おすすめの学生用ノートパソコンは?

Q.png大学の授業で使うノートパソコンを買いたいので、アドバイスを下さい。

私は、今年大学へ入った1年生です。
授業でパソコンが必要となりました。
レポートの作成、それに毎週のプレゼンの資料作成です。
情報機械室に学生用のパソコンがあります。
でも、いつもいつもそこで作業するのも、しんどいです。
それで、ノートパソコンを買うことにしました。

次の条件に合うパソコンを探しています。
(1)軽くて、持ち運びしやすいこと。
(2)ワードとパワーポイントが入っていること。
(3)画面が小さすぎないこと。
(4)液晶画面がきれいなこと。
(5)値段が安いこと。

最低でも、(1)と(2)の条件はみたしていなければなりません。
(3)以下の条件は、無理ならばあきらめます。

こういう条件に合うノートパソコンは、何があるでしょうか?
オススメとか、買う時の注意を教えて下さい。
回答を、よろしくお願いします。

■軽いノートパソコンを選ぶには

持ち運びに便利な軽くて薄いパソコンを探すポイントとして、3つのチェックするポイントがあります。

ひとつは、大きなディスプレイのものは避けた方がよいということです。 15インチ以上だとバックにも
入れにくいし、膝の上で操作する上でも不便なので、13インチくらいまでのものがよいと思います。

ふたつめは、DVDなどの光学ドライブがあると、重量や厚みも増すので、使用頻度が少ないのであれば
光学ドライブが無いものがよいと思います。

windows8の機能として、ISOファイルを仮想ドライブとしてマウントできる機能が追加されました。

この機能により、DVDの内容を仮想ドライブとしてHDに入れ、外出先で視聴できます。

最後にHDDではなくSSDが内蔵されているものを選択すれば、重量が軽くなるだけでなく、起動や処理速度
も早くなります。

また、音も静かで熱もHDDに比べて高温になりにくく、振動や衝撃にも強いという利点があります。
しかし、容量がHDDと比べて少ないものしか無く、高価になるという欠点もあります。

■おすすめのノートパソコン

上記の内容をふまえて、13インチ程度で光学ドライブが無く、SSDを内蔵するノートパソコンで、ご希望の
word、powerpointがインストールされているおすすめのものをいくつか紹介します。

・マイクロソフト社製の、Microsoft Surface Pro3です。
液晶サイズは12インチのワイド画面で、解像度は2160×1440です。

CPUはCore i3、i5、i7の種類があり、メモリ容量は4GBか8GBです。
SSDは128GB、256GB、512GBの種類があり、重量は798.3gです。
厚みは9.14mmでバッテリー駆動時間は9時間です。

一番の特徴は、ノートパソコンとタブレットの両方の使い方ができる2in1ノートパソコンです。
キーボードと分離することができ、ディスプレイをタブレットとして使用できます。
価格は91800円~です。

・NEC社製のLaVie Hybrid ZERO HZ550/AAB PC-HZ550AABです。
液晶サイズは13.3インチのワイド画面で、解像度はWQHD(2560×1440)です。

CPUはCore i5でクロック数は2.2GHzの2コアで、メモリ容量は4GBです。
SSDは128GBで、重量は779gです。 厚みは16.9mmでバッテリー駆動時間は5.9時間
です。

現在最安値は13200円です。
NECはこのタイプのノートパソコンをいくつか発売しています。

・Lenovo社製のLenovo YOGA 3 Proです。
液晶サイズは13.3インチのワイド画面で、解像度はQHD+(3200×1800)です。

CPUはCore M-5Y70でクロック数は1.1GHzの2コアで、メモリ容量は8GBです。
SSDは512GBあり、重量は1.19kgです。 厚みは最薄部が12.8mmでバッテリー駆動時間は
8時間です。

文字やデータの入力はラップトップ型、調べものはタブレット型、SNSで仲間と交流するときはテント型、
動画鑑賞はスタンド型の4つのモードへ形を変えることができるコンバーチブルタイプです。

現在最安値は159521円です。

・東芝社製のdynabook KIRA V63 V63/PS PV63PSP-KHAです。
液晶サイズは13.3インチのワイド画面で、解像度はフルHD(1920×1080)です。

CPUはCore i5 5200Uでクロック数は2.2GHzの2コアです。
SSDは128GBで、重量は1.1kgです。 厚みは17.9mmでバッテリー駆動時間は16時間
あります。

現在最安値は144600円です。

■大学によるパソコンの選択

各大学の授業や提出物などの作業を行う上で、必要なアプリなどをイストールする必要があります。
授業が開始される前に大学側から、パソコンに必要な条件を提示されるかもしれません。

アプリなどは学割が適用されて、普通より少し安く買うことはできますが、全て揃えると高くつくことも
あり、準備に手間がかかるかもしれません。

その時には、大学生協でパソコンを販売している場合があります。
大学生協などで販売しているパソコンには、その大学での使用に適したOSやアプリ、セキュリティソフト
などが最初からインストールされて販売しています。

普通に買うより少し高価な場合もありますが、大学生活の間、故障などに対応してくれ、修理が必要な時には
代替えパソコンを貸してくれる所もあります。

それぞれの大学に合ったパソコンを選択しないといけないと思います。
教授や先輩に確認してもよいかと思います。

引っ越した先で最短でインターネットを開通するにはどうすればよいか

Q.png非常に困っています!
引っ越しの際の、インターネット接続について教えてください。
詳しく助言いただけると助かります。

今回、同じ団地内で引っ越しをすることになりました。
今の住まいでは、NTTフレッツ光プレミアムと契約しています。
ネット環境には満足しているので、
継続してお願いしようと思っていました。
しかし、問い合わせしたところ、引越しする先の棟には、
光回線の空きがないと言われてしまいました…。
そのためなのか、インターネットを移転するのに、
1ヶ月ほどはかかるというのです…。

仕事上、インターネットで調べものをすることも多く、
1ヶ月も自宅でインターネットができないというのは困ってしまいます。
スマホなどで対応できるものではないので、
すぐにインターネットを繋げられる環境が必要なのです。
同じ団地内での引っ越しと言うこともあり、
すぐに繋がるものと考えていたので、びっくりしています。
調べてもどうすればいいのか、自分では分からず、
問い合わせても1ヶ月ほどかかるとの回答以外得られず、とても困っています。

この際、プロバイダはどこでもいいのです!
この環境で、最短で開通する方法を教えてください。

■できるだけ早く引っ越し先でインターネットを使いたい

引っ越しなどで住居が変わる時に、引っ越し先でまたインターネットの契約
をし直すのは面倒だし、メールアドレスやホームページなどが変更しないと
いけないかもしれません。

