解約して乗り換える!イッツコムよりフレッツ光の方が安い?

Q.pngフレッツ光でインターネットを使いたいので、教えて下さい。

現在、我が家ではイッツコムでインターネットを使っています。
最初は、ブログを見たり、ネットショップで買い物をするだけでした。
でも、動画にハマり、だんだん、不十分になったのです。

それで、光ファイバーにしようと思っています。
具体的には、フレッツ光がいいのでは、と思うのです。

それで質問ですが。
光の線を引けば、PCをコンセントにつなぐだけですよね?
つまり、ルーターは必要ないですね?
それで、無制限に使い放題なのですね?
それとも、月ごとの容量制限が、やはりあるのでしょうか?

光回線の工事は、どのくらいの時間がかかるのですか?
工事費用は、どのくらいになりますか?

月々の使用料は、いくらでしょうか?
イッツコムよりも、安いですか?

イッツコムからフレッツ光へ換えるわけですが。
乗り換え、というのは出来ますか?
それとも、解約し、新しく契約、ということになりますか?

光回線については初心者です。
どうか、易しく教えて下さい。
お願いします。

■イッツコムとは

イッツコムは、東急沿線で提供されているケーブルテレビです。
他のケーブルテレビ同様、テレビのチャンネルを増やすことができるだけではなく、
インターネットや固定電話を持てるなどのサービスをつけることができます。

イッツコムには3つのチューナーがあります。

①STB

最小限の機能を備えているのがSTBです。
地デジ、BSデジタル放送、専門チャンネルが視聴できます。

②Hit Pot

Hit Potは視聴だけでなく、ハードディスクを内蔵し録画機能も備えています。
iTSCOMオンデマンド対応でおうちにいながら見たい番組をレンタルできます。

③BD-Hit Pot
Hit Potにさらにブルーレイへのダビング機能を追加したものがBD-Hit Potです。
高画質のまま手元に残すことができます。

使用するチューナーによって月額料金が変わります。
例えば、地デジとBSデジタル放送に専門チャンネルが7つついた一番安いコースでは、
①STBが月1900円 ②Hit Potが月 2800円 ③BD-Hit Pot が月3700円となっています。

視聴できる専門チャンネル数によって4コースに分かれていて、
ミニは専門チャンネルが7ch、αエースは42ch、ビッグは53ch、マックスは59chです。

どのコースでも地上デジタル放送とBSデジタル放送は視聴可能です。

■ケーブルテレビからフレッツ光への乗り換えはお得か

イッツコムで下り最大160Mbpsのインターネット、固定電話つきのプランにすると、
専門チャンネル数が一番少ないコースであるミニでも月額8130円です。
(3年の定期契約による割引適応の場合)

一方、フレッツ光の場合、フレッツ・テレビとひかり電話をつけても月額5760円です。
(2年契約の場合、フレッツ光ネクスト利用時)

ナンバーディスプレイ、キャッチホン、迷惑電話お断りサービスなどがついて、
さらに480円分の無料通話つきのひかり電話Aにすると+1000円で月6760円です。

上記の料金に加えてプロバイダーの月額料金が発生しますが、
いずれにせよフレッツ光に乗り換えた方が月額料金の面ではお得です。

■イッツコムからフレッツ光に乗り換えるのにかかる費用

ケーブルテレビとフレッツ光は別の会社なので、乗り換えの際はケーブルテレビを
解約しなければなりません。

また、ケーブルテレビの配線はNTTでは原則使わないことになっていますので、
NTTのフレッツ光の導入工事が必要となります。

まず、イッツコムの解約時にはケーブルの撤去費用が必要になります。
加入時期などによって異なる場合がありますが、15000円ほどかかります。

次に、フレッツ光の工事費用ですが、フレッツ 光ネクスト の場合、
契約料が800円で工事費用が18000円(一般的な工事の場合)ですので、
18800円となりますが、工事費用は分割も可能ですので、初期費用は抑えられます。

フレッツ・テレビの工事も同時にした場合、テレビ1台なら12300円、
テレビ4台までなら25600円必要になります。

また、ひかり電話の初期費用は3000円かかります。

まとめると、フレッツ光に乗り換えて、ひかり電話・フレッツテレビをご利用の場合、
初期費用として総額およそ33300円かかります。
ただし、実際にかかる金額はご自宅の状況などによって変わりますのでご注意ください。

■フレッツ光にしたらどうなる?

