二重ルーターって何か悪い状態になる?

パソコンがインターネットに接続できなくなった時に詳しい人に話を聞くと
二重ルーターになっていないか、と言われることがあります。

詳しく聞くとインターネット接続の設定でおかしくなっている場合に二重ルーター
という状態になっていることがあるとか。

では二重ルーターの状態になっていることでどんな事が起きるのでしょうか。

二重ルーターとはルーター機能を持つ機材同士が繋がれていること

まず二重ルーターとはどんな状態なのかを確認してみます。
言葉通りの意味ならルーターが二重になっていることですが。

ルーターは簡単に言うとインターネット回線を複数に分配して使えるようにする機材
ということになります。

まあ詳しく言えば違うのですが、専門的なことはあまり意味がないと思うので
こんな印象で大丈夫です。

固定回線の光回線にルーターをつけると、複数のパソコンが一緒にインターネットを
使う事が出来るようになります。

つなげるのがWi-Fiルーターなら無線LANのWi-Fiを使える端末も同時に
インターネットを使えるようになります。

そしてこのルーターが2台繋がれている状態のことを二重ルーターといいます。
ルーターにルーターを接続しているという状態です。

でもこの二重ルーターと言う状態がなぜインターネット接続ができなくなる原因
と考えられるのでしょうか。

二重ルーター状態の不具合等についても調べてみます。

場合によっては二重ルーターでも問題なく使える

最初に言ってしまうと二重ルーターでも問題なく使える場合は多いです。
人によってはわざと二重ルーターにしているという人もいると思います。

二重ルーターにするとインターネット接続ができなくなる、というのは
ルーターで割り振られたIPアドレスが重なっている場合のみです。

インターネット接続する時に接続者を特定するためにIPアドレスという
住所のようなものを設定します。

このIPアドレスは各端末で必要なのでルーターで更に仮のIPアドレスを
端末ごとに振り分けています。

二重ルーターにするとこの仮のIPアドレスが重なってしまうことがあり
重なった端末が判別できなくなってインターネットに接続できなくなります。

つまり重なってしまった場合でも手動で仮のIPアドレスを割り振り直せば
問題なくインターネット接続が出来るようになるのです。

ただし2個目のルーターに接続している端末はインターネット側からの見えなくなり
接続することが出来なくなります。

使い方によってはこの状態がとても大きな問題になります。

二重ルーターではWEBカメラやネットゲームが出来ない

インターネットに接続すると、ここを通って色々なところにいくことが出来ます。
外出先から自宅のパソコンなどを操作することも出来るのです。

知らない人間がこれをやればパソコンの乗っ取りになるのでセキュリティをかけて
簡単に操作ができないようにするわけですが。

このインターネット側からのアクセスはルーターを通した端末でも出来るのですが
二重ルーター状態だと2個目のルーターに接続している端末が見えないのです。

2個目のルーター自体が端末と判断されるので、その端末の先に別の端末がある
という認識が出来なくなります。

つまり外部からの操作ができるWEBカメラが使えなくなります。
また双方向の通信が必要なオンラインゲームも相手の端末がないと判断されます。

外部からの接触を防ぐことが出来る、という高いセキュリティになるのですが
双方向通信の使い方ができなくなる、というデメリットにもなります。

二重ルーター状態だと通信速度が遅くなる可能性が高い

もう一つ二重ルーターのデメリットがあります。
それは通信速度が遅くなる可能性です。

インターネットから情報を得る、インターネットに参加する時にルーターを通ると
IPアドレスの割り振りが行われます。

この時に高速道路と同じ様に料金所での支払いのような速度低下がおきます。
二重ルーター状態なら速度低下が2回おきるということになります。

まあ通信速度で考えるならほとんど実感できないくらいの違いになりますが
状況によってははっきりと分かるくらいに遅くなる可能性はあるのです。

通信速度を気にするという方は増設した方のWi-Fiルーターを使わないほうが
いいと思います。

二重ルーターになってしまう状況は色々と考えられる

オンラインゲームやWEBカメラの利用を考えると使わないほうが便利な
二重ルーターですが、これを狙って設置している人は少ないと思います。

多くの場合は「思わず二重ルーターになってしまった」という方ではないかと。
では二重ルーターになってしまうというのはどんな状況なのでしょうか。

まあ望んで二重ルーターにしたい、という方にもこんな方法があるという感じで
解説することにもなるのですが。

実際にどんな時に二重ルーターになるのか、その状況を考えてみましょう。

Wi-Fiルーターを複数増設した時に二重ルーターになる

わかりやすいのはルーターを使っていて更にルーターを設置した場合。
例えば普通のルーターを使っていて、それにWi-Fiルーターを設置するなどです。

以前ならパソコンはもちろんプリンターなどもWi-Fiに対応していないので
全て有線接続をしていました。

その後で新しくWi-Fiルーターを導入する時に、以前のルーターをそのまま使って
新しくWi-Fiルーターを増設してしまうと二重ルーターという状態になります。

