Wi-Fiを契約したいんだけど色々な会社が多くて悩む場合どこを選べばいい?

モバイルルーターの契約をしたいけど契約できるところが多すぎてどこにすればいいのか
よくわからないと思いませんか?

持ち運びができるWi-Fiルーターのモバイルルーターなら色々と便利に使えると
言われることは多いのですが・・・

実際にどこで契約をすれば良いのかは、サービス提供会社が多すぎてよくわからない。
でもモバイルルーターの選び方は、実は簡単なんです。

モバイルWi-Fiルーターの契約の仕方とは?

外出先でインターネットを使う場合、多くの方はスマホを使っています。
ちょっと調べ物をするくらいなら利用するデータ通信容量もあまり気になりません。

でもスマホ以外、タブレットPCやノートPCを使う場合はどうしていますか?
仕事でこれらを使っているならおすすめしたいのはモバイルルーターです。

モバイルルーターとは持ち運びができるWi-Fiルーターで、モバイルWi-Fiルーター
なんていい方をされることもあります。

大きさは手のひらサイズですが、このモバイルルーター1つで複数の端末を同時に
ネット接続できるようにします。

モバイルルーターがネットに接続してくれるのでWi-Fi専用のタブレットPCでも
屋外でネット接続が出来るようになります。

でもこのモバイルルーター、今ではかなり多くのプロバイダからサービスが
提供されていて契約できるところがかなり多くなっています。

それぞれに端末やサービス内容が違うのでどこで契約すれば良いのか悩んでしまう
という方も多くなっています・・・

そこで自分にピッタリのモバイルルーターの選び方を考えてみようと思います。

モバイルルーターの回線はLTEとWiMAXの2種類

まずは基本的なモバイルルーターの特徴から。
モバイルルーターで利用している通信回線は大きく分けて2種類あります。

1つはスマホで使っているのと同じLTE回線。
もう1つはモバイルルーターの独自回線でWiMAXという回線です。

他にも独自ネットワークを作っているWi-Fi回線などもあるのですが、どこでも使えて
契約できるプロバイダを選ぶことがし易いのはこの2回線です。

それぞれに特徴的なサービスを展開しているこれらの回線はそれぞれ別のルーターで
利用することが必要です。

まずはどちらの回線と契約するのかを選ぶことになります。
ではそれぞれの回線の特徴やサービス内容はどんな物なのでしょうか?

最初にWiMAXについて詳しく調べてみることにしましょう。

WiMAXの特徴とサービス内容とは?

WiMAXは独自の回線を使ったモバイルルーターサービスで、利用できる地域は
人口カバー率94%とLTEに比べて少し狭い範囲の提供地域になっています。

回線に使っている電波は高周波数帯、2.4Ghlz以上の周波数帯の電波を使って
ネットワークを作っています。

この高周波数帯の電波の特徴として一度に送信できるデータ量が多くなります。
つまり同じ伝播速度でもやり取りできるデータ量が増やせるのです。

データ量を素早くやり取りできるために通信速度が高くなるという特徴ができます。
WiMAX回線は高速通信が出来るモバイルルーターなのです。

今までのモバイルルーター端末でも下り最速440Mbps、最新の端末では706Mbpsという
かなりの高速通信が出来るモバイルルーターです。

光回線とあまり変わらない通信速度を出せるのですが、高周波数帯のもう1つの特徴
障害物で反射しやすいという特徴があります。

高周波数帯の電波は障害物に当たると跳ね返ってしまうので壁の後ろにいると
電波の状況が悪くなることが多いです。

つまり壁や天井に囲まれている室内ではかなり不安定で、状況によっては回線が
繋がらなくなり切断されてしまいます。

室内で使う時にはルーターを窓際に置くなどちょっとした工夫が必要になります。

どんな人がWiMAXを契約すると使いやすい?

WiMAXの特徴はそのサービス内容にもあります。
契約できるプランに使い放題のギガ放題プランというサービスがあります。

通常モバイル通信では一人のユーザーの回線独占をさせないためにデータ通信容量に
制限をつけています。

スマホならデータ定額パックの契約をしてその容量以上の通信をすれば
通信速度に制限をかけられます。

それはモバイルルーターでも一緒なのですが、WiMAXではこの月間データ通信容量が
制限なしになるプランの提供をしています。

つまり月にいくら通信をしても制限がかからないということです。
まあ実は3日間で10GB使うと通信速度制限がかかるのですが・・・

完全無制限ではないのですが、それでもかなりたくさんの通信が出来ることになります。
通信速度制限を気にせず使いたいならとても魅力的です。

ただ、提供しているプロバイダによって月額料金が変わります。
ギガ放題プランはプロバイダによって月額料金が3,500円から4,500円くらいです。

これだけの料金の違いがあり、更に初期費用が一律ではないという状況です。
契約する前に色々と調べる必要があるのも大きな特徴です。

それともう1つ、プロバイダによってはかなり大きな加入特典が利用できます。
キャッシュバックなどがあるのがWiMAXプロバイダの大きな魅力です。

加入特典があるのはほとんどがネット上の申し込みなので、店頭や家電量販店での
加入申し込みはあまりおすすめしません。

LTE回線の特徴、サービス内容とは?

ではもう1つのLTEの特徴も確認してみましょう。
こちらはスマホで使っているのと同じ電波を使っているモバイルルーターサービスです。

ドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアの回線を使えるので、利用できる地域は
とても広くどこでも使えるという特徴があります。

更にLTEは低周波数帯の電波を使っているので電波が地表近くを通ります。
そして障害物を避けて直進するという特徴があるのです。

障害物で反射せずに避けて通るので室内でも電波が安定しています。
ただし高周波数帯の電波と違って通信速度は遅めです。

一部ではAGXPという高速通信可能なLTE回線が利用できる地域もありますが
まだ全国的にはそれほど広がっていません。

基本的にはどこでもつながりやすく、室内でも安定してネット接続が出来る。
地方都市でもあまり圏外になる心配がないのがLTE回線の特徴です。

ではそのサービスについてはどのようになっているのでしょうか?
大手キャリア以外にもサービスの提供はあります。

回線をレンタルしてサービス提供をするMVNOのプロバイダが多くあるので
LTEでも選んで契約することができます。

LTE回線のモバイルルーターはどんな人が使うと便利?

LTEの場合は基本的には大手キャリアの回線を使っているのでまずドコモや
ソフトバンクで契約をする事が出来ます。

ただしキャリアの契約では基本的にキャリアのデータ定額パックなどを使うので
月額料金が高くなりやすい、というデメリットがあります。

でもスマホと同じキャリアでモバイルルーターを契約すれば割引が利用できる
という状況は多いので割引目的に契約という方もいます。

まあ割引を使ってもキャリア以外のプロバイダから契約したほうが安くなる
という可能性は高いのですが・・・

例えばソフトバンクと同じモバイルルーターの提供をしているYahoo! WiFiでは
月額料金が2,480円のプランを提供しています。

データ通信容量5GBで対応している端末も1種類とかなり限定されるのですが
それでも月額料金を考えるととても安いサービスです。

そしてLTEではほとんどのサービスがデータ通信容量の制限があります。
基本的には7GBで一部無制限で利用できるサービスもあります。

月間データ通信容量の上限なしプランはAXGPエリアを使ったサービスなので
対応している地域はWiMAXには程遠い狭い地域のみのサービスです。

更に対応している端末も決まっていて、端末の設定切り替えをしなければ
月間データ通信容量が制限なしにならないという手間もあります。

それにこちらのサービスでも完全無制限ではなく3日間に一定容量のデータ通信をすると
速度制限がかかってしまいます。

やはりこちらもよく契約内容を確認する必要がありました。

WiMAXとLTEはどっちがおすすめ?

WiMAXとLTEはそれぞれに特徴的なモバイルルーターサービスなので、使う人によって
おすすめは変わってきます。

屋外で利用することが多く、動画などデータ容量の多いコンテンツを利用するなら
WiMAX回線のほうが使いやすいと思います。

通勤通学で都市部に移動するなら接続可能地域は問題なくなります。
屋外なら障害物に悩まされることも少なくなります。

何よりWiMAXにはギガ放題プランがあるので大容量データ通信がやりやすく
データ通信総量を気にせずにネットが出来るというメリットがあります。

提供しているプロバイダも多く、月額料金やキャンペーン特典で選ぶことも
出来るという魅力もあります。

それに大手プロバイダはほとんどサービス提供しているので自宅の固定回線で
契約しているプロバイダなら割引が利用できる可能性も。

ただし室内ではかなり厳しい状況になるので、室内で使いたいならLTEを
選ぶことがおすすめです。

使い放題はWiMAXよりも使いにくいので基本的には安くお得なプランでの
スマホの予備回線として契約することが多くなります。

スマホキャリアで契約するなら月額料金が安くなる可能性もあるのでそれなりに
使いやすくすることも出来ます。

でも私はLTE回線でももう1つの選択肢、MVNOのサービスをおすすめします。

ソフトバンク回線を使った大容量データ通信が出来るモバイルルーターとは?

MVNOとは大手キャリアの回線をレンタルしてサービス提供することです。
モバイルルーターでもこのサービスが有り、その中にかなりおすすめの回線がありました。

それがネクストモバイルというモバイルルーターサービスです。
こちらは20GBと30GBの大容量データ定額パックでの提供をしています。

使っている回線はソフトバンク回線なので全国的に広い地域で接続可能です。
当然LTEなので室内でも安定してネットができます。

それに大容量データ定額パックなので一般的なモバイルルーターよりも
通信速度制限を気にする必要がありません。

月額料金も20GBが2,760円。30GBでも3,490円とかなりの低価格です。
2,480円で上限があるYahoo! WiFiに比べてもかなり艶いやすいという印象です。

このネクストモバイルのモバイルルーター、実際に私も使っているのですが
室内でも回線が途切れること無く、外出先でも広い地域で接続できます。

データ通信容量も大きいのでスマホのネット接続は全てモバイルルーターにしています。
それで動画を楽しんでも十分に容量が足りているのでかなり満足できています。

モバイルルーターを選ぶ時はまず使う回線を選び、その後でプロバイダのサービスを
決めることになります。

私はサービスと料金を考えてネクストモバイルに決めました!

wifi

ポケットWiFiを契約する時には自宅のデスクトップPCで契約しているプロバイダ契約は不要ですか?

ポケットWiFiを契約する場合にはプロバイダ契約が必要?
インターネット回線ですがプロバイダ契約はどうなっているのでしょうか。

そもそもインターネットの契約はちょっとわかりにくい、自分でするのは難しいと
思っている方は契約することが難しいと感じる場合も。

でも実は結構手軽にポケットWiFiなどモバイルルーターの契約はできるんです。
その方法を解説してみましょう。

ポケットWiFiのプロバイダ契約はある?

自宅でインターネットを使う時、デスクトップPCでインターネット接続をするには
光回線などの固定回線に加入して使うのが普通です。

この時には光回線の契約と同時にプロバイダへの契約もしています。
プロバイダと契約しなければインターネットに接続することが出来ません。

まあ今は光コラボモデルなども多くなっているので一般的なプロバイダ以外の契約を
しているというユーザーも多いのですが。

ではモバイルルーターを契約する時にはこのプロバイダ契約をするのでしょうか?
モバイルルーターの場合はプロバイダ契約をしなくても良いのでしょうか?

例えばソフトバンクではスマホの契約をする事が出来ますが、それとは別に
ポケットWiFiというモバイルルーターの契約もできます。

スマホもポケットWiFiもどちらもソフトバンクからそのまま契約ができますが
プロバイダの契約をしている感じはありません。

でも契約をすればインターネットに接続が出来るようになっています。
ポケットWiFiではプロバイダ契約は必要ないのでしょうか?

ポケットWiFiとはどんなサービス?

