WiFi(モバイルルーター)の安い契約が出来るプロバイダはどこ?

モバイルルーターを安く契約するためにはどこを選べばいい?
この疑問は多くの方が持っていると思います。

モバイルルーターを契約したいという方の多くがスマホを安くするために使う
という方で、実際にスマホと2台持ちになる方も多いはずです。

2台持ちの月額料金を考えると安く契約できるモバイルルーターはとても魅力的で
その情報はとても多くの方が欲しがっているはず。

ではどこで契約すれば安くなるのか、色々と考えてみることにしましょう。

普通にモバイルルーターを契約するといくらかかる?

例えばスマホと同じ、大手キャリアでモバイルルーターを契約した場合に
どれくらいの月額料金が必要になるのでしょうか?

携帯キャリアの大手、ドコモでモバイルルーターを契約する時の料金を調べてみました。
ちなみに使えるのはドコモのXi回線なのでかなり広い地域でネット接続ができます。

ドコモでモバイルルーターを契約する場合、契約プランはスマホと同じです。
基本料金とプロバイダ料金にデータ定額パックの料金です。

モバイルルーターの場合は通話がないのでデータ通信専用プランを契約します。
これが月額1,200円です。

プロバイダ料金はモペラUが使えるので月額200円、これにスマホと同じ
データ定額パックの料金という事です。

月間データ容量2GBのデータSパックは月額3,500円、トータルの月額料金は
4,900円という事になります。

普通に考えれば2GBのデータ通信をするのに毎月5,000円近くの料金が必要
と考えるとかなり高い気がしますが・・・

やはり安い料金で契約できるところを探す必要がありそうです。

業界最安値クラスの月額料金で利用できるモバイルルーター

かなり安い月額料金、という事で探してみるとYahoo! WiFiでは業界最安値クラス
というモバイルルーターのプランが提供されていました。

Yahoo! WiFiで提供しているのはポケットWiFiです。
こちらはソフトバンクとイーモバイルの4G/LTEを使ったモバイルルーターです。

業界最安値クラスのプランでは月額1,980円でサービス提供されていました。
金額だけを見ればかなり安い料金で契約できることになります。

ただし契約の条件としてYahoo! プレミアム会員であること。
このプレミアム会員になるには月額500円が必要です。

つまり実際の月額料金は2,480円ですが、これでもかなり安い金額です。
他にデメリットはないのでしょうか?

サービス内容を確認してみると月間データ通信容量が5GBでした。
月に5GB以上のデータ通信を行うと速度制限がかかります。

安いには理由がある、という事でしょうか。
でも月間5GBはかなり厳しい容量で、メインで使うには足りないと思います。

同じポケットWiFiの別のサービスも調べてみることにしました。

月間データ通信容量無制限プランは使える地域が狭い

ポケットWiFiではもう1つ、月間データ通信容量の上限なしになるプランも
提供されていました。

ポケットWiFi提供元のY! mobileではポケットWiFiプラン2にアドバンスオプションを
つければ月間データ通信容量の上限が無くなります。

ポケットWiFiプラン2の月額料金が3,696円で、このまま使えばデータ通信容量は
月に7GBが上限です。

このプランはアドバンスモードに対応している端末が加入できるプランです。
アドバンスモードとはAXGPエリアで上限なしに通信が出来るオプションモードです。

現在ではまだ主要都市にしか設置されていないAXGPエリアですが、こちらの地域で
アドバンスモードにすると月間データ通信容量の上限が無くなります。

まあ3日間に10GB以上の通信をすると速度制限がかかるので完全無制限ではなく
AXGPエリアのみでモード設定をしなければいけないというかなり厳しい条件です。

それにアドバンスモードにするのは有料オプションで、月額684円かかります。
つまりトータルの料金は4,380円で地域限定の無制限ということになります。

ポケットWiFiの対応地域に比べるとAXGPエリアはとても狭いので上限なしで
使える地域はかなり限られてしまいます。

とても使いにくいサービスという感じなのであまりおすすめできません。

無制限に使えるWiMAXは使いやすいモバイルルーター?

月間データ通信容量の上限なしというプランは他でも提供されています。
注目されているのはWiMAXが提供しているギガ放題プランです。

WiMAXはスマホのLTEとは違った独自回線でサービス提供をしている
モバイルルーターで、高速通信が出来ることでも注目されています。

それにポケットWiFiとは違って、対応地域全域でギガ放題プランの
加入が出来るようになっています。

つまりWiMAXが使える地域なら場所を選ばずに月間データ通信容量の
上限なしでネット接続が出来るというわけです。

提供しているプロバイダも多く、大手プロバイダならほとんどのところで
WiMAXの契約が出来るはず。

月額料金も安いプロバイダを選べば月額4,000円を切る金額で
利用できるところもあります。

ポケットWiFiのサービスに比べるとかなり使いやすい印象ですが
本当にWiMAXは使いやすいモバイルルーターなのでしょうか。

もう少し詳しくサービス内容を確認してみます。

WiMAX回線の特徴について詳しく調べてみた

WiMAXは多くのプロバイダから提供されているモバイルルーターですが
そのサービス内容は基本的にプロバイダによって変わります。

月額料金も変わるのですが、基本的には同じ回線を使ったサービスなので
回線の特徴はどこで契約しても変わりません。

ではWiMAX回線はどんな特徴がある回線なのでしょうか。
LTEと違う独自回線のWiMAXは高周波数帯電波を使ったモバイル通信です。

スマホで使っているのは低周波数帯の電波、プラチナバンドと言われる電波です。
こちらの特徴は地表近くを飛んで障害物を避ける性質があること。

高層ビルなどでは厳しいところもありますが、普通の家庭なら問題なく電波が届き
壁や天井に囲まれた室内でも電波が届きやすいという特徴があります。

これに対してWiMAXで使っている高周波数帯電波は一度に運べるデータ量が多く
高速通信が出来るという特徴があります。

電波の速度自体は変わらないのですが、一度に多くのデータを運べるので通信速度が
高くなるという特徴があるのです。

その一方で高周波数帯の電波は障害物で反射しやすいという特徴もあります。
つまり壁や天井に当たると跳ね返ってしまうので室内では電波が届きにくいのです。

高い建物の囲まれた状態でも電波状況が悪くなり、周囲の環境によって安定性が
大きく変わってしまうというデメリットもあります。

室内ではちょっと使いにくいという印象のモバイル通信でした。

WiMAXの月額料金と初期費用を調べてみた

業界最安値クラスの月額料金で利用できるポケットWiFiに比べてWiMAXは
どれくらいの月額料金で利用することが出来るのでしょうか?

WiMAXの特徴でもあるギガ放題プラン、月間データ通信容量制限なしのプランで
月額料金を確認してみました。

WiMAXの最安値として宣伝しているのはGMOとくとくBBというプロバイダでした。
こちらは月額2,170円となっています。

ただしこの金額はかなり多くの特典を利用している場合のみ、しかも2ヶ月間限定という
料金でした。

WiMAXプロバイダの場合、新規加入特典として現金キャッシュバックを行っている
プロバイダが多くあります。

この現金キャッシュバックを全て月額料金に利用した場合の金額として発表しているので
実際の月額料金はもっと高いです。

しかも最初の2ヶ月間だけの割引という特典もあるので後にどんどん月額料金は
高くなっていきます。

GMOとくとくBBの料金を詳しく見てみると通常の月額料金は2年間3,344円で
3年目以降4,263円になります。

これでも月額料金は安いのですがこちらでは2年契約をした場合にこの金額です。
更に途中解約をすると最大19,000円というかなり高額な違約金が必要です。

この様にプロバイダによっては解約時の違約金が高い、初期費用が他より高額
という契約内容の場合もあるので注意しましょう。

WiMAXのキャッシュバックキャンペーンにも注意が必要

もう1つ、WiMAXについて注意することがあります。
それがキャッシュバックキャンペーンを適応させるための手順です。

ネット上の加入代理店ではWiMAXの新規加入者に向けてかなり大きな
キャンペーンを展開しています。

その特典の1つにキャッシュバックがあるのですが、これを適応させる条件が
ちょっと複雑なので注意が必要です。

以前はかなり大きな金額のキャッシュバックの展開もあったのですが、その中には
現金ではなく商品券や独自のポイントでの支払いというところも多くありました。

それと実際にキャッシュバックを受ける事が出来るまでにかなり時間がかかる
例えば使い始めてから半年後にキャッシュバック適応のためのメールが来る場合も。

この半年間の間にプロバイダに申請していたメールアドレスを変更してしまうと
確認メールが届かずにキャッシュバックが適応されないというトラブルも有りました。

現在でも現金キャッシュバックはすぐに適応される所は少なく、振込先の指定メールを
返信しなければキャッシュバックがキャンセルされるのは変わっていません。

キャッシュバック込みで月額料金の割引計算をしているならこの特典利用のための手順を
きちんと確認しておくことが重要です。

使いやすくオトクなのはネクストモバイル

もっと使いやすく、わかりやすいお得なモバイルルーターがないのか探してみました。
色々と調べ見るとソフトバンクのMVNOに面白いサービスがありました。

MVNOとは大手キャリアの回線をレンタルしてサービス提供をしているプロバイダです。
格安SIMでも有名ですが、それをモバイルルーターで行っているところがありました。

それがネクストモバイルのモバイルルーターサービスです。

使っているのはソフトバンク回線なので全国広い地域でネット接続が出来ます。
そして提供しているのが20GBと30GBの大容量データ定額パックです。

モバイルルーター本体を選ぶことが出来ず、他にオプションサービスが殆どないので
サービス自体はかなり淡白です。

でも単純に20GBと30GB使えるモバイルルーター端末が欲しいならかなり使いやすい
サービスになっていました。

しかも月額料金は20GBが2,760円、30GBでも3,490円とかなりお得な金額です。
スマホの同じ要領のデータ定額パックは月額6,000円なのでとても安く感じます。

実際に20GBあればかなり多くのコンテンツを楽しむことができます。
私は動画をよく見るのですが、20GBあれば長時間楽しむことができます。

利用可能地域も広く、使える容量が多いネクストモバイルのサービスなら
かなり安く契約できるので多くの方におすすめできます!

wifi

Wi-Fi(モバイルルーター)の契約はどこで行うのが良いの?

モバイルルーターの契約はどこですればいいの?
お得に契約できるところで悩んではいませんか?

モバイルルーターを使えばスマホの月額料金が安くなる、なんて説明をされても
実際にどうすれば良いのかもあまり良くわからない。

それにお得に契約できるところがあるならそこを選んで契約したい。
そんな方も安心して契約できるところを確認してみます。

モバイルルーターの契約が出来るのはどこがある?

スマホの場合、データ通信をするための容量は自分で決めて契約しています。
この契約容量以上の通信をすると速度制限がかかるということに。

たくさんのコンテンツを楽しみたいのなら大容量データ定額パックを
契約すれば良いのですが、その場合月額料金の問題があります。

ただスマホではWi-Fi機能を搭載していて、これを使ってネット接続すれば
データ通信容量を消費せずにネットが出来るのです。

そしてWi-Fiを使ったモバイルルーターなら屋外でもネット接続が出来るので
スマホのデータ定額パックの節約にもなります。

ではこのモバイルルーターはどこで契約することが出来るのでしょうか?
調べてみると家電量販店、携帯ショップ、インターネットの代理店などがあります。

店頭でもネット上でも契約することが出来るこのモバイルルーターはどこで契約すれば
お得に便利に使えるのでしょうか。

ちょっと調べてみることにしましょう。

家電量販店でモバイルルーターを契約した場合

大きく宣伝していることも多く、家電量販店は色々なモバイルルーターを
取り扱っているという印象があります。

実際に大都市の家電量販店ではきちんと自分で選んでモバイルルーターの契約が
出来る店舗も多くありました。

家電量販店で契約する場合、一緒にパソコンなどを購入した時にその本体価格から
割引されるというキャンペーン特典が使えるメリットがあります。

しかも店頭受付なの在庫があればすぐに端末をもらうことが出来ます。
つまり契約したその日にインターネットに接続させることが出来るというわけです。

ただし注意点があります。
家電量販店の場合は独自のキャンペーンが多いのでその内容が他と違います。

場合によっては全く割引されてない、モバイルルーターの月額料金が高くなっている
という契約が以前はかなり多くありました。

例えばモバイルルーター契約と同時にパソコンを購入すると本体価格50,000円割引!
というキャンペーンでは実は本体価格割引金額を分割して月額料金に足していました。

