モバイルWi-Fiルーターを家で使うために契約するならどれを選ぶ?

家の固定回線の代わりにモバイルWi-Fiルーターを使えない?
そう思ったことはありませんか?

スマホを使っていて、その節約のためにWi-Fiを使いたい。
でも固定回線を申し込むのは面倒だし、月額料金も高くなる。

それならモバイルWi-Fiルーターで全てのインターネットを行ってしまえば
月額料金の節約にもなるのでは?

実際に家でも使えるようなモバイルWi-Fiルーターがあるのか探してみましょう。

家でWi-Fiを使うメリットはある?

まず家でWi-Fiを使うことに対するメリットを改めて確認してみましょう。
固定回線にWi-Fiルーターを接続すれば色々な端末を簡単にネット接続できます。

例えばスマホを自宅の固定回線にWi-Fi接続すれば、ネットをするのに使う回線を
モバイル通信ではなく自宅の固定回線にすることが出来ます。

モバイル通信を使わなければ契約しているデータ定額パックを消費せずにネットが出来る。
つまりパケ代の節約ということになります。

スマホ以外にもタブレットPCや携帯ゲーム機を持っているならそれらをネットに
つなぐことも出来るようになります。

まあ電波回線なので端末の設定が必要ですがかなり手軽に色々な端末をネット接続できる
と言うのは大きな魅力でもあります。

ではこのWi-FiをモバイルWi-Fiルーターにするメリットも調べてみましょう。

モバイルWi-Fiルーターを家で使うことのメリットとは?

モバイルWi-Fiルーターはその名前の通り、持ち運びが出来るWi-Fiルーターです。
複数の端末を無線LANで同時にネット接続できるように回線分配をしています。

通常のWi-Fiルーターとの違いは持ち運んで使うために、ルーター本体にネットへの
接続ができる機能を搭載していること。

つまりスマホのようにルーター本体がモバイル通信を使ってネット接続できる
Wi-FiルーターがモバイルWi-Fiルーターです。

外出先で使うことが便利、と言われているこの端末を自宅で使うことのメリットは
どんな所なのでしょうか?

すぐに思いつくのはモバイル通信を使っているので回線設置工事が必要ないこと。
契約して端末を受け取ったらすぐにネット接続させることが出来ます。

最近主流の光回線はインターネット専用回線を自宅に設置する必要があるので
まず回線設置工事が必要です。

集合住宅の場合は管理会社や大家の許可が必要で、すでに回線設置してある場合でも
切り替え工事が必要なのでやはり工事をすることになります。

でもモバイルWi-Fiルーターを使えばこの工事の必要がなく、すぐにネットが出来る
というのはかなり大きな魅力です。

賃貸住宅で壁に傷をつけることが出来ない、すでに他の光回線があるので好みの回線を
使うことが出来ないという問題も解消されます。

それに引っ越しをしてもモバイルWi-Fiルーターなら解約せずに使い続けることが出来る
というのも大きなメリットになると思います。

WiMAXは家で使う回線として使いやすい?

では実際にどんなモバイルWi-Fiルーターを使えばいいのか。
口コミを調べてみるとWiMAXという回線は固定改正ンの代わりになるという意見が。

そこでこのWiMAXについてちょっと調べてみることにしました。
WiMAXは独自回線を使ったモバイルWi-Fiルーターのサービスです。

スマホで使っているのは900Mhlz以上の低周波数帯、プラチナバンドと言われる電波で
その特徴として障害物を避けやすく直進性能が高いという性質があります。

これとは別に独自の高周波数帯電波を使ったモバイルWi-Fiルーターサービスが
WiMAXという回線で、今では多くのプロバイダから提供されています。

特徴を確認してみると2.4Ghlz以上の高周波数帯電波を使っているので一度に運べる
情報量が多く、通信速度が高いという特徴がありました。

伝播自体の速度は変わらないのですが一度に多くの情報を運べる高周波数帯電波は
通信出来る情報量が多いので通信速度が高い、という事になります。

実際にWiMAXの最新端末では下り最速708Mbpsというかなりの高速通信が出来ます。
これは光回線にも見劣りしない通信速度です。

それに独自の電波回線を使っているのでスマホの4G/LTEに比べるとユーザー数が
それほど多くありません。

その為に利用可能地域全域で月間データ通信容量上限なしというプランの提供が
行われているのも大きな魅力です。

モバイル通信ですが光回線のように通信量を気にせずに使えるので、口コミでは
固定回線の代わりに使えると評判のようです。

実際にWiMAXは家の中で使いやすい?

では実際にWiMAXを使えば家の中でも問題なくネットが出来るのでしょうか?
これに関してはちょっと問題がある、と思います。

実は高周波数帯電波は特徴の1つに障害物で反射しやすい、と言うものがあります。
つまり障害物に当たると反射してしまうので電波が届きにくいのです。

特に壁や天井に囲まれている室内では電波がかなり届きにくくなります。
電波の安定性がなくなれば、メリットの高速通信も出来ません。

それどころか状況によっては電波が届かず回線がつながらない、すぐに断線してしまう
ということも考えられるのです。

まあ実際私も一時期WiMAXのルーターを使っていたのですが、たしかに室内では
かなり電波が安定しませんでした。

端末を窓際においておくなどちょっとした工夫が必要で、それでも家の中で使うと
かなり安定性が悪いという印象が残りました。

それにWiMAXは現在対応している地域がスマホより狭く、場所によってはまだ
対応していないという地域もあります。

地方都市や山間部では電波が届きにくく、周囲の状況によっては対応地域内でも
電波が届かないということもありました。

たしかに高速通信が出来て月間データ容量の上限なしというプランはとても魅力的で
自宅での固定回線の代わりになりそうです。

でも電波の安定性を考えると私としてはあまりおすすめできません。

スマホのLTEを使ったモバイルWi-Fiルーターは使いやすい?

