スマートフォンでwifi接続はキャリア契約無しでもOKなのでしょうか?SIMカードなしでもできますか?

スマートフォンでWi-Fi接続するにはキャリア契約が必要?
こんな質問をされたことがあります。

スマホで普通にネット接続するためにはキャリア契約が必要なのですが、Wi-Fiを使って
ネット接続するためにはやはりキャリア契約が必要なのでしょうか?

キャリア契約をしていない端末、中古端末や解約後のスマホでWi-Fi接続できるかを
詳しく調べてみることにしましょう。

キャリア契約解除後のスマホ本体でWi-Fi接続は出来る?

まずはキャリア契約を解除した後のスマートフォンを使ってWi-Fiの接続が
出来るのかを確認してみます。

キャリア契約には電話の通話契約とインターネットプロバイダ契約があります。
基本的にキャリアの契約解除をすれば両方共同時に解約になります。

つまりキャリアの電波を使ってのインターネット接続は出来なくなります。
でもWi-Fiは無線LAN規格なのでキャリアの契約には含まれていません。

単純に本体の機能の1つとしてある無線LANの装置を使うだけなので
これを使うだけならキャリア契約は必要ありません。

例えばスマホのキャリア契約を解除した後で手元に端末が残っていた場合
それを使って自宅の固定回線にWi-Fiルーターを中継して接続出来ます。

キャリアでスマホの契約をする場合は基本的に端末買い取りなので
キャリア契約を止めても端末は手元に残るはずです。

その端末でWi-Fi接続できる回線があるなら問題なくネットが出来るというわけです。

キャリア契約していない端末の使い方

単純にキャリア契約を解除した後の端末だけではなく機種変更で手元に残った
古い端末でも同じことがいえます。

機種変更をした場合、今までの契約内容が入っているSIMカードが新しい端末に
移動して使われるという事になります。

対応していないSIMカードの場合は新しいカードに今までの情報を書き換えて
昔のSIMカードを破棄するという形ですが。

この時に以前使っていた端末にはSIMカードがなく、こちらはキャリア契約を
していないという状況になります。

この古い端末でも契約解除と同じように通常のネット接続は出来ませんが
Wi-Fiを使ったネット接続ができるという状態です。

例えばまだこれがあまり古くなっていない端末なら家族の誰か、子供などに
遊び道具として渡すことが出来ます。

まあクレジットカード情報などは全部消去しないと勝手に買い物されてしまう
というかなり危険な状態になりますが^^;

簡単にSIMカードの入れ替えができるようならサブ端末として自分で使い続ける
という方法もあります。

スマホが2台同時に使うことが出来れば便利になる状況もあるはずです。
ゲーム専用端末にするという使い方をしている人もいるようです。

Wi-Fiのネット環境があればキャリア契約していない端末でも十分に
色々な使い方をする事が出来ると思います。

中古の端末でも同じことができる?

では実際に自分が購入した昔の端末ではなく、中古端末で購入したものも
キャリア契約せずにWi-Fi接続は出来るのでしょうか?