一般的に加入した場合よりもモバイルルーターの月額料金が高く設定されていました。
その差額が実質はパソコン本体の分割購入金額というわけです。

それに家電量販店で加入した場合、跡で解約したくても窓口が店頭ではなくなる
という状況もあります。

キャンペーン時の特設会場で加入するとその窓口がなくなってしまいます。
解約手続きは基本的に加入した窓口で行うのでどこで解約すれば良いのかわからない。

結局かなりたらい回しにされて解約までに時間がかかるという状況もあります。
家電量販店ではすぐに受取ができる以外にあまりメリットがないという感じでした。

携帯ショップでの加入手続きをする場合

モバイルルーターの中には大手携帯キャリアのLTE回線を使っているものもあります。
その為に大手キャリアで契約することが出来る端末もあります。

大手キャリアのLTE回線を使っているので利用できる地域がとても広くスマホと同じ
キャリアを使っているなら割引が出来る可能性もあります。

店頭窓口での契約なので店員から直接説明を受けられるというのも大きな魅力です。
ただし大手キャリアのモバイルルーターは基本的に料金が高いです。

スマホと同じような契約をすることになるので月額料金がかなり高いです。
基本料金+プロバイダ料金+データ定額パックが基本的な月額料金の内訳です。

1,700円+300円+5,000円の7,000円、これが5GB上限のモバイルルーターを
契約する場合の月額料金です。

ほとんどスマホと変わらない料金が必要で、スマホと合わせても10GB上限という
あまりメリットの少ない契約プランになります。

スマホと同じデータ定額パックを使ってモバイルルーターを使えるというプランも
あるのですが、それは結局スマホのデータパックの節約にはなりません。

それに携帯キャリアではモバイルルーターの割引特典などがほとんどなく
キャンペーン特典の利用もかなり難しくなります。

大手キャリアのモバイルルーターはあまり大きなメリットを感じませんでした。

ポケットWiFiのショップで契約する場合

もう1つ、携帯ショップで取り扱われているモバイルルーターにポケットWiFiという
端末があります。

これは元々イーモバイルが提供していたモバイルルーターですが、現在は
ソフトバンクの系列会社になり、Y! mobileが提供している商品です。

Y! mobileのショップが展開されていますが、そちらから契約が出来るモバイルルーター
という事になります。

モバイルルーターとしてはソフトバンク回線が使えるので利用可能地域が広く
キャリアのモバイルルーターに比べてかなり使いやすい印象です。

ただしやはり月間データ通信容量の上限が厳しく、基本的には7GB上限です。
月間データ通信無制限のプランは利用できる地域がかなり狭いので使いにくいです。

こちらで契約する場合のメリットはキャンペーンが多くプレゼントが貰えること。
店頭受付なので在庫があればすぐにでも手元にモバイルルーターが届きます。

デメリットとしてはポケットWiFiの他のプロバイダが契約できないこと。
Y! mobileよりも安く提供しているポケットWiFiのプロバイダもあるのです。

それとY! mobileのショップはそれほど多く展開されていないのである程度
大きな街で探す必要がある、というのもちょっとデメリットに感じました。

インターネット上から契約代理店で契約をする場合

最後はインターネットを使って契約代理店を使うという方法です。
ネット上なので直接説明を聞くことが出来ませんが、時間を気にせずに選べます。

しかもネットの代理店ではかなり多くのキャンペーンを展開しています。
モバイルルーター契約で現金キャッシュバックという特典もありました。

プロバイダでもキャンペーンを展開している所は多く、一番オトクに契約が出来る
と思えるのがこのネット上の契約です。

デメリットとしては説明を聞きたいときには時間がかかる、対応があまり良くない
という可能性が高い事。

それにネット通販と同じで商品が郵送されるまでに時間がかかります。
契約しても端末が郵送されてくるので、実際に使えるまでに時間がかかります。

いつでも契約が出来るということ、キャンペーンが多いということは大きな魅力です。
私には一番使いやすい契約方法だと思えました。

どんなモバイルルーターを選ぶ?

では次にどんな種類のモバイルルーターを選ぶのがオススメなのでしょうか?
上記のLTE回線を使ったものの他にもWiMAXというモバイルルーターもあります。

キャリアの端末とポケットWiFiは基本的にスマホと同じLTE回線を使っています。
これとは別のWiMAX回線を使ったモバイルルーターというのもあるのです。

まあ月額料金を考えるとキャリアの端末はとても高いので、実質ポケットWiFiと
WiMAXのどちらを選ぶかという事になると思います。

この2つの回線はそれぞれに複数のプロバイダから提供されているので、プロバイダで
選ぶという方法もあるのですが・・・

自裁に2つの回線の特徴やサービス内容をもっと詳しく確認してみましょう。

それぞれのルーターのメリットとデメリット

ポケットWiFiはY! mobileの他にYahoo! WiFiからもサービスの提供があります。
そちらでは業界最安値クラスの月額料金で使えるサービスが提供されています。

月額1,980円というとても安い月額料金なのですが、データ容量の上限は5GBと小さく
Yahoo! プレミアム会員になる必要があり、そちらで月額500円が必要です。

実質2,480円になりますがそれでもかなり安いというメリットが有りました。
でも上限が厳しいのでメイン回線として使うにはかなり心細いです。

ただしLTEを使っているのでかなり広い地域で接続可能、室内でも安定しているのは
とても大きな魅力です。

一方のWiMAXは利用可能地域がLTEに比べるとちょっと狭く、一部の地方都市では
接続できないという欠点があります。

でもそれ以上のメリットとして利用可能地域全域で月間データ通信容量上限なし
というプランの提供があります。

プロバイダによって月額4,000円前後と料金が多少変わりますが、データ容量の上限が
無制限になるプランが提供されています。

直近3日間で10GBという制限は残るので完全無制限ではないのですが容量的には
とても使いやすいプランです。

ただし回線としてのデメリットが有り、障害物に弱く室内では電波が安定しない
という弱点があります。

周囲の状況に影響されやすい電波なので対応地域内でも電波が届かないことも。
安定性には疑問が残るサービスでした。

安定して大容量が使えるモバイルルーター

出来ればLTE回線を使っていて大容量のデータ通信が出来るモバイルルーターが
使いやすいのですが・・・

そんなサービスがないか、探してみると見つけました!
それがネクストモバイルのモバイルルーターサービスです。

ネクストモバイルはソフトバンクの回線をレンタルして提供しているサービスです。
つまり格安SIMと同じMVNOでモバイルルーターを提供しています。

そして提供しているプランが20GBと30GBという大容量プラン、こちらが
月額2,760円と3,490円というかなり安い料金で使えるのです。

ソフトバンク回線なので利用可能地域に問題はありません。
しかも月額料金は同じ20GBでもソフトバンクの半額以下になります。

20GBあれば動画をよく見るという使い方をしても十分に1ヶ月楽しめます。
メイン回線として十分使える容量をお得に契約することができます。

こちらはネット上からの契約になるので、端末郵送の時間がかかりますが
それを考えてもお得で使いやすいサービスです。

私も実際に契約してみたのですが、思った以上にデータ通信が使えるので
自宅の固定回線を解約してモバイルルーター1つでネット環境を整えました。

スマホの節約だけではなくかなり使い勝手が良いモバイルルーターの
ネクストモバイルをおすすめします。

wifi

Wi-Fi(モバイルルーター)の契約は未成年でもすることが出来る?

未成年だけどモバイルルーターの契約をしたい!
そんなときにはどうすればいいか考えたことはありますか?

インターネット回線では基本的に回線利用のための契約をします。
しっかりとした契約なので未成年が行うことは難しいと思います。

では未成年はモバイルルーターを使うことは出来ないのでしょうか?
未成年者がモバイルルーターを契約する方法を探してみましょう。

親の承諾があれば未成年者でも契約ができる

インターネット回線は利用契約書にサインをする、普通に契約が必要なものです。
その為に基本的には未成年者がかって位に契約することが出来ません。

キャッチセールスや強引な商法に対する対策として未成年者が親権者に断り無く
勝手に契約した場合には親権者の権利として契約破棄をする事が出来ます。

つまり未成年者は基本的に契約をする場合、親権者の許可を取ることが必要。
これはインターネット回線契約にも言えることなのです。

親に内緒でモバイルルーターの契約をする事は未成年者には出来ません。
でも裏を返せば親の許可があれば未成年者でも契約が出来る、という事です。

つまり親の許諾書を提出すれば契約できるモバイルルーター、プロバイダというのは
探せば見つかります。

実際にモバイルルーターのプロバイダでは回線提供会社のプロバイダUQ WiMAXと
大手プロバイダのBIGLOBEで親権者許諾書を使った契約ができます。

まあ実際に許諾書を書いてもらうだけではなく、親権者の本人確認書類などを
一緒に提出する必要があるのでかなり面倒くさいのですが・・・

ちなみにこの方法だと契約者の名義が申し込みをする未成年者本人になります。
これを受け付けてくれるプロバイダはかなり少ない、という事を覚えておきましょう。

親に契約してもらった端末を借りる

もっと簡単に未成年者がモバイルルーターを利用する方法としては
親にモバイルルーターを契約してもらって、それを借りるという方法。

親の名義でモバイルルーターの契約をしてもらい、支払いも親の口座から。
端末は未成年の子供が持って使うという方法です。

これなら契約自体は親権者が行うので契約上の問題は全くありません。
普通に契約してモバイルルーターを使うことが出来ます。

ちなみに契約者と支払い口座の名義が違うと問題になることもあるので出来れば
支払い口座も申し込みをする人の口座を使わせてもらいましょう。

使い方や月額料金の支払いなどは事前に契約する人と相談をして決めます。
つまりやはり未成年者が勝手に契約することは出来ない、という事ですね。

それと申込用紙は必ず契約する人に書いてもらうようにしましょう。
親の名前を使って子供が契約することは違法です。

ネット上から申し込みをする場合でも必ず本人が一緒にいる状態で申し込みをする
という事に気をつけましょう。

親のクレジットカードで家族カードを作ってもらう

ネットから申し込みが出来るモバイルルーターのプロバイダが多くなっている現在では
月額料金の支払い方法がクレジットカード限定というプロバイダもあります。

クレジットカードなら支払い方法の確定がすぐに出来るというメリっともあるのですが
もう1つ、クレジットカードを持っているということはすでに審査がされているという事。

つまりクレジットカード入手のために行う審査がされている人、という事で
プロバイダ側は金融に関する審査をしなくても信頼できると判断するわけです。

まあインターネット回線料金や電話料金の未払いが無いか、という審査はあるようですが
かなりゆるい審査になります。

そしてこのクレジットカードは家族カードでも大丈夫というプロバイダが多いのです。
家族カードとは支払い元が同じ口座のサブカードのようなものです。

カードの名義は使う本人ですが支払口座は親カードを持つ人の口座です。
当然親カードを持っている人が申し込みをしなければ作ることが出来ません。

家族カードを作ってもらう時点で親の承諾が必要になる、という事です。
家族カードを作ってもらうことが出来ればモバイルルーターの申し込み自体は簡単です。

学生でも作れるクレジットカードを作って契約する

クレジットカードではもう一つ方法があります。
それが学生申込可能、または学生カードを使ってモバイルルーターの契約をする方法です。

クレジットカードには大学生から申し込みが出来るという種類のカードもあります。
または大学生専用に利用可能金額の上限を低くした学生カードを発行しているところも。

つまり未成年でも大学生になって自分でクレジットカードが作れるようになれば
モバイルルーターを契約することができます。

まあモバイルルーターの契約自体は自己責任で行えるのですが、クレジットカードを
作る時にやはり親の許可が必要になります。

こちらの方法でも完全に親に内緒で勝手にモバイルルーターの契約をするということは
出来ません。

未成年者の場合はモバイルルーターの契約か、その申し込みのための手段の入手で
必ず親権者の許可を取ることが必要になるという訳です。

口座振替とクレジットカードはどっちがオススメ?

ちなみにモバイルルーターの支払いはクレジットカードと口座振替では
どちらの方法がオススメなのでしょうか?