しかし、今使っているインターネット契約をそのままの引っ越し先で使える
プロバイダが多くあります。

そういうプロバイダなら通常であれば、引っ越す何週間か前に届けていれば、
引っ越しをしてもすぐに使えるように対応してくれると思います。

それでも引っ越し先の環境により時間がかかったり、同じ環境が再現できない
場合にすぐにインターネットを使えないことがあるのかもしれません。

■インターネットを最速で使う方法

最初の問い合わせのインターネットを最速で開通する方法ですが。

NTTフレッツ光なら通常では、インターネットの引っ越しは、引っ越す2~4週間
前に連絡しておくと、引っ越し後にすぐ使えるように対応してくれるはずです。

しかし、何か特別な理由で、間に合わない場合の対応案です。

1.契約先会社により開通するまでWiFiをレンタルしてもらえる場合があるので
それを利用する。

WiFiはモバイル通信端末で、インターネットに接続する方法です。
ただ、多くのWiFiは通信速度が100Mb近くありますが、受信量が7Gbを
超えると速度が128kbに急激に落とされる速度制限があります。

無制限で速度制限なく利用できるのは、WiFiMAXというサービスだけです。

2.現在の契約を解約して、新たに別の会社とインターネットの契約を行う。

インターネットの開通が早いといわれているネット会社です。

・フレッツ光(NTTテレポケット)。 平均開設期間は2週間~4週間で、WiFi
をレンタルしてくれるサービスもあるのでその場合、最短2日で接続が可能です。

・ビッグローブ光。 平均開設期間は3週間~4週間です。

・Yahoo!BB!光。 平均開設期間は3週間~4週間です。

3.光ネット回線通信をADSL回線通信に替えてもらう。

電話回線を利用したADSL回線だと、工事が不要なので、開通に時間はかかりません。

ただし、光ネット回線より速度は遅くなります。 光ネット回線の速さが
100Mbpsなのに対して、ADSL回線では8~50Mbpsです。

また、電話回線があっても固定電話加入権がないと割高になります。

■集合住宅で光ネット回線がいっぱいで使えない場合の対応

次の質問の引っ越し先の団地棟で光回線の空きがない場合の対応です。

1.光回線の空きができるまでADSL回線での接続に変える。

NTTフレッツ光ならフレッツADSLに移行してくれると思います。
その場合、メールアドレスやホームページは変更なしで使えるはずです。

2.違う会社の光回線を使えるか確認する。

NTTフレッツ光がいっぱいということのようなので、auひかり(KDDIが提供)や
地方の電力会社が提供している光回線(eoひかりなど)が使えるようなら、
そちらを使う方法です。

3.JCOMなどのケーブルテレビを利用する。

ケーブルテレビ(JCOMなど)は、インターネットのサービスも行っているので
それを利用する方法です。

4.WiFiを契約して利用する。

WiFi(モバイル通信端末)を使って、インターネットに接続する。
前に記述した速度制限と電波の受信状態を確認する対策が必要です。

WiFiはWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが提供して
います。

WiMAX、Y!mobileでモバイルデータ通信端末でインターネットを使用する際には
プロバイダの
契約は不要です。

■集合住宅の光ネット回線について

通常光ネット回線を引くのに、フレッツ光の通常料金は、4戸以上の集合住宅
とそれ以下の戸建て
により変わります。

集合住宅では16戸以上の利用者が見込めると「プラン2」、8戸以上だと
「プラン1」に
それ以下だと「ミニ」のプランになります。

すなわち、契約できる住居数が多いと月額料金が少し安くないます。

集合住宅での光ネットは、光ケーブルをそのまま各部屋へ割り当てる方法と
VDSLと呼ばれる方式で、1本の光ケーブルを各部屋の電話回線に割り振って
使う方法があります。

集合住宅で光ネット回線の空きがないということは、VDSL方式なのでしょう。
それなら、普通は最初から全部屋へ割り当てる工事をしておくべきだと思い
ます。

全部屋へ割り振れるよう、ポートを増やしてもらえないか大家さんか不動産屋
に相談してもよいかと思います。

もしくは、一つの部屋に個別に光ケーブルをひくことができれば、光ネット
回線の利用はできるので、その工事を行ってもよいかを相談してはいかが
かと思います。

大手電気店などの店頭でインターネットの契約をする場合の注意点

Q.pngフレッツ光の申し込み手続きについて、詳しい方、お願いします。

現在、フレッツ光のインターネットの契約を検討している者です。
店頭で申し込み手続きをするつもりでいますが、
何分多忙で、あまり時間がとれないので、2度手間にならないように、
事前に色々と調べておきたいので、助言お願いします。
申し込みの際に、何か必要な書類などはありますか?
身分証明書などは必要かなと考えておりますが、
持って行った方がよい書類をすべてあげていただくと助かります。

また、接続料金に関しては、
銀行からの口座振替か、
クレジットカード支払いかで今のところ検討しています。
その場合、契約者本人名義の銀行口座もしくはクレジットカードでないと、
手続きはできないでしょうか?
銀行やカードで使えないところなどもあるでしょうか?
また契約者本人名義でなくても、
同居人や、配偶者の名義なら支払えるなど制限ありますか?
銀行印も当日持参した方が良いのでしょうか?

また、なかなか時間がとれないので、
代理人に申し込みに行ってもらう可能性もありそうですが、
代理人でも申し込みできるでしょうか?
委任状などが必要になってしまうでしょうか?

■大手電気店の店頭でインターネットの契約に必要なもの

大手電気店では、ブロードバンド(光ネット回線)のインターネットの契約
を店頭で行えます。

以前は、電気店で契約を行うと、何万円ものキャッシュバックがあり、その
電気店で家電を買うと大幅に値引きしてくれる特典がありましたが、違法
になったようです。

しかし、30000円くらいのキャッシュバックは今でも行っています。

契約に何が必要かですが、ヤマダ電機に聞いてみたところ、必要なものは、
運転免許書や保健証など本人確認ができるものだそうです。

あと、代金の引き落としに使うキャッシュカード(通帳でも可)やクレジット
カードがあれば、契約できるそうです。

あとサインでもいけますが、印鑑があればよいと思います。

■引き落とし用の金融機関口座やキャッシュカードは契約者以外でもできるか

インターネットを契約する際は、初期費用や月額代金を引き落とす契約を
金融機関口座振替かクレジットカードで行います。

この場合、インターネット契約の本人名義以外の口座やクレジットカードでも
できるかということですが。

ヤマダ電機で聞いてみたところ、金融口座やクレジットカードが契約する本人
の名義でなくても契約可能らしいです。

その場合、合意書とかは準備する必要はないらしいです。
ただし、契約可能かどうかの審査がはいるらしいです。

どういう審査を行うのかは分かりません。 支払いをきっちりできるかという
審査でしょうが、おそらく、同じ家族以外の第三者のキャッシュカードや
クレジットカードではできないのではないでしょうか。

また、同じ家族であっても、未成年者だけではおそらく契約できないと思います。
契約者が未成年の場合は、親の了解が取らないといけないでしょう。

大手電気店では、WiMAXiなどを契約することもできます。 その契約の際は、
個人契約だとクレジットカードしかできないようです。

自宅に引く光ネット回線の場合は、家族で使うという設定なので、名義が
違っても固定電話番号などで確認はとれますが、WiFiは自宅で使うだけではない
ので、クレジットカードの名義は本人でないといけないかなと思います。

