どの会社のルーターがいい?一番速いwifiルーターはどれ?

手軽で人気のポケットWiFi。結局どこが一番いいのか

・ブランド力で考えるならドコモ
・キャッシュバックなどのサービス面で考えるならWIMAX
・ソフトバンクのスマホを使っているならヤフーWIFIかワイモバイル

固定回線の契約をわざわざしなくても、手軽にネットができるので人気になっている
ポケットWiFi。私も使っていますが、どこのどのルーターが一番速いか気になりますよね?

私が使っているのは「WIMAX WX03」という比較的新しい機種です。
都心に仕事に行っても、都内の自宅でも地方に旅行に行っても、つながりやすいです。
料金も豊富な通信量の割には安いし、操作も簡単で重宝しています。

最近は通勤の時に、YOUTUBEで好きなアーティストのPVを見るのにハマっています。
通勤中に音楽を聴きながら、電車に乗っていると仕事モードに切り替わるからいいですよね?
映像付きだと音楽により一層のめり込めるから、気分転換になります。

WIMAXはドコモほどメジャーな会社ではないので、抵抗がある人もいるかもしれません。
でも大本はKDDIですし、WIMAX専用回線とauの通信回線を使ってネットできます。
また、契約をすると高額キャッシュバックがあるから少しでも費用を抑えたい人向き。

ブランド力で決めるならドコモですが、キャッシュバックなどのお得さで決めるならWIMAX
ですね。あとはスマホとおそろいの会社にしたい場合、ソフトバンク系列ならヤフーWIFI、
ワイモバイルがあります。

これらのポケットWiFiは、それぞれどれくらいの速度が出るのでしょうか?
具体的に全国で計測した方がいるので、その方の体験談を見てみましょう。

WIMAX、ドコモ、ソフトバンク…それぞれのキャリアの速度を図ってみた結果

・全国的にいちばん速いのはWIMAX
・その次がソフトバンクでドコモはxiでもあまり早くない
・ドコモのポケットWiFiは料金も高い

ある方が全国でWIMAX、ドコモ、ソフトバンクそれぞれのポケットWIFIの速度を鑑定
したをまとめてみると…

〇WIMAXがいちばん速かった場所
・東京(東京ミッドタウン、東京タワー、大江戸温泉物語、JPタワー、スカイツリー、
   浅草寺、上野動物園、東京ドーム、池袋サンシャインシティ)
・神奈川県(川崎大師、横浜スタジアム、横浜アリーナ、ららテラス、由比ヶ浜海水浴場)
・京都(東寺、二条城、京都市動物園、金閣寺、嵐山オルゴール博物館)
・大阪府(花博記念公園、大阪市率博物館、通天閣、USJ、ポートタウン、仁徳天皇殿)
・兵庫県(甲子園球場、芦田市立美術博物館、ポートアイランド、六甲アイランド)
・愛知県(セントラルタワーズ、スカイフロムナード、名古屋久屋大通公園)

〇ソフトバンクがいちばん速かったところ
・東京(渋谷ヒカリエ、としまえん、昭和記念公園)
・兵庫県(大丸神戸店)
・愛知県(松坂屋)

この方の体験談には、ドコモのルーターがいちばん速いところはありませんでした。
このようにWIMAXがダントツで速いですね!

そもそもルーターとは?スマホがあるのにどうして必要なのか

・1台のルーターで10台くらいの通信機器がネットに繋がれるから
・スマホのテザリングもあるけど、バッテリーの消耗が早い
・ゲーム、パソコン、スマホ、タブレットを1台で使える

ポケットWIFIの中で一番速いwifiルーターはWIMAX。
でも、そもそもどうしてポケットWiFiが必要なのでしょうか?

家でも外出先でも、スマホでネットしたいだけならスマホだけで十分です。
でも、ゲームやタブレット、パソコンなどでもネットにつながりたい場合はスマホだけ
ではできませんよね?

テザリングというスマホをルーターのようにする機能がありますが、これはバッテリーの
消耗が激しいというデメリットがあります。
ですので、やはりポケットWiFiを持った方がいいでしょう。

ポケットWiFiはどの会社のルーターも200Mbps以上の速度が出るのか

・最大速度はあくまでも計算して出した速度で実際の速度は違う
・建物の壁や家具、車、木などに電波がぶつかって速度が落ちてしまう
・基地局からの距離が遠いとその分速度が遅くなる

ポケットWiFiでいちばん速いルーターはどれか?
これを考えるうえで参考になるのは、それぞれの会社で計測されたルーターの最大速度。
WIMAX、ドコモ、ソフトバンクのルーターの最大速度は…

WIMAX最大440Mbps、ドコモ最大262Mbps、ソフトバンク最大866Mbps。
これだけ見ると、かなりの速度が出る印象ですね!
でも、実際のユーザーの口コミを見てみると違います。

例えば、WIMAXは86Mbps前後、ドコモは10Mbps前後、ソフトバンクは51Mbps前後。
最大値とはかけ離れた数値ですね。どうしてこんなに違うのでしょうか?

その原因について調べてみると、最大速度は計算してはじき出された速度なのだそうです。
実際にポケットWiFiで通信するときは家具、壁、木、車、人、建物などのさまざまな障害物が
あって、基地局まで電波をさえぎっています。

基地局が多ければ多いほど、最大値とはかけ離れた速度になってしまいます。

ですので、計算上の最大値からどんどん遅くなって、実際の速度にまで落ちてしまうのです。
でも、体感的には5Mbps出れば十分速いので、問題ないと思います。
ただやっぱりいちばん速いのはWIMAXですね。

ポケットWiFiは固定回線に比べて速度が遅いというイメージを持っている人は多いです。
私もWIMAXを使い始める前まではそうでした。

料金を払って契約するし、一度契約したら2年間は解約できないのに、もし通信速度が遅すぎて
ぜんぜん使い物にならなかったらどうしようと思っていたのです。
でも、実際に契約してみるとそんな心配はいりませんでした。

光回線のときと同じように快適に通信できているから、高画質動画の再生もスムーズです。
「それでも固定回線ほどの速度は出ないんでしょ?」と思うかもしれませんが、そんなことは
ありません。意外と速度に違いはないのです。

固定回線とポケットWiFi。速度に違いがほとんどない理由まとめ

・固定回線の通信速度は回線自体ではなくて無線ルーターが決める
・回線が高品質でもルーターが古いものだと速度が遅くなる
・無線ルーターの最大速度は300Mbps~433Mbpsくらい

固定回線はフレッツ光だと最大で1Gbpsの速度が出るそうです。
私は以前フレッツ光を使っていましたが、こんなに速いとは思っていませんでした。
でも、それは私の家のルーターのせいなのです。

フレッツ光を家に引いた当時、お金がなかった私は実家で数年前から使っていた古いルーターを
おさがりでもらって使っていました。ルーターが古かったから最大速度が遅くてせっかくの高速
通信を全く生かせていかなったのです。

なんとも間抜けな話ですが、こういう状況になっているお宅は日本中にあります。
回線が高品質なのにルーターがダメなせいで最大速度が200Mbpsくらいになっていることも…。

実際に今一人暮らしの人に人気のルーター「NEC AAtermWF 300HP 2 PA-WF300HP2」は
最大速度が300Mbps。ほかのルーターも300Mbps~433Mbpsくらいでした。
ルーターは3,000円~10,000円くらいで値段と速度が比例しない感じです。

「BUFFALO WHR-1166DHP3」というルーターは最大速度が866Mbpsで、WIMAXの2倍でした。
ルーターは詳しくないし、何を選んでいい変わらなないという人はほとんど速度が変わらないので、
ポケットWiFiにしましょう。

ポケットWiFiで一番速いのに「WIMAXは遅くてよくない」という口コミがある理由

・昔のWIMAXは440Mbpsくらいしか出なかったから
・昔のポケットWiFiの最大速度はドコモの110Mbps
・ポケットWiFiの記事には古いものもあるから気を付けよう

ポケットWiFiで一番速いのはWIMAXです。
今発売されている最新機種を選べば、かなり高速な通信ができます。
どのルーターを選んでも、無料なので遠慮なく最新機種を選びましょう。

でも、WIMAXのルーターについて調べていると、不安な記事を見かけることがあります。
それは「WIMAXのルーターは遅いし、よくないから契約しないほうがいい」というもの。
速いはずのWIMAXがどうして、こんなふうに書かれているのでしょうか?

その原因は記事が昔のものだから。
昔はWIMAXがポケットWiFiで一番遅いルーターでした。
その最大速度は40Mbpsでドコモが最大110Mbpsと、いちばん速かったのです。

ですので、記事が書かれているタイミングを確認して、古い記事は気にしないでください。
ポケットWiFiの技術は年々進化しているので、最新の記事を参考にするといいですよ。

WIMAXの中で一番速いルーターはどれなのか

・通信技術は年々進化しているので最新機種がいちばん速い
・WIMAXの通信規格が変わってから最大値は440Mbps
・低速で使い放題の通信モードは終了している

WIMAXの通信技術は年々進化しているので、最新機種がいちばん速いということになります。
WIMAXの通信規格が変わってから最大値は440Mbpsですが、これはキャリアアグリケーションと
いう技術の成果です。

最大速度220MbpsのWIMAX2+の電波を二つ同時に送受信することで、倍の速度にまで引き上げる
ことができたのです。その結果、低速で無制限で通信できるWIMAXという通信モードを終了して
いますが。

高速通信でかなりの通信量を使えるようになっているので、よくスマホで動画を見る人にも向いて
いますよ。

SNSは意外と通信料がかかる

「スマホで動画は見ない」という人でも、気が付くと通信制限に非か買っていることってあり
ますよね?そういう場合はSNSが原因と考えられます。

SNSは画像をたくさん読みこんだり、短い動画をたくさん見たりします。
動画は読み込むときに通信するので、意外と長い動画を1本見るよりも、短い動画をたくさん
見たほうが通信量がかさむのです。

ですのでSNSをよくアップしたりチェックしたりする人は、WIMAXがいいでしょう。

wifi

便利で人気なポケットWiFiの中で、一番つながる回線は?

ポケットWIFIは便利で人気。若い人は固定回線よりもモバイル回線

・契約不要、工事不要でとっても手軽!
・引っ越すときも固定回線のように解約する必要なし
・旅行や出張先でも使えるから便利

一昔前までは、インターネットというと固定回線でしか契約できませんでした。
家の中で固定回線、外出先では携帯回線でネットするのが当然。
外出先ではメールやネットサーフィンを遠慮して、家でだけ思う存分ネットする…。

通信制限のことを考えて、こんなふうにネットしていた人が多いと思います。
でも、今は違います。
モバイル回線が登場したので、家でも外出先でも昔よりも多く通信できるようになりました。

モバイル回線はポケットWiFiとかモバイルルーターという呼び方がありますが、ここでは
ポケットWiFiとします。私もポケットWiFiを使っていて、とても重宝してますよ。
以前は、固定回線+携帯+ポケットWiFiという組み合わせが一般的でした。

しかし、今はポケットWiFiの通信制限が緩くなって多く通信できるようになったので、
スマホ+ポケットWiFiのだけというスタイルの人が多いです。
私もこのスタイルで、家でも外出先でも快適にネットできています。

ポケットWiFiが便利と言われている理由は、契約の時から実感できます。
まずネット上で契約できて、自宅にルーターが届くからそれにかんたんな設定をすれば
いいだけなのです。

ネット知識ゼロで機械音痴だった当時の私でも、5分以外に終わった設定だったから
ゲームとかで設定に慣れている人はもっとはやく終わるかもしれません。

契約も工事も知識も必要ないし、引っ越すをするときも一度契約して再契約をする必要が
ありません。光回線だと通信エリアによっては引っ越しをするだけで解約と撤去工事、
再契約と設置工事をしないといけないので、かなり大変です。

私が以前光回線に契約していた時は、長い説明を受けて契約をして工事は別の日で、立ち合いが
必要で、引っ越しになったらまた自宅に業者が来て回線を撤去して…と大変でした。
引っ越しの準備や手続き、掃除などでバタバタしているときに辞めてほしいと思っていました。

ポケットWiFiには、この心配がありません。
また、コードレスで持ち運べるから旅行や出張にも持っていけて、いつも通りにネットを
楽しむことができますよ。

ポケットWiFiでつながるのはどれなのか?それぞれを比較してみた

・ポケットWiFiにはWIMAXとLTEの2種類がある
・WIMAXは直進が得意で、LTEは曲がりくねって通信するのが得意
・住んでいる住宅事情やよくネットする場所の特徴を考えて選ぼう

ポケットWiFiには、主に2種類あります。
それぞれ特徴が違うから、つながりやすさが違います。

〇WIMAX
・電波の特徴として直進するのが得意
・都市部に基地局が集中している
・周りに建物がなくて土地が平坦なところで通信するのに向いている

〇LTE
・電波の特徴として曲がりくねるのが得意
・都市部でも地方でも基地局が多い
・建物が入り組んでいたり、土地が盛り上がっていたりするところでの通信に向いている

この2つの電波の違いは周波数によって、起こります。
周波数とは1秒間に繰り返される電波の数のことです。
ポケットWiFiは700MHz~2.5GHzの周波数を使っています。

WIMAXは一番高い2.5GHzの周波数で直進に強いです。
LTEは900MHz、1.7GHz、2.1GHzの周波数なので直進よりも曲がりくねるのが得意。

この特徴を覚えておくと、WIMAXとLTEどちらがいいのかはあなたの住宅事情を考えてみれば
わかります。

周りに背が高い建物が多く、入り組んでいる場所に住んでいるならLTE。
周りには何もなくて開けたところに住んでいるなら、WIMAXがいいでしょう。
家だけではなく、よくいく外出先の環境も事前にみておくといいですよ。

また、「WIMAXは室内ではつながりにくい」とよく言いますが、それは昔の話です。
今は電波を発受信する基地局が増えて、入り組んだ室内でもつながりやすくなっています。
ただ、電波の特徴としてはLTEのほうが入り組んだ場所に強いというだけです。

WIMAXは入り組んだ場所では使い物にならないというわけではありません。

実際にWIMAXを室内で使ってみた体験談

私は数年前からWIMAXを使っています。
ここからは、私の体験談をお話ししていきます。

最初、WIMAXに契約するときは「室内でつながりにくい」とか「使う地域によっては使い物に
ならない」とかいろんなマイナスな情報が多くて不安でした。
でも、実際にWIMAXを使ってみるととても快適で何の問題もなく、ネットできました。

半地下のカフェや高い建物が多いオフィス街でも、ふだんと変わらないような使用感でした。
画像や多いサイトや動画が貼ってあるサイトはちょっと読み込むのが遅いかなという程度。
イライラすることもほとんどありません。

また、高画質な動画を見るときも問題なくみられています。
データが重くてサイトをなかなか読み込めないということはないので、安心して使えていますよ!