フレッツ光でひかり電話もご利用の場合、ひかり電話ルーターをレンタルすることになります。
このルーターはOMU(モデムのようなもの)とルーターの一体型となっていますので、
このルーターとパソコンをLANケーブルで接続すればOKです。

無線LANでインターネットに接続したい場合は、ホームゲートウェイという
モバイルルーターをレンタルし、無線LANカードを挿すだけで無線LANで
利用することができるようになるのでおすすめです。

■フレッツ・テレビとは

フレッツ・テレビはフレッツ光を契約中の方なら月660円で地デジ・BSデジタルが
視聴可能になるサービスです。

光回線で受信するためアンテナやチューナーは必要ありません。
地デジ対応のテレビがあればOKです。

オプションになりますが、スカパーの有料チャンネルを1チャンネルから申し込みできます。

フレッツ光の申込みはアパマンショップ経由じゃないとだめなの?

Q.pngフレッツ光の契約について、質問があります。

近々、小さなアパートへ引っ越しをする予定になっています。
不動産会社はアパマンショップです。

仕事と趣味の両方で、インターネットは、どうしても必要です。
出来るなら、フレッツ光がいいと思っています。

それで、フレッツ光のサイトを調べました。
私に合うプランを決めました。
キャッシュバックや家電のプレゼントなど、特典もあります。

このことをアパマンショップへ連絡したのです。
でも、指定した窓口からしか、申し込みを受け付けない、とのことです。
それは、フレッツ光でした。
なので、そこまではよかったのです。

でも、私がサイトで見た特典などは付いていません。
このことを伝えると。
「そのようなキャンペーンはありません」とのことです。
そんな筈はない、と聞いても。
「そのようなサービスはありません」の一点張りです。

同じフレッツ光なのに、なぜ違うのでしょうか?
今度の対応で、アパマンショップに不信感を持ちました。
アパマンショップで同じような体験をした方、いらっしゃいませんか?

どうか、回答をお願いします。

■インターネット対応物件、光ファイバー導入済物件って?

物件を探していると「インターネット対応」「光ファイバー導入済」などの表記を
目にすることが多いと思います。

インターネット使い放題であると思ってその物件にされた方もいるのではないでしょうか。
ところが入居してみたら各種申込みはご自分でしなくてはならず、非常に困ったという
経験がある方もいらっしゃるでしょう。

確かにインターネットが備え付けのようになっていて、毎月一定の金額を払ったり、
もしくは無料で入居してすぐインターネットが使用できる物件もあります。

そういった物件が増えていることは確かですが、一般に「インターネット対応」などと
表記されている場合、備え付けのようになっていないと考えた方がいいでしょう。

では、この「インターネット対応」というのはどういう意味でしょうか?

マンションやアパートのような集合住宅では、電柱や地下から屋内にある
建物の共有スペースにまでまず配線を引き、その後に各部屋に配線を引きます。

光ファイバーでも、この屋内の共有スペースまで光ファイバーを使用して
各部屋には電話線で配線を伸ばすという方法もありますし、
各部屋まで光ファイバーを引く方法もあります。

当然各部屋まで光ファイバーを使用する方が回線速度は速いですが、
入居する建物の配線方式を変えることは難しいので入居前に確認するしかありません。

少し脱線しましたが、「インターネット対応」物件は、建物の共有スペースにまで
配線が引かれているという意味です。

なので、入居して部屋でインターネットをする場合は、共有スペースにまできている
配線と部屋を繋いでもらわなければなりません。

工事を申し込んでから完了までに2-3週間ほどかかりますので、「インターネット対応」
と表記されていてもすぐに使用できるわけではないことを覚悟しておいてください。

■不動産に指定されたところからしかインターネットは申し込めない?

