WiFi(モバイルルーター)の安い契約が出来るプロバイダはどこ?

モバイルルーターを安く契約するためにはどこを選べばいい?
この疑問は多くの方が持っていると思います。

モバイルルーターを契約したいという方の多くがスマホを安くするために使う
という方で、実際にスマホと2台持ちになる方も多いはずです。

2台持ちの月額料金を考えると安く契約できるモバイルルーターはとても魅力的で
その情報はとても多くの方が欲しがっているはず。

ではどこで契約すれば安くなるのか、色々と考えてみることにしましょう。

普通にモバイルルーターを契約するといくらかかる?

例えばスマホと同じ、大手キャリアでモバイルルーターを契約した場合に
どれくらいの月額料金が必要になるのでしょうか?

携帯キャリアの大手、ドコモでモバイルルーターを契約する時の料金を調べてみました。
ちなみに使えるのはドコモのXi回線なのでかなり広い地域でネット接続ができます。

ドコモでモバイルルーターを契約する場合、契約プランはスマホと同じです。
基本料金とプロバイダ料金にデータ定額パックの料金です。

モバイルルーターの場合は通話がないのでデータ通信専用プランを契約します。
これが月額1,200円です。

プロバイダ料金はモペラUが使えるので月額200円、これにスマホと同じ
データ定額パックの料金という事です。

月間データ容量2GBのデータSパックは月額3,500円、トータルの月額料金は
4,900円という事になります。

普通に考えれば2GBのデータ通信をするのに毎月5,000円近くの料金が必要
と考えるとかなり高い気がしますが・・・

やはり安い料金で契約できるところを探す必要がありそうです。

業界最安値クラスの月額料金で利用できるモバイルルーター

かなり安い月額料金、という事で探してみるとYahoo! WiFiでは業界最安値クラス
というモバイルルーターのプランが提供されていました。

Yahoo! WiFiで提供しているのはポケットWiFiです。
こちらはソフトバンクとイーモバイルの4G/LTEを使ったモバイルルーターです。

業界最安値クラスのプランでは月額1,980円でサービス提供されていました。
金額だけを見ればかなり安い料金で契約できることになります。

ただし契約の条件としてYahoo! プレミアム会員であること。
このプレミアム会員になるには月額500円が必要です。

つまり実際の月額料金は2,480円ですが、これでもかなり安い金額です。
他にデメリットはないのでしょうか?

サービス内容を確認してみると月間データ通信容量が5GBでした。
月に5GB以上のデータ通信を行うと速度制限がかかります。

安いには理由がある、という事でしょうか。
でも月間5GBはかなり厳しい容量で、メインで使うには足りないと思います。

同じポケットWiFiの別のサービスも調べてみることにしました。

月間データ通信容量無制限プランは使える地域が狭い

ポケットWiFiではもう1つ、月間データ通信容量の上限なしになるプランも
提供されていました。

ポケットWiFi提供元のY! mobileではポケットWiFiプラン2にアドバンスオプションを
つければ月間データ通信容量の上限が無くなります。

ポケットWiFiプラン2の月額料金が3,696円で、このまま使えばデータ通信容量は
月に7GBが上限です。

このプランはアドバンスモードに対応している端末が加入できるプランです。
アドバンスモードとはAXGPエリアで上限なしに通信が出来るオプションモードです。

現在ではまだ主要都市にしか設置されていないAXGPエリアですが、こちらの地域で
アドバンスモードにすると月間データ通信容量の上限が無くなります。

まあ3日間に10GB以上の通信をすると速度制限がかかるので完全無制限ではなく
AXGPエリアのみでモード設定をしなければいけないというかなり厳しい条件です。

それにアドバンスモードにするのは有料オプションで、月額684円かかります。
つまりトータルの料金は4,380円で地域限定の無制限ということになります。

ポケットWiFiの対応地域に比べるとAXGPエリアはとても狭いので上限なしで
使える地域はかなり限られてしまいます。

とても使いにくいサービスという感じなのであまりおすすめできません。

無制限に使えるWiMAXは使いやすいモバイルルーター?

