即日に発送してもらえるポケットWi-Fiってどんなものがあるの?

■契約をして、即日に発送してくれるポケットWi-FIとは?

一人暮らしを始めるにあたって、何を調べるにもインターネットが必要です。
ネット環境をすぐにでも整えたいものですが、即日発送はあるのでしょうか?

  • Yモバイル、ヤフーWIFI、UQ WiMAXなどがある
  • キャリアのポケットWi-FIも、オンラインから申し込みが出来る

ポケットWI-FIでサイトから申し込んだその日に端末を発送してもらえる
プロバイダを調査してみたところ、以下の会社がありました。

・Yモバイル
・ヤフーWI-FI
・UQ WiMAX
・Broad WiMAX

これらのプロバイダであれば、インターネットから申し込みをしてその日中に
発送され、早ければ即日か翌日に通信端末が自宅に届きます。

それぞれの申し込み方法と発送までの流れを見ていきましょう!

○Yモバイル

・公式オンラインストアから商品を選びお客様情報を入力する
・クレジットカードの情報は必須なので用意をしておく
・本人確認書類の送付がいるので、こちらも用意が必要
・24時間受け付けている

○ヤフーWIFI

・午後3時までなら通信端末が即日に発送される
・しかし、ヤフー会員になる必要がある
・支払方法は契約後も変更できる

○UQ WiMAX

・オンラインで契約をするが口座振り込みだと審査に1~2か月かかる
・クレジットカードなら即日発送も可能で、即日中に届くこともある
・クレジットカードの場合は、「開通コード入力受付センター」に電話する

○Broad WiMAX

・クレジットカードの個人情報が必須
・本人確認書類の確認が取れたら、最短で即日に端末を発送する
・平日は16時、土曜は12時までの受付
・検査結果、地域、在庫状況などにより、即日発送出来ないこともある

このように、オンラインで契約をすると即日に発送してもらえるプロバイダは
多いです。

しかし、契約をする時間帯に制限があるので注意をしてください。
午前中のうちに、申し込みを済ませておけば安心ですよ!

では、キャリアのポケットWI-FIの場合では、即日発送してもらえないの
でしょうか?引き続き、調べました。

○DOCOMO
オンラインショップで申し込み後、最短で2日で発送されます。

○SoftBank
オンラインショップで申し込み後、数日後に発送されます。

○au
オンラインショップで申し込み後、数日後に発送されます。

キャリアのポケットwifiには、即日発送のものがないことが分かりました。
即日か翌日に端末が必要なら、キャリア以外のポケットiwifiを選びましょう!

■口座振替っでは即日に通信端末を発送してもらえない理由

口座振替では、通信端末を即日に発送してもらえません。
どうして発送してもらえないのでしょうか?

  • 口座振替依頼書が届き、記入して返送するため
  • その講座が本当に使えるかどうかの確認で時間がかかる

ポケットwifiの料金支払い方法は、クレジットカードと口座振替の2種類です。

このうち、クレジットカードはすぐに審査が下りて端末が発送されるのですが
口座振替は1~2か月間かかります。

その理由は、口座振替ならではの手順にあります。

まず、口座情報を入力して、申し込みをすると、数日後に「口座振替依頼書」
が届きます。

この「口座振替依頼書」に必要事項を記入して返送をしてください。
そして、返送から数週間後に通信端末が届くのです。

「口座振替依頼書」は、入力されている情報の講座が本当に使えるかどうか
の審査のための書類です。

クレジットカードならカード情報をカード会社に問い合わせればOKですが、
口座の場合は、書類での確認となります。

つまり、支払方法が有効かどうかの確認の時間が違うので、端末発送まで
の時間も違うのです。

即日に端末が必要なら、クレジットカードを用意しましょう。

■クレジットカードがないけど、即日に端末が必要な場合は?

クレジットカードを持っていないけど、ポケットwifiがどうしても今日中に必要と
いう場合は、家電量販店へ!家電量販店なら店頭で受け取れます。

  • キャンペーンなどで他の家電も購入する可能性もある
  • 選ぶ料金プランや端末などは限られている

家電量販店でのポケットiwifくらい購入なら、即日中に受け取れるのですが、
細かい条件があります。

それは、加入する料金プランが限られていること、そして選べる端末も限られ
ていること。

さらに、他の家電もセットで買わなければならないケースもあるので、費用は
かさみます。

また、店頭へ行く手間や交通費などもかかるので、とても面倒ですね。

ポケットwifiを安く即日中に購入したい場合は、やはりクレジットカードが必要
となります。

では、クレジットカードをすぐに作るには、どうすればいいのでしょうか?

■即日中にクレジットカードを作るには?

急いでポケットwifiを手に入れるために、急いでクレジットカードを発行したい
場合、こんな方法があります!

  • アコムが発行するACマスターカードをインターネットから申し込む
  • 審査が30分で終わり、むじんくんで受け取れる!

アコムが発行しているACマスターカードは、インターネットから申し込みを
することが可能です。

そして、審査も30分で終わり、全国の無人自動契約機「むじんくん」で受け
取ることが可能です。

・午前中にインターネットから申し込み
・「むじんくん」で受け取る
・即日発送のポケットwifiに申し込み

クレジットカードがない段階からでも、このような流れで即日にポケットwifiを
手に入れることが出来ますよ。

一人暮らしを始めて、すぐにネット環境が欲しいけど、クレジットカードもないと
いう理由で諦めている人は、多いですが、こんな方法もあるのです。

ACマスターカードの申し込み・ポケットwifiの申し込みは、wifi環境のある
ところで行ってください。

クレジットカードがいらないと考えている人もいますが、通販のときに楽だった
り、ポケットwifiのような契約の時に手間がかかりません。

契約時に使うだけで、普段はあまり持ち歩かないようにしておけば、お金を
使いすぎることはありません。

それを機会に、クレジットカードの発行を考えてみるのもいいかもしれま
せんよ!

ACマスターカードはアルバイトやパートでも発行することが出来ますので、
定職についていない人でも問題ありません。

家電量販店での購入よりもクレジットカード発行の方が無駄が費用は掛かり
ませんので、検討してみてください。

パソコンがないからレオパレスでwifiを飛ばしたい!方法は?

■レオパレスでパソコンがない!Wifiは飛ばせる?

レオパレスには、LANケーブルがついているので、パソコンに差し込めばインター
ネットが簡単に始められます。しかし、ない場合はどうすればいいのでしょうか?

