プロバイダ契約のデメリット、固定回線の契約をポケットWiFiに変更したらデメリットはある?

自宅の固定回線は使わないから解約して別の回線契約をしたい!
インターネット料金の節約をしたいという方は多いはず。

スマホはいつでも使うのであまり大きな節約ができない。
それならば固定回線の契約を見直したいけど、解約するデメリットが心配。

そんな方には固定回線の代わりになるオトクな回線の紹介ができます。
まずは固定回線と他の回線の月額料金を比べてみましょう。

固定回線とモバイルルーターの月額料金はこれだけ違う

以前はインターネット回線といえば自宅で利用する固定回線が一般的でした。
電話回線を使ったネット接続サービスも多く、ほとんどが固定回線です。

現在でも光回線はかなり普及しているので自宅で光回線を使っているという
ユーザーは多くいます。

確かに光回線では多くのサービス提供をしていて、IP電話やデジタル放送サービスに
動画配信サービスなども行われています。

高速通信が出来るのでネット接続も快適なのですが、月額料金が高く他のサービスも
使わないという場合にはコストパフォーマンスが悪くなります。

一人暮らしをしている状態で固定電話はあまり必要なく、スマホで十分という方には
IP電話のサービスは必要ありません。

アパートやマンションならデジタル放送の受信も出来るし動画配信はスマホや
タブレットPCでも十分に楽しめます。

単純にインターネット回線だけを使うのに戸建てで5,000円以上、アパートでも
4,000円近くの月額料金を払うというのはやはり高いと感じます。

インターネット接続回線というだけならモバイルルーターでも十分可能です。
こちらの場合は最安値なら2,000円くらいの月額料金で契約できます。

それならばモバイルルーターを固定回線の代わりに使うことは出来ないのでしょうか?

固定回線を解約する場合のデメリットはある?

まずは現在固定回線の契約をしている場合、これを解約する時に何かデメリットが
考えられるのでしょうか?

テレビ回線やIP電話の有料オプションを使っているなら一緒に解約されます。
特にIP電話はその番号が二度と使えなくなるので注意が必要です。

光回線を解約して、再度契約してIP電話のサービスを利用して同じ電話番号には
なりません。

電話番号が変わるというのはデメリットに感じます。
まあIP電話を使っていない、最初から電話番号の権利を持っていると言う場合は別ですが。

戸建の場合は専用回線を設置しているのでその撤去作業が必要です。
集合住宅なら室内の設置工事は最初から無いので何も問題ありません。

こうして考えてみるとあまり固定回線の解約には大きなデメリットが無い
という印象なのですが・・・

ただ、安定した高速通信が出来る光回線は最近特にネットゲームでは重要です。
パソコンだけではなく家庭用ゲーム機でも高速通信が出来る光回線は使いやすいです。

ネットゲームをよくやっている、という方は光回線を使うことがおすすめです。

モバイルルーターは固定回線の代わりになる?

固定回線の契約を止めた後、何もインターネット回線の契約をしないというのも
一つの方法ではあります。

最近はスマホがパソコンで出来るほとんどの事を出来るようになっています。
スマホを使っていれば他にインターネット回線がいらない、という方もいるでしょう。

ただスマホのデータ定額パックを大容量にすると、その月額料金は固定回線と
併用していたくらいの大きな負担になる可能性が高いです。

大手キャリアで大容量データ定額パック20GBの契約をすると月額6,000円かかります。
データ通信容量の節約をするために固定回線を使っていた方には大きな負担です。

そこで簡単なネット接続の手助けができるモバイルルーターを使うという方法は
どうなのでしょうか?

モバイルルーターがあれば他にモバイル端末、タブレットPCやノートPCの他にも
携帯ゲーム機などを持っている方はこちらからネット接続させることができます。

スマホのテザリングではスマホにかかる負担が大きすぎるのでなるべく使いたくない。
でも他の端末もネット接続させる必要があるならモバイルルーターは便利です。

このモバイルルーターを固定回線の代わりに使うことは出来るのでしょうか?

月額料金の安いポケットWiFiのサービス内容を確認

モバイルルーターで利用している電波にも種類があります。
当然モバイルルーターにも契約できるキャリアはあり、選ぶことが出来ます。

今回はまず光回線の月額料金の負担を軽くするために、モバイルルーターの中でも
かなり月額料金が安いサービスを選んでみました。

それがYahoo! WiFiが提供するポケットWiFiサービスです。
月額料金は最安値クラスと言われている1,980円です。

ポケットWiFiはソフトバンクの4G/LTEとイーモバイルの回線を使って
ネット接続できるモバイルルーターです。

提供しているプランは2種類、その安い方のプランを確認してみます。
月額料金が1,980円で月間データ通信容量は5GBです。

回線にはソフトバンクLTEを使っているので全国的に広い地域で接続できます。
ただしデータ通信容量は5GBと少なめです。

そして実は月額料金がYahoo! プレミアム会員限定価格でした。
Yahoo! プレミアム会員は月額500円の有料会員です。

つまり実際の月額料金は2,480円、それでもかなり安いという印象です。
ただ固定回線の代わりに使えるか?と言うとかなり微妙なところです。

データ通信が5GBを超えると速度制限がかかるのでスマホのデータ容量の節約
という感じではなくスマホのサブ回線のようです。

たしかに安いのですが、使うのは注意が必要という印象でした。

固定回線のようにデータ通信容量の上限がないモバイルルーターは?

