無線LASNが設置してあるところでは、通信がスムーズにできる
ので、ストレスを感じません。

このような便利なサービスをしっかり活用することで、モバイルWIFI
のデメリットを解消することが出来るようになるのです。

WIMAX

フレッツ光のインターネット料金は?アート引っ越しセンターから契約

Q.png来月から社会人になるのですが、実家から離れ、大阪で働くこととなりました。
それを機に、一人暮らになります。

先日、引っ越しの見積もりをアート引越センターに依頼したところ、
いきなり「フレッツ光に入りませんか?」という
勧誘の電話が家にかかってきました。

引っ越しで何かとお金が出ていきますし、
新卒なので、お金を持っているわけではありません。
なので、キャッシュバックがあるという内容はとても魅力的です。

私も親もこのような経験がないので、
本当に契約しても良いのか心配をしています。
契約しても、特に問題はないですよね・・・?

ご経験のある方、お詳しい方、いらっしゃったらご意見を頂けますと嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

■引越し業社がインターネットを勧める理由

近年、自宅でのインターネット設備は必須になってきているので、引越しした新居でも、すぐに
使いたい人が多いので、引越し業者がインターネットの勧誘を行っているようです。

フレッツ光を利用してインターネットを使用する場合は、回線会社のNTTとプロバイダとの契約
を行う必要があります。

NTTへ連絡して契約を行うこともできますが、代理店を通して契約することの方が多いと思います。

フレッツ光の代理店には大きく分けて、3種類あります。 営業代理店型、店舗代理店型、Web
代理店型です。

営業代理店型は直接、電話をかけてきての勧誘や、自宅などに訪問しての勧誘を行う形式のものです。

店舗代理店型は、大型電気店などで契約をする形式のものです。 自店で売っている商品を
値引きしたり、キャッシュバックで勧めています。

Web代理店型は価格comのようにWebページからインターネットの申し込みが出来る形式の
ものです。

いずれの代理店でも、キャッシュバックなどの特典を使って勧誘しています。

アート引越センターは、フレッツ光の直接の代理店ではないようですが、アート引越しセンターが
提携している営業代理店型の契約会社から勧誘があるそうです。

■アート引越センターで契約した場合のメリット

アート引越しセンターが勧めるインターネットの契約を行うと、キャッシュバックという特典が
あるということですが、他の代理店でも特典があります。

たとえば、大型電気店で契約すると、パソコンがとても安い価格で購入できたりします。
現在は規制がかかって、禁止になっていますが、以前では、電化製品の価格を大幅に値引きする特典
もあったらしいです。

パソコンのWebサイトから契約すると、かなり高額のキャッシュバックがあるところもあります。
また、引越し業社には、引っ越し料金を大幅に値引きするところもあります。

フレッツ光の場合は、どこの代理店から契約しても、回線工事や回線のトラブルに対応するのは
NTTであり、接続時のトラブルもNTTかプロバイダが対応してくれます。

引越し先ですぐにインターネットを使いたい場合に、引っ越し業社がその対応をしてくれるところ
もあります。 通常なら工事の日に立ち会わないといけなかったりするので、引越しの日に引越し
終了後、すぐに工事に来てくれるのであれば、助かります。

それぞれの代理店からの契約にはメリットがある反面、注意しないといけないこともあります。

高額なキャッシュバックの特典があるところでは、有料のオプションをいくつもつけられている
ことがあります。 キャッシュバックの額が大きいため年間の出費は安く感じるかもしれませんが
普通より割増な請求が来ることになります。