  • 有線LANを無線LANに変更する機器で簡単にwifiが飛ばせる
  • LANポートの無いMacBook Airも使えるようになる

レオパレスはもともとインターネット環境が整っているので、わざわざ通信回線を
設置する工事を行う必要がありません。

しかし、残念なことにそのインターネット環境は有線LANなのです!

LANポートのあるパソコンでしかネットに接続できないので、スマホだけの人は
せっかくの有線LANを生かすことができません。

こうした場合は、有線LANを無線LANに変更できる機器を使えば、簡単に
その問題が解決できますよ!

PLANEX社から発売されている「ちびファイ2」という機器を有線LANに繋ぐだけで
簡単にwifi環境が整います。

「ちびファイ2」はその名の通り、とても小さい機器でボールペンよりも短く、とても
軽いのが特徴です。

設定もとても簡単で、インターネットに詳しくない人でも、すぐに完了しますよ!

○「ちびファイ2」の設定方法

1.ちびファイ2本体に記載されている情報に従ってWi-Fi名を選択する
2.パスワードを入力

だったこれだけでインターネットが使えるようになるのです。

ただ、初期状態のパスワードはあまりにも簡単なので、すぐに変えた方がよいで
しょう。

パスワードの変更方法は・・・

・本体に記載されているIPアドレスにアクセスすると、出来る
・管理画面と、Wi-Fi接続のパスワードの2つを変更

そして、ちびファイ2のデメリットについてですが、電源がUSBポートなのです。

近くにUSBポートがあればいいのですが、ない場合は、アダプタを買わないと使え
ません。

同じPLANEX社から、コンセントをUSBポートに出来る機器が発売されています。

・PLANEX社 リアルポータブル無線ルータ 「ちびファイ2」 価格 4,400円代
・PLANEX社 2ポートUSB充電器 「充電万能」 価格 1,200円代

■実際にレオパレスでwifiを飛ばした人の体験談

ここからは、実際にレオパレスでwifiを飛ばせた人の体験談を見ていきましょう。
アッという間に、環境が整ったそうですよ!

  • レオパレスの壁から出ていて、テレビに繋がっている「LEO-NET」に繋げる
  • 「LEO-NET」には、USBポートがある!

実際にレオパレスでwifiを飛ばした人の話では、その人は「Aterm W300P」という
小型無線LAN Wi-Fiルーターを使用したそうです。

レオパレスの壁から出ていて、テレビに繋がっている「LEO-NET」という機器に
小型ルーターをケーブルでつなぎます。

そして、LANとUSBの差込口両方があったので、電源コードの代わりにUSBに
差し込んで完了。

ipadの画面で無線に繋がったことを確認して、認証画面にレオパレスと契約をした
IDとパスワードを1回打ち込み、すぐにインターネットが使えたそうです。

有線LAN敷かなくて焦るかもしれませんが、すぐに解決できる問題なので、
ご安心ください!

■レオパレスで別の通信会社と契約するには?

レオパレスには、もともとインターネットがといいますが、無線の通信会社と契約を
したい場合は、どうすればいいのでしょうか?

  • レオパレスのレオネットを解約して別の回線はできない
  • レオネットとポケットwifi、二つに契約をすればOK

レオパレスのレオネットを解約して別のかいせんにすることはできませんが、
レオネットとポケットwifiに契約をすれば、別回線を使うことが出来ます。

しかし、この場合、レオネットの利用料金とポケットwifiの利用料金の両方が
かかってしまいかなりの額になります。

レオネットは月額1,645円とかなり格安ですが、ポケットwifiのWiMAXは
月額3,696円。合計で、5,341円となります。

せっかくのお得な通信料金が、平均の4,000円前後よりも高額になってしまい
ますね。

しかし、レオネットは、その安い料金ゆえに、通信が不安定でなかなかインターネットに
繋がらないこともあるそうです。

WiMAXは無線通信ですが、通信エリアも広く速度も速いので、安定した通信が
出来ます。

そして、ポケットwifiには、LTEという通信の種類もあるのですが、そちらであれば
もっと安く利用することが出来ます。

LTAのヤフーwifiは月額2,480円ですので、レオネットと合わせても月額4,125円。
平均的なインターネット料金で、安定した通信環境を手に入れることが出来ます。

LTEはWiMAXよりも通信が安定しやすく、スマホ並みにサクサク繋がりますよ。

■レオネットで解約しても大丈夫?

レオパレスのインターネット環境であるレオネットは、住みつづけながら、解約を
してもいいのでしょうか?

  • 解約OKで受付日の翌月末に解約となる
  • 最低利用期間がないので、契約解除料もとられない

レオネットは実は、レオパレスに住みつづけながら、解約をすることが出来ます。

解約の手続きをして、その翌月末には、解約出来ますので、割と早い段階で
レオネットの料金を支払わなくて済むようになります。

そして、ポケットwifiだけにすれば、かなりお得に通信が出来ますね!

・レオネットを継続して、小型無線ルーターを使う
・レオネットを解約して、ポケットwifiに契約をする

ポケットwifiはインターネットで契約出来て、通信端末が自宅に送られてくるので、
通販で買い物をするのと同じような感覚で契約が済みます。

また、ポケットwifiなら持ち運べるので、外出先でもインターネットを利用出来て、
家を空けることが多い一人暮らしにはとても向いている通信環境と言えますね。

小型ルーターは、通販サイトでルーターを購入して、差し込むだけなので、
すぐに終わります。手間がかからないのは、小型ルーターの方ですね。

自分の普段のインターネットの利用頻度などを考えて、合っている方を選びま
しょう!

レオネットを解約する場合はパートナーズ店ではなく、レオネット事務局に連絡を
してください。

電話連絡の際は、ユーザーIDとパスワードを確認されるので、手元に用意して
おきましょう。

受付時間は午前9時から午後8時までとなっています。

フレッツ光のインターネットをレディアス引越しセンターから勧誘されたけど大丈夫か

Q.pngレディアス引越センターという「一人暮らし専門」の引越会社で
先日、引越しを申し込みました。
すると、申し込んですぐに「フレッツ光に入りませんか?」という
勧誘の電話がかかってきました。

そんな経験のある方、いらっしゃいますか?

引っ越しとセットで契約すると、
キャッシュバックをしてくれるようで、魅力的です。
しかし、契約しても大丈夫なのでしょうか?

