モバイルルーターの契約をする時には審査なしで契約することは出来る?

モバイルルーターの契約手続き、とても面倒くさいと思うことありますよね?
どんな審査をされるのか、必要な書類を用意するのも大変です。

クレジットカードの審査なんて時間もかかるし、もし審査に通らなかったら・・・
そんな心配をしながらネット回線の開通を待つのはとても嫌なものです。

でも簡単な審査で便利に使えるインターネット回線もあるんです!
今回は私のおすすめモバイルルーターを紹介しましょう。

モバイルルーターで支払い方法に口座振替を選んだ場合審査は何を調べている?

モバイルルーターの契約をする時に、支払い方法を選ぶことが出来るのですが
その支払い方法にはクレジットカード決済と口座振替があります。

クレジットカード決済とはそのままクレジットカードで支払いをすること。
じゃあ口座振替とはどんな支払い方法なのでしょうか?

口座振替とは時分の銀行口座から利用料金を自動で引き落とししてもらう
支払い方法です。

まあクレジットカードを持っている人はあまり使わないから知られていない
支払い方法ですよねえ・・・

この口座振替では契約する時に簡単な審査があります。
ちょっとドキッとしちゃいますが調べられるのはとても単純なことなんです。

それは今まで携帯電話などモバイル端末の利用料金を滞納していないか?
滞納したことがあっても支払いが終わっているのかを確認しているのです。

例えばクレジットカードやキャッシングのように個人情報を調べて審査している
というわけではないので審査自体はとてもゆるいんです。

個人信用情報(CIC・JICC)とは?

クレジットカードを作る時、大きな買い物をクレジットカードでする時や
キャッシングをする時、新しく携帯端末を購入する時にも審査があります。

こちらの審査ではモバイルルーター契約の場合と違って個人信用情報と言うものを見て
審査が行われます。

じゃあこの個人信用情報って何なのでしょうか?
これはいわゆるクレジット決算、割賦での支払いをした時の情報です。

クレジットカードで購入する場合、商品代金をクレジット会社が全額支払って
それを分割でクレジット会社に返済するという形になります。

そのためにクレジット会社では過去にその人がきちんとクレジット購入の返済を
行っているのか確認することにしています。

新しくカードを作るときにも返済が滞ったことがないかを確認してから契約する
と言うかたちになるので過去のその人の情報を調べます。

その情報のことを個人信用情報といい、それを管理しているのがCICやJICCという
信用情報機関です。

例えば過去にクレジットカードで買物をして支払いの時に口座の金額が足りなくて
支払いが止まってしまった、という情報はこちらに集まっています。

携帯電話の端末購入も割賦払いなのでもし延滞してしまうとこちらでわかります。
これは銀行の融資でも見られるので、家を買う時にお金を借りることが出来なくなる事も。

まあモバイルルーターの口座振替ではここまで調べないので審査がゆるいと
言われるんですねえ。

審査なしで契約できるモバイルルーターはない?

基本的には口座振替で申し込みをする場合、必ずと行っていいほど過去の支払状況は
確認されることになります。

まあ見られるのは携帯端末の支払い状況のみでクレジットカードやキャッシングの
支払状況を確認されることはほとんどありません。

それに以前に通信費用の未払いがあったとしても完済していれば問題なし。
それでも審査が嫌、というなら口座振替ではなくクレジットカードを利用しましょう。

クレジットカード支払いにすれば申し込みの時の審査はありません。
まあクレジットカードが機能しているかを確認されることになりますが・・・

モバイルルーターの申し込みで審査をされるのは口座振替で申し込みをした場合だけで
クレジットカード決算なら審査なしで契約できます!

じゃあ、何でクレジットカード支払いなら審査がないのでしょうか?
それはこんな理由からでした。

クレジットカードであれば既にカード会社で審査済みのためスムーズ

そう!クレジットカードは作る時にすでに審査がされているんです!!
その為に支払いする能力はある、と判断されて審査がなくなります。

まあ使えないクレジットカードでは契約はできませんが^^;
普通に使っているカードで決済をするなら問題ありません。

それこそクレジットカードを作る時には個人信用情報を確認されて、過去に
借金の未払いなどが無いかを調べられます。

こんな審査を通って持っているクレジットカードですから、その信頼性は
支払いに問題がないと判断してもらえるようです。

それにクレジットカードならモバイルルーターのプロバイダもリスクが減るので
安心できるというメリットもあります。

クレジットカードを使っての支払いは一度クレジット会社が肩代わりをして
支払うという形です。

つまりプロバイダとしては月額料金をクレジット会社から支払ってもらう。
利用者はクレジットカードの支払として後でその料金をクレジット会社に支払う。

支払いが滞っても負担がかかるのはクレジット会社なのでプロバイダとしては
クレジットカード決算を利用してもらいたいわけですね(笑)

ブラックの人はモバイルルーターの口座振替で審査に落ちることはあるのか?

