WiFiのモバイルルーターはクレジットカードがないと契約できない?

モバイルルーターの契約をするためにはクレジットカードが必須、と思っていませんか?

確かにインターネット回線の支払いにはクレジットカードが便利なのでプロバイダでも
クレジットカードを推奨しているところは多くあります。

でもクレジットカードを持っていない、使いたくない人でもモバイルルーターの
契約をする事は出来ます!

モバイルルーターにクレジットカードが望まれる理由

モバイルルーターは持ち運びが出来るWi-Fiルーターで、屋外でも多くの端末を
インターネット接続させることが出来ます。

特にタブレットPCやノートPCなど自分でネット接続させる機能がない端末は
モバイルルーターがとても役立ちます。

タブレットPCを外出先で使いたいならWi-Fiスポットを探すよりも
モバイルルーターを持ち歩くほうが使いやすいと思います。

でもモバイルルーターの契約をする場合、多くのプロバイダでクレジットカードの
支払いを指定されるのは何故なのでしょうか?

モバイルルーターのメリットの1つに固定回線と違って回線設置工事がなく契約してから
すぐに回線接続ができる、というところがあります。

電波を使ってネット接続するモバイルルーターは確かに回線設置工事がありません。
その代わり支払い方法の確定が終わるまでは端末発送がしにくいというデメリットも。

支払い方法が確定する前に端末を使うとその期間の支払いには請求書を使うことになり
別にコストがかかってしまいます。

クレジットカードならすぐに支払い方法の確定が出来るので端末を使い始めても
大きな問題になりません。

つまりすぐに使えるというメリットを最も活かすことが出来るのがクレジットカードの
支払い方法という訳です。

現在利用できるモバイルルーターの支払い方法は?

実際にかなり多くのモバイルルーター提供プロバイダではクレジットカード必須
という条件のところがあります。

でも全てもプロバイダがクレジットカードにしか対応していないわけではありません。
数は少なくなるのですがクレジットカード以外の支払い方法を選べるところもあります。

ただしクレジットカード以外の支払い方法はほとんどが口座振替です。
基本的には口座振替かクレジットカードの支払い方法ということになります。

以前はプロバイダから請求書を発送してもらって、それを使って金融機関窓口や
コンビニで支払うという方法もありました。

でも現在ではこの請求書による支払いを選ぶことが出来るプロバイダはありません。
イレギュラー対応として請求書の発行をしているプロバイダはあるのですが・・・

現状はクレジットカードか口座振替での支払いということです。

口座振替に対応しているプロバイダはどこがある?