今まで、単身の引っ越しを経験したことがなく、
引っ越しとパックでインターネット回線の契約をするって
当たり前のことなのでしょうか。

ご経験のある方、お詳しい方、アドバイスをお願いいたします。
また、「フレッツ光」の評判などはどうでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします!

■インターネットの勧誘

近年では住居の設備として、インターネットは必需なものとなってきています。 そのため、新しい
住居でもインターネットの手続きが必要となるため、引越し業社などがインターネットの契約の勧誘
を行うところが多くなっています。

通常インターネットを使用するには、NTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの2箇所で
契約を行います。

フレッツ光では、回線会社(NTT)の代わりに契約の代行を行う代理店というものがあります。
レディアス引越しセンターも代理店として、フレッツ光の勧誘をおこなっているのだと思います。

引越し業社や不動産会社、ネットで引越しの見積もりを取った場合にもその関連会社などから、勧誘の
電話などがあるそうです。

そのほか、大型電気店でも契約することができるし、インターネットの価格comなどのサイトから
でも契約することができます。

それぞれが、フレッツ光の代理店となっているので、キャッシュバックなどの特典を用意して勧誘
を行っています。

現在、レディアス引越しセンターでは、インターネットに新規に契約すると、引越し料金が無料となる
キャシュバックの特典があります。 引越し料金により無料にはならない場合もあるそうですが。
引越しの2週間後に、指定の口座へ振り込んでくれるそうです。

またそれに加えて、パソコンを持っていない人には、中古のパソコンを無料で支給してくれる特典も
あります。 OSもインストール済みなので、すぐに使用することができます。

■インターネットの信用性

レディアス引越しセンターなどの代理店でフレッツ光を契約した場合でも、回線の工事や管理を行う
のはNTTです。 通信にトラブルがあった場合もプロバイダかNTTが対応してくれます。

よって、キャッシュバックなどの特典が大きい代理店で契約すれば、おトクになりますが、注意
しなければいけないことがあります。

高額なキャッシュバックのあるところは、最初から有料のオプションを多く付加されていることが
あります。

契約後の1ヶ月くらいはプロバイダ料が無料という場合があるので気付きませんが、その後、
普通より高額な請求が来ることになります。

すぐに解約できればよいのですが、規定の期間内は解約できないということがあります。
詳しく説明してくれないことが多いので、注意が必要です。

また、2年契約のプランでの契約が多く、もし2年以内に解約すれば、キャッシュバックは
受け取れません。

■インターネットのサポート

レディアス引越しセンターは、女性の単身での引越しを主に行っている会社だそうです。
女性の単身での引越しは、デリケートな荷物があったり、不安なことが多いので、搬送員を
女性スタッフにしたりしている運送会社もあります。

また、レディアス引越しセンターでは、女性の方が苦手な電気配線、家具の設置なども行って
くれるそうです。 インターネットの設定は無理でしょうが、パソコンの配線は行ってくれる
でしょう。

インターネットでも分からないことや不具合があれば、親切に対応してくれるところがあれば
安心だと思います。

インターネットを最初に接続する場合の設定は、NTTから配布されるCDを起動して自分で
することはできますが、わからない人のために、有料サービスで、サポートをしてくれるサービス
があります。

インターネットの接続、メール設定、無線LANの設定やプリンタの設定だけでなく、
コンピューターウィルス対策も行ってくれます。

プロバイダでもサポートを行ってくれますので、サポートが充実していて、トラブルがあった時
にすぐに対応してくれるプロバイダを選択すればよいと思います。

サポートの対応や内容が良いと言われるプロバイダには、plala、OCN、BIGLOBE
、@niftyなどがあります。

自宅に来て対応してくれるサービスもありますが、自宅に入られるのが嫌な場合は、電話や
遠隔操作でも対応してくれるので安心です。

■インターネットの状態

マンションの中には、インターネットの工事を行わなくてもよいところがあります。
回線会社とプロバイダの契約を行えば、インターネットが使えるようになっています。

また、回線会社やプロバイダとも契約しなくても、インターネットが使用できるところもあります。
最初からマンションにインターネットの設備が整っているマンションです。

普通より格安の料金でインターネットが使うことができたりします。
入居者を増やしたり、転居を減らす目的で行っているようです。

このようなマンションも増えてきているので、契約を行う前に引越し先のマンションでのインターネット
の状態を確認しないといけないと思います。

フレッツ光のインターネットの勧誘がアリさんマークの引越社からあった

Q.png来月引っ越し予定で、クチコミの良さからアリさんマークの引越社に
引越しをお願いする事に決めました。
引っ越しを申し込んだら、「フレッツ光に入りませんか?」という
勧誘の電話が突然かかってきました。

アリさんで引っ越しし、引っ越し後のインターネット回線をフレッツ光で
契約すれば、キャッシュバックをしてくれるようです。
引っ越しはお金もかかるし、キャッシュバックはかなり魅力的です。

ちょうど、インターネット回線も契約しないといけないな。
と思っていたところですし、インターネット回線に強いこだわりが
あるわけでもないので、契約しようかなと思っています。

しかし、今まで引っ越しとインターネット回線のセット割引などを
聞いたことがないので、契約しても大丈夫か少し心配です。

このようなご経験のある方、いらっしゃいますか?

■インターネットの契約方法

フレッツ光を利用してインターネットを使用するには、回線会社のNTTとプロバイダの会社との
契約が必要です。

NTTのフレッツ光のサイトから申し込むことはできますが、NTTの代理店というところから
勧誘があったり、パソコンを購入する時に大型電気店から勧誘があって契約することが多いと
思います。

フレッツ光の代理店は、大きく分けて3種類のものがあります。

ひとつは、大型電気店などで契約できる店舗型の代理店です。
フレッツ光に新規契約すると、販売している商品を大幅に値引きしたりする特典で勧誘しています。

二つ目は、インターネットを使って契約できるWeb型の代理店です。
高額なキャッシュバックで勧誘しています。

三つ目は、電話や自宅への訪問して勧誘を行う営業型の代理店です。

近年、インターネットは、住居の必需な物になっているので、引越し先の新居でも、インターネット
を使用したい人は多くいます。

そのため、引越し業社などがインターネットの勧誘を行うことが多くあります。
アリさんマークの引越社もNTTの代理店となっていて、インターネットの勧誘を行っているのだと思います。