つながりやすさと同じくらい大切な通信制限

・LTEのポケットWiFiはつながりやすいけど通信制限が厳しい
・WIMAXなら3日間で10GBも使えて大容量
・固定回線と同じような感覚で使えるからヘビーユーザーでも安心

ポケットWiFiはつながりやすさと同じくらい、通信制限の緩さが大切です。
制限が厳しいと、毎日使いたいだけネットを楽しむことができません。
ですので、あなたの通信量にあった通信制限のポケットWiFiを選びましょう。

LTEは都市部でも地方でもつながりやすいですが、通信制限は3日間で3GBまで。
30日間で30GBまでしか使えないので、動画を楽しみたい人には物足りない通信量です。
一方WIMAXは3日間で10GB使えるから、30日間で100GB使えます。

固定回線と同じ感覚で使えるので、スマホで動画をよく見る人に向いています。
話題のスポットに出かけたり、行列に並んだりするのが好きなタイプの人には、WIMAXじゃ
ないと暇つぶしができないですね。

ポケットWiFiにはポケットWiFiをメインで扱っている会社だけではなく、ドコモのようなキャリア
の商品もあります。でも、auはWIMAXの親会社、ソフトバンクはワイモバイル、ヤフーWIFIの
親会社なので、この2つの会社の商品に先を越されてしまっています。

ドコモは通信費が高いので、ポケットWiFiを持つとかえって通信費がかかるし、あまりいいと
思えません。私は自分が使っていて、一度も不満を感じたことがないWIMAXがいいと思います。

ドコモの通信エリアは広いけど「xi」のエリアがとても狭い

・ドコモの通信エリアはキャリアの中でも一番広いけど高速通信「xi」のエリアは狭い
・つながりやすいけど通信料金が高くて毎月の支払いが大変
・WIMAXなら高速通信エリアも広い

ドコモの通信費は高いものの、通信エリアが広くつながりやすいというメリットがあります。
でも、これは普通のサイトを見る時やメールなどをするときだけです。
SNSやYOUTUBEなどの高速通信が必要なときは、少しつながるのが遅くなります。

その理由は、ドコモの通信エリア自体はキャリアの中でいちばん広いのですが、「xi」という
高速通信のエリアが狭いのです。WIMAXやほかのキャリアは高速通信のエリアも広いですね。

例えば、私は関東に住んでいるのですが先日旅行で北海道へ行きました。
そのときも東京にいるときとかわらない通信速度で、安定してネットができました。
会社の先輩もWIMAXを使っているのですが、沖縄に行ったときも問題なかったそうです。

こんな風にWIMAXは北は北海道から南は沖縄まで、スムーズにつながります。

「xi」はごく一部しか対応していないから、「xi」の速度を期待してドコモのポケットWiFiを
買うと、がっかりする結果になりますよ。

どんなによくつながるポケットWiFiでも光回線とは差が出るものなのか

・フレッツ光は最大速度が1Gbps、WIMAXは最大速度が440Mbps
・桁が違うけど体験的には5Mbps以上は変わらない
・固定回線と通信速度にそん色を感じることはない

フレッツ光は最大速度が1GbpsでWIMAXは最大速度が440Mbpsです。
桁が全然違うので、「光回線のほうがやっぱり断然速いんじゃん!」と思うかもしれません。
でも、実際はほとんど変わらないのです。

どうしてこんなに最大速度の桁が違うのに、実際にはほとんど変わらないのでしょうか?
その理由は体感速度にあります。人の体感速度は5Mbps以上がわかりません。
つまり、60Mbpsも1Gbpsも同じ速さに思えるのです。

これを考えると、高速通信がしたくてわざわざ高い料金を支払うのが嫌になりますよね?
私はこのことを知って、光回線からWIMAXに変更しました。
無制限感覚で使えるし、家でも外出先でも使えるのがうれしいです。

最近はインスタを始めようかと思っているので、動画や画像をアップしやすいからWIMAX
を持っていてよかったなと思っています。

ポケットWiFiがいい理由はほかにもある!その1「ルーターの買い替えがお得」

・ルーターは常に最新機種が出るので定期的に買い替える必要がある
・固定回線だと優良なルーターも、モバイルWiFiなら乗り換えるとタダ
・乗り換えの手続きはネットでできるから楽

固定回線でもモバイルWiFiでも、電波を使うためにはルーターが必要です。
このルーターはスマホやパソコンなどのように常に最新機種が発売されています。
定期的に買い替えていくと、最新の通信規格でネットができます。

固定回線だと、家電量販店や通販で、有料でルーターを買うことになります。
ポケットWIFIなら3年ごとにネットから乗り換えれば、ただで最新ルーターが手に入ります。
固定回線を2年おきに乗り換えるのは大変ですが、モバイルWIFIなら楽ですよ!

その2「ほこりがつかない」

固定回線のルーターだとめったに動かさないので、ほこりが被ってべたついたりします。
でも、ポケットWIFIなら常に持ち歩いているからほこりが付きません。
家電は清潔に使っていないと、発火したりするので家事を防げますよ。

wifi

インターネットは固定電話なしでも契約できる時代!方法は?

インターネットの契約といえば固定電話だけど、なしでもできる

・固定電話が必要なのは電話回線を利用するADSL回線
・光回線なら通信回線を使うから固定電話なしでもOK!
・固定電話を置かない一人暮らしや夫婦だけの家庭向き

インターネットを契約するなら、固定電話が必要というイメージがありますよね?
私も一人暮らしを始めたときにそう思っていて、「一人だから固定電話いらないけど、
ネットしたいなら買わないと」と考えて家電量販店に行ったことがあります。

でも、そこで店員さんにフレッツ光を進められて「光回線なら、固定電話はいりませんよ」
と説明されて、びっくりしました。

店員さんの話によるとインターネット契約に固定電話が必要なのは、電話回線で通信する
タイプだけなのだそうです。
ADSL回線は電話回線でネットも電話もするので、固定電話は必須。

でも、フレッツ光のような光回線は電話回線ではなく、通信回線を使って通信します。
だから固定電話は必要ないのです。
でも、通信回線を使って通信するのにどうしてフレッツ光という名前なのでしょうか?

その理由が気になってさらに調べてみると光ファイバーという新素材を使って通信する
仕組みになっていて、従来の銅でできている回線よりも速度がはやいのです。
固定電話もいらないし、通信速度も速いのはありがたいですよね?

また、もし固定電話が必要になってもオプションで光電話を追加できます。
月額500円~なので手軽な料金だし、光回線だから音もきれいでつながりやすいですよ!

光回線のインターネットを契約するときの注意点はどこなのか

・プランを決めて、プロバイダーを決めて、工事をしてと流れは同じ
・自分の通信量にあっているプランを選ばないと無駄が出てしまう
・ギガ放題が必要なのはインターネットヘビーユーザーだけ

光回線と電話回線、インターネットを契約するときに注意したほうがいいポイントは
同じなのでしょうか?それぞれの特徴を調べてみました。

・プランを決める 戸建てかマンションか、ギガ放題か定額プランかを決めます。
・プロバイダーを決める 回線と一緒に契約できるプロバイダの中から好きな会社を選びます。
・契約をして工事する 自宅で契約をして業者に来てもらって工事をします。

私の時はエアコンの排気口から、ケーブルを通すから30分以内に終わる簡単なものでした。
無線ルーターという電波を家中に飛ばす機器の設定をやってもらえるので便利ですよ。
私も契約したとき、ネットの知識はほぼゼロだったから不安でしたが大丈夫でしたし。

でも、契約前にネットについて詳しく教えてもらえたし、工事はすべておまかせで
よかったからとくに困ることがありませんでしたよ。

光回線の料金はどれくらい?実際に契約している人の体験談

・フレッツ光は月額5,000円前後、niftyのADSLだと月額3,400円前後
・ADSL回線は固定電話がなくても加入権なしというプランなら契約できる
・通信速度にこだわりがないからADSLでも大丈夫

光回線は最新技術をつかっているので、料金が高いイメージですよね?
そこで実際の料金を調べてみると、フレッツ光では月額5,000円代でした。
ケーブルテレビでTVのオプションに加入していると、月額1万円代になってしまいます。

やっぱり最新の技術を利用して通信するので、料金は高めですね。
通信料を安く抑えてネットしたいなら、ADSLがいいでしょう。
ADSLには固定電話なしでもネットできる「加入権なし」があります。

光回線よりも通信速度が遅くて通信も不安定ですが、ふつうにネットサーフィンできます。
ただサイトを閲覧して、メールをしてLINEをしてというだけならADSLで十分。

でもYOUTUBEで高画質動画をみたり、LINEでよく動画をやりとりする場合は光じゃないと
安定しません。

加入権なしでもプロバイダは必要?その理由まとめ

・固定電話の加入権なしでもプロバイダは必要
・プロバイダはネットの電話番号のようなものなので電話とは別
・プロバイダは固定回線と一緒に契約できる

固定電話なしでADSLを契約するとき、加入権なしでもプロバイダは必要です。
プロバイダは電話回線でいう電話番号のようなものなので、必要なのです。

プロバイダは固定回線と一緒に契約するので、手間はかかりません。
固定回線は光でも、加入権なしのADSLでも、ネットから契約できます。
プロバイダももちろん、ネットから契約できますよ!

ただ光回線は通信が安定していて速度が速いけど、料金が高い。
ADSL回線は料金が安いけど、通信が不安定で速度が遅い。
どちらにもメリットとデメリットがあります。

あと、どちらにせよ固定回線を契約するなら工事が必要だし、申し込みから契約まで
2週間以上あります。一人暮らしの人は引っ越しが多いので、ネット契約に手間も料金も
かけたくないですよね?

そこで固定回線でインターネットする以外にも、方法を考えてみましょう。
私は一度光回線に契約したけど、今はモバイル回線に契約しています。

私が光回線に契約したけどモバイル回線に契約した話

・光回線は家でしか使えないし、料金が高い
・モバイル回線なら外出先でも使えるし、料金が安い
・どちらも住んでいる環境によって左右されてしまう

光回線は固定回線で通信するので、特定の場所でしかネットできません。
個人で契約する場合は家ですね。家以外でネットするときはスマホの回線を使って
ネットするので、スマホの通信料もかかります。

でも、私が今使っているモバイル回線なら無線通信だから家でも外出先でもネットできます。
スマホの通信回線でネットする必要がないから、スマホのパケットプランを解約できます。
料金をシンプル化できるし、月額の通信料の合計も安くなりますよ。

私の場合はドコモのスマホのパケットプラン月額5,000円+フレッツ光の月額5,100円で
毎月11,000円も通信費にかかっていました。
しかし、今はモバイル回線の通信料4,880円が毎月かかっているだけ。

月々の通信料が半額くらいになるので、かなり節約になりますよ!