モバイルルーターの契約だけを考えるならクレジットカードのほうが便利です。
支払い方法の確定に時間がかからないのですぐにでも契約完了するからです。

実際問題としても現在口座振替に対応しているプロバイダが少なく、申込先を
選ぶことが難しくなっているという状況でもあります。

クレジットカードを持っていない、作れない、使いたくないという理由はあると
思うのですが手間を考えるとやはりクレジットカードはおすすめです。

口座振替の場合は申込用紙の郵送と書類を返送する時間、それに審査や確認の
時間がとても長くかかります。

最低でも支払い方法の確定まで2週間程度、長い場合は1ヶ月かかることも。
その間モバイルルーターを使えない、というプロバイダもあります。

モバイルルーター端末の発送は支払い方法が確定してから、という場合は
確定まで時間が掛かる口座振替には選ぶ理由があまり見当たらなくなります。

プロバイダによっては支払い方法の確定までは請求書での支払いに対応してくれて
契約してからすぐに発送してもらえるところもありますが、余分な手数料がかかります。

モバイルルーターはよほどの理由がない限りクレジットカードの利用をおすすめします。

モバイルルーターはどこで申し込みをするのがいい?

では実際にモバイルルーターを契約するならどこが良いのでしょうか?
まずはどの回線を使ったモバイルルーターにするかを考えてみます。

現状モバイルルーターではLTEとWiMAXという2種類の回線を使ってサービスの
提供を行っています。

LTEはスマホで使っている4G/LTEと同じ回線で、実際にドコモやauに
ソフトバンクからもサービスの提供がされています。

まあauの場合はちょっと違うので外して、ドコモとソフトバンクでは基本的に
スマホと同じプランを使ったサービスの提供になります。

基本料金とプロバイダ料金にデータ定額パックの料金を足したものが
モバイルルーターの月額料金になります。

実はこの場合、月額料金がとても高く2GB上限のモバイルルーター契約でも
月額5,500円というかなりの金額になります。

とても厳しい料金なのでオススメは他のモバイルルーター契約です^^;
月額料金を考えるとポケットWiFiなら安いプランが提供されています。

もう1つのWiMAXは独自回線のモバイルルーターで、月間データ通信容量の
上限なしプランが提供されているという魅力があります。

それぞれのモバイルルーターの特徴を調べてみましょう。

ポケットWiFiは安い月額料金が魅力

ポケットWiFiはソフトバンク回線とイーモバイル回線を使えるルーターで
利用できる地域はソフトバンク回線があるので全国的にとても広くなっています。

基本的にはソフトバンク系列のプロバイダからサービス提供されていて
Yahoo! WiFiとY! mobileから契約することが出来ます。

その中でもYahoo! WiFiでは業界最安値プランとして月額1,980円で契約できる
サービスの提供があります。

使っている回線はソフトバンクの4G/LTEなので全国的にネット接続可能で
室内でも安定した接続ができるというメリットもあります。

月額1,980円プランは実はYahoo! プレミアム会員のみの金額なので実際には
プレミアム会員費用500円が加算されます。

それでも2,480円という月額料金でモバイルルーターが使えるのは魅力なのですが
データ通信容量が5GB上限なのでメイン回線としては厳しいです。

月に5GB以上のデータ通信をすると速度制限がかかり、下り最速128Kbpsまで
通信速度が下げられてしまいます。

スマホで大容量データパックを使っていて、そのサブ回線として使うならこれくらいの
データ容量でも問題ないと思うのですが・・・

もう少し別のサービスを探してみましょう。

ソフトバンクのMVNOなら大容量がお得でオススメ

同じソフトバンクの回線を使ったモバイルルーターサービスがありました。
それがネクストモバイルのモバイルルーターです。

ネクストモバイルはソフトバンク回線をレンタルしてサービス提供している
いわゆるMVNOのモバイルルーターです。

ポケットWiFiと違ってイーモバイル回線が使えないのですが、利用可能地域は
ソフトバンク回線全域が使えるので大きな問題はありません。

そしてネクストモバイルでは提供しているサービスが大容量データ定額パックです。
20GBと30GBが上限のプランを提供しています。

しかもこのプランの月額料金が20GBで2,760円です!
30GBでも3,490円というかなり安い月額料金で利用することが出来るのです。

同じ回線のソフトバンクのスマホなら20GBのデータ定額パックを契約すれば
月額6,000円が必要です。

しかもスマホの場合は基本通話料金プランにプロバイダ料金も必要なので最低でも
月額料金が8,000円になります。

ネクストモバイルなら20GBなら2,760円だけでネット接続が出来るようになります。
比べてみればかなりお得な料金で利用できるのがわかると思います。

20GBあればメイン回線として十分にネット楽しむことができます。
せっかく契約するモバイルルーターを選ぶならネクストモバイルがおすすめです。

wifi

Wi-Fi(モバイルルーター)契約なしでできる?無線LANルーターとモバイルルーターの違いって何?

Wi-Fiって何も契約しないでも使うことができるの?
そんな疑問を聞かれたことがあります。

実際にモバイルルーターと言われてもよくわからない、という方も多いのでは?
モバイルルーターって無線LANルーターと何が違うの?

そんな疑問を解消できるように、それぞれの機材の特徴や契約が必要など
詳しく確認してみましょう。

モバイルルーターと無線LANルーターの違いって?

まずはモバイルルーターと無線LANルーターの違いを確認してみます。
基本手には無線LANルーターは自宅の固定回線に接続する分配器です。

ルーターとは一つの回線を複数に分配するための機材、LANと言われている
小さな地域でのネットワークをつなぐためにも利用されている分配器です。

この分配を無線で行うのが無線LANルーター、Wi-Fiルーターとも言われています。
Wi-Fiとは無線LANの規格の1つなので意味的には無線LANと一緒です。

今現在使われている無線LANは多くがインターネットの固定回線を分配するために
設置されているものです。

この無線LANルーターを持ち運んで使えるようにしたのがモバイルルーターです。
固定回線を分配するのではなく、モバイル回線を分配しています。

一般的な無線LANルーターが光回線などの固定回線を分配するために設置されます。
モバイルルーターはそれを持ち運ぶためにルーターがモバイル通信をしています。

スマホを考えてもらえばわかりやすいでしょうか。
モバイルルーターは電源を入れればスマホのようにネット接続が出来るのです。

そしてそのモバイル通信で接続したインターネット回線をWi-Fiを使って他の端末に
分配してネット接続できるようにしているのがモバイルルーターです。

無線LANルーターの利用には基本的には契約が必要ない

ではそれぞれの機械について、契約が必要になるのか考えてみましょう。
まず無線LANルーターの場合ですが、基本的には購入して接続すれば使えます。

まあ基本的なセキュリティや接続する端末ごとの設定は必要ですが、無線LANルーターを
使うことに関しての契約は必要ありません。

電波を使っているとはいえ家庭内でのネットワーク用の電波です。
ローカルエリアのネットワーク構築に参加している人以外の許可は必要ありません。

普通に考えても契約している固定回線を分岐させて使わせてもらうので、回線の契約を
している人の許可をもらえば問題ないかと。

ただしこちらは固定回線を分配するので、当然ですがインターネットに繋がる
固定回線が必要です。

光回線などの契約は別に必要になるので、まずはインターネットの固定回線を
契約していることが大前提になります。

無線LANルーターを使うことに契約は必要ありませんが、無線LANルーターを使える
という状況を作るためには固定回線の契約が必要です。

モバイルルーターを使うには契約が必要

次にモバイルルーターを使う場合ですが、こちらはモバイル通信を行うために
スマホと同様に契約が必要になります。

無線LANルーターの場合はすでに契約している固定回線に接続して使いましたが
モバイルルーターはルーター自体がインターネット回線に接続する機能を持っています。

その為にインターネット接続するための契約をモバイルルーターごとに行う
という必要があるのです。

モバイル回線を使ってインターネット接続するためにモバイルルーターには
スマホと一緒でSIMカードが挿入されています。

SIMカードがなければモバイル通信が出来ないわけで、中古でモバイルルーターの
本体を購入してもSIMカードがないためにネット接続が出来ません。

まあSIMカードのみの契約をすれば安くモバイルルーターが利用できる
ということにもなるのですが・・・

ただしモバイルルーター本体にはSIMカードの取り外しができない端末もあります。
それにモバイルルーターにはSIMカードの契約だけでは使えない機能もあります。

SIMカードのみの契約でモバイルルーターを運用するには多少の知識が必要なので
モバイルルーターを使うなら新規契約することをおすすめします。

無線LANルーターとモバイルルーターはどっちが使いやすい?

まず自宅に固定回線がすでにあるなら契約なしで使える無線LANルーターのほうが
すぐに使えて便利です。

まあ使い方にもよるのですが、単純に自宅でタブレットPCや携帯ゲーム機などを
ネット接続させたいというなら無線LANルーターで十分です。

自宅にいる間はスマホのデータ定額パックを節約したい、という場合にも
無線LANルーターを使うことでデータ定額パックを節約することが出来ます。

ただしこちらは固定回線が設置されていることが前提です。
一人暮らしなどでまだ固定回線がないなら無線LANルーターを購入する意味は無いかと。

一人暮らしなので自宅ではインターネットをあまり使わない、スマホ以外に
タブレットPCなども外出先で使いたいというならモバイルルーターが便利です。

モバイルルーターなら電波が届く地域ならどこでもネット接続が出来ます。
当然室内でも使えるので固定回線をあまり使わないなら代わりにするということも。

これに持ち運びが出来るので、スマホを使う時にも大容量のデータ定額パックを辞めて
モバイルルーターにすれば月額料金が安くなる可能性もあります。

ただしモバイルルーターは回線契約が必要なので、どんなプロバイダと契約するかで
使い方やお得感は大きく変わってしまいます。

無線LANルーターとモバイルルーターはその人のネットの使い方や状況によって
大きく使いやすさが変わってくると思います。

モバイルルーターはどうやって選べばいい?

では次にモバイルルーターを契約する場合の注意点などについて考えてみましょう。
そもそもモバイルルーターには種類があるのでしょうか?

実は現在モバイルルーターで使われている回線には2種類あります。
この回線の特徴がそのままモバイルルーターの特徴になっています。

まず一般的なスマホで使われているのと同じLTEを使っている商品があります。
実際にドコモやソフトバンクの回線を使ったサービスはそれぞれに提供されています。

後LTEを使っているのはイーモバイル回線ですが、これは現在ソフトバンクの
系列会社になっているのでソフトバンク回線も同時に使えます。

それともう1つ、独自の回線を使ったWiMAXというモバイルルーターがあります。
こちらはauと同じ親会社のKDDI傘下の企業が提供しています。

モバイルルーターを選ぶならこのどちらかの回線を使っている端末を選ぶ
という事になるのですが・・・

この2種類の回線にはかなり大きな違いがあり、好みや使い方によってどちらの
回線がいいのかは変わってくると思います。

ではそれぞれの回線の特徴を確認してみることにしましょう。

WiMAXを使ったモバイルルーターの特徴

まずはWiMAXを使っているモバイルルーターの特徴を確認してみます。
こちらは独自の高周波数帯電波を使ったモバイル回線を使っています。

高周波数帯電波は一度に多くのデータを運ぶことが出来るので同じ伝播速度でも
運ぶことが出来るデータ量が大きく変わります。

つまり通信速度が速くなるという特徴があり、独自回線のために混雑もそれほど
大きくなっていないというのが大きな特徴です。

実際にWiMAXでは最新端末を使えば通信速度は下り最速708Mbpsが出せます。
光回線の通信速度に引けを取らない高速通信が出来るという魅力があります。

それに対応地域の全域で月間データ通信容量の上限なしというプランが利用できる
というのも大きな魅力です。

毎月のデータ通信容量を気にすること無くインターネットが出来るのです。
ただし3日間で10GBの通信をすれば速度制限がかかるのですが・・・

完全無制限ではないのですが、それでもヘビーユーザーにはとても魅力的なプランが
提供されているのがWiMAXのモバイルルーターです。

欠点としては高周波数帯の電波の安定性が悪いこと。
障害物で反射するので室内ではかなり電波状況が悪くなります。

建物の奥では最悪の場合、ネット接続ができないという状況もあります。
それに対応地域は人口カバー率94%程度とちょっと狭いのもデメリットです。

対応している地域の確認、更には対応していても周囲の状況によってはつながらない
というかなり安定性に問題があると思えるのがWiMAXでした。

LTEを使ったモバイルルーターの特徴

次にLTEを使ったモバイルルーターの特徴を調べてみましょう。
こちらは基本的にスマホと同じ回線を使っているモバイルルーターです。

実際にソフトバンクとドコモではそれぞれの4G/LTE回線を使ったモバイルルーターを
提供しているのですが、こちらは月額料金が高いので今回は除外します^^;

LTEを使ったモバイルルーターとして一般的なのはポケットWiFiという商品で
こちらはイーモバイルとソフトバンクの4G/LTE回線を使えます。

ソフトバンクの回線が使えるので全国的にかなり広い地域でのネット接続が可能です。
人口カバー率99%はかなり広い地域で使うことが出来る安心感があります。

使っているのが低周波数帯のプラチナバンドの電波なので障害物を避けて進めるので
室内でも安定してネット接続が出来るというメリットもあります。

ただしポケットWiFiでは基本的に月間データ通信容量の上限が7GBなので
固定回線の代わりに使えるほどのデータ容量がありません。

一応上限なしというプランもあるのですが、対応している地域はAXGPエリアのみ。
つまり主要都市にだけ展開されている地域のみで使えるプランという事です。

ポケットWiFiでは業界最安値プランの提供をしているプロバイダもあり
月額1,980円というかなりの安いプランが提供されています。

でもこちらも月間データ通信容量は5GBが上限でそれを超えれば速度制限がかかる
という状況です。

容量が厳しくメインになりにくいのがポケットWiFiでした。

もう1つのLTEを使ったモバイルルーターとは?