その有料オプションはすぐに、解約できればよいのですが、規定の期間は解約できない場合も
あります。

また、2年契約のプランでの契約が多く、もし2年以内に再び引っ越しなどの理由で解約となると
キャッシュバックは受け取れません。

最初から2年以上利用することがわかっている場合は、よいですが、そうでない場合は、2年契約
は避けた方がよいでしょう。

フレッツ光のサイトからだとオプションは選択できるし、契約期間のプランも選ぶことができます。

引越してすぐにインターネットを使いたい場合は、転居する1か月以上前に連絡したらよいでしょう。

■引越先の住居の設備について

引っ越し先でインターネットを開通されるための状況を、前もって確認しないといけないと思います。
アート引越センターが調べてくれているのであれば、よいのですが。

たとえば、部屋の壁にLANケーブルソケットがついていて、回線会社やプロバイダと契約しなくても
ビジネスホテルのように、LANケーブルをつなぐだけで使えるところもあります。

マンションなどの入居者を増やすために、最初からインターネットがすぐに使えるようにしています。
大家さんが料金をいくらか負担して、通常より安い金額でインターネットが使用できるようになっている
ところが多いです。

また、LANケーブルソケットが装備されていて、光回線などがすでに設置されているところがあります。
初期工事なしで、回線会社とプロバイダとの契約だけで使用できるものです。

ただ、このような場合には、通信速度が最初から遅い設定になっていたりすることもあります。

マンションなどの集合住宅だと、自室のみ通信速度を上げる設定にすることはできません。
新たに自分用の回線を引くことも、おそらく無理だと思います。

その様な場合は、固定回線はあきらめて、モバイル通信端末を使用した接続を検討した方がよい
でしょう。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

評判が知りたい!WIMAXをヤマダ電機で契約はお得?

Q.pngヤマダ電機のWiMAXについて質問があります。

今度、WiFiを始めようとしている学生です。
文系の者で、ITとかメカは強くありません。
それでも、自分なりに、いろいろと調べてみました。
今のところは、ヤマダ電機のWiMAXがいいかな、と思っています。
値段が安いと思うのです。
下宿している学生にとっては、有り難いことです。

でも、不安なこともあります。
次のような話を聞きました。
ヤマダ電機のは接続ポイントが少ない。
セキュリティに問題がある。
安い分、使用制限がきつい。
これらは、本当なのでしょうか?

また、ヤマダ電機の広告には、次のことが書いてあります。
ヤマダのアクセスポイントが、全国どこでも、無料で使える。
これがよく分かりません。
WiMAXは、アクセスポイントがなくても、ネットに繋がるのでしょう?
なんで、わざわざ、無料だというのでしょうか?

以上が、私の疑問です。
こういうことに詳しい方、どうか教えて下さい。
お願いします。

■WI-FIがないと通信出来ない時も!

質問者様が感じている疑問は当然です。
モバイルWI-FIはいつでもどこでも通信するための端末です。

それが何故、WI-FIのアクセスポイントが必要なのか?
その理由はモバイルWI-FIの特徴にあります。

モバイルWi-Fiは無線でのインターネット通信なのです。
ですので、WIMAXを利用する場所や地域によって通信しづらい
こともあります。

こういった場合に役に立つのがWi-FIサービスです。

無線LANと呼ばれるWi-FIをサポートとして利用することで通信しずらい
環境でも安定した通信を行うことが出来るのです。

YAMADAでは、UQ WIMAXのWI-FIサービスを利用して無線LAN
サービスを提供しているのです。

そして、YAMADA Air WIMAXを契約すると契約料・通信料が無料で
WI-FIサービスを利用することが出来ます。

YAMADAの店頭でも契約することが出来るのですが、My YAMADA
からでも契約することができますので、手間はかかりません。

WIMAXのサポートをする役割としてWi-FIサービスを活用すれば、
より一層快適にインターネットに接続することができます。

とても便利なサービスですので、どんどん利用していきましょう。

■通信速度はどれくらいなの?