他の代理店と同じく、キャッシュバックなどの特典を使って勧誘しているのでしょう。
特典ももらえて、さらに引越してすぐにインターネットが使えるように手配してくれるのであれば、
喜ぶ人も多いので契約してくれるのでしょう。

■アリさんマークの引越社で契約した場合の問題点

フレッツ光の代理店から契約しても、光回線の工事を行ったり、回線の管理を行うのはNTTなので
トラブル等があれば、NTTかプロバイダが対応してくれます。

プロバイダはおそらくフレッツ光に加入しているところから、自由に選択できると思いますが、
選択できずに、プロバイダを指定されることもあります。

その場合、くわしい説明もなしに有料オプションを付けられているいる事があります。
最初の1ヶ月間くらいは、プロバイダ料は無料という事が多いですが、その後から普通より多額の請求
が来る結果となります。

また、引越し先の住居がインターネットの配線をすでに構築している場合があります。
ビジネスホテルのように壁にLANケーブルを挿すソケットがあり、そこにつなぐとインターネットが
契約しなくても使える状態になっているところです。

インターネットマンションと呼ばれています。 大家さんが入居者を増やしたり、転居者を減らす目的
で、最初からインターネットの環境を構築しているというものです。
そこでは、インターネットの料金が普通より格安で利用できます。 無料というところもあります。

そのように、すでにインターネット環境が構築しているところだと、フレッツ光の契約は無駄になります。
契約を交わす前に確認したほうがよいと思います。

■どこで契約するのがよいのか

新しい入居先にインターネットの設備が無く、フレッツ光を新たに契約する場合は、どこと契約すれば
お得かということですが、キャッシュバックの額だけで判断しないほうがよいということです。

引越し社でも引越し料金を割り引いたり、キャッシュバックという特典もあるので、有料オプションを
注意すれば、インターネットを引越してすぐに使える利点もあるので、よいと思います。

キャッシュバックの額からすると、おそらくWeb型の代理店から申し込んだ方が多額かもしれません。

しかし、Web型の代理店から契約の場合も有料オプションが付加されていることがあります。
高額なキャッシュバックのかわりに、規定の期間は解約ができない有料オプションが多く付加されている
場合があります。

また、2年間契約というパターンが多いのですが、キャッシュバックはその期間が終了しないともらえない
しくみになっています。

もし、2年以内に再び引越しなどの理由で解約した場合は、キャッシュバックは受け取れません。
2年以上住むのが確実であれば、有料オプションが付加されていないものを選ぶか、すぐに有料オプション
を解約できれば一番おトクかもしれません。

引越してすぐにインターネットを使用するには、入居する1ヶ月くらい前に申し込めば間に合うと思い
ます。

もし、現在使っているインターネットの回線がフレッツ光で、新しい引越し先でもフレッツ光を使い
たい場合、プロバイダは引越し先でも使えるので、引越しの届出だけで同じメールアドレスを利用すること
ができます。

フレッツ光の回線は、引越しは受け付けてはいますが、初期工事費無料や1ヶ月間の利用料が無料という
特典だけなので、現在使っているところは解約して、新たに契約し直した方がキャッシュバックなどの
特典がつくので、おトクかもしれません。

インターネットをハート引越センターで契約した時の料金は?

Q.png来月から、大学に入学するに伴い、一人暮らしを始めることにしました!
親の協力のもと、引っ越しの準備を進めています。

引っ越し業者をハート引越センターという会社にしたのですが、
引っ越しを申し込んだとたん、「フレッツ光に入りませんか?」という
勧誘の電話が自宅にかかってきました。

一人暮らしを始めるにあたり、何かとお金が出ていくので、
親としても一緒に契約するとキャッシュバックがあるという内容は
魅力的なようです。

しかし、私も親もこのような経験がないので、本当に契約しても良いのか
心配をしています。
契約しても、大丈夫ですよね・・・?

また、フレッツ光の評判はいかがでしょうか。
みなさんのアドバイス、お待ちしております!

■ハート引越センターのインターネットの勧誘

現在、ハート引越しセンターでは、インターネットの回線の見積もりをするとQUOカード
1000円、契約すると20000円のキャッシュバックを行っています。
初期工事費も無料で行ってくれるようです。 インターネットの回線は、フレッツ光です。

また、パソコンや周辺機器、デジタル家電の接続やトラブルにも対応してくれるハートパソコンサポート
というサービスもあります。 インターネットの接続トラブルにも対応してくれるようです。

電話で即日対応が可能だそうです。 日本PCサービスという提携している会社が行っています。

近年、インターネットは、居住設備の必需なものになっているので、引越し業社が、新居での
インターネットの契約を勧誘するところが増えています。

インターネットを使用するには、通常、回線会社(NTTやKDDIなど)とプロバイダとの契約を
行います。

回線会社に契約する代理店というものがあります。 代理店には大きく分けて、3種類あります。
営業代理店型、店舗代理店型、Web代理店型です。

営業代理店型は、電話をかけてのセールスや、訪問販売でのセールスをする形式のものです。

店舗代理店型は、大型電気店などで契約をする形式のものです。 自店で売っている商品の
値引きするというキャッシュバックで勧めています。

Web代理店型は価格comのようにWebページからインターネットの申し込みが出来る形式の
ものです。

いずれも、キャッシュバックなどの特典で勧誘しています。

ハート引越センターからのインターネットの契約は、提携しているウェブクルーライトという
営業代理店型の契約会社が行っています。

株式会社ウェブクルーライトは、東証マザーズに上場している株式会社ウェブクルーの子会社です。
通信回線取次事業を行っており、各種通信商材(インターネット、Wi-Fi等)を提供しています。
また、太陽光エネルギーや太陽光発電システム関連の事業も行っているようです。

