Wi-Fi(モバイルルーター)契約なしでできる?無線LANルーターとモバイルルーターの違いって何?

Wi-Fiって何も契約しないでも使うことができるの?
そんな疑問を聞かれたことがあります。

実際にモバイルルーターと言われてもよくわからない、という方も多いのでは?
モバイルルーターって無線LANルーターと何が違うの?

そんな疑問を解消できるように、それぞれの機材の特徴や契約が必要など
詳しく確認してみましょう。

モバイルルーターと無線LANルーターの違いって?

まずはモバイルルーターと無線LANルーターの違いを確認してみます。
基本手には無線LANルーターは自宅の固定回線に接続する分配器です。

ルーターとは一つの回線を複数に分配するための機材、LANと言われている
小さな地域でのネットワークをつなぐためにも利用されている分配器です。

この分配を無線で行うのが無線LANルーター、Wi-Fiルーターとも言われています。
Wi-Fiとは無線LANの規格の1つなので意味的には無線LANと一緒です。

今現在使われている無線LANは多くがインターネットの固定回線を分配するために
設置されているものです。

この無線LANルーターを持ち運んで使えるようにしたのがモバイルルーターです。
固定回線を分配するのではなく、モバイル回線を分配しています。

一般的な無線LANルーターが光回線などの固定回線を分配するために設置されます。
モバイルルーターはそれを持ち運ぶためにルーターがモバイル通信をしています。

スマホを考えてもらえばわかりやすいでしょうか。
モバイルルーターは電源を入れればスマホのようにネット接続が出来るのです。

そしてそのモバイル通信で接続したインターネット回線をWi-Fiを使って他の端末に
分配してネット接続できるようにしているのがモバイルルーターです。

無線LANルーターの利用には基本的には契約が必要ない

ではそれぞれの機械について、契約が必要になるのか考えてみましょう。
まず無線LANルーターの場合ですが、基本的には購入して接続すれば使えます。

まあ基本的なセキュリティや接続する端末ごとの設定は必要ですが、無線LANルーターを
使うことに関しての契約は必要ありません。

電波を使っているとはいえ家庭内でのネットワーク用の電波です。
ローカルエリアのネットワーク構築に参加している人以外の許可は必要ありません。

普通に考えても契約している固定回線を分岐させて使わせてもらうので、回線の契約を
している人の許可をもらえば問題ないかと。

ただしこちらは固定回線を分配するので、当然ですがインターネットに繋がる
固定回線が必要です。

光回線などの契約は別に必要になるので、まずはインターネットの固定回線を
契約していることが大前提になります。

無線LANルーターを使うことに契約は必要ありませんが、無線LANルーターを使える
という状況を作るためには固定回線の契約が必要です。

モバイルルーターを使うには契約が必要

次にモバイルルーターを使う場合ですが、こちらはモバイル通信を行うために
スマホと同様に契約が必要になります。

無線LANルーターの場合はすでに契約している固定回線に接続して使いましたが
モバイルルーターはルーター自体がインターネット回線に接続する機能を持っています。

その為にインターネット接続するための契約をモバイルルーターごとに行う
という必要があるのです。

モバイル回線を使ってインターネット接続するためにモバイルルーターには
スマホと一緒でSIMカードが挿入されています。

SIMカードがなければモバイル通信が出来ないわけで、中古でモバイルルーターの
本体を購入してもSIMカードがないためにネット接続が出来ません。

まあSIMカードのみの契約をすれば安くモバイルルーターが利用できる
ということにもなるのですが・・・

ただしモバイルルーター本体にはSIMカードの取り外しができない端末もあります。
それにモバイルルーターにはSIMカードの契約だけでは使えない機能もあります。

SIMカードのみの契約でモバイルルーターを運用するには多少の知識が必要なので
モバイルルーターを使うなら新規契約することをおすすめします。

無線LANルーターとモバイルルーターはどっちが使いやすい?

まず自宅に固定回線がすでにあるなら契約なしで使える無線LANルーターのほうが
すぐに使えて便利です。

まあ使い方にもよるのですが、単純に自宅でタブレットPCや携帯ゲーム機などを
ネット接続させたいというなら無線LANルーターで十分です。

自宅にいる間はスマホのデータ定額パックを節約したい、という場合にも
無線LANルーターを使うことでデータ定額パックを節約することが出来ます。

ただしこちらは固定回線が設置されていることが前提です。
一人暮らしなどでまだ固定回線がないなら無線LANルーターを購入する意味は無いかと。

一人暮らしなので自宅ではインターネットをあまり使わない、スマホ以外に
タブレットPCなども外出先で使いたいというならモバイルルーターが便利です。

モバイルルーターなら電波が届く地域ならどこでもネット接続が出来ます。
当然室内でも使えるので固定回線をあまり使わないなら代わりにするということも。

これに持ち運びが出来るので、スマホを使う時にも大容量のデータ定額パックを辞めて
モバイルルーターにすれば月額料金が安くなる可能性もあります。

ただしモバイルルーターは回線契約が必要なので、どんなプロバイダと契約するかで
使い方やお得感は大きく変わってしまいます。

無線LANルーターとモバイルルーターはその人のネットの使い方や状況によって
大きく使いやすさが変わってくると思います。

モバイルルーターはどうやって選べばいい?