ただ、通信が安定している光回線でも集合住宅に住んでいると同じ建物に住んでいる人
たちと通信回線を共有しないといけないので、みんなが通信する時間帯は不安定になります。

一方、モバイル回線も無線通信だから電波が届きにくい場所やユーザーが多いところでは
通信が不安定になってしまいます。こんなふうに、どちらにもデメリットはあるのです。

モバイル回線ならではのデメリットはほかにも

・通信に制限をかけているから無制限に使えない
・でもそもそも無制限に使う必要がある人がほとんどいない
・大容量のファイルをよくインストールしなければモバイル回線で足りる

モバイル回線は通信が不安定という以外にも、デメリットがあります。
それは、通信制限があるということです。
無線通信はユーザーが無制限に通信すると、回線がパンクするから制限があるのです。

固定回線はユーザーや建物ごとに回線が違います。
だから、無制限で使っても回線はパンクしません。
でも、無線通信はユーザー全員で同じ回線で電波をやり取りするから、パンクしやすいのです。

仕事で大容量のファイルをよくインストールしたり、YOUTUBEで高画質動画をよく見る人は、
光回線がいいでしょう。

ただ、最近WIMAXというモバイル回線の通信制原画ゆるくなりました。
3日間で10GBまで通信できるので、30日間で100GBも通信できます。
大容量のファイルも高画質動画も問題なくみられるから、安心です。

ただWIMAXは月額が4,880円で光回線とあまり変わりません。
ほかのモバイル回線には月額2,000円前後のものもあるから、モバイル回線としては割高ですね。

「だったら、光回線のほうがいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、WIMAXには
3つのメリットがあります。

WIMAXの3つのメリットまとめ

・回線がないから工事がいらない
・プロバイダの種類が多い
・最低利用期間が2年間

まず、WIMAX以外のモバイル回線にも共通するメリットなのですが回線がいらないから
工事がいりません。自宅でネットから注文して自宅にルーターが届くのを待ちます。
簡単な設定をすれば、すぐに使えるようになるのです。

そして、ここからはWIMAXならではのメリットです。
まず、プロバイダが多いですね。WIMAXには10社以上のプロバイダがあります。
そして、高額キャッシュバックがあります。

WIMAX以外のモバイル回線にはヤフーWIFIやワイモバイルがあるのですが、これらの
会社は3年契約です。スマホよりも1年長い分解約しづらいのです。
でも高額キャッシュバックのおかげで、解約料を支払うことになっても損はしません。

もし契約して不満があっても、抵抗なく解約できるから安心感がありますね。

いろいろあるWIMAXのプロバイダ!人気の会社を紹介

・月額が安いところや高額キャッシュバックがあるところが人気
・基本的な料金やルーター、通信速度、通信エリアは変わらない
・サービスの違いで決めよう

プロバイダは住所や電話番号のようなもので、契約が必須です。
でも、それぞれの回線で消え薬できるプロバイダは決まっています。
WIMAXはそのプロバイダの種類が多く、契約方法もプロバイダのサイトから直接。

プロバイダのサイトから直接契約するとなると、プロバイダ同士を比較するのが大変です。
そこで、人気のWIMAXプロバイダをまとめてみました。

・BroadWiMAX
毎月の利用料金がいちばん安いプロバイダで、初期費用無料キャンペーンもやってます。
契約から2か月間は月額2,856円、3か月目から1年目終了までは月額3,541円。

・GMOとくとくBB WIMAX
最大32,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを開催しています。
手数料やルーター台、初月料金が無料になります。

・So-net WIMAX
27,000円の高額キャッシュバックがもらえます。

このようにWIMAXには魅力的なキャンペーンが多いです。
基本料金やルーターの種類などは変わらないので、キャンペーン内容で選びましょう。
初心者はキャッシュバッグの受け取り手続きに戸惑うので、BroadWIMAXのような初期費用が
無料になるプロバイダがいいでしょう。

wifi

自宅にWiFiやネット環境がない場合の対処は?

ネット環境がない場合はWi-Fiスポットを活用すればいい?

・Wi-Fiスポットを探さないといけないから不便
・スマホのパケットだけだとあっという間に月間7GBになってしまう
・自宅にネット環境を作った方がいい

インターネットに詳しくない人は、自宅にネット環境がなくても契約するのに抵抗を
感じるもの。

「そろそろインターネット引かないといけないな」と思いつつ、ついつい後回しに
なってしまいます。

でも、実際に生活してみるとわかりますが、自宅にネット環境がない場合でもふつうに
インターネットできるのです。

スマホのパケットプランに契約していれば、スマホとインターネットを直接電波で
つないで通信することで、サイトも動画も閲覧できます。

「これがあれば、インターネットを契約しないでもいいか」と思ってしまいそうですが、
自宅にネット環境がないと、すぐに月間の通信制限に引っかかってしまいます。

そこで、ドコモなどがやっているWi-Fiスポットに加入して対処する方法を考えてみました。
月額300円で加入できるし、街中にあるWi-Fiスポットで動画などを観ればOKです。

でも、通勤中や外出中にいちいちWi-Fiスポットを探さないといけないし、リラックスして
インターネットが使えません。

そして、ある企業のアンケートではスマホでインターネットしているいちばん長い時間は
家の中だそうです。やっぱり、自宅にネット環境があった方がいいですね。

ドコモなどキャリアのモバイルWIFIルーターは料金が高いって本当?

・パケットプランの料金はスマホと同じなので割高
・スマホのパケットパックを解約してモバイルWIFIルーターというのが安い
・ドコモは高速だけど通信速度だけでルーターを選ぶと費用がかさむ

ドコモのスマホを使っている人は多いので自宅にWi-Fiがない場合、ドコモのモバイルWIFI
ルーターを購入したいと思っている人も多いでしょう。

しかし、ドコモユーザー歴が長い人なら知っているでしょうが、ドコモは通信費が高いです。
ですので、モバイルWIFIルーターの通信費も高め。

モバイルWIFIルーターを購入しても、パケットパックはスマホと同じなので通信費の節約
にはなりません。

モバイルWIFIルーターを購入して自宅にWi-Fiを設置しつつ、通信費を節約するには、
スマホのパケットパックを解約して、月額の安いモバイルWIFIルーターを契約しましょう。

通信量が少ない人ならヤフーWIFI、通信量が多い人ならWIMAX。
WIMAXは私も使っていますが、3日間で10GBと大容量でいいですよ!

ドコモのパケットパックと比較してみると、

・ドコモパケットLパック 月間30GB 月額8,000円
・WIMAX 月間100GB 月額4,380円

ドコモに比べて月額が半額なのに、月間の通信量が大幅に多いです。

モバイルWIFIルーター1台でタブレットやパソコンもネットにつながる?

・無線LANルーターと同じで1台でスマホ、タブレット、パソコンがネットにつながる
・モバイルWIFIルーターがあれば、契約しなくてもネットできる
・家でも外出先でも使えるので安く快適に通信可能

最近は一家にスマホ数台と、タブレット1台、パソコン1~2台があるのがあたり前になって
きました。

これだけ多くの通信機器があると、モバイルWIFIルーターだけで通信できるのか心配です
よね?

でも調べてみるとモバイルWIFIルーターは、無線LANルーターと同じで1台で10台近くの
通信機器とつながることができるそうです。

スマホだけではなくタブレット、パソコンも通信できるから契約なしでこれらの機器が
使えます。

家でも外室先でも持ち運べて使えるから、安く通信するのに適していますね。
私もスマホとタブレットを契約なしで使っていますよ。

よく動画を観ますが、キャリアと契約していたときと同じように快適に観れています。
モバイルWIFIルーターは無線ですが、最近は電波が安定しているのです。

モバイルWIFIルーターの通信が安定している理由は通信技術の進化

・アンテナが高機能化しているので快適
・ワイモバイルは「マシッブマイモ」という最新技術で通信する
・1本で最大128本のアンテナがある

モバイルWIFIルーターは、一昔前は通信が不安定でした。
室内に入ると、通信が途切れたり、新幹線では通信ができなかったり…。

でも、最近のモバイルWIFIルーターは違います!

例えば、ワイモバイルは「マッシブ マイモ」という最新技術を採用してアンテナ数を
大幅に増やしました。

以前は、TD-LTEという技術で1本の基地局にアンテナが4本か8本しかありませんでした。
しかし、今は1つの基地局にアンテナが最大128本あります。

これで安定した通信ができるようになったのです。

「モバイルWIFIルーターは無線通信だから、安定性が心配…」という人も、ぜひ検討
してみてください。

私はワイモバイルじゃないモバイルWIFIルーターを使っていますが、室内でも屋外でも快適。
繋がらないことがほとんどないので、問題なくインターネットできていますよ!

ネット環境がない自宅でWi-Fiを飛ばすことはできる?

・通信回線と無線LANルーターがあればできる
・どちらもない場合はモバイルWIFIルーターが便利
・一人暮らしならモバイルWIFIルーターで十分

ネット環境がない場合、自宅にWi-Fiを飛ばすことが出来るのか疑問ですよね?

私も一人暮らしを始めたとき、オーナーさんに「ここ、インターネット来てないから」
と言われ、「じゃあ、ネット使えないじゃん」と思いました。

ネットに関する知識ゼロの人が自宅でWi-Fiを飛ばすのは、かなり大変と思っていること
でしょう。

でも、調べてみると意外とかんたんなので挑戦してみてください。

まず、ネット環境を自宅に作る場合は通信回線と、無線LANルーターが必要。
これらは通信会社と契約すれば、工事でセットしてもらえます。

通信会社との契約はサイトから申し込めるし、わからないことは契約のときに聞ける
ので初心者でも安心してネット環境が作れますよ!

でも、私もそうでしたが初心者にとってはこのかんたんな工程にも抵抗があります。
そこで、モバイルWIFIルーターを選ぶのはどうでしょうか?

モバイルWIFIルーターならサイトから申し込みをするだけで、数日後に自宅に無線通信
のルーターが届きます。

かんたんな設定をすれば、すぐにWi-Fiを飛ばすことができるからかんたん。
ネットの知識がない人でも、安心して使えます。

このモバイルWIFIルーターは知らない人が多いのですが、一人暮らしの人を中心に人気
となっています。

コードレスで家でも外出先でもネットできるから、留守が多い一人暮らしでも通信費が
無駄にならないからです。

私もモバイルWIFIルーターを使っていますが、スマホよりも小さくて軽くて持ち運び
やすいですよ!

モバイルWIFIルーターよりも固定回線の方が安いって本当?

・ドコモなどのキャリアのモバイルWIFIルーターの場合は通信費が高い
・WIMAXなどのモバイルWIFIルーターメインの会社なら安い
・同じモバイルWIFIルーターでも会社によって料金が違う

モバイルWIFIルーターについて調べていると、「モバイルWIFIルーターよりも固定回線
の方が安いですよ」という意見がいくつかあります。

これは間違いじゃないのですが、会社によるのです。
例えば、ドコモのようなキャリアのモバイルWIFIルーターだと通信費が高いですね。

通信費はスマホのパケットパックと同じシステムなので、月間5GBで月額5,000円。
無制限で月額5,200円のフレッツ光の方がお得ですよね?

でも、モバイルWIFIルーターをメインでやっている会社なら、もっと通信費はお得。
例えば、私が使っているWIMAXなら3日間で10GBまで使えて月額4,380円。

3日間で10GBまでつかるのはほとんど無制限と同じです。
それでいて通信費は固定回線よりも安いので、通信量の多い人に向いています。

私もWIMAXですが、毎日のように動画をみています。
モバイルWIFIルーターとは思えないくらいに安定していて、たっぷりネットできますよ。

市販の無線LANルーターを買えばWi-Fiを飛ばすことができるの?

・無線LANルーターだけではWi-Fiを飛ばすことはできない
・モバイルWIFIルーターも中古の商品だけではWi-Fiできない
・どちらも契約が必要

ネットに詳しくない人は無線LANルーターやモバイルWIFIルーターだけを買えば、
Wi-Fiを飛ばすことが出来ると誤解しているケースが多いです。

でも、ルーターだけではWi-Fiを飛ばすことはできません。

インターネットとつながるためには、通信回線、プロバイダと契約する必要があります。
固定回線の場合は通信回線が優先で、モバイルWIFIルーターの場合は無線。

良くモバイルWIFIルーターは契約がいらないと思っている人がいますが、これも誤解。
無線というだけで通信回線は使うので契約が必要です。

そして、どちらの通信回線と契約する場合でも気を付けてほしいのは、最低利用期間。
通信関係の契約には、かならずあるものなので確認してから契約してください。

固定回線もモバイルWIFIルーターも基本的に2年間。
でも、一部3年間のところもあります。

最低利用期間の間に解約すると、スマホと同じように違約金が発生するので気をつけましょう。
また、通信関係の契約にはクーリングオフが使えません。

サイトから手軽に申し込める通信回線ですが、気を付けるべき大切なポイントがあります。
契約後に後悔しないように、よく調べてから契約しましょう!

解約する心配が少ないのは固定回線よりもモバイルWIFIルーター

・引っ越しのときに工事も手続きもいらないから
・月額利用料が安いから
・どこへでも持ち運べるから

固定回線とモバイルWIFIルーター、どちらにも最低利用期間があります。
最低利用期間いっぱい使い切るには、モバイルWIFIルーターの方が向いています。

工事がいらないし、手続きがかんたん、持ち運びできるのがその理由です。
解約金を支払わないで済むので、一人暮らしならモバイルWIFIルーターがいいでしょう!