■ハート引越センターからのインターネットの契約

ハート引越センター(ウェブクルーライト)は、営業代理店型なのでフレッツ光を新規契約すると
キャッシュバックなどの特典をアピールして勧誘しているものと思われます。

フレッツ光だと、接続工事するのはNTTであり、光回線もNTTが管理をするので、接続の
トラブルはないと思います。

プランを選ぶこともできるので、価格の安いものや、通信速度が早いものの選択ができるようです。

プロバイダもおそらく選択できると思いますが、詳しい説明もなく、有料オプションなどを最初から
つけた状態で契約させられる場合があるので、注意が必要です。

引っ越してすぐに、インターネットが使えるように手配してもらえるそうなので、その点はありがたい
のかもしれません。

しかし、引っ越し先でインターネットを開通されるための状況を、前もって確認しないといけない
と思います。

たとえば、回線会社やプロバイダと契約しなくても、ビジネスホテルのように壁にあるLANケーブル
ソケットにLANケーブルをつなぐだけで使えるところもあります。

マンションなどの入居者を増やすために、最初からインターネットがすぐに使えるようにしています。
通常よりも安い料金(無料の場合もあります)で使用できます。

KDDIやケーブルテレビのJCOMなどの別回線会社の配線が、最初から準備されているところも
あるかもしれません。

ウェブクルーライトが状態を調べて、勧誘しているのかもしれませんが、フレッツ光のNTTと契約
しなくても使えるのであれば、無駄な契約になってしまします。

■インターネットを契約する場合の注意点

ハート引越センターで申し込んでも、つながるのはNTTのフレッツ光で、プロバイダが指定できれば
問題はないと思います。

プロバイダが指定できなければ、有料オプションが付加されていないかを確認すべきでしょう。

キャッシュバックだけで見ると、Web代理店の価格comなどのサイトから申し込む方が、高額なキャッシュバック
の特典があるところが多いと思います。

ネットから申し込む際に注意しないといけないのは、2年契約が多いので、それ以内に解約すると
キャッシュバックは受け取れません。
また、キャッシュバックは高額でも有料オプションが付加されている場合もあります。

フレッツ光のサイトから申し込んでもキャッシュバックはあります。 自分にあったプロバイダを
選択できますし、有料オプションは選択しないと付加されません。

転居してすぐにインターネットを使用できるようにするには、引越しする1カ月前くらい前に
申し込めば、よいと思います。

インターネットの料金は日通の引越しで契約した場合どうなるか

Q.png先日、日通で引越しを申し込みました。
すると、今日突然「フレッツ光に入りませんか?」という勧誘の電話がありました。
話をよくよく聞いてみると、日通経由で引っ越しを申し込んだ人が
フレッツ光に加入すると、キャッシュバックをしてくれる。というものでした。

引っ越し先のインターネット回線の契約をどうしようかちょうど迷っており、
キャッシュバックがあるのであれば、フレッツ光でも良いかなと思っています。

今まで何度か引っ越しをしたことがありますが、
このようにインターネット回線の契約と合わせると
お得になる。といったのは初めてです。

最近は、普通なのでしょうか?
内容はかなり魅力的ですが、本当に契約して大丈夫でしょうか?

ちなみに、フレッツ光って使いやすいですか?
評判も教えていただけると、嬉しいです!

■インターネットを使用するには

近年、インターネットは、住居の必需な物になっているので、引越し先の新居でも、インターネット
をつなげなる作業が必要です。

フレッツ光を利用してインターネットを使用するには、回線会社のNTTとプロバイダと2箇所での
契約が必要です。

NTTのフレッツ光のサイトから申し込むことはできますが、NTTの代理店というところから
勧誘があったり、パソコンを購入する時に大型電気店から勧誘があって契約することが多いと
思います。

引越し業社などがフレッツ光の代理店としてインターネットの勧誘を行っているようです。
日通の引越し社も代理店となっていて、インターネットの勧誘を行っているのだと思います。

他の代理店と同じく、キャッシュバックなどの特典を使って勧誘しているのでしょう。
特典ももらえて、さらに引越してすぐにインターネットが使えるように手配してくれるのであれば、
喜ぶ人も多いので契約してくれるのでしょう。

■インターネットの引越し

もし、現在フレッツ光を使っていて、引越し先でも同じくフレッツ光を使いたい場合は、移転の手続き
を行えるようです。

NTT東日本からNTT西日本(逆の場合も含む)という場合は移転の手続きはできません。
現在のフレッツ光(東日本)を解約して、転居先で再度フレッツ光(西日本)を契約しないといけません。

同じNTT会社のエリア内であれば、移転の手続きが行えます。
フレッツ光のサイトからか、専用窓口へ電話をして申し込むことができます。

移転のメリットとしては、契約料金800円が不要なことと、初期工事の割引があります。
新規で契約した場合は、15000円の工事費が必要ですが、移転工事の場合は、戸建(3戸以内)なら
9000円で、集合住宅(4戸以上)なら7500円で済みます。

ただし、土日祝日の工事なら3000円、工事の内容によっては追加料金がかかります。

2年契約の途中でも移転ができれば、継続することができるし、フレッツ光メンバーズクラブでの
ポイントも継続することができます。

また、メンバーズクラブの会員限定ですが、不動産の契約費の割引や、引越し料金の割引きの
キャンペーンも行っています。

日通の引越しの際でも、引越し基本料金(人件費+引越し資材)が20%OFFと車輌代が10%
OFF、または、単身パックを通常価格より1080円引きの割引き特典があります。
また、Pontaやマイレージにポイントを付加できます。

これらはフレッツ光の移転を適用した場合の特典です。

■日通の引越し社で契約した場合の問題点

フレッツ光の移転が出来ない人や、キャッシュバックの額がそれを上回ったりする場合は、新規で
契約を検討してもよいと思います。

初期工事は無料というキャンペーンもある場合があります。
日通の引越し社からの契約では無料になるかどうかはわかりません。

日通の引越し社のようなフレッツ光の代理店から契約しても、光回線の工事を行ったり、回線の管理
を行うのはNTTなのでトラブル等があれば、NTTかプロバイダが対応してくれます。

しかし、キャッシュバックの額だけで決めてしまうと、問題が発生する場合があります。

くわしい説明もなしに有料オプションを多く付けられているいる事があります。
最初の1ヶ月間くらいは、プロバイダ料は無料という事が多いですが、その後から普通より多額の請求
が来る結果となります。

すぐに有料オプションを解約できれば良いのですが、規定の期間内は解約できない場合があるので
契約時には注意が必要です。

また、2年間契約というパターンが多いのですが、キャッシュバックはその期間が終了しないともらえない
しくみになっています。 もし、2年以内に再び引越しなどの理由で解約した場合は、キャッシュバック
は受け取れません。

■マンションのインターネット環境

フレッツ光を契約する前に、転居先の住居のインターネット環境を確認しておく必要があります。

中には、すでにインターネットが使える環境が整っているところもあります。
部屋の壁にLANケーブルソケットが備え付けられているところでは、初期工事は必要ありません。

ビジネスホテルのようにソケットにLANケーブルを挿しただけで、すぐにインターネットがつながる所
もあります。 そのようなところでは、回線会社やプロバイダとも契約する必要はありません。
通常より格安にインターネットを使用できるようになっています。