まずはポケットWiFiのサービス内容について詳しく確認してみましょう。
ポケットWiFiはソフトバンクとイーモバイルの回線を使えるモバイルルーターの事です。

イーモバイルは現在Y! mobileとなりソフトバンクの傘下グループになっています。
そしてポケットWiFiは元々イーモバイルの商品でした。

ソフトバンク傘下になったことで利用できる回線も元々のイーモバイルとソフトバンクの
両方の回線を使えるようになりました。

そしてサービスの提供はソフトバンクとY! mobileは当然、同じくソフトバンク傘下の
Yahoo! WiFiからも提供されています。

どこから申し込みをしても利用している回線は同じで、提供されている端末などの
違いと月額料金が違うプランを選ぶことが出来ます。

それぞれの会社から申し込みと契約が出来るのですが、実はこの提供しているキャリアが
それぞれのプロバイダなのです。

つまりポケットWiFiの場合は契約するキャリアがそのままプロバイダです。
当然プロバイダとしてのネット接続料金が月額料金に含まれているのです。

プロバイダとしての契約を別に行う必要はない

例えばソフトバンクでポケットWiFiの契約をした場合、どうなっているのかを
確認してみましょう。

基本的には普通にスマホを購入して使う時と一緒です。
端末購入して利用する契約をするだけで一緒にプロバイダ契約も行います。

ショップで契約するなら端末購入をしてその料金を含めた割引などの契約をします。
ソフトバンクの場合は基本利用料が4G/LTEデータし放題フラットの契約になります。

基本利用料金の他に端末購入割引の月月割が適応されます。
それと月額料金に4Gデータ通信基本料というのが加算されているはず。

この4Gデータ通信基本料がいわゆるプロバイダ料金です。
月額500円が必要で、これを契約しなければインターネット接続が出来ません。

つまりスマホの契約と一緒で、キャリアとの契約をした時一緒にプロバイダの
契約も行っているのです。

固定回線の場合はフレッツ光など個別に加入した場合は、別にプロバイダの契約も
必要ですがポケットWiFiでは別途契約をする必要がありません。

でもソフトバンクから別のプロバイダの契約をする事はできません。
つまりプロバイダで提供しているプランを選ぶことが重要になります。

Y! mobileではどんなサービスの提供をしている?

では同じ回線を使っている別のキャリアではどんなサービスを提供しているのか
今度はY! mobileのサービス内容を確認してみましょう。

Y! mobileではかなり多くのポケットWiFiプランの提供があります。
でもそれぞれのプランには対応している端末の種類が決まっていました。

プランはポケットWiFiプラン2、ポケットWiFiプラン2ライトに
ポケットWiFiプランL、ポケットWiFiプランSSがあります。

ただしこれらのプランは対応している端末が違うので、自分の契約したいプランに
合わせた端末購入が必要になります。

例えばAXGPエリアでは月間データ通信容量の上限がないポケットWiFiプランLの
契約をしたい場合は端末が305ZTに限定されます。

それぞれのプランで対応している端末が違うので端末の選択肢が決まってしまうのは
ちょっと残念という気がしました。

まあY! mobileの場合は契約できるプランが多いのでまだ選択肢は多いという印象です。
ただほとんどのプランは月間データ通信容量が7GB上限です。

ポケットWiFiプランSSに関しては上限が5GBとかなり少ないので月額料金が
2,480円でも使い方を考えなくてはすぐに速度制限がかかってしまいます。

Yahoo! WiFiのポケットWiFiのサービス内容は?

ではもう1つのポケットWiFi、Yahoo! WiFiのサービス内容を確認してみます。
こちらは選べるプランが2種類、それぞれに対応している端末が違います。

こちらの場合は月額料金にすべてが含まれているようで、やはり別途プロバイダ料金を
請求されることはありません。

当然別に契約する必要もないので、Yahoo! WiFiと契約すればすぐに使うことが出来ます。
ただしかなり極端なプランの提供が行われていました。

1つはAXGPエリア内なら月間データ通信容量の上限なしというプランです。
こちらは月額3,696円ですが別途AXGPオプションの料金が必要です。

最初の3ヶ月はオプション料金が割引されますが後は684円が必要になります。
つまり月額料金は4,380円です。

対応している端末は最新の603HWですが、これをアドバンスモードに設定しなければ
上限なしで利用できないというちょっとした落とし穴がありました。

もう1つのプランは月間データ通信容量5GBまでですが月額料金がとても安いプランです。
月額1,980円で使えるというのは大きな魅力ですが、実はかなり制約がありました。

こちらの料金はYahoo! プレミアム会員になっている方限定の料金で、会員以外の場合
月額料金は3,696円です。

Yahoo! プレミアム会員は月額500円でなれるので会員登録したほうが安くなりますが
結局月額料金は2,480円という事に。

対応している端末も506HWだけなので最新端末を使いたいという方はちょっと不満が
残るプランでした。

もう1つのモバイルルーター、WiMAXは使いやすい?

モバイルルーターの回線にはソフトバンクなどのLTE回線の他に独自回線を使った
WiMAXという回線もあります。

こちらのモバイルルーターはポケットWiFiと比べて使いやすいのでしょうか?
そもそもWiMAX回線はどんな特徴のモバイルルーターなのでしょうか?

WiMAXとは独自の高周波数帯を使ったモバイルルーターサービスで、高周波数電波の
特徴として高速通信が出来るという魅力があります。

高周波数帯の電波は一度に多くのデータ転送が出来るので電波の速度は一緒ですが
通信速度は速いという結果になります。

ただし電波が地表から高いところを飛んでいて周囲の状況に影響されやすく
特に障害物には反射してしまうという特徴があります。

つまりWiMAX電波は部屋の中では反射してしまうので届きにくく、電波が
安定しないというデメリットも。

私も以前WiMAXのモバイルルーターを使っていたのですが室内では通信速度が
安定しないので動画もコマ送りのようになってしまいました・・・

屋外で使う時には通信速度も速く使いやすい印象があるのですが、どこでも
安定して使えるという印象がなく、結局解約してしまいました。

ポケットWiFiではないソフトバンク回線のモバイルルーターは?

月額料金が安く安定していてデータ通信容量が多いモバイルルーター。
これが理想的な商品ですが、そんなサービスはあるのでしょうか?

色々と調べてみるとキャリアの回線をレンタルしてサービス提供している
MVNOというサービスも有ることがわかりました。

一般的にはスマホの格安SIMを想像してもらうと分かりやすいでしょうか?
格安SIMはドコモなどの回線を使ったプロバイダのデータ通信サービスです。

これを使えば月額料金が安く、安定したスマホキャリアのLTE回線を使って
モバイルルーターの利用が出来るはずです。

例えば格安SIMをSIMフリーやキャリアの中古モバイルルーターに挿して
利用するという方法はどうでしょうか?

この場合、確かに月額料金が安く通話の必要ないモバイルルーターなら
データ通信専用SIMでも問題なく使えると思います。

でも中古端末を購入することと自分でSIMやモバイルルーターの設定をする
という手間がかかるという状況に。

これじゃあモバイル通信に詳しい人以外におすすめできない方法です。
もっと簡単にMVNOのモバイルルーターを使う方法はないのでしょうか?

コスパ最強のモバイルルーターサービスはここで決まり!

色々と探してみるとソフトバンク回線を使ったモバイルルーターサービスがあることを
見つけました。

しかも大容量データ定額パックが契約できて月額料金がとてもお得なプラン提供が
されているサービスとなっていました。

それがネクストモバイルの提供しているモバイルルーターサービスです。
こちらは20GBと30GBを選んで契約することができます。

選べるのはプランのみで端末はFS030Wという1種類のみですが・・・
それでも購入代金込みでかなり安い月額料金となっていました。

料金は20GBが2,760円、30GBでも3,490円となっています。
この大容量データ定額パックでこれほど安いのはかなりのコストパフォーマンスです。

実際に同じ回線を使っているソフトバンクのスマホで考えると、あちらでは20GBを
月額6,000円で契約することになります。

月額料金ではかなりお得になるという印象です。

ただしポケットWiFiではソフトバンク回線の他にイーモバイル回線も利用出来ますが
ネクストモバイルではソフトバンク回線のみの利用になります。

まあソフトバンク回線だけでもかなり広い地域でネット接続できるのでほとんど問題は
無いと思います。

安定性もよくコスパも高いネクストモバイルのモバイルルーターならかなりお得に
ネットを利用できるのでおすすめです。

wifi

家電量販店のWiFiルーターコーナーでモバイルルーターの契約をするのはおすすめできない?

モバイルルーターの契約をするなら手軽に出来る家電量販店が良い。
でも多くの人に止めた方が良いと言われるのは何故?

家電量販店なら店頭で本体を見ることが出来るし、店員の説明を効くことも出来る。
困ったときのサポートも頼めそうですよね?

でも実際に家電量販店でモバイルルーターの契約をするのは危険です。
その理由を詳しく解説しましょう!

家電量販店でモバイルルーターの契約をしないほうがいい理由とは?

スマホやタブレットPCを屋外で使う時にあると便利なのがモバイルルーターです。
スマホならデータ定額パックの契約をしていれば普通にネットを使うことが出来ます。

でもデータ通信を使いすぎてデータパックの容量がなくなってしまうと速度制限が
かかってしまいます。

その節約をするためにもモバイルルーターは便利です。
ただ、どこで契約するのが良いのかはよくわからないという方も多いのですが・・・

モバイルルーターはスマホやパソコンと一緒に利用されることが多いので一番
多く目にするのは家電量販店です。

Wi-Fiルーターのコーナーや専用コーナーでよく販売されているのを見かけます。
でもここで契約をするのは、私はおすすめしません!

家電量販店では色々なキャンペーンを展開しているように見えますが、実はあまり
お得にモバイルルーターの契約ができないのです。

その理由を詳しく説明したいと思います。

家電量販店の契約は安くない?

家電量販店で見かけることが多いキャンペーンとしてはモバイルルーター契約と同時に
パソコンなどを購入すると本体購入価格からの値引きがされる、というもの。

実はこの値引き、実際には値引きされていないということも多いのです。
ある量販店ではモバイルルーターの月額料金に分割購入代金が上乗せされていました。

つまり実際には少しだけ割引をしていて、その他の金額は分割購入金額を
モバイルルーターの月額料金にプラスして支払いをしている状態です。

この割引用の特別プランでの契約をさせられるので普通にモバイルルーターを
契約した場合よりも月額料金が高くなっているはずです。

しかも購入するパソコン本体も全ての本体を選ぶことが出来ない場合も多いです。
指定の本体のみというのはちょっと・・・

そしてこの割引という名前の分割購入、実はほとんどの家電量販店で行われている
かなりメジャーなプランです。

実質何も割引をしていないのに割引プランという名前で提供されている店舗もあります。
契約する前に月額料金の確認はかなりしっかりとする必要があると思います。

月額料金の割引がない

これは特定のモバイルルーターのときのみになりますが、プロバイダを選ぶことが
出来ないので月額料金の割引がなくなってしまいます。

家電量販店で取り扱っているモバイルルーターでもY! mobileなどは基本的にどこで
契約をしてもあまり大きく月額料金が違いません。

でもWiMAXの場合はプロバイダによって月額料金が変わるのでプロバイダを
選ぶことが出来るところで契約するほうがお得になります。

家電量販店でWiMAX回線のモバイルルーターの契約をした場合、基本的には
UQ WiMAXか家電量販店独自のプロバイダサービスで契約することになります。

UQ WiMAXでは月額料金の割引はしていないのでどこで契約しても同じですが
他のプロバイダは月額料金を割引しているので安く使うことが出来るのです。

家電量販店が提供しているプロバイダも当然月額料金の割引はしていないので
やはり月額料金に関しては安くなりません。

月額料金の割引がない状況で長い期間使うことになれば、それだけ料金の負担が
大きくなってしまいます。

出来れば月額料金でプロバイダを選びたいところですが、家電量販店では
これが出来ないというのがおすすめできない理由の1つです。

サポート体制が不十分

家電量販店でモバイルルーターの契約をした場合、基本的にサポートは
店頭ではなくサポートダイヤルかモバイルルーターの回線サポートです。

店頭の販売員に困ったことを聞くことが出来ません。
何かトラブルになった場合のサポート体制はあまり良いとはいえないのです。

特にモバイルルーターに詳しくない方の場合、どんな原因でトラブルが起きているのか
それもわからないということは多いはずです。

それを店員に直接聞きたいけど、実際にはサポートは電話でと言われるだけです。
しかも場合によっては色々とたらい回しにされることも。

店頭ではサポートダイヤルに、と言われて家電量販店のサポートダイヤルに電話すると
それはメーカー対応と言われる。

回線提供業者に連絡したらそれは店頭で対応してもらう、と言われる。
こんな状況になったことがあるという話を聞いたことがあります。

実際に回線トラブルだと思っていたらルーター本体の初期不良で本体の交換が必要。
初期不良なら販売店交換なので店頭に持ち込む必要があります。

家電量販店の場合はサポート対応部署が多くなりすぎてどこで対応してもらうのが
良いのかわからないという状況になりやすいです。

店頭では解約が出来ない場合が多い

こちらも実際の話ですが、トラブル対応がよくなかったので解約を決めた人が
店頭で解約しようと思ったらできなかったそうです。

家電量販店の店頭契約では契約手続きは出来るのですが解約手続きに必要な
会員情報を入手することが出来ません。

つまり入会手続きのキャンセルという解約はできるのですが、入会手続きが
終わった会員の退会手続きをする事が出来ないのです。

ネット回線の解約をする場合、利用している回線とその支払状況を確認します。
そして会員情報の削除などをするのですが店頭ではその情報が見られません。

まあ家電量販店の店頭で会員情報が全て見られるのはやはり問題が多すぎですよねえ。
そこで解約はプロバイダなどに直接申し込みをする事が必要です。

そして家電量販店では解約の時に、かなり大量の違約金が発生する可能性も。
割引という名前の分割購入が行われているためです。

支払いが終わっていない本体の分割代金も解約時に一括支払いが請求されます。
解約違約金がとても高額になることもあるので注意しましょう。

家電量販店で契約するメリットは何もない?

