WiFi契約したその日に持ち帰れますか?使えますか?ここで契約するのがオススメ!

Wi-Fiのモバイルルーターって契約すればすぐに使えるようになる?
これ結構わかりにくいですよね?

例えば固定回線なら契約してからも工事が必要で、実際にインターネットを
使えるようになるには時間がかかります。

じゃあWi-Fiを使ったモバイル通信は契約してから端末を持ち帰ってすぐにでも
ネットに接続させることが出来るのでしょうか?

持ち帰ることが出来るところ、すぐに使えるところを確認してみましょう。

モバイルルーターを契約する場合のメリットとは?

まずは簡単にモバイルルーターを契約する場合のメリットを考えてみます。
固定回線よりもモバイルルーターが優れているところとはどこなのでしょうか?

最近では光回線が固定回線の主流ですが、対応地域はとても広くなっています。
そして通信速度もかなり速くなり、下り最速1Gbpsという回線が出来るほどです。

それに対してモバイル通信はどこでも利用できることがメリットです。
電波を使った通信なので固定回線のような回線設置工事が必要ありません。

つまり電波が届く地域ならどこでもすぐにインターネットに接続できる、というのが
最大のメリットになるわけです。

でもモバイル通信は契約すればすぐにでも使えるようになるのでしょうか?
例えばスマホのように契約した当日に持ち帰って使えるのでしょうか。

モバイル通信が契約できるところを詳しく調べてみます。

モバイルルーターの契約が出来るのはどこ?

スマホは電波を使って電話をする他にもインターネットに接続させることができます。
それと固定回線を使っているならWi-Fiルーターを設置して無線LANでつなぐことも。

この無線LANを使ったネットワークで外部接続端末を屋外でもネット接続させるのが
モバイルルーターという端末です。

持ち運びが出来るWi-Fiルーター、テザリング専用のスマホという感じでしょうか。
モバイルルーターは通話ができずにネット接続のみを行う端末です。

ネット接続が出来るのでIP電話を使えば通話もできるのですが^^;
例えばLINEやSkypeなどのアプリを使えば通話も出来るようになります。

このモバイルルーターはモバイル通信を使っているので回線契約が必要です。
つまりスマホのように契約をして使うことになります。

ではどこで契約するのが良いのでしょうか?
契約してすぐに使えるようになるのはどこなのでしょうか?

現在契約できるのは家電量販店、携帯ショップ、ネット上の公式または
代理店サイトというところでしょうか。

ではそれぞれのところで契約したらどうなるのかを考えてみます。

家電量販店で契約した場合の注意点

家電量販店ではスマホと同じようにモバイルルーターも店頭で契約できます。
こちらのメリットは契約してから端末を持ち帰ることが出来ること。

契約や回線開通までに多少時間がかかることもあるのですが、端末購入も
店頭で出来るので契約後は端末を持ち帰ってすぐにネットに接続できます。

元々電波を使った回線なので回線設置工事が必要なく、すぐに使えるというのが
モバイルルーターの大きな魅力です。

その端末を持ち帰ることが出来るので、本当にすぐにネットが出来るというのが
家電量販店の大きなメリットです。

モバイルルーターは大きく分けて2種類の回線を使っているのですが、家電量販店なら
そのどちらの回線も取り扱われていることが多いです。

つまり端末を選んで契約し、すぐにネット接続が出来るということになります。
ただし店舗によっては割引されないどころか割増料金の場合もあります。

例えばパソコン購入と同時にモバイルルーター契約をすればパソコン最大5万円引き!
というキャンペーンを展開していた家電量販店がありました。

かなりお得に見えるのですが、実際はパソコンから割引した金額をモバイルルーターの
月額料金に上乗せして請求しているだけでした。

モバイルルーターの契約がよくわかっていないと変な契約をさせられることが多く
トラブル発生が多いというのが家電量販店の大きなデメリットです。

解約手続きも店舗で出来ないという場合もあり、かなりアフターケアが心配です。

携帯ショップで契約する場合の注意点

携帯ショップでもモバイルルーターの契約ができるところがあります。
こちらの場合も端末の持ち帰りができる可能性が高いのですぐに使いたいなら便利です。

ただし携帯ショップでは取り扱っている端末が決まっています。
そして基本的にはほとんどキャンペーンが利用できません。

例えばWiMAXというモバイルルーター回線があるのですが、こちらの端末を
取り扱っている街の携帯ショップはほとんどありません。

親会社が同じKDDIのauショップなら契約をする事は出来るのですが、自分の
持っているスマホなどがauではない場合にちょっと使いにくいです・・・

大手キャリアではモバイルルーターの契約を行っていますが、スマホと同じ
データ定額パックを使ったサービスの提供なのではっきり言って高いです。

スマホと2台持ちすればトータルの月額料金は軽く1万円を超えるはずなので
かなり大きな負担になります。

ポケットWiFiというモバイルルーターはY! mobileから提供されているので
ショップで契約が出来るのですが、そもそもY! mobileのショップが少ないです。