LANケーブルのソケットが付いていて、すぐには使えない場合では、回線会社とプロバイダとの契約
を行うだけで、インターネットが使用できます。

マンションの入居者を増やしたり、転居者を減らす目的で、そのようなインターネットの環境を最初から
構築しているようです。

インターネットをレオパレスで接続する場合の料金

Q.png半年間だけ、東京で夫が単身赴任をすることになりました。
期間も短いので、レオパレスにしました。
今月末から、レオパレスに入居する予定です。

仕事柄、パソコンを使う事が多く、家でパソコン作業をすることも多いです。
私も夫もレオパレスで暮らした経験がないので、
レオパレスのインターネット環境について教えていただきたいです。

レオパレスでのインターネット環境はどのようになっているのでしょうか?
すでにどこかと契約をしてあり、そこを使う事になるのでしょうか。
その場合は、インターネットの料金や使い勝手など教えていただきたいです。

また、新たに私たちで契約しなければいけない場合は、
どのような手続きが必要となるのでしょうか。

■インターネットマンション

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。 合計で、月額料金4000円~5000円くらいです。

マンションには、インターネットマンションという、回線会社やプロバイダと契約しなくても、
ビジネスホテルのように壁にあるLANケーブルソケットにLANケーブルをつなぐだけで使えるところ
もあります。

少なくとも、LANケーブルソケットが装備されているところでは、工事は不要です。

ソケットが装備されているところでインターネットをつなぐには、回線会社とプロバイダとの契約を行う
場合と、決められたインターネット管理会社と契約する場合があります。

インターネット管理会社とは、集合施設などのインターネットの設備を構築している会社です。
マンションなどの入居者を増やすために、最初からインターネットがすぐに使えるようにしています。

レオパレスのマンションは、自社でインターネット管理を行っているようなので、インターネット管理会社
と同じしくみだと思います。

■レオパレスの賃貸マンションでのインターネット

レオパレスのマンションはLEOーNETというインターネット環境を設備しているようです。
以前はインターネットマンションとしてアピールし、無料で使えていました。
しかし、通信速度が遅いというクレームのある物件が多かったようです。

現在では、有料契約になり月額1645円でインターネットが使えるようです。
インターネットとビデオ、CS放送が見られて3240円というプランもあるようです。
入居時に指定、契約するそうです。

通信速度は上がっているようですが、地域によって光ネットの種類が違うためか、まだ遅いところ
もあるようです。

あと残っている問題としては、IPアドレスの割り振りが、グローバルIPではなく、プライベートIP
なので、オンラインゲームやアプリで動作しないものがあるそうです。

また、LEOーNETは、独自のプロバイダを使っているので、他のプロバイダの指定や変更は
できないようです。

もし、インターネットを使用する上でLEO-NETでは満足できない場合は、フレッツ光などの回線に
変更できるか、管理人か不動産屋に確認しないといけません。

フレッツ光のNTT光回線で引き直すと、初期工事費が必要で、集合住宅でも戸建ての契約になってしまう
かもしれません。 工事を大家さんが認めてくれないかもしれません。

フレッツ光の通常料金は、4戸以上の集合住宅とそれ以下の戸建てにより変わります。
集合住宅では16戸以上の利用者が見込めるプラン2で、3350円。 8戸以上のプラン1で
3750円。それ以下のミニで4350円です。 戸建てでは5700円です。

2年以上の契約で使える「ギガ推し!キャンペーン」や「にねん割」などを適用すると
集合住宅では400円、戸建てで1100円安くなります。

それにプロバイダ料金が500円~1200円(キャンペーンで2年くらいは割引があります)
かかります。

電話回線が通っているのであれば、ADSL回線を使う方法もありますが、レオパレスは電話回線がない
ところも多いそうです。

ADSL回線を使用する場合は、電話線のソケットにモデムを取り付けるだけなので、工事の必要は
ありません。

しかし、ADSL回線を使う場合は、NTT局舎からの距離が離れていると、少し通信速度が遅くなって
しまいます。 しかも固定電話の電話加入権がない場合に、ADSL回線でインターネットを引く時は、
電話加入権不要タイプにしないといけないので、少し料金が割高になります。

その様な場合は、固定回線はあきらめて、モバイル通信端末を使用した接続を検討した方がよい
でしょう。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信では、7GBの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は基本使用料が4196円で、2年間使い続けるおトク割500円を割り引いた
3696円です。

インターネットのサイトから申し込むと、キャッシュバックなどの特典があるところもあります。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

引越しの際、フレッツ光をアパマンショップで契約する時の割引は本当

Q.png今月の末から一人暮らしのスタートです!
まだ引っ越しはしていないのですが、今からわくわくしています。

先日、アパマンショップでアパートを契約してきました。
すると、数日後に「フレッツ光に入りませんか?」という
勧誘の電話が自宅にかかってきました。

アパマンショップで引っ越し先を決めた方がフレッツ光に加入すると、
キャッシュバックをしてくれるという内容でした。
キャッシュバック、かなり魅力的です!

しかし、契約して大丈夫なものでしょうか?
初めての引っ越しのため、分からないことだらけで困っています。
また、フレッツ光の評判はどうでしょうか。

お詳しい方、色々と教えていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

■不動産で紹介される物件のインターネットの設置条件

インターネットが普及した最近では、インターネットは家の設備のひとつとなっているので、引越し
の際には、新居にインターネットの契約の勧誘を受けることが多いようです。

アパマンショップの賃貸物件の説明欄にも、「インターネット対応」「光ファイバー」などの条件項目
があります。

また、他に「インターネット無料」という項目もあったりします。
通常の場合、インターネットを使用するには、回線会社(NTTやKDDI)とプロバイダとの
契約を行います。

「光ファイバー」という条件は、その物件にすでに光回線が配線されているということです。
フレッツ光の場合は、契約すると光回線を外部から配線する工事をNTTが行いますが、この物件だと
工事が必要ないということです。

「インターネット対応」というのは、光回線だけでなく、ケーブルテレビやADSLなどのいずれか
の方法でインターネットが使えるという物件です。

「光ファイバー」や「インターネット対応」という物件では、回線会社とプロバイダと契約しないと
インターネットは使用できません。 月額料金もそれぞれでかかります。

一方、「インターネット無料」という物件では、回線の種類はわかりませんが、回線会社やプロバイダ
と契約しなくてもインターネットが使えるという物件です。

そのような物件では、壁にLANケーブルソケットが付いていて、そこにLANケーブルを挿すだけで
インターネットが使えるというビジネスホテルのような設定になっています。
中には、無線LANで接続可能というところもあるかもしれません。

