インターネットを新築の戸建で利用するには有線、無線どちらがよい?

Q.png木造2階建てを新築する者です。
建築会社より、インターネットの配線をどうするか?と聞かれています。

宅内配線についてですが、
・無線LAN
・有線LAN
・PLC
みなさんは、何がお勧めですか?

我が家では現在、
・無線LAN内蔵のノートパソコン×2台
・プリンター
・Wii
を所有しています。

配置したい場所は、
・リビング(2F)
・書斎(1F)
・寝室(1F)
・子供部屋(1F)
の4か所です。

建築会社からは、
宅内有線LANを組む場合は、
1か所につき、1万5千円位かかる。
コンセントに差し込むPLCも検討してみては?と言っています。

正直、想像以上に高額なので戸惑っています。
PLCを建築会社から聞いて初めて知ったので調べてみたのですが、
設定も簡単そうで費用も安くつき、PLCも有りだなと思ってはいるのですが、
ノイズも起きるという話もあったので、悩んでいます。

実際、PLCを使っている方は快適に使えていますか?
多少費用が高額になっても、有線LANの方がお勧めでしょうか?

将来的にインターネット環境も進歩する可能性が高く、
無線LANを勧めている方も多いようなので、迷っています。

■新築の戸建にインターネットを引くには、どの方法がよいか

新築の戸建でのインターネット環境の構築ですが、有線LANと無線LANのメリット、
デメリットを説明します。 速さは光ネット回線を使用した場合です。

・有線LAN

(メリット)
接続状態が安定している。 無線LANより通信速度が速い。(100Mbps~)
家電製品などの電波干渉を受けにくい。

(デメリット)
LANケーブルが邪魔になる。 足をひっかけて転倒したり、断線する場合がある。

・無線LAN

(メリット)
LANケーブルを接続する必要がない。 通信がつながればどこででも使える。

(デメリット)
有線と比べて速度が落ちる。(8Mbps~40Mbps程度) 家電機器などとの電波干渉
が起きることもある。

家の中で電波が届きにくい場所があるとつながらない。 電波が弱くなると、通信速度
が著しく落ちる場合がある。

それぞれ利点と不利な点があるので、どういう使い方にするかがポイントだと思います。

もし有線LANを使う場合は、LANケーブルを各部屋へ這わす必要があります。
その場合、LANケーブルを見えないようにするには、ケーブルを壁内に埋めて、
LANケーブルソケットを使用する部屋の壁につける工事が必要です。

しかし、質問の内容で1ヶ所15000円で、4ヶ所必要ということなので、合計
60000円の費用がかかるというのは少し高い気がします。

壁にLANケーブルソケットをつける工事は、家を建てている期間にしないとライン
を壁内に這わすことはできないので、今の建築業者と違う、上記の金額より安い
業者を探すと言うことも困難かと思います。

■PLCによる接続

PLC(電力線搬送通信)は、家庭の電力線を通信回線として利用する方法で、使いたい
各部屋のコンセントにアダプター(PLCモデム)をつけて、パソコンを接続します。

この接続法を利用すれば、家中にLANケーブルを這わすことなくパソコンをつなぐ
ことができます。 その通信速度も数Mbps~数百Mbpsで、速度的には問題ないと
思います。

しかし、もともと電力線は高い周波数の電気信号を流すことを想定していないため、
PLCによる漏洩電波(ノイズ)が発生するようです。

このノイズは、医療機器やアマチュア無線、短波ラジオなどを近隣の家で使用していた
場合は、深刻な影響を与えるとの指摘があります。

そのため、なかなか実用化されませんでしたが、総務省が規制を緩和したのを受けて
2006年12月よりPLC対応製品が発売されました。

PLCモデムは1個4000円~ で販売しているので、4ヶ所でしたら16000円
そこそこで設置できます。

PLCは発売されてから時間も浅いので、まだどんな影響があるか等の結果は発表されて
いません。 ただ、ノイズの漏れはかなり多いらしいので、心配は心配です。

■無線LANによる接続

無線LANの速度もだんだん上がってきて、うまく電波が届けば、ケーブルが不要な
ため、快適にパソコンを利用できると思います。

現在お使いのパソコンが無線LAN受信機を内蔵しているノートパソコンなので、問題なく
利用できます。 デスクトップ型の場合は移動しないので、有線LANでもよいですが、
ノートパソコンは持ち運びできて、好きな場所で使えるのがメリットですからね。

