ポケットWiFiを契約した場合プロバイダは?別に契約する必要がある?

モバイルルーターを契約したいけどプロバイダってどうすればいいの?
ポケットWiFiはプロバイダ契約しないでも使えるの?

インターネット回線を契約したことがある人なら回線以外にプロバイダの契約が必要
ということは知っています。

でもそのプロバイダ契約はモバイルルーターでも必要なのでしょうか?
今回はポケットWiFiの場合でモバイルルーターとプロバイダの関係を調べてみます。

インターネット回線を利用するためにはプロバイダ契約は必須!

現在インターネット回線の普及率はとても高く、日本の人口で考えると
1人に必ず1回線の契約をしているという事になるそうです。

まあ実際には自宅の固定回線とスマホの契約をしているという方が多いので
必ず一人ずつネット回線がある、というわけでもないのですが^^;

でもこれだけの普及をしているインターネット回線ですがよくわからないことも
多いのではないでしょうか?

特にプロバイダ、これって一体何?
と思っている方は多いと思います。

簡単に説明するとプロバイダとはインターネット回線に接続するための業者です。
インターネットは一般人が勝手に接続していい回線では無いのです。

インターネット接続をするためには国の許可、国家資格が必要です。
個人で取得することも出来るのですが試験が難しく普通は個人で持つことはありません。

そこでインターネットを使う時にはこの国家資格を持っている業者と契約をして
業者からインターネットに接続するという形を取ります。

つまりプロバイダと契約してユーザーはプロバイダのサーバーに接続します。
そしてプロバイダを通してインターネットに接続するというわけです。

モバイルルーターの場合もプロバイダが必要?

ではモバイルルーターの場合はどうなのでしょうか?
基本的にはモバイルルーターでもインターネット接続をするにはプロバイダが必要です。

それならば固定回線と一緒でモバイルルーターの契約をした時にもプロバイダの
契約をする必要がある、ということでしょうか。

一応プロバイダ契約は必要になるのですが、実際には別途プロバイダ契約をする事は
ありません。

固定回線なら光回線業者とプロバイダを別々に契約する、というのも多くあります。
でもモバイルルーターの場合はほとんどがプロバイダからの契約なのです。

光回線で例えてみるとNTTからフレッツ光の契約をしてからOCNなどにプロバイダの
申し込みをする、という方法ではありません。

最初からOCNに申し込みをしてフレッツ光とのセットで契約する、というようなものです。
申し込みをしたところがそのままプロバイダになるという訳です。

実際にどんな契約になるのか、ポケットWiFiを例にして見てみましょう。

ポケットWiFiに契約した場合のプロバイダ契約

ポケットWiFiはソフトバンクの4G/LTE回線とイーモバイル回線の両方を使える
モバイルルーターです。

サービス提供しているのはソフトバンク、Y! mobileとYahoo! WiFiです。
ではソフトバンクから申し込みをした場合の契約内容を確認してみます。

ソフトバンクではモバイルルーター用のプランとして利用する回線に応じたプランが
いくつか用意されています。

その中でもソフトバンクのLTE回線対応地域全体を使えるのは
4G/LTEデータし放題フラットというプランです。

最新機種にも対応しているプランで、ソフトバンクの4G/LTE電波を使えるので
日本全国殆どの地域で利用することが出来ます。

このプランの月額料金は3,696円ですが、実際に使うためにはこの他にも実は
4Gデータ通信基本料が必要です。

月額500円のこの料金がプロバイダ料金になるわけです。
やはりモバイルルーターでもプロバイダ契約は行われているのです!

ただ他のプロバイダではソフトバンクのようにしっかりと料金が別れていない場合も。
プロバイダ料金を含めてモバイルルーターの月額料金という所も多いです。

では他のポケットWiFiのプロバイダも見てみることにしましょう。

Y! mobileのポケットWiFiサービスはどんな内容?

Y! mobileでもソフトバンクと同じように提供プランを選ぶことが出来るのですが
それぞれのプランは対応している端末が違います。

最新端末を使いたい場合はポケットWiFiプラン2の契約をすることになります。
こちらは基本的には月間データ通信容量7GBまでのデータ定額プランです。

ただし最新端末ではアドバンスモードに対応していて、こちらのプランでは
アドバンスモードでの接続時には7GBを超えるデータ通信をしても速度制限されません。

でもアドバンスモードにするためには有料オプションに加入することが必要で、しかも
AXGPエリアでしかアドバンスモードを使うことが出来ません。

AXGPエリアは一部の都市部にしか無いので利用できる地域はとても限られてしまいます。
その為に月額3,696円とオプション料金696円はちょっと高い気が・・・

他にも月額2,480円で5GBまでのデータ通信が出来るポケットWiFiプラン2ライトや
アドバンスモードのオプション込みのポケットWiFiプランLなどがあります。

これらのプランには対応している端末が決まっているので、自分の好きな端末を選んで
好きなプランを使うということが出来ません。

基本的にはデータ通信容量が7GBか5GBの上限のプランという印象です。

Yahoo! WiFiのポケットWiFiサービスの内容とは?