アパマンショップが管理している物件の中には、指定された窓口からの申し込みしか
受け付けていないと言われるかもしれません。

インターネットや家電量販店経由で申し込むとキャッシュバックがたくさんあり、
お得に契約できます。

しかし、このような不動産経由の場合、キャッシュバックはないことが多く、
もしあっても額が少ないことがほとんどです。

そのような場合でも指定されたところから申し込まなければならないのでしょうか?

不動産側がインターネットを指定してくる理由として以下のことが考えられます。

①仲介料が入るから

不動産経由でインターネットを申し込むとプロバイダーなどから紹介料として
不動産にお金が入ると考えられます。

本来ならば契約者に還元されるはずの分も不動産にいってしまうため、
契約者にとっては損です。

NTTによる配線工事が終わっているアパートであれば、不動産経由でも個人で申し込んでも
最初のキャッシュバック以外は特に変わりません。

②マンション単位でインターネット定額サービスに入っているから

マンションでインターネットをする場合でも、NTTとプロバイダーに個人で加入する
必要がありますが、NTTと不動産などが契約を交わし、一定の月額料金で
入居者がインターネットを利用できるマンションもあります。

多くの人で回線を共有するため、入居者一人一人の利用料金は安くなります。
そのようなサービスがある物件の場合は、不動産経由で申し込むことになります。

キャッシュバックなどはないことが多いですが、契約料や解約料などが不要なことが多く、
結果的にお得になるかもしれません。

入居からインターネット開通までが早い傾向があります。

③ケーブルテレビの配線を完備している物件だから

インターネットサービスを提供しているのはNTTだけではありません。
ケーブルテレビでも提供しているところもあります。

ケーブルテレビでインターネットをする場合も専用の配線工事が必要です。
ケーブルテレビの工事を済ませている物件も「インターネット対応」です。

ケーブルテレビに対応していてもNTTのフレッツ光を利用したい場合は、
別途工事が必要となります。

また、ケーブルテレビによるインターネットでも大家さんの一部もしくは全額負担により
お得にインターネットが利用できるようになっている物件もあります。

ケーブルテレビのインターネット速度も上がってきていますが、フレッツ光と比べると
まだまだ劣ってしまいます。
速度重視の方は個人的にフレッツ光などに申し込んでもいいかもしれません。

インターネット料金を安く!大東建託指定のところしかだめ?

※大東建託に住んでいる人、これから住もうとしている人必見の記事です!
私も光回線を契約しようとしていましたが、結局モバイルWIFIにした理由を書いています。

 

Q.png賃貸アパートでの、プロバイダー契約などについて、質問します。現在、大東建託の賃貸アパートで、1人暮らしをしています。

これまで、インターネットは、会社でしかやりませんでした。
仕事上の事だけを、教わった通りにクリックしていたのです。

でも、やはり、自分の部屋にないと、不便になりました。それで、いくつか質問があります。
パソコンは、何を買えばいいでしょうか?
インターネット用の性能は、カタログのどこを見ればいいのですか?
ちなみに、ノートパソコンです。このアパートには、光回線はあるそうです。

(どのコンセントなのか、よく分かりませんが。)
それで、入居のとき、J:COMの紙を渡されました。
これは、J:COMと契約しろ、ということでしょうか?

もしJ:COM以外と契約すると、賃貸条件に違反するのでしょうか?J:COMは、他のプロバイダーと比較して、どうでしょうか?
料金とか、サービスとか、教えて下さい。この方面に詳しい方、回答をお願いします。

一人暮らしのインターネット契約

普段からインターネットをされる方ですと部屋探しの段階でインターネット環境は
どうなっているかを考慮しながら部屋を探されているかもしれません。

一方、入居時にはインターネットはいらないと感じていたけど、最近インターネットを
始めたくなった、という方もいらっしゃるでしょう。

 

入居するときはそんなつもりがなかったため、お住まいのアパートのインターネット環境が
どうなっているか全くわからないという方もいるのでは?

