Wi-Fi(モバイルルーター)の契約は未成年でもすることが出来る?

未成年だけどモバイルルーターの契約をしたい!
そんなときにはどうすればいいか考えたことはありますか?

インターネット回線では基本的に回線利用のための契約をします。
しっかりとした契約なので未成年が行うことは難しいと思います。

では未成年はモバイルルーターを使うことは出来ないのでしょうか?
未成年者がモバイルルーターを契約する方法を探してみましょう。

親の承諾があれば未成年者でも契約ができる

インターネット回線は利用契約書にサインをする、普通に契約が必要なものです。
その為に基本的には未成年者がかって位に契約することが出来ません。

キャッチセールスや強引な商法に対する対策として未成年者が親権者に断り無く
勝手に契約した場合には親権者の権利として契約破棄をする事が出来ます。

つまり未成年者は基本的に契約をする場合、親権者の許可を取ることが必要。
これはインターネット回線契約にも言えることなのです。

親に内緒でモバイルルーターの契約をする事は未成年者には出来ません。
でも裏を返せば親の許可があれば未成年者でも契約が出来る、という事です。

つまり親の許諾書を提出すれば契約できるモバイルルーター、プロバイダというのは
探せば見つかります。

実際にモバイルルーターのプロバイダでは回線提供会社のプロバイダUQ WiMAXと
大手プロバイダのBIGLOBEで親権者許諾書を使った契約ができます。

まあ実際に許諾書を書いてもらうだけではなく、親権者の本人確認書類などを
一緒に提出する必要があるのでかなり面倒くさいのですが・・・

ちなみにこの方法だと契約者の名義が申し込みをする未成年者本人になります。
これを受け付けてくれるプロバイダはかなり少ない、という事を覚えておきましょう。

親に契約してもらった端末を借りる

もっと簡単に未成年者がモバイルルーターを利用する方法としては
親にモバイルルーターを契約してもらって、それを借りるという方法。

親の名義でモバイルルーターの契約をしてもらい、支払いも親の口座から。
端末は未成年の子供が持って使うという方法です。

これなら契約自体は親権者が行うので契約上の問題は全くありません。
普通に契約してモバイルルーターを使うことが出来ます。

ちなみに契約者と支払い口座の名義が違うと問題になることもあるので出来れば
支払い口座も申し込みをする人の口座を使わせてもらいましょう。

使い方や月額料金の支払いなどは事前に契約する人と相談をして決めます。
つまりやはり未成年者が勝手に契約することは出来ない、という事ですね。

それと申込用紙は必ず契約する人に書いてもらうようにしましょう。
親の名前を使って子供が契約することは違法です。

ネット上から申し込みをする場合でも必ず本人が一緒にいる状態で申し込みをする
という事に気をつけましょう。

親のクレジットカードで家族カードを作ってもらう

ネットから申し込みが出来るモバイルルーターのプロバイダが多くなっている現在では
月額料金の支払い方法がクレジットカード限定というプロバイダもあります。

クレジットカードなら支払い方法の確定がすぐに出来るというメリっともあるのですが
もう1つ、クレジットカードを持っているということはすでに審査がされているという事。

つまりクレジットカード入手のために行う審査がされている人、という事で
プロバイダ側は金融に関する審査をしなくても信頼できると判断するわけです。

まあインターネット回線料金や電話料金の未払いが無いか、という審査はあるようですが
かなりゆるい審査になります。

そしてこのクレジットカードは家族カードでも大丈夫というプロバイダが多いのです。
家族カードとは支払い元が同じ口座のサブカードのようなものです。

カードの名義は使う本人ですが支払口座は親カードを持つ人の口座です。
当然親カードを持っている人が申し込みをしなければ作ることが出来ません。

家族カードを作ってもらう時点で親の承諾が必要になる、という事です。
家族カードを作ってもらうことが出来ればモバイルルーターの申し込み自体は簡単です。

学生でも作れるクレジットカードを作って契約する

クレジットカードではもう一つ方法があります。
それが学生申込可能、または学生カードを使ってモバイルルーターの契約をする方法です。

クレジットカードには大学生から申し込みが出来るという種類のカードもあります。
または大学生専用に利用可能金額の上限を低くした学生カードを発行しているところも。

つまり未成年でも大学生になって自分でクレジットカードが作れるようになれば
モバイルルーターを契約することができます。

まあモバイルルーターの契約自体は自己責任で行えるのですが、クレジットカードを
作る時にやはり親の許可が必要になります。

こちらの方法でも完全に親に内緒で勝手にモバイルルーターの契約をするということは
出来ません。

未成年者の場合はモバイルルーターの契約か、その申し込みのための手段の入手で
必ず親権者の許可を取ることが必要になるという訳です。

口座振替とクレジットカードはどっちがオススメ?

ちなみにモバイルルーターの支払いはクレジットカードと口座振替では
どちらの方法がオススメなのでしょうか?