もう1つのポケットWiFi提供プロバイダのYahoo! WiFiではどんなサービスの提供が
行われているのでしょうか?

Yahoo! WiFiでは選択肢が少ない代わりに両極端で特徴を特化させたプランを
提供していました。

業界最安値クラスの月額1,980円のプランと使い放題プランです。
まずは使い放題プランの内容を確認してみます。

使い放題、と言っても完全使い放題ではなくY! mobileと同じようにアドバンスモードを
利用した場合に月間データ通信容量の上限が無くなるというサービスです。

選べる端末はアドバンスモードに対応した最新端末なので通信速度が速く
下り最速612Mbpsという高速通信が出来るプランです。

ただし直近3日間の速度制限が残っていて3日間に10GBのデータ通信をすると
通信速度が128Kbsに制限されてしまいます。

そしてやはりAXGPエリアのみの対応なのでどこでも上限なしのアドバンスモードに
出来ないというデメリットも。

最安値クラスのプランはデータ通信容量5GBですが月額料金が1,980円とかなり安い。
ただしこの金額はYahoo! プレミアム会員になることが条件です。

そしてYahoo! プレミアム会員になるには月額500円が必要です。
つまり実際には2,480円かかるということです。

もう1つのモバイルルーター提供サービスのWiMAX

ポケットWiFiの他にもモバイルルーターサービスを提供している回線があります。
それがWiMAXです。

こちらは独自回線を使っているモバイルルーターサービスで、LTEと違う
高周波数帯の電波を使っています。

契約ユーザーのみが利用できる専用回線なので月間データ通信容量の上限なし
というプランも提供されています。

対応地域もそれなりに広く、AXGPエリアよりも広い地域で使えるのですが
LTEに比べてしまうとちょっと狭いという印象です。

実際に地方都市や山の中などでは電波が届かないところも多くなります。
ただし上限なしのギガ放題プランは4,000円くらいで利用できるという魅力も。

このWiMAX回線の特徴としては多くのプロバイダからサービス提供されていて
月額料金やサービス内容、キャンペーン特典などで選ぶことが出来るということです。

そして回線的な特徴では障害物で反射しやすく室内では電波状況が安定しない。
部屋の中で使うと電波が悪く、断線してしまうこともありました。

私も一時期使っていたのですが、室内で使いにくいので解約してしまいました。
でもデータ通信容量が大きい、制限がないというのは結構魅力的でした。

どんなモバイルルーターを選ぶと使いやすい?

モバイルルーターでもプロバイダ契約が必要で、プロバイダからモバイルルーターを
契約するので別途プロバイダ契約が必要ないことがわかりました。

ではどこのプロバイダから申し込みをすれば使いやすい、お得なモバイルルーターを
選べるのでしょうか?

ポケットWiFiの場合、データ通信容量の上限なしというプランはどう考えても
WiMAXより使いにくいので選べません。

通常のプランはデータ通信容量が大きくても7GBなのでメインで使っているとすぐに
通信制限にかかってしまうという状況になりやすいです。

ただLTE回線は室内でもかなり安定しているので室内で使うならこちらです。
逆にWiMAXを使いたい場合は室内で使わない方のほうがおすすめできます。

高周波数帯の電波は屋外では何の問題もなく高速通信が出来るので、快適に
インターネットを利用することが出来ます。

その回線速度を室内でも実行できればかなりおすすめなのですが・・・
基本的に室内でWiMAXを使う場合は何か工夫をして電波状況を上げることが必要です。

単純に考えるならLTEを使った大容量のデータ定額パックを利用できるモバイルルーター。
これが一番使いやすいということになるのですが。

低価格で大容量データ定額パックが利用できるモバイルルーターならコレ!

使いやすいモバイルルーターを探してみると、ソフトバンク回線のMVNOを
提供しているモバイルルーターが見つかりました。

MVNOとは回線をレンタルしてサービス提供をしているプロバイダです。
その1つがモバイルルーターの提供を行っていました。

しかもデータ通信容量は20GBと30GBという大容量プランです。
ただしポケットWiFiと違ってイーモバイル回線を使うことが出来ません。

ソフトバンク回線を使ったモバイルルーターサービスを提供しているのは
ネクストモバイルです。

選ぶことが出来る端末は1種類のみですが、最大同時ネット接続数15と
同時に複数の端末をネット接続させることも出来ます。

何より月額料金が安く、20GBプランが2,760円、30GBでも3,490円です。
Yahoo! WiFiの最安値クラスプランとほとんど変わらない月額料金です。

そしてその月額料金で20GBという大容量のデータ通信が出来るので
コストパフォーマンスはとても高く、かなり使いやすいモバイルルーターです。

私がWiMAXから乗り換えたのがこのネクストモバイルで、実際に使ってみても
安定して動画が楽しめる安定性です。

スマホの大容量データ定額パックは月額6,000円かかるのにこちらは2,760円。
スマホの月額料金をお得にするためにも十分効果的です。

当然プロバイダ料金込みでこの月額料金です。
お得で使いやすいモバイルルーターならネクストモバイルをおすすめします。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

ポケットWiFiを契約した場合プロバイダは?別に契約する必要がある? はコメントを受け付けていません。 wifi