基本的に中古端末でもキャリア契約をしなくてもWi-Fi接続をする事は
出来るのですが、一つだけ問題が。

それはiPhoneの場合、中古端末がそのまま使えないという可能性があります。
中古の端末にはアクティベーションをしていないものもあるためです。

Android端末は初期化をした跡でもすぐに端末の起動ができます。
でもiPhoneでは初期化した後にアクティベーションという作業が必要です。

これは単純に認証作業、Apple製品ではユーザー登録や認証のために一度
サーバーにアクセスして認証確認をします。

それをアクティベーションというのですがこの作業にはSIMが必要です。
つまり中古でSIMカードが挿入されていない端末では認証ができません。

認証ができなければ本体起動が出来ないので、本体機能のWi-Fi接続を
行うことが出来ない状態です。

アクティベーションをしなくても一応Wi-Fi設定自体は出来るのですが
本体が起動しないので結局ネット接続も出来ません。

中古のiPhoneではアクティベーションの確認をしておきましょう。

中古iPhoneを起動させる方法

中古iPhoneでアクティベーションがされてないなら、自分でやれば良いのですが
その方法も確認しておきましょう。

他にキャリア契約している端末があり、SIMカードが手元にあるならそれを使って
アクティベーションをする事は出来ます。

1つのSIMカードで複数の端末のアクティベーションをしても何の問題もありません。
もっと言えば友達や家族のSIMカードで認証だけを行ってもかまいません。

キャリア契約を解除した後でSIMカードが用意できないなら専用のSIMカードを
購入するという方法もあります。

アクティベーション専用SIMというのが通販で購入できます。
対応端末と対応OSの確認は必要ですが、かなり手軽に購入できます。

金額も安ければ500円程度、平均しても800円から1,000円くらいで購入できます。
これを使って認証作業だけを行うという方法もあります。

アクティベーションが終わって本体起動が出来れば後はSIMカードを抜いて使っても
問題はありません。

ただOSのアップデートをしたいならまたアクティベーションが必要です。
セキュリティを考えるとOSアップデートは必要なのでやはりSIMは欲しいところです。

モバイルルーターを使ってWi-Fi接続をどこでも出来るようにする

キャリア契約をしていない端末の場合、Wi-Fiを使えばネット接続は出来ます。
でもどこでもネットを使うためにはやはり外出先でもネットができる環境は欲しいところ。

そこでキャリア契約の代わりにモバイルルーターを契約するのはどうでしょうか?
モバイルルーターは屋外でもWi-Fi接続でネットができる持ち運びできるルーターです。

イメージとしてはテザリング専用のスマホ、というところでしょうか。
モバイル回線を使って複数の端末をWi-Fi接続してネットにつなぐことができます。

モバイルルーター自体がネット接続契約をすれば、そこにつなげる端末自体に
ネット接続契約は必要ありません。

つまりキャリア契約解除をした端末もモバイルルーターを使えば外出先で
インターネット接続が出来るというわけです。

モバイルルーターのサービスを探してみると、大手キャリアでもサービスの
提供は行われていました。

でもこちらの場合は大手キャリアの回線が使えるというメリットが有るのですが
契約内容は基本的にスマホと同じでデータ定額パックもスマホと同じものです。

つまりネット接続するための料金はちょっと割高で、大容量データ定額パックなら
月額6,000円とかなり大きな金額になります。

そこでもう少し安く利用できるモバイルルーターを探してみることにしました。

ポケットWiFiを使う場合のメリットとデメリット

ポケットWiFiはY! mobileが提供しているモバイルルーターです。
イーモバイル回線と親会社のソフトバンク回線を使うことが出来る端末です。

ソフトバンクの4G/LTEを使えるので全国的に広い地域でネット接続が出来る
というメリットがありますがそのサービス内容はどうなのでしょうか?

まず業界最安値クラスのサービス提供をしているのが系列会社のYahoo! WiFiです。
こちらでは月額1,980円というポケットWiFiを提供しています。

実際に使うためにはYahoo! プレミアム会員にならなければいけないという条件があり
こちらは月額500円が必要です。

つまりトータル2,480円の月額料金がかかるのですが、それでもかなり安いと思います。
でもこのサービス、月間データ通信容量が5GB上限のサービスです。

データ通信容量が5GBを超えると通信速度制限がされて下り最速128Kbpsまで落ちます。
これではまともにネットができる状況ではありません・・・

他にも月間データ通信容量の上限なし、というプランもあるのですが、こちらは
利用できる地域がAXGPエリアというかなり狭い地域のみです。

現状では一部の主要都市以外に展開されていないので地方では接続できず、対応している
端末を専用のモードに設定して使わなければいけないという厳しい条件です。

キャリア契約していない端末をメインに使うにはちょっと厳しい容量でした。

WiMAX回線のメリットとデメリット

更に調べてみるとモバイルルーターにはもう1つ、WiMAXという回線を使った
サービスの提供がありました。

こちらはLTEとは違う独自の回線を使ったモバイル通信サービスで、現在では
かなり多くのプロバイダから提供されています。

プロバイダによって月額料金や初期費用などに大きく違いがあるので、まずは
自分が契約したいプロバイダの契約規約をよく見て確認することをおすすめします。

WiMAXの特徴としては高周波数帯電波を使っているので高速通信が出来ること。
そして月間データ通信容量上限なしプランが全域で使えることがあります。

プロバイダによってやはり月額料金は変わるのですが、大体4,000円程度で
月のデータ通信容量を気にせずにネットが出来るようになります。

直近3日間で10GB以上使うとやはり速度制限されるので完全無制限ではありませんが
下り最速5Mbps程度の速度なので制限されてもネットを使うにはあまり問題ありません。

まあ普段は下り最速708Mbpsというかなりの高速通信が出来るので、それに比べると
やはり通信速度は落ちるのですが^^;

でもこのWiMAXは電波の安定性にちょっと問題があります。
高周波数帯の電波は障害物に弱く反射しやすいので周りの状況で安定性が変わります。

例えば壁に囲まれている室内や高層ビルの間、工場など機械が多く電波干渉が
激しいところでは電波が届かずに最悪の場合断線してしまいます。

対応地域もLTEに比べてちょっと狭いので使えるところが限定されるという印象です。

使いやすいのは大容量のLTE回線が使えるモバイルルーター

キャリア契約をしない端末を使うならやはり電波の安定性があって、利用可能地域が広い
LTEの方が良さそうです。

でもポケットWiFiではメイン回線として使うにはデータ通信容量が厳しいので
できれば大容量データ定額パックが使えるモバイルルーターが良いと思います。

ではそんな条件のモバイルルーターを探してみましょう。
実は私が契約しているネクストモバイルは正に条件ピッタリのサービスなんです!

ネクストモバイルはソフトバンクのMVNO、回線レンタルしてサービス提供している
プロバイダです。

LTE回線が使えるので電波の安定性が高く広い地域でネットができます。
そして提供しているのは20GBと30GBの大容量データ定額パックです。

月額料金は20GBが2,760円で30GBでも3,490円とかなり安い金額です。
キャリアのデータ定額パックに比べるとかなりお得な料金での利用ができます。

キャリア契約していない端末のメイン回線の代わりに十分使える大容量のサービスなら
ネクストモバイルがおすすめです。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

スマートフォンでwifi接続はキャリア契約無しでもOKなのでしょうか?SIMカードなしでもできますか? はコメントを受け付けていません。 wifi