月間データ通信容量の上限なしというプランは他でも提供されています。
注目されているのはWiMAXが提供しているギガ放題プランです。

WiMAXはスマホのLTEとは違った独自回線でサービス提供をしている
モバイルルーターで、高速通信が出来ることでも注目されています。

それにポケットWiFiとは違って、対応地域全域でギガ放題プランの
加入が出来るようになっています。

つまりWiMAXが使える地域なら場所を選ばずに月間データ通信容量の
上限なしでネット接続が出来るというわけです。

提供しているプロバイダも多く、大手プロバイダならほとんどのところで
WiMAXの契約が出来るはず。

月額料金も安いプロバイダを選べば月額4,000円を切る金額で
利用できるところもあります。

ポケットWiFiのサービスに比べるとかなり使いやすい印象ですが
本当にWiMAXは使いやすいモバイルルーターなのでしょうか。

もう少し詳しくサービス内容を確認してみます。

WiMAX回線の特徴について詳しく調べてみた

WiMAXは多くのプロバイダから提供されているモバイルルーターですが
そのサービス内容は基本的にプロバイダによって変わります。

月額料金も変わるのですが、基本的には同じ回線を使ったサービスなので
回線の特徴はどこで契約しても変わりません。

ではWiMAX回線はどんな特徴がある回線なのでしょうか。
LTEと違う独自回線のWiMAXは高周波数帯電波を使ったモバイル通信です。

スマホで使っているのは低周波数帯の電波、プラチナバンドと言われる電波です。
こちらの特徴は地表近くを飛んで障害物を避ける性質があること。

高層ビルなどでは厳しいところもありますが、普通の家庭なら問題なく電波が届き
壁や天井に囲まれた室内でも電波が届きやすいという特徴があります。

これに対してWiMAXで使っている高周波数帯電波は一度に運べるデータ量が多く
高速通信が出来るという特徴があります。

電波の速度自体は変わらないのですが、一度に多くのデータを運べるので通信速度が
高くなるという特徴があるのです。

その一方で高周波数帯の電波は障害物で反射しやすいという特徴もあります。
つまり壁や天井に当たると跳ね返ってしまうので室内では電波が届きにくいのです。

高い建物の囲まれた状態でも電波状況が悪くなり、周囲の環境によって安定性が
大きく変わってしまうというデメリットもあります。

室内ではちょっと使いにくいという印象のモバイル通信でした。

WiMAXの月額料金と初期費用を調べてみた

業界最安値クラスの月額料金で利用できるポケットWiFiに比べてWiMAXは
どれくらいの月額料金で利用することが出来るのでしょうか?

WiMAXの特徴でもあるギガ放題プラン、月間データ通信容量制限なしのプランで
月額料金を確認してみました。

WiMAXの最安値として宣伝しているのはGMOとくとくBBというプロバイダでした。
こちらは月額2,170円となっています。

ただしこの金額はかなり多くの特典を利用している場合のみ、しかも2ヶ月間限定という
料金でした。

WiMAXプロバイダの場合、新規加入特典として現金キャッシュバックを行っている
プロバイダが多くあります。

この現金キャッシュバックを全て月額料金に利用した場合の金額として発表しているので
実際の月額料金はもっと高いです。

しかも最初の2ヶ月間だけの割引という特典もあるので後にどんどん月額料金は
高くなっていきます。

GMOとくとくBBの料金を詳しく見てみると通常の月額料金は2年間3,344円で
3年目以降4,263円になります。

これでも月額料金は安いのですがこちらでは2年契約をした場合にこの金額です。
更に途中解約をすると最大19,000円というかなり高額な違約金が必要です。

この様にプロバイダによっては解約時の違約金が高い、初期費用が他より高額
という契約内容の場合もあるので注意しましょう。

WiMAXのキャッシュバックキャンペーンにも注意が必要

もう1つ、WiMAXについて注意することがあります。
それがキャッシュバックキャンペーンを適応させるための手順です。

ネット上の加入代理店ではWiMAXの新規加入者に向けてかなり大きな
キャンペーンを展開しています。

その特典の1つにキャッシュバックがあるのですが、これを適応させる条件が
ちょっと複雑なので注意が必要です。

以前はかなり大きな金額のキャッシュバックの展開もあったのですが、その中には
現金ではなく商品券や独自のポイントでの支払いというところも多くありました。

それと実際にキャッシュバックを受ける事が出来るまでにかなり時間がかかる
例えば使い始めてから半年後にキャッシュバック適応のためのメールが来る場合も。

この半年間の間にプロバイダに申請していたメールアドレスを変更してしまうと
確認メールが届かずにキャッシュバックが適応されないというトラブルも有りました。

現在でも現金キャッシュバックはすぐに適応される所は少なく、振込先の指定メールを
返信しなければキャッシュバックがキャンセルされるのは変わっていません。

キャッシュバック込みで月額料金の割引計算をしているならこの特典利用のための手順を
きちんと確認しておくことが重要です。

使いやすくオトクなのはネクストモバイル

もっと使いやすく、わかりやすいお得なモバイルルーターがないのか探してみました。
色々と調べ見るとソフトバンクのMVNOに面白いサービスがありました。

MVNOとは大手キャリアの回線をレンタルしてサービス提供をしているプロバイダです。
格安SIMでも有名ですが、それをモバイルルーターで行っているところがありました。

それがネクストモバイルのモバイルルーターサービスです。

使っているのはソフトバンク回線なので全国広い地域でネット接続が出来ます。
そして提供しているのが20GBと30GBの大容量データ定額パックです。

モバイルルーター本体を選ぶことが出来ず、他にオプションサービスが殆どないので
サービス自体はかなり淡白です。

でも単純に20GBと30GB使えるモバイルルーター端末が欲しいならかなり使いやすい
サービスになっていました。

しかも月額料金は20GBが2,760円、30GBでも3,490円とかなりお得な金額です。
スマホの同じ要領のデータ定額パックは月額6,000円なのでとても安く感じます。

実際に20GBあればかなり多くのコンテンツを楽しむことができます。
私は動画をよく見るのですが、20GBあれば長時間楽しむことができます。

利用可能地域も広く、使える容量が多いネクストモバイルのサービスなら
かなり安く契約できるので多くの方におすすめできます!



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

WiFi(モバイルルーター)の安い契約が出来るプロバイダはどこ? はコメントを受け付けていません。 wifi