プリンターは無線LAN受信機能はあると思います。 Wiiには無線LAN子機のアダプターを
つければ、無線LANで接続できます。 子機のアダプターは1500円くらいであります。

インターネットを利用する場所が、リビング(2F)・書斎(1F)・寝室(1F)・
子供部屋(1F)ということですので、少なくとも1Fの3ヶ所は無線LANを受信できる
と思います。

無線LANは鉄筋コンクリートでできた建物や地下室などへはつながりにくいと言われて
います。 各部屋の壁が防音対策等により分厚いというような場合以外は、同じ階では
問題なく受信できるのではないでしょうか。

後は、リビング2Fですが、2Fくらいなら無線LANは届くとは思います。
しかし、もし電波の受信状態が悪いようなら、2FだけLANケーブルソケットをつけて
有線LAN配信にするのもよいかもしれません。

もしくは、「中継器」をおく方法です。 中継器は無線LANルーターと無線で接続し、
ルーターのアンテナとしての役割を果たしてくれます。

たとえば、1階に無線LANルーターを設置して、1階部分を接続します。 2階への
階段付近に中継器を置くことで、2階への電波の受信状態を安定させることができます。

1階に置く無線LANルーターはフレッツ光などでは、無料でレンタルしてもらえます。
無線LAN中継器は4000円~であります。

利用する場所が増えたり、これからはタブレット型パソコンが主流になり、自由に動いて
利用することが多くなると思いますので、有線でつなげるより、無線でつないだ方が
将来的にもよいかもしれません。

インターネットを新築の戸建に引くためのおすすめはどういう方法

Q.pngインターネット関連に疎いので、詳しい方の助言をお願いします。
全くの素人なので、詳しくわかりやすく教えていただける方希望です。新築戸建を購入し、もうすぐ引越しします。
何かと必要なので、インターネットを繋ぎたいと検討しているのですが、
お勧めのインターネットを教えてほしいのです。
ADSL、光、CATV・・・いろいろありすぎて、
調べれば調べるほど何が良いのか分からなくなってきました。
マンションタイプと言うものはよく見かけますが。
戸建に適したインターネットというのもあるのでしょうか?通信速度に関しては、ごくごく普通のもので構いません。
調べ物のためのHPの閲覧や、メール・・・
たまに動画を観たり、ネットショッピングする程度なので、
そんなに通信速度が速いものは必要ないと思っています。速度の速さよりも月々の接続料が安く経済的なものを希望しています。
これから、エアコンや、電子レンジなど、いろんな家電の購入もあります。
その際、家電量販店で接続をお願いするのが良いのでしょうか?お勧めのインターネットを教えてください。
月々の料金や、お勧め点なども教えてもらえると嬉しいです。

■新築戸建にインターネットを引くには、どうすれば?

新築戸建にインターネットを引く方法としては、光ネット回線か、ADSL回線を使います。
光ネット回線は光ケーブルを使う方法で、速さが売りになっています。

ADSL回線は、電話回線を使用して接続する方法で、壁にある電話のソケットにモデムという
接続する機器をつないで利用します。

光ネット回線の速さが、100Mbps~に対して、ADSL回線では、8Mbps~50Mbpsです。
8Mbpsでは、動画を見たりする時に、遅く感じます。
また、ADSL回線はNTT基地局から離れていると、離れるほど速度が遅くなったりします。

光ネット回線は、光ケーブルを建物内に導く工事が必要です。 工事費用は負担しないと
いけませんがキャンペーンで無料の場合もあります。 ADSL回線は、電話回線がすでにある場合は工事は不要です。

■金額比較

かつては、大手家電量販店でインターネット契約(光ネット回線)をすると、販売している
家電を何万円も値引きするサービスがありました。

しかし現在、この販売法が違法になり、廃止になったようです。
よって大手家電販売店で買い物をして、インターネットも契約するのでということで
値引きはしてもらえないようです。

