ぷらら光の通信速度ってどうなっている?

インターネット、特に固定回線の光回線をお得に使おうと思ったら光コラボという
サービスに加入することがおすすめです。

フレッツ光とプロバイダ料金をセットにして、プロバイダへの月額料金支払いだけで
回線の利用料金を支払うことも出来る手軽な料金体系も魅力です。

何よりフレッツ光とプロバイダをあわせた月額料金よりも光コラボの方が安いので
とても光回線を使いやすくなるのですが・・・

光コラボにすることで通信速度に関する不満も多くなっているようです。
ぷらら光という光コラボを例に口コミなどを確認してみましょう。

ぷらら光はNTT系列の会社が行っている光コラボ

まずはぷらら光について調べてみます。
元々plalaはNTT系列のプロバイダで、こちらが提供している光コラボです。

フレッツ光がNTTの行っている通信サービスということで、同系列の会社が
行っている光コラボということでも注目されています。

サービスの特徴としては多くのところにある複数年契約での割引がないこと。
割引がなくても月額料金が安いのでとても注目されているのです。

そして複数年契約をしなくても月額料金が安いので、解約する時に契約途中の
解約という状況になりません。

つまり解約違約金がかからずに、いつでも好きなタイミングで解約ができる
という珍しいタイプの光コラボです。

月額料金はホームタイプが4,800円でマンションタイプが3,600円です。
確かに他の光コラボと比べると安いと感じる月額料金です。

ぷらら光の通信速度は遅いという口コミが多い

では実際にぷらら光を使っている人は通信速度をどう思っているのでしょうか。
口コミで確認してみることにします。

簡単に調べただけでも「ぷらら光が遅い」という意見はすぐに見つけることが出来ました。
速度計測の結果をスクショで見ましたが、やはり遅いと思える速度でした。

更に口コミを調べてみると、ひどいところでは通信速度が下り10Mbpsを下回る
という状態になっています。

また混雑時に通信速度が遅くなることも多く、夜間の通信速度は5Mbpsという
光回線とは思えないような通信速度になることもあるようです。

ただ全てのぷらら光ユーザーが遅いと感じるわけでもなく、実際に速度計測の結果が
50Mbpsを超えているという人もいました。

まあ時間帯によって大きく影響されるのが通信速度なので、いつまでもずっと遅い
ということもないと思いますが・・・

快適に使えるという口コミはそれほど多くありませんでした。

ぷらら光はIPv6方式の通信サービスに対応している

確かに口コミではぷらら光の通信速度が遅いという評判が多かったのですが
サービス内容を確認してみるとIPv6方式の通信に対応していることがわかりました。

IPv6方式の通信というのは従来の通信方式と違い、プロバイダの認証を通さずに
インターネット接続することが出来る方式です。

プロバイダを通らずに専用のネイティブ通信事業者を通るのでIDなどの認証に時間を
取られずにインターネット接続ができます。

つまり混雑している状態でもあまり気にせずにインターネットへの接続ができるので
通信速度の低下が少なくなる、と言われています。

このIPv6方式の通信は従来の通信方式と全く違う方式なので、サービス開始当初は
対応しているサイト自体が少ないという問題点がありました。

でも以前の通信方式IPv4との互換性をもたせたIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式という
通信方式が開発され、そちらを使えばIPv6非対応のサイトでも高速通信出来ます。

そしてぷらら光ではこのIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスを提供しているので
通信速度の改善が期待できるのです。

