大学の寮(大分大学)でのインターネットに接続方法について

Q.png次年度から、大分大学に通うこととなりました!
実家は山口なので、大分大学についている学生寮に入る予定です。

わくわくしながら、学生寮に入る準備をしているのですが、
学生寮の各部屋のインターネット環境はどうなっているのでしょうか?

何も手続きせず、インターネットは部屋で使えますか?
やっぱり、料金ってかかってきますよね?
全く、費用感がわからないのですが、どのくらいかかるのでしょうか。

インターネット回線を自分で契約しなければいけない場合は、
どのような手続きが必要なのでしょうか。

お詳しい方、大分大学でなくても学生寮の経験のある方、
ご経験談などを教えてください!

どうぞよろしくお願いいたします。

■大分大学の学生寮について

大分大学の学生寮は、旦野原キャンパス内に5階建ての建物が1棟あります。

医学部以外の学部には、歩いてすぐの場所ですが、医学部のある挾間キャンパスまでは,約10Km
離れていて、バスや電車利用を使うと90分かかるそうです。

学生寮の収容人員は290人で、部屋は全て個室です。
一般学生・外国人留学生用居室が288室あり、身体等に障がいのある学生専用の居室が2室あります。

学生寮は1棟で、男女混合タイプですが、男子、女子、留学生ゾーンを設け、エリア分けされています。

共用スペースの設備は、談話室、多目的室、図書室、ラウンジ、自販機コーナー、コインランドリー
、屋上物干し、メールボックス、宅配ボックス、外来者用トイレ等があります。

個人の居室には,ベッド(マットなし)、机、椅子、クローゼット、UBT(ユニットバストイレ)、
エアコン、ミニキッチン(IH)、インターネット配線、TV 配線が備え付けてあります

寮に自転車、原動機付自転車はいつでも持ち込めますが、バイク(自動二輪)は半年間、自動車は
1年間持ち込むことはできません。 自動車の駐車料は、月2481円です。

入寮者の選考は,経済的な事由と地理的な事由(通学に要する時間が90分以上)を考慮して行って
いるようです。

月額費用は、寄宿料が20000円、共益費が2000円、インターネット使用料が2000円
合計24000円と光熱水料がかかります。 ガスは通っていません。

維持管理一時金として入居時に40000円必要です。
また、テレビを持ち込む際には、NHK受信料が必要です。

■大学寮の部屋内でのインターネットの使用について

大分大学の学生寮では、インターネットは寮生が全員加入が条件となっているようです。
月額料金は2000円です。 光回線を使ったインターネットのようです。

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。 合計で、月額料金4000円~5000円くらいです。

しかし、大分大学の学生寮は、電話回線はないので、おそらく大学側がインターネット環境をすでに
構築しているものと思われます。

部屋の壁にLANケーブルのソケットがついていて、工事を行わなくても、LANケーブルを挿すだけで
インターネットが使えるタイプだと思います。

この場合は、回線会社やプロバイダと契約する必要は無く、大学が指定したインターネット管理会社と
契約することになると思います。

インターネット管理会社と契約して、インターネットを使用する場合の月額料金が2000円だと
思います。 大学のネットワークにアクセスできて、便利な面も多いです。

大分大学には、教務情報システムというネットワークがあり、多くの学生が利用しているようです。
キャンパス内には、無線LANも配備されているようです。

しかし、大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、
その点は安心ですが、その反面、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイト
があったり、動画の閲覧もできない場合があったりします。

通常のNTTなどの回線会社とプロバイダとの契約の場合は、そのような規制はないかと思いますが、
その方法ができない場合は、ポータブル通信端末を使う方法があります。

■個別にインターネットをつなぐ

学生寮の部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法としては、回線を引かない、
モバイル通信端末を使う方法があります。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信では、7GBの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は基本使用料が4196円で、2年間使い続けるおトク割500円を割り引いた
3696円です。

インターネットのサイトから申し込むと、キャッシュバックなどの特典があるところもあります。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

学生寮内の専用インターネットに必ず契約しないといけないのであれば、両方で料金を負担しないと
いけないので、テザリングを利用したほうが使った時だけ請求されるので、よいかもしれません。

大学(上越教育大学)の寮でのインターネットの使用について

Q.png次の4月で晴れて、大学生になります。
上越教育大学に合格し、ほっと胸をなでおろしているところです。

実家から通うには遠すぎるので、
上越教育大学についている寮に入ろうと思ってます。

大学に入ったら、調べることも多くインターネットを使うことが増えると思うので、
パソコンを買う予定です。
上越教育大学の寮では、インターネット環境は整えられているのでしょうか。
また、利用するにはどのくらいの料金がかかるのでしょうか。

もし、インターネット環境が整っていなくて、
自分で契約の手続きなどをしなければいけない場合は、
お勧めの回線などを教えていただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします!

■上越教育大学の学生寮について

上越教育大学の学生寮(学生宿舎)は、単身用学生宿舎と世帯用学生宿舎、国際学生宿舎の3つあり
ます。 全て、学生キャンパス内の山屋敷地区にあります。

単身用学生宿舎は、収容人数が630人でⅠ型とⅡ型があります。
Ⅰ型は、男子300人、女子240人が収容できます。 広さは10㎡の個室です。

Ⅱ型は女子学生専用で、90人収容できます。 広さは20㎡の個室です。
どちらの宿舎も大学生、大学院生が入舎できます。 入居の許可期間は1年間で、毎年選考が行われます。

共用エリアの設備は、浴室、トイレ、洗面台、洗濯機、乾燥機、補食室、談話室です。
部屋内の設備は、机,椅子,本棚,ベッド,収納箱,ロッカー,蒸気暖房器,TVアンテナ端子,
網戸,下駄箱,カーテンレールです。