室内での安定性を考えると障害物に強いLTE回線を使ったモバイルWi-Fiルーター
という事になりそうです。

こちらの回線は大手キャリアのスマホでも使っている回線なので、大手キャリアから
モバイルWi-Fiルーターサービスを契約すれば使うことが出来ます。

実際にスマホを家で使っていてもわかるように、かなり安定して使えるのが
とても大きな魅力です。

では大手キャリアでモバイルWi-Fiルーターを申込んだ場合、どれくらいの料金で
使うことが出来るのか確認してみましょう。

今回はドコモのモバイルWi-Fiルーターサービスを見てみます。
ドコモの場合は契約がスマホと同じ料金体系になっていました。

モバイルWi-Fiルーターの場合でも基本料金+プロバイダ料金+データ定額パックを
組み合わせて契約するという形です。

ルータープランは基本料金が1,200円、プロバイダ料金は200円でした。
データ定額パックはスマホで使っているものと同じデータパックを使います。

2GBが上限のデータSパックは月額3,500円、大容量のウルトラデータLパックなら
月額6,000円です。

つまり2GB上限の契約なら月額4,900円という事に。
これはちょっと高いという印象ですねえ・・・

ポケットWiFiの上限なしプランは使いやすい?

キャリアで契約するとかなり高いので他にLTEを使ったモバイルWi-Fiルーターが
提供されていないか探してみました。

ソフトバンクの系列会社、Y! mobileで提供しているのがポケットWiFiという
モバイルWi-Fiルーターサービスです。

こちらはイーモバイルとソフトバンクの4G/LTE回線が使えるルーターなので
対応地域はとても広くLTEなので室内でも安定しています。

それに最新端末を使えば月間データ通信容量の上限なし、というプランも使えます。
上限なしなら固定回線の代わりにすることも出来るのでしょうか?

調べてみると月間データ通信容量上限なしにできるのはAXGPエリアだけでした。
AXGPエリアは主要都市にのみ設置されている高速通信地域です。

地方都市では使うことが出来ず、対応しているルーター本体をアドバンスモードに
設定するというかなり面倒な手間が必要です。

アドバンスモード自体も有料オプションなので月に600円以上の金額がかかります。
しかも3日間で10GB以上使うと速度制限されるので完全無制限ではありません。

WiMAXでも3日間で10GB使えば速度制限されましたが、あちらは5Mbpsに制限。
ポケットWiFiは128Kbpsまで制限されるのでかなり厳しい状況になります。

対応地域自体は広いのですが無制限になる地域は狭く、完全無制限ではないという
ちょっと使いにくいサービスでした。

ポケットWiFiの最安値プランはお得に使える?

ポケットWiFiはY! mobileの他にもYahoo! WiFiからもサービス提供されていました。
こちらでは業界最安値クラスというオトクなプランがありました。

月額1,980円というかなり安い月額料金で使えるプランが提供されています。
モバイルWi-Fiルーターとスマホを併用してもこの料金なら全然負担になりません。

かなり魅力的なプランですが、どんなサービス内容なのでしょうか?
こちらはYahoo! プレミアム会員限定のサービスということがわかりました。

Yahoo! プレミアム会員になるには月額500円がかかります。
つまり実質2,480円になるのですが、それでもやすいと思えました。

ただし月間データ通信容量は5GBが上限なのでメイン回線として使うには
かなり厳しいという感じでした。

ポケットWiFiなら室内でも安定して使えるのですが、上限が5GBしか無いなら
スマホのサブ回線という感じでこれだけでネットが全て出来るという感じはありません。

大容量でお得なLTE回線のモバイルWi-Fiルーターはある?

やはり室内で使うには安定性の高いLTEがいいと思います。
そして大容量のデータ定額パックを使えれば十分に固定回線の代わりになるはず。

そんなモバイルWi-Fiルーターを探していたら、遂に見つけることが出来ました。
それがネクストモバイルのサービスです。

ネクストモバイルではソフトバンク回線をレンタルしてサービス提供をしています。
MVNO、つまり格安SIMと同じようなサービスです。

ただネクストモバイルではSIMカード単体のサービスではなくモバイルWi-Fiルーターを
提供しているのです。

しかも提供しているのは20GBと30GBを上限にした大容量データ定額パックです。
これが月額2,760円と3,490円というかなり安い料金で使うことが出来ます。

MVNOなのであまり余計なサービスがなく、端末を選ぶことも出来ませんが
Yahoo! WiFiの最安値クラスと同じくらいの料金で20GBも使うことが出来るんです!

使っているのはソフトバンクの4G/LTEなので室内でもかなり安定していて
固定回線の代わりに十分浸かるモバイルWi-Fiルーターだと思います。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

モバイルWi-Fiルーターを家で使うために契約するならどれを選ぶ? はコメントを受け付けていません。 wifi