実はもう1つ、LTE回線を使ったモバイルルーターのサービスがあります。
それがソフトバンクのMVNO、回線レンタルをして提供しているサービスです。

格安SIMでは大手キャリアの回線をレンタルしてSIM契約のみでのサービス提供を
行っているプロバイダがあります。

これと同じようにソフトバンクの回線をレンタルしてモバイルルーターを
提供しているのがネクストモバイルというところです。

格安SIMと同じで余計なサービスを付けずにオトクな料金でサービス提供しています。
実際に20GBと30GBのプランがそれぞれ2,760円と3,490円で使えるのです。

WiMAXのような月間データ容量無制限ではないのですが20GBあればかなりの大容量で
多くのコンテンツを楽しむことができます。

料金もとても安く、スマホで同じ要領のデータ定額パックを契約すれば月額料金は
6,000円も必要になります。

LTE回線なので安定性も高く、ソフトバンク回線なので広い地域で使えます。
これがお得に使えるネクストモバイルはかなりオススメのモバイルルーターです。

wifi

スマホをWi-Fiで使っていても契約容量(プラン)を超えると通信速度が遅くなる?

スマホはWi-Fi接続すれば通信速度が遅くならない?
この事に疑問を持ってことはありませんか。

よく言われているのはスマホのデータ通信容量を節約するためにはWi-Fi接続すること。
でもこのWi-Fi接続ではどんな状況でも通信速度は変わらないのでしょうか。

スマホの通信速度とWi-Fi接続の関係をちょっと詳しく調べてみることにしました。
Wi-Fiを使えばどんな節約ができるのかも確認してみましょう。

何故Wi-Fiを使うとデータ通信容量の節約ができる?

現在のスマホの契約は基本的に基本通話料金プランにプロバイダ料金と
データ通信定額パックをあわせた月額料金を支払っています。

このデータ通信パックの容量は契約して決めるのですが、容量以上の通信をすると
速度制限がかけられてしまいます。

一般的に大手キャリアでは下り最速128Kbpsまで速度を落とす措置が取られます。
この状態でネットを利用するのはかなり難しくなってしまいます。

そこでデータ通信パックの容量を使わずにネットをする事が通信速度制限の危険を
回避するために必要というわけです。

そしてデータ通信とは違う方法でネットに接続すればデータ通信容量を減らさずに
ネットが出来るということに。

その方法としてWi-Fiを使う、という方法が利用されているのです。
Wi-Fiは無線LAN規格の1つで、実際にはLAN通信をしているだけです。

つまり無線LANルーターに接続するだけでインターネットが出来る環境があれば
データ通信の節約ができる、ということですね。

すでに速度制限されている状態でWi-Fiを使っても速度は遅いまま?

Wi-Fiを使うことでデータ通信容量の節約ができることはわかったと思います。
では次の疑問、速度制限されている状態ではWi-Fiでも速度は遅いのでしょうか?

すでに契約した容量以上の通信をしてしまい、現状速度制限がかかっているスマホで
Wi-Fi接続のインターネットをした場合には通信速度はどうなっているのでしょうか?

まあスマホでは全て同じ回線でインターネットに接続している、と思っている人も
多いようですが実は違うんです。

データ通信用の定額パックではスマホ本体がモバイル通信という電波を使った通信を
行っているのですがWi-Fiは上記の通り無線LANの接続です。

つまり使っている回線が全く違うのでそれぞれの回線は影響を受けていません。
速度制限されるのはデータ通信だけなのでWi-Fiの速度は変わりません。

例えばスマホで速度制限されている時に自宅の固定回線にWi-Fi接続したとします。
この時にネット接続するのは固定回線なのでスマホの速度制限は無関係です。

これでわかるようにスマホが速度制限された時にはWi-Fiを使ってネットをすれば
快適に楽しめるということです。

Wi-Fiを使えば通信速度が遅くなることはない?

スマホが速度制限を受けているときでもWi-Fiを使えば快適にネット接続が出来る
ということがわかりました。

でもWi-Fi接続ならどんな状況でも通信速度が遅くなることはないのでしょうか?
実はWi-Fiも環境によっては通信速度が落ちる可能性はあるのです。

自宅のWi-Fiルーターで多く起きる可能性があるのは、ルーターと端末の間に
障害物が多くあるという状況です。

例えば戸建住宅の1階にWi-Fiルーターを設置して、2階でスマホをWi-Fi接続した
という状況では通信速度が遅くなる可能性が高いです。

この場合、Wi-Fiルーターとスマホの間に壁や天井などの障害物が多くあるので
電波が届きにくいという状況です。

通信回線に速度制限がなくてもWi-Fiが届きにくい環境では通信速度は上がらず
インターネットも快適な状況ではなくなります。

それとWi-Fiルーターと端末の距離が開くことでも電波状況が悪くなるので
やはり通信速度が遅くなります。

あまりにWi-Fiルーターと利用する場所が離れている時には中継点を設置するなど
改善策が必要になります。

Wi-Fiルーターの同時接続数が多くなると通信速度は遅くなる

Wi-Fiルーターに接続している端末が多くなればやはり通信速度が遅くなります。
ルーターは単純に一つの回線を複数に分配するだけの装置です。

それはWi-Fiルーターでも同じで電波を使って一つの回線を複数の端末で使えるように
分配しているだけなので同時に多くの端末を使えば1つずつの回線速度は下がります。

自宅のWi-Fiルーターならそれほど多くの端末を同時に使うことも少ないのですが
公衆無線LANスポットを使うとこの状況がよくわかります。

公衆無線LANスポットはいわば公共のWi-Fiルーターを設置しているようなものです。
無料で使えるWi-Fiスポットならかなり多くの人がそこを利用していると思います。

1つのWi-Fiスポットに数十人単位で同時にネット接続をすれば、一人の回線速度は
かなり遅くなることが簡単に予想できますよね?

最近ではカフェやファーストフード店でも利用者が無料で使えるWi-Fiスポットを
設置している店舗が増えています。

そんな公衆無線LANスポットを使えば確かにデータ通信容量の節約が出来るのですが
かなりの混雑が予想されるので大きなデータのやり取りには向かないと思います。

端末のセキュリティやWi-Fiルーターのファームウェアを確認

もう1つWi-Fi通信が遅くなる可能性が考えられます。
こちらはちょっと技術的なことですが、セキュリティなどの問題です。

インターネットに接続するのでウィルス感染予防のためにセキュリティソフトを
使っている方は多いと思います。

そのセキュリティソフトによっては特定のWi-Fi通信をハッキングと同じようにとらえて
ブロックしてしまうということがあるのです。

つまり端末でWi-Fiの電波を妨害しているのでネット接続が出来ない、通信速度が
遅くなるなど障害が発生してしまいます。

それに昔から使っているWi-Fiルーターの場合、LAN接続などに関する内部プログラムが
古くなっていて効率が悪く最新の端末では通信速度が上がらないということも。

スマホなどのセキュリティソフトが働いている場合はそのソフトの例外設定に
Wi-Fiルーターとの接続を入れれば問題はありません。

古いWi-Fiルーターの場合はファームウェアの更新をする、という方法があります。
まあこれはちょっと難しいので出来れば知識のある方にお願いしましょう。

後は古いタイプのWi-Fiルーターの場合、他の家電の電波と鑑賞してしまうということも。
例えば電子レンジは使用中に2.4Ghlzの電波を発しています。

これがWi-Fiルーターの電波をお互いに干渉して電波が届かなくなってしまいます。
新しいルーターなら5Ghlzの電波を使えるので干渉がなくなります。

これを考えると古いタイプのWi-Fiルーターを買い換えるというのも一つの方法です。

いつでもWi-Fi接続させるためにはモバイルルーターが便利

自宅の固定回線にWi-Fiルーターを設置する、公衆無線LANスポットを利用する場合
どちらもその場所でのみ利用できるWi-Fiという事になります。

スマホを使っている以上、移動中の電車の中でも使いたいところです。
そんな時にはモバイルルーターを使う方法がおすすめです。

モバイルルーターはいわば持ち運びが出来るWi-Fiルーターです。
使っているのがモバイル通信なのでスマホと同じく屋外でも使うことが出来ます。

スマホとWi-Fiで繋げばスマホのデータ通信容量を使わずにネットが出来るので
スマホのデータ定額パックを小さなものにしても問題ありません。

ただしモバイルルーターもスマホと同じモバイル通信をしているので、今度は
モバイルルーターのデータ通信容量が気になるのですが・・・

でもスマホの大容量データ定額パックの月額料金と比べればモバイルルーターの
月額料金はかなり安くなります。

つまりスマホで大容量のデータパックを契約するなら安いモバイルルーターを
契約したほうがトータルの月額料金を安くできる可能性が高いのです!

今の大手キャリアで月間20GBの大容量データ定額パックを契約すると
月額6,000円かかりますが、これより安いモバイルルーターはあるのでしょうか?

ポケットWiFiとWiMAXでは厳しい?

大手キャリア、ドコモやソフトバンクで提供しているモバイルルーターは
基本的にスマホと同じデータ定額パックを使うので併用しても安くなりません。

他に使えるモバイルルーターを探してみるとソフトバンクとイーモバイルの
4G/LTE回線を使えるポケットWiFiというサービスが有りました。

こちらはスマホと同じソフトバンクの4G/LTEとイーモバイルのLTEが使えて
全国かなり広い地域でネット接続が出来るというメリットがあります。

ただし基本的にデータ通信容量上限が7GBと少なく、上限なしプランはあるのですが
特定地域でしか使えないというかなり使いにくいサービスです。

プロバイダを選べば月額1,980円というかなりの低価格で利用できる魅力もありますが
上限は5GBなのでやはりメインに使うには厳しいというところ。

もう1つ独自回線を使ったWiMAXというモバイルルーターもあるのですが、こちらは
電波の安定性に問題がありました。

利用可能地域は人口カバー率94%と若干狭い程度で、その利用地域全域で使える
データ容量上限なしプランも提供されています。

でも電波が反射しやすく室内では電波が届かないという状況になることもあり
電波の安定性がとても悪いのです。

実際にその場所で使ってみないと通信が出来るかわからない、というのは
あまりおすすめしやすい商品ではありませんよねえ・・・

室内でも安定しているネクストモバイルの大容量プランがオススメ

更に探してみるとソフトバンクのMVNOでモバイルルーターを提供しているところが
見つかりました。

それがネクストモバイルの大容量データプランのモバイルルーターです。
こちらは20GBと30GBのプランを提供しているサービスです。

使っているのがソフトバンクの回線なので全国的に広い地域でネットができます。
室内でも安定しているのでどんな状況で使いやすくなっています。

そして大きな魅力は提供しているサービスが大容量で、しかもお得ということ。
20GBは月額2,760円、30GBも月額3,490円という料金で契約できます。

無制限ではないのですが20GBあればかなりの大容量なのであまり上限を気にせず
インターネットが出来ると思います。

実際に私も動画をよく見るのですが、ネクストモバイルなら多くの動画を見ても
速度制限されずに楽しむことが出来ました。

スマホを大容量にするよりも安く、スマホを基本的にこちらでネット接続して
スマホのデータパックをサブに利用するという使い方もできます。

スマホをWi-Fi接続でどこでも使いたいと思うならネクストモバイルのサービスが
コスパも良くてオススメです。

wifi

SIM契約データ通信は自宅ではWifi利用が前提?節約せずに使える大容量プランはある?

SIMカードのみの契約をする場合、自宅のWi-Fi環境は必ず必要になる?
格安SIMの契約はあまり良くわからないという方、いませんか?