今や当たり前になってきたフレッツ光、最近話題のWiMAXやイーモバイルなどがあり、
一口にインターネットと言ってもさまざまな通信形態があります。

 

今回は一人暮らしのアパートでインターネットを始めるにはどうするかについてみていきます。

大東建託のインターネット料金

携帯電話のようにコードなしで通信できるモバイル通信と違い、一般的に自宅で
インターネットをする場合、インターネット工事をして部屋に回線を持ってきます。
このようなものを固定回線と言います。

自宅のパソコンなどでインターネットを使用する場合、固定回線を引くのが一般的です。
フレッツ光も固定回線です。

 

大東建託に入るとすすめられるのはフレッツ光やJCOMなどの固定回線です。
 
 

「U-NEXT(ユーネクスト) 」という代理店から勧誘の電話がかかってきた人も
多いのではないでしょうか?

 

U-NEXT(ユーネクスト)はNTTの代理店なのでフレッツ光を勧めてくるケースが多いです。

 

固定回線は安定感抜群で通信速度もダントツです。
ただし、固定回線と言うだけあって自宅でしか使用できないのが難点です。

それでも自宅でよくインターネットを利用される方ならば固定回線は引きたいところ。
集合住宅ではその建物に既に設備環境が整っているかどうかが問題となります。

 

「インターネット設備環境あり」などと書かれている物件では、入居したら自動的に
インターネットが使用できるわけではありませんが、建物内の共有部分には既に
インターネットの回線が引かれています。

そのため、入居者がNTTやケーブルテレビ(JCOM)に申し込むと工事後
お部屋でインターネットが使えるようになります。

 

一方、その建物内にそういった設備が整っていない場合は、個人で申し込むことになり、
近隣の状況などによっては光回線は不可能なこともあります。

 

また、固定回線はほとんどがNTTによるものですが、一部でケーブルテレビや
地方の電力会社系列の業者なども提供しており、

NTTの回線が建物内に配備されているアパートでNTTに申し込むのは基本的に問題ありませんが、
NTTの回線が配備されているアパートでケーブルテレビに申し込む場合、
個人で申し込むことになってしまいますのでお気をつけください。

 

NTTやJCOMに申し込んでからおおよそ3週間位で
工事が完了します。

ちょっと長いですね・・

 

まあさくさくネットができると考えるとそれくらいは待ってもいいかもしれませんが
当然のように

 

2年契約です。

 

そのため、引っ越しなどの解約時に2年未満だったり、2年目のちょうど更新月
(25ヶ月目の月)

出ない限り、解約違約金(1万円~2万円位)を取られてしまいます!

 

これを知らずに契約している人も多いので注意が必要です。

あと、フレッツ光などの設備がその物件に入っていれば、物件の戸数(部屋数)によって
料金がきまります。

 

そのため申し込みのルートで月額料金が変わることは一切ないのです。

申し込みのルートで変わるのはキャッシュバックなどの特典だけです。

 

料金はどうかというと、物件の戸数(部屋数)が少ないほど割高(高くなる)になります。
一例ですが、4部屋のアパートで月額4500円程度になります。

ただ、大東建託では無料のインターネット回線がある物件がサイトに掲載されていますので物件によっては無料でインターネットをすることができます。

家賃を見るとちょっとお値段がはっているのではと感じる物件もあるので個人的には
大東建託が家賃に若干インターネット使用料を上乗せしているのではないかと思っています。

 

フレッツ光以外(J:COMタイプ)のインターネット料金

先ほども少し触れましたが、ケーブルテレビにインターネットつきのプランがあります。

たとえばケーブルテレビのJ:COMでは、テレビで77チャンネル見ることができ、
最大160Mbpsの高速インターネットとWi-Fi、さらに固定電話付きで、
月7143円(税抜)のスマートお得プラン160があります。

 

auスマートバリュー対象なので、auのスマホをお使いの方はさらにお得です。

同じ速度でケーブルテレビなしのネットパック160Mコースもあります。
そちらは月4248円(税抜)です。

 

メールアドレスも複数取得でき、他にも無料のセキュリティーも充実していて
このお値段はお得です。

上記は全て集合住宅の場合の料金です。
さらに集合住宅の場合、大家さんによる費用の一部または全額負担でさらにお安く
利用できるところもあります。

 

そのようなアパートでは建物の共有設備としてJ:COMが配備されています。
J:COMのサイトでどの建物に導入されているか見ることができるので参考になさってください。

 

入居時に大東建託からJ:COMの紙を渡されたら、J:COMしかだめなの?

