モバイルwifiルーター契約するならどこがおすすめ?どんな違いがある?

モバイルWi-Fiルーターはどこのどんな商品が良いのかわからない。
そう思っている方は多いのでは?

実際にモバイルWi-Fiルーターのサービスはかなり多くのところが行っていて
端末にも種類が多く、どこを選んだら良いのかわからないです。

でも色々なサービスにはそれぞれ特徴があるので、自分にあったサービス内容の
モバイルWi-Fiルーターを探すことは出来るはずです!

モバイルWi-Fiルーターはどこで選べば良いのか?

モバイルWi-Fiルーターは簡単に言うと持ち運びが出来るWi-Fiルーター。
つまり屋外でも無線を使って複数の端末をネット接続させることが出来るルーターです。

一般的なWi-Fiルーターは固定回線の途中に設置して無線LANネットワークを作って
複数の端末をインターネット回線に接続できるようにする装置です。

これを持ち運びできるようにするためにはモバイルWi-Fiルーター自体に
ネット回線に接続させる機能が必要になります。

そこでスマホのようにモバイル通信回線に接続できるWi-Fiルーターを小型にして
持ち運びが出来るようにしたのがモバイルWi-Fiルーターです。

そしてこのモバイルWi-Fiルーターは現在かなり多くの種類が取り扱われていて
色々なサービスが提供されています。

その中からどんなサービスを選べば良いのでしょうか?

まずはモバイルWi-Fiルーターのサービスの大きな違いを確認してみましょう。
一番大きな違いは使っているモバイル回線の違いです。

LTEとWiMAXの違いはどんなところ?