学生宿舎に食堂は無く、キャンパス内の学生食堂へ行くか、宿舎内の補食室では、料理を作ることが
できるそうです。 歩いていける距離にコンビにはあるそうです。 門限はありません。

Ⅰ型の寄宿料は月4300円で、Ⅱ型は月7700円です。
あと共益費1500円に、自室と共同エリアの居数割分の光熱水料がかかります。

世帯用学生宿舎は、収容世帯が80戸で、Ⅲ型とⅣ型があります。
Ⅲ型は2DKで60戸、Ⅳ型は3Kで20戸あります。

国際学生宿舎は、単身室が収容人数15人で、夫婦室、家族室がそれぞれ13戸と10戸です。

世帯用学生宿舎と国際学生宿舎も、入居の許可期間は1年間で、毎年選考が行われます。

■学生宿舎のインターネットの設備について

単身用宿舎には、内線用の電話が装備されています。 有料で外線電話として使用できます。
NTTの電話回線は通っていないそうです。 しかし、インターネットは有料で使用できるそうです。

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。 合計で、月額料金4000円~5000円くらいです。

しかし、上越教育大学は、NTTの回線は通っていないので、大学側がインターネット環境をすでに
構築しているものと思われます。

部屋の壁にLANケーブルのソケットがついていて、工事を行わなくても、LANケーブルを挿すだけで
インターネットが使えるタイプだと思います。

この場合は、回線会社やプロバイダと契約する必要は無く、大学が指定したインターネット管理会社と
契約することになると思います。

世帯用学生宿舎と国際学生宿舎にはNTTの電話回線が通っていて、通常のNTTとプロバイダとの契約
でインターネットが使えるそうです。

単身者用宿舎と同じインターネット管理会社との契約もできるので、どちらかを選択することが
できるそうです。

インターネット管理会社と契約して、インターネットを使用する場合の月額料金は、5000円
だそうです。
大学のネットワークにアクセスできて、便利な面も多いです。

上越教育大学には、情報メディア教育支援センターというサイトがあり、e-Learningを
活用した教員育成・研修などを行っているようです。

しかし、大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、
その点は安心ですが、その反面、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイト
があったり、動画の閲覧もできない場合があったりします。

通常のNTTなどの回線会社とプロバイダとの契約の場合は、そのような規制はないかと思いますが、
その方法ができない場合は、ポータブル通信端末を使う方法があります。

■個別にインターネットをつなぐ

学生寮の部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法としては、回線を引かない、
モバイル通信端末を使う方法があります。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信では、7GBの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は基本使用料が4196円で、2年間使い続けるおトク割500円を割り引いた
3696円です。

インターネットのサイトから申し込むと、キャッシュバックなどの特典があるところもあります。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

大学の寮でのインターネットの使用について、福島大学です

Q.png次の4月で無事大学生になります。
福島大学に合格し、親と一緒に一安心しているところです。
実家は同じ福島ですが、家から通うには2時間ほどかかってしまうので、
福島大学についている寮に入ろうと思ってます。

大学に入ったら、インターネットを使うことが増えると思うので、
パソコンを買いたいと考えています。
福島大学の寮には、インターネット環境は整備されているのでしょうか。
また、利用するにはどのくらいの料金がかかるのでしょうか。

もし、インターネット環境が整っていなくて、
自分で契約の手続きなどをしなければいけない場合は、
お勧めの回線などを教えていただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

■福島大学の学生寮について

福島大学の学生寮は、如月寮、信夫寮、葵寮の3つの建物があります。
すべて大学のキャンパス内にあり、隣接しています。

如月寮は、男子学生用で、定員は200名です。
信夫寮も男子学生用で、定員は150名です。
葵寮は、女子学生用で、定員は150名です。

共同スペースの設備は、寮棟の各階に浴室、トイレ、キッチン、洗濯機、乾燥機、リビングルームなど
があります。
各部屋は、全室個室となっていて、5.5畳です。

部屋の設備は、エアコン、ベット、マットレス、本棚(希望者に貸し出し)があります。
各部屋で必要な、家電やカーテン、じゅうたんなどは各入寮者が準備します。
布団の貸し出しはあるそうです。

カーペットは、福島大学生協で、部屋のサイズに合わせた特注品を販売しているそうです。
生協では、大学で使うのに便利な仕様にしたパソコンも販売しています。

テレビの持ち込みは可能です。NHK受信料の契約は行わないといけないようです。
寒い福島の夜を過ごすために、コタツは必需品だそうです。

月額の料金は、寄宿料が月4300円、各寮自治会費が1000円です。
光熱水費は、自室の電気代は、個人で負担し、共同スペースの電気・水道・ガス代は、各階の人数割
で負担します。

入寮できる条件は、通学が不便であると認められる者、経済的に困難であると認められる者、その他
特別の事情があると認められる者で、大学が選考して決めています。

入寮できるのは、大学1~4年生と大学院1~2年生の最低修業年数です。
年2回入寮の選考を行っています。

3寮とも自治寮で、寮生が寮自治会を作って、寮の運営を行っています。
門限はないそうです。 寮内は全面禁煙です。

福島大学生協では「寮見学ツアー」を行っています。 寮見学ツアーでは、寮生活について紹介して
もらいながら実際に学生寮を見学することができるそうです。

■福島大学の学生寮のインターネットについて

学生寮の各部屋には、壁にインターネットを接続できるLANケーブルソケットがついています。
工事等は必要なく、LANケーブルを挿すだけでパソコンにつながります。 光回線だそうです。

ただし、インターネットを使う際には、契約が必要とのことです。

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。 合計で、月額料金4000円~5000円くらいです。

すでに、大学側がインターネット環境を構築している場合は、回線会社やプロバイダと契約する必要
は無く、大学が指定したインターネット管理会社と契約することになります。