入居時に不動産や大東建託からインターネットの会社を指定されたという方もいるでしょう。

 

基本的に、その指定されたところにしなければいけないということはないと思います。
(ケースによっては無料のインターネットが込の物件もあるので契約書類をご確認ください。)

 

ただし、先ほどご紹介したJ:COMのように大家さんの負担で安く利用できる場合もあります。
そのような場合は、回線速度にこだわりがなければJ:COMでいいかもしれません。

 

費用が通常と同じ場合でも、建物に導入されている設備がNTTではなく、
J:COMであった場合、NTTのフレッツ光を利用するとなると個人でアパートに
光回線を引いてもらうことになり月額費用も割高です。

 

なのでもし、不動産や大東建託からケーブルテレビを指定された場合は少し気を付けましょう。

 

あと個人でネット回線を引く場合ですが、大東建託の物件の部屋にある配管(電話線・エアコンダクトの穴)使ってして設置する場合は設置可能ですが
壁に穴を開ける工事が必要な場合は大東建託パートナーズの営業所に工事内容の確認が必要となります。

建物・部屋にビス止めや穴を空けた場合、退去時に補修費用を請求されるケースも
あるようですので個人の判断で大東建託の物件に固定回線(光回線など)を引く時は
よく確認したほうがいいでしょう。

 

ケーブルテレビ以外にもアパート単位でインターネット定額サービスがあるところもあります。
個人でNTTとプロバイダーに加入するよりも安く使える場合がほとんどなので、
そのような場合は素直に加入していいかもしれません。

(引っ越しする時の違約金の問題をのぞけば)

 

上記以外で普通にNTTとプロバイダーに加入する場合は、必ずしも不動産に言われた
プロバイダーに加入する必要はありません。
キャッシュバックなど特典が多い、無料で高速通信ができる場合は大東建託が紹介しているネット回線で問題ないでしょう。

ネット回線について相談したい場合は大東建託専用インターネットご案内センターというWEBページからインターネット回線について確認できます。

 

わたしは引越し時に回線の撤去がいらずに、住所変更だけ届ければいいモバイル回線(モバイルWIFIルーター)にしています。



これだとフレッツ光のように工事も必要ないですし、なにより解約しないで
そのまま持ち運べるので、違約金が発生しないメリットがあります。
不動産や大東建託に対していちいち断りを入れる手間が省けるのもメリットの一つです。

 

特にUQ WIMAXは光並に回線速度が速いので契約する人が爆発的に増えています。

 

さらに2017年2月から速度制限が緩和され、3日で10G以上使わなければ速度制限がかからなくなりました!

 

 

WIMAXは申し込みしてから遅くても1週間以内に端末が送られてきますので
電源を入れればすぐに使えます。

 

 

フレッツ光の工事代金は?mast-bbが終了したらどうなるのか

Q.pngMAST-BBの変更について、教えて下さい。

現在、MAST-BBを使っています。
これは、ものすごく料金が安い、というものではありません。
でも、初期費用は、押さえられています。
とりたてて不満もありません。
それで、結果として、今まで6年間、使っていたのです。

ところが、27年3月31日で、サービス終了との通知が来ました。
それに代わって、NTTのフレッツ光へ変更してほしい、とのことです。

MAST-BBのHPには、次が書いてあります。
「対応物件には、光インターネット回線が共用部まで接続されています。
ですから、すぐにご利用いただくことができます。」

それで質問です。
つまり、NTTのフレッツ光の回線を使っているわけですね?
ですから、フレッツ光へ更新出来る、ということですね?
そのとき、フレッツ光の初期工事費用24000円が発生するのでしょうか?

契約の更新なら分かります。
でも、新規契約というのは、おかしいのではないでしょうか?

