接続先にインターネット接続がありませんと出たときの対処法は?

スマホを使っている時に「接続先にインターネット接続がありません」と表示され
インターネットに接続できなくなったとこはありませんか?

まあ普通はスマホのWi-Fiマークが普段と違っていて、ネット接続をしてもページが
表示されないなどの状況になっていると思います。

このトラブルの原因とその対処方法について確認してみます。

接続先にインターネット接続がありません、はWi-Fi接続だけでネット接続がない

まずは接続先にインターネット接続がありません、という表示はどんな意味なのか。
普通に文面通りのことが起きているのです。

接続先と出るのはWi-Fiでの接続先のことです。
つまり普通はWi-Fiルーター、モバイルルーターという場合もあるかと。

そこまでの接続、Wi-Fiによる接続が出来ている状態でその先のインターネット接続が
無いと言われているのです。

つまりWi-Fi接続は出来ているけどインターネット接続が出来ていない状態という意味で
この表示がされているのです。

まあインターネットにつながらなければ、あまり意味がないと思いますが。
とにかくインターネットへの接続は出来ていないという状況です。

インターネット接続ができない原因は大きく3種類

ではこの表示が出るのはどんなときなのか、
大きく分けると3種類の原因が考えられます。

まずインターネット接続を試した端末自体がおかしい。
スマホやタブレットPCに原因があるという場合が考えられます。

それからインターネット接続に使う機材の故障、Wi-FiルーターやONUなど。
それ以外にもLANケーブルの断線という可能性も考えられます。

後はインターネット接続先の問題、プロバイダなどのメンテナンスでネット接続自体が
できない状態ということもあります。

基本的にはそれぞれの原因ごとに対処方法を試してみる、ということになります。

接続先にインターネット接続がありませんはスマホで表示される

ちなみに「接続先にインターネット接続がありません」という表示はスマホで出る
しかもAndroidだけの注意メッセージです。

ノートPCの場合にはインターネットなし等の表示になります。
そしてWi-Fiの接続のところにのみ表示されるメッセージでもあります。

このインターネット接続に失敗している状況、スマホのWi-Fi接続マークにもでますが
ちょっとずつ違っています。

「!」マークがWi-Fiマークに重なって出る場合もありますし、「x」が表示される場合も。
機種やOSによって表示されるマークは違っているようです。

まあどんなマークでもインターネット接続ができていない、という状態を表すマークが
表示されていると思います。

では実際にこのマークが出た時にどんなことをすればいいのか、対処方法を
確認してみます。

Wi-Fiルーターのリセット、電源のONとOFFをしてみる

今まで使っていたWi-Fiがいきなり使えなくなった、という場合に考えられるのは
Wi-Fiルーターの故障です。

完全にWi-Fiルーターが故障している場合にはWi-Fi接続すら出来ていないので
Wi-Fiが大丈夫でネット接続だけ調子が悪いという場合も考えられます。

そこで一度Wi-Fiルーターをリセットしてみる。
本体にリセットボタンがあるならそれを押してみると不具合が解消されることもあります。

リセットボタンがなくても電源を抜いて5分程度放置してから電源を入れ直すと
リセットと同じ効果があります。

電源を切ってすぐに入れ直さないのはルーターによってはレジューム機能、短時間なら
設定などを保存しておける機能があるからです。

1分ぐらい電源を入れなければ設定などもリセットされると思いますが。
基本的に電源ボタンはないのでコンセントからACを引っこ抜きましょう。

ちなみに回線終端装置、ONUの調子が悪いということも考えられます。
Wi-Fiルーターをリセットするなら一緒にONUのリセットもしておきましょう。

単純に周辺装置の調子が悪い程度の問題点ならこのリセット作業だけで
接続先にインターネット接続がありません、という表示は消えるはずです。

接続設定を間違えている可能性もある

いきなり使えなくなった、という訳ではなく新しく購入したWi-Fiルーターに変えた
引っ越しをしたなどの環境が変わった後というなら接続設定を見直してみましょう。

ONUにWi-Fiルーターを繋ぐときにはブリッジモードなど特定の設定をしなければ
インターネットへの接続が出来なくなります。

またIPv6方式を使っていないならWi-Fiルーターにプロバイダの接続設定が必要で
そのパスワードなどが間違っているということも考えられます。

当然引っ越しをした後は同じ機材を使っていても設定の変更は必要ですし、それらを
忘れているとインターネットへの接続が出来ないのは当たり前です。

環境が変わるときにはインターネットの接続設定もきちんと変更をしましょう。
それと機材を会社から持ってきたという場合にも注意が必要です。

ノートPCの設定が会社のネットワークに合わせて設定されている場合もあります。
この場合には普通に家のネットワークに繋ぐことができない可能性も。

Wi-Fi接続で「接続先にインターネット接続がありません」とでても有線接続で
インターネットに繋ぐことが出来る場合もあるのでそちらも試しましょう。

接続する機材に不具合が起きている