契約できるショップを探すのがとても大変という印象でした。

ネットで契約する場合の注意点

店頭とは違って持ち帰ることが出来ないので、実際に使えるようになるまで
少し時間がかかるのがネット契約する方法です。

ネット上で契約した場合、契約が終わった時点で端末の発送がされるので
実際に使えるようになるのは3日後くらいでしょうか。

ただしネット上のサイトなら多くのキャンペーンが展開されているので店頭で契約する
という状況より安い月額料金になる可能性は高いです。

それにポケットWiFi、WiMAXともに多くのプロバイダから選んで契約できます。
プロバイダによって月額料金が違うのでここはとても重要な事です。

サービス内容や月額料金を比較して契約が出来るのでじっくりと考えて選ぶことが出来る
というのはとても魅力的です。

ただ、契約にクレジットカードを使わない場合にかなり時間がかかる可能性があります。
口座振替に対応しているプロバイダも最近ではかなり少なくなっています。

そして支払い方法の確定ができないと端末郵送が出来ない、というプロバイダでは
実際に使えるようになるまで1ヶ月程度の時間がかかる可能性が。

クレジットカードを持っていない、使いたくないという場合には選択肢がとても少なく
使い勝手が悪くなってしまうという注意点があります。

LTEを使ったモバイルルーターのメリットとデメリット

ではモバイルルーターの回線にはどちらを選べば良いのでしょうか?
LTEとWiMAXの特徴などを改めて確認してみます。

まずはLTEを使ったモバイルルーターは利用できる地域がとても広いというのが
大きなメリットになります。

キャリアで契約できるモバイルルーターは当然そのキャリアの電波を使えるので
ドコモやソフトバンクなら全国かなり広い地域でネット接続が出来ることになります。

ポケットWiFiもイーモバイル回線と、親会社のソフトバンク回線が使えます。
つまりこちらも全国かなり広い地域でネットが出来るということに。

ただしデメリットとしてはキャリアで契約した場合には月額料金が高いこと。
それにスマホユーザーと同じ回線を使うのでデータ通信総量の制限がきついこと。

ポケットWiFiでは基本的に月間データ通信容量の上限が7GBです。
制限無しで使える地域もあるのですが、全国で見てもかなり狭く一部地域のみです。

キャリアで契約した場合もスマホと同じデータ定額パックを使うので基本的に5GB
大容量データ定額パックなら20GB使えますが月額料金は6,000円です。

データ容量と月額料金のバランスに悩むのがLTEの大きなデメリットです。

WiMAXを使ったモバイルルーターのメリットとデメリット

もう1つの回線、WiMAXは独自の電波を使ったモバイルルーターサービスです。
LTEに比べると回線が混雑していないので対応地域全域で無宣言プランがあります。

月間データ通信容量の上限なしで使えるギガ放題プランが月額4,000円程度で
提供されているのでかなりお得感があります。

LTEのように一部地域のみではないので、かなり使いやすそうに感じます。
でもWiMAXはLTEに比べると対応地域がちょっと狭いというデメリットが。

WiMAXの場合、人口カバー率が94%程度なので地方都市の中には対応していない
という地域もあります。

更に使っている電波が独自の高周波数帯電波なのでLTEと違い障害物に弱く
反射してしまって室内では電波が届かずに安定しません。

私も以前WiMAXのモバイルルーターを使っていたのですが、室内ではかなり
電波の安定性が悪く動画がコマ送りのようになってしまうこともありました。

使い放題プランが有り高速通信も出来るのでかなり期待していたのですが
やはり安定していないモバイルルーターはとても使いにくかったです。

周囲の状況に影響されやすいので対応地域内でも電波が届かないという状況も
起こるので実際に使ってみるまではどうなるのかわかりません。

思った以上に対応地域が狭い、というのがWiMAXを使った感想です。

安定性と容量ならネクストモバイルがオススメ

ここで私がWiMAXから乗り換えたモバイルルーターを紹介したいと思います。
このサービスが思った以上に使いやすかったのでおすすめしたいので^^;

私が使っているのはネクストモバイルのサービスです。
実はこちら、ソフトバンクのMVNO、つまりレンタル回線でのサービスです。

ソフトバンクの回線をレンタルしてモバイルルーターサービスを提供しています。
つまり使っているのはソフトバンクのLTEなので全国かなり広い地域で使えます。

LTEなので室内での安定性も高く、何より大容量データ定額パックをオトクな金額で
使えるというのが大きなメリットです。

ネクストモバイルでは20GBと30GBが上限のモバイルルーターを提供しています。
その月額料金が2,760円と3,490円という安い料金なんです!

ソフトバンクのモバイルルーターサービスと違ってこの金額だけで使うことが出来ます。キャリアの場合データパックに基本料金とプロバイダ料金で結局8,000円を超えます。

申し込みが公式サイトからなので持ち帰ることが出来ませんが、コスパがとても良くて
安定して使えるネクストモバイルはかなりおすすめできます。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

WiFi契約したその日に持ち帰れますか?使えますか?ここで契約するのがオススメ! はコメントを受け付けていません。 wifi