■代理人による契約は可能か

同じ家族の人が代理人として申し込むのはできると思います。
家族以外の第三者では、委任状があってもできないと思います。

あと、フレッツ光だとNTTから開設の工事の前に、本人宛てで最終確認の
電話があります。

■大手電気店の店頭で契約するのは得か

先に書いたように、以前は大幅に自店の商品を値引きしたりする特典があり
ましたが、違法になり廃止になっています。

また、プロバイダは電気店が指定したプロバイダになり、選択できません。
有料のオプションが最初から付いた状態で契約させられる場合も多いらしい
です。

もし、解約するときも数ヶ月は解約できない設定になっており、もし解除
した場合は、キャッシュバックは受けられません。

3年以内に解約すると違約金を取られることもあります。

また、途中でプラン変更を行おうとしても、電気屋ではなくプロバイダに
直接連絡しないといけないし、変更代金を払わなければなりません。

もしかすると、違法になったので多少は改善しているのかもしれません。

電気屋の店頭で行うよりもサイトからだと、自分にあったメリットの
プロバイダを探せるし、キャッシュバックの額も多い場合があります。

お得なプロバイダの例として、「BIGLOBE光パックNeo withフレッツ
ファミリー」だと、価格comから申し込むと、現金69330円の
キャッシュバックがあります。

1年間利用した場合、平均の月額料金は6615円なので、キャッシュバック
を引くと、実質月額838円で利用することができます。

これは、1年間利用した場合ですが、3年や5年間利用した場合の値段の
比較もできます。

値段だけで選ばないほうが良いかもしれませんが、色々なプロバイダから
選ぶことができます。 プロバイダの特色からも判断できます。

また、有料オプションをつけるかどうかも自由に選択することができます。

もし、わからないことがあれば、例えば、フレッツならNTTへauひかり
ならKDDIへ直接電話しても対応してくれます。

ネットから申し込む場合は、本人確認の物は必要なく、サイトで住所と名前
などを打ち込んでいくだけです。 料金の支払いは主にクレジットカードから
の引き落としになります。

調査していないのではっきり分かりませんが、その際に申込人と名義が違うと
入力時にエラーになるかもしれません。

もしその場合は、プロバイダなどに直接電話で申し込むと、契約書類を送付
してもらえるはずなので、電話した際に確認してみてはどうでしょうか。

新たにインターネットを家に引く時にどの会社が一番やすいか

Q.pngマンションでひとり暮らしをしています。
インターネットは、フレッツ光に一度加入していたのですが、
先日解約してしまいました。
しばらくインターネットなしで生活をしていたのですが、
スマホだけでは色々と不便だなーと思い始めています。

そこで、改めてインターネットを繋ぎたいと検討し始めました。
自分なりにいろいろ調べてはみたのですが、
いろんな会社がありすぎて、どこの会社が良いのか迷っています。
どの会社の、どんなプランが安いとか、
こういうサービスがあるとか、
そういう知識に乏しいので、お勧めを教えてもらいたいです。

今回は、3~5年は契約をしようと考えています。
長く契約するとお得になるとか、
何かと一緒に契約すると安くなるとか、
そういったものもあると聞きます。

フレッツ光を一度使っていると、
他の回線に変えたら、やっぱり遅い…とか思うものでしょうか?

ホントにいっぱい会社があって、プランもいろいろあって…
実際使っている人の意見を聞かないと分からない…って感じです。
みなさんのお勧めのインターネットとプラン。
月々の必要額やお勧め点、
使われてみた感想などを色々と教えてください。

■安価にインターネットを契約できる会社

自宅でインターネットに接続するには、主に光ネット回線かADSL回線を使います。
光ネット回線は光ケーブルを使う方法で、ADSL回線は、電話回線を使う方法です。

ADSL回線は、自宅に電話回線がないと使えませんし、たとえ電話回線があっても
固定電話の加入権がないと月額料金が変わってきます。

インターネットを使うには、プロバイダと契約しないといけません。
プロバイダのサービス等により月額の料金が変わってきます。

価格COMのサイトで記載されている、五年間利用した場合の、それぞれの接続方法
での月額料金の安いプロバイダのランキングを記述します。

なお、2015年1月時点のランキングです。

■電話加入権がある場合のADSL回線を使った接続でのBEST3

1.Yahoo! BB ADSLバリュープラン12M(BBフォン セット)

下り速度最大: 12Mbps
特典    : 現金22240円バック

5年間の平均支払額は、1990円なので、キャッシュバックの22240円を
引くと、実質の月額平均は1625円となります。

無料で含まれるサービスは、『BBフォン』(IP電話)、『出張サポート』無料、
『ホームページ』300MBまで無料です。

BBフォンは、同じプロバイダ加入者、提携IP電話、ソフトバンク携帯への発信が
無料となります。 出張サポートは、「はじめてブロードバンド」がつながる
までまるまる1か月間何度でも無料です。

2.TikiTikiインターネット eAプラン 12M

下り速度最大: 12Mbps
特典    : 商品券5000円分

5年間の平均支払額は、1914円なので、商品券5000円分を引くと、実質
の月額平均は1831円となります。

無料で含まれるサービスは、『メールアカウント』、『UbiqMail』、『ホームページ』
20MBまで無料、『セキュリティ』メールのウィルスチェックや迷惑メールチェック
が無料です。

メールアカウントは、1個のメールアドレスが付属しています(容量:1GB)。
UbiqMailは、外出先でのメールチェックに便利な無料のWebメールサービスで、
ブラウザ、携帯電話でメールの受信・削除・送信ができます。

3.hi-ho まとめてADSL-eコース Neo12Mサービス

下り速度最大: 12Mbps
特典    : 現金15000円バック

5年間の平均支払額は、2095円なので、キャッシュバックの15000円を引くと、
実質の月額平均は1845円となります。

無料で含まれるサービスは、『メールアカウント』、『ホームページ』100MBまで
無料、『セキュリティ』hi-hoのメールアドレスに届く特定のメールだけを受信拒否
するサービスが無料です。

メールアカウントは、1個のメールアドレスが付属していて、パソコンや携帯電話から
メールのチェックができ、他のメールアドレスに転送することができます。

■電話加入権がない場合のADSL回線を使った接続でのBEST3

1.hi-ho まとめてADSL-eコース Neo12Mサービス タイプ2・NTT電話回線不要

下り速度最大: 12Mbps
特典    : 現金15000円バック

5年間の平均支払額は、3404円なので、キャッシュバックの15000円を引くと、
実質の月額平均は3154円となります。

無料で含まれるサービスは、電話加入権がある場合の3と同じです。

2.TikiTikiインターネット eAプラン 12M タイプ2・NTT電話回線不要

下り速度最大: 12Mbps
特典    : 商品券5000円分

5年間の平均支払額は、3260円なので、商品券の5000円分を引くと、実質の
月額平均は3177円となります。

無料で含まれるサービスは、電話加入権がある場合の2と同じです。

3.@nifty ADSL 12M タイプ2・NTT電話回線不要

下り速度最大: 12Mbps
特典    : 現金8000円バック

5年間の平均支払額は、3447円なので、キャッシュバックの8000円を引くと
実質の月額平均は3313円となります。

無料で含まれるサービスは、『メールアカウント』1アカウント(容量5GB)、
『セキュリティ』ダイレクトメール(DM)や嫌がらせのメールなど、迷惑メールを
自動的に専用のフォルダーに振り分ける機能が無料です。