では次にモバイルルーターを契約する場合の注意点などについて考えてみましょう。
そもそもモバイルルーターには種類があるのでしょうか?

実は現在モバイルルーターで使われている回線には2種類あります。
この回線の特徴がそのままモバイルルーターの特徴になっています。

まず一般的なスマホで使われているのと同じLTEを使っている商品があります。
実際にドコモやソフトバンクの回線を使ったサービスはそれぞれに提供されています。

後LTEを使っているのはイーモバイル回線ですが、これは現在ソフトバンクの
系列会社になっているのでソフトバンク回線も同時に使えます。

それともう1つ、独自の回線を使ったWiMAXというモバイルルーターがあります。
こちらはauと同じ親会社のKDDI傘下の企業が提供しています。

モバイルルーターを選ぶならこのどちらかの回線を使っている端末を選ぶ
という事になるのですが・・・

この2種類の回線にはかなり大きな違いがあり、好みや使い方によってどちらの
回線がいいのかは変わってくると思います。

ではそれぞれの回線の特徴を確認してみることにしましょう。

WiMAXを使ったモバイルルーターの特徴

まずはWiMAXを使っているモバイルルーターの特徴を確認してみます。
こちらは独自の高周波数帯電波を使ったモバイル回線を使っています。

高周波数帯電波は一度に多くのデータを運ぶことが出来るので同じ伝播速度でも
運ぶことが出来るデータ量が大きく変わります。

つまり通信速度が速くなるという特徴があり、独自回線のために混雑もそれほど
大きくなっていないというのが大きな特徴です。

実際にWiMAXでは最新端末を使えば通信速度は下り最速708Mbpsが出せます。
光回線の通信速度に引けを取らない高速通信が出来るという魅力があります。

それに対応地域の全域で月間データ通信容量の上限なしというプランが利用できる
というのも大きな魅力です。

毎月のデータ通信容量を気にすること無くインターネットが出来るのです。
ただし3日間で10GBの通信をすれば速度制限がかかるのですが・・・

完全無制限ではないのですが、それでもヘビーユーザーにはとても魅力的なプランが
提供されているのがWiMAXのモバイルルーターです。

欠点としては高周波数帯の電波の安定性が悪いこと。
障害物で反射するので室内ではかなり電波状況が悪くなります。

建物の奥では最悪の場合、ネット接続ができないという状況もあります。
それに対応地域は人口カバー率94%程度とちょっと狭いのもデメリットです。

対応している地域の確認、更には対応していても周囲の状況によってはつながらない
というかなり安定性に問題があると思えるのがWiMAXでした。

LTEを使ったモバイルルーターの特徴

次にLTEを使ったモバイルルーターの特徴を調べてみましょう。
こちらは基本的にスマホと同じ回線を使っているモバイルルーターです。

実際にソフトバンクとドコモではそれぞれの4G/LTE回線を使ったモバイルルーターを
提供しているのですが、こちらは月額料金が高いので今回は除外します^^;

LTEを使ったモバイルルーターとして一般的なのはポケットWiFiという商品で
こちらはイーモバイルとソフトバンクの4G/LTE回線を使えます。

ソフトバンクの回線が使えるので全国的にかなり広い地域でのネット接続が可能です。
人口カバー率99%はかなり広い地域で使うことが出来る安心感があります。

使っているのが低周波数帯のプラチナバンドの電波なので障害物を避けて進めるので
室内でも安定してネット接続が出来るというメリットもあります。

ただしポケットWiFiでは基本的に月間データ通信容量の上限が7GBなので
固定回線の代わりに使えるほどのデータ容量がありません。

一応上限なしというプランもあるのですが、対応している地域はAXGPエリアのみ。
つまり主要都市にだけ展開されている地域のみで使えるプランという事です。

ポケットWiFiでは業界最安値プランの提供をしているプロバイダもあり
月額1,980円というかなりの安いプランが提供されています。

でもこちらも月間データ通信容量は5GBが上限でそれを超えれば速度制限がかかる
という状況です。

容量が厳しくメインになりにくいのがポケットWiFiでした。

もう1つのLTEを使ったモバイルルーターとは?

実はもう1つ、LTE回線を使ったモバイルルーターのサービスがあります。
それがソフトバンクのMVNO、回線レンタルをして提供しているサービスです。

格安SIMでは大手キャリアの回線をレンタルしてSIM契約のみでのサービス提供を
行っているプロバイダがあります。

これと同じようにソフトバンクの回線をレンタルしてモバイルルーターを
提供しているのがネクストモバイルというところです。

格安SIMと同じで余計なサービスを付けずにオトクな料金でサービス提供しています。
実際に20GBと30GBのプランがそれぞれ2,760円と3,490円で使えるのです。

WiMAXのような月間データ容量無制限ではないのですが20GBあればかなりの大容量で
多くのコンテンツを楽しむことができます。

料金もとても安く、スマホで同じ要領のデータ定額パックを契約すれば月額料金は
6,000円も必要になります。

LTE回線なので安定性も高く、ソフトバンク回線なので広い地域で使えます。
これがお得に使えるネクストモバイルはかなりオススメのモバイルルーターです。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

Wi-Fi(モバイルルーター)契約なしでできる?無線LANルーターとモバイルルーターの違いって何? はコメントを受け付けていません。 wifi