YAMADA WIMAX2+は通信速度がどれくらいなのでしょうか?
まず、基本的にモバイルWI-FIは固定回線よりも通信速度が遅いです。

しかし、通信速度がとても早くないと出来ないイメージのオンライン
ゲームでも1,5Mbps~2Mbpsくらいの通信速度でスムーズに楽しめます。

YAMADA WIMAX2+の通信速度は下り40Mpbs、上り15,4Mbps
も出るのです。

高画質の動画を閲覧するのもストレスを感じずにあっという間に
読み込めるくらいの通信速度です。

つまり、通常の範囲でインターネットを楽しむ場合は何の問題もない
くらいの通信速度なのです。

固定回線の通信速度はもっと早いのですが、一般の方には実は
必要ないほどの通信速度なのです。

WIMAXの通信速度で十分、インターネットを利用することはできますよ。

■WIMAXのセキュリティーは不安?

WIMAXのようなモバイルWI-FIは無線で通信するため、他人に簡単に
個人情報などを除かれてしまいます。

しかし、セキュリティーをしっかりしていれば問題なく使えます。
YAMADAにはとてもハイレベルなセキュリティーサービスがあります。

「YAMADAセキュリティ by F-Secure」は月額300円で利用できます。
ヨーロッパ最高評価の高性能セキュリティソフトを採用しています。

最大60日間無料で試用することが出来るので、じっくりお試しする
ことが出来ます。

また、1つ契約をしてセキュリティライセンスを取得すると3台の
PCでインストール可能ですので、実質1台100円で利用できます。

また、メールに関してアンチウイルス、アンチスパム機能を提供します。
1日1000通まで保護します。受信メールに対しての制限はありません。

何通でもしっかりセキュリティーがかかるようになっています。
こちらのサービスは、WIMAXを契約した方なら無料で利用できる
のでおススメです。

■YAMADAのWIMAXメリットとデメリット

では、ここからはYAMADAのWIMAXメリットとデメリットをお話しします。

YAMADA WIMAX メリットはこちら

最新端末は1円から購入することが出来ます。しかし、一つだけ
条件があります。それは、YAMADAが特定した端末を選ぶことです。

また、キャッシュバックサービスがあります。

指定商品を同時に購入するか、WIMAX内臓PCとWIMAXを同時に
購入することが条件ですが、とてもお得です。

最大10,000円のキャッシュバックとなります。

初期費用が無料になりますし、初月利用料が無料です。

そして、YAMADAのWIMAXのデメリットはキャンペーン適応するには、
指定商品を同時購入することが条件となります。

こちらのキャンペーンは総合的に観て、お得とは言えないのです。

しかし、パソコンも同時に購入する人にとってはとてもうれしい
キャンペーンなのです。また、パソコンを同時購入しなくても
初月料金や初期費用が無料なのはとてもお得ですね。

セキュリティサービスが無料でついてくるサービスもありますし、
初期費用や初月費用が無料になるので、YAMADAのWIMAXは
とてもおススメです。

割引の対象となっている端末を選んでお得にモバイルWI-FIを
手に入れましょう。

WIMAX

フレッツ光をサカイ引っ越しセンターから契約した際のインターネット料金は

Q.png来月から、東京で働くこととなり、一人暮らしを始めることになりました。
初めての一人暮らしと言う事もあり、
親の協力のもと、引っ越しの準備を進めています。

引っ越しの見積もりをサカイ引越センターに依頼したところ、
突然「フレッツ光に入りませんか?」という
勧誘の電話が自宅にかかってきました。

一人暮らしを始めるにあたり、何かとお金が出ていきますし、
新卒なので、お金を持っているわけではありません。
なので、キャッシュバックがあるという内容はとても魅力的です。

私も親もこのような経験がないので、本当に契約しても良いのか
心配をしています。
契約しても、大丈夫ですよね・・・?