■マンションタイプの光ネット回線を使った接続でのBEST3

1.spaaqs 光 マンションマルチタイプ

下り速度最大: 100Mbps
特典    : 現金26000円バック

5年間の平均支払額は、2970円なので、キャッシュバックの26000円を引くと
実質の月額平均は2537円となります。

無料で含まれるサービスは、『メールアカウント』1アカウント(容量1GB)、『ホームページ』
20MBまで無料、『動画サービス』日本最大級のビデオ・オンデマンドサービス「U-NEXT」の
有料会員向け「ビデオ見放題サービス」が毎月お好きな5日間、無料で見放題になります。

『施設優待サービス』全国のリゾートホテルや温泉、遊園地、映画館などのレジャー施設利用
の他、ライフサポートにいたる様々なサービスをご優待価格でご利用いただけます。

2.GMOとくとくBB(auひかり)マンション

下り速度最大: 100Mbps
特典    : 現金48000円バック

5年間の平均支払額は、3958円なので、キャッシュバックの48000円を引くと
実質の月額平均は3158円となります。

無料で含まれるサービスは、『メールアカウント』15アカウント(容量無制限/メール
ボックス別)さらに、メールアドレス変更は何度でも変更可能(無料)。メール転送は
1アカウントにつき5か所まで設定可能(無料)。 ブラウザで送受信できる「WEBメール」

『ホームページ』15アカウント(各350MB)まで無料、FTPソフトがなくても
ホームページの更新ができる「ファイルマネージャー」をご用意しています。
いつもと違うパソコンからでもブラウザを使ってホームページの更新ができます。

『セキュリティ』ウイルスチェック、迷惑メールフィルタが無料です。

3.So-net 光 (auひかり) マンション

下り速度最大: 100Mbps
特典    : 現金45240円バック、ポイント7600円分

5年間の平均支払額は、4057円なので、キャッシュバックの45240円とポイント
7600円分を引くと、実質の月額平均は3177円となります。

無料で含まれるサービスは、『メールアカウント』無料(容量無制限)、ファミリーパック
のご利用で追加ユーザーID3名様まで無料でご利用いただけます。 『ホームページ』
10MBまで無料。

パソコンを大学生協で買うと高いが、メリットはあるか

Q.png大学の授業などでは、ウインドウズ8のProが必要でしょうか。

今度、東北大学工学部へ入学します。
それで、パソコンを新しく買おうと思っています。

これまでは、自分のパソコンを持っていませんでした。
学校にあったのを使っていただけです。
ワードでレポートを書き、エクセルで簡単な計算をしました。

今度は大学ですから、やはり自分用のパソコンが必要だと思うのです。
なにしろ、レポートの数は半端ではないそうです。
エクセルではプログラムをさせられるそうです。

それで、大学生協で買おうと思ったのです。
でも、かなり高いです。
ウインドウズ8のProなので、高いのだそうです。
ウインドウズ8のProでは、データベースが作れると、聞きました。

そこで質問ですが。
大学の授業では、データベースが必要なのでしょうか?
もし必要なら、高くてもウインドウズ8のProを買います。

でも、必要でないのなら、ヨドバシカメラで安いのを買うつもりです。

大学での授業をご存知の大学生の皆さん。
どちらがいいのか、アドバイスをお願いします。
回答を、お待ちしています。

■windows8の通常版とPro版の違い

windows8は、スマートフォンやタブレットのように画面をタッチして操作できる機能が
追加されましたが、他に以下の機能を7より追加、変更されました。

・スタート画面のアイコンを入れ替えてカスタマイズできる機能の追加

・IE10を搭載
次世代標準となるHTML5,CSS3を対応し、処理速度を高速化。 従来操作とタッチ操作の
どちらも使用できます。

・アプリをすぐに入手できるwindows「ストア」を搭載
無料のゲームや音楽、映像、ニュースアプリなどをダウンロードできます。

・セキュリティ機能の強化
ウィルスの検知、駆除の機能を標準で搭載しています。

・コピーや移動中に一時停止できる機能の追加
・コピー元とコピー先に同じファイル名があった時に、サムネイルで確認できる機能の追加

・ISOファイルを仮想ドライブとしてマウントできる機能の追加
DVDの内容をHDに入れて、外出先で視聴できます。
・USB3.0を正式にサポート

・複数のHDDやSSDをまとめて管理できる記憶域プール機能の追加
・複数のパソコンでファイルを共有できるSkyDrive・クラウドなどの連携機能の追加
・パソコンの設定を複数のパソコンで同期できる機能の追加

・ユーザーデータのみのバックアップ機能の追加
・OSを初期状態に戻せるリカバリー機能の追加
・家庭LANへ簡単に接続できる機能

これらの機能に加えてPro版では以下の機能が使えます。

・より安全にネットワークに参加できるドメインネットワーク
・外出先から自宅のパソコンを操作できるリモートデスクトップクライアント
・会社のネットワークに繋がっていない時でも、繋がっている時のように操作できるオンラインファイル

・使用している領域のみを暗号化してデータを保護する機能(Bit Locker)
・ファイルやフォルダ単位で暗号化できるシステム

・windows8上で違うOSを動かすことができる仮想化機能(Client Hyper-V)
色々なアプリを実行することができます。

■windows8 Pro搭載のノートパソコン

windows8 Proを搭載したノートパソコンで、比較的安価なものでは、次のようなパソコンがあります。

・Lenovo社製、ThinkPad E540 20C60048JP

15.6インチで解像度はWXGA(1366×768)です。
CPUはCore i5で、クロックは2.5GHzで2コアです。

メモリ容量は4GBで空きスロットは1です。 HDDは500GB、DVDマルチドライブが
ついて、最安値が67800円です。

Proを搭載したパソコン自体が少ないので、もし、生協で買わず自分で購入するのであれば
windows8を搭載したものを買って、Proへアップグレードしてもよいかと思います。

windows8 Proのアップグレード版は、最安値で10600円で購入できます。

■パソコンをどこで買うか

windows8からProへダウンロード版でのアップグレードすることはできます。

しかし、大学生協で販売しているものには、大学で使うアプリがインストールされていたり
セキュリティソフトなどがインストールされているのかもしれません。

Pro版の違うOSを動作させる仮想化機能(Client Hyper-V)を使って、8の通常版
では動かないアプリを使用する場合があるのかもしれません。

通常版を購入しても、後でPro版へアップグレードしたり、アプリを購入したりしないと
いけないのであれば、結局、価格的には高くついてしまうかもしれません。

生協で購入した場合の一番のメリットは、サポートや保障だと思います。

例えば、大学4年間の、無償保証があったり、学校でPCにトラブルがあった時にサポートする制度が
あり、故障修理時に代替機を貸出してくれたりするところもあります。

また、動産保険、紛失・水没保証もついている場合が多いようです。
通常の電気店では絶対出来ないことなので、考慮すべきだと思います。

生協以外でパソコンを購入して、後でインストールするソフトを購入時に学割制度を適用できる場合
もあります。

学校に自分のパソコンを持ち込んだりするのであれば、パソコンのスペックや必要なソフト
を説明してくれると思いますので、そこで判断してもよいかと思います。

また、その場合はセキュリティ面の強化が重要なポイントとなるので、指定のセキュリティソフトを
インストールする必要はあるし、プライベートで使用する範囲も限られるかもしれません。