マンションの入居者を増やしたり、転居者を減らす目的で、最初から設置されている物件です。

質問の方の新居は、フレッツ光を勧められたということなので、「光ファイバー」という物件であれば、
初期工事は必要ありませんが、そうでない場合は、工事が必要です。

■インターネットの代理店

フレッツ光を使用してインターネットをつなぐには、回線会社のNTTとプロバイダの2箇所で契約
する必要があります。

NTTへ直接申し込んでも契約できますが、かわりにNTTと契約してくれる代理店というものが
あります。
電話で勧誘を受けたのも、おそらくアパマンショップがフレッツ光の代理店となっているからでしょう。

他に大型電気店でも契約できますし、インターネットのサイトからでも契約することができます。
いづれもキャッシュバックや値引きなどの特典で勧誘を行っています。

■アパマンショップで契約した場合の問題点

アパマンショップなどの代理店で契約しても、初期工事をしたり、回線の管理を行うのはNTTです。
また、接続にトラブルがあった場合でも、プロバイダやNTTが対応してくれます。

そうなると、キャッシュバックなどの特典の額だけでどこの代理店で契約するかを判断すればよい
ことになりますが、注意が必要です。

有料のオプションを最初から多く付けられて、契約をしてしまうケースが多いからです。
契約時に詳しく説明なしで付けられるので、わからないことがほとんどです。

最初の1~2ヶ月はプロバイダ料金は、無料の特典もあるので、それ以降は普通より高額な料金を
払わないといけない結果となります。 すぐに有料オプションを解約できればよいのですが、規定の
期間は解約できないというケースも多くあります。

キャッシュバックの額にごまかされて、契約しないほうが良いと思います。

また、契約期間が2年間のプランでの契約がほとんどで、キャッシュバックを受け取れるのが、2年後
というケースもあり、もし、2年以内に再び転居などの理由で解約すると、キャッシュバックは受け
取れません。

契約を交わす前に注意が必要です。

■インターネット無料マンションの問題点

インターネット無料というマンションでは、回線会社やプロバイダと契約しなくてもインターネットが
使えると最初に書きましたが、その場合でも問題がある場合があります。

インターネットが無料、もしくは格安で使用できるという利点はありますが、大家がその分を負担する
という形式になるので、できるだけその負担を減らす対策を行う場合があるからです。

家賃や共益費を少し上げるという場合もありますが、インターネットの設定を通信速度が、遅い設定に
なっていることがあります。

また、集合住宅の場合、光ケーブルは各部屋に1本づつということは無く、1本のケーブルを何部屋かで
共用するケースが多いので、利用者が増える時間は、通信速度が遅くなったりする場合があります。

このような場合は、新たに光回線で引き直すことは、大家さんが認めてくれないかもしれません。
そうなれば、固定回線はあきらめて、モバイル通信端末を使用した接続を検討した方がよいでしょう。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。

JCOMによるインターネットの料金は? アート引越しセンターから勧められた

Q.png来月から大学生になるのですが、実家から離れ、一人暮らになります。

先日、引っ越しの見積もりをサカイ引越センターに依頼したところ、
いきなり「JCOMに入りませんか?」という
勧誘の電話が自宅にかかってきました。

引っ越しで何かとお金が出ていきますし、
新卒なので、お金を持っているわけではありません。
なので、電話がかかってきた時は驚きましたが、
キャッシュバックがあるという内容はとても魅力的です。

このような経験がないので、本当に契約して大丈夫なのか配をしています。
契約しても、特に問題はないですよね・・・?

ご経験のある方、お詳しい方、いらっしゃったらご意見を頂けますと嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

■なぜアート引越センターからJCOMの勧誘がきたのか

近年、自宅でのインターネット設備は必須になってきているので、引越し業者が、インターネットを
引く勧誘を行っているようです。

アート引越しセンターとJCOMは業務提携を行っているようです。

JCOMのメンバーズサイトでは、引越しの際にアート引越しセンターを利用すると、引越し基本料金
(車輌代+人件費)から30%割引するキャンペーンを現在行っています。
さらにハウスクリーニングとハイスコーティング料が10%割引く特典があります。

その代わりにアート引越しセンターが、JCOMの代理店として、JCOMに加入する勧誘を行って
いると思われます。

フレッツ光を勧誘してくる引越し業者も多くあります。
それも、各引越し業者がフレッツ光の代理店となっているからです。

インターネットの回線(フレッツ光、JCOMなど)の代理店には大きく分けて、3種類あります。
営業代理店型、店舗代理店型、Web代理店型です。

営業代理店型は、電話をかけてのセールスや、訪問販売でのセールスをする形式のものです。

店舗代理店型は、大型電気店などで契約をする形式のものです。 自店で売っている商品の
値引きするというキャッシュバックで勧めています。

Web代理店型は価格comのようにWebページからインターネットの申し込みが出来る形式の
ものです。

いずれも、キャッシュバックなどの特典で勧誘しています。

インターネットの回線でJCOMをすすめたのは、引越し先のマンションにすでにJCOMが配線
されているからでしょうか。

■アート引越センターからのインターネットの契約

アート引越センターは、営業代理店型なのでJCOMでのインターネットを新規契約すると、
キャッシュバックなどの特典をアピールして勧誘しているものと思われます。

アート引越しセンターは勧誘を行うだけで、契約後の設置、トラブル管理はJCOM側で行うので、
使用上のトラブルなどの問題はないと思います。

ただ、詳しい説明もなく、有料オプションなどを最初からつけた状態で契約させられる場合があるので
注意が必要です。

引越し先のインターネットの接続環境を調べておく必要があります。
インターネットをつなぐ方法は、JCOMしかないのか、フレッツ光という方法は使えないのでしょうか

引越し先の環境が、すでにJCOMの設置体制が出来ているのであれば、テレビ電波が入りにくいという
理由でJCOMを利用してTV放送を流しているのかもしれません。

マンションには、インターネットマンションという、回線会社やプロバイダと契約しなくても、
ビジネスホテルのように壁にあるLANケーブルソケットにLANケーブルをつなぐだけで使えるところ
もあります。