モバイルルーターの契約だけを考えるならクレジットカードのほうが便利です。
支払い方法の確定に時間がかからないのですぐにでも契約完了するからです。

実際問題としても現在口座振替に対応しているプロバイダが少なく、申込先を
選ぶことが難しくなっているという状況でもあります。

クレジットカードを持っていない、作れない、使いたくないという理由はあると
思うのですが手間を考えるとやはりクレジットカードはおすすめです。

口座振替の場合は申込用紙の郵送と書類を返送する時間、それに審査や確認の
時間がとても長くかかります。

最低でも支払い方法の確定まで2週間程度、長い場合は1ヶ月かかることも。
その間モバイルルーターを使えない、というプロバイダもあります。

モバイルルーター端末の発送は支払い方法が確定してから、という場合は
確定まで時間が掛かる口座振替には選ぶ理由があまり見当たらなくなります。

プロバイダによっては支払い方法の確定までは請求書での支払いに対応してくれて
契約してからすぐに発送してもらえるところもありますが、余分な手数料がかかります。

モバイルルーターはよほどの理由がない限りクレジットカードの利用をおすすめします。

モバイルルーターはどこで申し込みをするのがいい?

では実際にモバイルルーターを契約するならどこが良いのでしょうか?
まずはどの回線を使ったモバイルルーターにするかを考えてみます。

現状モバイルルーターではLTEとWiMAXという2種類の回線を使ってサービスの
提供を行っています。

LTEはスマホで使っている4G/LTEと同じ回線で、実際にドコモやauに
ソフトバンクからもサービスの提供がされています。

まあauの場合はちょっと違うので外して、ドコモとソフトバンクでは基本的に
スマホと同じプランを使ったサービスの提供になります。

基本料金とプロバイダ料金にデータ定額パックの料金を足したものが
モバイルルーターの月額料金になります。

実はこの場合、月額料金がとても高く2GB上限のモバイルルーター契約でも
月額5,500円というかなりの金額になります。

とても厳しい料金なのでオススメは他のモバイルルーター契約です^^;
月額料金を考えるとポケットWiFiなら安いプランが提供されています。

もう1つのWiMAXは独自回線のモバイルルーターで、月間データ通信容量の
上限なしプランが提供されているという魅力があります。

それぞれのモバイルルーターの特徴を調べてみましょう。

ポケットWiFiは安い月額料金が魅力

ポケットWiFiはソフトバンク回線とイーモバイル回線を使えるルーターで
利用できる地域はソフトバンク回線があるので全国的にとても広くなっています。

基本的にはソフトバンク系列のプロバイダからサービス提供されていて
Yahoo! WiFiとY! mobileから契約することが出来ます。

その中でもYahoo! WiFiでは業界最安値プランとして月額1,980円で契約できる
サービスの提供があります。

使っている回線はソフトバンクの4G/LTEなので全国的にネット接続可能で
室内でも安定した接続ができるというメリットもあります。

月額1,980円プランは実はYahoo! プレミアム会員のみの金額なので実際には
プレミアム会員費用500円が加算されます。

それでも2,480円という月額料金でモバイルルーターが使えるのは魅力なのですが
データ通信容量が5GB上限なのでメイン回線としては厳しいです。

月に5GB以上のデータ通信をすると速度制限がかかり、下り最速128Kbpsまで
通信速度が下げられてしまいます。

スマホで大容量データパックを使っていて、そのサブ回線として使うならこれくらいの
データ容量でも問題ないと思うのですが・・・

もう少し別のサービスを探してみましょう。

ソフトバンクのMVNOなら大容量がお得でオススメ

同じソフトバンクの回線を使ったモバイルルーターサービスがありました。
それがネクストモバイルのモバイルルーターです。

ネクストモバイルはソフトバンク回線をレンタルしてサービス提供している
いわゆるMVNOのモバイルルーターです。

ポケットWiFiと違ってイーモバイル回線が使えないのですが、利用可能地域は
ソフトバンク回線全域が使えるので大きな問題はありません。

そしてネクストモバイルでは提供しているサービスが大容量データ定額パックです。
20GBと30GBが上限のプランを提供しています。

しかもこのプランの月額料金が20GBで2,760円です!
30GBでも3,490円というかなり安い月額料金で利用することが出来るのです。

同じ回線のソフトバンクのスマホなら20GBのデータ定額パックを契約すれば
月額6,000円が必要です。

しかもスマホの場合は基本通話料金プランにプロバイダ料金も必要なので最低でも
月額料金が8,000円になります。

ネクストモバイルなら20GBなら2,760円だけでネット接続が出来るようになります。
比べてみればかなりお得な料金で利用できるのがわかると思います。

20GBあればメイン回線として十分にネット楽しむことができます。
せっかく契約するモバイルルーターを選ぶならネクストモバイルがおすすめです。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

一緒に読まれている関連記事

Wi-Fi(モバイルルーター)の契約は未成年でもすることが出来る? はコメントを受け付けていません。 wifi