モバイルWIFIルーターはどれくらい便利で手軽?体験談をまとめ

・契約はオンラインで済む
・工事もケーブル接続も不要
・操作はタッチパネルでかんたん

モバイルWIFIルーターは固定回線に比べて、便利で手軽。
どれくらい便利なのか、私の体験談をもとにお話ししていきます。

まず、申し込みはオンラインでかんたんにできます。
クレジットカードがあれば2~3日以内に届くから、すぐにネットできますよ。

そして、通信回線工事もいらないし、ルーターとケーブルをつなぐ工程もないので
操作が本当にかんたん。

タッチパネル式なのでスマホと同じ感覚で操作できますし、電源のオンオフができる
からバッテリーの節約にもなります。

固定回線では無線LANルーターの電源のオンオフができません。
いちいちケーブルを抜かないといけなくなるので、面倒です。

また、初期設定をするときもモバイルWIFIルーターはルーターでします。
しかし、無線LANルーターはパソコンやスマホで設定をします。

手間がかからないし、バッテリーの節約もできて、通信費も安いからモバイルWIFI
ルーターはメリットが多いですよ。

私はよくカフェで友達を待っているときにモバイルWIFIルーターとタブレットの
組み合わせで動画を観たり、ネットサーフィンしています。

友達とこれから行く映画の予告を観たり、映画館情報をチェックしたり、近くの
おしゃれなお店の情報も確認しています。

久しぶりに友達と遊ぶ時間が楽しくなるように、情報収集ができるから便利ですよ!

工事なしでネット環境を整えるのはモバイルWIFIルーターだけ?

・「インターネット導入済み」の部屋なら工事なしでインターネット契約できる
・レオパレスの独自回線は評判が悪いので注意
・オンラインゲームが趣味なら固定回線の方がいい

モバイルWIFIルーターは通信回線工事なしで契約できるのが魅力です。
でも、固定回線でも回線工事なしで契約できる場合があります。

それは、部屋にすでに回線が設置されている場合です。
「インターネット導入済み」と書かれている部屋は、通信回線工事が不要。

契約だけでネットが使えるようになります。
通信料が多い人やオンラインゲームをよくする人は、固定回線の方がいいでしょう。

特にオンラインゲームはムービーの通信量が多いし、安定性が必要。

モバイルWIFIルーターも基地局が増えて通信が安定してきてはいますが、有線で通信
する固定回線ほどの安定性はありません。

オンラインゲーム、株トレードなどの安定した通信が必要なものは固定回線がいいでしょう。

モバイルWIFIルーターは評判が悪い?通信速度が遅いって本当?

・以前は通信速度が遅く不安定で評判が悪かった
・今は改善されて固定回線とそん色ないくらいの通信環境になっている
・ふつうにネットする人はモバイルWIFIルーターで十分

モバイルWIFIルーターはオンラインゲームに向きません。

ネットでの評判を見てみると、「モバイルWIFIルーターはオンラインゲームだけじゃなく
ふつうにネットするのも不安定で使い物にならない」という口コミを発見しました。

しかし、この口コミは2014年のものでした。

確かに一昔前はモバイルWIFIルーターは、通信が不安定で速度も遅かったです。
とくに午後8時~翌朝2時までのユーザーが増える時間帯は、とにかく時間がかかってい
ました。

でも、今は改善されて固定回線と同じくらい安定しています。

私は一人暮らしをはじめてから2年間は固定回線、その後モバイルWIFIルーターを3年
くらい使っていますが、ほとんどそん色ないくらいになっています。

ふつうにネットを使うだけならモバイルWIFIルーターで十分。
固定回線をわざわざ設置する必要はないと思いますよ!

自宅にWi-Fiがないときはスマホの電波を使ってネットするので通信制限に注意

・自宅にWi-Fiがないときはスマホの電波を使ってネットする
・スマホの通信制限にひっかかるのでネットを快適に使えない
・通信費を節約するためにもパケットは解約してモバイルWIFIルーターを!

自宅にWi-Fiがないときはスマホの電波を使ってネットします。
ですので、スマホのパケットをすぐに使い切ってしまいます。

すると、通信制限がかかりますよね?
ネットを使う上でこの環境はかなり不便です。

ほとんどの人はネットを毎月7GB以上するので、快適にネットするためにはモバイル
WIFIルーターとの契約は必須。

スマホのパケットは通信費が高いから解約して、WIMAXなどの通信量が豊富なものと
契約すれば、快適にネットできますよ!

WIMAXは独自回線で通信するので、ユーザーが多い時間帯でも通信速度が遅くなり
にくいです。

スマホは多くのユーザーが同じ通信回線を使うので、通信制限が厳しいし、ユーザーが
増える時間帯になると通信速度が遅くなりやすいです。

いつでも快適にネットするにはモバイルWIFIルーターがちょうどいいでしょう。
私もWIMAXと契約をしてから、ネット環境で特に不満がありません。

いつも快適に動画を観たり、サイトをチェックしたりできていますよ!

wifi

自宅にWiFiを設置するには何が必要?基本を教えて!

自体にWi-Fiを設置するには、ルーターを買って設定すればいいだけ?

・モバイルWIFIルーターの場合はそれでOK
・固定回線の場合は通信回線との契約が必要
・どちらも設定はかんたんだから初心者でも安心

インターネットに詳しくない人がとても多いですが、その中でインターネット契約を
したい人もとても多いです。

特に「Wi-Fiを自宅に飛ばしたい」と思っている人は、かなりいるはず。

私も一人暮らしを始めたばかりのころはインターネットにぜんぜん詳しくないのに、
「インターネットは無線でしたい」と思っていました。

一人暮らしを始めて自分でインターネットを契約するなら、基本的な知識くらいは
あった方がいいでしょう。

私も以前はインターネットのことなんてまったくわかりませんでしたが、いろいろと
調べているうちに、少しづつ詳しくなってきました。

まず、自宅でWI-FIと飛ばすにはルーターと設定だけで出来る方法があります。
それは、モバイルWIFIルーターという無線のルーターを使う方法です。

無線通信でインターネットとつながるので、通信回線なしで使えます。
モバイルWIFIルーターのサイトから申し込みをすれば、数日で自宅に届きますよ!

でも、ふつうの無線LANルーターの場合は通信回線と契約しないといけません。
フレッツ光などのサイトから申し込んで、契約を行いましょう。

モバイルWIFIルーターでも固定回線のルーターでも、設定はかんたん。
5分くらいで済むので、初心者でも安心です。

Wi-Fiはルーターだけじゃダメ?受信する機器も必要

・スマホやタブレット、ノートパソコンなどがWi-Fiを受信する仕組みになっている
・古いガラケーや古いパソコンはWi-Fi受信機がない
・ルーターとスマホやパソコンは親機と子機の関係

自宅にWi-Fiを飛ばすためにルーターを設置しても、それを活用する通信機器がないと
いけません。

通信機器とはスマホ、タブレット、ノートパソコンなどのこと。
これらは子機となってWi-Fiをキャッチします。

ルーターは親機になります。

今発売されているほとんどすべてのスマホ、タブレット、ノートパソコンがWi-Fiに
対応しているので、吟味しなくてもWi-Fiを使えますよ。

でも古いガラケーをずっと使っていたり、家にあった古いパソコンを使うときは、
Wi-Fiに対応していないので、ルーターを設置しても使えない可能性があります。

ルーターをつなぐ方法は?何が必要でどうつなぐ?

・LANケーブルが必要
・固定回線の設置工事のときに業者さんがやってくれる
・自分でやる場合もモデムとルーターをケーブルでつなぐだけ

インターネット回線がすでに設置してある自宅でルーターを使う場合は、LANケーブル
が必要です。

このLANケーブルと回線をつなぐ工程は通信回線の設置工事をしている業者さんが
やってくれるのですが、自分でやる場合でもかんたんです。

ルーターにはいろんなUSBポートがありますが、「WAN」と書かれているポートがLAN
ケーブルのポ―トです。

そして、この接続が終わったら今度は設定です。

設定方法はスマホでもタブレットでも、パソコンでも、「設定」→「Wi-Fi」→
「ルーターに書かれている自分のチャンネルを選択」でインターネットにつながります。

このときにパスワードを入力するのですが、設定でパスワードなしにすることができます。

「設定のときに面倒だから」とパスワードなしにすると、隣の家の人や家の前を通った人が
勝手にあなたの回線でインターネット出来るようになってしまいます。

他人にあなたの通信回線を使われて、通信量が増えてしまうので危険ですよ!
パスワードなしの設定にはしないでください。

そもそもスマホだけでインターネットできるのにどうしてWi-Fiが必要なの?

・スマホだけで家でも外出先でもインターネットしていると月間7GBしか使えない
・自宅にWi-Fiを設置すれば家の中では無制限で使える
・外出先で月間7GB使えるので、通信量が増える

インターネットをするためには、スマホのパケットだけあればOKです。
なのにどうしてWi-Fiを設置する必要があるのでしょうか?

そのことについてくわしく調べてみると、スマホのパケットだけだと家でも外出先でも
月間7GBまでしか使うことができません。

しかし家にWi-Fiを設置すれば、家の中では無制限に使えて外出先で月間7GB使えます。
自宅にWi-Fiを設置した方が圧倒的に通信量が増えるのです。

スマホの月間の通信量は平均で2~3GBと言われています。

「これしか使わないなら、Wi-Fiはいらないじゃん」と思うかもしれませんが、これは
自宅に固定回線を設置していて、Wi-Fiがあることを前提にしたアンケート結果。

家にWi-Fiを設置すれば、スマホのパケットを月間2GBにしてもどうにかなりますね。
ドコモの場合は月間5GBで5,000円なので2GBにすると、3,500円になります。

1,500円の節約になりますが、固定回線の利用料が5,200円だから通信料金が増えます。
固定回線では通信料金を節約しながら、通信量を増やすことはできません。

通信費を節約しながら通信量を増やす方法はモバイルWIFIルーター

・モバイルWIFIルーターなら月額4,000円代まで
・ほとんど無制限で使えるWIMAXにすると固定回線並みに使える
・スマホのパケットを解約してもインターネットできるからお得

固定回線では通信費を節約しながら、通信量を増やすことができません。
でも、別の方法なら通信費を節約しながら、通信量を増やすことができます。

それは、モバイルWIFIルーターを使うことです!

モバイルWIFIルーターとは通信回線を使わない無線通信機器のこと。
工事不要でスマホから申し込みをすれば、数日で自宅にルーターが届きます。

かんたんな設定をするだけですぐにインターネットできるようになるので、一人暮らしの
人に好評。

私も一人暮らしなので、WIMAXというモバイルWIFIルーターを使っています。

スマホで映画を観るのが好きなので通信量がかなり多い方ですが、通信制限にひっかかる
ことはありません。

他のモバイルWIFIルーターは3日間で3GBまでしか通信できませんが、WIMAXは10GBまで。
大容量なので、とても余裕があります。

しかし、他のモバイルWIFIルーターもそれだけで月間10GBくらいは通信できるので、
スマホのパケットプランを解約しても、インターネットを活用できます。

通信費は高くても月額4,380円。
月額5,000円~6,000円の固定回線に比べると、リーズナブルですね!

無線LANスポットは危険なの?使わない方がいいって本当?

・セキュリティが古いのでかんたんに他人に除かれてしまう
・個人情報を悪用されてしまうのでよくない
・モバイルWIFIルーターがあれば無線LANスポットを使わないで済む

通信費を節約したいときは、無線LANスポットを使えばいいと思う人も多いはず。
でも無線LANスポットはセキュリティが古いから、かんたんに他人に除かれます。

無料で使えるし、登録もかんたんでその場でできるから、利便性は高いけど、
安全性は低いです。

モバイルWIFIルーターなら、最新のセキュリティで安全にインターネットできます。
無線LANスポットを使わなくても外出先でインターネットできるから、便利です。

私も昼休みにカフェでスマホで動画を見ながら、くつろぐことが多いです。

固定回線を使っていたときは、スマホのパケット残量が気になって楽しめなかった
長めの動画も楽しめるようになりました。

今はYOUTUBEを見て学校のレポートを書く学生もいるようなので、学生にもいい
ですよね?

また家で使う場合も、部屋に通信回線が通っていてもいなくても関係ありません。
外出先と同じように電源を入れれば、すぐに使い始めることができます。

これから引っ越しをするときは、住む前に部屋が通信回線が通っているかいないかを
知っておくといいでしょう。

これから住む部屋が回線工事が必要かどうかを知る方法

・「インターネット対応」だと回線工事が必要
・「インターネット完備(導入済み)」だと回線工事が不要
・どちらも書いていないと電線から回線を引く必要がある

これから住む部屋に固定回線が設置してある場合は、無線LANルーターとLANケーブルを
買って設置すればいいだけです。

しかし、通信回線が設置されていないと自分で費用を負担して、回線工事をする必要
があります。

これから住む部屋にインターネットが設置されているかどうかを知る方法はとても
かんたんです。

物件情報の参考欄・インターネットに関する記述を読めばいいだけです。

・「インターネット対応」なら、回線工事が必要
・「インターネット完備か、導入済み」なら、回線工事が不要

「インターネット対応」だと一見、回線工事がいらなそうですが、回線は階段などの
共同のスペースにまでしか来ていません。

部屋にまで届いているわけではないので、工事がいります。
また、インターネットに関する記述がない場合は、通信回線を電線から引きます。

その場合は好きな回線を引きやすいので、関東地方に住んでいるなら光回線の選択肢は
広いです。

関東限定でソフトバンクユーザーにお得な通信回線は?