また、教授や先輩に相談してみてもよいのではないでしょうか。

引っ越しした場合のインターネット開通のために必要な契約について

Q.png先日、独立し、引越ししたばかりの者です。
引っ越し先での、インターネット環境がまだ整っておらず、
どこから手を付けたら良いのか分からないので、質問させていただいてます。
よろしくお願いします。
インターネット契約の初心者のため、
詳しく・わかりやすく教えていただける方希望です。。

まず、インターネットの利用環境を整えるために必要な契約は、
何がありますか?
電話回線?ケーブルテレビ?プロバイダ?
何からまず契約したらよいのか分からないのです…。
まず、何の契約が必要で、次はコレ…など、
契約と手順とお勧めなどを詳しく教えてください。
連絡先なども教えてもらえると嬉しいです。

また、以前の住まいで契約していたプロバイダは、
YahooBB!でした。
その時は、家の者がすべてやってくれたので、
自分はさっぱりわかりません…。
新居でも、継続してYahooBB!の今まで使っていたサービスを
利用することはできますか?
利用できるのであれば、どのようにすればよいのか教えてください。
メール受信などの設定などは難しいですか?
インターネット初心者でも分かるように、詳しく教えてもらえると助かります。

■引越しした場合のインターネット開通に必要な契約

引越しした新居でインターネットを使うために、どうすればよいか

質問①のインターネットの利用環境を備えるに当たって必要な契約及びその手順について
説明します。

■光ネット回線かADSL回線かどちらを使用するか決める

自宅にインターネットを引くには、光ネット回線を使用するか、ADSL回線を使用するか
を選択します。

ポータブル通信受信端末(WiFi)を使用する方法もありますが、自宅で使用するのを
前提にするのであれば、上記の2通りです。

光ネット回線は、通信速度が100Mbps以上あり、最も快適にインターネットが使用
できる環境です。

ただし、お住まいのエリアに光ケーブルが来ていないと、開通できません。
マンションなどの集合住宅でも、マンション内に光ケーブルが来ていないと、大掛かりな
工事になる場合があります。

マンションやアパートでは、光ケーブルを通すために、壁に穴を開けたりする工事が
必要になるかもしれないので、大家さんに許可を得ないといけない場合があります。

ADSL回線は電話回線を利用するので、壁に穴を開けたりする工事は必要ありません。
通信端末(モデム)を電話回線のソケットに挿すだけで準備は完了です。

光ネット回線は開通するのに2、3週間かかりますが、ADSL回線は1,2週間で開通する
ことができます。

ADSL回線は、通信速度が8Mbps~50Mbpsです。 8Mbpsだと動画を見たりする際に
少し遅く感じるかもしれません。 また、NTT回線収容局から離れていると遅くなります。

料金的にはADSL回線のほうが少し安く感じるかもしれませんが、ADSL回線の場合、
固定電話加入権がないと、高くなります。

また、光ネット回線を新規に契約すると、高額なキャッシュバックなどの特典があるので、
大きな差がなくなってきています。

■プロバイダを決める

光ネット回線を使う場合は、フレッツ光、auひかりなどの種類があります。
光回線の契約とプロバイダの契約を行う必要があります。

光ネット回線のそれぞれのサイトからも両方契約できますし、プロバイダからの申し込み
でもいっしょにできます。

ADSL回線の場合もプロバイダの申し込みで行えます。
インターネットに接続するためには、必ずプロバイダと契約しないといけません。

月々の利用金額で選ぶか、キャシュバックの額で選ぶか、セキュリティやブログなどの
サービスで選ぶか、判断してください。

利用できるプロバイダはフレッツ光やauひかりのサイトから選べますが、価格COMの
プロバイダ選びのサイトからも比較することができます。

選択したら、そのサイトからプロバイダのサイトへ移動しますので、そこで示される
住所や支払方法などの必要事項を記述します。

光ネット回線などで、もし対応していないエリアであった場合も知らせてくれます。
申し込みが終わると、数日後にIDやアクセスキーなど初期設定に必要な情報、開通日
やNTTの工事日の連絡が封書で送られてきます。

工事当日か事前にルータや初期設定するためのCDを渡されます。
NTTが来て光ケーブルを自宅内へ引く工事を行います。

ルーターなどの機器を接続し、初期設定をCDを起動して行えば終了です。
インターネットが使用できます。 もし分からなければ、電話やリモート操作でもサポート
してもらえます。

質問②のプロバイダ(YahooBB)の契約を引越し先でも利用する方法について説明します。

光ネット回線で利用していて、「Yahoo! BB 光 with フレッツ」か「Yahoo! BB 光
フレッツコース」の契約であれば、移転の手続きできます。

しかし、それ以外の「Yahoo! BB 光」の契約の場合は、一旦解約して、新たに契約しない
といけないようです。

「Yahoo! BB 光 with フレッツ」、「Yahoo! BB 光 フレッツ」の移転の際には、1ヶ月間
料金が無料になる特典があります。 引っ越す前に移転日や移転先などの情報を連絡して
おくと移転したその日からインターネットが使用できるように手配してくれるようです。

ADSL回線で利用していて、「Yahoo! BB ADSL」、「Yahoo! BB ADSLホワイトプラン」
「Yahoo! BB ADSLバリュープラン」の契約であれば移転の手続きができます。

移転の特典として、1カ月間の料金が無料、電話局工事料が無料、サービス変更手数料
無料、収容替え工事費が無料というサービスを行っています。

移転の申し込みは、対象の契約プランであれば、光、ADSLどちらもYahooBBのサイトで
手続きが行えます。

予算が10万円以下のおすすめのノートパソコンは?

Q.png10万円以下で買えるノートパソコンを教えて下さい。

パソコンやネットについては、何も知りません。
いろいろな所でネットを見たり、会社でパソコンを使うだけです。
その会社で、今度、技量制度が入りました。
つまり、エクセルやワードの技量がないと昇給出来ないのです。

それで、とうとうパソコンを買うことにしたのです。
パソコンでエクセルを練習するのです。
どうせなら、ネットもしたいと思います。

とういうことで質問です。
ノートパソコンは、何を買えばいいでしょうか?
予算は10万円までです。
エクセルが入っていなければなりません。
ワードが入っていれば、さらにいいです。
予算が超えるようなら、ワードはあきらめます。

それと、ネットに繋がることが条件です。
ネットサーフィンが、サクサクとできなければなりません。
それと動画です。
高速で動画を読み込めて、快適に再生できなければなりません。

こうした条件にマッチするオススメのパソコンを教えて下さい。
どうか、回答をお願いします。

■ノートパソコンの処理速度

ノートパソコンは小型で厚みも薄いものが好まれます。
しかし、高速なCPUを積むには、早いものほど熱が発生するので、冷却装置の設備が必要となる
ので、高速を求めるなら、デスクトップのほうが早いものが多いです。

