ドコモで契約したポケットWiFiは海外でも使うことが出来る?

海外でドコモのポケットWiFiを使うことが出来る?

海外旅行の時に必要なもの、最近ではインターネット環境も必須と言われています。
当然海外にもインターネット網はあるのですが、そこに接続することができますか?

最近では日本国内でも海外からの旅行者のために無料の公衆無線LANスポットを
設置しようという動きはとても活発になっています。

このような動きからもわかるように海外旅行の時に現地の情報を調べるために
インターネット環境はかなり重要なのです。

特に海外のホテルではインターネット接続サービスがあるのですが、その料金は
かなり高めに設定されているので気軽に使えないという場合も。

それならば自分でインターネットが出来るものを持っていくというのは
出来るのでしょうか?

例えば自分のスマホを持っていって海外でそのまま使うことが出来るのか。
ノートPCなどを使いたい場合はポケットWiFiを持っていっても使えるのか。

まずは大手キャリアのドコモで契約したポケットWiFiが海外でも使えるのか
確認してみることにしましょう。

ドコモの海外パケホーダイなら上限が決まっている

例えば海外で普通に携帯端末を使ってしまった場合、後でかなり高額な
利用料金を請求されるという話を聞くことがあります。

確かに海外通話の場合は国内の料金よりも通話料が高くなるのですが
これはインターネットのデータ通信でも同じなのでしょうか?

ドコモで確認してみると、自分のスマホをそのまま海外で使いたい場合には
ドコモに事前に海外で一定量以上の料金にならないように申し込みが出来ます。

それが海外パケホーダイというサービスです。
2段階定額プランで上限以上の通信料金が発生しません。

24Mまでの通信なら1,980円、使わなければ0円です。
25M以上使っても2,980円でデータ通信の上限はありません。

ドコモに申し込みをすれば使えるのですが、条件としてはドコモのデータ定額パックに
加入していることです。

ただしこれは1日の利用料金で事前にWOLD WINGというサービスの申込みが必要です。
海外に何日滞在するかわかりませんが、1日最大3,000円近くの料金が発生します。

それと1日の規準は現地時間ではなく日本時間で0時を規準にします。
時差が大きな国では朝になってもリセットされていないので注意しましょう。

ポケットWiFiでもこのサービスが使える?

ドコモの説明ではこちらは海外でスマホを使う時、となっていました。
ではポケットWiFiでもこのサービスは使えるのでしょうか?

ドコモのポケットWiFiは基本料金とプロバイダ料金、データ定額パックを
契約するスマホと同じ契約方法です。

つまりドコモの場合はポケットWiFiでもデータ定額パックの契約をしているので
海外パケホーダイも問題なく使えます。

ちなみに1日だけの場合、事前申し込みが必要な海外1dayパケというサービスもあります。
こちらは24時間定額で使えるサービスです。

ただしこちらはアプリの操作が必要なのでポケットWiFiで使うのは難しく
基本的にはスマホ向けのサービスになっています。

それとどちらのサービスも対応している地域が決まっています。
世界の104ヶ国に対応しているサービスです。

この対応している国以外で使えないサービスなので、事前にドコモに確認して
自分が渡航する国が対応しているのか調べておきましょう。

利用料金を考えるとドコモは海外で利用すると高い

ドコモの場合海外1dayパケでも1日980円が最安値です。
地域によって料金が変わるのでヨーロッパで使えば1,500円位かかります。

2段階定額なら使わなければ0円ですが、そんなことはありませんよねえ・・・
1日3,000円近くはやはり高いと思います。

それなら海外で使えるレンタルWiFiルーターを選ぶほうが安くなります。
日本から借りて現地で使えるサービスも最近ではかなり多くなりました。

レンタルルーターの場合は無制限で使えるサービスは厳しいですが
大容量プランを契約しても1日1,000円以下です。

アジア地域なら500円以下で使える国もあり、更にドコモよりも多くの国に
対応しているレンタルルーターも多くあります。

大手のレンタルルーターなら空港で受け取り、空港で返却が出来るので面倒くさい
返却手続きなど必要ありません。

自分の使っているスマホもそのまま使えるので、わざわざドコモで契約や
申し込みをする必要が無いというのも大きなメリットに感じました。

ただしレンタルルーターは本体もレンタルなので突然壊れてしまう可能性も。
故障破損の場合、保険に入っていないとかなり高額な修理費用が請求されます。

レンタルルーターの場合は利用料金と保険料も合わせて考えるようにしましょう。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

ドコモで契約したポケットWiFiは海外でも使うことが出来る? はコメントを受け付けていません。 ドコモのポケットWIFI