・他の光回線よりも通信速度が速いNURO光
・ソフトバンクスマホとセットで割引される
・スマホで動画をたくさんみる人に向いている

関東地方で光回線を使ってインターネットしたいなら、NURO光を検討してみてください。
NURO光なら他の光回線よりも速い通信速度で、インターネットできます。

フレッツ光やドコモ光の通信速度が最大1ギガなのに対して、NURO光は2ギガ。

無線LANルーターとモデムがセットになったものを提供してくれるから、自分で
ルーターを用意する必要がありません。

ソフトバンクユーザーはNURO光にすると、料金が割引になります。
動画をよく見る人に向いている光回線です。

また、自分でルーターを買う場合はワンルームで使うなら3,000円代までの安いものを
選びましょう。

1万円代の高機能なルーターは、2階建ての家などで使うのにちょうどいいものです。
ワンルームにはオーバースペックなので、選ばないでくださいね。

安いルーターで自宅にWi-Fiを飛ばしたい。どんな商品がある?

・値段を抑えたいなら「TP-LINK 11n/g/b無線LANルーター」
・通信速度がある程度欲しいなら「BUFFALO 11n/g/b」
・自分のこだわりポイントにあったものを選ぶ

自宅でWi-Fiを飛ばすには無線LANルーターが必須。

通信会社が用意してくれるなら選ばないで済みますが用意してもらえない場合は、
自分で買うことになります。

「インターネットに詳しくないし、ルーターなんて何を選べばいいの?」と困って
しまうと思うので、ここでは一人暮らしに適しているルーターを紹介します。

まず、費用をとことん抑えたいなら「TP-LINK」がいいでしょう。

○TP-LINK 11n/g/b 無線LANルーター

・ワンルームで使うには十分な通信速度
・値段2,020円
・3LDK、2階建てにも対応している
・アンテナが2本あって、セキュリティも万全
・「かんたんに接続できる」と口コミで好評

○「BUFFALO 11n/g/b」

・値段3,283円
・ギガ回線にも対応している
・設定がスマホからできる
・一人暮らし、ワンルーム向き
・初心者でも設定できる
・「簡単に使えて安定していると」という口コミが多い

TP-LINKはアンテナがあって電波を拾いやすくなっています。
しかし、BUFFALOはアンテナがない分、すっきりとした見た目です。

ワンルームであれば電波を遠くに飛ばせなくても問題ないので、どちらのルーター
でもいいですね。

ただ、家の中に置くのでデザインも重視したい人もいます。
自分のこだわりポイントをチェックして、ルーターは選びましょう。

モバイルWIFIルーターは本体代がいくら?買うところによって違う

・サイトで買えば本体代は0円
・家電量販店だと1~2万
・無線LANルーターよりも安いので契約しやすい

固定回線を設置すると無線LANルーターを買うことになります。
本体代3,000円代は高くはないですが、もっとお得な方がいいですよね?

そこで、モバイルWIFIルーターの本体代がどれくらいなのか調べてみました。
すると、プロバイダの公式サイトで契約すると本体代が0円であることがわかり
ました。

WIMAXヤフーWIFI、ワイモバイルなどのモバイルWIFIルーターをメインで扱っている
ところは本体代が0円。

家電量販店ではキャンペーンで1円になっているか、2万円前後になっています。
無線LANルーターよりもお得なので、初期費用はモバイルWIFIルーターの方がお得。

私もWIMAXを契約したとき本体代は0円でした。
しかも高額キャッシュバックで3万円返って来たので、そのお金でタブレットを購入。

自宅にWi-Fiを設置するのはお金がかかって大変というイメージがありましたが、
実際には安いし、サイトから申し込みからとてもかんたん。

インターネットの知識がなかったころの私でも、できました。
「契約は苦手だから」と後回しにしないで、ぜひ申し込みをしてみてください!

モバイルWIFIルーターで使いやすいのは?通信量がふつうの場合

・通信量がふつうなら3日間で3GBまで使えるヤフーWIFIがいい
・月額2,000円代でとても手ごろ
・WIMAXは3日間で10GB使えるけど月額4,380円

モバイルWIFIルーターは光回線よりも会社によって、違いが大きいです。

あなたの普段の通信量と通信費として払える費用をある程度知っておかないと、
契約した後で支払いが苦しくなったり、無駄になったりします。

例えば、ふだんからインターネットをする時間が短めで動画も1日15分以内という
場合は3日間で3GB使えれば十分。

月額2,000円前後のヤフーWIFIがいいでしょう。
WIMAXの場合は3日間で10GBも使えるので、通信量が多い人には向いています。

しかし月額4,380円するので、月額5,200円の固定回線とあまり変わりません。

一人暮らしをこれから始めるときはお金がかかるので、まずはヤフーWIFIで様子を
みましょう。

ヤフーWIFIの最低利用期間が長くても大丈夫な理由

・引っ越しのとき工事も手続きもいらない
・通信エリアはソフトバンクだから全国的に対応している
・LTEだから都市部でも地方でも繋がりやすい

ヤフーWIFIは、月額利用料が安い代わりに最低利用期間が3年もあります。
これじゃ、契約期間中に解約することになる確率が高い気がしますよね?

でも、モバイルWIFIルーターは引っ越しのときに工事も手続きも必要ありません。
そして、通信エリアはソフトバンクだから全国的につながります。

また、電波はスマホと同じLTEだから都市部でも地方でも繋がりやすいです。
入り組んだ室内でも電波が曲がりくねって、あなたのルーターまで届きます。

もちろん、屋外でも通信はスムーズなので最低利用期間が長くても快適にインターネット
することができますよ!

一人暮らしで初めてインターネット契約するのに、ヤフーWIFIはぴったりなのでぜひ検討
してみてくださいね。初期費用は3,000円とお手頃です。

wifi

すぐ自宅にインターネット回線を引くにはどうしたらいい?

自宅にインターネット回線を引くにはどうしたらいいの?

・インターネット回線だけじゃインターネットにはつながらない
・プロバイダとも契約をしないといけない
・インターネット回線の契約をすれば、セットでプロバイダとも契約できる

一人暮らしなどで引っ越しをしたら、インターネットをつながないといけません。

スマホのパケットプランだけでもインターネットできますが、スマホでしかできないし、
月間の通信量の制限にすぐに達してしまいます。

私の友達が引っ越したばかりで、インターネットをまだ繋いでいないそうです。

それまで住んでいた部屋は最初からインターネット回線があったので、前の部屋と同じ
頻度でインターネットしていたら、あっという間に月間の通信量制限にひっかかったそう。

家でレシピを調べたり、取引先に行くまでのルートを調べたりするときにかなり不便。
やっぱりインターネット回線を契約しないと、生活しずらいみたいです。

そこで調べてみると、インターネット回線だけではインターネットに繋がらないようです。
インターネット回線とプロバイダ、両方に契約をすることではじめて繋がります。

これだけ聞くとすごく面倒くさいように思うかもしれませんが、インターネット回線と
契約をするときにセットでプロバイダとも契約できるので、手間はかかりませんよ!

インターネット回線の役割ってなに?どんな業者があるの?

・回線はインターネットにつながるために必要
・プロバイダは回線とインターネットをつなげるために必要
・回線はフレッツ光、プロバイダはOCNが人気

インターネットは回線契約だけでは、繋がりません。
では、インターネット回線にはどんな役割があるのでしょうか?

インターネット回線は、インターネットにつながるための回線です。
回線の種類はADSLと光の2種類。

ADSLは電話回線なので、光回線の方が通信速度は圧倒的に速いです。
今は、光回線と契約する人がほとんどですね。

私も光回線に以前契約していましたが、かなり安定して高速通信ができるから、
いつでもスムーズにインターネットできて、快適でしたよ!

ADSL回線は電話のUSBポートにケーブルを差し込むだけですが、光回線の場合は
回線を設置する工事が必要。

工事と言っても外からケーブルをひっぱってきて、エアコンの穴から家の中に入れるだけ。
作業員一人で、30分くらいで終わるかんたんなものです。

インターネット回線で人気なのはフレッツ光です!

そして、プロバイダの役割は回線とインターネットをつなぐこと。
インターネットをするときに必要なIPアドレスを割り振るという、大事な役割もあります。

フレッツ光が人気な理由はキャンペーンと開通までのはやさ

・フレッツ光は高額キャッシュバックなどのお得なキャンペーンが豊富
・インターネット回線の開通までは2週間くらい
・全国的に通信エリアになっている

フレッツ光は高額キャッシュバックなどのお得なキャンペーンが豊富です。
キャンペーン内容はコロコロ変わりますが、キャンペーン自体はよくやっています。

申込はスマホからできて、2週間くらいで開通しますよ。
フレッツ光は東日本と西日本で別れていて、料金やサービスに違いがあります。

それぞれの料金や特徴、サービスをかんたんにまとめると、

○フレッツ光 東日本

・フレッツ光ファミリータイプ 月額5,200円
・工事費 キャンペーンで3,000円
・キャンペーンでテレビやブルーレイプレイヤー、ノートパソコンなどがもらえる

○フレッツ光 西日本

・フレッツ光ファミリータイプ 月額5,400円
・工事費 キャンペーンで3,500円
・キャンペーンでテレビ、ブルーレイプレイヤー、ノートパソコンなどがもらえる

東日本よりも西日本の方が料金が高いですね。
しかし、プロバイダの料金はOCNだとどちらも月額1,100円で変わりません。

「月額5,000円もするの?」と思うかもしれませんが、ドコモのパケットパックだと
月間5GBしか使えないのに、月額5,000円します。

固定回線は無制限で使えるので、意外とスマホのパケットよりもお得ですね!

プロバイダ選ぶは好みの問題。好きな会社を選ぼう

・プロバイダは料金にはほとんど差がない
・メールアドレスがもらえる数やセキュリティなどのサービスに違いがある
・なんとなく好きな会社を選んでも問題ない

インターネット回線はフレッツ光のほかに、au光、ドコモ光などがあります。
それぞれ通信速度や料金が違うので、いろんな会社を比較して選びましょう。

でも、プロバイダの場合はどの会社でも料金はほとんど同じです。
だいたい月額1,000円前後なので、サービス内容で選びましょう!

メールアドレスが10個以上もらえたり、セキュリティが充実していたりと会社ごとに
特徴が違うので、あなた好みのサービスがあるプロバイダを探してみてください。

また、「よくわからないから、なんとなく好きな会社」という決め方でも、
後悔することはありません。

プロバイダは通信速度や安定性に関係ないからです。

インターネット回線とプロバイダを契約するときは、回線会社のサイトで「申し込み」
ボタンをクリックして、必要事項を入力すれば仮契約できます。

また、電話でも仮契約できるので、意外とかんたんですよ!

家電量販店でインターネット回線を契約するのはよくないって本当?

・サイトからの契約でもらえるキャンペーン特典がもらえない
・割引額も少ないからサイトよりも損をしてしまう
・店員さんの中にはインターネットに詳しくない人もいる

インターネット回線を契約するは、サイトからだけではなく家電量販店でもできます。

「家電量販店の方が店員さんに気になることを聞けるし、いいのかな?」と思うかも
しれませんが、サイトから申し込んだ方がお得ですよ。

家電量販店にはサイトにあるような、高額キャッシュバックを行っていないのです。

月額の割引もない上に、家電量販店の人件費や店舗の家賃がかかるので手数料が上乗せ
されてしまいます。

また、店員さんの説明の流れでオプションを勝手につけられてしまいます。

そして、店員さんにはノルマがあるのでお得な会社ではなく、契約してほしい会社を
進められてしまうので、家電量販店では契約しない方がいいでしょう。

店員さんの中には、インターネット回線に詳しくない人もいます。
サイトなら詳しい説明が乗っていますし、とてもお得なキャンペーンもあります。

家電量販店よりもインターネット回線のサイトで、契約をした方がいいでしょう!

インターネット回線を契約したらWIFIを使うにはどうしたらいいの?

・無線LANルーターでWIFIを飛ばせるので特別な機器や契約はいらない
・1台の無線LANルーターで10台くらいの通信機器とつながることができる
・スマホやパソコンでWIFIをオンにすればすぐにつながる

インターネット回線を契約したら、今度は家の中でWIFIを飛ばしたいですよね?

WIFIを家の中で飛ばせば、スマホやノートパソコンでインターネットするときに便利。
有線LANだと、ケーブルでスマホやパソコンをつながないといけないのです。

無線LANルーターでWIFIを飛ばされるので、特別な機器や契約はいりません。
固定回線を契約すれば、どの会社でも無線LANルーターをレンタルできます。

今はキャンペーンでプレゼントしてもらえるみたいですし、工事費もキャンペーンで無料。
かなりお得にインターネット回線を家に設置できますね!

家電量販店ではルーターも有料、工事費も有料。
やはり、サイトから申し込みをした方がいいでしょう。

ちなみに無線LANルーターは、1台で10台くらいの通信機器とつながることができます。
ルーターにもよりますが、一人暮らしのワンルームなら確実に家中でWIFIが届きますよ!

費用や料金の安さを追求するならADSL回線が最適

・一昔前の通信回線だけど通信費の節約にはなる
・インターネットと電話を同時につかうことができる
・工事が簡単なので工事費も安い

光回線は高速通信ができて、とても快適にインターネットできます。
でも、月額5,000円代の料金を支払うのは結構な負担ですよね?