大学側が指定したインターネット管理会社か、回線会社とプロバイダとの契約かの、どちらを使用するか
を選択できるところもあります。

インターネット管理会社を利用すると、通常よりも格安料金となるところが多いです。
料金は大学側がある程度、負担する形になると思うので月額2000円くらいだと思います。
大学のネットワークにアクセスできて、便利な面も多いです。

福島大学のキャンパスにも無線LANの設備が整っているようです。

しかし、大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、
その点は安心ですが、その反面、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイト
があったり、動画の閲覧もできない場合があります。

通常の回線会社とプロバイダとの契約の場合は、そのような規制はないかと思いますが、その
方法ができない場合は、ポータブル通信端末を使う方法があります。

■個別にインターネットをつなぐ

学生寮の部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法としては、回線を引かない、
モバイル通信端末を使う方法があります。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信では、7GBの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は基本使用料が4196円で、2年間使い続けるおトク割500円を割り引いた
3696円です。

インターネットのサイトから申し込むと、キャッシュバックなどの特典があるところもあります。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

インターネットができない大学の寮で、電波でやるネットの方法

Q.png私は大学で寮生活をしているのですが、
インターネット環境が悪すぎて、全くインターネットができません。

実家にはルーターを設置しているので、インターネットに繋ぐことはできますが、
ほとんど使っていないので、 かなりもったいないことをしていると思います。

つい先日、同じ寮で暮らしている先輩がパソコンに何かを差しこみ、
インターネットをしていました。
おそらく、USBを差し込むところに差し込んでいた気がします。
あれで、電波を飛ばしてインターネットを使っていると思います。

あの差し込んでいたものの名前は何でしょうか?
また、料金はいくらくらいかかりますか?

インターネットが使えなくて、とても困っています。
詳しい方のアドバイスやご意見、お待ちしております。

■ご質問の学生寮でのインターネットの環境について

お住まいの学生寮の部屋でのインターネットの環境が、劣悪で使えないということですが、
くわしい状況がよくわかりません。

インターネットの通信速度が遅すぎるということなのでしょうか、それとも、無線LANでの
通信速度が遅いか、もしくはつながりにくいということなのでしょうか。

また、自宅にはルーターが設置しているということですが、自宅というのは、学生寮での
自分の部屋のことなのでしょうか。
帰省先の自宅ということであれば、使っていなければ解約すればよいと思います。

■LANケーブル接続でもインターネットの通信速度が、遅い場合の原因

まず、お使いのパソコンのタイプが古く性能が遅い、メモリが少ない、HDの空き容量が少ない、
セキュリティソフトが遅いなどのパソコン本体に原因があることが考えられます。
または、LANケーブルが損傷しているなどの場合もあります。

光回線の設備自体に問題があるとすれば、学生寮は集合住宅ですが、集合住宅に光回線を引く場合は、
1本の光ケーブルを建物全体の部屋数に割り振っている場合があります。

よって、学生寮の各部屋からのアクセス数がいっきに多くなると、遅くなります。
この場合は、学校側と相談して、光ケーブルの数を増やしてもらうなどの対応しかできません。

または、インターネットの回線がADSL回線であれば、NTTの基地局から離れていると、
離れるほど速度が遅くなったりします。

学生寮のインターネット環境の多くは、大学側が指定した業者と契約する形式になっています。
その業者がインターネット環境を構築しているので、寮の全体の意見として大学側に申請すれば
対応してくれるのではないでしょうか。

■無線LANが遅い、つながりにくい場合の原因

まずは無線LANルータの故障、パソコン子機の故障が考えられます。
または、家電が無線LANの電波に影響を与えていることもあります。

機器側に問題が無ければ、ルータとパソコン子機の規格があっていないことが考えられます。
無線の接続には、規格というものがあります。 パソコンのスペックに、IEEE802.11xx
と書いてあるものです。

この11xxの部分が、規格となり、11a/b/g/nなどがあります。
親機のルーターとパソコンの子機が同じ無線規格に対応していないと接続することができません。

規格が11gだと、通信速度が最大で54Mbpsしかなく、これはADSLでの規格ですが、
これには対応しているものの、それより早い規格をパソコン子機側が持っていない場合には、
速い速度の通信を行うことができません。

たとえば、11nの規格を両方が持っていれば、通信速度が最大で150Mbps出すことができます。
無線LANの子機は、USBなどで接続できるタイプが販売されています。

■モバイル通信端末でのインターネットへの接続

同じ寮の人がUSBに挿してインターネットを使っていたということですが、おそらくモバイル通信端末
のことだと思います。
部屋の中だけでなく、屋外でも使用することができます。

モバイル通信端末を提供している会社としては、UQWiMAX、docomo、SoftBank
、Y!mobile(旧イーモバイル)などがあります。

パソコンを購入する際に、契約すればパソコンが1円や500円で買えるとラジオやテレビなどで
宣伝しているものです。

端末機の料金は0円や1円で料金がかからないところがほとんどです。
多くのモバイル通信端末では、通信量により金額が変わります。

docomoでは、2GBまで4900円、それ以降1GB毎に1000円の追加料金がかかります。
Y!mobile、SoftBankでは、7GBまで3696円で、それ以降2GB毎に2500円の
追加料金がかかります。

このように、ほとんどのモバイル通信は、規定の通信量を超えると速度が落とされる速度制限があります。
しかし、いくら使っても速度制限が無く使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は基本使用料が4196円で、2年間使い続けるおトク割500円を割り引いた
3696円です。

インターネットのサイトから申し込むと、キャッシュバックなどの特典があるところもあります。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。

スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。
外出先ではスマートフォン、部屋内ではパソコンでインターネットを使いたい場合は検討してもよいかも
しれません。 速度制限はありますが。

お住まいの学生寮で、すでに装備されているインターネットの契約に毎月料金がかかっているのであれば
モバイル通信端末の契約時に解約されたほうがよいでしょう。

学生寮(中部大学)でのインターネット環境と料金について

Q.png次年度から、中部大学に通うこととなりました!
県も違うので、中部大学についている学生寮に入る予定です。
学生寮に入る準備をしているのですが、
学生寮の各部屋のインターネット環境はどうなっているのでしょうか?