しかし、プロバイダ等が行っているインターネットの新規契約でのキャッシュバックのサービス
はまだ続いているので利用した方がよいと思います。

 

例えばこういうところですね。





基本的に自分が加入している携帯電話会社がやっている光回線サービスに加入すればセット割りで安くなることが多いです。
auならauひかり、ソフトバンクならソフトバンク光といった具合ですね。

ちなみにドコモの場合はあまり割引率がよくないので、キャッシュバックが多いフレッツ光にしても問題ないと思います。

 

>>【フレッツ光】見せかけの、最大○万円キャッシュバックサイトよりお得で誠実な会社

 

もし自宅にNTT回線があって、固定電話加入権を契約しているのであれば、ADSL回線を
使ってのインターネットが安いです。

通信速度により価格は変わります。 ADSLは12Mbpsで月額2000円ほど、50Mで月額2700円
ほどです。 もし、電話回線はあっても電話加入権を持っていなければ、4720円ほどになって
しまいます。

光ネット回線だと光ファイバーを使うので電話回線の有無は関係ありません。
戸建てや集合住宅など住んでいる住宅の形態によりますが一番安くて月額3500円から利用できます。

光ネット回線にすると、ひかり電話という固定電話加入権を買わずに固定電話を利用できる方法
があります。 設置費も月額500円ですみます。(通話料はかかります)
また、光テレビも使用することができます。

また、光ネット回線を新規に契約すると、高額なキャッシュバックなどの特典があるので、
実質の料金はADSLと大きな差がなくなってきています。

■どこと契約するとよいか

光ネット回線を使う場合は、フレッツ光、auひかりなどの種類があります。
光回線の契約とプロバイダの契約を行う必要があります。

プロバイダはインターネットを接続するための中継ポイントで契約しないと、インターネット
に接続することができません。

光ネット回線のそれぞれのサイトからも両方契約できますし、プロバイダからの申し込み
でもいっしょにできます。 ADSL回線の場合もプロバイダからの申し込みで行えます。

各プロバイダにより特徴があります。 月々の利用金額で選ぶか、キャシュバックの額で
選ぶか、セキュリティやブログなどのサービスで選ぶか、判断してください。

利用できるプロバイダはフレッツ光やauひかりのサイトから選べますが、価格COMの
プロバイダ選びのサイトからも比較することができます。

選択したら、そのサイトからプロバイダのサイトへ移動しますので、そこで示される
住所や支払方法などの必要事項を記述します。

契約が終了すると、インターネット環境を構築するためのを接続するための手順を説明
した書類が郵送されますので、それに従って行うとできます。

■新築の場合の各部屋への配信について

パソコンやゲーム機などインターネットにつなぎたい機械が複数あり、しかも接続する
部屋が違う場合、どうやって接続すればよいかを説明します。

接続方法は、LANケーブルを直接つなぐ有線LANと電波を受信してつなぐ無線LANの方法
があります。

有線LANは、接続状態が安定している。 無線LANより通信速度が速い。(100Mbps~)
家電製品などの電波干渉を受けにくい。 というメリットがあります。

一方LANケーブルが邪魔になる。 足をひっかけて転倒したり、断線する場合
がある。 というデメリットがあります。

無線LANは、LANケーブルを接続する必要がない。 通信がつながればどこででも使える。
というメリットと。

有線と比べて速度が落ちる。 家電機器などとの電波干渉が起きることもある。
家の中で電波が届きにくい場所があるとつながらない。 というデメリットがあります。

無線LANを部屋に届きやすくするための中継器も販売しています。

それぞれ利点と不利な点があるので、どういう使い方にするかがポイントだと思います。

もし有線LANを使う場合は、LANケーブルを各部屋へ這わす必要があります。
その場合、LANケーブルを見えないようにするには、ケーブルを壁内に埋めて、各部屋の
壁にLANケーブルソケットをつける工事が必要です。

新宅の工事がまだ終わっていないのであれば、金額等を相談してもよいと思います。

家庭の電気回線を使用してコンセントから接続する「plc」とう方法もありますが、
電波が漏れてノイズが発生するなどの問題が指摘されています。