フレッツ光でWi-Fiの契約をした場合買うものは無線ルーターのみでよい?

固定回線にWi-Fiを使って接続するにはどうすればいいの?
インターネット回線の設定に悩んでいる方は多いと思います。

自宅でスマホを使う時にデータ通信容量を使いたくないから固定回線を使いたい。
でもWi-Fiで接続するための方法がわからない・・・

そんな方のためにフレッツ光回線をWi-Fi接続で使うための方法を詳しく確認して
説明してみたいと思います。

フレッツ光にWi-Fiで接続することは出来る?

以前はインターネット回線、固定回線といえば電話回線を使った物が多く
光回線を使ったインターネット回線はほとんどありませんでした。

でも現在では固定の電話回線を使っている人が少なくなり、光回線の月額料金が
安くなってきたために光回線が一般的です。

そんな光回線の中でも普及率が高く対応地域も広いのがフレッツ光です。
自宅の固定回線はフレッツ光、という方も多いと思います。

フレッツ光はNTTが提供している光ファイバーケーブルを使ったインターネットの
専用回線を提供しているサービスです。

戸建の場合はその家に直接ケーブルを設置します。
マンションなどの集合住宅は建物に設置した回線を各部屋で分配します。

インターネット専用なのでノイズが入りにくく高速通信が出来るというのが
フレッツ光の大きな魅力です。

でも基本的に専用ケーブルを使った通信回線なのでスマホのような携帯端末では
直接使うことが出来ません。

そこでこのフレッツ光をWi-Fi接続できるようにして使いたいのですが
その為にはどんな器具を用意する必要があるのでしょうか?

そもそもフレッツ光にWi-Fi接続をする事は出来るのでしょうか?
まずはそこから確認してみることにしましょう。

フレッツ光をWi-Fi接続するためには?

フレッツ光をWi-Fiで使うことは出来ます。
回線の途中に無線ルーターを接続すればいいだけです。

NTTの契約にはフレッツ光Wi-Fiという契約もあります。
この中にはWi-Fiモバイルルーターを格安で利用する事が出来る契約もあります。

ただしこのモバイルルーターを使う場合は回線にフレッツ光を使いません。
NTTのXi回線を使ってネット接続するルーターを安く借りることが出来るだけです。

その条件としてフレッツ光に加入している、というのがあるのでフレッツ光と
一緒に取り扱われているだけなので注意しましょう。

そしてこの契約の中にはWi-Fiルーターをレンタルできるという契約もあります。
これはフレッツ光回線につなぐことが出来るWi-Fiルーターを借りることが出来るのです。

Wi-Fiとは無線接続の方法の1つ、つまり無線LANとほとんど同じ意味です。
つまりフレッツ光回線を無線LANで分配して接続させることが出来るのです。

まあレンタルなので毎月のレンタル料金が必要です。
それに借りることが出来る無線LANルーターは決まっています。

セキュリティの問題もあるので自分で無線ルーターを用意したいという方は
自分で購入した無線ルーターを接続することも出来ます。

では実際に無線ルーターを接続する方法を確認してみましょう。

無線ルーターの接続方法とは?