しかし、技術力も上がり性能の良いノートパソコンも多く発売されています。

パソコンの処理速度は一番に、CPUで左右されますがインテルから新世代のCPUが発売され
それを搭載したパソコンも発売されています。

インテルの新世代CPU「第5世代Coreプロセッサー(Broadwell)」は、2008年11月
に発表され、2015年1月より、それを搭載したパソコンが発売されました。

第5世代Core(コードネーム Broadwell)は、世界初の「14mmプロセス」で製造され、
内蔵GPU(グラフィック)の機能を強化しています。

第4世代Core(コードネーム Haswell)と比べて、3D性能で22%、動画変換で50%、
生産性で4%の高速化となり、1.5時間のバッテリーの駆動時間が向上しました。

CPUはコア数で処理速度も変わります。 最近は2コアが主流で、4コアというものも登場しました。
処理速度はクロック数GHzで表示します。 クロック数の大きいほど処理速度は、速いです。

メモリ容量は、CPUが処理をする場合の作業域のようなもので、大きいほど処理速度は速く
なります。 標準では4GBが搭載されているものが多いですが、メモリスロットに空きがあると
追加できるので、安心です。

HDDのディスク容量を確認します。 HDの空き容量が減ってくるとパソコンの処理速度遅くなる
ので注意が必要です。 多くのアプリをダウンロードしたり、動画ファイルなどを保存したりする
のであれば、容量が大きいものを選択したほうがよいでしょう。

■第4世代Coreを搭載したノートパソコン

第4世代Core(Core i7)を搭載したパソコンをいくつか紹介します。

・Lenovo社製のThinkPad E450 20DCCT01WW限定モデルです。
液晶サイズは14インチのワイド画面で、解像度はWXGA(1366×768)です。

CPUはCore i7 5500Uでクロック周波数は2.4GHzの2コアです。
メモリ容量は8GBで空きメモリスロットは1つあります。

HDD容量は500MBで駆動時間が18時間あります。
現在の最安値は74520円です。

・東芝社製のdynabook TB67/PG PTB67PG-SUK-K限定モデルです。
液晶サイズは17.3インチのワイド画面で、解像度はWXGA++(1600×900)です。

CPUはCore i7 4720HQでクロック周波数は2.6GHzの4コアです。
メモリ容量は8GBで空きスロットは1つあります。

HDD容量は750GBで駆動時間は3.8時間です。
現在の最安値は、93100円です。

・HP(ヒューレット・パッカード)社製のPavilion 15-p200 パフォーマンスモデルです。
液晶サイズは15.6インチのワイド画面で、解像度はWXGA(1366×768)です。

CPUはCore i7 5500Uでクロック周波数は2.4GHzの2コアです。
メモリ容量は8GBで空きスロットは1つあります。

HDD容量は1000GB(1TB)で駆動時間は5.5時間です。
現在の最安値は86184円です。

・DELL社製のInspiron 13 7000シリーズ 2 in 1 プラチナ・フルHDタッチパネル
Core i7 5500U搭載モデルです。

液晶サイズは13.3インチのワイド画面で、解像度はフルHD(1920×1080)です。
windows8対応のタッチパネル画面です。

CPUはCore i7 5500Uでクロック周波数は2.4GHzの2コアです。
メモリ容量は8GBで空きスロットはありません。

HDD容量は500GBで駆動時間は7時間です。
現在の最安値は99338円です。

■パソコンを安く買うには

パソコンをできるだけ安く買うには、ネットで最安値を探す方法もありますが、インターネット
を新規加入すると、高額なキャッシュバックがある特典があります。

パソコンを購入時にインターネットに加入すると、激安でパソコンが購入できるというものです。
有料のオプションが最初からつけられている場合があるので、注意する必要はありますが、
インターネットも必要であれば、検討してもよいかと思います。

また、富士通の通販サイトなどでは、会員になれば割引クーポンがもらえたりします。

予算が5万円以下でおすすめのノートパソコンは?

Q.png初めてパソコンを買うので、アドバイスをお願いします。

自分は、パソコンを触ったこともありませんでした。
でも、来月から職業訓練でパソコンの基礎を練習します。
4か月のコースです。
ウインドウズやエクセル、それにパワーポイントを習うのです。
これをがんばってマスターして、正社員を目指します。

ということで、パソコンを買うことにしました。
ウインドウズやエクセルの予習復習をするのです。
予算は税込で5万円くらい。
ノートパソコンがいいと思います。
オススメの機種を教えて下さい。
買うのは、どこがいいでしょうか?
やはりネットが安いですか?
それともヨドバシカメラ?
ヨドバシカメラは、近くにあるのです。

それと、ネットに繋ぎたいです。
動画をサクサク見たいです。
現在は、auの4G LTEを持っています。
ここでWiFiの契約をすれば、パソコンに繋げますか?
光回線では、工事などが大事ですから、WiFiにしたいのです。

この方面に詳しい方、どうかアドバイスをお願いします。

■パソコンを選ぶためのポイント

Windowsパソコンで、ExcelやPowerPointを習うということであれば、
Word、ExcelやPowerPointなどを最初から搭載したパソコンを選択する方が
よいかもしれません。

あとで、これらのソフトを購入すると37000円ほどかかるので、最初から「office
Home&Business」のソフトが搭載されているパソコンがあります。

また、パソコンを選択するポイントで、パソコン本体の能力を確認します。
まず、処理速度を確認します。 処理速度に影響するのは、CPUとメモリ容量です。

CPUはパソコンの中核部です。 有名な会社はインテルで、core i、Pentiumや
Celeronという商品があります。 また、AMDという会社もあります。

CPUはコア数で処理速度も変わります。 最近は2コアが主流で、4コアというものも登場しました。
処理速度はクロック数GHzで表示します。 クロック数の大きいほど処理速度は、速いです。

メモリ容量は、CPUが処理をする場合の作業域のようなもので、大きいほど処理速度は速く
なります。 標準では4GBが搭載されているものが多いですが、メモリスロットに空きがあると
追加できるので、安心です。

HDDのディスク容量を確認します。 多くのアプリをダウンロードしたり、動画ファイルなどを
保存したりするのであれば、容量が大きいものを選択したほうがよいでしょう。

CDやDVDへの読み書きが必要であれば、DVDマルチドライブという商品であれば、全てのDVD
の読み書きができます。  ブルーレイディスクに対応したものもあります。

■50000円ほどのお勧めパソコン

いくつか紹介します。 画面サイズは小さいと使いづらいと思うので、15.6インチのものを
検索しました。

Lenovo社製のLenovo G50 80E300E1 JPという機種ですが、現在の最安値
は47490円です。

CPUはAMDです。 1.35GHzで2コアです。 メモリ容量は4GB、HDD容量は
320GBです。

Lenovo社製のLenovo G500 59373978という機種ですが、現在の最安値
は51500円です。

CPUはCeleronで1.9GHzの2コアです。 メモリ容量は4GB、HDD容量は
320GBです。

Acer社製のAspire E15 ES1-512-F14D/Fという機種ですが、現在の最安値
は52800円です。

CPUはCeleronで2.16GHzの2コアです。 メモリ容量は4GB、HDD容量は
500GBです。

これらは、全てofficeソフト、DVDマルチドライブ付きです。

ノートパソコンが希望だそうですが、屋外に持ち出さず、自宅のみで使用するのであれば、デスクトップ
パソコンの方が、同じ予算で機能が高いものが多いと思います。

自宅でも場所を選ばず使えるのもノートパソコンの利点ではありますが。

■パソコンをどこで買うか

ノートパソコンを購入するのに、電気店かWebかどちらがよいかということですが、保障をつける
ので(3年間はつけた方がよいでしょう)故障した場合には、どちらでも対応してくれます。