インターネットは部屋で使えますか?
また、使えるのであればどのような方式が使えますでしょうか。
光回線など・・・

また、やはり料金ってかかりますよね?
全く、費用感がわからないのですが、どのくらいかかるのでしょうか。

インターネット回線を自分で契約しなければいけない場合、
どのような手続きが必要なのでしょうか。

お詳しい方、中部大学でなくても学生寮の経験のある方、
ご経験談などを教えてください!

どうぞよろしくお願いいたします。

■中部大学の学生寮について

中部大学の学生寮は、キャンパスの南西、高台の閑静な一角にあり、各部屋は南に面し眺望も
雄大だそうです。

鉄筋コンクリート造り3階建ての北寮と4階建ての南寮の2棟からなり、食堂、浴室など
各種施設を完備しています。

部屋は58室あり、全室個室タイプです。 入寮できるのは、1年生男子学生の方限定です。

部屋の設備は机、ベット、棚です。 洗面台がある部屋もあるそうですが、ほとんどはありません。
共同エリアには、風呂、トイレ、食堂、洗濯機、乾燥機、洗面台、炊事場、ラウンジなどが
あります。

寮費は、入寮費が10000円、寮費(年額)は270000円(月あたり22500円)
光熱水費も含んでします。

あと、寮生の親睦費として使われる、桃丘会費(年額)として12000円で、年間合計
292000円です。 寮の食堂での食費は、朝食390円、夕食490円です。

テレビや冷蔵庫を持ち込む生徒が多いようですが、部屋が少し狭いので、必要の無いものは
控えたほうがよいでしょう。 エアコンはないようですが、コタツを置いたりしているようです。

■学生寮の部屋でのインターネットの利用について

学生寮の各部屋でのインターネットの使用は、可能らしいです。 光回線での接続をすること
ができるそうです。 有線LANを使った方式になります。

おそらく壁にLANケーブルのソケットが付いていて、LANケーブルを差し込むとすぐに
インターネットが使えるタイプだと思います。

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。 合計で、月額料金4000円~5000円くらいです。

大学生協などでもプロバイダ事業を行っているので、フレッツ光の回線を使用する場合は、
大学生協で契約することができるかもしれません。

しかし、大学側がインターネット環境を構築している場合は、回線会社やプロバイダと契約する
必要は無く、大学が指定したインターネット管理会社と契約することになります。

大学側が指定したインターネット管理会社か、回線会社とプロバイダとの契約かの、どちらかを
選択できるところもあります。

中には、ビジネスホテルやインターネットマンションのように、どこと契約しなくても
インターネットがすぐ使える環境が備わっているところもあります。

インターネット管理会社を利用すると、通常よりも格安料金となるところが多いです。
料金は大学側がある程度、負担する形になると思うので月額2000円くらいだと思います。
大学のネットワークにアクセスできて、便利な面も多いです。

中部大学には、単位が取得できるeラーニングというネット授業のサイトもあります。
キャンパス内でも無線LANが使えるようです。

学校の校内にも自由にインターネットが使えるパソコンを設置した施設も準備されています。

しかし、大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、
その点は安心ですが、その反面、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイト
があったり、動画の閲覧もできない場合があります。

通常の回線会社とプロバイダとの契約の場合は、そのような規制はないかと思いますが、その
方法ができない場合は、ポータブル通信端末を使う方法があります。

■個別にインターネットをつなぐ

学生寮の部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法としては、回線を引かない、
モバイル通信端末を使う方法があります。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが提供している、モバイルデータ
通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信は、7Gbの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は4000円ほどです。

また。スマートフォンでテザリングの機能があるものだと、スマートフォンを利用して
WiFi通信を受信するという方法もあります。

中部大学の学生寮は1年生の男子学生しか入寮できないため、1人暮らしが不安な生徒や、
仲の良い友人を早くつくるには、とてもよい環境だと思います。

みんなで食事をしたり、風呂に入ったり、勉強したり、共同生活のため、いやでもたくさん
の友人ができるそうです。

また、バーベキューや日帰り旅行、学生寮餅つき大会などの寮生が参加するイベントもたくさん
あるようです。

2年生になって新しい住居を探す際にも、学校や生協から自分にあった物件を紹介してくれる
ようです。

学生寮のインターネット環境と料金について、佐賀大学です

Q.png無事、第一志望だった佐賀大学に合格し、
4月から佐賀大学に通うこととなりました。

家が山口県なので、佐賀大学の寮に入る予定です。
寮に入るには初めてで、準備をしながらウキウキワクワクしています。

ある程度の買い物も済ませ、着々と準備は進んでいるのですが、
インターネット環境について、分からなかったので質問させてください。

佐賀大学の寮には、インターネット環境は整っているのでしょうか?
すでに、インターネット回線がつながっている場合、
無線LANでしょうか。それとも、有線LANでしょうか。

有線LANであれば、長めのLANを買いに行こうと思うので、
ご存知の方、ぜひ教えてください。

ちなみに、利用にあたり料金はどのくらいかもわかると嬉しいです。

■佐賀大学の学生寮について

佐賀大学の学生寮は、本庄キャンパスにある楠葉寮です。
鍋島キャンパスには学生寮はありません。

楠葉寮の入寮条件は、心身が健康で、自宅からの片道通学時間が公共交通機関で90分以上かかる
生徒で、その該当者から家庭状況および経済状況を勘案して入寮者を決定しているそうです。