スマホは多くの人がスリープモードにしているだけで電源を切っている人は
かなり少ないとおもいます。

スリープモードにしているだけだとスマホのメモリに不要なデータが溜まってしまい
それが誤作動を起こす原因になる場合も。

こちらもWi-Fiルーターと同じ様に電源を入れ直すことで誤作動を解消できる場合も。
一度スマホの電源を切ってみるという方法もおすすめです。

電源を切る前にキャッシュのクリアをしておくという方法もおすすめです。
端末をリセットすることで不具合が解消される場合も多いのです。

スマホの接続設定を見直してみる

後はスマホの場合も接続設定が悪さをしているということも考えられます。
ちょっと専門的なことになりますがIPアドレスやDNSサーバー設定を変更します。

まあ普通はこれらの設定が「自動」となっているはずですが、たまに「固定」という
設定がされている場合もあります。

インターネットの使い方によっては固定にしたいという場合もあるのでしょうが
ネット接続ができなくなったのでは意味がありません。

一度「自動」に変更してインターネット接続を復活されることをおすすめします。

まあ最初からこの辺りの設定を変更していない、という人でも何かが悪さをして
変更されているということもあるので・・・

確認のために一度見てみるというのもおすすめです。

突然切れるなら電波が不安定になっている可能性もある

普段はインターネットを使う事ができているのに急に繋がらなくなって
接続先にインターネット接続がありません、とでてくるという方もいます。

この場合はWi-Fiルーターの電波が弱くなっている、受信しにくくなっている
ということも考えられます。

Wi-Fiの電波は遠くなるほど弱くなり、障害物がある場合にも届きにくくなります。
例えば自宅の1階にWi-Fiルーターがあって2階で受信ができにくいという場合も。

あまりに電波が不安定なら階段の途中に中継機が必要になります。
他にも電波障害が起きているという可能性も考えられます。

Wi-Fiの電波はよく電化製品でも使われている2.4Ghzの周波数帯を使っているので
電波が干渉してしまうということも多いのです。

特に電子レンジを動かすとWi-Fi電波は届きにくくなる、というのは有名です。
電波が届かなければ「接続先にインターネット接続がありません」と表示されます。

この場合はWi-Fiルーターで使う電波を他にあまり使われていない5Ghzにしましょう。
対応していないWi-Fiルーターなら思い切って買い換えるのもおすすめです。

Wi-Fiを使う場合にはなるべく電波の状態のいいところで使うと通信速度も上がるので
もっとインターネットが使いやすくなると思います。

インターネット接続先の問題でつながらない場合もある

固定回線のパソコンならプロバイダのメンテナンスなどでインターネット自体が使えない
という状態も考えられます。

突発的な接続障害などでモバイルルーターがネット接続できなくなったということも
過去にはありました。

記憶にあるのはWiMAX2+というモバイルルーターが豪雨のために電波が届かなくなった
ということがありました。

そして同じ様に以前、ソフトバンクが大規模な通信障害を起こして全くインターネットに
繋がらなくなったということも。

こちら側の機材の問題ではなく、インターネット接続する会社の問題という場合も
考えられます。

こんなふうにこちらの問題じゃなくても「接続先にインターネット接続がありません」と
なってしまうこともあるのです。

まあ固定回線プロバイダなら事前にメールや手紙で連絡が来るはずですし。
突発的な通信障害はちょっと困ってしまいますが・・・

とりあえずインターネットに繋がらない原因にはこちらだけではなく、通信会社や
そちらの機材の問題という場合もあることを覚えておきましょう。

IPアドレス再設定などの方法は詳しい人以外におすすめはしない

一応スマホや通信関係に詳しい人ならIPアドレスの再設定という方法もあります。
ただしこれはあまりおすすめできる方法でもありません。

詳しくない人が接続設定を変更してしまうともとに戻すことも出来ないので
基本的には詳しい人に見てもらうことがおすすめです。

簡単なのはスマホをショップに持っていけばインターネット接続ができない原因が
どこにあるのかはわかると思います。

後はその原因に対処をすれば問題解決ということに。
接続先にインターネット接続がありませんという状態を解消できます。

スマホやインターネットに詳しくない人が一人で解決できる、ということは
実はかなり幸運なことだと思います。

でも私のおすすめとしてはとりあえず全ての端末、機材の電源を切って
入れ直してみることです。

特にWi-FiルーターやONU、スマホなど電源を入れっぱなしで使い続けると
どこかに不具合が出てくるものです。

スマホもスリープ状態ではメモリなどに不要なキャッシュが溜まっていく
ということも考えられます。

それは不具合が起きる原因になるのでできればこまめにスマホの電源を切って
入れ直すことがおすすめです。

Wi-FiルーターやONUをこまめにリセットする必要はありませんが。
動作がおかしくなってきたと思ったら交換する時期なのかもしれません。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

接続先にインターネット接続がありませんと出たときの対処法は? はコメントを受け付けていません。 wifi