固定回線の代わりに使うなら月間データ通信容量の制限がない方が使いやすいです。
ではデータ通信容量の上限なしというプランを探してみます。

まずポケットWiFiではアドバンスモードに対応した端末を使えばAXGPエリア
というポケットWiFiの高速通信エリアでデータ容量の上限なしになります。

でもこのAXGPエリアは現在主要な大都市にしか整備されていないので
利用できる地域がかなり限られてしまいます。

それに対応端末を使っていてもアドバンスモードに切り替えをしなければ上限があり
7GBを超えるデータ通信をしたら速度制限がかけられます。

利用できるユーザーがかなり限られるサービスです。

もう1つ、月間データ通信容量の上限なしというサービス提供をしている
モバイルルーターがあります。

それがWiMAXで、こちらは専用回線を使ったモバイルルーターサービスです。
提供しているのはかなり多くのプロバイダで、大手プロバイダはほとんどあります。

このWiMAXにはギガ放題プランというサービスが有り、こちら月間データ通信容量の
上限なしというプランです。

ただし3日間に10GB以上のデータ通信をすると速度制限がかかります。
こちらはどんなサービス内容なのでしょうか?

WiMAXのサービス内容を詳しく確認してみる

まずWiMAXは独自の高周波数帯電波を使ったモバイルルーターサービスです。
ポケットWiFiのような大手キャリアのLTEを使っているわけではありません。

その為、全国で利用できるのですが対応地域はLTEに比べるとちょっと狭くなります。
地方都市や山間部では電波が届かないところもあります。

AXGPよりも広くLTEより少し少ない対応地域です。
ただその電波にはかなり大きな特徴がありました。

LTEは900Mhlz以上の低周波数帯を使っています。
この電波は地表近くを通って障害物を避けるという性質があります。

でもWiMAXで使っている2.4Ghlz以上の高周波数帯の電波は障害物で反射するので
壁に囲まれている室内では電波が届きにくくなってしまうのです。

一度に多くのデータを運べるので通信速度が速いなどメリットも有るのですが
室内ではかなり電波状況が不安定になり、状態によって回線切断が頻発します。

屋外で利用するにはほとんど問題がないので使い方に工夫が必要という印象の
モバイルルーターサービスです。

固定回線の代わりになるモバイルルーターのサービスは?

色々とモバイルルーターのサービスを見てきましたが、固定回線の代わりに
利用することが出来るのはかなり厳しいかもしれません。

高速通信が出来てデータ通信容量の制限なしプランがあるWiMAXは
固定回線に近いサービスの提供が行われていると思います。

でも室内では安定しない電波なので部屋の状態によってはかなり使いにくく
WiMAXの特徴を十分に引き出すことが出来ません。

月額料金に関してもWiMAXなら多くのプロバイダからサービス提供が
行われているので月額料金の安いプロバイダを選ぶことも出来ます。

これで電波状況が良くなれば・・・というところでしょうか。

ポケットWiFiに関してはAXGPエリアの狭さでデータ通信容量の制限なしに
期待をする事が出来ません。

室内でも安定しているのは使いやすいのですが、データ通信容量をいつでも
気にしながらネットをするのはちょっと厳しいです。

データ通信容量無制限以外のプランでは上限7GBというのがポケットWiFiでは
多く提供されているサービスなのでやはり速度制限が気になります。

じゃあLTEを使って大容量データ定額プランが利用できるモバイルルーターが
一番使いやすいということになるのでしょうか?

安くて大容量のデータ通信が出来るモバイルルーターならこちらがおすすめ

他にもモバイルルーターサービスがないか、探してみた所大手キャリアの
MVNOでモバイルルーターを提供しているところがありました。

MVNOとは大手キャリアの回線をレンタルしてサービスの提供をしている
プロバイダのことです。

私が見つけたのはソフトバンクの回線を使ってモバイルルーターサービスをしている
ネクストモバイルというところ。

提供されているプランは20GBと30GBの大容量データ定額パックです。
これが月額2,760円と3,490円で利用することが出来るんです!

月額料金ではYahoo! WiFiの最安値クラスとあまり変わらない金額です。
でも使えるのは月間20GBと4倍のデータ通信ができます。

ポケットWiFiと違ってソフトバンク回線のみの利用ですが、それでも
利用できる地域は全国的にとても広いです。

データ通信容量が無制限ではないのですが、固定回線を解約する人なら
それほど大容量のデータ通信をしていないと思います。

動画配信くらいなら20GBあれば通常画質ならかなりの時間再生可能です。
LTEなので室内でも安定して電波が届くので部屋の中でも気にせずに使えます。

固定回線よりも安くスマホのデータ定額パックの節約もできる。
ネクストモバイルはおすすめできるモバイルルーターです。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

プロバイダ契約のデメリット、固定回線の契約をポケットWiFiに変更したらデメリットはある? はコメントを受け付けていません。 wifi