ここまで家電量販店でモバイルルーター契約のデメリットばかりを確認してきました。
では家電量販店で契約するメリットはまったくないのでしょうか?

一応メリットとしてはモバイルルーターをすぐに入手できるので、契約したその日に
使うことが出来るというメリットがあります。

家電量販店の場合は店頭契約なので閉店時間ギリギリという状況にない限りは
店頭で端末を受け取ることができます。

月額料金の支払いにクレジットカードしか選べないなどの制約もありますが
すぐにモバイルルーターを使いたい人には大きなメリットになります。

長くても数時間、端末の在庫や混雑状況によってはすぐにでもモバイルルーターを
もらうことが出来るというのは人によっては大きなメリットになります。

まあそれほど切羽詰まってモバイルルーターが必要、という状況になることが
あまり考えられないのですが^^;

時間的な問題で当日にモバイルルーターが必要という状況なら家電量販店の
店頭申込は大きなメリットがあります。

どこで契約するのがおすすめできる?

家電量販店でのモバイルルーターの契約がおすすめできないなら、どこで契約を
行うのがおすすめなのでしょうか?

私はインターネット上のプロバイダ契約をおすすめします。
まあインターネット回線の契約をネット上でするの?という疑問はあると思いますが。

ネット上のプロバイダのサイトなどは人件費がかからないというメリットが有り
その分をキャッシュバックなどユーザーの特典に使っているところが多いのです。

つまりネット上から契約することでキャッシュバックが利用できて、それを
月額料金に当てることで更にお得にモバイルルーターが使えるようになります。

元々プロバイダによって月額料金が違うのでサービス内容や月額料金でプロバイダを
選んで更にキャンペーン特典で割引ができる、という状況です。

店頭での申し込みと違ってモバイルルーター端末を受け取るには郵送の時間がかかる
というデメリットもありますが、利用料金が安くなるのは嬉しいところです。

当然ネット上の申し込みなので24時間いつでも好きな時に申し込みが出来るというのは
便利ですし、自分が出かける必要が無いので自宅で手軽に申し込みが出来ます。

そんなネット上から申し込みが出来るモバイルルーターの中でも私がおすすめしたいのが
ネクストモバイルというプロバイダのモバイルルーターです。

ネクストモバイルをおすすめする理由とは?

ネクストモバイルはソフトバンク回線を使ったモバイルルーターサービスです。
ソフトバンクのLTE回線を使っているので全国的に広い地域でネット接続ができます。

障害物を避けて通ることが出来る電波なので室内でも安定して回線接続ができて
部屋の中、屋外でもどこでも快適にインターネットを楽しめます。

そしてネクストモバイルの特徴は、一般的なモバイルルーターに比べると
データ通信容量が大きなことです。

普通のモバイルルーターは月間7GBが上限で、それ以上のデータ通信をすれば
通信速度に制限がかかります。

でもネクストモバイルではデータ通信の上限を20GBと30GBから選んで契約が
出来るようになっています!

20GBは月額2,760円、30GBでも3,490円なのでかなり安い金額で大容量の
データ定額パックが利用できることになります。

スマホの場合は同じ回線のソフトバンクでは、20GBのデータ定額パックなら
月額6,000円もかかります。

つまりスマホと併用しても料金敵負担は殆どかからず、スマホも快適にネットに
接続できるようになるんです。

動画を見ることが多い私もネクストモバイルを使っていれば安心して動画を
たくさん楽しむことが出来ています。

室内でも安定して使えるので自宅の固定回線を解約してネクストモバイルの
モバイルルーターで全てのネット環境を整えています。

家電量販店での契約より月額料金が安く、お得に使えるネクストモバイルを
私はおすすめしたいと思います。

wifi

WiFi契約でパソコン2台とタブレット1台を使えますか?ルーターに同時接続できる台数は?

モバイルルーターの契約ではパソコンとタブレットPCを同時に使えるのか?
使い慣れていないとモバイルルーターには多くの疑問点がありますよね?

実際に自宅でネットワーク接続をしていない人にはルーターの使い方は
よくわかりません。

しかもWi-Fiルーターに関しては無線接続なので同時に何台までつなげるのか
確認する方法すらわからないということも・・・

そこでモバイルルーターの詳しい性能や接続可能台数などを簡単にわかりやすく
確認してみたいと思います。

Wi-Fiルーターは同時に難題の端末を接続することが出来る?

インターネット回線は一つの回線に複数の端末を繋いで使うことが出来ます。
まあ同時に複数接続すれば、1つずつの端末の回線速度は遅くなりますが。

例えば集合住宅、マンションやアパートで光回線に加入した場合は建物に
1つの回線を引いてそれを各部屋で分配して使うことになります。

その為に他の部屋でネット接続していると通信速度は遅くなります。
複数の部屋で同時にネットをすれば一つの部屋で使える回線速度は下がります。

同じように自宅でルーターを設置して色々な端末で接続した場合もやはり
端末ごとの通信速度は下がってしまいます。

でも複数のパソコンなどで同時にネット接続させたい時にはやはりルーターで
回線を分配することが必要です。

普通のルーターなら接続端子の数を見れば何代同時に接続できるのか
簡単にわかります。

ではWi-Fiルーターの場合はどうなのでしょうか?
複数の端末を同時接続させることが出来るのでしょうか?

端末によって同時接続台数は違う

調べてみるとWi-Fiルーターは通常のルーターと一緒で、端末によって
同時接続が出来る台数が違うということがわかりました。

本体に内蔵されているWi-Fiアンテナと受信機の性能によって同時にネット接続出来る
端末の台数が違います。

その為に実際に目で見て難題接続できる、というのはわかりにくいのですが・・・
説明書や公式サイトのスペック表などで確認をする事が出来ます。

現在のWi-Fiルーターなら同時に10台近くの端末を同時接続させることが
出来るようになっています。

パソコン2台とタブレットPC1台を同時にネット接続させるということも
出来る端末は多くなっています。

少し前の端末でも5台位は同時にネット接続させることが出来るので
基本的にWi-Fiルーターは複数の端末を同時に接続できると考えられます。

では実際に複数の端末を同時にネット接続させるためには何が必要になるのか。
もう少し詳しく確認してみることにしましょう。

パソコンをWi-Fiルーターに接続させるためには?

まずパソコンをWi-Fiルーターに接続するために必要な機材を考えてみます。
普通にWi-Fi接続をする事が出来るのでしょうか?

最近のノートPCならほとんどの機種にWi-Fiが標準装備されています。
つまり何も付けないでもWi-Fiルーターとの接続が出来るようになっています。

ただデスクトップPCや古いノートPCの場合はWi-Fiに対応していない機種が多く
その場合はWi-Fiコネクタを使う必要があります。

本体にWi-Fi接続部品が無いので機材で補うことが必要です。
USB端子に付けるWi-Fiコネクタなどを購入しましょう。

Wi-Fiコネクタ自体はかなり安く購入できます。
500円から1,000円位で買えるので大きな負担にはならないはず。

まあモバイルルーターにUSB端子があるならパソコンのUSBと有線でつないで
ネット接続させるという方法もありますが。

ただしUSB端子が複数ついているモバイルルーターは多分無いので、複数の
デスクトップPCをネット接続させたいならWi-Fiコネクタの方が便利です。

ちなみに普通のWi-FiルーターならLAN端子が複数ついているのが一般的です。
安い商品でも3台位は同時に有線接続が出来る設計です。

普通のWi-Fiルーターを使うならデスクトップPCでも簡単にネット接続できます。

有線接続とWi-Fi接続で同時にネットを使うことが出来る?

Wi-Fiルーターやモバイルルーターに色々な接続方法があることはわかりました。
ではそれらを同時に使うことは出来るのでしょうか?

Wi-FiルーターにデスクトップPCを有線接続してネットにつなぎながら
スマホをWi-Fi接続してこちらもネットにつなげることは出来るのでしょうか?

実際にやってみたことがありますが、これは問題なくネットができます。
光回線を使っているならどちらもかなり快適にネットを楽しむことができます。

ただモバイルルーターの場合は回線状況によってかなり通信速度が遅くなってしまい
場合によってはネットが使いにくくなる可能性もあります。

モバイルルーターの場合は固定回線とは違って、使っている回線が高速通信できる
通信回線ではない場合もあります。

固定回線なら高速通信できる光回線が一般的で、複数の端末で同時に回線を使っても
それぞれがそれなりの通信速度でネットができます。

でもモバイルルーターの場合は使っている回線が光回線ほどの高速通信が出来ません。
その回線を分配してしまうと1つずつの回線速度は遅くなってしまいます。

モバイル通信で使っている通信回線の種類は?

モバイルルーターにパソコンとタブレットPCを同時に接続して使うことが出来る
ということはわかりました。

でも快適に使うためにはモバイルルーターの場合、利用する回線を選ぶことも
重要になります。

複数の端末を同時にネット接続させるためには回線速度は速い方が良い。
ただモバイル通信では利用する回線を選ぶことは出来るのでしょうか?

現在モバイル通信では2種類の電波回線を使ってネット接続をしています。
その2種類とはLTEとWiMAXです。

LTEは一般的なスマホで使っている回線のことです。
それぞれのキャリアからモバイルルーターのサービスも提供されています。

でもauだけはモバイルルーターのサービスを自社のLTE回線では提供していません。
それは系列会社のUQ WiMAXがモバイルルーターサービスの提供をしているためです。

WiMAX回線は独自の電波を使ったサービスでLTE回線とは違う通信回線です。
その為にWiMAXを利用する場合は独自のモバイルルーターが必要です。

まあWiMAXのモバイルルーターにはau回線を使うことが出来るアンテナを装備して
オプションでau回線を使うことが出来る端末もありますが^^;

つまりモバイルルーターを選ぶ時にはLTEかWiMAXかを選ぶことが必要です。
ではそれぞれの回線の特徴を確認してみましょう。

WiMAX回線のメリットとデメリットは?

まずは独自回線のWiMAXとはどんなモバイル通信なのでしょうか?
大きな特徴としては高速通信が出来る電波を使っているということ。

WiMAXでは高周波数帯、2.4Ghlz以上の周波数帯の電波を使っています。
この電波では一度に多くのデータを運ぶことが出来るという特徴があります。

一度に送受信できるデータ量が多いので同じ電波の速度でもやり取りできる
容量が多く、データ通信量を図る通信速度は速くなります。

実際に現在のWiMAX2+の通信速度は下り最速440Mbpsという速度です。
一部の光回線とほとんど変わらない速度で通信が出来るということになります。

複数の端末を同時に使いたいならこちらのほうが有利、という気がしますがもう1つ
電波が障害物に反射しやすいという特徴もあります。

障害物とは壁や天井などのことで、ここで電波が反射してしまうので部屋の中にいると
電波が届きにくいという状況になります。

いくら回線の速度が速くても電波状況が悪ければ実際にやり取りできるデータ量が
少なくなるので通信速度も遅くなります。

つまり室内で使うことを考えるならWiMAXはあまり良い回線ではないという事に。

それに利用できる地域がちょっと狭いのも気になるところです。
人口カバー率は94%と接続できない地域があることもデメリットの1つです。

契約する場合は事前に自分の利用するエリアが対象地域になっているのかを
公式サイトで確認しましょう。

LTE回線のメリットとデメリットは?

