ポケットWiFiと無線LANルーターの違い、データ通信容量の制限について

ポケットWiFiって一体どんなもののこと?

こんにちは、いつもありがとうございます。
今日は今注目されているポケットWiFiについて調べてみたいと思います。

スマホなんかを使っていると外出先でもインターネットを使うことは当たり前。
でももっと便利に使いたいならポケットWiFiがいい、なんて聞いたことはありませんか?

詳しく聞いてみるとタブレットPCやノートPCも外出先で使えるようになるのが
ポケットWiFiらしいです。

でもポケットWiFiってなんのこと?
そう思う方はいないでしょうか?

ちょっと調べてみると屋外でモバイル通信を使って複数の端末をネット接続するための
持ち運び可能な無線LANルーターをモバイルルーターといいます。

この中の一つの種類がポケットWiFi、正しくはY! mobileの登録商標だそうで。
ただこれと同じ機能を持つ端末をポケットWiFiと呼ぶ人も多いとか。

つまりモバイルルーター=ポケットWiFiという感じでも通じるということでしょうか。
じゃあ今回はポケットWiFiとはモバイルルーターのことって感じで。

ちなみに無線LANルーターは自宅の固定回線につないで無線LANのWi-Fiを使って
回線を分配するための機械です。

これを持ち運べるようにしたのがポケットWiFiということのようです。

じゃあ小型の無線LANルーターを持って歩けば外出先でもインターネットが出来るか?
これはちょっと違うようですねえ・・・

もうちょっと無線LANルーターとポケットWiFiについて調べてみましょう。

ポケットWiFiと無線LANルーターの違い

まずは無線LANルーターをもう少し詳しく調べてみます。
こちらは契約している固定回線を分配するルーターの1つのこと。

1つの回線を複数の端末で使う時に回線を付け替えるのではなく、最初から回線を
複数に分岐させてそれぞれの端末に接続して使えるようにします。

その分岐させる回線に有線を使わず、無線で分配しているのが無線LANルーター。
つまりこっちは契約している回線に使う据え置きの機械のこと。

そんな無線LANルーターを持ち運べるようにしたのがポケットWiFi。
でも固定回線を持ち運ぶことは出来ないのでこっちは使う回線が変わります。

どこでもつながるインターネット回線、という事でスマホなんかで使っている
モバイル通信に接続して分配するルーターがポケットWiFiです。

つまりポケットWiFiの場合はモバイル通信を使うための契約をする必要があり
契約すれば電波が届く地域ならどこでもネット接続が出来るようになる。

無線LANルーターとポケットWiFiでは使える場所も違うし契約などの
条件も違うことがよくわかったと思います。

これを考えると確かにポケットWiFiはかなり使いやすそうな印象だけど
実際に使うならどんなタイプの端末を選べば使いやすいのか。

今度はポケットWiFiを選ぶための目安なんかも考えてみましょう。

持ち運んで使うか、自宅で使うか

まずはポケットWiFiを使う場所を決めてみましょう。
持ち運んで使うのか?自宅で使うのか?

ポケットWiFiは最初に説明したとおりに持ち運びができる無線LANルーターです。
つまり外出先でもインターネットに接続ができるようになります。

スマホのように端末そのものにインターネット接続機能がない端末をネットに
つなぐためにはかなり便利なのがポケットWiFiです。

最近では持ち運びに便利なようにポケットWiFiの端末もかなり小さくなっています。
これが一般的なポケットWiFiの使い方だと思います。

でもポケットWiFiは電波が届く所ならどこでもネット接続ができます。
それはつまり室内でもネット接続が出来るということ。

使い方によっては室内で固定回線の代わりに使うという方法も。
ポケットWiFiなら回線工事が必要ないのですぐにネット接続が出来るというメリットも。

そしてポケットWiFiの端末の中にも自宅で付けるように据え置き型の端末があります。
こちらはアンテナが大きくなり電波の受信がしやすくなっているという特徴的な端末です。

ちなみに据え置き型の端末はバッテリーではなくコンセントから電源供給するので
屋外で使うのはかなり難しいと思います。

ポケットWiFiの端末は今ではかなり多くの種類が取り扱われているので、まずは自分が
どんな使い方をするのか考えてから選ぶようにしましょう。

モバイル通信のデータ通信容量の制限はどうするか

もう1つ、ポケットWiFiを選ぶときに重要なことがデータ通信容量の制限をどうするか。
モバイル通信には回線独占を防ぐための通信容量の制限があります。

スマホの場合は自分でデータ通信容量を選んでデータ定額パックを契約します。
例えばドコモならデータMパックなら5GB上限で月額5,000円です。

この上限を超えた通信をした場合、通信速度が制限されるというペナルティが
あるので多くの人が通信総量を気にしています。

ポケットWiFiも同じくモバイル通信を使っているのでこのデータ通信容量の上限が
決められています。

ただポケットWiFiの契約プランには月間データ通信容量上限なしというプランも
提供されています。

例えばWiMAX2+で提供されているギガ放題プランは月間データ通信容量の上限が
無いために毎月のデータ通信容量を気にする必要がありません。

まあ直近3日間で10GB使うと速度制限されるので、完全に通信総量を無視できる
というわけじゃないんですが・・・

ちなみにこのギガ放題プラン、月額4,300円位するのでそれなりにコストの負担は
大きいので契約するかはよく考える必要があります。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

ポケットWiFiと無線LANルーターの違い、データ通信容量の制限について はコメントを受け付けていません。 wifi