ソケットが装備されているところでインターネットをつなぐには、回線会社とプロバイダとの契約を行う
場合と、決められたインターネット管理会社と契約する場合があります。

インターネット管理会社とは、集合施設などのインターネットの設備を構築している会社です。
マンションなどの入居者を増やすために、最初からインターネットがすぐに使えるようにしています。

もしかすると、引越し先でのインターネット管理会社がJCOMなのかもしれません。

大家さんが料金をいくらか負担して、通常より安い金額でインターネットが使用できるようになっている
場合もあります。 しかし、通信速度が最初から遅い設定になっていたりすることもあります。

その場合は、NTT光回線で引き直すと、初期工事費が必要で、集合住宅でも戸建ての契約になってしまう
かもしれません。 工事を大家さんが認めてくれないかもしれません。

その様な場合は、固定回線はあきらめて、モバイル通信端末を使用した接続を検討した方がよい
でしょう。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

■インターネットを契約する場合の注意点

アート引越センターで申し込んでも、つながるのはJCOMのインターネットなので問題はないと
思います。 ただ、最初から有料オプションが付加されていないかを確認すべきでしょう。

JCOMでインターネットを引くと、テレビ、電話のセットで通信速度が12Mbpsで5695円、
40Mbpsで6171円、140Mbpsで6648円かかります。

キャッシュバックだけで見ると、JCOMのサイトから申し込んでも、高額なキャッシュバック
の特典があります。 自分にあったパックも選択できます。

フレッツ光のインターネット料金は?アート引っ越しセンターから契約

Q.png来月から社会人になるのですが、実家から離れ、大阪で働くこととなりました。
それを機に、一人暮らになります。

先日、引っ越しの見積もりをアート引越センターに依頼したところ、
いきなり「フレッツ光に入りませんか?」という
勧誘の電話が家にかかってきました。

引っ越しで何かとお金が出ていきますし、
新卒なので、お金を持っているわけではありません。
なので、キャッシュバックがあるという内容はとても魅力的です。

私も親もこのような経験がないので、
本当に契約しても良いのか心配をしています。
契約しても、特に問題はないですよね・・・?

ご経験のある方、お詳しい方、いらっしゃったらご意見を頂けますと嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

■引越し業社がインターネットを勧める理由

近年、自宅でのインターネット設備は必須になってきているので、引越しした新居でも、すぐに
使いたい人が多いので、引越し業者がインターネットの勧誘を行っているようです。

フレッツ光を利用してインターネットを使用する場合は、回線会社のNTTとプロバイダとの契約
を行う必要があります。

NTTへ連絡して契約を行うこともできますが、代理店を通して契約することの方が多いと思います。

フレッツ光の代理店には大きく分けて、3種類あります。 営業代理店型、店舗代理店型、Web
代理店型です。

営業代理店型は直接、電話をかけてきての勧誘や、自宅などに訪問しての勧誘を行う形式のものです。

店舗代理店型は、大型電気店などで契約をする形式のものです。 自店で売っている商品を
値引きしたり、キャッシュバックで勧めています。

Web代理店型は価格comのようにWebページからインターネットの申し込みが出来る形式の
ものです。

いずれの代理店でも、キャッシュバックなどの特典を使って勧誘しています。

アート引越センターは、フレッツ光の直接の代理店ではないようですが、アート引越しセンターが
提携している営業代理店型の契約会社から勧誘があるそうです。

■アート引越センターで契約した場合のメリット

アート引越しセンターが勧めるインターネットの契約を行うと、キャッシュバックという特典が
あるということですが、他の代理店でも特典があります。

たとえば、大型電気店で契約すると、パソコンがとても安い価格で購入できたりします。
現在は規制がかかって、禁止になっていますが、以前では、電化製品の価格を大幅に値引きする特典
もあったらしいです。

パソコンのWebサイトから契約すると、かなり高額のキャッシュバックがあるところもあります。
また、引越し業社には、引っ越し料金を大幅に値引きするところもあります。

フレッツ光の場合は、どこの代理店から契約しても、回線工事や回線のトラブルに対応するのは
NTTであり、接続時のトラブルもNTTかプロバイダが対応してくれます。

引越し先ですぐにインターネットを使いたい場合に、引っ越し業社がその対応をしてくれるところ
もあります。 通常なら工事の日に立ち会わないといけなかったりするので、引越しの日に引越し
終了後、すぐに工事に来てくれるのであれば、助かります。

それぞれの代理店からの契約にはメリットがある反面、注意しないといけないこともあります。

高額なキャッシュバックの特典があるところでは、有料のオプションをいくつもつけられている
ことがあります。 キャッシュバックの額が大きいため年間の出費は安く感じるかもしれませんが
普通より割増な請求が来ることになります。

その有料オプションはすぐに、解約できればよいのですが、規定の期間は解約できない場合も
あります。

また、2年契約のプランでの契約が多く、もし2年以内に再び引っ越しなどの理由で解約となると
キャッシュバックは受け取れません。

最初から2年以上利用することがわかっている場合は、よいですが、そうでない場合は、2年契約
は避けた方がよいでしょう。

フレッツ光のサイトからだとオプションは選択できるし、契約期間のプランも選ぶことができます。

引越してすぐにインターネットを使いたい場合は、転居する1か月以上前に連絡したらよいでしょう。

■引越先の住居の設備について

引っ越し先でインターネットを開通されるための状況を、前もって確認しないといけないと思います。
アート引越センターが調べてくれているのであれば、よいのですが。

たとえば、部屋の壁にLANケーブルソケットがついていて、回線会社やプロバイダと契約しなくても
ビジネスホテルのように、LANケーブルをつなぐだけで使えるところもあります。

マンションなどの入居者を増やすために、最初からインターネットがすぐに使えるようにしています。
大家さんが料金をいくらか負担して、通常より安い金額でインターネットが使用できるようになっている
ところが多いです。

また、LANケーブルソケットが装備されていて、光回線などがすでに設置されているところがあります。
初期工事なしで、回線会社とプロバイダとの契約だけで使用できるものです。

ただ、このような場合には、通信速度が最初から遅い設定になっていたりすることもあります。

マンションなどの集合住宅だと、自室のみ通信速度を上げる設定にすることはできません。
新たに自分用の回線を引くことも、おそらく無理だと思います。

その様な場合は、固定回線はあきらめて、モバイル通信端末を使用した接続を検討した方がよい
でしょう。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。