ぷらら光のサービス名はぷららv6エクスプレス

では実際にぷらら光で提供されているIPv6方式のサービスを確認してみます。
名前はぷららv6エクスプレスです。

先ほど説明したとおりにプロバイダを通さずにインターネット接続が出来るので
混雑時にも通信速度の低下がほとんどありません。

ぷらら光を使っている人の多くが混雑する時間帯に通信速度が遅くなる、という意見で
これを解消できる可能性があるこちらのサービスはとても注目されています。

ただしIPv6方式の通信は通信速度が速くなるという通信方式ではありません。
実はIPアドレス枯渇問題を解消するために開発された通信方式です。

つまり通信速度が速くなるのではなく、あくまでも混雑による通信速度の定価を防ぐ
という事になっています。

まあ使っている環境によっては通信速度が劇的に変わらない、ということも十分に
考えられるということです。

普通は混雑しているところがなくなれば速度は速くなるのですが、元々混雑が
あまりないという状況ではほとんど速度は変わりません。

「必ず」通信速度が速くなるわけではないので注意しましょう。

ぷららv6エクスプレスは基本的に申込不要

では期待のぷららv6エクスプレスを使うためにはどうすればいいのか。
基本的には申込不要で使う事ができるようです。

まあこの「申込不要」というのは新規でぷらら光に加入するユーザーということで
現在すでにぷらら光の契約をしている場合には申し込みが必要です。

特にぷららv6エクスプレスのサービス以前から契約しているユーザーは間違いなく
申し込みが必要になるはずです。

一応NTTが行っているサービスも使うので、実際に申込みをする時には色々と
条件が決まっているのですが・・・

基本的にNTTへの申込みなどは全てplalaが代理で行ってくれます。
ユーザーはぷららv6エクスプレスの申し込みをするだけで大丈夫です。

ただしサービスを利用するためには機材を用意する必要があります。
それが対応のWi-Fiルーターです。

ぷららv6エクスプレス対応ルーターは無料レンタルできる

基本的にIPv6方式の通信をするためにはパススルーという機能がついた
Wi-Fiルーターが必要です。

ただぷららv6エクスプレスの場合は市販のWi-FiルーターではIOデータ社の
製品1つしか動作確認がされていません。

他にはドコモ光で使えるWi-Fiルーターが動作確認されているだけです。
それ以外のWi-Fiルーターでは接続できない可能性もあります。

ただしぷらら光に新規加入した場合にはWi-Fiルーターの無料レンタルがあり
当然対応したWi-Fiルーターをレンタルすることができます。

それに市販品ではなく、ひかり電話を使うためのホームゲートウェイでも
IPv6方式の通信を利用するための機能があります。

まあホームゲートウェイを借りるためにはひかり電話への加入が必要なので
ひかり電話が必要ないならぷらら光の無料レンタルのほうがおすすめです。

動作確認されているWi-Fiルーターはぷらら光の公式サイトで確認することが出来ます。
購入を考えているならそちらを確認してからにしましょう。

ぷらら光以外の光回線サービスも考えてみる

ぷらら光にはIPv6方式の通信サービスもあるので通信速度に関してはそれほど
期待が出来ないという訳でもありません。

ただやはりぷらら光というかフレッツ光での通信に不満が残るという方もいるはずです。
そんな場合にはぷらら光以外の光回線も考えてみましょう。

以前はフレッツ光以外に光回線という選択肢はありませんでしたが、最近では
地方電力系の光回線サービスもかなり多くなっています。

こちらは独自回線を使っているのでユーザーの混雑はフレッツ光よりも少なくなり
快適な通信速度でネットが出来る時間が増える可能性もあります。

そもそも地方電力系の光回線はその地方のユーザー以外契約が出来ないので
全国的な回線よりもサービスが充実しているという場合もあります。

特に地域密着型のサービスならサポートダイヤルなどの対応も素早いので
トラブルの時には相談しやすいというメリットも。

そんなぷらら光以外の光回線サービスについても調べてみます。

通信速度で考えるならNURO光がかなり期待できる

フレッツ光の通信速度は理論上最速で下り1Gbpsとなっています。
まあ当然ですがこんな速度が出ることはありませんが。

ただ最高速度が速ければ実際に使う時の通信速度も早くなる可能性は高いです。
最高速度が高い海鮮を選ぶことに問題はないと思います。

そこで最高速度で光回線を調べてみるとNURO光というサービスが注目で
最高速度は下り2Gbpsです。

またこれ以上の最高速度のサービスもすでに一部で実施されているようで
下り最速5Gbpsや10Gbpsという地域もあります。

宣伝でも世界最速と言っているのは間違いではありません。
最高速度だけを考えるならかなり快適に使えるおすすめ回線ということになります。

ただしNURO光は対応地域の問題が大きく、現状首都圏と一部の地域のみで
契約が出来るという状況です。

一部地域というのは中部地方と関西地方で、この地方全てで契約できるわけでもなく
かなり地域を選ぶサービスとなっています。

利用可能地域ならおすすめできるのですが、全国対応ではないのでちょっと
微妙な感じです。

ブラックファイバーを使うauひかりも通信速度は速い

もう一つ、こちらは一応全国対応の光回線がauひかりというサービスです。
こちらも下り最速2Gbpsなのでフレッツ光よりも高速通信が期待できます。

元々auひかりではフレッツ光で使っていない光回線、点検や予備として設置された
使われていない光回線を使ったサービスを提供しています。

基本的にフレッツ光と同じ回線なので全国対応で、しかも使われていない回線を
通信に使うので混雑が少ないというメリットもあります。

ただし当然ですが光回線は必ず最高速度近くの通信速度でいつでも通信ができる
という訳ではありません。

ぷらら光からauひかりに乗り換えても通信速度が上がるという保証はありません。
乗り換え自体は自己責任でお願いします。

ぷらら光は安くていつでも解約できるけど口コミ評価は良くない

通信速度に関してはIPv6方式を使うことでそれほど気にならないと思いますが
ぷらら光の口コミを見るとそれだけではないトラブルも多いようで。

特にサポートダイヤル関係のトラブル、というか不満が多く見られました。
つながらない、対応が遅いという不満が特に多いです。

それとぷらら光自体には複数年契約がないので途中解約の違約金はありません。
ただしIP電話のひかり電話は2年契約ということが多いです。

ひかり電話を使おうと思っている人はこちらの契約期間に注意が必要です。

それに光コラボは解約する時に必ず工事が入り撤去作業が必要になります。
解約違約金はないのですが撤去工事費用は必要になります。

IPv6方式のサービスを使えば通信速度に関する不満はなくなると思いますが
それ以外のトラブルも多いので契約する時の説明には十分に注意しましょう。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

ぷらら光の通信速度ってどうなっている? はコメントを受け付けていません。 wifi