Wi-Fiを契約したいんだけど色々な会社が多くて悩む場合どこを選べばいい?

モバイルルーターの契約をしたいけど契約できるところが多すぎてどこにすればいいのか
よくわからないと思いませんか?

持ち運びができるWi-Fiルーターのモバイルルーターなら色々と便利に使えると
言われることは多いのですが・・・

実際にどこで契約をすれば良いのかは、サービス提供会社が多すぎてよくわからない。
でもモバイルルーターの選び方は、実は簡単なんです。

モバイルWi-Fiルーターの契約の仕方とは?

外出先でインターネットを使う場合、多くの方はスマホを使っています。
ちょっと調べ物をするくらいなら利用するデータ通信容量もあまり気になりません。

でもスマホ以外、タブレットPCやノートPCを使う場合はどうしていますか?
仕事でこれらを使っているならおすすめしたいのはモバイルルーターです。

モバイルルーターとは持ち運びができるWi-Fiルーターで、モバイルWi-Fiルーター
なんていい方をされることもあります。

大きさは手のひらサイズですが、このモバイルルーター1つで複数の端末を同時に
ネット接続できるようにします。

モバイルルーターがネットに接続してくれるのでWi-Fi専用のタブレットPCでも
屋外でネット接続が出来るようになります。

でもこのモバイルルーター、今ではかなり多くのプロバイダからサービスが
提供されていて契約できるところがかなり多くなっています。

それぞれに端末やサービス内容が違うのでどこで契約すれば良いのか悩んでしまう
という方も多くなっています・・・

そこで自分にピッタリのモバイルルーターの選び方を考えてみようと思います。

モバイルルーターの回線はLTEとWiMAXの2種類

まずは基本的なモバイルルーターの特徴から。
モバイルルーターで利用している通信回線は大きく分けて2種類あります。

1つはスマホで使っているのと同じLTE回線。
もう1つはモバイルルーターの独自回線でWiMAXという回線です。

他にも独自ネットワークを作っているWi-Fi回線などもあるのですが、どこでも使えて
契約できるプロバイダを選ぶことがし易いのはこの2回線です。

それぞれに特徴的なサービスを展開しているこれらの回線はそれぞれ別のルーターで
利用することが必要です。

まずはどちらの回線と契約するのかを選ぶことになります。
ではそれぞれの回線の特徴やサービス内容はどんな物なのでしょうか?

最初にWiMAXについて詳しく調べてみることにしましょう。

WiMAXの特徴とサービス内容とは?

WiMAXは独自の回線を使ったモバイルルーターサービスで、利用できる地域は
人口カバー率94%とLTEに比べて少し狭い範囲の提供地域になっています。

回線に使っている電波は高周波数帯、2.4Ghlz以上の周波数帯の電波を使って
ネットワークを作っています。

この高周波数帯の電波の特徴として一度に送信できるデータ量が多くなります。
つまり同じ伝播速度でもやり取りできるデータ量が増やせるのです。

データ量を素早くやり取りできるために通信速度が高くなるという特徴ができます。
WiMAX回線は高速通信が出来るモバイルルーターなのです。

今までのモバイルルーター端末でも下り最速440Mbps、最新の端末では706Mbpsという
かなりの高速通信が出来るモバイルルーターです。

光回線とあまり変わらない通信速度を出せるのですが、高周波数帯のもう1つの特徴
障害物で反射しやすいという特徴があります。

高周波数帯の電波は障害物に当たると跳ね返ってしまうので壁の後ろにいると
電波の状況が悪くなることが多いです。

つまり壁や天井に囲まれている室内ではかなり不安定で、状況によっては回線が
繋がらなくなり切断されてしまいます。

室内で使う時にはルーターを窓際に置くなどちょっとした工夫が必要になります。

どんな人がWiMAXを契約すると使いやすい?

WiMAXの特徴はそのサービス内容にもあります。
契約できるプランに使い放題のギガ放題プランというサービスがあります。

通常モバイル通信では一人のユーザーの回線独占をさせないためにデータ通信容量に
制限をつけています。

スマホならデータ定額パックの契約をしてその容量以上の通信をすれば
通信速度に制限をかけられます。

それはモバイルルーターでも一緒なのですが、WiMAXではこの月間データ通信容量が
制限なしになるプランの提供をしています。

つまり月にいくら通信をしても制限がかからないということです。
まあ実は3日間で10GB使うと通信速度制限がかかるのですが・・・

完全無制限ではないのですが、それでもかなりたくさんの通信が出来ることになります。
通信速度制限を気にせず使いたいならとても魅力的です。

ただ、提供しているプロバイダによって月額料金が変わります。
ギガ放題プランはプロバイダによって月額料金が3,500円から4,500円くらいです。

これだけの料金の違いがあり、更に初期費用が一律ではないという状況です。
契約する前に色々と調べる必要があるのも大きな特徴です。

それともう1つ、プロバイダによってはかなり大きな加入特典が利用できます。
キャッシュバックなどがあるのがWiMAXプロバイダの大きな魅力です。

加入特典があるのはほとんどがネット上の申し込みなので、店頭や家電量販店での
加入申し込みはあまりおすすめしません。

LTE回線の特徴、サービス内容とは?