収容定員は、男子学生が100人、女子学生が50人です。
管理棟、男子棟、女子棟の3棟があります。 部屋はすべて個室です。

共用部分の設備は、応接セット、テレビ、流し台、ガステーブル、冷蔵庫、棚、洗濯機、乾燥機
洗面台、トイレ、下足箱、傘立、洗面器、椅子、扇風機コインロッカー(更衣室)です。
男子学生用の浴室は管理棟にあります。 女子学生用の浴室は女子寮内にあります。

各部屋の設備は、ベッド、机、椅子、本棚です。 約6畳の個室で、エアコンなどの空調設備は
ありません。 食事は寮内各階の補食室で調理するか、学食等を利用するそうです。

部屋へ持ち込んではいけないものは、石油ストーブ等火気を使用するもの、及びペット類です。
入寮期間は2年間です。

寄宿料は、月額5300円で、光熱水料は寮生個人が負担します。
共用エリアの電気代、水道代の基本料金を除いた使用分は、寮生で均等割りします。

町にも近く、自転車でスーパーやコンビニなどに買出しもできるそうです。

■寮の部屋でのインターネットの使用について

寮のインターネットの使用の説明では、有線回線を利用したインターネット接続サービスを
希望される方は、大学が指定した業者と直接契約をしてくださいとありました。

詳細は、4月初旬の新入寮生オリエンテーションの際に連絡するそうです。
おそらく壁にLANケーブルのソケットが付いていて、LANケーブルを差し込むとすぐに
インターネットが使えるタイプだと思います。

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。

大学生協などでもプロバイダ事業を行っているので、フレッツ光の回線を使用する場合は、
大学生協で契約することができるかもしれません。

しかし、大学側がインターネット環境を構築している場合は、回線会社やプロバイダと契約する
必要は無く、大学が指定したインターネット管理会社と契約することになります。

大学側が指定したインターネット管理会社か、回線会社とプロバイダとの契約かの、どちらかを
選択できるところもあります。

インターネット管理会社を利用すると、通常よりも格安料金となるところが多いです。
料金は大学側がある程度、負担する形になると思うので月額2000円くらいだと思います。
大学のネットワークにアクセスできて、便利な面も多いです。

佐賀大学には、単位が取得できるeラーニングというネット授業のサイトもあります。
キャンパス内でも無線LANが使えるようです。

しかし、大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、
その点は安心ですが、その反面、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイト
があったり、動画の閲覧もできない場合があります。

通常の回線会社とプロバイダとの契約の場合は、そのような規制はないかと思いますが、その
方法ができない場合は、ポータブル通信端末を使う方法があります。

■個別にインターネットをつなぐ

学生寮の部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法としては、回線を引かない、
モバイル通信端末を使う方法があります。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが提供している、モバイルデータ
通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信は、7Gbの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は4000円ほどです。

また。スマートフォンでテザリングの機能があるものだと、スマートフォンを利用して
WiFi通信を受信するという方法もあります。

部屋にエアコンがついておらず、石油ストーブは持ち込み禁止なので、夏、冬は少し辛いかも
しれません。 おそらく工事はできないものと思います。 窓につけるタイプなら可能かも
しれません。

また、テレビの端子も部屋にはないかもしれません。
寮の風呂の掃除は当番制のようです。

しかし寮は、住居費は安いし、仲の良い友人や先輩を早くつくれるので、学校になじむには
適した環境だと思います。

新入寮生のオリエンテーションや歓迎会、クリスマス会などもあるようです。
寮生の要望調査も毎年行っているようです。

寮にあるインターネット有線か無線か、津田塾大学の寮です

Q.png津田塾大学の寮について、詳しい方いらっしゃいますでしょうか。
先日、無事に津田塾大学に合格し、入学手続を終えました。

九州に住んでいるので、大学寮を希望しています。
調べてみても、寮について詳しく記載がなかったので質問させてください。

①各部屋にテレビを置くことはできますか?
基本的には2人部屋らしく、一部屋に2つテレビがあるのも違和感があります。
②寮の設備に「インターネット回線」とありますが、
有線LANと無線LANのどちらでしょうか。

早めに、買い物に行くなどの準備をしたいと思っているので、
早めにお返事を頂けると、嬉しいです。

みなさんのアドバイス、お待ちしております。
どうぞ、よろしくお願いします!

■津田塾大学の学生寮について

津田塾大学には、キャンパス内に東寮(とうりょう)、西寮(せいりょう)、白梅寮(しらうめりょう)
の3つの寮があります。
入寮条件としては、自宅からの通学時間が片道3時間以上であることだそうです

東寮は、定員81人、西寮も81人で、一人部屋が各寮に39室、二人部屋が21室あります。
白梅寮は、定員142人で全て二人部屋で71室あります。

毎年新しい入寮生は、60~80人で、どの寮に入れるかはわかりません。
抽選で決められるそうです。 二人部屋から一人部屋への移動も出来る場合もあるそうです。
その場合も抽選になるのかもしれません。

各寮の部屋にある設備は、机、椅子、本棚、ベッド、クローゼット、インターネットの配線です。
共同部分には、キッチン、風呂、洗濯機、乾燥機が備えられています。

どの寮も全室冷暖房完備です。 各階に共同のキッチンがあり、自炊をすることが基本だそうです。
そのため、食器や調理器具も持参したほうがよいらしいです。 自炊だと当番があるそうです。

入寮できる年数に制限などはないようです。 外国からきた生徒もいっしょに入寮するそうです。

津田塾大学は、地方から来る生徒が多いので、入寮希望が多く、抽選で当たるのも難しいそうです。
各寮とも、学生生活課で管理運営のサポートは行いますが、生活面でのルールなどは、寮生たちが
自主的に決めて実行しているそうです。