中古のスマホなどで使えばかなり安く利用できる、と言われている格安SIMは
データ通信の容量が少なく節約が必要と思われています。

実際にWi-Fi環境がなくても使えるプランがあるのか、確認してみましょう。

現在の格安SIMは色々なプランから選ぶことが出来る

格安SIMとは大手キャリアの回線をレンタルして提供している、MVNOと言われる
回線提供業者です。

大手キャリアの回線を使っているのですが余計なサービスなどがなく、月額料金が
かなり安くなっているために格安SIMと呼ばれています。

以前はその料金の安さをさらに特化させるために提供しているプランは月間データ容量が
5GBくらいまでの少量のプランが主流でした。

その為に格安SIMを使う時には自宅のWi-Fi環境など、データ通信を節約する方法を
用意することが重要と言われていました。

確かに月間で5GB以下のデータ通信しか出来ないという状況なら節約が必要です。
でも最近では格安SIMにもかなり多くのプランが出来ているのです。

つまり節約せずに使えるような大容量データ定額パックの提供もあります。
今回は大容量プランに絞って格安SIMの確認をしてみましょう。

提供されている大容量の格安SIMを確認

まずは実際に提供されている格安SIMの大容量プランを確認してみましょう。
かなり多くのプロバイダからサービス提供がされているようです。

大手プロバイダのBIGLOBEが提供しているBIGLOBEモバイルでは20GBの
データ通信専用SIMが月額4,500円、音声つきだと5,200円です。

こちらはドコモの回線を使っているので利用可能地域も広く、ドコモの提供する
データ定額パックに比べればかなり安くなっているのがわかります。

他にもDMMモバイルでは20GBのデータ通信専用SIMを月額3,980円で提供しています。
こちらは20GBのみですがかなり安い金額で利用できるプランです。

20GBだけではなく30GBと更に大容量のデータ通信プランを提供している
プロバイダも多くありました。

中でもエキサイトモバイルではデータ通信容量50GBというかなりの大容量プランを
提供していました。

こちらは月額10,180円とかなり高額な金額に感じますが、やはりキャリアの提供する
大容量プランやデータ定額パックを考えると安くなっています。

まあエキサイトモバイルはかなり特殊な感じですが、他の格安SIMでも大容量の
データ通信プランはかなり一般的になっているようです。

ではそれぞれの格安SIMの提供プロバイダにはどんな特徴があるのでしょうか。
特色なども確認してみましょう。

格安SIMは特化したサービス提供が多い

格安SIMのプロバイダを選ぶ時には何を規準にすれば良いのか?
月額料金も重要ですが、それぞれのプロバイダで提供しているサービスに注目しては?

例えばイオンモバイルでは最大5枚のSIMカードとデータ容量を共有できる
シェアプランの提供があります。

大手キャリアで行っているシェアプランと同じものを格安SIMでも利用できるのです。
当然月額料金は大手より安く50GBが11,800円、最大5人で分け合うことが出来ます。

他にもBIGLOBEモバイルではYoutubeなどのエンタメ系アプリの利用がフリーになる
エンタメフリーオプションの提供があります。

後は楽天モバイルなら親会社の楽天市場などで使える楽天ポイントが貯まるなど
グループ企業としてのメリットを十分に活かすサービスを提供しています。

ただし中にはオプション料金が必要なサービス、特殊な契約が必要なサービスもあり
格安SIMのメリットの1つでもある月額料金を圧迫することになる可能性も。

かなり特徴的な格安SIMのサービスも多いのですが、月額料金などはプロバイダによって
大きく変わることが多いです。

それに提供プロバイダによっては回線の安定性なども違うので、契約する前にきちんと
口コミなどを確認しておくことをおすすめします。

格安SIMは使っているキャリアの回線で選ぶことも出来る

以前は格安SIMで使っているのはほとんどがドコモ回線でした。
一部au回線を使えるサービスも有りましたが、ほとんどがドコモ回線のMVNOでした。

実際に今もドコモ回線を使っている格安SIMは多いのですが、実は他のキャリアの
回線を使っているMVNOも参加しているのです。

格安SIMの提供当初からドコモとauの回線を選んで使えると宣伝していたのが
mineoです。

こちらでは契約の時にどちらの回線を使ったSIMを契約するか選ぶことが出来ます。
自分の持っている端末に合わせて契約を選ぶことが出来るのです。

SIMフリーの端末以外、例えばキャリアで機種変更をした後の端末はそのキャリアの
SIMしか使えないようにロックを掛けています。

SIMロックと言われるものでキャリアのショップに持ち込めば手数料を支払って
解除することもできます。

このSIMロックを解除せずに使えるのがそのキャリアのMVNO、つまり回線を使った
格安SIMという訳です。

以前はなかったソフトバンク回線を使った格安SIMもでてきたようです。
U-mobileでは30GBプランのみですがソフトバンク回線の契約も出来ました。

ソフトバンクの端末を持っていて格安SIMで使いたい、という方でも最近は
サービスを利用することが出来るようになりました。

モバイルルーターの月額料金と格安SIMを比べてみる

たしかに格安SIMでも大容量データ定額プランを使えばかなり自由に使えます。
でも他の方法で安くすることは出来ないのでしょうか?

例えば現在キャリアのスマホを持っていてサブのスマホを格安SIMにしている場合
出来ればこちらは大容量の契約はしたくありません。

それならばどっちのデータ通信も節約できるようにモバイルルーターを使うという
方法は出来ないのでしょうか?

モバイルルーターならいつでもWi-Fi接続ができるのでスマホのデータパックも
格安SIMのデータ容量も節約することが出来ます。

格安SIMを音声通信無しで契約するならいっそSIMカード無しで本体を使って
ネットは全てモバイルルーターで行うという方法も。

モバイルルーターも使い方によってはかなり便利なのですが、実際に使う場合の
月額料金はどれくらいになるのでしょうか?

格安SIMの大容量データ定額パックよりも安い金額で利用できるモバイルルーターは
あるのでしょうか。

モバイルルーターのサービスと料金を詳しく調べてみることにしました。

LTEを使ったモバイルルーターの月額料金とサービス

まずは普通にキャリアで提供しているモバイルルーターを調べてみます。
使っているのはスマホと同じLTE回線なので利用可能地域の問題はありません。

ただしキャリアではほとんどスマホと同じ料金プランでの提供です。
基本料金+プロバイダ料金+データ定額パックです。

基本料金は通話がないぶん安いのですがプロバイダ料金と合わせて2,000円。
これにデータ定額パックの料金ですが、こちらはスマホと全く一緒です。

つまり20GBのデータパックを契約すると6,000円、合わせて8,000円という
高額な月額料金が必要になってしまいました・・・

これじゃあ意味が無いので別のモバイルルーターを調べてみます。
もう1つLTEを使っているポケットWiFiを確認してみましょう。

こちらはソフトバンクとイーモバイルのLTE回線が使えるのですが基本的に
スマホと同じ回線なのでデータ通信容量の上限が厳しいです。

無制限プランはあるのですがAXGPエリアという特定地域のみの対応で
現在主要都市以外に展開されていません。

しかも3日間に10GB以上使うと速度制限されるという完全無制限ではない
サービスなのでかなり使いにくい印象です。

回線はスマホと同じなので安定していて便利なのですが、提供プランと
月額料金にはちょっと不満が残るという感じでした。

WiMAX回線を使ったモバイルルーターのサービスの特徴

もう1つ、モバイルルーターで使われている回線にはWiMAXがあります。
こちらは独自回線を使っていてLTEに比べてユーザーが少ないメリットがあります。

回線混雑があまり無いので対応地域全域で通信容量上限なしプランの提供があります。
まあこちらも完全無制限ではなく3日間で10GB使うと速度制限されるのですが^^;

でもWiMAXの場合は対応地域全域で使えて月額料金もプロバイダを選べば
月額4,000円以下にすることも出来ます。

かなり魅力的なサービスに感じるのですが一つ問題があります。
それが利用できる場所が安定しないことです。

現在対応地域は人口カバー率94%とLTEに比べて少し狭い程度ですが
それ以上の問題として電波の安定性があります。

LTEと違って障害物に反射しやすい電波を使っているので室内では電波が
安定せずに通信速度も上がりません。

また周囲の状況に影響されやすく、対応地域でも電波が届いていないという
状況になることもあります。

実際に使ってみないとその場所でネットが出来るかがわからない、というのは
モバイルルーターとしてはかなり厳しいところです・・・

電波状況が悪いところでは回線が切れてしまうことも多く、安定性が悪いのは
ちょっと使いにくいという印象でした。

MVNOのモバイルルーターならお得に使える

LTEの安定性とWiMAXの大容量データ通信を併せ持ったモバイルルーターは
無いのでしょうか?

格安SIMのように大手キャリの回線を使ったモバイルルーターがあれば・・・
と思って探してみると、見つけることが出来ました。

それがネクストモバイルのサービスです。
こちらはソフトバンク回線を使ったMVNOのモバイルルーターサービスです。

回線はソフトバンクなので全国の広い地域で接続可能です。
室内でも安定してネットを楽しむことが出来ました。

そして提供しているのは20GBと30GBのデータ定額パックです。
こちらが月額2,760円と3,490円で利用できます。

キャリアのサービスとは違ってこの月額料金だけでネット接続が出来ます。
格安SIMのサービスと比べてもかなり安い料金で利用することが出来ます。

SIMのみの契約と違ってスマホ以外のモバイルツールをネット接続させることも
出来るというメリットがあります。

私も実際に使っているのですが、室内でも安定して使える安定性と大容量なので
容量を気にせずにネットが出来る安心感があります。

動画をよく見る私でも20GBあれば十分に毎月楽しむことが出来ました。
色々なデータ通信を節約するならネクストモバイルのサービスはおすすめです。

wifi

iPhoneを電話契約のみにして通信(ネット)はWi-Fiにする事はできますか?

今使っているiPhoneを電話契約のみにしてWi-Fi運用で使いたい!
こんな使い方は本当に出来るのでしょうか?

キャリアでiPhoneを契約して使っていると、その月額料金の高さが大きな負担になり
少しでも安くする方法を考えてしまいます。

もし通話をするための契約のみに出来るなら月額料金をもっと安くすることが
出来るのではないでしょうか?

キャリアで行うiPhoneの契約内容

今では大手キャリアならどこでもiPhoneを契約して利用することが出来ます。
当然ですが契約プランは基本的にはキャリアのプランに合わせることになります。

まあ実際に大手キャリアのiPhoneプランはどこを選んでも同じで、基本通話料金プラン
インターネット接続料金にデータ定額パックを組み合わせたものです。

月額料金もキャリアで料金を合わせているのか同じ料金で使うことが出来ます。
基本的には端末代金も変わらないので、どこで契約しても同じです。

じゃあこのiPhoneの契約を通話飲みにすることは出来ないのでしょうか?
インターネット接続の契約をiPhoneで行わないという選択肢です。

大手キャリアでは通話のみの契約をして、ネット接続は本体に付いている無線LANの
Wi-Fiを使ってWi-Fiルーターに接続させればネット自体は使うことが出来ます。

