WiFiモバイルルーターを自己破産申請中に新規契約した場合は審査ってとうなる?

自己破産申請中には色々な新規契約はしちゃいけない?
そんなことを聞いたことはありませんか?

実際に自己破産申告をしたことがある、という方はあまり多くはありません。
そして自己破産の申請に振りになる行動もあると聞いたことがあります。

自分の行動で後に自分が不利にならないように、自己破産申請中の契約について
色々と確認してみることにしましょう。

自己破産申請中にモバイルルーターの契約をする事は出来る?

借金が多くなり、返済が出来ない状況になってしまった場合に出来る方法の1つが
自己破産申請です。

破産申告をすることですべての借金を帳消しにすることが出来る方法ですが
実はこの自己破産申請は却下されてしまうこともあるのです。

借金を含む全ての財産が無くなるので社会的信頼が無くなるという重い責任もあり
気軽にできる方法ではありません。

でもどうしても借金を返済できないという場合に残された最後の方法です。
それが出来なくなってしまうと本当に何も出来なくなってしまいます。

自己破産申請をすると破産の審査、それに免責の審査が行われます。
この免責審査に通らなければ借金がなくならないのです。

でも免責審査は自己破産申請した人が全て通る、と言うものでもありません。
自己破産を申請した人の行動によっては免責が許可されない可能性も・・・

免責が許可されなければ破産者になって借金が残るという状況です。
そうならないためには自己破産申請中の行動にも注意する必要があります。

では自己破産申請中にモバイルルーターの契約をする事は出来るのでしょうか?
モバイルルーターを契約したら免責審査に通らなくなることは無いのでしょうか?

モバイルルーター契約は免責審査に影響する?

自己破産申請の免責審査に影響する行動には色々とあるのですが、その1つに
遊興費として新たな借金をするという行動があります。

つまり遊びや贅沢のために新しく借金をすると免責許可、借金を無くすことが
出来なくなるのです。

モバイルルーターという生活に必要ないと言われる可能性もある契約をする事は
贅沢になるのでしょうか?

基本的にモバイルルーターという通信機器の場合、ある意味では生活のために必要な
通信機器の1つということで認められる可能性はあります。

最近では仕事を探すためにもインターネットを利用することが多く、このネット回線を
使うことが出来ない状況で再起するのは難しいと考えられます。

つまり自己破産後のやり直しをするためにモバイルルーターが必要になると考えれば
自己破産申請中に契約しても贅沢とは考えられない可能性は高いのです。

ただし普通に契約が出来るか?と言われるとちょっと難しいところがあります。
免責審査にはあまり影響しないのですが問題は別にありそうです。

自己破産申請中にモバイルルーターの契約ができる?

問題は自己破産申請中の人がモバイルルーターの契約が出来るのか?ということ。
契約手続きが普通に出来るのでしょうか?

調べてみたのですが、一応契約手続き自体はあまり問題なく出来そうです。
まあモバイルルーターの種類にもよりますが・・・

例えば現在ドコモの携帯端末を使っていて、その支払が滞っている場合に
ドコモ回線を利用するモバイルルーターの契約をするのは難しいです。

通信端末の契約の時には個人信用情報、金融に関する財務状況を見られることは
あまり無いのですが回線利用料金の支払については確認されます。

以前に滞納があったくらいならあまり問題にならないのですが、現状未払いの
利用料金があるとほとんどの回線で契約することが出来ません。

料金支払いが確認されれば契約できると思いますが、支払いがされるまでは
新規契約をするのは難しいと思います。

それともう1つ、大手キャリアの回線を使わない独自回線のモバイルルーターも
自己破産申請中にはちょっと厳しい可能性があります。

独自回線のモバイルルーター、WiMAXについても調べてみました。

WiMAX回線のモバイルルーターは自己破産申請中に契約できない?

LTE回線のモバイルルーターの場合、利用している回線の提供会社の支払状況を
確認することが出来ます。

例えばポケットWiFiの提供をしているY! mobileならソフトバンク回線を
使っているのでソフトバンクに支払状況を確認します。

でもWiMAXは独自回線での通信業務の提供なので基本的には携帯端末の
支払状況を確認することが出来ません。

そこでWiMAX回線提供プロバイダはクレジットカード支払いをしてもらうことで
クレジットカード会社の信用情報を審査に利用するというところが多くあります。

つまりクレジットカード支払いにしてカード会社が利用できると判断したユーザーに
回線提供をするという審査方法です。

この場合はクレジットカードが止められていると新規契約をする事が出来ません。
当然自己破産申請中に利用できるクレジットカードは無いと思うので・・・

一応WiMAXのプロバイダには口座振替に対応しているところもあります。
そちらなら口座振替での契約ができる可能性もあります。

まあ自己破産申請中では銀行口座も凍結されている、という可能性が高いので
こちらも怪しいのですが^^;

自己破産申請中は端末購入ができない?