■寮の部屋内でのテレビやインターネットの使用について

部屋が狭いので、極力荷物は減らしたほうがよいそうです。
自炊をすることが多いので、食器、調理器具も必要です。

①の質問のテレビですが、禁止にはなっていないようですが、個人のスペースが狭いため二人部屋
では持ってきていない生徒がほとんどだそうです。

テレビは、一人部屋になると持ち込む生徒は多いそうです。
共同生活の同居人に対する配慮が必要のようです。
共同のエリアに大画面テレビが置いてあり、みんなで見ているそうです。

②のインターネット回線の種類ですが、有線LANタイプのようです。
おそらく壁にLANケーブルのソケットが付いていて、LANケーブルを差し込むとすぐに
インターネットが使えるタイプだと思います。

学生寮に無線LAN(WiFi)の環境は無いそうです。

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。

大学生協などでもプロバイダ事業を行っているので、フレッツ光の回線を使用する場合は、
大学生協で契約することができるかもしれません。

しかし、大学側がインターネット環境を構築している場合は、回線会社やプロバイダと契約する
必要は無く、大学が指定したインターネット管理会社と契約することになります。

大学側が指定したインターネット管理会社か、回線会社とプロバイダとの契約かの、どちらかを
選択できるところもあります。

インターネット管理会社を利用すると、通常よりも格安料金となるところが多いです。
もしくは、大学側が料金を負担して、無料のところもあります。
大学のネットワークにアクセスできて、便利な面も多いです。

しかし、大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、
その点は安心ですが、その反面、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイト
があったり、動画の閲覧もできない場合があります。

通常の回線会社とプロバイダとの契約の場合は、そのような規制はないかと思いますが、その
方法ができない場合は、ポータブル通信端末を使う方法があります。

■個別にインターネットをつなぐ

学生寮の部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法としては、回線を引かない、
モバイル通信端末を使う方法があります。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが提供している、モバイルデータ
通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信は、7Gbの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は4000円ほどです。

また。スマートフォンでテザリングの機能があるものだと、スマートフォンを利用して
WiFi通信を受信するという方法もあります。

しかし、寮の各部屋はほとんど二人部屋の共同生活となるので、個別にインターネットを引く
のは同居している学生に迷惑がかかるか確認しないといけません。

津田塾大学の学生寮はわかりませんが、テレビの持ち込みは禁止で、ワンセグによるテレビの
視聴も禁止されている学生寮があるそうです。

学校は、寮生の自主管理に任せているそうなので、勝手な行動は控えたほうがよいでしょう。
門限もあるそうです。

そのかわり、いっしょに自炊することにより、寮内に溶け込んで、仲の良い友人や先輩を
つくるのも早いと思います。

インターネットの工事ができない大学の学生寮での代替案について

Q.png今年の春に、大学に進学し、寮に入ります。
寮では、インターネット回線の工事をしてはいけないとの事なので、
ドコモでデータ通信のXiの契約をしようと思います。

今年の夏にドコモでもiphoneが発売されますが、
ドコモのiphoneだと、通信はXiになるのでしょうか?
それだと、データ通信とiphoneの二重契約になるのか、
それとも、同一回線を使用することができるのでしょうか。

現在、Xiのデータプランで普通か2年継続のどちらにするか迷っています。
もし、iphoneの通信方法がXiでない場合、どちらのプランが良いでしょうか。

また、iphone単独でパソコンにインターネットを繋ぐことができるのでしょうか。

■docomoのiphoneのデータ通信

docomoのXi(クロッシイ)データプランは、通信速度が受信時最大112.5Mbps、
送信時最大37.5Mbpsの高速通信ができます。

しかし、docomoのXi(クロッシイ)データプランは、2014年8月31日(日曜)を
もって、新規申込み受付を終了しました。

すでに契約されている方は、引き続き利用できるようです。
もし、Xiのデータプランで契約のポータブル通信端末をお持ちなら、そのまま利用はできます。

docomoのiphoneでは、パケット通信はXiと同じ回線を使っています。
しかし、iphoneをデーター通信のみの契約はできないようです。

もし、iphoneを利用してパソコンなどでインターネットを使用する場合は、テザリング
機能を使用します。 お持ちのiphoneにテザリングの機能がないとできません。

テザリング機能を使うと、パソコンやゲーム機器などいつでもどこでもネットにつないで楽しむ
ことができます。

音声通話中でもテザリングすることが可能です。
docomoの場合は、テザリング用オプションの追加申込みは不要です。

テザリング機能を利用して、スマートフォンと外部機器の接続方法は、Wi-Fii、Bluetooth
、USBの3種類あり、利用シーンに応じて使い分けが可能です。

テザリングを利用すると、通信料が高額になる場合があるので、「パケ・ホーダイ フラット」など
のパケット定額サービスへの加入が必要です。

もし、Xi契約のモバイル通信端末の契約内容を、新しく購入したiphoneに切り替えての
使用はおそらく可能だと思います。

パケット定額サービス、データプランをご加入されている場合は、追加料金はかかりません。
契約されているパケット定額サービス、データプランの上限額で利用できます。

テザリングを利用するには、「spモード」への加入が必要です。

なお、テザリングご利用時には、周辺にも電波が飛び、他の人間も接続することが可能になり、
iphone側の情報や設定などが操作できてしまうので、テザリング用のパスワードは他人に
知られないように十分注意しないといけないそうです。

テザリングを終了した時は、iphoneのテザリングの機能を無効にしないといけません。

テザリングでの通信を行うと、iphoneの電池の減り方が早くなるそうです。

■iphoneの料金

iphoneの月額料金ですが、基本プランの「カケホーダイプラン」が2700円、
spモードを使用するためのプロバイダ料が300円。

パケットパック料金は、データSパック(小容量)(2GB)が3500円
データMパック(標準)(5GB)が5000円、データLパック(大容量)(8GB)
が6700円です。

