モバイルWi-Fiを1つの契約で2か所使う方法は可能?色々なところで使える?

外出先のWi-Fiって何箇所でも使えるの?
ある時友達にこんなことを聞かれました。

最近では外出先でもデータ通信を使わずにインターネット接続する方法が色々あります。
その1つにはWi-Fiを使って接続方法があるのですが、よくわからない方も多いようで。

そこで実際にモバイルルーターを使っている私がどんな契約でどんなWi-Fi接続が
出来る様になるのか詳しく解説してみます。

屋外でネット接続が出来る公衆無線LANスポットとは?

スマホでデータ通信をすれば外出先、屋外でも簡単にネットを使うことが出来ます。
ただしデータ通信をするのでデータ通信容量を使うことになります。

あまり大きな容量のデータ定額パックを契約していないなら出来る限りデータ通信を
したくはないと思います。

そこで最近注目されているのがデータ通信容量を使わずにネット接続が出来るWi-Fiを
使ったインターネット接続方法です。

スマホの場合、Wi-Fi接続ではデータ通信容量を使わないのでインターネット回線を
Wi-Fiネットワークで繋げばデータ通信を使わずにネット接続ができます。

自宅に固定回線があるならWi-Fiルーターを中継するだけでネットワークが出来ます。
でも外出先でこの方法を使うことはできません・・・

そこで外出先では店舗や公共機関が設置しているWi-Fiネットワークに接続して
インターネット接続するという方法です。

公共機関の場合は多くが無料で、店舗などでは一部有料で公開している
Wi-Fiネットワークが公衆無線LANスポットです。

このサービスの内容をもう少し詳しく調べてみましょう。

公衆無線LANスポットのサービス内容

公衆無線LANスポットはWi-Fiスポットと言われることもあります。
基本的にはその場所にあるWi-Fiネットワークに一時的に参加することです。

例えば都内の地下鉄線では全部の駅ホームに公衆無線LANスポットを設置していて
駅の利用者全てに無料で開放されています。

その他にも独自のサービスとして提携しているコンビニやカフェなどで
Wi-Fiスポットの利用が出来るというサービスもあります。

W2 300は多くの提携店舗があるWi-Fiスポットサービスですが利用するには
月額料金が必要です。

月額362円とかなり手頃な金額ですが、一応月額料金が必要です。
またW2 300では他にも6時間だけ、3日間だけなどのプランもあります。

ちなみに6時間の利用で350円、1週間なら2,000円とちょっと割高になる印象です。

こちらのサービスなら契約すれば色々なWi-Fiスポットでネット接続ができます。
決まったところ以外でも提携店舗ならどこでも複数のWi-Fiスポットが使えます。

自分の行動範囲内に複数のWi-Fiスポットがあるなら月額料金も安いので使いやすい
という印象ですが、他にデメリットはないのでしょうか?

公衆無線LANスポットを使う場合の注意点

契約をしている公衆無線LANスポットなら自分の使っている端末、スマホや
タブレットPCにノートPCなど複数使うことが出来ます。

当然利用できるスポットならどこでも使えますし、場所を固定する必要はありません。
提携店舗が多いサービスを選べばかなり使いやすいサービスです。

でも基本的には店舗内でのみ利用できるサービスです。
屋外と入っても特定地点でのインターネット接続サービスです。

つまり移動しながら使うことが出来ません。
たとえ隣り合っている店舗が同じサービスを使えてもそのまま接続は出来ません。

隣り合った場所の同じサービスを利用する場合でも一度ログアウトしてから
別の場所で再ログインする必要があります。

それに無料の公衆無線LANスポットではセキュリティの問題点もあります。
Wi-Fi回線からウィルスなどが侵入して端末に感染することがあります。

端末に侵入したウィルスはパスワード情報などを流出させます。
それを使ったアプリの乗っ取りが一時期かなり多くのニュースになりました。

無料の公衆無線LANスポットを使う場合にはかなり慎重に回線を選んで
セキュリティを確認することが重要です。

自宅や移動中にも利用できるWi-Fiサービスは?

公衆無線LANスポットの場合、特定の場所でネット接続するためのサービス
という印象でした。

でも移動中に使うことは出来ず、自宅に固定回線がない場合の代わりにも
使うことが出来ません。

そこで持ち運びが出来るWi-Fiルーター、テザリング専用のスマホという感じの
モバイルルーターを使うという方法はどうでしょうか?

モバイルルーターはその名前の通り、持ち運びが出来るルーターです。
Wi-Fi接続で複数の端末を同時にWi-Fiネットワークに接続できます。

ただし普通のルーターではなくインターネット接続用のルーターです。
ルーター単体でネット接続して接続端末をインターネット利用が出来るようにします。

イメージとしてはテザリング専用のスマホ、通話機能がなく外部接続端末を
インターネットに接続するための専用スマホという感じです。

モバイルルーターなら契約すればどこでもインターネット接続が出来るので
スマホのように移動中にネットを使うことが出来ます。

ルーターなので同時接続台数も多く、スマホとタブレットPCを同時にネットに
接続するという方法も出来ます。

ではこのモバイルルーターのサービス内容をもっと詳しく確認してみます。

モバイルルーターは大きく分けて2種類

まずはモバイルルーターの種類を確認してみましょう。
大きく分けて2種類の端末があります。

もっと詳しく言えばモバイルルーターで使っている回線の種類がLTEとWiMAXという
2種類の回線なのです。

基本的にはそれぞれの回線に汎用性はなく、独自の端末を使って接続するので
まずはどちらの回線を使うのか決める必要があります。

まあルーターの中にはLTEとWiMAXのどちらも使えるものもあるのですが・・・
それはちょっと特殊なので後ほど説明します^^;

ではこのLTEとWiMAXとはそれぞれどんな回線なのでしょうか?
それぞれの回線の特徴とメリット・デメリットはどんなものでしょうか?