もう1つのLTE回線、これは普通にスマホで使っている回線です。
SIMカードで回線を選んで使えるSIMフリーの端末ならどこの電波でも使えます。

基本的にキャリアが提供しているモバイルルーターはそのキャリアのSIM以外が
使えないようにSIMロックをかけています。

SIMロックを解除するかSIMフリーの端末を使えばドコモ、au、ソフトバンクの
全ての回線を使うことが出来る端末になります。

その為には全てのキャリアのSIMカードを契約することが必要なので、あまり
実用的という感じはしませんが・・・

特徴としては全国広い地域で安定してネット接続が出来るということ。
特にドコモとソフトバンクはかなり広い地域で利用することが出来ます。

室内でもスマホがつながりやすいのと一緒で使っている電波も障害物で反射しにくい
低周波数帯の電波です。

室内でも安定してネットに接続できるのですがモバイルルーターは利用できる
データ通信容量が少ないというデメリットも。

スマホの場合は大容量データ定額パックが提供されているので20GBや30GBという
大容量のデータ通信が出来ます。

でもモバイルルーターではキャリアから大容量のデータパックの提供がありません。
つまり標準の7GBというのが一般的です。

一方のWiMAXではギガ放題という月間データ通信容量無制限のプランがあるので
通信容量に関しては大きな魅力があります。

でもLTE回線はキャリアの他にMVNOで他の会社がサービス提供しています。
こちらのサービスを私はお勧めます。

おすすめのMVNOモバイルルーターサービスは?

MVNOとは通信回線をレンタルしてサービス提供をすることで、モバイルルーターも
回線提供キャリア以外のサービスを選ぶことが出来ます。

例えばソフトバンクの系列会社のYahoo! Wi-Fiではソフトバンク回線を使った
モバイルルーターのサービス提供をしています。

月額料金も安いプランがあり、本家のソフトバンクのモバイルルーターよりも
使いやすいという方もいました。

そんなMVNOのモバイルルーターサービスで私がおすすめするのは
ネクストモバイルという会社のモバイルルーターサービスです。

使っているのはソフトバンクの4G/LTE回線なので全国広い地域で安定した
ネット接続が出来るようになっています。

そして大きな魅力が大容量のデータ定額パックが使えること!
20GBと30GBのデータ定額パックのモバイルルーターなんです。

データ通信容量が大きければ複数台の端末を同時にネット接続しても容量を
気にせずにネットをする事が出来ます。

当然一つの端末で使う場合でも、大容量なら動画を長時間楽しむことが出来ます。
無制限ではないので注意が必要ですが、あまり節約する必要もありません。

使っているのがLTEなので室内でも安定してネット接続ができます。
もちろん同時に複数の接続が可能で、10台まで同時接続ができます。

月額料金も20GBが2,760円、30GBでも3,490円の月額料金なのでスマホと
併用しても大きな負担になりません。

複数の端末、タブレットPCをネット接続させるなら安定して使いやすい
ネクストモバイルがおすすめです。

wifi

家庭内Wi-Fiに最低限必要なものって何がある?どうやって設定すればいい?

家庭内でWi-Fiネットワークを作る時に何を用意すればいい?
これに悩んでいる方はいませんか?

スマホのデータ通信総量を節約するためにはWi-Fiを使えばいい、というのは
わかるのですが実際に自分で家庭内Wi-Fiネットワークを作るのは難しい・・・

そんな感じに思っている方、安心してください!
実は家庭内Wi-Fiに最低限必要なものって意外に少ないんです。

自宅でWi-Fiを使えるようにするには何を用意すればいい?

スマホでインターネット接続をする時、契約しているデータ定額パックなどの
通信容量を消費しています。

スマホなどのモバイル通信の場合、特定のユーザーが回線を独占しないように
規定の容量以上のデータ通信を行った場合に速度制限を受けることになります。

今はスマホを契約する時にデータ通信容量を自分で選んで契約します。
一般的には5GBくらいが多いようですが。

このデータ定額パックは容量が増えるほど月額料金が高くなります。
その為に自分で利用する通信総量を考えて契約することがおすすめです。

でもちょっと油断してしまうとすぐに契約したデータ容量以上の通信を
行ってしまうということありませんか?

私も動画をよく見るので出来ればデータ通信を節約したいところです。
そんな時に利用できるのがWi-Fi通信です。

データ通信容量はパケット通信をした場合に消費されるのでWi-Fi接続で
インターネット接続すればデータ通信容量を使わずにネット接続ができます。

このWi-Fi通信でインターネット接続できるネットワークを自宅でも作れれば
かなりデータ通信容量の節約になるはず。

では自宅でWi-Fiネットワークを作るためにはどうすれば良いのでしょうか?
まずは必要なものを考えてみましょう。

自宅に固定回線が設置されている場合

実家にいて自宅には誰かが設置した固定回線がある場合、Wi-Fiネットワークを
作ることが出来ればかなり大きな節約になります。

例えば親が自宅にインターネットの固定回線を引いていて、そこのWi-Fiネットワークで
スマホをインターネット接続させれば親の固定回線を使わせてもらうことが出来ます。

自分の契約したデータ定額パックの容量も使わずにネットが出来るのでかなりお得です。
何せ出費がゼロでインターネットが出来るのですから(笑)

この状況でWi-Fiネットワークを作るためには必要なものは一つだけ。
インターネット回線に接続できるようにWi-Fiルーターを途中に入れることだけです。

ルーターはいわゆる分配器で、インターネット回線を幾つかの端末に分配して
ネット接続できるようにする機材です。

有線ではなくWi-Fiを使って分配できるので設定さえしてしまえばかなり手軽に
ネット接続が出来るようになります。

ただしスマホやタブレットPCには最初からWi-Fi受信機、アダプターがついています。
でも一部のノートPCにはこの受信機が内蔵されていない場合もあります。

Wi-Fi対応機種でなければアダプターを購入して付ける必要があります。
Wi-Fiが使える端末なのか、確認はしておくようにしましょう。

Wi-Fiルーターの設置は難しい?

基本的に自分でインターネット契約をするくらいの人ならWi-Fiルーターの接続は
出来ると思うので家の人にやってもらうのが一番だと思いますが・・・

家族が誰も詳しくなく、自分でWi-Fiルーターを設置するという場合の説明も
一応しておくことにします。

基本的にルーターはインターネットモデムとパソコンの間に設置します。
電話回線は光回線に接続するためには専用のモデムを使うことになります。

普通にパソコン1台でネット契約している場合はこのインターネットモデムに
回線分配機能がついていません。

そこでインターネットモデムからパソコンに栂なる回線の間にルーターを
設置してネット回線を分配することになります。

Wi-Fiルーターにも有線接続が出来るポートがあるので今までインターネットモデムと
繋いでいたパソコンの回線はそちらにつなぎます。

これで後はWi-Fiルーターの設定をするだけでインターネットに繋がるはずです。

ちなみにWi-Fiルーターは安いものなら3,000円程度で購入できます。
でもこちらの場合は商品を選ばないとスマホが快適にネット接続できません。

安定しているのは5,000円程度の商品で、高速通信がしたいなら1万円から
2万円程度のWi-Fiルーターを選べばいいと思います。

自宅に固定回線がない場合にWi-Fiネットワークを作るなら?

次に自宅に固定回線がない場合について考えてみます。
一人暮らしなどで自宅にはインターネット回線を引いていない場合はどうしましょう?

まあ普通は自宅に固定回線がないなら家庭内ネットワークを作る必要がなく
ネットが必要ならスマホだけで済ませるという方法が手軽です。

でも持ち運びをしないタブレットPCが自宅にある場合、自宅ではスマホじゃなく
このタブレットPCを使いたいというならやはり家庭内ネットワークが必要です。

でも固定回線を引くのは高いのでコスト的にも無理だし、そもそも節約になりません。
ではどうすれば良いのでしょうか?

私ならスマホのデータ定額パックの節約も考えてモバイルルーターを契約するという
方法をおすすめします。

モバイルルーターとは持ち運びができるWi-Fiルーター、のようなものです。
スマホより一回り小さい本体で複数の端末を同時にネット接続させることができます。

インターネット接続にはスマホと同じように電波を使った接続をするのですが
モバイルルーターの場合は利用する回線の種類が違うサービスが提供されています。

そしてそれぞれの回線には特徴があるので、どちらの回線を使ったモバイルルーターの
契約をするのが選ぶことが出来るのです。

LTE回線を使ったモバイルルーターの特徴とは?

まずはスマホと同じ電波を使ったLTE回線を使ったモバイルルーターの特徴から。
基本的にはスマホと同じなので使っている感覚も同じです。

モバイルルーターで利用されているのはソフトバンクの4G/LTEとドコモのXiです。
それぞれの回線に対応した端末が各キャリアから提供されています。

それぞれのキャリアの回線なら全国的にかなり広い地域で接続できるメリットが有り
電波もつながりやすいので比較的どんな地方でも安心して使うことが出来ます。

元々LTEの電波は壁などに反射せず、障害物を避けて進むことが出来る電波なので
室内でも安定しているという特徴もあります。

自宅内でWi-Fiネットワークを作るためには使いやすい電波です。
しかも小さな端末なので屋外に持ち運んで使うこともできます。

ドコモもソフトバンクもかなり広い地域で電波が受信できます。
持ち運んで使うことでスマホのデータパックを使うこと無くネット接続ができます。

大容量データ定額パックを契約する必要がなくなるのでスマホの月額料金を
節約するためにも効果的です。

ただしキャリアが提供しているモバイルルーターはデータ通信の上限が月に7GBと
ちょっと小さいので注意が必要です。

それにMVNO、いわゆる回線をレンタルして提供している業者の方が月額料金が
安くなっていることが多いのでLTE回線でもキャリア以外のルーターをおすすめします。

WiMAX回線を使ったモバイルルーターの特徴とは?

もう1つ、モバイルルーターには独自回線を使ってサービス提供をしている
WiMAXという回線があります。

現在利用できる地域はLTEに比べると多少狭くなっていますが、特徴としては
LTEよりも高速通信が出来るという魅力があります。

WiMAX回線では下り最速440Mbpsというかなりの高速通信が出来ます。
これはWiMAXで使っているのが高周波数帯の電波だからです。

2.4Ghlz以上の高周波数帯の電波には一度に多くのデータを運ぶことが出来るという
特徴があり、同じ電波の速度でも一度に大量のデータをやり取りできるようになります。

それが通信速度という結果になってわかるようになるので、とにかく速度が重要
という方にはかなり選ばれているモバイルルーターです。

ただし高周波数帯の電波の特徴としてもう1つ、障害物で反射しやすいということも。
つまり壁や天井などのある室内では電波が反射して届きにくくなってしまいます。

室内のWi-Fiネットワークにはちょっと向かないですかねえ・・・

どっちのモバイルルーターがおすすめできる?

単純に室内のWi-Fiネットワークという事を考えるならLTE回線を使ったルーターが
おすすめできます。

ただしWiMAX回線にはギガ放題というプランがあり、これは月間データ通信総量の
上限なしというプランなのです!

つまり毎月7GB以上のデータ通信をしても速度制限をされずにネットが出来るので
ネットワークのためにはかなり使いやすいプランがあります。

まあギガ放題も完全無制限ではなく3日間に10GB以上のデータ通信をすると
速度制限がかかるのですが・・・

実は私は以前、WiMAX2+というモバイルルーターを使っていました。
たしかにギガ放題プランは使いやすくてネットワークにはむいていると思います。

でも室内でWiMAX回線を使うとかなり電波が不安定になり、動画もコマ送りのように
快適に見られる状況ではありませんでした。

それを考えると室内でWi-Fiネットワークを作るためにはやはりおすすめしにくいです。
ただLTEの場合はデータ通信容量が気になりますよね?

そこで大容量のデータ定額パックが使えるLTE回線があれば問題は解決!
しかもそんなLTEのモバイルルーターはもうあるんです。

ネクストモバイルのルーターなら家庭内ネットワークに最適

私がおすすめするのはネクストモバイルというモバイルルーターです。
回線はソフトバンクのLTEを使っているので室内でも安定しています。

そして契約できるプランはデータ通信容量20GBと30GBという大容量の
データパックを提供しています!

しかもこの大容量データ定額パック、月額料金が20GBで2,760円です。
30GBでも3,490円とかなり安い月額料金で使うことが出来ます。

スマホのデータ定額パックは20GB契約すると6,000円の月額料金がかかります。
これに比べるとかなり安いことがよくわかります。

ソフトバンクの回線を使っているので全国的に広い地域で接続できます。
持ち運んでも室内でも安定してネット接続が出来るモバイルルーターです。

大容量のデータパックが契約できるので動画をよく見る私でも安心して使えます。
スマホのデータパックを少なくして月額料金の節約もできます。

実際に私も契約して使ってみたのですが、回線の安定性は高く室内でも動画が
途切れることもコマ送りになることもありません。

自宅でWi-Fiネットワークを作るなら、安定した接続ができるネクストモバイルを
おすすめします。

wifi

ME176CというASUSタブレットを外で使う方法を教えて欲しい!