どこも利用年数が15年以上の場合は、ずっとドコモ割が適用され、600~800円割引
されます。

合計で5900円~8900円の月額料金となります。
ずっとドコモ割がなければ、6500円~9700円となります。

docomoでは、パケットパック料金で定められた容量(2GB~8GB)を超えると
通信速度が128Kbpsに落とされる速度制限があります。

Xiプランでは、128kbps通信解除の申し込みを、2GBごとに2500円の料金で
行えます。

■通信速度制限の無いモバイル通信端末を使う

モバイル通信端末を提供しているdocomo以外の会社としては、UQWiMAX、SoftBank
、Y!mobile(旧イーモバイル)などがあります。

ほとんどのモバイル通信は、7Gbの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は基本使用料が4196円で、2年間使い続けるおトク割500円を割り引いた
3696円です。

価格comから探すと、キャッシュバックのあるプロバイダのプランもあります。

docomoのiphoneは通話だけを使用して、データ通信などは、WiMAXを接続して
利用すると7000円以下で使用できるかもしれません。

2つの機種を持ち運びするのは、少し面倒くさいかもしれません。

大学のキャンパス内では、無線LANが構築されているところも多いので、そこで使う分には
料金はかかりません。

また、最近では学生寮でもインターネットが使えるように準備されているところが多いので、寮内でも
無線LANが使えるかどうかを確認されてもよいかと思います。

もし、2人以上の相部屋の場合は、共同でモバイル通信端末を使ってもよいかと思います。

学生寮であれば、相談できるところもあるし、寮の規則などがあると思うので、インターネットの
導入の了解は得たほうがよいと思います。

大学の寮に入る時にパソコン入手やインターネット契約をどうするか、東京で

Q.png長女が4月から、東京の大学に入学し、寮で暮らしを始めます。
勉強のために、パソコンが必要なようですので、
パソコンの購入を考えています。
寮に回線は引いてあるようなのですが、どのようにすればよいのでしょうか?

入学式の前に、長女と一緒に東京の家電量販店でパソコンを購入し、
そこで手続き後、寮に設置などをしてもらいに来てもらうのかな。と思っています。
持ち運びもしたいですし、プリンターなども必要なのでしょうか。

家電量販店ではなく、ジャパネットで注文した方が早くて楽でしょうか?
入学式の前日に東京に行くので、時間の余裕が1日半しかなく、
転入届や口座の開設などで回り切れないかもと思っています。

アドバイス、よろしくお願いいたします!

■学生寮のインターネットの状態

最近の大学は、課題やレポート、研究成果の報告などは、ワープロソフトや表計算ソフトを使って
ファイル化して提出する事が多くなっています。

提出方法もインターネットのメールで送付したりするので、パソコン、インターネットの使用は
必須となっています。

大学の学生寮は、部屋の中にインターネットを接続できるLANケーブルソケットが付いている
ところが多くなっています。

寮生が持ってきたパソコンをそこにLANケーブルを挿してつなげると、どことも契約の手続きを
しなくてもインターネットが使えるところもあります。
ビジネスホテルやインターネットマンションと同じ形態です。

LANケーブルソケットがあっても、どこかと契約を結ばないとインターネットが使えないところ
では、2通りの契約方法があります。

ひとつは、大学が指定しているインターネット管理会社と契約する方法です。
大学にネットワークが構築されていれば、そこへもアクセスが可能です。

回線会社やプロバイダと契約する必要も無く、比較的安価でインターネットを使用することが
できます。

大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、安心
ですが、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイトがあったり、動画の
閲覧もできない場合があります。

もうひとつは、NTTやKDDIなどの回線会社と契約し、プロバイダとも契約する方法です。
通常のマンションなどと同じ手順となります。

初期工事は終了しているので、契約の手間だけです。 学校の生協で契約を行えるところも
あります。 プロバイダは指定されたところになるかもしれません。

生協が管理しているところだと、困ったことがあれば、生協へ行けば対応してくれるそうです。

NTTなどの回線会社と契約するので、インターネットが開通するまで少し時間がかかるかも
しれません。 入居の前に契約ができればよいのですが、学校側ですぐ使えるように対応して
くれるところもあるそうです。

料金は、マンションなどの集合住宅と同じになると思います。
生協からではなく、フレッツ光のサイトなどで直接申し込みが行えば、キャッシュバックなどの
特典がつくかもしれません。

■パソコンの設置について

部屋内にLANケーブルソケットなどが付いている場合では、そこにLANケーブルを挿して、
パソコンにつなぐだけです。

パソコン内での設定は、契約したところが送ってくる手順書とおりに行えばよいのですが、
もし分からなければ、困った時に指導してくれる連絡先があるので、そこへ連絡すればよいと
思います。

出張で対応してくれるところも多いので、利用してもよいと思います。
生協でパソコンの販売も行っているところもあり、インターネットへの接続方法なども
丁寧に説明してくれると思います。

また、学校のキャンパス内に無線LANが構築されている大学もあるので、キャンパス内で
インターネットを使いたい場合は、ノートパソコンがおすすめです。

ノートパソコンだと無線LANの受信機が内蔵されているものが多いので、すぐ使用できる
からです。

またもし、学生寮で準備されているインターネット環境では満足できない場合は、ポータブル無線端末
を用いて接続する方法もあります。

プリンターはあれば便利ですが、印刷は学校内のプリンターで行う生徒が多いと思います。
寮によっては共同エリアにパソコンを装備しているところもあるので、プリンターも装備されて
いるかもしれません。 確認した後に購入してもよいかと思います。