実はこの2種類の回線、かなり大きな特徴がありました。
それにサービス内容もそれぞれに大きな特徴があることがわかりました。

まずはLTE回線について詳しく確認してみることにしましょう。

LTE回線とはどんなモバイル回線?

実はLTE回線、普通に使っているスマホの4G/LTEの回線と全く同じものです。
つまりスマホと同じ回線を使ってモバイルルーターを使うのが特徴です。

スマホの回線なので全国的に接続できる地域がとても広く、ほとんどの地域で
利用することが出来ます。

旅行に行った時の田舎町でも問題なくネットが出来る、というのは大きな魅力です。
通常使う時にもどの地方でも使えるというのはとても大きなメリットです。

スマホと同じ電波、低周波数帯の電波なので室内でも安定して接続できます。
電波の特徴として障害物を避けやすく、室内でも電波状況が悪くなりません。

ただし使っているのはスマホと同じ電波です。
つまり現状ではかなり多くのユーザーが使っている電波ということです。

その為にデータ通信の容量制限が厳しく、上限が7GBや5GBというサービスも
多くなってしまいます。

例えばソフトバンクとイーモバイルのLTE回線を使ったポケットWiFiを提供する
Y! mobileではデータ通信容量の上限は7GBです。

月間データ通信容量の上限なしというプランもありますが、こちらは特定の端末で
AXGPエリアというかなり特殊な地域でのみ利用できるサービスです。

現状AXGPエリアは主要都市にしか無く、全国的に利用できる地域はとても少ないです。
しかも完全無制限ではなく3日間に10GBのデータ通信をすると速度制限されます。

つながりやすいけどデータ通信には制限が多く、スマホのサブ回線として使う
という印象が強いのがLTEのモバイルルーターでした。

WiMAXとはどんなモバイルルーターサービス?

ではもう1つのモバイルルーター回線、WiMAXとはどんなサービスなのでしょうか?
こちらは独自の回線を使ったモバイルルーターサービスです。

独自回線を使っているので利用者数はLTEに比べると少ないです。
その為に利用可能地域の全域で支える無制限プランを提供しています。

ギガ放題プランなら月間データ通信容量の上限がありません。
ただしこちらも3日間に10GB以上の通信をすると速度制限されてしまいます。

完全無制限ではないのですが、WiMAXの場合制限されても下り最速5Mbps程度の
通信速度が出せるという魅力もあります。

LTEの場合は速度制限されれば下り最速128Kbpsまで落ちるのでまともにネットを
使うことが出来なくなります。

まあWiMAXは最新端末なら下り最速708Mbpsという光回線並みの通信速度なので
制限されるとかなり遅くなるのに変わりはないのですが。

ちなみにWiMAXを提供しているUQコミュニケーションズはKDDIの傘下なので
実は同じ親会社を持つauと提携しています。

WiMAX端末の中にはauのLTE回線に接続できる端末もあるのでこれを使えば
WiMAXとLTEの両方の回線が使えるという事になります。

ただLTEを使うには月額1,000円のオプション料金が必要なのですが。

それともう1つ、WiMAX最大の特徴は使っているのが高周波数帯の電波ということ。
高周波数帯の電波は障害物で反射しやすく、室内では電波が安定しないのです。

低周波数帯の電波に比べて多くのデータを運ぶことが出来るので高速通信が可能になる
という高周波数帯の電波の大きなデメリットがこれです。

室内はもちろん、高層ビルの多い都会でも周囲の状況によってはかなり電波状況が
安定しなくなってしまうのです。

WiMAXを使う場合、室内では何か工夫が必要になりそうです。

大容量のデータ通信が出来るLTE回線がある

使いやすさを考えるならLTE回線を使っていて、どこでも無制限に使える。
これが一番ですがそれはかなり難しいところです。

でも色々と探してみるとそれに近いサービスを見つけることが出来ました!
それがネクストモバイルのサービスです。

ネクストモバイルはソフトバンク回線をレンタルしてサービス提供をしている
いわゆるMVNOの1つです。

格安SIMを連想してもらうと分かりやすいでしょうか?
そのモバイルルーターサービスを提供しているのがネクストモバイルです。

当然使っているのはソフトバンク回線のLTE、室内でも安定してネット接続可能です。
そして提供しているのは20GBと30GBという大容量データ定額パックです。

さすがに無制限というサービスではないのですがそれでもかなり大容量のデータ通信が
出来るのでとても使いやすいです。

そしてこの大容量プラン、コスパがとても良くかなり安い月額料金で使えるんです。
20GBが2,760円、30GBでも3,490円という月額料金です。

スマホで同じ容量のデータ定額パックを契約すれば20GBで6,000円、30GBなら
月額8,000円という料金です。

モバイルルーターなので接続場所を選ばずに複数の端末を同時にネット接続できます。
大容量なので固定回線の代わりに使うのもおすすめできます。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

モバイルWi-Fiを1つの契約で2か所使う方法は可能?色々なところで使える? はコメントを受け付けていません。 wifi