タブレットPCって屋外で使ってもインターネット接続が出来るの?
と最近友人から質問されました。

確かにiPadなどはキャリアと契約をすればスマホと同じように屋外でも簡単に
ネット接続が出来るようになります。

でもそれ以外の、セルラータイプ以外のタブレットPCをネット接続するためには
どんな方法があるのでしょうか?

それを知りたい方に、私が友人に説明した方法をシェアしたいと思います。

ME175Cは屋外でネット接続させることが出来る?

私の友人はスマホの他に大画面で動画を見たい時に使うタブレットPCを持っています。
それがASUSタブレットのME175Cという端末です。

端末的にはASUSのMeMO Pad7という種類になります。
画面サイズは7インチと一般的なスマホよりも大画面です。

オプションとして専用ケースもついているので持ち運びをすることも出来るのですが
友人的にはこのタブレットPCが外でネット接続できると思っていませんでした。

でも電車などでスマホだけではなくタブレットPCを使っている人を見かけること
多いので自分のME175Cも使えるのでは?と考えたそうです。

ちなみに友人はあまりネットやパソコン関係に詳しくなく、ME175Cも大きなスマホと
思っていたようです・・・

スマホならそのままネット接続できると思うはずですが、まあそんな友人に対して
説明した内容をここでもう一度書いてみたいと思います。

先に結論から、ME175Cは屋外でも十分にネット接続ができます!

タブレットPCを外で使うための方法とは?

まずはタブレットPCについて、大きく分けてタブレットPCには2種類あります。
ネット接続が単体でできるセルラータイプと出来ないWi-Fiタイプです。

セルラータイプの代表といえばiPadシリーズですね。
日本の大手キャリアからも端末が販売されています。

そもそもセルラータイプとは端末にSIMカード挿入口とアンテナがついているもので
キャリアと契約すればタブレットPC単体でネット接続できます。

これがまさしく友人の言っている大きなスマホ(笑)
まあ普通は通話ができる契約をしないので電話の機能は使えませんが。

もう1つは自分でネット接続が出来ないWi-Fiタイプです。
友人のME175Cはこちらのタイプです。

キャリアの通信回線、LTE回線のアンテナを持っていないのでネット接続には
Wi-Fiを使うことになります。

つまりWi-Fiルーターか無料Wi-Fiスポットなどを利用してネット接続をします。
基本的には特定の位置からしかネット接続が出来ないというタイプです。

まあこんなWi-Fiスポットを多く見つけることが出来れば、それでも十分に
屋外でタブレットPCが使えると言えるのですが。

多分友人はそういう意味で行ったのではないだろうと思います。
そこでもっと自由にどこでもタブレットPCをネットに繋ぐ方法を考えてみます。

Wi-Fiスポットを利用してネット接続する方法

友人はこの使い方をしたいと思っていないようですが、一応一つの方法として
Wi-FiタイプのタブレットPCを外で使うための方法として説明します。

キャリアの契約をしている方なら格安で利用できるWi-Fiスポットがあります。
ソフトバンクを始めドコモでも多くのWi-Fiスポットを設置しています。

喫茶店やファミレス、ファーストフード店などに設置されているので休憩しながら
タブレットPCをネット接続できるようになります。

接続するためのPASSやIDなどは直接キャリアから聞けます。
まあ多くの場合は電話番号とPASSで利用できますが。

他にも月額料金を支払って利用できるWi-Fiスポットもあります。
Wi2やワイヤレスゲート、BBモバイルポイントなども有料ですが安く使えます。

月額500円以下の料金でWi-Fiスポットを利用することが出来ます。
これを使っても外でタブレットPCをネット接続できるようになります。

当然設置されている場所以外から接続することが出来ないので、移動中に使うことは
出来ませんが^^;

昼休みなど休憩中にちょっとタブレットPCを使いたいという場合はこれでも十分に
ネットを楽しむことは出来ると思います。

スマホのテザリングを使ってタブレットPCをネット接続する

もっと自由に色々な場所でネット接続させないならスマホのテザリングがあります。
スマホを中継点にしてWi-Fiでネット接続させる方法です。

スマホの回線を使ってネット接続させるので基本的にはかなり広い地域での
ネット接続が出来るようになります。

それに移動中にタブレットPCをネット接続させたいならこんな方法になります。
メリットとしては今すぐにでもタブレットPCを外で使えるようになること。

スマホを利用していることが必要ですが、現在スマホの普及率はとても高く
ほとんどの人が持っているので一番やりやすい方法でもあります。

スマホの設定でテザリングをできるようにして、後はタブレットPCでスマホからの
電波を探して接続するという設定が必要です。

スマホの電波がつながるところならどこでもタブレットPCをネット接続できるという
魅力もあります。

スマホを持っている方ならすぐにでも使えるのですが、実は注意点もあります。
それはスマホにかかる負担がとても大きくなることです。

テザリングをした場合のデメリットについても考えてみましょう。

テザリングをする場合のデメリットとは?

単純にスマホにかかる負担、と言っても色々な負担が考えられます。
テザリングではその多くの負担が同時にかかる可能性が高いのです。

まずは利用する回線の負担について。
スマホの回線を利用してネット接続するのでスマホのデータ通信容量が減ります。

タブレットPCでネットを使っているのですが実際にネット接続しているのは
スマホで使っているのはスマホで契約している回線です。

つまりスマホで契約しているデータ定額パックの容量を使い切れば通信速度制限が
かかってしまうということ。

速度制限がかかればスマホも低速でしかネット接続できなくなります。
追加料金を払って速度制限を解除してもらうなどの処置が必要になってしまいます。

それにスマホはタブレットPCの接続とネットへの接続を同時に行っています。
中継地点としてずっと動き続けている状況です。

Wi-Fi接続もネットへの接続もどちらもバッテリーの消費が比較的大きいので
スマホのバッテリーがすぐになくなってしまいます。

充電回数が多くなればそれだけバッテリーの寿命も短くなってしまいます。
つまりテザリングを頻繁に行うことはスマホ本体にかかる負担がとても大きいのです。

モバイルルーターを使ってタブレットPCをネット接続する

テザリングとはスマホを中継点にしてネット接続する方法です。
ではこの中継点、Wi-Fiルーターを持ち運びできるようにしたらいいのでは?

ちなみに持ち運びができるWi-Fiルーターはすでにあり、モバイルルーターという
商品が多くのところからサービス提供されています。

モバイルルーターとはスマホのように独自でネット接続する機能を持っていて
Wi-Fiで複数の端末を同時にネット接続できるというルーターです。

小型で魂魄なので持ち運んで使えるように設計されていて、屋外でも色々な端末を
ネット接続できるようにする端末です。

元々ルーターなのでWi-Fiで複数の端末に接続することに負担はありません。
ネット接続も同時に出来るように設計されているので問題ありません。

これならWi-FiタイプのタブレットPCでも、外で手軽にネット接続することが
出来るようになります。

当然移動中にも使えるので通勤通学の時にタブレットPCを使うこともできます。
友人のME175Cも問題なくネットを使えるようになります。

方法としてはこれが一番オススメなのですが、実際に利用するとなると色々と
考えることや確認することが出来てきます。

まずはME175Cをモバイルルーターで使うことを考えて見ましょう。

スマホと併用するなら月額料金が安いモバイルルーターがほしい

モバイルルーターは持ち運びができるWi-Fiルーターなので実際にタブレットPCで
使う場合にはWi-Fi接続の設定が必要です。

まあこれは一般的なWi-Fiルーターへの接続と同じなので問題なし。
気になるのはモバイルルーターを利用する月額料金です。

友人も当然スマホを持っていますし、まずタブレットPCだけを使っていて外で
ネットも使うというユーザーは少ないと思います。

つまりモバイルルーターを使うことで通信コストが大きくなってしまう、という
心配が考えられます。

普通にスマホとモバイルルーターを両方契約するなら確かに高くなります。
でもスマホもWi-Fi接続ができるので外でもWi-Fi接続すればいいのでは?

つまり屋外で使うインターネット回線をモバイルルーターだけにすればスマホの
データ定額パックをかなり節約できることになります。

どうせモバイルルーターを契約すればスマホのデータパックを使わずにネットを
使えるようになるのでデータパックは最小限で構いません。

スマホのデータ定額パックよりも安いモバイルルーターを使えば通信費は変わらずに
タブレットPCが外で使えるようになる、ということですね。

おすすめはネスストモバイルの大容量データ定額プラン

私がおすすめするモバイルルーターはネクストモバイルの商品です。
こちらでは大容量データ定額プランがかなり安い月額料金で利用できるんです!

例えばスマホのキャリアで20GBの大容量データ定額パックを契約すると
月額料金は6,000円です。

でもネクストモバイルのモバイルルーターなら20GBのプランで月額2,760円です。
30GBのプランでも3,490円で利用することが出来ます。

通信回線もソフトバンクのLTE回線なので全国広い地域で接続可能です。
しかも電波の直進性が高く室内でも安定して接続できるという魅力もあります。

私が以前使っていたWiMAX2+のモバイルルーターは障害物で反射してしまうので
室内では電波状況が悪くなってしまいました。

動画を見てもコマ送りのようになってしまうのでストレスが溜まりました。
それに比べればネクストモバイルはかなり安定して接続ができます。

無制限というプランがないのですが、実際に20GBあれは動画を見るくらいなら
あまり無茶をしなければ十分に楽しむことが出来ると思います。

私も実際に使っているのでネクストモバイルは安心しておすすめ出来ます。
友人にもためしに使わせてみたのですが、かなり好印象でした。

スマホと併用しても負担になりにくい低料金で大容量データ定額パックが利用できる。
しかもつながりやすいのでネクストモバイルのルーターはかなりおすすめです!

wifi

iVideoって海外旅行などで聞くことが多いけど国内で使う時の評判や口コミは?

レンタルルーターのiVideoという商品が気になるという方、いますよね?
私もとても気になっています。

よく海外に行く人なら現地でネットを利用するために日本からレンタルルーターを
持っていくという話を聞くのですが、レンタルルーターってどうなんでしょうか?

使っていて安心なのか、日本でずっと使い続けることが出来るのか。
実際に使った方の評判や口コミ評価を調べてみることにしました。

レンタルルーターのサービス内容とは?

まずはレンタルルーターというサービスについて確認してみます。
こちらはモバイルルーターをレンタルして利用できるというサービスです。

モバイルルーターは簡単に説明すると持ち運びができるWi-Fiルーターのこと。
屋外でネット接続が出来るルーターを持ち運ぶことが出来るのです。

ルーターなので複数の端末を同時にネット接続させることができます。
接続にはWi-Fiの他にもUSBで接続できるタイプの本体もあります。

このモバイルルーターをレンタルして利用することが出来るサービスが
レンタルルーターです。

普通にモバイルルーターを購入して使うよりもお得に利用できるなど最近では
とても注目されているサービスの1つです。

その中でも海外旅行で利用する人が多いiVideoというレンタルルーターがあります。
こちらは海外用だけではなく国内向けにもルーターの貸出をしています。

そこで実際にこのiVideoというサービスを詳しく調べてみることにしました。
お得に利用できるのか、確かめてみましょう。

iVideoの特徴とは?

どんなサービス提供をiVideoでは行っているのか、その特徴を確認してみます。
多くの方が気になっているのは月間データ通信総量の上限がないということでは?

一般的なモバイル通信では特定のユーザーに回線が独占されるのを防ぐために
毎月のデータ通信総量の上限を決めています。

以前はどんな回線のどんなユーザーでも月に7GBと一律で決まっていましたが
最近では自分で利用するデータ通信容量を決めて契約できます。

つまり毎月に出来るデータ通信の容量は決まっていて、それを超えた通信をすれば
通信速度に制限をかけられてしまいます。

多くの場合は通信速度が下り最速128Kbpsというかなりの低速になります。
これではまともにネットを利用することが出来ません・・・

そんな通信速度制限がない、上限なく屋外でもネットが使えるというサービスは
多くの方が注目することになります。

そしてiVideoではこのデータ通信総量の上限なし、という条件でのサービス提供を
行っているのが大きな特徴です。

それとレンタルなので複数年契約をしません、日額プランが1日500円で月額は4,000円。
これに初期費用は事務手数料540円と端末郵送料金がかかります。

サービス内容だけを見れば確かに便利そうに見えますね。
では実際に使っている方の評判はどうなのでしょうか?