フレッツ光は専用回線を一度インターネットモデムにつないで、そこから
パソコンなどに接続します。

無線ルーターを使う場合にはインターネットモデムとパソコンなどの端末の間に
接続することになります。

パソコンやインターネット対応のテレビなどを使っていない場合は無線ルーターを
インターネットモデムとつなぐだけです。

基本的にはこれだけなのですが無線ルーターにインターネットモデムの機能がある
という場合には無線ルーターを設定することが必要です。

市販の無線ルーターにはインターネットモデムの機能がついていて、ネット回線を
直接つないで利用できるものもあります。

この場合はインターネットモデムを外して無線ルーターだけを使うという方法も。
IP電話などを使っていないならこんなつなぎ方も出来ます。

フレッツ光ではひかり電話やひかりTVなどのサービスも提供しています。
これらを使っている場合はやはりNTTから借りたモデムを使う必要があります。

その場合は無線ルーターのモデム機能を切って使うことが必要です。
二重モデム状態にすると色々と不具合が出るので・・・

無線ルーターによってブリッジモードやルーターモードなど呼び方が変わりますが
モデム機能を使わない設定にすると単純にWi-Fiの分配器として使うことが出来ます。

無線ルーターの設定をする

最後に無線ルーターの設定をするのですが、本体の設定もパソコンやスマホを使って
設定をする必要があります。

インターネットモデムから直接パソコンに接続している時にはインターネットへの
アクセスをするIDやPASSをパソコンで管理していました。

でも無線ルーターを接続した場合、ルーターに接続するだけでネットを使えるように
ルーターがIDとPASSを使ってネット接続している状態にします。

つまり自分が使っているフレッツ光への接続をさせることが必要なので、本体の
設定などを含めた初期設定が必要になります。

IDなどの入力があるためにパソコンでの設定が必要です。
最近の無線ルーターならスマホから設定が出来るようになっています。

インターネットの接続設定が出来れば無線ルーターからWi-Fi接続ができます。
これでフレッツ光をWi-Fi接続で使えるようになります。

屋外でWi-Fi接続させるためにはモバイルルーターを利用する

自宅ですでにフレッツ光を契約していて、そこでWi-Fi接続をするなら
無線ルーターを使う方法が手軽で便利です。

でも現在自宅にフレッツ光がない、という状態ならモバイルルーターの利用も
おすすめします。

モバイルルーターなら最初からWi-Fi接続を考えて作られているので
基本的にはWi-Fi接続設定をするだけでインターネットへの接続ができます。

固定回線のような設置工事が必要ないので契約すればすぐにでもネットへの
接続ができるようになります。

ちなみにフレッツ光の場合、回線設置工事をする予約をとるのが大変で
状況によっては1ヶ月以上先に工事予約をするという可能性も・・・

ただしモバイルルーターの場合はフレッツ光とは違って無制限にネットが出来る
という回線ではありません。

スマホと同じモバイル通信なのでデータ通信容量が決められています。
通信容量以上のネット利用をすれば通信速度の制限をされてしまいます。

その為にどんな使い方をするのかによってモバイルルーターのキャリアを
選ぶことが必要です。

月間のデータ通信容量を気にせずに使いたいならWiMAX

まずはフレッツ光と同じようにあまり通信容量を気にせずにネットがしたい
という方にはWiMAX回線のモバイルルーターをおすすめします。

WiMAXは独自のネットワークを利用した通信網を使ったモバイルルーターです。
スマホとは違った高周波数帯の電波を使って通信をしています。

独自ネットワークなので比較的利用している人数が少ないことから月間の
データ通信容量の上限がないプランを提供しています。

スマホの場合はデータ定額パックという形でデータ通信の上限を自分で決めて
それ以上の通信をした場合に速度制限される事になります。

でもWiMAX回線ではこの月刊データ通信容量の制限がないプランがあるのです。
月の通信容量を気にせずにネットを楽しむことができます。

まあ直近3日間で10GB以上の通信をすれば速度制限がかかるのですが・・・
完全無制限ではないところが残念です。

それと使っている高周波数帯の電波の特徴として障害物で反射しやすいという
デメリットもあります。

周囲の建物に影響されやすく、壁に囲まれた室内では電波が反射してしまうので
電波が届きにくく安定しないという状況です。

こちらは月間データ通信容量無制限に魅力を感じる方におすすめします。

LTE回線は安定しているが通信容量に不安がある

フレッツ光のWi-Fi契約のようにスマホと同じLTE回線を使ったモバイルルーターも
各キャリアから提供が行われています。

ドコモの場合はXi回線を使っていますがソフトバンクでは4G/LTE回線とイーモバイルの
回線を両方使えるモバイルルーターもあります。

こちらはスマホと同じ回線を使っているので全国殆どの地域で接続可能です。
WiMAXは人口カバー率94%に対してLTEは人口カバー率99%です。

スマホと同じ感覚で使えるので室内で使っていてもほぼ問題なく安定して
ネットを使えるというメリットがあります。

ただしWiMAXと違ってデータ通信容量に関しては厳しいです。
ドコモの場合はフレッツ光のセットではなく契約するなら月額料金の負担が大きいです。

モバイルルーター専用プランの契約で、基本料金1,200円にプロバイダ料金200円。
これにデータ定額パックの料金が必要です。

データ定額パックはスマホと同じパックを使うのでデータSパックなら月額3,500円で
データ通信容量は2GBです。

大容量のウルトラデータLLパックは月額8,000円、モバイルルーターを使うのに
月額9,500円はとても高いという印象です。

大手キャリア以外のLTEモバイルルーターを探してみた

安定しているLTE回線のモバイルルーターはとても魅力的ですが通信容量と
月額料金のバランスを考えるとちょっと使いにくいです。

そこでキャリア以外でLTE回線のモバイルルーターを提供しているところを
探してみることにしました。

格安SIMは大手キャリアの回線をレンタルして格安料金でサービス提供しています。
これと同じように回線レンタルのモバイルルーターを探してみました。

色々と調べてみて私がお得で使いやすいと思ったのがネクストモバイルです!

ネクストモバイルではソフトバンク回線を使ったモバイルルーターを提供しています。
スマホと同じLTE回線なので利用できる地域はかなり広いです。

そして契約できるプランは月間データ通信容量20GBと30GBのプラン。
それぞれの月額料金が2,760円と3,490円です。

この金額はデータパックのみの金額ではなく、モバイルルーターを使う金額
つまりこの月額料金だけでインターネット接続ができるようになります。

ドコモのモバイルルータープランと比べれば月額料金が2GBよりも安くて
利用できるデータ通信容量は10倍の20GBです。

私も実際に契約して使ってみたのですが、通信回線は安定していて快適です。
20GBの大容量なら動画を楽しむ私でもあまり通信容量を気にせずに楽しめます。

フレッツ光をWi-Fiで使うという節約方法も良いのですが、オトクなモバイルルーターを
利用するという方法もかなりおすすめです。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

一緒に読まれている関連記事

フレッツ光でWi-Fiの契約をした場合買うものは無線ルーターのみでよい? はコメントを受け付けていません。 wifi