つまりデータ定額パック、出来ればネット接続料金を契約しないという選択が出来れば
もっと安くiPhoneが使えるようになるはず。

大手キャリアのiPhone契約を詳しく調べてみることにしましょう。

電話契約のみでiPhoneを使うことは出来ない

大手キャリアのiPhoneの契約プランは基本的には上記のとおりです。
この契約内容からインターネット接続料金とデータ定額プランを外すことが出来るのか。

結果を言ってしまうと電話契約だけにすることは出来ないそうです。
インターネット接続料金の解除は受け付けていません。

しかも現在は大手キャリアではデータ定額パックの加入が必須なのでそもそも
データ定額パックの契約をしていなければiPhoneを使うことが出来ません。

これが携帯電話の契約なら通話のみのプラン、という選択肢も出来るのですが・・・
それに以前は電話のみの契約ができたというキャリアもありました。

実際にiPhone5が発売された時のプランには通話プランのみの契約が出来る
というキャリアもあったのですが、各キャリアでプランが大幅変更されました。

現状でiPhoneを安く使うためには基本通話料金プラン、ネット接続料金に
最低限のデータ定額パックを契約する以外にありません。

大手キャリア以外のプランを使ってやすくすることが出来る

現在大手キャリアでは通話プラン飲みの契約をする事はできません。
でも安い料金でiPhoneを使う方法は別にあります。

まずiPhoneで格安SIMを使うという方法があります。
格安SIMは大手キャリアの回線をレンタルしてサービス提供をしています。

MVNOと言われるサービスで、使っているのは大手キャリアの回線なのですが
余分なサービスがないために月額料金はかなり安くなっています。

しかも通話や通信の情報を記入してあるSIMカードのみの契約なので現在使っている
iPhone本体にSIMカードを挿入して使うこともできます。

注意点としてはiPhoneの販売元のキャリアの回線を使っているSIMカードを
使わなければいけないということ。

例えば自分がドコモから購入したiPhoneを使っているならドコモの回線を使っている
SIMカードを利用するということです。

スマホ本体にはキャリアごとにSIMロックがかかっています。
当然iPhoneにもあるのでそのキャリアの回線以外のSIMカードが使えないのです。

そしてソフトバンクはSIMカードのみで提供しているMVNOがありません。
つまりソフトバンクのiPhoneを使える格安SIMは無いのです。

この場合はソフトバンクショップでSIMロック解除をしてもらう必要があります。
3,000円位の料金が必要なので覚えておきましょう。

そしてiPhoneを格安SIMで使うためにはちょっと面倒な設定が必要です。

格安SIM毎の設定プロファイルを本体にダウンロードする

Android端末でも格安SIMを使う時にはANPの設定、どこのアクセスポイントを
使うかの設定をする事が必要です。

これは大手キャリアとは違うアクセスポイントを使うために本体デフォルトの設定では
通信ができないためです。

しかもiPhone端末ではこの設定を自分で入力することが出来ません。
事前に設定プロファイルを本体に入れて、構成を変えることが必要なのです。

格安SIMの説明書ではiPhone用の構成プロファイルがダウンロードできるサイトを
載せているはずです。

大手プロバイダの格安SIMなら構成プロファイルを検索することもできます。
つまり格安SIMでネットや通話をする前にWi-Fiでネット接続させることが必要です。

自分の持っているiPhone端末で格安SIMを使うなら問題は少ないのですが、例えば
中古でiPhone本体を購入した場合は起動認証がされてないという可能性も。

まあここまで面倒くさいことになっているという方は少ないと思いますが・・・
ただiPhoneをキャリア以外の方法で使う場合、面倒な設定などが必要になるということ。

それならばいっそ、SIMカードを挿入せずにiPhoneを使うことは出来ないのでしょうか?
電話はIP電話にしてしまえばこの方法でも良いのでは無いでしょうか。

SIMカード無しでiPhoneを使う方法

格安SIMを使っても安くしたい理由は多分電話番号を変えたくないためだと思います。
格安SIMなら電話番号を変えずに乗り換えるMNPが利用できるのです。

ただ電話をするだけならLINEなどIP電話のサービスが有るアプリも多くなっています。
こちらを使えば通話の契約をしていなくても通話することはできます。

格安SIMを使うときでもわかるようにSIMが機能しない状況でもWi-Fiを使って
インターネットに接続させることができます。

それならばSIMカードを挿入せずにiPhoneを使い続けても問題ないのでは?

確かに使うだけなら大きな問題にはならないと思います。
一つだけ気になるのはOSのアップデートが出来ないということです。

スマホのOSは不具合の解消やセキュリティの向上などいろいろな理由で
アップデートするのですが、SIMカードがない状況ではそれが出来ません。

アップデートの情報自体はWi-Fiでもダウンロードできるのですが
OSのアップデートの後には再起動をして認証を確認するのです。

これをアクティベーションというのですが、SIMカードがない状況では
このアクティベーションが出来ないのです。

アクティベーションが出来なければ本体の起動ができず、つまりiPhoneが
使えなくなるということです。

まあアップデートをしない、アクティベーション用のSIMを購入するなど
認証を通過させるための方法もあるのですが・・・

つまり電話番号にこだわりがなければSIMカードを使わなくてもiPhoneを
使ってネット接続させることは十分にできるのです。

SIMカードなしのiPhoneをネット接続させる方法

では実際にiPhoneをWi-Fiで運用するならどんな方法でWi-Fi接続させるのが
良いのでしょうか?

自宅に固定回線があるなら回線にWi-Fiルーターを接続すれば固定回線を使って
ネットが出来るようになります。

自宅で他の家族が固定回線を使っているなら自分は何も月額料金を払わずに
iPhoneを運用することが出来る、という状況です。

まあ一人暮らしなら結局は固定回線の料金が必要で、しかも家の中でしか使えない
というちょっと使いにくい状況です。

折角のiPhoneを持ち歩いて使いたいなら屋外でWi-Fi接続ができるところを見つける
という事になります。

自宅と同じように固定された場所でのみなら公衆無線LANスポットがあります。
一部公共施設やカフェ、ファミレス、コンビニ、ファーストフードなどで使えます。

公共施設の場合は無料で、他の場所は提携しているサービス業者の契約が必要です。
大手キャリアのWi-Fiスポットなら月額300円程度で使えるようになります。

ただしこの場合も電車内など移動中にネットを使うことが出来ません。
今までと同じようにWi-Fiでネット接続したいなら別の方法を探しましょう。

モバイルルーターなら移動中でもネットが出来る

移動中にもWi-Fiを使いたいなら持ち運びが出来るWi-Fiルーターの
モバイルルーターを使うことになります。

モバイルルーターは本体がモバイル通信でネット接続できるWi-Fiルーターです。
スマホのテザリングを行う専用端末、というイメージでしょうか。

スマホと同じように電波回線を使っているので移動中にもネット接続が出来て
Wi-Fiを使えばSIMカードのないiPhoneでもネットに繋げることができます。

大きく分けて2種類のモバイルルーターがあるのですが、使っている回線が
LTEのものとWiMAXという独自回線のものが一般的です。

LTEを使っているモバイルルーターは大手キャリアのスマホ回線と同じLTEを
使っているので、大手キャリアでもサービスの提供はあります。

ただし大手キャリアで提供しているモバイルルーターはスマホのデータ定額パックと
同じものなので月額料金が高いです。

料金体系も基本料金にネット接続料金、データ定額パック料金とスマホと全く一緒で
安くないのでこれは除外するという方向で。

他にもLTEを使っているのはポケットWiFiというサービスが有るのですが、こちらは
データ容量上限7GBか条件付きの無制限、一部の地域のみ対応というサービスです。

電波が大手キャリアのLTEなのでつながりやすいのですが上限と料金が厳しい。

もう1つのWiMAXは独自回線なのでユーザーが少なく対応地域全域でデータ通信容量
無制限プランが提供されています。

ただし利用できる地域はLTEよりも狭く、電波が安定せずに室内では断線することも。
ちなみに今までソフトバンクで使えた地域もWiMAXではつながらない可能性が^^;

モバイルルーターを使うならネクストモバイルがオススメ

それぞれの回線には大きな特徴、メリットとデメリットがありました。
そこでもう1つのモバイルルーターをおすすめしたいと思います。

それがネクストモバイルの提供しているモバイルルーターです。
ネクストモバイルはソフトバンク回線をレンタルしているMVNOです。

格安SIMではなくモバイルルーターとしてサービスの提供をしているので
SIMカードの差し替えなど面倒なことは必要なく、契約してすぐにネットが使えます。

しかも使っているのはソフトバンク回線なので全国かなり広い地域で使えます。
安定性も高く室内でも何の問題もありません。

提供しているプランは大容量データ定額パックで20GBと30GBが上限の定額プランです。
月額料金は20GBが2,760円、30GBでも3,490円という低価格のプランです!

モバイルルーターとしての提供なので他に基本料金などが必要なく、この料金だけで
ネット接続が出来るようになります。

データパックの契約をせずにiPhoneを使うならかなりお得に利用できるプランが有る
ネクストモバイルのモバイルルーターがおすすめです。

wifi

WiFi契約したその日に持ち帰れますか?使えますか?ここで契約するのがオススメ!

Wi-Fiのモバイルルーターって契約すればすぐに使えるようになる?
これ結構わかりにくいですよね?

例えば固定回線なら契約してからも工事が必要で、実際にインターネットを
使えるようになるには時間がかかります。

じゃあWi-Fiを使ったモバイル通信は契約してから端末を持ち帰ってすぐにでも
ネットに接続させることが出来るのでしょうか?

持ち帰ることが出来るところ、すぐに使えるところを確認してみましょう。

モバイルルーターを契約する場合のメリットとは?

まずは簡単にモバイルルーターを契約する場合のメリットを考えてみます。
固定回線よりもモバイルルーターが優れているところとはどこなのでしょうか?

最近では光回線が固定回線の主流ですが、対応地域はとても広くなっています。
そして通信速度もかなり速くなり、下り最速1Gbpsという回線が出来るほどです。

それに対してモバイル通信はどこでも利用できることがメリットです。
電波を使った通信なので固定回線のような回線設置工事が必要ありません。

つまり電波が届く地域ならどこでもすぐにインターネットに接続できる、というのが
最大のメリットになるわけです。

でもモバイル通信は契約すればすぐにでも使えるようになるのでしょうか?
例えばスマホのように契約した当日に持ち帰って使えるのでしょうか。

モバイル通信が契約できるところを詳しく調べてみます。

モバイルルーターの契約が出来るのはどこ?

スマホは電波を使って電話をする他にもインターネットに接続させることができます。
それと固定回線を使っているならWi-Fiルーターを設置して無線LANでつなぐことも。

この無線LANを使ったネットワークで外部接続端末を屋外でもネット接続させるのが
モバイルルーターという端末です。

持ち運びが出来るWi-Fiルーター、テザリング専用のスマホという感じでしょうか。
モバイルルーターは通話ができずにネット接続のみを行う端末です。

ネット接続が出来るのでIP電話を使えば通話もできるのですが^^;
例えばLINEやSkypeなどのアプリを使えば通話も出来るようになります。

このモバイルルーターはモバイル通信を使っているので回線契約が必要です。
つまりスマホのように契約をして使うことになります。

ではどこで契約するのが良いのでしょうか?
契約してすぐに使えるようになるのはどこなのでしょうか?

現在契約できるのは家電量販店、携帯ショップ、ネット上の公式または
代理店サイトというところでしょうか。

ではそれぞれのところで契約したらどうなるのかを考えてみます。

家電量販店で契約した場合の注意点

家電量販店ではスマホと同じようにモバイルルーターも店頭で契約できます。
こちらのメリットは契約してから端末を持ち帰ることが出来ること。

契約や回線開通までに多少時間がかかることもあるのですが、端末購入も
店頭で出来るので契約後は端末を持ち帰ってすぐにネットに接続できます。

元々電波を使った回線なので回線設置工事が必要なく、すぐに使えるというのが
モバイルルーターの大きな魅力です。

その端末を持ち帰ることが出来るので、本当にすぐにネットが出来るというのが
家電量販店の大きなメリットです。

モバイルルーターは大きく分けて2種類の回線を使っているのですが、家電量販店なら
そのどちらの回線も取り扱われていることが多いです。

つまり端末を選んで契約し、すぐにネット接続が出来るということになります。
ただし店舗によっては割引されないどころか割増料金の場合もあります。

例えばパソコン購入と同時にモバイルルーター契約をすればパソコン最大5万円引き!
というキャンペーンを展開していた家電量販店がありました。

かなりお得に見えるのですが、実際はパソコンから割引した金額をモバイルルーターの
月額料金に上乗せして請求しているだけでした。

モバイルルーターの契約がよくわかっていないと変な契約をさせられることが多く
トラブル発生が多いというのが家電量販店の大きなデメリットです。

解約手続きも店舗で出来ないという場合もあり、かなりアフターケアが心配です。

携帯ショップで契約する場合の注意点

携帯ショップでもモバイルルーターの契約ができるところがあります。
こちらの場合も端末の持ち帰りができる可能性が高いのですぐに使いたいなら便利です。

ただし携帯ショップでは取り扱っている端末が決まっています。
そして基本的にはほとんどキャンペーンが利用できません。

例えばWiMAXというモバイルルーター回線があるのですが、こちらの端末を
取り扱っている街の携帯ショップはほとんどありません。

親会社が同じKDDIのauショップなら契約をする事は出来るのですが、自分の
持っているスマホなどがauではない場合にちょっと使いにくいです・・・

大手キャリアではモバイルルーターの契約を行っていますが、スマホと同じ
データ定額パックを使ったサービスの提供なのではっきり言って高いです。

スマホと2台持ちすればトータルの月額料金は軽く1万円を超えるはずなので
かなり大きな負担になります。

ポケットWiFiというモバイルルーターはY! mobileから提供されているので
ショップで契約が出来るのですが、そもそもY! mobileのショップが少ないです。