実際にiVideoを使っている方の評判は?

実際に使っている方の口コミを調べてみると、意外に感じましたが多くの方が
そのサービス内容を評価していました。

私自身がレンタルというイメージにあまりいい印象が無いのですが、実際に
使っている方からはあまり悪い評判を効くことはありませんでした。

短期間の海外旅行に行く時には1日500円という安い料金での利用が出来ることは
とても大きな魅力になります。

申し込みサイトからは利用する国を選んで申し込みが出来るのですぐにその国の
ネット回線に接続できるようになります。

では国内で利用する場合の評判はどうなのでしょうか?
こちらも使っている方の口コミは悪くありませんでした。

国内の場合、接続するネット回線はソフトバンクのLTE回線です。
つまり全国的にかなり広い地域で安定してネット接続が出来ます。

ネット回線に関する評価はとても良く、安定して使えるという意見も多くありました。
ではルーターなどレンタルの部分に関してはどんな意見があるのでしょうか。

もう少し詳しく評判を探ってみることにしました。

iVideoにしてよかったと思う所は?

多くの方が評価しているのは月間データ通信総量の上限がないこと。
通信速度制限を気にせずにネットが出来るのはかなり嬉しいようです。

他の無制限プランなどのサービスでは完全無制限ではないという場合も多いのです。
例えば月間通信量は制限なしでも3日間のデータ容量は決まっているとか。

それに一部のレンタルルーターでは無制限と宣伝していますが実際には利用している
回線業者から警告されて速度制限をされることもあります。

実質100GBが上限でそれ以上使うと警告メールが来るというところもありました。
その点ではiVideoは大丈夫なのでしょうか?

口コミを確認してみるとそれほど大容量のデータ通信をした人はいないので
確実ではありませんが50GB程度なら問題なく利用できるようです。

ただしソフトバンクの回線を使っている以上、あまり大量のデータ通信を行うと
ソフトバンクから警告をされる可能性はあると思います。

まあレンタルルーターの場合は速度制限を受けた時に、サービスの1つとして
代替機との交換をしてもらえるので交換するという方法も(笑)

通信関係には多くのユーザーが満足しているという状況のようです。

iVideoにして不満に思うことは?

では次にiVideoにして不満に感じていることも調べてみることにしましょう。
調べてみるとやはり不満に感じることもあるようです。

まずはレンタルできるルーターの種類が決まっていること。
しかも最新端末ではないのでそこに不満を感じる方も多いようです。

国内でレンタルできる端末は304ZTです。
発売が2014年なので端末性能的にはちょっと厳しい所もありますが・・・

それとこちらのレンタル端末、自分で設定を変更することが出来ません。
レンタルなので設定にロックがかかっていてユーザーが変更できなくなっています。

まあモバイルルーター端末の設定変更を頻繁に行うことは無いと思いますが
モバイルルーターに詳しい人にはこれが大きな不満になっています。

それに保証がまったくないこともレンタル端末を使う時には不安です。
本体がもし壊れた時にはその負担が自分にかかってくるからです。

本体の紛失なら19,900円、完全破損の場合も同じ金額です。
ケースは600円、USBケーブル300円、ACアダプター600円など

SIMカード交換になると3,000円が必要です。
保証がないので万が一の時にはこれらが全て借りている人の負担になります。

レンタルなので本体も前に使っていた人がどんな使い方をしていたかわかりません。
それなのに自分が使っていて壊れたら自分だけのせいになるのはちょっと・・・

レンタルで保証がないのはやはりちょっと不安ですよね。

実際にiVideoはお得に利用できる?

使っている方の評判はわかったので実際にiVideoを使えばお得になるのかを
考えてみることにしました。

確かにモバイルルーターを使ってスマホのデータ通信を節約できるなら
契約するデータ定額パックを少なくして月額料金を抑えることが出来ます。

スマホの大容量データ定額パックは20GBのパックが月額6,000円します。
この代わりにiVideoを使うなら月額4,000円で無制限の利用が出来ることに。

こうやって考えるなら確かにお得なのですが、実はデータ通信を無制限に
する必要が無いならあまりお得とはいえません。

月額4,000円はちょっと高めですし、何より保証がないiVideoでは使っている間の
コストがちょっと高くなりそうです。

レンタルなので解約違約金が発生しない、というメリットも考えられるのですが
スマホと併用するなら普通は継続利用なのでいつでも止めることにメリットがありません。

つまり20GBや30GBの容量でもっと安く利用できるモバイルルーターがあれば
そちらの方がもっとお得になるということでは?

もう少しモバイルルーターを探してみることにします。

WiMAX回線のモバイルルーターはおすすめ?

モバイルルーターに利用されている回線はスマホでも使っているLTEの他に
独自回線のWiMAXという回線があります。

WiMAX回線の特徴は高周波数帯を使っているので一度に運ぶことが出来るデータ量が
多くて通信速度がとても速いということ。

現状は下り最速440Mbpsという高速通信が出来るのですが、高周波数帯の電波を
使っているために室内では繋がりにくくなるというデメリットも。

高周波数帯の電波は障害物、壁や天井などに当たると反射してしまいます。
つまり壁や天井に囲まれている室内では反射しまくって電波が届きません。

それにLTEと比べると利用可能地域はちょっと狭くなります。
都心部では安定しているのですが地方都市ではつながらないという可能性も高いです。

私も以前WiMAX2+のモバイルルーターを使っていたのですが、やはり室内では
電波状況が悪くなり動画がコマ送りのようになってしまいました。

利用する地域や使い方によってはかなり快適に使えると思うのですが、私の場合は
あまりいい印象がなく解約してしまいました。

WiMAX回線を使う時にはまずお試しなどで自分の状況を確認してみることを
おすすめします。

私がおすすめするモバイルルーターは?

色々なモバイルルーターを調べてみて、私がおすすめしたいのはネクストモバイルという
モバイルルーターサービスです。

ネクストモバイルは大容量データ定額パックが利用できるモバイルルーターを安く
利用できるサービスです。

20GBのデータ通信が出来るモバイルルーターが月額2,760円、30GBでも
月額3,490円で利用することが出来ます。

初期費用が2,000円かかりますが一般的な保証は月額料金に含まれています。
破損などなら保証範囲内なので無料で交換ができるのです!

データ通信容量は無制限ではないのですが、20GBあればそれなりに動画を楽しんで
普通にネット接続しても速度制限にかかることはありません。

使っているのはiVideoと同じソフトバンクのLTE回線ですから全国的に安定して
ネット接続が出来るのも大きな魅力です。

こちらもモバイルルーター本体は1種類で選ぶことが出来ないのですが、新品なので
すぐに壊れるという心配はほとんどありません。

速度制限や解約違約金など普通のモバイルルーターのデメリットはありますが
回線の使いやすさなど利用に関する問題点は全く見つかりませんでした。

私も今使っているのですが、動画を見てもカクカクとせずに楽しむことができます。
当然室内でも安定してネット接続が出来るのでとても快適です。

無制限のデータ通信容量が必要なく、スマホをお得にしたいなら安定している
ネクストモバイルをおすすめします!

wifi

w/WiFiで契約している人の評価や口コミを調べて使いやすさを確認したい!

皆さん、w/WiFiって聞いたことがありますか?
これでウィズワイファイ、と読むんですが、私は読めませんでした・・・

モバイルルーターのサービスを探している時に見つけたのですが、最近できた
新しいサービスのようです。

実際に使っている方からはかなり注目のサービスという意見を聞くことが
出来るのですが実際の所はどうなのでしょうか?

私が詳しく調べてみて、その評価や使いやすさなどを確認してみます!

モバイルルーターを利用するならどこがいい?

通勤や通学の電車の中、昼休みなど空いた時間にスマホを使っている方は多いはず。
その時に気になるのがデータ通信総量です。

今のスマホの場合、自分で契約したデータ定額パックの容量以上の通信をすると
通信速度に制限がかかります。

インターネットを楽しむ時、スマホではいつもこのデータ通信容量が気になるので
固定回線のように制限なく使える回線がほしい!と思っていました。

でも普通にスマホのプランで大容量データ定額パックを契約するとかなりの高額な
月額料金が必要になります。

そこで大容量データ定額パックの代わりにモバイルルーターを使ってスマホの
データ通信を節約する方法を考えてみました。

モバイルルーターは持ち運びができるWi-Fiルーターで、屋外でもスマホなど
モバイルツールをインターネット接続させることができます。

しかも最近のモバイルルーターはスマホの大容量データ定額パックよりも
月額料金が安くなっているのです。

そこで安いモバイルルーターを探して契約できれば快適に屋外でスマホが
使えるようになるはず。

そんなモバイルルーターを探している時に見つけたのがw/WiFiです。
色々なサービス提供をしているようですが・・・

まずはこのw/WiFiのサービス内容を確認してみます。

SIMとモバイルルーターレンタルのw/WiFi

公式サイトでw/WiFiを確認してみるとSIMやモバイルルーターのレンタルをしている
サービス会社ということがわかりました。

スマホやモバイルルーターは一般的には端末本体を購入して、通信するための権利を
SIMカードという形で契約することになります。

その為に基本的にSIMカードはレンタルで解約する時にキャリアに返却する必要がある
と契約書には書いてあります。

まあ実際にSIMカードを返却しなくても解約はできるのですが。
このSIMカードのレンタルをキャリア以外で行っているのがw/WiFiです。

SIMカードの他にもモバイルルーターのレンタルも行っていました。
このレンタル業務が注目されているようです。

キャリアの場合はSIMカード込みの契約で本体を購入するのですがw/WiFiでは
モバイルルーター本体ごとレンタルすることが出来ます。

その為に複数年契約の必要がなく、途中解約の違約金がかからずにいつでも
好きな時に解約できるというメリットがあります。

そしてSIMカードのレンタルも行っているので中古本体などが手元にあるなら
それを使いまわすことが出来るというメリットも。

たしかに珍しいタイプのサービスですが実際にいくらで利用できるのか。
もっと詳しくサービス内容を調べてみます。

モバイルルーターは月額いくらでレンタルできる?

まずは一番興味のあるモバイルルーターの利用料金を確認してみます。
どんなプランが有り、いくらでレンタルが出来るのでしょうか?

プラントしては100GBプランと10GBプランの2種類がありました。
それぞれの月額料金は3,777円と1,980円です。

月間で100GB使えるモバイルルーターを月額3,777円で利用できるというのは
確かに安いと思います。

10GBが上限のプランでも1,980円ならスマホのデータ定額パックを考えると
かなりのコストパフォーマンスになっているのがわかります。

スマホのサブ回線として10GBプランを契約しても負担になりにくく
メインの大容量データ定額パックの代わりに使ってもかなり安くなります。

他にかかる料金としては契約時の初期手数料が3,333円、レンタルなので
端末の安心保証に加入したほうが余計な出費が抑えられるのでそれが333円。

後は充電器を購入した場合に99円とこちらも基本的にはあまり高いという印象が
ありませんでした。

ちょっと調べた感想としてはかなりいい感じなのですが、他に問題はないのでしょうか。
もう少し口コミなどの評価を調べてみることにしましょう。

w/WiFiは快適に使うことが出来る?

まずは提供されているモバイルルーターの種類を確認してみました。
公式サイトを調べてみたのですがソフトバンクの304ZTのみのようです。

一応利用しているのはソフトバンクのLTE回線、という事ですが確かにルーターから
判断するならソフトバンク回線を利用しているようです。

そしてちょっと気になるのが対応しているモバイルルーターの通信速度です。
下り最速187.5Mbpsと最近のルーターにしてはちょっと遅いという印象です。

LTEではない独自の回線を使っているWiMAXでは下り最速440Mbpsでの通信が
可能となっています。

LTE回線でもキャリアアグリゲーションを使えばもう少し通信速度が出せると
思うのですが・・・

通信速度制限にしても3日間の合計データ通信容量による速度制限はなく
月間のデータ通信容量の契約した容量を超えた場合のみ制限されます。

ソフトバンクのLTE回線なので全国的に接続可能地域も広く、室内でも安定して
ネット接続が出来るという状況です。

通信速度を気にしなければそれなりに使いやすいレンタルルーターだと思います。

レンタルSIMプランはお得になる?