受け渡しや、受け取りを考えると電気店の方が発送作業をしなくてもよいので、楽かもしれません。

店頭では実物を見れるので、キーボードのタッチやデザインを確認できるし、分からないことは店員
に聞けば、すぐ教えてくれます。 ただ、価格はWebからの方が安いことが多いです。

電気店はWebでも販売していて、店頭より安い価格の場合があります。 実物を店頭で見て、買うのは
Webというパターンが増えてきているようです。

電気店やWebサイトで、インターネットを新規加入するとキャッシュバックなどの特典があります。
フレッツ光の加入というのが多いですが、モバイル通信端末を契約しても特典がもらえるところも
あります。

■スマートフォンでインターネットをつなぐ

スマートフォンをモバイルデータ通信端末として、使用することができます。

お持ちのスマートフォンで、パソコンをインターネットにつなぐには、スマートフォンがテザリングの
機能を持っていなければつながりません。

テザリングの機能を持っていれば、auでWi-Fi契約をすれば、月500円で利用できますが、
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

スマートフォンと同じく既定の通信量を超えると、速度制限がかかります。

■JCOMでインターネットをつなぐ

お住いのアパートのテレビはJCOMということですので、JCOMを使ってインターネットを引くことも
できます。

JCOMでインターネットを引くと、テレビ、電話のセットで通信速度が12Mbpsで5695円、
40Mbpsで6171円、140Mbpsで6648円で開通できます。

インターネットを新築の戸建で利用するには有線、無線どちらがよい?

Q.png木造2階建てを新築する者です。
建築会社より、インターネットの配線をどうするか?と聞かれています。

宅内配線についてですが、
・無線LAN
・有線LAN
・PLC
みなさんは、何がお勧めですか?

我が家では現在、
・無線LAN内蔵のノートパソコン×2台
・プリンター
・Wii
を所有しています。

配置したい場所は、
・リビング(2F)
・書斎(1F)
・寝室(1F)
・子供部屋(1F)
の4か所です。

建築会社からは、
宅内有線LANを組む場合は、
1か所につき、1万5千円位かかる。
コンセントに差し込むPLCも検討してみては?と言っています。

正直、想像以上に高額なので戸惑っています。
PLCを建築会社から聞いて初めて知ったので調べてみたのですが、
設定も簡単そうで費用も安くつき、PLCも有りだなと思ってはいるのですが、
ノイズも起きるという話もあったので、悩んでいます。

実際、PLCを使っている方は快適に使えていますか?
多少費用が高額になっても、有線LANの方がお勧めでしょうか?

将来的にインターネット環境も進歩する可能性が高く、
無線LANを勧めている方も多いようなので、迷っています。

■新築の戸建にインターネットを引くには、どの方法がよいか

新築の戸建でのインターネット環境の構築ですが、有線LANと無線LANのメリット、
デメリットを説明します。 速さは光ネット回線を使用した場合です。

・有線LAN

(メリット)
接続状態が安定している。 無線LANより通信速度が速い。(100Mbps~)
家電製品などの電波干渉を受けにくい。

(デメリット)
LANケーブルが邪魔になる。 足をひっかけて転倒したり、断線する場合がある。

・無線LAN

(メリット)
LANケーブルを接続する必要がない。 通信がつながればどこででも使える。

(デメリット)
有線と比べて速度が落ちる。(8Mbps~40Mbps程度) 家電機器などとの電波干渉
が起きることもある。

家の中で電波が届きにくい場所があるとつながらない。 電波が弱くなると、通信速度
が著しく落ちる場合がある。

それぞれ利点と不利な点があるので、どういう使い方にするかがポイントだと思います。

もし有線LANを使う場合は、LANケーブルを各部屋へ這わす必要があります。
その場合、LANケーブルを見えないようにするには、ケーブルを壁内に埋めて、
LANケーブルソケットを使用する部屋の壁につける工事が必要です。

しかし、質問の内容で1ヶ所15000円で、4ヶ所必要ということなので、合計
60000円の費用がかかるというのは少し高い気がします。

壁にLANケーブルソケットをつける工事は、家を建てている期間にしないとライン
を壁内に這わすことはできないので、今の建築業者と違う、上記の金額より安い
業者を探すと言うことも困難かと思います。

■PLCによる接続

PLC(電力線搬送通信)は、家庭の電力線を通信回線として利用する方法で、使いたい
各部屋のコンセントにアダプター(PLCモデム)をつけて、パソコンを接続します。

この接続法を利用すれば、家中にLANケーブルを這わすことなくパソコンをつなぐ
ことができます。 その通信速度も数Mbps~数百Mbpsで、速度的には問題ないと
思います。

しかし、もともと電力線は高い周波数の電気信号を流すことを想定していないため、
PLCによる漏洩電波(ノイズ)が発生するようです。

このノイズは、医療機器やアマチュア無線、短波ラジオなどを近隣の家で使用していた
場合は、深刻な影響を与えるとの指摘があります。

そのため、なかなか実用化されませんでしたが、総務省が規制を緩和したのを受けて
2006年12月よりPLC対応製品が発売されました。

PLCモデムは1個4000円~ で販売しているので、4ヶ所でしたら16000円
そこそこで設置できます。

PLCは発売されてから時間も浅いので、まだどんな影響があるか等の結果は発表されて
いません。 ただ、ノイズの漏れはかなり多いらしいので、心配は心配です。

■無線LANによる接続

無線LANの速度もだんだん上がってきて、うまく電波が届けば、ケーブルが不要な
ため、快適にパソコンを利用できると思います。

現在お使いのパソコンが無線LAN受信機を内蔵しているノートパソコンなので、問題なく
利用できます。 デスクトップ型の場合は移動しないので、有線LANでもよいですが、
ノートパソコンは持ち運びできて、好きな場所で使えるのがメリットですからね。

プリンターは無線LAN受信機能はあると思います。 Wiiには無線LAN子機のアダプターを
つければ、無線LANで接続できます。 子機のアダプターは1500円くらいであります。

インターネットを利用する場所が、リビング(2F)・書斎(1F)・寝室(1F)・
子供部屋(1F)ということですので、少なくとも1Fの3ヶ所は無線LANを受信できる
と思います。

無線LANは鉄筋コンクリートでできた建物や地下室などへはつながりにくいと言われて
います。 各部屋の壁が防音対策等により分厚いというような場合以外は、同じ階では
問題なく受信できるのではないでしょうか。

後は、リビング2Fですが、2Fくらいなら無線LANは届くとは思います。
しかし、もし電波の受信状態が悪いようなら、2FだけLANケーブルソケットをつけて
有線LAN配信にするのもよいかもしれません。