そこで、一昔前のADSL回線の契約を考えてみてください。
ADSL回線なら、工事が簡単なので費用も安いです。

インターネット中に電話を使うこともできるので、固定電話を使う場合でも安心。
ADSL回線は、NTTかソフトバンクなどの回線業者に申し込みが必要です。

固定回線というと光回線だけというイメージがあるかもしれませんが、主流じゃない
だけで他にも回線の種類はあります。

ADSL回線以外では、ケーブルテレビのCATVがあります。
CATVはケーブルテレビに加入しなくても、契約できます。

必ずケーブルテレビとセットで契約しなくてもOKです。
ADSL回線よりも通信速度は速いので、快適にインターネットできます。

ただ、地方によってCATVの会社は違います。
県をまたいで引っ越しをするときは解約して、新しい会社と契約しないといけません。

ADSL回線も引っ越しの際は、回線の撤去工事と設置工事が必要。
光回線も同じなので、固定回線は引っ越しのときにとても面倒です。

一人暮らしはいつ引っ越すかわからないし、既婚者と比べて引っ越す頻度が速いです。
だから引っ越しのときに、手間がかからないインターネット回線にしましょう。

引っ越しのときも手続きや工事の手間がないのはモバイル回線

・無線通信だから回線がいらない
・家でも外出先でもインターネットできる
・引っ越しのときも手間がかからないので一人暮らしの人に人気

固定回線は引っ越しのときに撤去工事と、引っ越し先で設置工事がいります。
しかし、無線通信のモバイルWIFIルーターなら回線がないので、工事が不要。

家でも外出先でもインターネットできて便利だし、月額の利用料も安いです。
一人暮らしの人に人気で、特に若い層に定評があります。

私もモバイルWIFIルーターのWIMAXを使っていますが、かなり便利ですよ。
家でも外出先でも高画質動画もさくさく観れるので、とても満足しています。

無線なので固定回線よりも不安定かなと最初は不安だったのですが使ってみると、
高速で安定していて、快適です。

月間の通信量も多いので無制限じゃないですが、たっぷりインターネットできています。
毎日のように高画質動画を見ても、通信制限にひっかかりません。

光回線よりもADSL回線のメリットは工事がしやすいこと?

・電話回線は古いアパートでもマンションでもあるので工事しやすい
・光回線は古いアパートやマンションにはないので工事が大掛かり
・最近は光回線の電話が増えているから工事できない場合がある

光回線の方がADSL回線よりも通信速度が速いし、安定しています。
しかし、回線を設置する工事に手間と費用がかかります。

光回線がもともと部屋の中に繋がっている場合もありますが、繋がっていないことが
ほとんど。

外の電線から通信回線を引いてきて、家の中につなげる必要があります。

ADSL回線は電話回線を使います。
電話回線はほとんどの家に元から繋がっているので、工事がかんたんです。

ただADSL回線は、光回線に比べてかなり通信速度が遅いです。
高画質度動画をみたり、大容量のファイルをダウンロードしたりできません。

また電話と同じ回線を使って通信するので、通信がかなり不安定。
低品質でもいいから、安くインターネットしたい人向けです。

ただ、最近は電話回線にも光ファイバーケーブルが使われています。

ADSL回線はメタル回線を使っていないとできないので、環境的にADSL回線が契約
できないという事態になっています。

またメタル回線が少なくなっているので、メタル回線の空きがなくて契約できないと
いうケースもあります。ADSL回線も最近は工事がしにくいみたいですね。

光回線は公式サイトよりも代理店から申し込んだ方がお得

・プレステ4やノートパソコンを格安か無料でもらえる
・代理店でオプションなしで4万円キャッシュバックできる
・スマホがauならau、ソフトバンクならソフトバンクの回線が安い

光回線を公式サイトで申し込むと工事費が無料になったり、特典がもらえたりします。
でも、こういうキャンペーンはコロコロ変わるのでめぼしい特典がもらえないことも。

そういうときは、代理店のサイトから申し込みましょう。

光回線の代理店のサイトの中には、プレステ4やノートパソコンを格安か無料でもらえる
キャンペーンもあります。

また、家電量販店や公式サイトではオプションに加入しないと高額キャッシュバックが
もらえません。

しかし、代理店ではオプションに加入しなくてもある程度のキャッシュバックがもらえ
ます。

光回線にはいろいろな会社がありますが使っているスマホがauならau、ソフトバンクなら
ソフトバンクがお得です。

それぞれの通信会社の特典は…

・au 現金33,000円をキャッシュバック
・ソフトバンク 家電が99%OFF
・ドコモ スマホ代が毎月5,700円割引とルーター0円

このように自分の使っているスマホに合わせて光回線を選ぶと、お得になりますよ!

もともと固定回線が引いてあるならその回線を契約しないといけない?

・固定回線が引いてあっても、その回線を契約しないといけないわけではない
・自分の好きな回線を選んでいいが、別の固定回線を引くのは面倒
・モバイルWIFIルーターを選べば工事なしでかんたん

一人暮らしを始めたり、引っ越しをしたりして、新しい部屋に固定回線がすでに引いて
ある場合、その回線を契約しないといけないのでしょうか?

調べてみると、契約は強制ではないようです。

ただ「インターネット料金込みの家賃」というシステムの部屋だと、部屋の契約と
インターネットの契約を同時にするので、選べません。

回線が引いてあるだけなら、契約をしないで別回線にしましょう。
別の固定回線を引くのは大変なので、モバイル回線がいいですね。

モバイルWIFIルーターなら無線通信なので、回線は無関係。
サイトから申し込めて、数日で自宅に届くからとても手軽です。

固定回線とモバイルWIFIルーターはどちらの方がお得?

・固定回線は月額5,000円代が相場
・モバイルWIFIルーターは月額3,000円代~4,000円代が相場
・いちばん安いモバイルWIFIルーターは月額2,000円前後

インターネットをひくときに固定回線とモバイル回線、どちらかを選ぶなら安い方が
いいですよね?

そこで、固定回線とモバイル回線の月額料金を比較してみましょう。

○固定回線

・フレッツ光 月額 5,200円
・ジェイコム 月額 約5,600円 ~ 約6,600円

○モバイル回線

・WIMAX 月額3.696円~4,380円
・ヤフーWIFI 月額2,000円前後
・ワイモバイル 月額2,400円代~4,380円

このようにモバイル回線の方が月額料金が安いみたいですね。

通信回線を選ぶとき、初期費用で決めてしまう人もいますが、月額利用料金で決めた方が
いいでしょう。

安さを追求するなら、ヤフーWIFIですね。
月間7GB使えて、月額2,000円代はかなりお得です。

通信量で決めるならWIMAX。
3日間で10GBまで使えるので、固定回線並みに使えます。

私は動画を観ることが多いからWIMAXです。

「今月はインターネット使いすぎてるかな?」と思う月でも、通信制限に引っかからず
快適に使うことができていますよ。

インターネットを選ぶときは、あなたが気になるポイントを基準に選びましょう!

wifi

初心者が自宅にインターネットをつなぐ方法は?

自宅にインターネットをつなぎたいけど知識がない

・インターネットのことを少し調べてから契約をしよう
・インターネットはスマホと同じように契約するので解約金などが発生する
・適当に契約すると、無駄な通信量を支払うことになる

自宅にインターネットをつなぎたいと思っていても、なかなか実行に移せない人は多い
ものです。

私の友達も引っ越してから半年たっているけど「今だにインターネットがよくわからないから
繋いでない」と言っています。

私自身も一人暮らしを始めたときはインターネットどころの騒ぎではなかったので、
ついつい後回しにしてしまって、引っ越してからかなり経ってから契約をしました。

インターネット契約といっても、知識のない人にとっては敷居が高いですよね?
そこで、かんたんにインターネットをつなぐ方法を紹介していきます。

インターネットをかんたんにつなぐ方法は、モバイルWIFIルーターです。
インターネット上で契約をして自宅に届くルーターの初期設定をすれば、すぐにつながります。

通信回線の工事も必要ないし、面倒な手続きもいりません。
書類を用意する必要もないから、誰でもかんたんに契約できますよ!

基礎知識を整理しよう。回線の書類まとめ

・電話回線、光回線、CATV回線、モバイル回線などの種類がある
・電話回線は通信速度が遅く、光回線は早い、モバイル回線は光回線より速さ
・一人暮らしの人で固定回線を引く必要性はあまりない

インターネット回線には、電話回線、光回線、CATV回線、モバイル回線などの種類があり
ます。

どの回線でも契約は必要で、モバイル回線以外の回線は工事が必要です。
電話回線はこの中で一番通信速度が遅くて、動画をよく見る人には不向き。

一方、光回線やCATV回線は通信速度が速いのが特徴です。
CATV回線は会社によって違いますが、最近は光回線とコラボしているところもあります。

電話回線、光回線、CATV回線の3つは、外から回線を引いてきて、モデムからケーブルで
無線LANに繋がります。

そして、無線LANからWIFIを飛ばしてスマホやパソコンとつながります。

モバイル回線は、これら3つの回線とはまったく違います。
外からWIFIをキャッチして、スマホやパソコンにWIFIを飛ばします。

つまり、最初から最後まで無線で繋がっているのです!
だから家でも外出先でもインターネットできます。

場所によって不安定というデメリットはありますが、家に人がいないことが多い一人
暮らしには、モバイルWIFIルーターの方が向いていますよ。

回線によって料金は違う?それぞれの相場をチェック

・光回線は月額5,100円前後が相場
・CATVはテレビなども含めると1万円前後
・モバイル回線は月額3,000円代~4,000円代が相場

電話回線は今主流じゃない通信方法なので、省きます。
光回線は月額5,100円くらいが相場です。

CATVは会社によりますがインターネットだけではなくテレビサービス、電話にも
加入するのが一般的。

月額1万円前後かかってしまいます。
そして、モバイルWIFIルーターは月額3,000円代~4,000円代が相場です。

工事も必要ないし、月額利用料も安いから、インターネット初心者に向いています。

私は実家がCATV回線だったので、一人暮らしをはじめてすぐに固定回線を契約しました。
モバイル回線があるなんて知らなかったので、ろくに調べもしないで選んでしまったのです。

しかし、いざ契約してみると通信回線の設置工事が必要だったり、契約に書類が必要
だったりして、とても大変でした。

引っ越しのときに電気やガスの手続きをして、もう引っ越しの手続き関連のことは終わった
と思っていたので、余計面倒に感じました。

インターネット初心者にとって、面倒な手続きがないというのはかなりのメリットです。

プロバイダでなに?どうやって選ぶの?

・インターネットと通信回線をつなぐ会社のこと
・大きな違いはないのでキャンペーン内容で選んでOK
・モバイル回線はプロバイダのサイトから契約する

インターネットのことを調べていると、「プロバイダ」という言葉が出てきます。
プロバイダとは、インターネットと通信回線をつなぐ会社のこと。

モバイル回線は通信回線がないというイメージがあるかもしれませんが、無線には無線
回線があるので、プロバイダが必要です。

固定回線の場合は、通信回線の会社のサイトから申し込んでプロバイダを選びます。
モバイル回線の場合は、プロバイダのサイトから申し込みます。

どちらの場合でも、プロバイダには会社によってあまり違いがありません。
キャンペーン内容で選んで大丈夫です。

例えば、私が使っているWIMAXというモバイル回線だと、10社以上のプロバイダがあります。
月額利用料やオプションなどは変わらないのですが、キャンペーン内容がかなり違うのです。

例えば、GMOとくとくBBというプロバイダのWIMAXでは3万円近いキャッシュバックがあり
ます。

しかし、UQ WIMAXというプロバイダではキャッシュバックがありません。
そのかわりに手厚いサービスを受けることができます。

月額利用料や端末代などのメインではない部分が、プロバイダによって違うのです。

契約したいモバイル回線の会社が決まったら、いくつかのプロバイダを比較して
みましょう。

光回線だと工事が無料って本当?どうしてタダになるの?

・もともと3万円くらいする工事費が無料のキャンペーンを開催している会社が多い
・工事は電線から自宅に回線をひきこむかんたんなもの
・15分~30分くらいで済むからタダになる

光回線はモバイル回線と違って、通信回線の設置工事がいります。
工事というと大掛かりな感じがしますが、実はとてもかんたんです。

自宅の近くの電線から通信回線を引き込むだけなのです。

家に引き込むときは壁に穴をあけずに、エアコンのダクトや電話の配管などのすでに
空いている穴から引き込みます。

15分~30分くらいで終わるので、キャンペーンで無料にできるのです。
私も最初固定回線を家に設置したとき、どれくらい時間がかかるのかわからず不安でした。

でも20分くらいですぐに終わってしまったので、ほっとしました。
ルーターの初期設定もしてもらえたので、機械が苦手な私でも問題なかったですよ!