次にレンタルSIMプランを見てみることにしましょう。
レンタルできるSIMカードの種類は標準とマイクロSIM、ナノSIMです。

最新のスマホやモバイルルーターにも対応できるようですが、実際に使うとなると
多少の知識が必要になります。

格安SIMと同じでレンタルSIMでも端末に挿してから利用する中継点などの
設定を自分でする必要があるのです。

APNの設定、利用するサーバーの名前、PASSの設定などを自分で行います。
これ、知識がないとかなり大変なんですよねえ・・・

そもそも自分が持っている端末に対応しているSIMカードの種類も確認して
自分でSIMカードを装着する必要もあります。

SIMフリーのモバイルルーターを持っている場合は更に利用するバンド、周波数帯の
設定が必要になります。

これをしないとルーターの通信速度が遅くなる可能性が高く、ルーター本体によっては
キャリアアグリゲーションが出来なくなってしまいます。

この様にSIM単体でのレンタルでは色々な知識やテクニック、端末が必要なので
あまりおすすめできる方法ではありません。

しかも初期費用が6,777円で月額料金は48GBのSIMが2,700円です。
設定などの手間を考えると誰にでもおすすめできるサービスとはいいにくいですよねえ。

レンタルモバイルルーターはおすすめできる?

一般的なモバイルルーターを考えるなら確かに月額料金が安くいつでも解約できる
レンタルモバイルルーターはお得に思えるサービスです。

でも実際には事務手数料が高い、端末が最新ではない、端末が使いまわしなので
故障の可能性が高く保証に入らないと安心して使えないなどのデメリットも。

それに今回のw/WiFiの場合は回線速度が遅く、つながりやすいのですが
状況によってはあまり快適に使えない可能性も考えられます。

大容量のデータ定額パックを利用できるモバイルルーターなら屋外でも気軽に
動画を楽しむことができます。

携帯ゲーム機でネットゲームをするという楽しみ方も出来ますが、普通にネットを
利用するだけなら100GBもデータ通信容量は必要ありません。

それならばレンタルではない、安いモバイルルーターのサービスを探したほうが
もっと使いやすくなるのではないでしょうか?

お得なモバイルルーターのサービスを探してみます。

使う回線はWiMAXとLTEのどちらがいい?

お得に使えるモバイルルーターを探すのに、まず考えることがあります。
それがどんな回線を使っているルーターを探すのか?という事です。

モバイル通信では現在基本的にLTEとWiMAXの2種類の海鮮があります。
スマホはLTE回線のみですがモバイルルーターには独自のWiMAX回線があります。

この2種類の海鮮のどちらを使ったモバイルルーターがいいのでしょうか?
私はLTE回線のモバイルルーターをおすすめします。

実は私は以前、WiMAX2+のモバイルルーターを使っていて利用をやめました^^;
その理由は通信が不安定になりやすかったから。

LTEとWiMAXの利用可能地域を比べるとWiMAXはLTEよりも若干狭く
そして利用している電波の違いから室内で繋がりにくいという特徴があります。

LTEは900Mhlzくらいの低周波数帯と言われる電波で、特徴として直進性が高く
障害物を避けて進むことが出来るので室内でも安定して電波が届きます。

WiMAXの場合2.2Ghlz以上の高周波数帯を使っているので一度の大量のデータを
運ぶことが出来るのですが障害物に反射しやすいという特徴があります。

一度に運ぶデータ量が多いので通信速度が速いのですが、障害物に当たると反射して
室内では電波が届きにくく安定しないのです。

つまり室内では動画がぶつ切れ、接続が安定しないということも多かったので
解約してしまいました。

そんな訳で私はLTE回線のモバイルルーターをおすすめします!

大容量データ定額パックがお得に利用できるモバイルルーターとは?

色々とモバイルルーターのサービスを探してやっと見つけたのがネクストモバイルの
モバイルルーターサービスです。

使っている回線はソフトバンクのLTEなので安定性と利用可能地域は問題なし。
データ通信容量は20GBと30GBから選んで契約することができます。

月額料金は20GBが2,760円、30GBなら3,490円です。
初期費用はどちらも2,000円と一般的な費用でした。

レンタルとは違って2年契約の縛りがありますが設定などは終わっているので
ルーターが届いてすぐにネット接続ができます。

それに有料オプションの保証など余分なオプション加入は必要なく、月額料金を
支払うだけで快適にネット接続が出来るようになります。

レンタルではないので新品のルーターが届くし、端末品切れにより加入申し込み中止
ということもありません。

実際w/WiFiではレンタルルーターでは端末の数が足りなくなって新規加入申し込みを
中止することも多いのです。

実際に私も使ってみたのですが、確かに室内でも安定してネット接続が出来るので
動画も快適にみることが出来ました。

あまりハードな使い方をしなければ30GBでも十分に動画を楽しむことができます。
つながりやすく安心して使えるネクストモバイルのルーターはおすすめです!

wifi

SAKURA WiFiを使っている人の口コミや評価は?お得に使うことが出来る?

最近よく目にするSAKURA WiFiって気になりませんか?
とても安く利用できるインターネット回線と聞いています。

実際に使っている方の意見や口コミ評価を聞いてみたいのですが、どうすれば良いのか
よくわからないという方も多いと思います。

でも大丈夫、私もわからないのですが詳しく調べてみようと思います。
そして本当に安くネット利用が出来るのか確認してみましょう!

SAKURA WiFiってどんなサービス?

まずは噂のSAKURA WiFiとはどんなサービスを提供しているのか、簡単に
確認してみたいと思います。

調べてみると新しく始まったレンタルモバイルルーターサービスでした。
モバイルルーターは持ち運びができるWi-Fiルーターのことです。

屋外でも利用できるWi-Fiルーターをレンタルして利用できるサービス。
それがSAKURA WiFiという事です。

じゃあ何でこのモバイルルーターレンタルがそんなに注目されているのか。
単純にスマホなどの月額料金が安くなる可能性もあるからです。

一般的にはモバイルルーターは屋外でモバイルツールをネット接続するために
利用するための道具です。

タブレットPCやノートPCには自分でネット接続できる機能がない端末も多く
それをWi-Fiでネット接続させることが出来るのがモバイルルーターです。

スマホなどの自分でネット接続が出来る端末ならあまり利用する機会がない
と考えそうですが、スマホもこちらを使えばデータ通信パックを利用しません。

つまりデータ定額パックを小さくして月額料金を節約するためにモバイルルーターを
別に契約するという方法が利用できるわけです。

ではこのような方法で使えるほどSAKURA WiFiは安いのでしょうか?
もっと詳しくサービス内容を確認してみます。

SAKURA WiFiは月間いくらで利用できる?

安いと評判のSAKURA WiFiの月額料金はいくらなのでしょうか?
公式サイトで確認してみると月額3,680円で利用することが出来ます。

そして何より魅力的なのはデータ通信の月間用量上限がなく、無制限に
ネット接続が出来るということです。

使い放題で月額3,680円は確かに安い、そして評判になりますよね。

使っている回線はソフトバンクのLTE回線です。
全国的にかなり広い地域で安定した接続ができる回線を使っています。

回線的に問題もなく月額料金も安い、使い放題で全く問題がないように思えますが
何か問題点はないのでしょうか?

実際に使っている方の口コミなどからもう少し詳しくサービス内容を確認してみます。

口コミを確認してみようと思ったのですが、最近始まったサービスのためか
あまり多くの口コミを見ることが出来ませんでした。

実際に評判になっていることを考えるとユーザー数は少なくないと思うのですが
口コミに関してはあまり多く見られません。

でもその口コミの中にはちょっと気になるものが。
月額料金が安い代わりに初期費用が高いという意見がありました。

この辺りのことをもっと詳しく確認してみます。

SAKURA WiFiの料金についてもっと詳しく調べてみた

確かに月額料金は3,680円とかなり安い印象ですが、契約時に初期費用として
8,960円がかかります。

内訳として契約事務手数料に3,980円、これとは別に付加機能使用料で4,980円が
加算されています。

合わせて8,960円、かなり高いという印象です・・・
というか付加機能使用料って何?

調べてみたのですが、付加機能使用料はソフトバンク回線を無制限に使うために
ユーザーに負担してもらう費用ということでした。

説明を聞いてもよく意味がわかりません。
普通に事務手数料も他のモバイルルーターより高いし・・・

それとSAKURA WiFiでは対応しているモバイルルーターが2機種あるのですが
レンタルなのでそのどちらが来るのかわかりません。

自分で選ぶことが出来ないのでかなり博打要素が強いという印象です。

まあレンタルという性質上、端末を選ぶことが出来ないのはわかるのですが。
この辺りが人によってはかなり気になるところだと思います。

SAKURA WiFiは本当に無制限のネット接続が出来る?

料金に関してはよくわかったので、もう1つのメリットになる無制限プランも
詳しく確認してみることにします。

ついでに解約金無しで利用できるというところも。

SAKURA WiFiで利用できるプランに関しては無制限プラン以外にないので
基本的に全てのユーザーが無制限プランを選ぶことになります。

スマホのデータ定額パックのように月間データ通信容量の上限が決まっている
データパックではない契約なのは確かでした。

3日間での容量制限もなく完全無制限で使える、というプランかと思ったのですが
実際には速度制限が掛かる可能性があるのです。

SAKURA WiFiが使っているのはソフトバンク回線ですが、このソフトバンクから
通信に大きな負担をかけるユーザーと判断されれば速度制限がかかります。

つまりヘビーユーザーがあまりに使いすぎると通信速度を制限されてしまいます。
しかも制限される条件がわからないのでいつ遅くなるのかがわかりません。

目安がないことが逆にとても使いにくくなってしまっていました。

違約金に関しては元々1ヶ月毎の契約で解約手続きをしなければ自動継続で
契約が続くという契約のために複数年契約の割引がありません。

つまり途中解約という状況にならないので、そのペナルティの違約金が
発生することがないのです。

解約時に関してはいつでもやめることが出来るという大きな魅力がありました。

モバイルルーターを使うとスマホはお得になる?

安くて使い勝手が良い、という口コミ評価があったSAKURA WiFiですが
実際にモバイルルーターは使いやすい端末なのでしょうか?

多くの方が評価するスマホも安く使えるようになる、というのは本当なのか
実際に確認してみることにします。

まずはスマホを普通に使う場合、今回はSAKURA WiFiの回線と同じソフトバンクで
確認してみることにします。

ソフトバンクでは基本通話料金プラン+ネット接続量+データ定額パックが基本的な
スマホの月額料金です。

例えばスマ放題+ウェブ使用料+ギガモンスターなどの契約になります。
これなら月額料金は2,700円+300円+6,000円の9,000円です。

ギガモンスターは20GBのデータ定額パックなので月に20GBまでのデータ通信が
出来るのですが、これをモバイルルーターで代用するという方法です。

SAKURA WiFiなら無制限プランで3,680円なのでギガモンスターより値段が安くなり
併用してもトータルの月額料金が安くなるという訳です。

まあ実際にはスマホのデータ定額パックを安くしてデータ定額ミニ1GBでも
月額料金は2,900円なので1,000円も安くならないのですが・・・

トータルコストを安くするにはもっとスマホを安くすることが必要ですね。

SAKURA WiFiは本当に使いやすいモバイルルーターか?

確かにデータ定額パックよりも安い料金で利用できるモバイルルーターを使えば
スマホを安くすることもできます。

他にモバイルツール、タブレットPCやノートPCの他にも携帯ゲーム機なども
持っているならモバイルルーターはとても使いやすいです。

ではSAKURA WiFiはモバイルルーターとして使いやすいのでしょうか?
ここにちょっと疑問が残ってしまうんです・・・

使っている回線はソフトバンクなので全国的にどこでも接続しやすい。
しかも電波も室内で安定しているというメリットがあります。

でも初期費用が高く、紛失破損補強を付けると更に月額料金が500円かかります。
とにかく色々な料金が高くなるという印象です。

しかも完全無制限ではないのでいつ速度制限がかかるのか、どこを気にしてデータ通信を
していれば良いのかがわからないのです。

それならば無制限ではなくデータ通信総量の上限があるけど、安く契約できる
モバイルルーターのほうが使いやすいのではないでしょうか?

まあそんなモバイルルーターがあれば良いのですが・・・
という事で別もモバイルルーターも探してみることにしました(笑)

LTE回線とWiMAX回線はどっちが使いやすい?