使っていたルーターをWi-Fiルーターと入れ替えればいいのですが、接続可能端末数や
設定の関係で簡単に入れ替えればいいという訳でもありません。

単純にWi-Fiを使いたいだけならWi-Fiルーターを増設してしまったほうが楽なのですが
そのままつないでしまえば二重ルーターの状態になってしまいます。

回線会社からホームゲートウェイをレンタルした時にWi-Fiルーターをつなぐ

光回線を契約した時に一緒にひかり電話も契約すると、光回線をインターネットと
電話で利用できるように同時接続が出来る機材をレンタルします。

NTTの場合はホームゲートウェイ、HGWという機材をレンタルできるのですが
これにルーター機能がついています。

ただし機種によってはWi-Fi機能がない、追加機能でWi-Fiを装着できないので
新しくWi-Fiルーターを導入すると二重ルーターという状態になります。

まあホームゲートウェイにWi-Fi機能があったとしても、性能が悪いことも多く
最新のWi-Fiルーターで快適に使いたいという人も多いはずです。

そんな時にはやはりWi-Fiルーターの増設が必要で、二重ルーターという状態に。
ひかり電話も使っているならこの状態は多いかもしれません。

二重ルーターを解消する方法もある

二重ルーター状態でもとりあえず問題がない、あまり気にしないというなら
解消する必要はない、と私は思います。

でもオンラインゲームをしたい、WEBカメラの利用も考えているというなら
二重ルーター状態は解消したほうがいいです。

ただ二重ルーターになってしまった状況を考えると、多くはWi-Fiルーターの増設で
Wi-Fiをインターネット接続に使わないという選択肢は考えられません。

実際にスマホやタブレットPCでインターネット接続させるならWi-Fi接続というのは
一般的ですし、データ通信容量の節約にもなります。

Wi-Fiルーターを接続しても二重ルーターにならないつなぎ方、というのは
あるのでしょうか。

はっきり言えばあります。
Wi-Fiルーターの設定で二重ルーターにならずに増設することが出来るのです。

Wi-Fiルーターをブリッジモード、APモードで接続する

最新のWi-Fiルーターには間違いなくモード切り替えという機能があります。
ルーター本体の背面などにスイッチがある、という本体も多くなっています。

パソコンなどで設定を変更しなければいけないという場合もありますが、ほとんどの
Wi-Fiルーターにはモード切り替え機能がついています。

このモード切り替えというのがWi-Fiルーターのルーター機能を切り替えるもので
ブリッジモードやAPモードではルーター機能を使いません。

つまりルーターに接続する場合、ルーター機能を使わなければ二重ルーター
という状態になりません。

この設定一つで二重ルーターの解消は簡単にできるのです。
まあ周辺機器の設定は意外に難しいという印象がとても強いのですが。

Wi-Fiルーターを二重ルーターにする場合は電波干渉にも気をつける

例えばレンタルしたホームゲートウェイにWi-Fi機能がついていて、その機能を
使わずにWi-Fiルーターを増設したいと考えた場合にちょっと注意点があります。

元々ホームゲートウェイにWi-Fi機能が付いていて、その近くでWi-Fiルーターを
使うと電波干渉を起こしてしまうことがあります。

まあ普通に同じ周波数帯の電波を使っているので、電波が拾いにくくなってしまう
という状況は考えやすいと思います。

これを防ぐためにはある程度Wi-Fiルーター同士を離せばいいのですが・・・
ホームゲートウェイとルーターはどうしても近くに置くことが多いです。

こんな時には使わない方のWi-Fiを停止させましょう。
ホームゲートウェイのWi-Fi機能はOFF出来る場合が多いです。

また機種によってはホームゲートウェイにWi-Fiカードを装着して使うので
その機種ならカードを抜いてしまえば問題ありません。

逆にホームゲートウェイのWi-Fi機能を使うつもりならWi-Fiルーターを使わずに
スイッチングハブをつけてLANポートの増設をしましょう。

元々ホームゲートウェイにもLANポートは複数あるので、足りなくなることは
少ないと思うのですが。

どちらもWi-Fi機能がある二重ルーターを考えている時には設置する位置にも注意して
電波干渉がおきないようにしましょう。

基本的には二重ルーターにならないように設置するのがおすすめ

外部からの遠隔操作や双方向通信を考えないなら二重ルーターと言う状態は
セキュリティ的にそれほど危険なことではありません。

まあIPアドレスが競合することもあるので設定などを自分で出来る人以外は
あまりおすすめできる状況ではない、というのも正直なところですが。

気が付かない間に二重ルーターになっていて、それで今まで使えたというなら
あまり気にすることはないのかもしれません。

ただ将来的なことを考えると二重ルーターを解消しておいたほうが拡張性もあり
突発的なトラブルにもなりにくいです。

基本的には後から増設したWi-Fiルーターの設定を変えるだけで簡単に解消できるのが
二重ルーターです。

Wi-Fiルーターの機種によっては設定変更が面倒なものもありますが、基本的には
簡単なので是非自分で設定変更をやってみましょう。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

二重ルーターって何か悪い状態になる? はコメントを受け付けていません。 wifi