もしくは、「中継器」をおく方法です。 中継器は無線LANルーターと無線で接続し、
ルーターのアンテナとしての役割を果たしてくれます。

たとえば、1階に無線LANルーターを設置して、1階部分を接続します。 2階への
階段付近に中継器を置くことで、2階への電波の受信状態を安定させることができます。

1階に置く無線LANルーターはフレッツ光などでは、無料でレンタルしてもらえます。
無線LAN中継器は4000円~であります。

利用する場所が増えたり、これからはタブレット型パソコンが主流になり、自由に動いて
利用することが多くなると思いますので、有線でつなげるより、無線でつないだ方が
将来的にもよいかもしれません。

インターネットを新築の戸建に引くためのおすすめはどういう方法

Q.pngインターネット関連に疎いので、詳しい方の助言をお願いします。
全くの素人なので、詳しくわかりやすく教えていただける方希望です。新築戸建を購入し、もうすぐ引越しします。
何かと必要なので、インターネットを繋ぎたいと検討しているのですが、
お勧めのインターネットを教えてほしいのです。
ADSL、光、CATV・・・いろいろありすぎて、
調べれば調べるほど何が良いのか分からなくなってきました。
マンションタイプと言うものはよく見かけますが。
戸建に適したインターネットというのもあるのでしょうか?通信速度に関しては、ごくごく普通のもので構いません。
調べ物のためのHPの閲覧や、メール・・・
たまに動画を観たり、ネットショッピングする程度なので、
そんなに通信速度が速いものは必要ないと思っています。速度の速さよりも月々の接続料が安く経済的なものを希望しています。
これから、エアコンや、電子レンジなど、いろんな家電の購入もあります。
その際、家電量販店で接続をお願いするのが良いのでしょうか?お勧めのインターネットを教えてください。
月々の料金や、お勧め点なども教えてもらえると嬉しいです。

■新築戸建にインターネットを引くには、どうすれば?

新築戸建にインターネットを引く方法としては、光ネット回線か、ADSL回線を使います。
光ネット回線は光ケーブルを使う方法で、速さが売りになっています。

ADSL回線は、電話回線を使用して接続する方法で、壁にある電話のソケットにモデムという
接続する機器をつないで利用します。

光ネット回線の速さが、100Mbps~に対して、ADSL回線では、8Mbps~50Mbpsです。
8Mbpsでは、動画を見たりする時に、遅く感じます。
また、ADSL回線はNTT基地局から離れていると、離れるほど速度が遅くなったりします。

光ネット回線は、光ケーブルを建物内に導く工事が必要です。 工事費用は負担しないと
いけませんがキャンペーンで無料の場合もあります。 ADSL回線は、電話回線がすでにある場合は工事は不要です。

■金額比較

かつては、大手家電量販店でインターネット契約(光ネット回線)をすると、販売している
家電を何万円も値引きするサービスがありました。

しかし現在、この販売法が違法になり、廃止になったようです。
よって大手家電販売店で買い物をして、インターネットも契約するのでということで
値引きはしてもらえないようです。

しかし、プロバイダ等が行っているインターネットの新規契約でのキャッシュバックのサービス
はまだ続いているので利用した方がよいと思います。

 

例えばこういうところですね。





基本的に自分が加入している携帯電話会社がやっている光回線サービスに加入すればセット割りで安くなることが多いです。
auならauひかり、ソフトバンクならソフトバンク光といった具合ですね。

ちなみにドコモの場合はあまり割引率がよくないので、キャッシュバックが多いフレッツ光にしても問題ないと思います。

 

>>【フレッツ光】見せかけの、最大○万円キャッシュバックサイトよりお得で誠実な会社

 

もし自宅にNTT回線があって、固定電話加入権を契約しているのであれば、ADSL回線を
使ってのインターネットが安いです。

通信速度により価格は変わります。 ADSLは12Mbpsで月額2000円ほど、50Mで月額2700円
ほどです。 もし、電話回線はあっても電話加入権を持っていなければ、4720円ほどになって
しまいます。

光ネット回線だと光ファイバーを使うので電話回線の有無は関係ありません。
戸建てや集合住宅など住んでいる住宅の形態によりますが一番安くて月額3500円から利用できます。

光ネット回線にすると、ひかり電話という固定電話加入権を買わずに固定電話を利用できる方法
があります。 設置費も月額500円ですみます。(通話料はかかります)
また、光テレビも使用することができます。

また、光ネット回線を新規に契約すると、高額なキャッシュバックなどの特典があるので、
実質の料金はADSLと大きな差がなくなってきています。

■どこと契約するとよいか

光ネット回線を使う場合は、フレッツ光、auひかりなどの種類があります。
光回線の契約とプロバイダの契約を行う必要があります。

プロバイダはインターネットを接続するための中継ポイントで契約しないと、インターネット
に接続することができません。

光ネット回線のそれぞれのサイトからも両方契約できますし、プロバイダからの申し込み
でもいっしょにできます。 ADSL回線の場合もプロバイダからの申し込みで行えます。

各プロバイダにより特徴があります。 月々の利用金額で選ぶか、キャシュバックの額で
選ぶか、セキュリティやブログなどのサービスで選ぶか、判断してください。

利用できるプロバイダはフレッツ光やauひかりのサイトから選べますが、価格COMの
プロバイダ選びのサイトからも比較することができます。

選択したら、そのサイトからプロバイダのサイトへ移動しますので、そこで示される
住所や支払方法などの必要事項を記述します。

契約が終了すると、インターネット環境を構築するためのを接続するための手順を説明
した書類が郵送されますので、それに従って行うとできます。

■新築の場合の各部屋への配信について

パソコンやゲーム機などインターネットにつなぎたい機械が複数あり、しかも接続する
部屋が違う場合、どうやって接続すればよいかを説明します。

接続方法は、LANケーブルを直接つなぐ有線LANと電波を受信してつなぐ無線LANの方法
があります。

有線LANは、接続状態が安定している。 無線LANより通信速度が速い。(100Mbps~)
家電製品などの電波干渉を受けにくい。 というメリットがあります。

一方LANケーブルが邪魔になる。 足をひっかけて転倒したり、断線する場合
がある。 というデメリットがあります。

無線LANは、LANケーブルを接続する必要がない。 通信がつながればどこででも使える。
というメリットと。

有線と比べて速度が落ちる。 家電機器などとの電波干渉が起きることもある。
家の中で電波が届きにくい場所があるとつながらない。 というデメリットがあります。

無線LANを部屋に届きやすくするための中継器も販売しています。

それぞれ利点と不利な点があるので、どういう使い方にするかがポイントだと思います。

もし有線LANを使う場合は、LANケーブルを各部屋へ這わす必要があります。
その場合、LANケーブルを見えないようにするには、ケーブルを壁内に埋めて、各部屋の
壁にLANケーブルソケットをつける工事が必要です。

新宅の工事がまだ終わっていないのであれば、金額等を相談してもよいと思います。

家庭の電気回線を使用してコンセントから接続する「plc」とう方法もありますが、
電波が漏れてノイズが発生するなどの問題が指摘されています。