光コンセントって何?あると便利?

光回線の契約をする時にオペレーターから光コンセントについて聞かれたという人は
多いと思います。

でもこの光コンセントについて詳しく知っている、という人は案外少ないかも。
まあインターネットを使っていなければ絶対に知らないと思いますが。

特に賃貸物件では知っていると便利な光コンセントについて、ちょっと確認して
調べてみることにしました。

光コンセントは光回線を使うために必要な設備

まずは簡単に光コンセントについて調べてみました。
光コンセントとは光回線を使うために必要な設備の一つです。

電気のコンセントと同じ様に設置されていることもあるので、光回線のための
コンセントということで光コンセントと呼ばれています。

実際に物件によっては電気のコンセントと同じところに配置されている場合もあります。
当然別のところに設置されている物件もあります。

設置されている場所が違うので光コンセントの形状も違うことが多いのですが
差込み口の形状は同じです。

また差込口が電気や電話線と同じ様にコンセントに対して垂直に差し込むタイプも
あるのですが、壁に沿って縦に差し込むというタイプもあります。

形も色々とあるのでわかりにくいのですが、光コンセントには必ず「光」の文字が
書かれているのでそれを見て判断することがおすすめです。

電話のモジュラージャックなど壁に差し込むタイムの回線は色々あるので
光コンセントにはちゃんと「光」や「光SC」という目印が書いてあります。

ちなみにSCというのは光コンセントのケーブル差込み口の形状のことです。
まあ「光」の文字が書いてあるコンセントが光コンセント、で間違いありません。

光コンセントは基本的にNTTの光回線を使ったインターネット契約で設置される

では光コンセントとはどんなものなのか。
簡単に言えば光回線を使うために自宅に設置する装置、というのは説明しました。

光回線とは光ファイバーケーブルを使ったインターネット接続回線のことで
この光回線を使うために自宅に設置される設備が光コンセントです。

そしてこの光コンセントは基本的にNTTの光回線サービスを契約したときに設置される
ということが多いです。

現在では光回線のインターネット接続回線サービスはかなり多くあります。
NTTのフレッツ光以外にも光ケーブルを使ってサービス提供しているところはあります。

最近では地方電力が光回線を設置して、それでサービス提供しているところ多くなり
価格の安さや通信回線の安定性などもあって注目されています。

こちらでは光コンセントを設置せずに変換装置のONUに直接光回線を接続する
ということもあるとか。

では光コンセントを設置するのは光回線への申し込みをしたときなのでしょうか。
集合住宅の光コンセントを確認してみましょう。

集合住宅は光コンセントの対応がバラバラ

特に賃貸住宅の場合は前にその部屋を借りていた人が光回線を使っていた時に
光コンセントがそのまま残されている、ということもあります。

また新築マンションなどを購入したときに、壁に電気の差込口と一緒に光回線の
差込口がつけられている多機能タイプのコンセントがあるという場合も。

まず賃貸住宅の場合は光コンセントの設置されている場所が一定ではありません。
電気のコンセントとは違い窓際、特にエアコンダクトの周辺にあるということも多いです。

これは建物ができた後に光コンセントを付けたので、壁に穴を開けずに設置するために
すでに空いているエアコンダクトを使って光回線を引き込んでいるからです。

そして賃貸の場合は原状復帰が基本ですが、光回線の設備に関しては大家さんなどが
部屋をアップグレードした設備と考えて撤去を求めないことも多いのです。

NTTが設置した光コンセントなら建物がフレッツ光に加入している限り使い続ける
ということが出来ます。

次に入居した人が光回線を使う場合に光コンセントの設置工事を負担せずに済む
というのはやはり魅力的になると思います。

また最初からインターネット回線の加入を考えて作られている新築マンションなら
壁に光回線を設置して、各部屋で使えるように光コンセントを作っていることも。

この様に集合住宅の場合はそれぞれで光回線に対する対応が違うので、どうなっているか
ほとんどの場合わからないということが多いです。

光コンセントがあれば設置工事費が変わる可能性もある

光コンセントがある場合、光回線の設置工事に違いが出ることもあります。
先程説明した賃貸に光コンセントがある魅力はこの工事費の違いです。

光コンセントがすでに設置されていれば回線の引き込み工事をする必要がなくなり
工事の手順が少なくなるので工事費用が大きく減ることになります。

具体的には光回線の引き込み工事が必要なくなり、派遣工事が必要なくなります。
後は基地局の切り替え工事になるので工事費が2,000円位になります。

ちなみに派遣工事で光回線設置工事を行うと18,000円くらいしますのでどれだけ
お得になっているかがわかると思います。

ただし光コンセントがあれば必ず工事費が安くなる訳でもありません。
光コンセントが流用できないこともあるからです。

例えば光コラボの申し込みをした時に設置された光コンセントは解約した後に
別の人が別の光コラボを申し込んでも使えないということがあるのです。

