制限付きアクセスと出てしまう時の対処方法

自宅でインターネットを使っているとき、スマホやノートPCを使っている時に
「制限付きアクセス」とWi-Fi接続に表示されることはありませんか?

この言葉だけを聞くと、何かの制限でインターネットへの接続が遅くなっている
という印象ですが・・・

全くインターネット接続が出来ないという状況がほとんどです。
この状況を直すためにはどんなことをすればいいのでしょうか。

制限付きアクセスはWi-Fiでの接続ができなくなっている状況

まずは制限付きアクセスについて、使っている端末によっては「制限あり」と出ますが
これはどんな状況なのでしょうか。

簡単に言えばWi-Fiでの接続ができなくなっている状態です。
制限付き、とありますが何かの性能が制限されているわけではありません。

まあ一応インターネット接続が出来ている、という場合もあるようですが基本的には
Wi-Fiでの接続ができない時に端末に表示されています。

Wi-Fiの電波状況を表すマークに「!」や「x」が付いている時があると思います。
この時にWi-Fi状況を確認すると「制限付きアクセス」と書かれているのです。

ではこの制限付きアクセスという状況がどうして起きてしまうのか。
その原因を調べてみましょう。

制限付きアクセスになる原因は色々と考えられる

制限付きアクセスはWi-Fiの接続状況がおかしくなるっている状態です。
ではWi-Fiがおかしくなる原因はどこにあるのでしょうか。

はっきり言えばWi-Fiの不調の原因にはかなり多くのことが考えられます。
単純に機材や端末本体の不調ということも考えられます。

でもそれ以外にもWi-Fiルーターの不調、設定の不具合、電波状況など
かなり多くの原因が考えられるのです。

つまり何が原因で制限付きアクセスになっているのかはすぐにはわかりません。
原因を探して解消する、ということが必要になります。

まあ自分が端末を使っている状況を考えれば、ある程度は原因を絞れると思いますが。
まずは何が原因で電波状況が悪くなっているかを調べてみましょう。

端末本体が原因で制限付きアクセスになっている場合

制限付きアクセス、と出るのは基本的にWi-Fi接続をしているときです。
普段から有線接続でインターネットを使うデスクトップPCでは多分出ません。

考えられるのはノートPCやタブレットPC、スマホをWi-Fi接続でインターネットを
使っている時にネット接続ができなくなるという状況です。

そして使っている本体側にWi-Fiが不安定になる原因がある、ということもあるので
まずはこちらが原因の場合とその解消方法を確認してみます。

固定IPアドレスで他の端末と競合している

仕事で使っている、会社などで使っているノートPCを自宅でも使おうと思った時に
自宅のWi-Fiに接続したら「制限付きアクセス」とでたという人も多いと思います。

これはノートPCのインターネットアクセスのためのIPアドレスが固定になっていて
自宅の他の端末と同じIPアドレスになっている、ということが考えられます。

IPアドレスとはインターネットを使う時に必要な住所のようなもので接続する端末ごとに
番号を割り当てられます。

普通はWi-Fiルーターが自動で他の端末と重ならないように番号を割り振るのですが
企業などの端末ではこれを固定して、特定の番号のみ使っているという端末が多いです。

まあ会社の場合はルーターの数も多いので自動割当だと他のルーターで使っている
IPアドレスと競合してしまうこともあるのでしょう。

会社で使う分には固定IPアドレスでも問題はないのでしょうが、自宅ではその
固定されたIPアドレスが問題になる可能性もあります。

この場合は端末のIPアドレスを固定から自動取得に変更すれば問題なくなるかと。
設定の変更は端末ごとに違うのでそこは各自自分で確認してください。

端末のバッテリーが不足して省電力モードになっている

端末本体が原因と考える場合、もう一つ制限付きアクセスとなってしまう可能性が
本体の省電力モードです。

特にタブレットPCやスマホで多くあるのが、バッテリー残量が少なくなった時に
電力消費をおさえるような設定に変更する機能です。

一定のバッテリー残量以下になると自動で省電力モードに移行するという設定だと
本人も気が付かない間に設定が変わっている場合もあります。

そしてこの省電力モードの場合、Wi-Fiが正常に機能しなくなることも多いのです。
Wi-Fiの電波を受信するのはかなりバッテリー消費が激しいから、セーブしてしまうのです。