もう1つ、自己破産申請中にモバイルルーターを契約する場合、端末の購入には
注意することが必要です。

特にスマホのように大手キャリアで契約する時は、モバイルルーター端末を
同時に購入して実質0円購入をする人も多いと思います。

でも携帯端末の分割購入、割賦購入はカード会社に端末購入代金をだしてもらって
カード会社が一括購入した端末をもらってその借金を分割で返済していることです。

つまり新しく借金をしてしまうということになり、そもそも分割購入をする場合は
個人信用情報を確認されます。

自己破産申請中にクレジットカードが利用できない、または滞納などの記録が
信用情報に残っている場合には端末の分割購入は出来ません。

本体0円購入が出来るプロバイダ、もしくは中古端末の持ち込みで契約ができる
というモバイルルーターを利用する必要があります。

まあ一括購入すれば問題はないのですが。
モバイルルーターはスマホよりも端末代金が安いとはいえ一括はやはり高額です。

出来れば本体の0円購入が出来るプロバイダを選ぶことをおすすめします。

WiMAXのモバイルルーターはオススメできる?

自己破産申請中、という状況ではなくてもモバイルルーターを選ぶ時には
どんなことを規準にすれば良いのでしょうか?

ここでそれぞれのモバイルルーター回線の特徴などを改めて確認してみます。
まずはWiMAX回線とは使いやすいオススメ回線なのでしょうか?

独自回線の利用なので現在スマホで使われているLTE回線に比べると
利用可能地域はちょっと狭くなります。

地方都市の一部や山間部などでは繋がりにくくなるくらいでしょうか?
都市部を離れると安定しなくなるという意見も聞くことが出来ました。

ただし利用者数が多くないのでプランとして月間データ通信容量の上限なし
というギガ放題プランの提供があります。

月間データ通信容量の上限がないので月に7GB以上の通信をしても速度制限を
受ける事がありません。

ただ3日間に10GB以上の通信をすると速度制限されるので完全無制限ではなく
ある意味上限100GBだ、という人もいるようですが。

それに高周波数帯の電波を使っているのでデータ通信容量が多く、高速通信が可能
というメリットもあります。

最新端末なら下り最速708Mbpsというかなりの高速通信が出来るのですが
高周波数帯の電波を使っているので壁で反射して室内でつながりにくいです。

長所と短所がかなり両極端なので、印象としてはちょっと使いにくい回線。
WiMAXはそんな感じのモバイルルーターです。

LTE回線のモバイルルーターはオススメできる?

ではもう1つの回線、LTE回線のモバイルルーターはオススメできるのでしょうか。
こちらの特徴も確認してみましょう。

LTE回線は現在スマホで使われている回線と同じです。
ドコモやau、ソフトバンクで設置している電波回線を使っています。

当然利用できる地域はWiMAXよりも広く、全国かなりの地域でネットの接続が
できるようになります。

ただし使っている電波がスマホと一緒なので利用者がとても多く、通信容量の制限は
とても厳しくなっています。

スマホでは高い月額料金で大容量のデータ定額パックを利用できますが
モバイルルーターでは大容量は少なく、多くの契約は7GB上限です。

でもポケットWiFiでは一部の地域で対応端末を使えば月間データ通信容量の上限が
無くなるというプランもあります。

AXGPエリアでアドバンスモードに対応した端末を使うと上限がなくなります。
でも3日間で10GBの通信をすればやはり速度制限されてしまいます。

しかもAXGPエリアは一部の大都市にしか無く、利用可能地域はとても少ないので
実質上限なしで利用できるユーザーはとても少ないです。

室内でも安定しているのでとても使いやすいのですが、通信可能容量が残念です。

ネクストモバイルは使いやすくてお得なサービス

LTEの月間データ通信容量の問題を解決できるサービスを見つけました!
それがネクストモバイルのサービスです。

回線はソフトバンクのLTEです。
ポケットWiFiと違ってイーモバイル回線を使うことが出来ません。

これでは普通のLTE回線のモバイルルーターと変わりませんが、特徴として
ネクストモバイルでは20GBと30GBの大容量プランが提供されています。

つまりLTEモバイルルーターの欠点でもあった通信容量の少なさを改善して
WiMAXの欠点、つながりにくさを解消しているサービスなんです!

WiMAXのような上限なしプランではないのですが20GBや30GBあれば
かなり色々なネットの柄板をする事が出来ます。

パソコンを使って仕事探しをするのにも十分で、固定回線の代わりに利用する
ということも出来るほどの容量です。

これで月額料金は20GBが2,760円、30GBでも3,490円とかなり安く金額の負担も
とても少ないサービスになっています。

30GBならクレジットカード以外に口座振替にも対応しているので自己破産申請中でも
契約できる可能性はあります。

使いやすく月額料金の負担も少ないネクストモバイルはオススメできるサービスです。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

一緒に読まれている関連記事

WiFiモバイルルーターを自己破産申請中に新規契約した場合は審査ってとうなる? はコメントを受け付けていません。 wifi