ご経験のある方、お詳しい方、いらっしゃったらご意見を頂けますと嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

■サカイ引越センターとNTT西日本

現在、NTT西日本とサカイ引越センターは業務提携を行っているようで、NTT西日本のフレッツ光
のサイトでは、引越しの際のインターネットでの特典にサカイ引越センターを利用しています。

新規にフレッツ光を契約すると、引越し基本料(車輌費+人件費)を20%割引きがあります。

すでにフレッツ光を契約中で、引越し先でも引き続き使う場合は、初期工事費無料や月額利用料が
1ヶ月無料になる上、NTT西日本の会員サイトCLUB NTT-WESTのゴールド会員限定で
引越し基本料が20%割引きがあります。

インターネットは住居設備の必須の要素となりつつあるようです。
サカイ引越センターから勧誘の電話があったのは、フレッツ光の代理店をサカイ引越センターが
営んでいるためです。

■インターネットの代理店

インターネットの回線(フレッツ光など)の代理店には大きく分けて、3種類あります。
営業代理店型、店舗代理店型、Web代理店型です。

営業代理店型は、電話をかけてのセールスや、訪問販売でのセールスをする形式のものです。

店舗代理店型は、大型電気店などで契約をする形式のものです。 自店で売っている商品の
値引きするというキャッシュバックで勧めています。

Web代理店型は価格comのようにWebページからインターネットの申し込みが出来る形式の
ものです。

いずれも、キャッシュバックなどの特典で勧誘しています。

■サカイ引越センターからのインターネットの契約

サカイ引越センターは、営業代理店型なのでフレッツ光を新規契約すると、引越し料金の割引や
キャッシュバックなどの特典をアピールして勧誘しているものと思われます。

フレッツ光の場合は、接続工事するのはNTTであり、光回線もNTTが管理をするので、接続の
トラブル等はないと思います。

プロバイダもおそらく選択できると思いますが、詳しい説明もなく、有料オプションなどを最初から
つけた状態で契約させられる場合があるので、注意が必要です。

引っ越してすぐに、インターネットが使えるように手配してもらえるのであれば、その点はありがたい
のかもしれません。

しかし、NTTの初期工事が必要な場合は、予約だけを行い、引っ越してからの開通になるかも
しれません。

引っ越し先でインターネットを開通されるための状況を、前もって確認しないといけないと思います。
サカイ引越センターが調べてくれているのであれば、よいのですが。

たとえば、インターネットマンションという、回線会社やプロバイダと契約しなくても、ビジネスホテル
のように壁にあるLANケーブルソケットにLANケーブルをつなぐだけで使えるところもあります。

ソケットが装備されているところでインターネットをつなぐには、回線会社とプロバイダとの契約を行う
場合と、決められたインターネット管理会社と契約する場合があります。

インターネット管理会社とは、集合施設などのインターネットの設備を構築している会社です。
マンションなどの入居者を増やすために、最初からインターネットがすぐに使えるようにしています。

大家さんが料金をいくらか負担して、通常より安い金額でインターネットが使用できるようになっています。
ただ、通信速度が最初から遅い設定になっていたりすることもあります。

その場合は、NTT光回線で引き直すと、初期工事費が必要で、集合住宅でも戸建ての契約になってしまう
かもしれません。 工事を大家さんが認めてくれないかもしれません。

その様な場合は、固定回線はあきらめて、モバイル通信端末を使用した接続を検討した方がよい
でしょう。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

■インターネットを契約する場合の注意点

サカイ引越センターで申し込んでも、つながるのはNTTのフレッツ光で、プロバイダが指定できれば
問題はないと思います。

プロバイダが指定できなければ、有料オプションが付加されていないかを確認すべきでしょう。

キャッシュバックだけで見ると、価格comなどのサイトから申し込む方が、高額なキャッシュバック
の特典があるところが多いと思います。

ネットから申し込む際に注意しないといけないのは、2年契約が多いので、それ以内に解約すると
キャッシュバックは受け取れません。
また、キャッシュバックは高額でも有料オプションが付加されている場合もあります。

最初に書きましたが、NTT西日本のサイトから申し込んでも特典があります。
自分にあったプロバイダを選択できますし、有料オプションは選択しないと付加されません。

大学の寮(大分大学)でのインターネットに接続方法について

Q.png次年度から、大分大学に通うこととなりました!
実家は山口なので、大分大学についている学生寮に入る予定です。

わくわくしながら、学生寮に入る準備をしているのですが、
学生寮の各部屋のインターネット環境はどうなっているのでしょうか?