ではもう1つのLTEの特徴も確認してみましょう。
こちらはスマホで使っているのと同じ電波を使っているモバイルルーターサービスです。

ドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアの回線を使えるので、利用できる地域は
とても広くどこでも使えるという特徴があります。

更にLTEは低周波数帯の電波を使っているので電波が地表近くを通ります。
そして障害物を避けて直進するという特徴があるのです。

障害物で反射せずに避けて通るので室内でも電波が安定しています。
ただし高周波数帯の電波と違って通信速度は遅めです。

一部ではAGXPという高速通信可能なLTE回線が利用できる地域もありますが
まだ全国的にはそれほど広がっていません。

基本的にはどこでもつながりやすく、室内でも安定してネット接続が出来る。
地方都市でもあまり圏外になる心配がないのがLTE回線の特徴です。

ではそのサービスについてはどのようになっているのでしょうか?
大手キャリア以外にもサービスの提供はあります。

回線をレンタルしてサービス提供をするMVNOのプロバイダが多くあるので
LTEでも選んで契約することができます。

LTE回線のモバイルルーターはどんな人が使うと便利?

LTEの場合は基本的には大手キャリアの回線を使っているのでまずドコモや
ソフトバンクで契約をする事が出来ます。

ただしキャリアの契約では基本的にキャリアのデータ定額パックなどを使うので
月額料金が高くなりやすい、というデメリットがあります。

でもスマホと同じキャリアでモバイルルーターを契約すれば割引が利用できる
という状況は多いので割引目的に契約という方もいます。

まあ割引を使ってもキャリア以外のプロバイダから契約したほうが安くなる
という可能性は高いのですが・・・

例えばソフトバンクと同じモバイルルーターの提供をしているYahoo! WiFiでは
月額料金が2,480円のプランを提供しています。

データ通信容量5GBで対応している端末も1種類とかなり限定されるのですが
それでも月額料金を考えるととても安いサービスです。

そしてLTEではほとんどのサービスがデータ通信容量の制限があります。
基本的には7GBで一部無制限で利用できるサービスもあります。

月間データ通信容量の上限なしプランはAXGPエリアを使ったサービスなので
対応している地域はWiMAXには程遠い狭い地域のみのサービスです。

更に対応している端末も決まっていて、端末の設定切り替えをしなければ
月間データ通信容量が制限なしにならないという手間もあります。

それにこちらのサービスでも完全無制限ではなく3日間に一定容量のデータ通信をすると
速度制限がかかってしまいます。

やはりこちらもよく契約内容を確認する必要がありました。

WiMAXとLTEはどっちがおすすめ?

WiMAXとLTEはそれぞれに特徴的なモバイルルーターサービスなので、使う人によって
おすすめは変わってきます。

屋外で利用することが多く、動画などデータ容量の多いコンテンツを利用するなら
WiMAX回線のほうが使いやすいと思います。

通勤通学で都市部に移動するなら接続可能地域は問題なくなります。
屋外なら障害物に悩まされることも少なくなります。

何よりWiMAXにはギガ放題プランがあるので大容量データ通信がやりやすく
データ通信総量を気にせずにネットが出来るというメリットがあります。

提供しているプロバイダも多く、月額料金やキャンペーン特典で選ぶことも
出来るという魅力もあります。

それに大手プロバイダはほとんどサービス提供しているので自宅の固定回線で
契約しているプロバイダなら割引が利用できる可能性も。

ただし室内ではかなり厳しい状況になるので、室内で使いたいならLTEを
選ぶことがおすすめです。

使い放題はWiMAXよりも使いにくいので基本的には安くお得なプランでの
スマホの予備回線として契約することが多くなります。

スマホキャリアで契約するなら月額料金が安くなる可能性もあるのでそれなりに
使いやすくすることも出来ます。

でも私はLTE回線でももう1つの選択肢、MVNOのサービスをおすすめします。

ソフトバンク回線を使った大容量データ通信が出来るモバイルルーターとは?

MVNOとは大手キャリアの回線をレンタルしてサービス提供することです。
モバイルルーターでもこのサービスが有り、その中にかなりおすすめの回線がありました。

それがネクストモバイルというモバイルルーターサービスです。
こちらは20GBと30GBの大容量データ定額パックでの提供をしています。

使っている回線はソフトバンク回線なので全国的に広い地域で接続可能です。
当然LTEなので室内でも安定してネットができます。

それに大容量データ定額パックなので一般的なモバイルルーターよりも
通信速度制限を気にする必要がありません。

月額料金も20GBが2,760円。30GBでも3,490円とかなりの低価格です。
2,480円で上限があるYahoo! WiFiに比べてもかなり艶いやすいという印象です。

このネクストモバイルのモバイルルーター、実際に私も使っているのですが
室内でも回線が途切れること無く、外出先でも広い地域で接続できます。

データ通信容量も大きいのでスマホのネット接続は全てモバイルルーターにしています。
それで動画を楽しんでも十分に容量が足りているのでかなり満足できています。

モバイルルーターを選ぶ時はまず使う回線を選び、その後でプロバイダのサービスを
決めることになります。

私はサービスと料金を考えてネクストモバイルに決めました!



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

一緒に読まれている関連記事

Wi-Fiを契約したいんだけど色々な会社が多くて悩む場合どこを選べばいい? はコメントを受け付けていません。 wifi