契約できるショップを探すのがとても大変という印象でした。

ネットで契約する場合の注意点

店頭とは違って持ち帰ることが出来ないので、実際に使えるようになるまで
少し時間がかかるのがネット契約する方法です。

ネット上で契約した場合、契約が終わった時点で端末の発送がされるので
実際に使えるようになるのは3日後くらいでしょうか。

ただしネット上のサイトなら多くのキャンペーンが展開されているので店頭で契約する
という状況より安い月額料金になる可能性は高いです。

それにポケットWiFi、WiMAXともに多くのプロバイダから選んで契約できます。
プロバイダによって月額料金が違うのでここはとても重要な事です。

サービス内容や月額料金を比較して契約が出来るのでじっくりと考えて選ぶことが出来る
というのはとても魅力的です。

ただ、契約にクレジットカードを使わない場合にかなり時間がかかる可能性があります。
口座振替に対応しているプロバイダも最近ではかなり少なくなっています。

そして支払い方法の確定ができないと端末郵送が出来ない、というプロバイダでは
実際に使えるようになるまで1ヶ月程度の時間がかかる可能性が。

クレジットカードを持っていない、使いたくないという場合には選択肢がとても少なく
使い勝手が悪くなってしまうという注意点があります。

LTEを使ったモバイルルーターのメリットとデメリット

ではモバイルルーターの回線にはどちらを選べば良いのでしょうか?
LTEとWiMAXの特徴などを改めて確認してみます。

まずはLTEを使ったモバイルルーターは利用できる地域がとても広いというのが
大きなメリットになります。

キャリアで契約できるモバイルルーターは当然そのキャリアの電波を使えるので
ドコモやソフトバンクなら全国かなり広い地域でネット接続が出来ることになります。

ポケットWiFiもイーモバイル回線と、親会社のソフトバンク回線が使えます。
つまりこちらも全国かなり広い地域でネットが出来るということに。

ただしデメリットとしてはキャリアで契約した場合には月額料金が高いこと。
それにスマホユーザーと同じ回線を使うのでデータ通信総量の制限がきついこと。

ポケットWiFiでは基本的に月間データ通信容量の上限が7GBです。
制限無しで使える地域もあるのですが、全国で見てもかなり狭く一部地域のみです。

キャリアで契約した場合もスマホと同じデータ定額パックを使うので基本的に5GB
大容量データ定額パックなら20GB使えますが月額料金は6,000円です。

データ容量と月額料金のバランスに悩むのがLTEの大きなデメリットです。

WiMAXを使ったモバイルルーターのメリットとデメリット

もう1つの回線、WiMAXは独自の電波を使ったモバイルルーターサービスです。
LTEに比べると回線が混雑していないので対応地域全域で無宣言プランがあります。

月間データ通信容量の上限なしで使えるギガ放題プランが月額4,000円程度で
提供されているのでかなりお得感があります。

LTEのように一部地域のみではないので、かなり使いやすそうに感じます。
でもWiMAXはLTEに比べると対応地域がちょっと狭いというデメリットが。

WiMAXの場合、人口カバー率が94%程度なので地方都市の中には対応していない
という地域もあります。

更に使っている電波が独自の高周波数帯電波なのでLTEと違い障害物に弱く
反射してしまって室内では電波が届かずに安定しません。

私も以前WiMAXのモバイルルーターを使っていたのですが、室内ではかなり
電波の安定性が悪く動画がコマ送りのようになってしまうこともありました。

使い放題プランが有り高速通信も出来るのでかなり期待していたのですが
やはり安定していないモバイルルーターはとても使いにくかったです。

周囲の状況に影響されやすいので対応地域内でも電波が届かないという状況も
起こるので実際に使ってみるまではどうなるのかわかりません。

思った以上に対応地域が狭い、というのがWiMAXを使った感想です。

安定性と容量ならネクストモバイルがオススメ

ここで私がWiMAXから乗り換えたモバイルルーターを紹介したいと思います。
このサービスが思った以上に使いやすかったのでおすすめしたいので^^;

私が使っているのはネクストモバイルのサービスです。
実はこちら、ソフトバンクのMVNO、つまりレンタル回線でのサービスです。

ソフトバンクの回線をレンタルしてモバイルルーターサービスを提供しています。
つまり使っているのはソフトバンクのLTEなので全国かなり広い地域で使えます。

LTEなので室内での安定性も高く、何より大容量データ定額パックをオトクな金額で
使えるというのが大きなメリットです。

ネクストモバイルでは20GBと30GBが上限のモバイルルーターを提供しています。
その月額料金が2,760円と3,490円という安い料金なんです!

ソフトバンクのモバイルルーターサービスと違ってこの金額だけで使うことが出来ます。キャリアの場合データパックに基本料金とプロバイダ料金で結局8,000円を超えます。

申し込みが公式サイトからなので持ち帰ることが出来ませんが、コスパがとても良くて
安定して使えるネクストモバイルはかなりおすすめできます。

wifi

WiFiを契約して、スマホのギガ数を最小にへらす方が良いのでしょうか??スマホ代金の節約方法とは?

スマホの月額料金を節約するにはWi-Fiをどう使えばいい?
そんな疑問を持っている方はいるはずです。

実際にスマホの節約方法としてWi-Fiの利用は聞くのですが、どうやって使えば
スマホの月額料金を安く出来るのでしょうか?

Wi-Fiの契約をしてスマホをお得に利用する方法があるのでしょうか?
その方法についてちょっと調べてみることにしました。

Wi-Fiの契約をしてスマホのデータ定額パックを安くする方法

スマホを使う時、電話で通話をすること以外にインターネット回線への接続が
多くのユーザーの利用することです。

最近では通話アプリを使ったIP電話を利用も多く、実際に通話をする方は
仕事以外ではあまりいなくなっているという噂も。

つまりスマホのデータ定額パックはとても重要になっています。
でもキャリアのデータ定額パックはとても高く、月額料金が厳しいです。

例えばドコモで月間データ通信容量20GBのデータ定額パックを契約すると
このデータパックだけで月額料金が6,000円かかります。

スマホを使う場合はこれに基本通話料金プランとプロバイダ料金、有料オプションなど
全て合わせれば1万円近くの料金になってしまいます。

でもスマホ本体にある無線LAN機能を使えばデータ通信をせずにネットに
接続することが出来るようになります。

つまりWi-Fiを使うことでデータ定額パックの容量を減らして月額料金を安くする
という節約方法が考えられます。

自宅以外でもWi-Fi接続ができるならもっと月額料金を安く出来るはずです。
その方法を考えてみることにしましょう。

Wi-Fiで節約するためには固定回線は必須?

最初に考えられるのは自宅の固定回線にWi-Fiルーターをつないで
自宅ではデータ通信を行わない、という節約方法です。

実家で誰か、親などが固定回線を設置しているならそこにWi-Fiルーターを
つなぐだけでスマホも固定回線からネット接続が出来るようになります。

これなら自分では他に回線契約する必要が無いのでかなりデータ定額パックの
節約が出来るようになります。

契約しないので月額料金も変わらずにかなりいい方法のように思えますが
一人暮らしでやるなら固定回線の契約が必要で、月額料金は自分で払うことに。

大人になって一人暮らしじゃ使えないという方法ではあまりお得感がありません。
それに固定回線は自宅以外で使えないのでやはり外出先ではデータ通信が必要です。

結局あまりデータ通信パックの容量を減らすことが出来ないので大きな節約には
ならないと思います。

では外出先でも使えるWi-Fiとはどんなものがあるのでしょうか?
こちらも確認してみましょう。

公衆無線LANスポットを使うとデータ通信の節約ができる?

屋外で使えるWi-Fiネットワークとしては公共機関が行っている無料のWi-Fiスポット
公衆無線LANスポットが考えられます。

有料のWi-Fiスポットもありますが、公共機関が行っているものは無料で使うことが
出来るというスポットも多くあります。

例えば現在オリンピック開催に向けて海外旅行者を多く呼び込む政策が行われていますが
その一環として無料の公衆無線LANスポットの設置が進められています。

海外ではWi-Fi Freeという観光地や店舗も多いのですが日本国内ではまだそんな所は
少なく、外国人にも不評を買っていることの1つです。

今後この様な無料の公衆無線LANスポットが増えてくることが予想されるので
それを使えば日本人でもかなり手軽に屋外でWi-Fiを使うことが出来ます。

それに大手キャリアでも月額300円程度で提携しているカフェやコンビニや
ファーストフード店で使えるWi-Fiスポットの提供をしています。

自分の行動範囲内にこの様な公衆無線LANスポットが設置されていれば
データ定額パックの容量を少なくしても問題はないはず。

ただしWi-Fiスポットでは移動中に使えないので、やはり通勤通学でネットを
使いたいという場合はデータ通信が必要です。

移動中に使えるWi-Fiとは?

スマホのデータ通信のように移動中にも接続できるWi-Fi通信はないのでしょうか?
移動しながら使うとなればモバイルルーターが考えられます。

モバイルルーターは独自でモバイル通信を行うWi-Fiルーターです。
モバイル通信を行いますが普通の電話を使うことが出来ません。

イメージ的にはテザリング専用のスマホ、というところでしょうか。
同時に複数の端末をネット接続させることができます。

端末とはWi-Fiを使っての無線接続なのでモバイルルーター本体がそばにあれば
移動中でもWi-Fi接続は出来ます。

インターネット回線とはモバイル通信で行っているので移動中でも大丈夫。
対応地域無いならどこでもネットが利用できるという方法です。

正にどこでも使えるという回線なのですが、使うのがモバイル通信回線なので
当然ですが月額500円という訳にはいきません。

スマホと同じようにそれなりの月額料金が必要になるのですが、このモバイルルーターは
スマホを安くすることが出来るのでしょうか?

スマホの大容量データ定額パックよりも安く契約できて使いやすいモバイルルーターを
探してみることにしましょう。

WiMAX回線のモバイルルーターはお得に使えて便利?

モバイルルーターでは大きく分けて2つの回線を使っています。
その1つ、独自回線のWiMAXを使ったモバイルルーターはどうなのでしょうか?

WiMAXとは独自の高周波数帯の電波を使ったモバイルルーターです。
特徴としては利用可能地域全域で月間データ通信上限なしというプランが利用可能。

高速通信が出来て下り最速708Mbpsの通信速度で月間のデータ通信容量が
上限なしの通信が出来るというのはとても大きな魅力に感じます。

まあ直近3日間で10GB以上の通信をすると速度制限がかかる、いわゆる3日間の壁は
残っているので完全無制限ではないのがちょっと残念です。

月額料金はプロバイダによって違います。
WiMAXはかなり多くのプロバイダからサービスの提供がされているのも特徴です。

月間データ通信容量上限なしプランなら月額4,000円程度で契約可能です。
ただしプロバイダによって契約内容に大きな違いがあるので注意しましょう。

月額料金は安いけど初期費用がとても高い、契約年数が3年、解約違約金が普通よりも
とても高い金額になっているなどプロバイダで契約内容に違いが大きいです。

特に初期費用と解約違約金は後のトラブルになりやすいのできちんと確認しましょう。

WiMAXを使う場合の注意点は?

月間データ通信容量の上限なしプランが使えるのは魅力的ですが、WiMAX回線は
高周波数帯の電波を使っているので障害物で反射しやすいという特徴があります。

高周波数帯の電波は一度に多くのデータを運べるので通信速度が速くなるのですが
障害物があると反射して届きにくくなるという特徴もあります。

つまり壁に囲まれている室内ではWiMAXの電波は届きにくく、電波状態が安定しない
という状況になります。

電波状況が不安定ならせっかくの高速通信も出来ず、最悪の場合は断線してしまうことに。
しかも室内だけではなく屋外でも周囲の状況に左右されやすいのです。

高層ビルの間では電波が反射しまくって中々届かないという状況も・・・
実際に使ってみるまで電波状況がわからないというのはちょっと不安です。

しかもWiMAXはスマホの電波に比べて利用可能地域が少ないです。
人口カバー率は94%程度なので地方都市では使えない場合も。

口コミでも田舎に帰省したらWiMAXが使えなかったという意見もありました。
一応公式サイトで対応地域の確認はできるのでまずは利用可能エリアを確認しましょう。

もう1つのモバイルルーター回線は?