この辺りがお分かりの方。
どうか、回答をお願いします。

■突然のMAST-BBの終了、どうする?

積和不動産がてがけるMASTの賃貸の中にはMAST-BBというサービスがあります。
MAST-BBは申込みをするだけですぐにお部屋でインターネットが使えます。

NTTやプロバイダーと契約する必要がないため、初期費用や解約料などが不要で、
一人暮らしにうってつけのサービスです。
マンション内の住人で設備を共用するため、料金もお得です。

また、LANケーブルでパソコンを繋ぐだけでインターネットが使用できるため、
パソコンやインターネットに詳しくない方でも安心してご利用できるでしょう。

そんな便利なMAST-BBですが、一部の物件で2015年3月31日をもって
サービスを終了することになりました。

これからMASTの賃貸にお住まいになられる方にとっても残念だと思いますが、
現在MAST-BBをお使いの方はどうするればいいの?とご不安でしょう。

MAST-BBからフレッツ光に切り替えた場合の費用のことなどについてみていきます。

■フレッツ光にした場合の工事費用は?

フレッツ光と新規契約をすると初期工事費用がかかる可能性があります。
しかし、今までMAST-BBが提供されていたマンション・アパートでは既に各部屋に
インターネットの回線が引かれていますね。

また、AST-BBは積和不動産とNTTが契約して提供していたサービスですから、
今ある回線は当然NTTのフレッツ光に対応しています。
そのため、大きな工事は必要ないと考えて良いでしょう。

初期工事料金は通常満額で24000円となのですが、今回のように既に各部屋に
回線が引かれている場合でも工事代金が24000円となるのは、
Bフレッツから光ネクストへ変更するなどタイプを変更する場合です。

これを機に高速のフレッツ光ネクストに切り替えようとしている方は要注意です。

また、上記以外でもNTTの局内での変更作業が必要な場合は、9600円必要です。
(基本工事費用4500円+交換機等の設備工事費用5100円)

何も工事が必要ない場合は初期工事費用は必要ありません。

実際にいくらかかるかはNTTの人に調べてもらう必要があると思いますが、
MAST-BBのホームページには回線速度は最大1Gbpsと書かれていますので、
フレッツ光ネクストでNTTと契約しても24000円はかからなさそうです。

ただし、100Mbpsで提供中の物件もあるようなのでお気を付け下さい。

■フレッツ光に変えると何が変わる?

初期工事費用がかかるかもしれないという以外にフレッツ光にすると何が変わるのでしょうか?

・プロバイダーに加入することになる

インターネット回線を引く場合、NTTとプロバイダーの両方に加入する必要があります。
当然そのどちらにも料金を支払うことになります。

今までのMAST-BBはプロバイダー料金も全部含まれていて、プロバイダーには
個人で加入されていなかったと思います。

しかし、フレッツ光に切り替える場合、プロバイダーへの加入は必須となりますので、
ご自分でプロバイダーを選び加入しなければなりません。

・月額料金が変わる

先ほど述べたようにMAST-BBはプロバイダー料金も込みの料金となっていましたが、
これからはNTTとプロバイダーに別々に支払うことになります。
(一括請求にすることもできます。)

また、フレッツ光には光もっと割などがあり、加入年数によって割引額がかわり、
月額料金が一定ではなくなります。

・契約料、解約料がかかる

NTTの新規契約料金が必要となります。
また、契約年数の途中で解約すると解約料がかかります。

・キャッシュバックがある

プロバイダー選びは契約者に任されており、NTTから指定されることはありません。
顧客獲得のために各プロバイダーは多額のキャッシュバックを行っていたり、
プロバイダー料金を何ヶ月無料にしたりなど特典はさまざまです。

プロバイダーがたくさんあって迷った場合は、キャッシュバックの多さで
選んでもみるのもいいかもしれません。

■二重請求を防ぐために

サービスの提供終了後でもMAST-BBの料金の引き落としが続き、
新たに契約したNTTの料金と二重請求・・・となってしまうことも。

忘れずにMAST-BBの解約の手続きを行うようにしてください。