光コンセントがあれば必ず安くなる、ということではないのですが
ある場合にはちょっと期待ができるかもしれません。

光コンセントがあってもすぐにインターネットは出来ない

光コンセントは光回線を使うために必要な設備、というのはわかったと思います。
では光コンセントがあればすぐにインターネットが出来るのでしょうか。

これに関してもちょっと複雑なのですが・・・
基本的には光コンセントに回線をつないだだけではインターネットは出来ません。

光コンセントはあくまでも光回線を自宅や室内に引き込むための設備です。
でも回線契約を結ばないと引き込んだ回線を使うことは出来ません。

まあそもそも光回線はそのままパソコンなどにつなぐことが出来ないので
ONUという装置を中継する必要があります。

このONUは回線終端装置というもので、光回線で使われるデータをパソコンでも
読み取りが出来るように変換する装置のことです。

アナログ回線のデータをデジタル回線データに変換するモデムと同じ役割をする
光回線専用機材がONUです。

このONUは市販されていないので光回線提供会社と契約してレンタルする必要があり
これがないとインターネットに接続することが出来ません。

つまり光回線の契約をしなければインターネットを使う事ができないのです。

光コンセントを使わない光回線契約の場合もある

光回線契約をすれば必ず光コンセントの設置があるのか、というのもちょっと違って
特に集合住宅では回線分配方式で光コンセントを使わない場合もあります。

建物には基本的に1つのブロードバンド回線しか設置することが出来ません。
光回線を大家さんが契約したら、借りている人全てが光回線契約出来ます。

ただし建物には光ファイバーケーブルが1本設置されるだけなので、その回線を
部屋で分配してインターネットを使うことになります。

この分配をする方法に光回線を使うなら光コンセントが部屋に設置されますが
電話回線を使うなら光コンセントの設置はありません。

従来から使われている電話回線のモジュラージャックを使って光回線の分配をするので
それを使うことになります。

後は建物全体にLANケーブルを設置して、室内にONUも設置せずに使うという
LAN分配方式というのもあります。

この場合にも光コンセントの設置がされないので、基本的に室内工事もなく派遣が
無いので料金が安くなります。

つまり建物によって光回線をどんなふうに使うのかが違っているのです。
光回線を使っていても光コンセントがないことも多いのです。

光コンセントの撤去は最初に確認をしておく

集合住宅でも戸建てと同じ様に部屋別に光回線の引き込みをするNURO光では
賃貸でも必ず光コンセントの設置があります。

当然フレッツ光でマンションが光分配方式を使っているなら光コンセントが必要で
後付の光コンセントを設置されているという賃貸も多くあります。

これらの場合、賃貸住宅は特に契約終了時に原状回復が原則なので設備の撤去を
求められるということになるのですが・・・

光コンセントの場合は前に入居していた人が残していったということからわかるように
撤去を求められないことも多いのです。

ただ光コンセントをどうするかは、大家さんや管理会社の考え方によって変わるので
必ず残しておけるというわけでもありません。

当然撤去を求められることもありますし、交渉次第で設置したままになるということも。
状況や環境によってもかなり変わってくるのです。

そこで入居時に光回線の契約を考えているなら、その時に大家さんなどに相談をして
光コンセントの設置についても相談しておくことをおすすめします。

場合によっては内見のときなどに光コンセントの有無を確認できることも。
自分で設置しても撤去しなければ更にコストがかかるということもありません。

光コンセントは設置に工事費がかかりますが、撤去時にも工事費がかかります。
撤去がなければこのコストが減らせるのでちょっと負担が軽くなるかもしれません。

光コンセントは必要な設備だけど必須ではない

光コンセントがあれば光回線申込時にもコストが安くなるなどかなり便利です。
ただし賃貸では別の分配方式もあるので必須というわけではありません。

まあ戸建の場合、最近では多くの光回線で必ず光コンセントの設置をしているそうです。
理由は光ファイバーケーブルの破損が少なくなるから。

光コンセントがあればSCケーブルとの接続部分が壊れるということが少なくなって
より安全に光回線が使えるようになります。

外部から引き込んだ光ファイバーケーブルが破損してしまえばケーブルの交換が必要で
その交換費用と工事時間もかなりかかると思います。

そんなリスクを考えるとやはり光コンセントはとても便利なのですが・・・
光コンセントがなければ光回線が使えないという訳でもありません。

ちなみに光コンセントの撤去費用は28,000円くらいかかる場合もあるので
撤去せずに使えるならその方が嬉しいです。

賃貸の場合は特に入居時に光コンセントがあれば便利だと思いますが、それを中心に
部屋を探す必要はないと思います。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

光コンセントって何?あると便利? はコメントを受け付けていません。 wifi