ではもう1つのモバイルルーターで使っている回線を確認してみます。
こちらはLTE回線、つまり現在スマホで使われているのと同じ回線です。

実際にスマホでは電話の3Gと4G/LTE回線を使っています。
モバイルルーターではこのLTE回線を使ってネット接続させているのです。

基本的にはドコモのXiとソフトバンクの4G/LTE、それにイーモバイル回線が
主にモバイルルーターで使われている回線です。

ドコモとソフトバンクではスマホと同じくデータ定額パックを使ってモバイルルーターを
使えるのですが、料金的にはスマホと一緒なので全く節約になりません。

ただしソフトバンクは系列会社のY! mobileが提供しているポケットWiFiも
契約することが出来ます。

ソフトバンクの系列会社、Yahoo! WiFiでもポケットWiFiが契約できます。
ポケットWiFiはソフトバンク回線とイーモバイル回線の両方が使えます。

ただ利用可能地域は広く室内でも安定して接続できるのですが、LTE回線は
スマホでも使われているのでユーザー数がとても多く混雑しています。

その為提供前地域でWiMAXのように月間データ通信容量無制限というプランは
提供できていません。

ポケットWiFiでは一部地域のみ月間データ容量制限なし、それか上限5GBで
月額1,980円という安い料金で利用できるプランを選ぶことになります。

つながりやすいのですがデータ通信の上限が厳しく、スマホから艦船に切り替えるには
厳しいという印象でした。

もう1つのLTE回線のモバイルルーターサービスとは?

LTEを使ったモバイルルーターは安定性が高く室内でも屋外でも変わらずに
ネットを楽しむことができる魅力があります。

そこで大容量のデータ通信が出来るLTE回線のモバイルルーターは無いのでしょうか?
探してみるとソフトバンクのMVNOでモバイルルーターを提供しているところが。

それがネクストモバイルのサービスです!
こちらではソフトバンク回線をレンタルしてモバイルルーターサービスを提供しています。

ソフトバンク回線のレンタルなのでイーモバイル回線は使えません。
でもソフトバンクなら人口カバー率99%の広い地域でネットができます。

そしてネクストモバイルでは20GBと30GBの大容量データ定額パックを使った
モバイルルーターサービスを行っています。

MVNOなので余計なサービスがなく、月額料金も安くすることが出来ます。
実際に20GBが2,760円で30GBでも3,490円という月額料金です。

スマホで同じ要領のデータ定額パックを契約する金額と比べればかなり安く
十分にスマホの月額料金をお得にすることが出来るのがわかります。

しかも20GBあればスマホのデータパックを最低容量にしてもモバイルルーターの
容量だけで十分にインターネットを楽しむことができます。

移動中にも使えてスマホの月額料金を安く出来るモバイルルーターなら
ネクストモバイルのサービスが最適です。

wifi

モバイルwifiルーター契約するならどこがおすすめ?どんな違いがある?

モバイルWi-Fiルーターはどこのどんな商品が良いのかわからない。
そう思っている方は多いのでは?

実際にモバイルWi-Fiルーターのサービスはかなり多くのところが行っていて
端末にも種類が多く、どこを選んだら良いのかわからないです。

でも色々なサービスにはそれぞれ特徴があるので、自分にあったサービス内容の
モバイルWi-Fiルーターを探すことは出来るはずです!

モバイルWi-Fiルーターはどこで選べば良いのか?

モバイルWi-Fiルーターは簡単に言うと持ち運びが出来るWi-Fiルーター。
つまり屋外でも無線を使って複数の端末をネット接続させることが出来るルーターです。

一般的なWi-Fiルーターは固定回線の途中に設置して無線LANネットワークを作って
複数の端末をインターネット回線に接続できるようにする装置です。

これを持ち運びできるようにするためにはモバイルWi-Fiルーター自体に
ネット回線に接続させる機能が必要になります。

そこでスマホのようにモバイル通信回線に接続できるWi-Fiルーターを小型にして
持ち運びが出来るようにしたのがモバイルWi-Fiルーターです。

そしてこのモバイルWi-Fiルーターは現在かなり多くの種類が取り扱われていて
色々なサービスが提供されています。

その中からどんなサービスを選べば良いのでしょうか?

まずはモバイルWi-Fiルーターのサービスの大きな違いを確認してみましょう。
一番大きな違いは使っているモバイル回線の違いです。

LTEとWiMAXの違いはどんなところ?

モバイルWi-Fiルーターで使われている回線は色々あるのですが、大きく分けると
2種類の回線を使っているということ。

1つはLTE、こちらはスマホでも使われている大手キャリアが提供している
モバイル回線です。

もう1つは独自のネットワークを作っているWiMAXという回線です。
こちらはUQコミュニケーションズというところが提供しています。

それぞれに提供している会社が違い、更に奥の企業からサービス提供されていて
かなり混乱しそうですがまず使っている回線自体は2種類です。

そしてこの回線自体にも大きな特徴があるので、それらの特徴を考えてどちらの回線が
自分に使いやすいかを考えると良いと思います。

ではそれぞれの回線の特徴とはどんな所なのでしょうか?
デメリットも一緒に確認してみることにしましょう。

LTE回線の特徴とデメリットを確認してみる

まずはLTE回線の特徴から。
こちらは多くの方が使ったことがあるスマホの利用している回線と同じです。

実際にモバイルWi-Fiルーターではソフトバンク、ドコモ、イーモバイルの
LTE回線が利用されています。

イーモバイルは現在ソフトバンクの系列会社になっていて、名前もY! mobileに
変更されていますが回線自体はイーモバイル時代に設置されている回線です。

そして系列会社なのでソフトバンク回線とイーモバイル回線が同時に使えます。
ソフトバンクとY! mobileで提供されている端末は両方の回線が使えます。

ドコモは自社で提供しているXiを使った4G/LTE回線のサービス提供です。
人口カバー率100%と言われるほど広い地域で利用できる回線が魅力です。

ソフトバンクも人口カバー率は99%なのでかなり広い地域でネットが利用できます。
LTEはこの広い利用地域がとても大きな魅力となっているようです。

それとテレビのCMでも説明されていましたがLTEは900Mhlzの低周波数帯の電波を
使って回線を作っています。

この低周波数帯電波は障害物に強く、壁などを避けて直進することが出来るという
特徴がある電波です。

つまり壁や天井に囲まれている室内でも安定して電波が届くので外出先の室内でも
安定してネットが出来るというメリットがあるのです。

これに対するデメリットは回線の利用者がとても多いこと。
スマホと同じ回線を使っているのでLTEはいつでも混雑状態という感じです。

その為かモバイルWi-Fiルーターのデータ通信容量の上限はとても厳しく
ソフトバンクとイーモバイルが提供しているポケットWiFiでは7GBが上限です。

このデメリットについてもう少し詳しく調べてみることにしましょう。

LTEは月のデータ通信容量が厳しい

スマホの場合、月間データ通信容量の上限は自分で決めて契約が出来るようになりました。
以前は一律7GB上限でしたが、最近では20GBという大容量の契約もできます。

でもポケットWiFiのサービスを見てみると基本的には上限7GBで、特定の端末なら
上限なしで通信が出来るという状況です。

しかもその条件がとても厳しく、あまり自由に使えるという印象がありません。
無制限で使えるのはAXGPエリア内でアドバンスモードを使った場合のみのです。

LTEのエリア内にはAXGPという特別な通信技術を使った電波を利用できる地域が
あるのですが、それは大きな都市の一部地域のみです。

地方都市には展開していないエリアで、しかも端末をアドバンスモードに設定する
という操作も必要になります。

当然アドバンスモードに対応していない端末では使うことが出来ず、設定しない状態で
通信をすれば上限は7GBのままです。

月間データ通信容量上限なしというプランはとても使いにくいという印象でした。

それならば大手キャリアで大容量データ定額パックを使ったモバイルWi-Fiルーターを
契約すればいい、と思うのですが今度は月額料金が大きな負担になります。

ソフトバンクとドコモではスマホと同じデータパックを使ったモバイルWi-Fiルーターの
サービス提供をしています。

20GBや30GBの大容量データパックを使うことが出来るのですが、当然料金も同じ。
つまり20GBで6,000円、30GBなら8,000円の月額料金が必要です。

これに基本料金とプロバイダ料金を合わせて2,000円がプラスされるので結局かなり
高い料金が必要なのです・・・

WiMAXの特徴とデメリットを確認

ではもう1つのWiMAXを使ったモバイルWi-Fiルーターの特徴を確認してみます。
こちらは独自回線を使ったサービスの提供をしています。

独自回線を使っているのでLTEに比べると利用者数が少なく、対応地域全域で
月間データ容量上限なしプランの提供が行われています。

こちらは特定地域やルーターの設定などが必要なく、上限なしプランの契約をすれば
かなり簡単に月間データ容量上限なしでネット接続ができます。

しかも使っているのが2.4Ghlzの高周波数帯電波なので一度に多くのデータを
やり取りすることが出来るメリットもあります。

データ通信容量が大きいので通信速度が高くなるのです!
実際にWiMAXの最新端末では下り最速708Mbpsという速度での通信が可能です。

まあモバイル通信はベストエフォートなのでこの通信速度がいつでも出せる
という訳では無いのですが^^;

そしてデメリットとしては電波の安定性が悪い事。
利用できる地域がLTEに比べるとちょっと狭いのもデメリットに感じます。

WiMAXは人口カバー率94%なのでLTEに比べて通信できない地域が広く
田舎では電波が届かないという状況もあります。

それに電波の安定性が悪いのはかなり大きなデメリットです。
これについてもっと詳しく確認してみることにします。

WiMAXの電波は室内では届きにくい

WiMAXが使っている高周波数帯の電波は高速通信が出来るという特徴の他に
障害物に反射しやすいという特徴もあります。

低周波数帯の電波は障害物があってもそれを避けて直進しようとするのですが
高周波数帯の電波は障害物に当たると反射して跳ね返ってしまいます。

つまり壁に囲まれた室内では壁に反射して室内に届きにくく、室内でも
壁や天井で電波が乱反射するので電波が安定しないのです。

実際に以前私もWiMAXのモバイルWi-Fiルーターを使っていたのですが
室内では動画の再生がとても重たく、快適とはいえませんでした。

ひどい時には回線が切断されてしまい動画をよく見る私の使い方ではストレスが
大きく溜まるという状態でした。

それに周囲の状況に電波が影響されやすいというのもWiMAXの大きな特徴です。
壁などの障害物、これには高層ビルなどの含まれてしまいます。

それに工場などがあるとそこの機械から出る電波にも影響されることも。
電波干渉が起こって届かなくなってしまうのです。

WiMAXの場合対応地域内でも安心できず、実際に使ってみないと電波が届くのか
わからないというのは大きなデメリットに感じました。

それぞれの回線はどんな人なら使いやすい?

例えばポケットWiFiを使うならデータ通信容量上限なしというプランではなく
少ない容量で安い月額料金のプランも提供されています。

Yahoo! WiFiから提供されているのは上限5GBですが月額1,980円で使えるプラン。
業界最安値クラスと言われるプランが有りました。

まあ実際は会員になる必要があってその料金が500円かかるので2,480円が
月額料金になるのですが。

それでもかなり安く、スマホのサブ回線としては十分に使えると思います。
ただメイン回線にするにはかなり厳しいという感じです。

WiMAXなら月間データ通信容量無制限プランは大きな魅力です。
月額料金もプロバイダを選べば4,000円以下で契約することができます。

室内ではパラボラアンテナの自作や窓際の安定しているところを探すなど
工夫が必要ですが電波が安定するところがある可能性はあります。

旅行に持っていかずにそれなりの都市部で使うなら問題はないと思うのですが・・・
ちょっと博打になるのが不安といえば不安です。

私のおすすめは大容量データ定額パックが安く使えるLTE

ここで私がおすすめするモバイルWi-Fiルーターを紹介しましょう。
商品としてはLTE回線を使っているのですがポケットWiFiでもキャリアでもありません。

それはネクストモバイルというソフトバンク回線を使ってサービス提供をしている
MVNOのモバイルWi-Fiルーターです。

回線はソフトバンクのLTEを使っているので広い地域でネット接続ができます。
でも回線レンタルをして提供しているだけで余計なサービスが一切ありません。

ポケットWiFiとの違いはイーモバイル回線が使えないこと。
端末も選ぶことが出来ず、1種類を0円購入するという形です。

でも利用できるプランは20GBと30GBという大容量データ定額パックです。
しかも月額料金は大手キャリアに比べるとかなり安くなっています。

20GBが2,760円、30GBでも3,490円という月額料金なのでスマホに比べると
かなり安い金額で契約できる魅力があります。

実際に使っている私の感想としては、大容量なので動画を見ていてもそれほど
データ通信容量を気にする必要がありません。

LTEなので室内でも安定していてソフトバンク回線なので利用できる地域も広いです。
どこでも安定してネットが出来る安いモバイルWi-Fiルーターだと思います。

どこのモバイルWi-Fiルーターを契約しようか迷っている、という方には
ネクストモバイルをおすすめします!

wifi