ノートPCは比較的バッテリー容量が大きいのでこまめに気をつけていればそれほど
頻繁に省電力モードにならないと思います。

でもタブレットPCやスマホの場合、人によっては毎日充電しないと使えなくなってしまう
という人も多いのでは。

まあ省電力モードが制限付きアクセスの原因なら設定の変更、または充電で簡単に
解消できるので大きな問題ではありませんが。

Wi-Fiルーターが原因で制限付きアクセスになる場合

本体が原因で制限付きアクセスになる、という状況はわかってもらえたと思います。
でも当然この原因が全てではありません。

端末本体の他にもWi-Fiルーターが原因で制限付きアクセスという状況になる可能性も
十分に考えられます。

単純にWi-Fiルーターが壊れてしまっている、ということも当然原因の一つには
考えられるのですが。

それ以外にもWi-Fiルーターが原因と考えられる現象はあります。
故障や破損以外の原因についてもちょっと確認してみましょう。

ルーターのファームウェアが古くなっている

今まで使っていた電波がいきなり繋がらなくなった、という状況の原因には考えにくい
原因ですがWi-Fiルーターのファームウェアが古いとつながらないこともあります。

ファームウェアとは周辺機器を正常に動かすためのプログラムで、基本的には
不具合等に合わせて随時新しいプログラムが無料で配信されています。

新品で購入すれば必ず新しいファームウェアが導入されている、ということでもなく
最新機器でも公式サイトから新しいファームウェアのダウンロードが必要な商品も。

また何かの不具合が起きてWi-Fiルーターが正常に動かなくなった時に、それを
解決できるファームウェアが配信されているという場合もあります。

Wi-Fiルーターに限らず周辺機器の動作が不安定になったら、まずはファームウェアの
更新をしてみるというのもおすすめです。

当然Wi-Fiルーターが制限付きアクセスになってしまった原因も解消できる可能性は
十分にあると思います。

Wi-Fiルーターで使っている電波が古い

現在Wi-Fiで使われている電波の規格はIEEE802.11xというもので、最近は11acです。
この電波規格が古い場合に制限付きアクセスになりやすいという報告もあります。

最新の11acは通信速度も速く、安定した通信ができるのですが以前の規格では
通信速度や安定性が悪くなることも多いのです。

口コミでも11nで制限付きアクセスになりやすかったという意見もありました。
古い電波規格では安定性は悪くなってしまうようです。

このWi-Fi電波の規格を変更するには単純にWi-Fiルーターを新しくする
という方法しかありません。

古いWi-Fiルーターにアンテナを増設して最新規格の電波を受信できるようにする
という改造はありません。

まあ今後もWi-Fiを使った端末のインターネット接続は使うと思いますので
Wi-Fiルーターの買い替えを考えてもいいのではないでしょうか。

電波の状況が悪くなって制限付きアクセスになることもある

端末とWi-Fiルーター本体のどちらが原因とも言えない状況も考えられます。
それが電波の状況が悪くなっているということです。

よく言われることですがWi-Fiの2.4Ghz周波数帯の電波は電化製品と電波干渉を
起こしやすいのです。

有名なところでは電子レンジをWi-Fiルーターの近くで使うと電波が全く届かず
インターネット接続が断線されるということです。

最近のWi-Fiルーターでは2.4Ghzと5Ghzの両方の周波数帯が使える商品が多いので
電波干渉しにくい5Ghzの電波を使うというのもおすすめの方法です。

ただし大きな道路の近くでは長距離トラックが使う無線電波が原因でWi-Fiルーターが
不安定になるということも多いそうで。

同じ様に近くにアマチュア無線を使っている人がいると、やはり電波干渉がおきて
Wi-Fiが安定しないという話も聞きます。

電化製品の電波干渉はWi-Fiルーターの設置場所などでも解消できるのですが・・・
周囲の電波状況の把握というのはちょっと難しいところです。

二重ルーター状態でIPアドレスが競合してしまう場合もある

これもどっちかと言えばWi-Fiルーターが原因という感じですが、いわゆる
二重ルーターになっているとインターネット接続ができなくなることがあります。

二重ルーターとはルーター機能がある機材をつなげてしまっている状態のことで
単純に言えばWi-Fiルーターを繋げている状態です。

ルーターにはインターネット接続に必要なIPアドレスの割り振りという機能があり
それを同じ回線で2台が同時に行ってしまっているという状況です。

普段はあまり気にせずに使える、ということも多いのですがIPアドレスの取得で
他のルーターがすでに使っている番号を割り当てられるとネット接続が出来ません。

この場合は後から接続したルーターをAPモード、もしくはブリッジモードにすれば
問題が解消するはずです。

まずはWi-Fiルーターと端末の再起動がおすすめ

制限付きアクセスになってしまった場合の原因と解決方法を調べてみました。
でも私がまずおすすめするのは端末とWi-Fiルーターの再起動です。

特に端末はちょっとしたことで設定が変わってしまう精密機器なので
変わった設定をもとに戻すために一度再起動をしてみるのがおすすめです。

同じようにWi-Fiルーターも単純に少し設定が変わってしまっただけなら再起動で
設定を戻すことが出来るかもしれません。

Wi-Fiルーターの場合は機種によってリセットボタンが付いています。
これを押すだけで再起動が出来るのでかなり簡単です。

リセットボタンがなくても本体の電源、ACアダプターを抜いてちょっと放置しておけば
設定がリセットされます。

1分くらい経ってから電源を入れ直せば元通りになっている場合も多いです。
まあそれでも制限付きアクセスが消えないことも当然あります。

タブレットPCやスマホは電源を切らずにスリープモードで使っている人も多いので
定期的に電源を切って再起動させることもおすすめです。

制限付きアクセスの予防だけではなく、安定して端末を使えるようになるので
たまに端末の再起動をしてみてください。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

制限付きアクセスと出てしまう時の対処方法 はコメントを受け付けていません。 wifi