現在利用できるモバイルルーターは2種類の回線が使われています。
スマホと同じLTEと独自のWiMAXという2種類の回線です。

このどちらの回線を使うほうがいいのでしょうか?
私としてはLTE回線のほうが使いやすいと思っています。

その理由は以前WiMAX2+のモバイルルーターを使っていたから。
私にはちょっとWiMAX回線は使いにくかったんです・・・

WiMAX回線は高周波数帯の電波を使っているので大量のデータを一度に
運ぶことが可能で、高速通信が出来るというメリットがあります。

今では下り最速440Mbpsというかなりの高速通信が出来るのですが、その反面
接続しにくい状況が多いというデメリットもあります。

単純に利用可能地域はLTEよりも狭いですし、何より高周波数帯の電波の特徴でもある
障害物に反射しやすい電波のために室内では電波が届きにくくなります。

ぶっちゃけ、ルーターを窓際に置かないと室内ではネット接続が出来ないという状況は
私にはとても使いにくく感じました。

だから私はLTEのモバイルルーターを探してみようと思います。

大容量データ通信が出来るモバイルルーターならこれがおすすめ

LTE回線を使った大容量データ定額パックの提供をしているモバイルルーター。
そんな条件でモバイルルーターを探してみると、これを見つけることが出来ました。

私が気になったのはネクストモバイルの大容量モバイルルーターです。
データ通信総量の上限は20GBと30GBを選ぶことが出来ます。

月額料金は20GBが2,760円で30GBでも3,490円です。
無制限ではないのですがSAKURA WiFiよりも月額料金は安くなっています。

契約の時に事務手数料として2,000円がかかるのは他と一緒ですが、こちらも
SAKURA WiFiよりもかなり安いのは嬉しい所。

そして上限が決まっていて、容量を選んで契約できるので通信総量の目安があり
節約もやりやすいと思います。

かなりいい感じ、と思ったので実際に契約して使ってみました。
思った以上に使いやすく、室内でも安定してネット接続が出来ています。

私は動画をよく見るのですが、それでも20GBあれば十分に楽しむことができます。
まあ節約を考えずに使えるというわけではいないのですが・・・

対応しているモバイルルーター端末が1種類なので、端末を選ぶことが出来ない。
20GBでは口座振替に対応していないのでクレジットカードが必須になります。

こんなデメリットもありますが、使っている分にはあまり気にならず安定して
ネットを楽しむことが出来ているのはとてもうれしいです。

完全無制限ではないモバイルルーターをレンタルするよりも、節約しやすく
安定しているネクストモバイルのルーターをおすすめします。

wifi

FUJI WiFiのサービスはモバイルルーター購入よりもお得?口コミ評価はどうなってる?

FUJI WiFiでモバイルルーターを利用してみたいと思っている方はいますか?
新しいモバイルルーターサービス、ちょっと気になりますよね。

でもFUJI WiFiなんて聞いたことが無い、実際のサービス内容はどんな感じか
使っている人の評価なども気になります。

そこで実際にFUJI WiFiを利用している方の口コミと他のモバイルルーターサービスを
比べてどっちがお得か調べてみましょう!

新しいモバイルルーターサービスのFUJI WiFiとは?

スマホを使ってインターネットに接続する場合、スマホで契約している回線を使って
ネットに接続させることができます。

でもタブレットPCなど端末自体にネット接続回線の利用ができない場合には
ルーターなどを利用する必要があります。

有線での接続ができない端末ならWi-Fiルーターを使ってネット接続するのですが
このWi-Fiルーターを持ち運んでモバイル端末をどこでもネット接続出来るのです。

それがモバイルルーターというサービスで、最近ではスマホのデータ通信節約にも
利用できると注目されています。

そんなモバイルルーターのサービスで最近注目されているものがFUJI WiFiです。
こちらは今までのサービスと違ってルーター本体をレンタルして利用します。

今までのモバイルルーターのサービスはスマホと同じように端末を購入して
回線接続の権利を契約して利用するサービスでした。

でもFUJI WiFiでは端末をレンタルしてネット接続するという新しい形の
モバイル通信サービスを提供しています。

このFUJI WiFiは今までのモバイルルーターサービスと比べてお得に使うことが
出来るのでしょうか?

どんなサービス内容なのか、詳しく見てみたいと思います。

FUJI WiFiのサービス内容はどんなもの?

まずはFUJI WiFiの詳しいサービス内容を確認してみます。
基本的なのはモバイルルーターレンタルサービス、という事です。

月額料金を支払ってモバイルルーターの本体をレンタルします。
利用する端末は自分で選ぶことが出来ません。

ただしサービスの提供をしている回線が数種類あり、プランを選ぶことも
出来るようになっています。

契約は1ヶ月毎で解約は12日までに連絡しなければ自動更新で次の月も
レンタルを続けることができます。

つまり12日までに解約の連絡をしなければ自動更新されることになります。
でも契約自体は月末までなので回線自体はその月末まで利用可能です。

端末の返却を月末近くにすれば料金的にも損がないのですが、返却が翌月になると
延滞料金が発生するので注意しましょう。

この契約が1ヶ月毎、という事にFUJI WiFiの大きな魅力があります。
毎月契約なので継続契約がなく、途中解約の違約金が発生しないのです!

つまりいつでも好きな時に契約を止めることが出来て、違約金がかからない。
それが新しいモバイルルーターサービスのFUJI WiFiです。

FUJI WiFiで選べるプランは?

では実際にFUJI WiFiを使う場合にかかる料金などを確認してみます。
まず利用する回線を選ぶことが出来ます。

LTEとWiMAXのどちらの回線も利用できるのですが、基本的にはWiMAXか
LTEのどちらかの回線利用の契約をします。

LTEの場合は月間データ通信容量でプランが変わります。
無制限に使えるいつでも快適プランを始め100GB、50GB、25GB、10GBがあります。

WiMAX回線では無制限プランと月額料金が安い月々割プランがあります。
それぞれ月額料金はいくらなのでしょうか。

LTE/4Gいつでも快適プランは月額6,000円、100GBは3,800円以下3,100円
2,500円、2,300円です。

WiMAXは無制限のギガ放題が月額2,980円で月々割は980円です。
ただし月々割は初期費用が39,800円かかります。

月々割以外のプランは初期費用が全て2,000円です。
解約違約金がないことを考えれば多少安いかな?という程度ですが・・・

ちなみにLTE回線で使っているのはソフトバンクのLTE回線です。
接続可能地域はソフトバンクの公式サイトで確認しましょう。

WiMAXプランは基本的にはWiMAX回線を使いますが、オプションでauの
LTE回線を使うこともできます。

こちらの接続可能地域もそれぞれの公式サイトで確認をしましょう。

FUJI WiFiの口コミ評価は?

提供されているサービスや月額料金を見てみると、他のモバイルルーターサービスと
それほど大きな違いが無いという印象です。

確かに解約違約金がないことは短期間の契約をするならとても便利です。
でも継続して利用することが前提なら2年縛りはそれほど問題になりません。

それに2年縛りで割引されるならそちらのほうがお得になる可能性もあるので
継続契約をしたいという方にはあまりメリットが感じられないかも?

それと口コミ評価で気になったのが無制限プランの契約をしていても速度制限が
かかってしまうという評価です。

実際に完全無制限ではなく、提供会社が過度の通信を行っていると判断した場合に
速度制限をかけることがあると説明しています。

つまりヘビーユーザーの場合は速度制限があるよ、という事です。
一応事前にメールで連絡があるそうですが、これ無制限じゃない・・・

しかもどれくらい使えば制限がかかるのかははっきりとわからない。
人によって100GBで制限がかかった、300GBを超えたら制限されたなどバラバラです。

後はちょっと気になることも。
かなり新しいサービスなのですが、短期間に値上げが行われていることです。

FUJI WiFiはどんどん値段が高くなる?

サービス開始当初はLTEプランにはあまり種類がなく、無制限と100GBプランの
2種類があるだけでした。

そしてこの時は無制限プランの月額料金が2,000円とちょっと。
かなり安く利用することが出来たモバイルルーターレンタルだったのです。

でもサービス開始から少しして回線を借りているソフトバンクからの値段に対する
注意をされて月額料金が無制限プランで4,480円になりました。

新規契約者から新しい料金の適応が行われ、今まで契約していたユーザーは
そのままの料金で利用できるという状況でしたが、ちょっと不公平という気も。

この値上げから更に新しいサービス提供をはじめて、選ぶことが出来るプランを
増やしたのと同時に無制限プランと100GBプランは更に値上げされました。

口コミではこんなに短期間で月額料金が上がることに対して不満と不安がでています。
更に月額料金が上がるのでは?という意見も多くみることが出来ました。

まあ確かに短い期間で月額料金がこれだけ高くなると、ちょっと考えてしまいます。
契約した月額料金でのサービス提供がいつまで続けられるかもわかりませんし・・・

それに自分で好きなモバイルルーターを選ぶことが出来ない、という不満もあります。
ルーターレンタルなのでその時に貸出ができるルーターが手元に届くことになります。

性能、特にバッテリーの持続力が違う端末が多いのに自分でそれを選べないという
状況に不満を持っている口コミをみることが出来ました。

それと契約についてもちょっと不便なところがありました。

FUJI WiFiは個人で契約することが出来ない?

FUJI WiFiは基本的に個人事業主か企業に対してレンタルを行っています。
個人で借りるためには親会社のレグルスの会員になることが必要です。

レグルスの会員登録自体はネットでも出来るので個人で利用したい場合は
すぐに会員登録して契約すれば大丈夫です。

でもこのレグルスの会員登録には本人確認書類の提出、しかも顔写真付きの
本人確認書類の提出が必要です。

提出と言っても郵送する必要はなく、会員登録ページで画像をアップすれば
それで登録ができるのですが、画像を用意するなどの手間がかかります。

顔写真付きの本人確認書類は免許証、マイナンバーカード、パスポートなどです。
これを用意することも必要というちょっと高いハードルのような気がしました。

そしてこれらの手間をかけてFUJI WiFiを契約する理由は本当にあるのでしょうか。
他のモバイルルーターサービスと料金を比べてみることにします。

FUJI WiFiはモバイルルーターを安く使うことが出来る?

現在新しくFUJI WiFiに加入する場合、無制限プランを選ぶなら月額料金は
6,000円が必要です。

オプションとして安心保証がありますが、300円の有料オプション料金は割引で
相殺されるので実質保証には料金がかかりません。

ただしSIMカードを交換する、というほどの破損状態になると交換費用として
4,000円が必要でこれは保証対象外です。

スマホの大容量データ定額パックを利用する場合と比べれば、ソフトバンク回線なら
無制限プランはないのでお得に感じます。

でも現在提供されている50GBのデータ定額パックは月額7,000円なので
それほど変わらず、やはりちょっと高い印象です。

そしてモバイルルーターサービスなら無制限のWiMAX2+のギガ放題が
プロバイダによっては月額4,000円位で利用することが出来ます。

FUJI WiFiのWiMAXプランは2,980円で利用できますがこちらでは
自分の好きな端末を選ぶことが出来ません。

以前のようなちょっと不便でも月額料金がとても安いから、という魅力がないので
かなり微妙な感じになってしまいました^^;

そこでもっと魅力的な、安い料金で大容量のデータ通信が出来るモバイルルーターを
探してみることにしました。

大容量のデータ通信が出来るLTEモバイルルーターサービスはある?

WiMAX回線ならギガ放題プランを使えば月間データ通信総量の上限はありません。
でもWiMAX回線は障害物に弱く、室内では繋がりにくいというデメリットがあります。

私も以前WiMAX2+のモバイルルーターを使っていたのですが、地域によってはかなり
電波の安定性が悪くなります。

しかも室内ではWiMAXが使っている高周波数帯の電波は反射して届きにくいので
安定性がとても悪く、まともに動画を見ることが出来ないという状況でした。

だから今回はLTE回線を使ったモバイルルーターで、しかも大容量データ通信が
定額で出来るサービスを探してみます。

色々なサービスを調べてみて、見つけたのがネクストモバイルのサービスです!
使っているのはソフトバンクのLTE回線、データ容量は30GBと20GB!!

月額料金は30GBが3,490円、20GBなら2,760円で使うことが出来るんです。
FUJI WiFiの25GBプランに比べてもそれほど金額の違いはありません。

無制限プランではないのでデータ通信送料を気にする必要はあります。
でも使いやすさと安定性はWiMAX回線よりもかなりいい気がします。

実際に契約して使ってみましたが、動画再生もスムーズでストレス無く見られました。
私の使い方なら20GBでも十分にネットを楽しむことができます。

LTEでオトクな大容量データ定額パックの提供をしているモバイルルーターサービスは
あまり多くありません。

その中でもネクストモバイルのサービスはとても使いやすく安心できると思いました。

wifi