では口座振替に対応しているのはどんなプロバイダなのでしょうか?
まずは大手キャリアなら口座振替での支払いに対応しています。

スマホの提供をしている大手キャリア、ソフトバンクとドコモ、auでは
モバイルルーターの提供も行っています。

そしてスマホの支払い方法に口座振替が利用できるのと同じで、モバイルルーターの
支払い方法にも口座振替を選ぶことが出来ます。

大手キャリア以外ではかなり数が減ってしまう、というのが現状です。
口座振替に対応しているのはWiMAX回線の幾つかのプロバイダです。

WiMAXは独自回線を使ったモバイルルーターサービスです。
対応している端末や利用できる地域はLTEのモバイルルーターとは違います。

こちらのサービスを提供しているプロバイダはかなり多いのですが、その中で
口座振替に対応しているプロバイダはとても少なくなってしまいます。

現在WiMAXで口座振替に対応しているのはUQ WiMAX、BIGLOBE、@niftyと
Broad WiMAXです。

最後にポケットWiFiを提供しているYahoo! WiFiです。
この様にかなりプロバイダの選択肢が少ないという印象です。

口座振替を使う時の注意点

口座振替が出来るプロバイダの数はとても少ないのですが、その少ないプロバイダでも
サービス内容が同じという訳ではありません。

まず口座振替を選んだ場合、支払い方法の確定に時間がかかります。
その為にプロバイダによっては端末の発送が出来ないという場合もあります。

例えば申し込みから必要書類が郵送されて、それを記入して返送してから審査が始まり
書類の不備がなければ審査終了まで2週間程度かかります。

プロバイダによってはこの審査期間に端末の発送ができないので実際に端末を
発送してもらえるのは口座振替の審査が終わってからという場合も。

当然別のプロバイダにはすぐに発送してくれて、支払い方法確定までの料金は
別途請求書を発送して支払うというところもあります。

プロバイダによって対応が違うので契約する前にきちんと確認しておきましょう。

それともう1つ、口座振替の場合は手数料がかかります。
大体200円程度ですが、この手数料が毎月加算されることになります。

小さな金額ですが積み重なるとかなり大きな負担になります。
毎月の料金がちょっと変わることは覚えておきましょう。

Yahoo! WiFiの口座振替は少し特殊

ポケットWiFiの提供をしているYahoo! WiFiでも口座振替が利用できるのですが
こちらはちょっと特殊な口座振替の方法です。

Yahoo! WiFiではYahoo! グループが行っている電子マネーサービスを使った
口座振替なのです。

Yahoo! ウォレットという電子マネーがあるのですが、これを使った口座振替の
支払い方法を取り扱っているんです。

Yahoo! ウォレットはYahoo! グループが提供しているサービスの支払に使える
電子マネーで、口座から自動的にチャージすることができます。

つまり実際にはYahoo! WiFiではYahoo! ウォレットでの支払いをしているのですが
ウォレットは口座から自動的に換金されているという事になります。

その為にYahoo! ウォレットに対応している銀行口座のみが口座振替できる
という状態です。

そしてこのYahoo! ウォレットに対応している銀行は現在みずほ銀行と
ジャパンネット銀行、楽天銀行に三菱東京UFJ銀行です。

更にYahoo! ウォレットと使うためには事前登録が必要で、当然ですがその銀行の
口座を持っていることも必要です。

Yahoo! ウォレットの登録には時間がかかる場合もあるので、契約前に余裕を持って
登録することをおすすめします。

LTEとWiMAXはどっちが使いやすい?

モバイルルーターをクレジットカード以外の支払い方法で契約できることはわかりました。
でもモバイルルーターには2種類の海鮮があります。

一応どちらの回線でも口座振替が出来るのですが、どっちの回線のモバイルルーターが
使いやすいのでしょうか?

ポケットWiFiはLTE回線で、ドコモとソフトバンクが提供しているのもLTEを使った
モバイルルーターです。

WiMAXは親会社がauと同じKDDIなのでauではWiMAX回線を契約できます。
他にもWiMAX回線は口座振替に対応しているプロバイダが多くあります。

口座振替が出来るプロバイダという意味ではWiMAXの方が便利に思えますが
回線の特徴としてはどちらが使いやすいのでしょうか?

それぞれの回線のメリットを調べてみると、LTEはその対応地域の広さが魅力です。
スマホのキャリアと同じ回線を使えるので全国的にとても広い地域で使えます。

一方のWiMAXは高速通信と月間データ通信容量が上限なしというメリットが。
下り最速706Mbpsというのは光回線とあまり変わらない通信速度です。

しかも提供プランのギガ放題プランは月間データ通信容量の上限が無いのです。
毎月データ通信容量を来にしながら使う必要がありません。

それぞれの回線に魅力があるのはわかりましたが、デメリットはないのでしょうか。
今度はそれぞれのデメリットも調べてみることにしましょう。

それぞれの回線の使いにくいところを確認してみる

全国的に広い地域で利用が出来るLTEですがデータ通信容量を考えるとかなり厳しい
という印象になります。

基本的にはデータ通信容量は月7GB、WiMAXのような上限なしという使い方が
出来る端末もあるのですが・・・

LTEの場合、月間データ通信容量の上限なしで使えるのはAXGPエリアという
かなり限られた地域で、対応しているルーター端末の設定も必要です。

ネット接続しやすいのですが、利用する時にはいつでも節約が必要になる
という印象があります。

WiMAXの場合はデータ通信容量に問題がないのですが、ネット接続の安定性に
ちょっと気になるところが・・・

LTEに比べると利用できる地域が狭く、人口カバー率で見るとLTEの99%に対し
94%程度とその範囲の狭さが気になります。

それにWiMAXが使っている高周波数帯の電波は障害物で反射しやすく
室内で使っている時に電波状況が安定しなくなります。

壁で反射して室内まで電波が届きにくいので状況によっては通信回線が
切断されてしまうこともあります。

屋外で使うなら問題は無いのですが・・・
この様にどちらにも気になるところはありました。

つながりやすくてデータ通信容量を気にしなくていいモバイルルーター

それぞれの回線のメリットデメリットを調べてみると、使いやすいのは
回線がつながりやすくデータ通信容量を気にせずに使えるもの、という事に。

でもそんな良い所取りのような便利なモバイルルーターはあるのでしょうか?
色々と調べてみるとそれに近いサービスを見つけることが出来ました!

回線はソフトバンクを使っているMVNOのモバイルルーターで、プランは
20GBと30GBという大容量プランの提供がありました。

そんな使いやすいモバイルルーターがネクストモバイルのルーターです。

ソフトバンク回線をレンタルしているので全国で使えるLTE回線です。
当然室内でも安定したネット接続が出来るようになっています。

そして大容量プラン、20GBと30GBというデータ定額パックなので
データ通信容量はあまり気にする必要がありません。

しかもこの大容量データ定額プランが月額2,760円、30GBでも3,490円と
かなりお得に契約することが出来るんです。

更に30GBのプランなら口座振替にも対応しています。
まあ20GBプランはクレジットカードのみになってしまうのですが・・・

実際に30GBもデータ通信容量あればかなり余裕を持ってネットが楽しめます。
私は動画をよく見るのですが、画質を選べばかなり多くの動画が楽しめます。

コストパフォーマンスが良く、使いやすくて口座振替にも対応している。
かなりおすすめのモバイルルーターがネクストモバイルのサービスです!



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

WiFiのモバイルルーターはクレジットカードがないと契約できない? はコメントを受け付けていません。 wifi