固定回線を引いて無線LANを1台設置すれば、家中どこででもインターネットできます。

これはモバイル回線も同じで1台で家中でインターネットできるし、同時に10台くらい
通信することができます。

光回線でおすすめな会社は?ランキングで紹介

・キャッシュバックで選ぶならau光
・ドコモは無線LANが無料になる
・ソフトバンクはキャッシュバックと条件付きで無線LAN無料

光回線の会社には、いろいろなものがあります。
ここからは、おすすめの会社をランキングで紹介していきます。

・au光

現金50,000円キャッシュバックがあり、工事費無料になります。
auユーザーだとパケットパックが月間5GBの場合は月額1,410円で、無線LANが無料。

・ソフトバンク光

現金2万円キャッシュバックがあり、無線LANもプレゼントしてもらえます。
工事費無料で、ソフトバンクユーザーは月間5GBプランなら月額1,522円引き。

・ドコモ光

無線LANが無料で、10,000パケットパックがただになります。
工事費が無料で月間50GBのプランなら月額2.500円が割引になります。

光回線はインターネットで申し込み→工事→設定という流れで、使えるようになります。

この流れが面倒で嫌という場合は、モバイル回線にしましょう。
モバイル回線にすれば、工事がいらないのでインターネットから申し込み→設定だけで終了。

光回線をつなぐのに必要なのはものは?ルーターなどを紹介

・無線LANルーターとインターネット回線があればつながる
・どちらも通信会社に用意してもらえるので自分でそろえる必要はない
・ルーターの設定の仕方はかんたん

光回線でインターネットにつながる場合は、無線LANルーターとインターネット回線が
あればつながります。

つまり必要な機器は無線LANルーターだけなのですが、無線LANルーターは通信会社の
人が用意してくれます。

ですので、自分でそろえなければならない機器はありません。
契約に必要な書類と費用をそろえて、工事の日を待ちましょう。

また契約してから工事をするまでの間にキャンセルすれば、キャンセル料が発生しません。

もし、光回線にしようと思ったけど、やっぱりモバイル回線がいいという場合は、
工事前にキャンセルをしてください。

また、無線LANルーターの設定はとても簡単なので、業者の人にしてもらえなくても大丈夫。
パソコンで数分で済むので、自分でできますよ。

私は固定回線の工事が意外と早く終わるのがうれしかったのですが、引っ越しのたびに
撤去工事と引っ越し先での設置工事をしなければならないのが面倒でしょうがなかったです。

「もっと手軽な通信回線がいいな」と思っていときに、たまたまモバイルWIFIルーターを
発見して、契約しました。

工事がいらないので、契約にかかる手間がほとんどなく通販感覚で出来ましたよ。
インターネット初心者はモバイルWIFIルーターがいいでしょう。

タブレットを買いたいけどインターネットへのつなぎ方は?通信料金は?

・タブレットは固定回線やモバイル回線のWIFIでインターネットにつながる
・初期設定はかんたんで知識は必要ない
・通信料金は回線に含まれている

タブレットを買って家や外出先でインターネットを楽しみたい場合は、固定回線や
モバイル回線のWIFIでインターネットにつながることができます。

ですので、かんたんな初期設定だけで使えるようになります。
インターネットやタブレットに関する特別な知識は、必要ありません。

また通信料金は回線の通信量として支払います。

別途でかかることがないので、ご安心ください。
タブレットを使いたい場合は、タブレットの購入費しかかかりません。

通販サイトや家電量販店で安いものを探せば、1万円以下で購入できますよ!

また、モバイルWIFIルーターのプロバイダの中には、キャンペーンでタブレットを
もらえるものもあります。

自分の好きなタブレットを選ぶことが出来ないというデメリットがあります。

「どんなタブレットを選んでいいかわからない」「タブレットならなんでもいい」
という人には手間がかからないので、ちょうどいいですね。

WPSがあればスマホを固定回線に接続するのはかんたん

・固定回線を契約したらスマホを設定する必要がある
・無線LANルーターに設定が楽な「WPSボタン」があればかんたんに終わる
・契約すると最新ルーターをレンタルできるからWPSはある

固定回線を契約したら、今後はスマホを設定する必要があります。
スマホを設定するには、無線LANルーターにWPSボタンがあればかんたんです。

WPSとは自動で設定してくれる機能のこと。
面倒な設定が出来ない人でも、問題なく設定できます。

WPSを使った固定回線のWIFI設定の仕方は…

・1 スマホの「設定」メニューから「WIFI」をオンにする
・2 「WPS」をオンにする
・3 無線LANルーターのWPSボタンを長押しする
・4 「接続されました」と表示されれば完了

このようなWPSボタンがない場合は、自分でパスワードを入力する必要があります。

・1 無線LANルーターに書かれている「SSID」と「パスワード」をメモする
・2 スマホで「設定」→「WIFI」をオン→「無線電波一覧」を表示
・3 「無線電波一覧」からSSIDを探す
・4 パスワードを入力して「接続」
・5 「接続されました」と表示されたら完了

今光回線と契約をすれば、最新機種をレンタルできます。
ですので、WPSボタンがついているのがほとんどです。

パスワードを入力する必要がないのですが、もしWPSボタンがなかったときのことを
考えて、ふつうの設定方法も覚えておきましょう。

固定回線の無線LANを使うときに気を付けた方がいいポイント

・2年に1回はルーターを買い替えると通信速度が速く保てる
・古いルーターは古い通信規格しか使えないのでどんどん遅くなる
・ルーター自体も省エネになっているので、定期的な買い替えを!

固定回線は一度契約してしまうと引っ越しがない限り、見直すことがありません。

無線LANルーターは契約したときにレンタルしたものをそのまま使っている家庭が
ほとんどではないでしょうか?

私の実家も固定回線に4年ほど前契約しました。

そのときに「2年間使い続ければレンタルしている無線LANルーターを差し上げます」と
言われ、そのまま4年も使っていました。

最近、無線LANルーターがうるさいということになり、通販で最新のルーターに買い替える
ことになりました。

すると、料金プランを買えたわけじゃないのに通信速度が速くなったのです。
気になっていた無線LANルーターの騒音もなくなって快適になりました。

固定回線は一度契約すると、なかなか乗り換えません。

無線LANルーターも何年も使い続けることになってしまうのですが、2年に1回は買い
替えた方がいいでしょう。

通信規格はどんどん新しくなるので、最新の通信規格で通信できる無線LANルーターと
スマホやパソコンという組み合わせじゃないと、高速通信ができないからです。

無線LANルーターは通信速度に直接かかわっているものなので、定期的な買い替えを
してください。

固定回線の初期設定が苦手だったり、買い替えが面倒な場合は?

・モバイルWIFIルーターは初期設定が簡単
・買い替える時もインターネットで申し込める
・2年に一度買い替えやすい

固定回線は無線LANの初期設定があったり、買い替えるときにケーブルを挿したりと
手間がかかります。

しかし、モバイルWIFIルーターは初期設定も簡単だし、買い替えのときもインターネットで
別のプロバイダと契約してルーターが届くのを待つだけ。

前のプロバイダを解約するのに書類のやり取りは必要となりますが、機械音痴の人には、
こちらの方が向いているでしょう。

私もモバイルWIFIルーターを使っていますが、乗り換えが楽なので助かっています。
乗り換えが面倒だと、ついつい「また今度でいいか」と先延ばししてしまいますよね?

そうなると、どんどん通信規格が遅れていって通信の質がよくなりません。
乗り換えのしやすさは大切です。

モバイルWIFIルーターは申し込みからどれくらいで届くの?

・モバイルWIFIルーターは申し込みから数日でルーターが届く
・固定回線は申し込みから2週間で工事が行われる
・急いでいるときはモバイルWIFIルーターがいい

モバイルWIFIルーターは、固定回線と違い工事がいりません。
ですので、固定回線よりも速く使えるようになります。

私がモバイルWIFIルーターを実際に契約したときは申し込みから3日後に、自宅に
ルーターが届きました。思ったよりも速かったので、驚きました。

しかし、固定回線の場合は申し込みから2週間くらいしないと工事が行われません。
工事後すぐにインターネットが使えるようになりますが、時間がかかりますね。

インターネット開通を急いでいるときは、モバイルWIFIルーターがいいでしょう。

これから一人暮らしを始める人は、なれない手続きでとても大変だと思います。
1日でも早く開通した方がいいので、モバイルWIFIルーターが向いています。

引っ越しのときも手続きなしで引っ越し先でも使えるので、とても便利ですよ!

wifi

審査はブラックでも通る?Yahoo!wifiの審査方法は?

■ブラックでも通ると噂のYahoo!wifiの審査

ポケットwifiを口座振替で契約をしようとすると、必ず審査をすること
になります。しかし、この審査がとても甘いと噂なのです。

  • ソフトバンクなどで契約の打ち切りがあっても審査は通る
  • 口座確認の電話もないので、審査自体していない可能性も!

甘いと噂のYahoo!wifiですが、クレジットカードがブラックの場合は、
さすがに契約をすることができません。

しかし、口座振替で契約をすることは可能です。

口座振替の場合は、口座の状況をチェックする審査があるのですが
これも甘いといううわさがあります。

WiMAXの場合は、口座振替で契約の申し込みをすると、数日後に
口座振替依頼書という書類が届きます。

そこに必要事項を記入し、本人確認書類のコピーを同封して返送
する形となっています。

その後、審査が行われ契約申し込みから2週間後くらいで通信端末
が自宅まで届くのです。

しかし、Yahoo!wifiの場合を調査すると、口座振替で申し込みをした
3日後に通信端末が届くそうです。

しかも、その間にまったく電話での確認や書類が来たりすることは
ないそうで、本当に審査をしているのか疑問という意見もあります。

たしかにYahoo!wifiの契約時には、審査を行っていないようです。
調べてみた結果、こんな人の体験談を見つけました。

○契約者の条件

・Emobileの支払いが滞り、強制解約
・ソフトバンクの契約も打ち切られ、その後料金は完済
・Yahoo!プレミアム会員の会員費未払いでアカウント凍結

○yahoo!wifiの口座振替での契約申し込みの結果

・朝に申し込みをして、その3日後に通信端末が到着
・翌日か即日に端末を発送した可能性大

Emobileはともかくとして、ソフトバンクはYahoo!wifi系列なので、
同じ系列の通信会社の滞納履歴があっても通ってしまうのです。

また、Yahoo!wifiを契約するときに必要なYahoo!プレミアム会員も
以前、会員費未払いでアカウントが凍結したといいます。

それなのに、Yahoo!wifiの契約がすんなりできてしまうのです。

こんな審査方法で、契約できてしまって大丈夫なのか?と心配に
なってしまいますよね。

しかし、審査は別のタイミングで行われているので、問題ありません!

■Yahoo!ウォレットの口座振替の審査がある

WiMAXなら2週間くらいはかかる口座振替の審査ですが、Yahoo!wifi
の場合は、Yahoo!ウォレットの登録時に契約をします。

  • Yahoo!wifiの審査はYahoo!ウォレットの審査に時間がかかる
  • 2段階の審査で約1か月の期間を必要とする

YAhoo!wifiの口座振替での契約をする場合、口座を直接登録する
のではなく、Yahoo!ウォレットに登録をしてそこから料金を払います。

そして、そのYahoo!ウォレットの審査が2段階あって、期間は
約1か月間かかるのです。

この2段階の審査は公式サイトにあるQ&Aの1次審査を経て2次
審査になります。

つまり、Yahoo!ウォレットに登録をする段階で厳しい審査があり、
それをクリアしてYaahoo!wifiに登録するからこそ、すぐ通るのです。

Yahoo!ウォレットの審査基準は、過去に支払いを滞納したことがない
か、犯罪目的で作られた口座ではないか、などを確認します。

Yahoo!ウォレットに登録していない状態でYahoo!wifiに登録をすると
WiMAXよりも時間がかかってしまいます。

ポケットwifiが必要な場合は、早め早めに登録をするようにしてくだ
さい。

■口座振替でもYahoo!wifiなら、手数料が無料!

WIMAXだと口座振替の場合、毎月200円の手数料を取られます。
しかし、Yahoo!wifiの場合は手数料が無料なのです。

  • Yahoo!ウォレット経由で支払うので手数料無料
  • クレジットカードでも口座振替でも利用料が変わらない

Yahoo!ウォレットからの支払いという形になるYahoo!wifiは口座
振替でも手数料がかかりません。

クレジットカードでも口座振替でも利用料が変わらないので、
節約のためにクレジットカードを発行する必要がありません。

審査に時間がかかることはデメリットですが、最低契約期間2年間
毎月発生する手数料が無料なのは、かなりのメリットですよ!

WiMAXと比較すると、月々200円で24か月間かかる合計4,800円
の手数料が無料になるのです。

ちょっとしたキャッシュバックと同じくらいの金額ですね!

■ゆうちょ銀行でもYahoo!ウォレットを利用できる?

では、手数料無料でお得なYahoo!wifiにゆうちょ銀行の口座でも
契約できるのでしょうか?