モバイルWi-Fiルーターで使われている回線は色々あるのですが、大きく分けると
2種類の回線を使っているということ。

1つはLTE、こちらはスマホでも使われている大手キャリアが提供している
モバイル回線です。

もう1つは独自のネットワークを作っているWiMAXという回線です。
こちらはUQコミュニケーションズというところが提供しています。

それぞれに提供している会社が違い、更に奥の企業からサービス提供されていて
かなり混乱しそうですがまず使っている回線自体は2種類です。

そしてこの回線自体にも大きな特徴があるので、それらの特徴を考えてどちらの回線が
自分に使いやすいかを考えると良いと思います。

ではそれぞれの回線の特徴とはどんな所なのでしょうか?
デメリットも一緒に確認してみることにしましょう。

LTE回線の特徴とデメリットを確認してみる

まずはLTE回線の特徴から。
こちらは多くの方が使ったことがあるスマホの利用している回線と同じです。

実際にモバイルWi-Fiルーターではソフトバンク、ドコモ、イーモバイルの
LTE回線が利用されています。

イーモバイルは現在ソフトバンクの系列会社になっていて、名前もY! mobileに
変更されていますが回線自体はイーモバイル時代に設置されている回線です。

そして系列会社なのでソフトバンク回線とイーモバイル回線が同時に使えます。
ソフトバンクとY! mobileで提供されている端末は両方の回線が使えます。

ドコモは自社で提供しているXiを使った4G/LTE回線のサービス提供です。
人口カバー率100%と言われるほど広い地域で利用できる回線が魅力です。

ソフトバンクも人口カバー率は99%なのでかなり広い地域でネットが利用できます。
LTEはこの広い利用地域がとても大きな魅力となっているようです。

それとテレビのCMでも説明されていましたがLTEは900Mhlzの低周波数帯の電波を
使って回線を作っています。

この低周波数帯電波は障害物に強く、壁などを避けて直進することが出来るという
特徴がある電波です。

つまり壁や天井に囲まれている室内でも安定して電波が届くので外出先の室内でも
安定してネットが出来るというメリットがあるのです。

これに対するデメリットは回線の利用者がとても多いこと。
スマホと同じ回線を使っているのでLTEはいつでも混雑状態という感じです。

その為かモバイルWi-Fiルーターのデータ通信容量の上限はとても厳しく
ソフトバンクとイーモバイルが提供しているポケットWiFiでは7GBが上限です。

このデメリットについてもう少し詳しく調べてみることにしましょう。

LTEは月のデータ通信容量が厳しい

スマホの場合、月間データ通信容量の上限は自分で決めて契約が出来るようになりました。
以前は一律7GB上限でしたが、最近では20GBという大容量の契約もできます。

でもポケットWiFiのサービスを見てみると基本的には上限7GBで、特定の端末なら
上限なしで通信が出来るという状況です。

しかもその条件がとても厳しく、あまり自由に使えるという印象がありません。
無制限で使えるのはAXGPエリア内でアドバンスモードを使った場合のみのです。

LTEのエリア内にはAXGPという特別な通信技術を使った電波を利用できる地域が
あるのですが、それは大きな都市の一部地域のみです。

地方都市には展開していないエリアで、しかも端末をアドバンスモードに設定する
という操作も必要になります。

当然アドバンスモードに対応していない端末では使うことが出来ず、設定しない状態で
通信をすれば上限は7GBのままです。

月間データ通信容量上限なしというプランはとても使いにくいという印象でした。

それならば大手キャリアで大容量データ定額パックを使ったモバイルWi-Fiルーターを
契約すればいい、と思うのですが今度は月額料金が大きな負担になります。

ソフトバンクとドコモではスマホと同じデータパックを使ったモバイルWi-Fiルーターの
サービス提供をしています。

20GBや30GBの大容量データパックを使うことが出来るのですが、当然料金も同じ。
つまり20GBで6,000円、30GBなら8,000円の月額料金が必要です。

これに基本料金とプロバイダ料金を合わせて2,000円がプラスされるので結局かなり
高い料金が必要なのです・・・

WiMAXの特徴とデメリットを確認

ではもう1つのWiMAXを使ったモバイルWi-Fiルーターの特徴を確認してみます。
こちらは独自回線を使ったサービスの提供をしています。

独自回線を使っているのでLTEに比べると利用者数が少なく、対応地域全域で
月間データ容量上限なしプランの提供が行われています。

こちらは特定地域やルーターの設定などが必要なく、上限なしプランの契約をすれば
かなり簡単に月間データ容量上限なしでネット接続ができます。

しかも使っているのが2.4Ghlzの高周波数帯電波なので一度に多くのデータを
やり取りすることが出来るメリットもあります。

データ通信容量が大きいので通信速度が高くなるのです!
実際にWiMAXの最新端末では下り最速708Mbpsという速度での通信が可能です。

まあモバイル通信はベストエフォートなのでこの通信速度がいつでも出せる
という訳では無いのですが^^;

そしてデメリットとしては電波の安定性が悪い事。
利用できる地域がLTEに比べるとちょっと狭いのもデメリットに感じます。

WiMAXは人口カバー率94%なのでLTEに比べて通信できない地域が広く
田舎では電波が届かないという状況もあります。

それに電波の安定性が悪いのはかなり大きなデメリットです。
これについてもっと詳しく確認してみることにします。

WiMAXの電波は室内では届きにくい

WiMAXが使っている高周波数帯の電波は高速通信が出来るという特徴の他に
障害物に反射しやすいという特徴もあります。

低周波数帯の電波は障害物があってもそれを避けて直進しようとするのですが
高周波数帯の電波は障害物に当たると反射して跳ね返ってしまいます。

つまり壁に囲まれた室内では壁に反射して室内に届きにくく、室内でも
壁や天井で電波が乱反射するので電波が安定しないのです。

実際に以前私もWiMAXのモバイルWi-Fiルーターを使っていたのですが
室内では動画の再生がとても重たく、快適とはいえませんでした。

ひどい時には回線が切断されてしまい動画をよく見る私の使い方ではストレスが
大きく溜まるという状態でした。

それに周囲の状況に電波が影響されやすいというのもWiMAXの大きな特徴です。
壁などの障害物、これには高層ビルなどの含まれてしまいます。

それに工場などがあるとそこの機械から出る電波にも影響されることも。
電波干渉が起こって届かなくなってしまうのです。

WiMAXの場合対応地域内でも安心できず、実際に使ってみないと電波が届くのか
わからないというのは大きなデメリットに感じました。

それぞれの回線はどんな人なら使いやすい?

例えばポケットWiFiを使うならデータ通信容量上限なしというプランではなく
少ない容量で安い月額料金のプランも提供されています。

Yahoo! WiFiから提供されているのは上限5GBですが月額1,980円で使えるプラン。
業界最安値クラスと言われるプランが有りました。

まあ実際は会員になる必要があってその料金が500円かかるので2,480円が
月額料金になるのですが。

それでもかなり安く、スマホのサブ回線としては十分に使えると思います。
ただメイン回線にするにはかなり厳しいという感じです。

WiMAXなら月間データ通信容量無制限プランは大きな魅力です。
月額料金もプロバイダを選べば4,000円以下で契約することができます。

室内ではパラボラアンテナの自作や窓際の安定しているところを探すなど
工夫が必要ですが電波が安定するところがある可能性はあります。

旅行に持っていかずにそれなりの都市部で使うなら問題はないと思うのですが・・・
ちょっと博打になるのが不安といえば不安です。

私のおすすめは大容量データ定額パックが安く使えるLTE

ここで私がおすすめするモバイルWi-Fiルーターを紹介しましょう。
商品としてはLTE回線を使っているのですがポケットWiFiでもキャリアでもありません。

それはネクストモバイルというソフトバンク回線を使ってサービス提供をしている
MVNOのモバイルWi-Fiルーターです。

回線はソフトバンクのLTEを使っているので広い地域でネット接続ができます。
でも回線レンタルをして提供しているだけで余計なサービスが一切ありません。

ポケットWiFiとの違いはイーモバイル回線が使えないこと。
端末も選ぶことが出来ず、1種類を0円購入するという形です。

でも利用できるプランは20GBと30GBという大容量データ定額パックです。
しかも月額料金は大手キャリアに比べるとかなり安くなっています。

20GBが2,760円、30GBでも3,490円という月額料金なのでスマホに比べると
かなり安い金額で契約できる魅力があります。

実際に使っている私の感想としては、大容量なので動画を見ていてもそれほど
データ通信容量を気にする必要がありません。

LTEなので室内でも安定していてソフトバンク回線なので利用できる地域も広いです。
どこでも安定してネットが出来る安いモバイルWi-Fiルーターだと思います。

どこのモバイルWi-Fiルーターを契約しようか迷っている、という方には
ネクストモバイルをおすすめします!



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

モバイルwifiルーター契約するならどこがおすすめ?どんな違いがある? はコメントを受け付けていません。 wifi