何も手続きせず、インターネットは部屋で使えますか?
やっぱり、料金ってかかってきますよね?
全く、費用感がわからないのですが、どのくらいかかるのでしょうか。

インターネット回線を自分で契約しなければいけない場合は、
どのような手続きが必要なのでしょうか。

お詳しい方、大分大学でなくても学生寮の経験のある方、
ご経験談などを教えてください!

どうぞよろしくお願いいたします。

■大分大学の学生寮について

大分大学の学生寮は、旦野原キャンパス内に5階建ての建物が1棟あります。

医学部以外の学部には、歩いてすぐの場所ですが、医学部のある挾間キャンパスまでは,約10Km
離れていて、バスや電車利用を使うと90分かかるそうです。

学生寮の収容人員は290人で、部屋は全て個室です。
一般学生・外国人留学生用居室が288室あり、身体等に障がいのある学生専用の居室が2室あります。

学生寮は1棟で、男女混合タイプですが、男子、女子、留学生ゾーンを設け、エリア分けされています。

共用スペースの設備は、談話室、多目的室、図書室、ラウンジ、自販機コーナー、コインランドリー
、屋上物干し、メールボックス、宅配ボックス、外来者用トイレ等があります。

個人の居室には,ベッド(マットなし)、机、椅子、クローゼット、UBT(ユニットバストイレ)、
エアコン、ミニキッチン(IH)、インターネット配線、TV 配線が備え付けてあります

寮に自転車、原動機付自転車はいつでも持ち込めますが、バイク(自動二輪)は半年間、自動車は
1年間持ち込むことはできません。 自動車の駐車料は、月2481円です。

入寮者の選考は,経済的な事由と地理的な事由(通学に要する時間が90分以上)を考慮して行って
いるようです。

月額費用は、寄宿料が20000円、共益費が2000円、インターネット使用料が2000円
合計24000円と光熱水料がかかります。 ガスは通っていません。

維持管理一時金として入居時に40000円必要です。
また、テレビを持ち込む際には、NHK受信料が必要です。

■大学寮の部屋内でのインターネットの使用について

大分大学の学生寮では、インターネットは寮生が全員加入が条件となっているようです。
月額料金は2000円です。 光回線を使ったインターネットのようです。

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。 合計で、月額料金4000円~5000円くらいです。

しかし、大分大学の学生寮は、電話回線はないので、おそらく大学側がインターネット環境をすでに
構築しているものと思われます。

部屋の壁にLANケーブルのソケットがついていて、工事を行わなくても、LANケーブルを挿すだけで
インターネットが使えるタイプだと思います。

この場合は、回線会社やプロバイダと契約する必要は無く、大学が指定したインターネット管理会社と
契約することになると思います。

インターネット管理会社と契約して、インターネットを使用する場合の月額料金が2000円だと
思います。 大学のネットワークにアクセスできて、便利な面も多いです。

大分大学には、教務情報システムというネットワークがあり、多くの学生が利用しているようです。
キャンパス内には、無線LANも配備されているようです。

しかし、大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、
その点は安心ですが、その反面、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイト
があったり、動画の閲覧もできない場合があったりします。

通常のNTTなどの回線会社とプロバイダとの契約の場合は、そのような規制はないかと思いますが、
その方法ができない場合は、ポータブル通信端末を使う方法があります。

■個別にインターネットをつなぐ

学生寮の部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法としては、回線を引かない、
モバイル通信端末を使う方法があります。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信では、7GBの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は基本使用料が4196円で、2年間使い続けるおトク割500円を割り引いた
3696円です。

インターネットのサイトから申し込むと、キャッシュバックなどの特典があるところもあります。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

学生寮内の専用インターネットに必ず契約しないといけないのであれば、両方で料金を負担しないと
いけないので、テザリングを利用したほうが使った時だけ請求されるので、よいかもしれません。