Wi-Fiモバイルルーターの契約(長文です)どうやって選べばいいのかを解説

Wi-Fiモバイルルーターって数が多すぎてどこを選べばいいのかわからない!
そんな疑問を持っている方はいませんか?

モバイルルーターはWi-Fiを使ってスマホなどの携帯端末をより便利に使えるのですが
契約できるところが多すぎて迷ってしまいます。

そんな悩みを解決するために、ちょっと長文になりますがモバイルルーターの選び方を
解説してみたいと思います。

Wi-Fiモバイルルーターを使ってできること

まずはモバイルルーターを使えばどんなことが出来るのか、何が便利でどう使えば
お得になるのかを考えてみます。

モバイルルーターは簡単に言うと持ち運びが出来るWi-Fiルーターです。
Wi-Fiルーターはインターネット回線に繋いで無線LANでネットワークを作れます。

そもそもWi-Fiというのは無線LAN規格の1つで、スマホを始めかなり多くの
携帯端末で使われている無線LANです。

インターネット回線にこのWi-Fiルーターを接続することでWi-Fi対応の端末を
無線でインターネットに接続できるようになります。

そのWi-Fiルーターを持ち運ぶことで屋外、外出先でもインターネットに手軽に
接続ができるようになります。

スマホで使えばデータ通信パックを使わずにネット接続ができます。
タブレットPCならセルラー版以外の端末も外出先で使えます。

この様に移動や外出が多い人がどこでもインターネットを使えるようになるのが
モバイルルーターという訳です。

ただし屋外でインターネット接続するためにはモバイルルーター自体にネット回線に
接続する機能が必要になります。

つまりモバイルルーターの契約をする、ということは固定回線契約のような
回線契約が必要になるのです。

モバイルルーターで使われている回線は2種類

モバイルルーターで出来ることがわかったら、次にモバイルルーターで使う回線を
確認してみましょう。

基本的にモバイルルーターでは2種類の回線が使われています。
それぞれの回線は契約ができる端末やプロバイダが決まっています。

そして何より回線自体に大きな特徴があるのです。
つまりその回線の特徴でモバイルルーターを選ぶ、というのも一つの方法です。

ではモバイルルーターで使われている回線はどんな回線なのでしょうか。
1つはLTE、そしてもう1つはWiMAXという回線です。

この回線ごとにサービス提供をしているプロバイダがあります。
このプロバイダのサービス内容は当然それぞれに違っています。

同じ回線を使っているモバイルルーターでも月額料金などが違う事になります。
回線を選んだ後はプロバイダを選ぶ、という事になります。

大まかにはまずモバイルルーターで使う回線を選んで、その回線を提供する
プロバイダから好みのサービス提供をしているところを選びます。

こんな感じでモバイルルーターを選べば自分の気に入ったところを探して
契約できると思います。

スマホでも使っているLTEの特徴

ではモバイルルーターで使っている回線の特徴を確認していきましょう。
まずはLTE回線の特徴を見てみます。

LTEは大手携帯キャリアがスマホで提供している回線と同じものです。
ソフトバンクやauなら4G/LTE、ドコモならXiと言われる回線です。

モバイルルーターで使われているのも基本的にはこの大手キャリアの回線です。
ポケットWiFiというモバイルルーターではイーモバイルのLTEも使えます。

この回線の特徴はスマホと全く一緒です。
まあそれではわからないので、ちょっと詳しく調べてみることにします。

使っているのは900Mhlz以上のプラチナバンドと言われる低周波数帯電波です。
地表近くを通り、障害物で反射せずに避けるという性質があります。

モバイルルーターで使っている回線も大手キャリアの回線がほとんどなので
利用可能地域の広さは大きなメリットになります。

ソフトバンクとドコモなら人口カバー率99%以上なので全国かなり広い地域で
ネット接続ができる、という事になります。

ではこのLTEのデメリットについてもちょっと調べてみましょう。

ユーザーが多いのでデータ通信容量の上限が厳しい

一番気になるデメリットとしてはデータ通信容量の上限が厳しいということ。
多くのLTEモバイルルーターは月間上限7GBというところです。

元々モバイル通信は多くのユーザーが快適に利用できるように、一人のユーザーが
回線を独占して使うことにとても厳しいです。

最近スマホでは自分で月間データ通信容量の上限を選んで契約する、データ定額パックが
主流ですが以前は一律上限7GBという状況でした。

スマホと同じ回線を使っているLTEのモバイルルーターではやはりユーザーの混雑が
予想されるためにかなりデータ容量の上限は厳しいです。

上限を超えた通信をしたら通信速度制限がされ、その速度は下り最速128Kbpsという
かなりの低速に制限されてしまいます。

一応ポケットWiFiでは月間データ通信容量の上限なし、というプランもあるのですが
こちらは利用できる地域がとても狭いという状況です。

上限無しで使えるのはAXGPエリアだけで、現在AXGPエリアは一部の主要都市のみ。
地方都市や主要都市を少し離れた所でも使えなくなっています。

それと大手キャリアではスマホと同じ大容量データ通信パックが契約できるのですが
月額料金もスマホと同じです。

20GBの上限のデータパックを契約するなら月額6,000円で、しかも基本料金と
プロバイダ料金を合わせてトータル8,000円かかります。

LTEのモバイルルーターは料金とデータ通信の上限がバランス悪い、という印象です。