  • Yahoo!wifiの口座振替はゆうちょ銀行にも対応している
  • 登録後、ネットで簡単に登録内容を変更できる

Yahoo!wifiの口座振替はゆうちょ銀行にも対応しています。
ですので、ゆうちょ銀行でも安心して申し込みをしてください。

また、登録後にネットから簡単に登録内容を変更できるので、
登録時の内容でずっと利用しなけれならないわけではありません。

そして、ゆうちょ銀行以外の金融機関は、こちらの4つが登録でき
ます。

・ジャパンネット銀行
・楽天銀行
・MIZUHO
・三菱東京UFJ銀行

このうち、楽天銀行、MIZUHO、三菱東京UFJ銀行の口座を登録
する場合は、自動口座振替契約の手続きを事前に済ませましょう。

そのうえで、Yahoo!ウォレットに口座振替の登録をしてください。

■Yahoo!wifiの口座振替で契約をする手順

Yahoo!wifiを口座振替で契約する手順は、ほかのポケットwifiと
ほとんど変わりません。

  • Yahoo!ウォレットに登録をして、登録完了後に申し込み
  • 問い合わせはメールでできるので簡単

Yahoo!wifiに申し込みをするときでも、Yahoo!ウォレットに登録をして
登録完了後に申し込みをします。

ほかのポケットwifiとこの手順が違うというだけで、あとは全体の
流れは同じです。

契約に関する問い合わせもメールでできて簡単ですし、基本的に
インターネット上での契約となります。

ポケットwifiは家電量販店でも取り扱いをしているので、直接人に
疑問をぶつけたい場合は、家電量販店へ行きましょう。

通信端末の実物もチェックできるので、契約後に使っている感じが
イメージしやすくなりますよ!

wifi

口座引き落とし審査が終わってポケットwifiが到着するまでの日数は?

■口座引き落とし審査が終わるまでの日数とは?

ポケットwifiはプロバイダにもよりますが、一定の時刻までに契約をすませれば
即日中に通信端末が送られてくるところもあります。

  • 口座振替の場合は、審査結果が出るまでに約3日間がかかる
  • クレジットカードは審査がすぐに済むので、急ぎの時に便利

口座振替で契約をする場合でも、クレジットカードで契約をする場合でも、
プロバイダの公式サイトから申し込みをするところから始まります。

自分が良いと思ったプロバイダに申し込みをして、必要事項を入力し、
利用規則や契約方法などについても、しっかり目を通していきます。

そして、口座振替の場合は、口座振替依頼書という書類が自宅に届くまで
待ちます。届いたら、書類に必要事項を記入して、返送。

その後、通信端末が届き、その日のうちから使えるようになります。

では、この流れには具体的にどれくらいの日数がかかるのでしょうか?
ポケットwifiを口座振替で契約した人の体験談をもとに、ご説明します。

1日目 インターネットで申し込み
5日目 口座振替依頼書が到着
6日目 口座振替依頼書の返送
9日目 口座振替依頼書の到着連絡
13日目 通信端末の発送

つまり、申し込みをしてから口座振替依頼書がプロバイダに到着して約3日で
審査は終了します。

しかし、それまでの口座振替依頼書の往復にかなりの時間がかかりますね。
申し込みから約2週間後に通信端末を手にすることができるようになるのです。

口座振替依頼書の記入事項については、このような内容を記入します。

・契約者名
・生年月日
・住所
・電話番号
・口座名義人
・金融機関お届け印
・一般金融機関(銀行などのばあは支店名も記入する)
・ゆうちょ銀行(希望者のみ)

そして、本人確認書類のコピーを同封します。

即日発送で、早ければ翌日中に通信端末が到着するクレジットカードに
比べるとかなり時間のかかる契約になります。

■口座振替の審査はどんなことを審査するの?

口座振替の審査というと、自分のプライベートな部分をのぞかれるような気が
してしまいますが、実際にはどんな審査をするのでしょうか?

  • クレジットカードやキャッシングのような厳しい審査はない
  • 公共料金や税金の大きな滞納がなければ問題ない

ポケットwifiの審査は、クレジットカードやキャッシングのような厳しい審査では
なく、公共料金や税金などの大きな滞納がなければ問題なく通過できます。

家賃や税金などの払い忘れがないかチェックして、ある場合は支払ってから
申し込みをしてください。

そして、以前、携帯料金などを滞納したことがあっても、過去の滞納記録は
無関係ですので、ご安心ください。

あくまでも、今現在の口座状況を見るための審査なのです。

また、審査のための確認の電話などもなく、口座振替依頼書が到着したと
いうメールだけです。

審査のために特に用意するものは何もなく、ただメールと通信端末の到着を
待てばいいだけですよ。

■少しでも早く口座振替の審査を終わらせるには?

ポケットwifiを口座振替で申し込むときに、少しでも早く審査を終わらせるには
申し込むタイミングに注意をしましょう!

  • 月末に申し込みをすると、審査が翌月に回されてしまうことも!
  • 月の頭に申し込みをすれば、2週間くらいでスムーズに終わる

ポケットwifiを月末に申し込みをすると、手間のかかる口座振替の申し込み
審査は翌月に回されてしまう可能性が高いです。

ですので、申し込みは月の頭にするようにしてください。
そうすることで、2週間くらいでスムーズに終わりますよ。

また、年末のタイミングで申し込むとさらに遅くなりますので、年末年始に
ポケットwifiが必要になったら、年始まで待つようにしましょう。

■ポケットwifiの中には本人確認書類のコピーが必要な場合もある

ポケットwifiを口座振替で申し込みをする場合、基本的に本人確認書類は
口座振替依頼書の段階で必要になるのですが、UQWIMAXは違います。

  • 免許書、パスポート、健康保険証のコピーが申し込みの段階でいる
  • プロバイダの公式サイトに記載されているので、事前に確認を!

本人確認書類のコピーは、免許書、パスポート、健康保険証などのコピーが
必要となります。

こうした必要書類のコピーを提出するタイミングは、プロバイダのサイトに
書かれているので、事前にチェックをするようにしてください。

また、口座振替には必ず毎月手数料が発生します。

審査に時間がかかる上に、月々の支払いも増えるので本当に口座振替で
よいかじっくり検討してみてくださいね!

急ぎの場合は、クレジットカードを発行して、申し込みをした方が早く
通信端末を手にすることができますよ。

■口座振替ができるポケットwifiと、その手数料は?

では、口座振替ができるポケットwifiの種類と、その手数料はどれくらいかかる
のでしょうか?毎月のことなので、事前に確認をしておきましょう。

  • UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX2+、Broad WiMAXが口座振替可能
  • 手数料はそれぞれ200円かかる

○UQWIAMX 口座振替手数料 200円
○BIGLOBE WIMAX 口座振替手数料 200円
○Broad WiMAX 口座振替手数料 200円

毎月200円かかると、最低利用期間・2年間で4,800円かかります。

契約時のキャッシュバックなどで5,000円割のプロバイダもありますので、
割引分がプラスマイナスゼロになるくらいの金額がかかってしまうのです。

口座振替審査に2週間前後かかること、毎月200円の手数料がかかること
などを考えると、クレジットカードを作って契約をした方が良いと考えます。

クレジットカードはフリーターでも学生でも作ることができて、最短即日に
発行してもらえるものもあるのです。

今まで、クレジットカードをもったことがない人には抵抗があるかもしれませんが
意外と簡単に作ることができますよ!

クレジットカードの所有率は、20代だと80%以下なのだそうです。

若者を中心に人気を得ているポケットwifiですので、意外と口座振替で支払って
いる人は多いのです。

また、WiMAX以外でもYahoo!wifiでも口座振替で支払うことができます。

同じように審査に時間がかかりますが、クレジットカードなしでも利用できる
のは、クレジットカードを持っていない人にとって、とても助かりますよね?

wifi

wifiで月額が一番安いどこのものですか?具体的な料金は?

■月額の料金を比較!

月額が一番安いwifiは、どこでしょうか?
毎月の利用料金を比較して、一番安いところを探していきましょう。

  • 月額が安いのはYahoo!wifiとBroad WiMAX
  • それぞれデメリットがあるので、注意をしてください

ポケットwifiは、無線通信でインターネットと繋がるので、一人暮らしの人や
インターネットの知識がない人でも手軽に契約出来る通信環境です。

そのポケットwifiは通信会社やプロバイダが違うと、通信利用料金にも差が
出てきてしまいます。

しっかりそれぞれのポケットwifiの月額利用料を比較して、どこが一番安い
のか確認してから選ぶようにしてください。

ポケットwifiの通信会社やプロバイダごとの月額を調べた結果は、こちら
です!

○ポケットwifiの月額利用料金

・Yahoo!wifi 2,480円
・Broad WiMAX 2,856円
・GMOとくとくBB WiMAX 4,263円
・Y!モバイル 3,696円
・So-net WiMAX 3,980円
・UQ WiMAX 4,380円

2,000円代の月額のYahoo!wifiとBroad WiMAXの月額の利用料金の安さが
目立っていますが、それぞれにデメリットがあります。

まず、Yahoo!wifiは通信端末の在庫がなりなり次第、販売が終了となります。

そして、Broad WiMAXは他では初期費用が3,000円なのに対して、初期費用
が18,857円と他と比べて圧倒的に高いです!

また、4か月以降は3,541円と他のWiMAXのプロバイダとほとんど変わらない
料金になってしまいます。

契約期間中ずっと月額が安いのは、Yahoo!wifiですね。

しかし、月額があまり安くなくても、高額なキャッシュバックを受けられる時期
に契約をして、得をするという方法もあります。

どのプロバイダで、それが出来るのでしょうか?

■高額キャッシュバックで得をすると・・・

高額なキャッシュバック・キャンペーンを利用すれば、月額があまり安くなく
ても、契約期間2年間の総合的な費用で得をすることが出来ます。

  • とくとくBBなら契約すると最大30,000円のキャッシュバックが受けられる
  • 2年間、月額が1,250円もお得になる!

GMOとくとくBBで契約をすると、最大30,000円のキャッシュバックを受ける
ことが出来ます。

とくとくBBの月額は3,609円ですが、最大30,000円のキャッシュバックを
受けると、毎月1,250円お得になる計算になります。

また、とくとくBBの場合は初月の利用料金は無料、2か月間は月額3,609円
になるキャンペーンを行っています。

それを計算に入れると、とくとくBBの2年間の合計費用は・・・

・初期費用 キャンペーンで無料
・2年分の月額利用料金合計 96,741円
・キャッシュバック 30,000円
・2年間の合計費用 66,741円

一方、月額が安いYahoo!wifiの場合は・・・

・初期費用 3,000円
・2年分の月額利用料金合計 59,520円
・2年分のYahoo!プレミアム会員費 9,120円
・2年間の合計費用 71,640円

つまり、月額だけを比べると、圧倒的にお得だと思っていたYahoo!wifiが実は
合計費用で見てみると、とくとくBBの方がお得なのです。

月額だけなら、Yahoo!wifiはとくとくBBより1,407円もお得です。

しかし、キャッシュバックのこと、Yahoo!wifiのYahoo!プレミアム会員費のことを
考えると、とくとくBBの方が費用が安く済みます。

ポケットwifiを選ぶ時は、月額だけではなく、2年間の合計費用を出してから
選ぶようにしましょう!

■とくとくBBの高額キャッシュバックは受け取りが大変!

2年間の合計費用では、Yahoo!wifiよりもお得になるとくとくBBですが、高額
キャッシュバックを受け取れなければ、大きな損になります。

  • 契約時にキャッシュバックは受け取れないので注意!
  • 契約から11カ月後にお知らせメールが届く

とくとくBBのキャッシュバックは契約時に受けられるものではなく、契約から
11カ月後に受け取る仕組みになっています。

実際にとくとくBBと契約をしてキャッシュバックを受け取った人の体験談
では、このような流れだったそうです。

契約をした付きの11カ月後に、「GMOとくとくBBからのお知らせ」というメール
が届きます。

このメールは契約をしたときのGMOメールアドレスに届くので、普段利用して
いるメールアドレスに転送する設定を事前に行っておきましょう。

そして、手続き方法は・・・

1 メールに記載されている入力フォームURLにアクセスする
2 「GMOとくとくBB登録証」に記載されているID、パスワードでログイン
3 必要な情報を入力して送信する

この手順で申し込みをして、翌月末営業日にしっかり振り込みがあったそうです。

契約をしたときに、手帳にキャッシュバックを受ける月の予定を書いておいて
ください。

そして、GMOメールアドレスに来たメールが普段のメールアドレスに転送
される設定を行っていれば、問題なく受け取れますね。

とくとくBBで契約をする場合は、この2点に注意をしてください。

■とくとくBBのユーザーたちの口コミは?

とくとくBBを実際に使用している人たちによる口コミを見てみると、通信が
不安定・遅いと言った感想が見られます。

安さだけではなく、通信の安定性もチェックしておいた方が良いです。

  • とくとくBBの口コミをチェック
  • 「不安定で全然ネットに繋がらないという感想もある

とくとくBBの口コミを見てみると・・・

・都市部にいても1Mも出ないことが多かった
・本当に通信速度が遅いので、ネットがかなり不安定
・光から乗り換えたので、通信速度の遅さにびっくりしている

このように、通信速度の遅さ、不安定さに不満を持っているユーザーが多いの
です。

ポケットwifiを選ぶ場合は安さも大切ですが、通信環境も大切なので、その2つ
に注目をして、えらぶようにしてください。

WiMAXは地方の方が繋がりやすいので、地方に住んでいる人は、とくとく
BBが良いでしょう。

都市部なら電波が曲がりやすいYahoo!wifiが良いですね。

月額が安い場合でも不満を感じてすぐに解約をすると、解約料がかかって
しまい、結果的に損をすることになりますので、ご注意ください。

wifi