■各学生寮のルールを確認する

電気屋やジャパネットなどは、女子の学生寮であれば、入室が認めてもらえないこともあるかも
しれません。

また、個人部屋では大丈夫でしょうが、何人かの共同部屋であった場合は、パソコンや
インターネットの使用は制限されるかもしれません。

共同生活ということも学ぶ機会となるので、パソコンなどは、寮内のルールを確認した後に
準備するべきかなと思います。

プリンターも音がするので、設置の前に確認したほうがよいかもしれません。

また、ひとり住まいということも、社会を学ぶ課題だと思います。
新生活の準備として行うことは、なるべく本人が自分自身でするという、自立した大人になる
ための勉強だと思います。

学生寮だと同級生だけでなく先輩も同居すると思うので、色々アドバイスをもらって行動する
のも早く学園生活になじむ手順だと思います。

困ったときに相談する窓口も、学生寮や学校内にあると思うので、心配しなくてもよいのでは
ないでしょうか。

勉学も大変でしょうが、学生寮と言うコミュニケーションの場になじむのも、勉強のひとつです。

学生寮(国立島根大学)でのインターネット使用料について

Q.png国立島根大学の新入生です。
大学寮に入るのですが、その募集概要を見ていると、
インターネット配線は備え付けてあるけれども、インターネット使用料は
各自で契約してください。と書いてありました。

「インターネット使用料」って、いったい何でしょうか?
親に聞いても、分からないと言われたので質問させていただきました、

「インターネット使用料」は、大学生協のインターネット・プロバイダに
加入すればよいのでしょうか。
それとも、他に何か加入しなければならないのでしょうか?

また、用意しておいた方が良いものなどありますか?

何もわからないので、詳しく教えてください!
どうぞよろしくお願いいたします。

■島根大学の学生寮の設備

島根大学は、松江キャンパスと出雲キャンパスがありますが、 学生寮は,松江キャンパスだけです。

学生寮は、松江キャンパスから徒歩で約10分のところに位置し,部屋のタイプが異なる3つの棟
A棟・B棟・C棟が同じ敷地内に建っています。

A棟は収容定員は168人で、平成24年に新築の完全個室型です。(バス,トイレ,ミニキッチン
を室内に完備しています)

B棟は収容定員59人・C棟は収容定員91人で、どちらも平成25年に旧寮を個室にリニューアル
した部屋で,C棟はA棟同様完全個室型です。

B棟はキッチン,トイレ,シャワー,洗面台,洗濯乾燥機は共同使用となりなすが,部屋は個室型
となっています。 B棟は3,4階が女性専用階のため,許可なく男性が立入ることはできません。

各棟の部屋の設備は、A・C棟は、ベッド(マットなし),机,椅子,クローゼット,エアコン,
ユニット バス,トイレ,ミニキッチン(電気コンロ付き),テレビ配線,インターネット配線の
備え付けがあり,冷蔵庫,洗濯機を置くスペースも確保されています。

B棟は、ベッド(マットなし),机,椅子,クローゼット,エアコン,テレビ配線,
インターネット配線の備え付けがあります。

共同の設備として各階にトイレ,洗面所,キッチン,シャワールーム,ランドリーがあり,
キッチン(IHヒーター),シャワールーム,ランドリーはコイン式です。

入寮できる期間は、A、B、Cいずれも2年間です。

学生寮のすべての部屋が個室で、インターネットに接続できる設備は準備されているそうです。
すなわち、壁にLANケーブルソケットがついていて、LANケーブルをつなぐ形式だと思います。

また、VDSL方式だと、モデムを接続する内線ジャックがあるかもしれません。

いずれも初期工事は必要なく、契約すれば、すぐにインターネットが使えるタイプだと思います。

■インターネットを契約する相手先は

島根大学のサイトによると、インターネットを使いたい場合は、株式会社サンライズと個人契約
を結ぶ必要があると記されていました。

また、入会金が2100円、月額が1680円からとなっていました。

サイトによると、株式会社サンライズは大学学生寮にインターネット配線をしている会社で、
ネット名はSun-Netと言います。

NTTの光回線を使って、配線しています。 1Gbの光ケーブルを使っているので、高速の
インターネットが使用できるようです。

Sun-Netのサイトでは、契約して、光ブロードバンドを使用するには、入会金4200円
、月額2940円とありました。

学校が表示している金額と異なるのは、島根大学とサンライズとの契約なのかもしれません。

Sun-Netの特色としては、学生が使うということで、セキュリティ面を重要視している
ようです。

ウィルス攻撃の防御等のセキュリティだけでなく、 24時間監視体制で、ウィルス感染者の
チェックや違法な ファイル交換(Winny等)利用者のチェックを含む、ログ監視・解析を
しているそうです。

寮オリジナルドメインを取得し、メール容量は10Mbが無料です。
携帯や外部からでもメールチェックができるそうです。

NTT回線を使用しているフレッツ光だと、大学生協が勧めるインターネットや他のプロバイダ
からでも使えると思いますが、安く料金の設定をしているためかインターネットを使用する
方法は、Sun-Netからとしか寮の説明には書いていません。

学校で規定しているプロバイダだと、アクセスできないサイトがあったり、オンラインゲームが
できなかったり、動画を見たりすることもできない場合があります。

■別の方法でインターネットをつなぐ

もし、学生寮にあるインターネットの設備では、不都合なことが多く困るのであれば、学生寮の
部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法として、回線を引かない、モバイル通信端末を
使う方法があります。

ほとんどのモバイル通信は、7Gbの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は4000円ほどです。

入寮期間が2年ということなので、2年間の安いプランは多くあります。
しかし、モバイル通信の電波が受信できるかを確認する必要はあります。

株式会社サンライズからも、モバイル通信端末の契約を行うことができるようです。

スマートフォンだけの契約では、月額1400円からで、モバイル端末だと、月額3222円で
契約できるそうです。

通信方法は、WiMAXではなく、LTEなので通信容量により金額は変わるようです。
最大5Gbまでしかないので、あまりおすすめできませんが。
契約期間は1ヶ月からの短期からあるそうです。