独自回線のWiMAXの特徴

ではもう1つのWiMAXではどんな特徴があるのでしょうか?
こちらは独自回線を使ったモバイルルーターサービスです。

他の通信では使っていない高周波数帯電波を使ったモバイルルーターです。
2.4Ghlz以上の電波なので一度に運べるデータ量が多いという特徴があります。

高周波数帯の電波は低周波数帯の電波より多くのデータを電波に乗せることができます。
伝播自体の速度は変わらないのですが、運べるデータ量が違います。

つまり短時間で多くのデータが運べる、データのやり取りの量の通信速度では
高周波数帯の電波のほうが速くなるのです。

実際にWiMAXの最新端末では下り最速708Mbpsというかなりの高速通信が出来ます。
ネットを快適に使いたいという方には通信速度はとても重要です。

そしてLTEと違って電波を使っているユーザー数は多くはありません。
その為に対応地域全域で月間データ通信容量の上限なしプランを提供しています。

プロバイダによって月額料金が変わりますが大体4,000円程度で契約できます。
月間データ通信容量の上限がないのであまり通信総量を気にする必要がありません。

ただし3日間で10GB以上のデータ通信をすると速度制限がかかるという
いわゆる3日間の壁は残りますから完全無制限ではありません。

まあWiMAXの場合、速度制限されても下り最速5Mbps程度なのでSNS程度なら
問題なく使えるという魅力はあります。

かなり魅力が大きく見えるのですが、デメリットはないのでしょうか?

電波の安定性に関してはちょっと疑問が残るWiMAX

高周波数帯の電波は高速通信が出来るというメリットが有るのですが
障害物で反射しやすいという特徴もあります。

つまり壁などで反射しやすく、室内では電波が届きにくくなってしまいます。
電波が安定しなければ高速通信も全く出来ません。

それに高層ビルなどが周りにあるとそこにも反射して電波が届きません。
周囲の状況に影響されやすいという電波なのです。

そして利用できる地域にもちょっと問題が・・・
WiMAXは人口カバー率94%なので全国的には少し利用可能地域が狭くなっています。

地方都市、田舎町では電波が届かないこともあるので旅行先などで使えないという
状況も考えられます。

しかも周囲の状況に影響されやすいので対応地域内でも電波が届かないということも。
そこで使えるかは実際に現地で試してみるしか無い、と言われています。

口コミを見てもかなり評価が分かれているというのがWiMAXの印象です。

それぞれの回線は何で選ぶのがいい?

ここまで見てきたモバイルルーターの回線は、どこで選ぶのがいいのでしょうか?
それぞれの回線でオススメできる特徴を考えてみましょう。

まずLTEを選ぶ人は利用可能地域と安定性で選ぶと思います。
ただ大容量のデータパックや上限なしプランはとても使いにくいです。

そこでおすすめするのはコンパクトな容量で月額料金も安いプランです。
ポケットWiFiでは月額1,980円で上限5GBのプランがあります。

Yahoo! WiFiが提供している業界最安値クラスのプランですが、実際には
Yahoo! プレミアム会員になる必要があり、こちらが月額500円かかります。

つまり実質2,480円なのですがそれでもお得にモバイルルーターの契約ができます。
ただし上限が5GBなのでもしもの時のサブ回線という感じですが^^;

WiMAXを選ぶなら多分月間データ通信容量上限なしプランに魅力を感じているはず。
それならば月額料金で選んでかまわないと思います。

WiMAXの場合、殆どのプロバイダで上限なしプランの提供があります。
同じ回線を使っているので利用できる地域などに違いはありません。

それならば単純に月額料金だけで選んでも問題ないかと。
ただし月額料金が安いプロバイダは初期費用が高いという場合もあります。

それに途中解約の違約金がかなり高いなどプロバイダによって契約内容に
大きく違いがあるのもWiMAXの特徴です。

契約前にきちんと規約の確認をしておくようにしましょう。

私がおすすめするのはネクストモバイルのサービス

では私がおすすめするモバイルルーターのサービスはどこなのでしょうか?
実は最近見つけたオススメできるサービスがあります。

私はネクストモバイルの大容量データパックプランをおすすめします!
ネクストモバイルはソフトバンク回線のMVNOとしてサービス提供をしています。

まあ簡単に言うと格安SIMのようにモバイルルーターを提供しているところ
という事でしょうか。

使っているのはソフトバンクのLTEですが、ソフトバンクから提供されている
モバイルルーターとは違ってお得に大容量データ定額パックが利用できるのです。

月間データ通信容量の上限20GBプランが月額2,760円で30GBプランでも
月額3,490円というかなりの低価格で契約できます。

LTEなので利用できる地域はとても広く室内でも安定してネット接続ができます。
しかも3日間の容量制限がないというメリットもあります。

私も契約しているのですが、動画を見ても容量は問題なく、固定回線の代わりに
室内でスマホを使っても快適です。

長文になりましたが、私がおすすめするのはデータ通信容量と安定性が高い
ネクストモバイルのサービスという事です。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

Wi-Fiモバイルルーターの契約(長文です)どうやって選べばいいのかを解説 はコメントを受け付けていません。 wifi