ここで1つ疑問が、クレジットカードを作れない人はモバイルルーターの口座振替は
出来るのでしょうか?

過去に借金の未払いがある、幾つものキャッシングの申込みをしているなどの情報が
個人信用情報に記載されるとクレジットカード契約や銀行融資の利用が出来なくなります。

この金融ブラックの状態でもモバイルルーターの口座振替の審査は受かるのでしょうか。

これはちょっと微妙なところなのですが、プロバイダによって違う可能性があります。
ただし基本的には受かる可能性は高いと考えられます。

どうして受かる可能性が高いのか?
まずモバイルルーターの口座振替の審査は基本的に携帯端末の支払状況を確認します。

モバイルルーターの回線は大手携帯端末キャリアの回線です。
つまりスマホなどの利用状況の情報を集めやすいんです。

そして過去にスマホ料金の滞納や遅延があっても、きちんと支払いがされていれば
問題なく契約できる可能性が高いのです。

それにクレジットカードのように高額の支払いをする事はほとんどなく、月額でも
5,000円程度の支払いなので厳しくないという意見も。

ただし端末を分割購入する場合には個人信用情報を見られるのでブラックだと厳しいです。
その場合は端末の一括購入をするようにしましょう。

モバイルルーターはLTEとWIMAXの2種類

契約に関しては、支払い方法も含めて色々と選ぶことが出来るということがわかります。
では実際にどんなモバイルルーターを選べば良いのでしょうか?

ここが一番の悩みどころです!
いっぱいあるモバイルルーターからどんな端末を選べば良いのでしょうか?

端末を選ぶ前にまずはモバイルルーターの回線を選びましょう。
大きく分けてモバイルルーターには2種類あります。

かなり大雑把に分けますが、LTEとWIMAXというモバイルルーターがある
と思ってください(笑)

これは使っている回線の違いで分けただけなんですが・・・
つまりLTE回線とWIMAX回線のモバイルルーターがある、ということ。

でもこの使っている回線の違いはモバイルルーターにとってはかなり大きな
特徴になっているんです。

それぞれのモバイルルーターにはどんな特徴があるのか。
それを次に確認してみましょう。

安さと繋がり易さ重視ならLTEタイプのモバイルルーター。データ量ほぼ無制限ならWIMAX

まずはLTEのモバイルルーターの特徴から。
使っているのはスマホと同じLTE回線いわゆる低周波数帯の電波回線です。

LTEの電波は地表近くの比較的低いところを通り、障害物で反射しにくいという特徴の
電波を使っています。

そしてLTEモバイルルーターの提供をしているのはドコモとソフトバンク。
全国的にもかなり広い地域で利用できるLTE回線を持っています。

つながりやすいという特徴の他にも月額料金の安さが大きな魅力です。
最安値クラスのYahoo! Wi-Fiでは月額2,000円くらいで利用することが出来ます。

まあ有料オプションなどを付ける必要があるので単純に2,000円で使えないという
ちょっと納得出来ないところもありますが・・・

スマホの予備回線として使うには負担にならないモバイルルーターです。

もう1つのWIMAXは独自のWiMAX2+という回線を使っているモバイルルーターです。
こちらは高周波数帯、高速通信が出来るのですが反射しやすい電波回線です。

一度に大量のデータを運ぶことが出来るのですが、障害物で反射しやすく
室内では繋がりにくくなりやすい特徴があります。

人口カバー率94%とLTEに比べると使える地域が少ないのが気になります。
でも最大のメリットは月間データ通信上限なしのプランがあるということ。

スマホでも毎月のデータ通信量は気になるところですが、WIMAXモバイルルーターでは
この月刊データ通信の上限なしというプランが使えるんです!

まあ3日間で10GB以上使うと速度制限がかかっちゃうんですが(笑)
でも月額4,000円くらいと料金的にはかなり使いやすいモバイルルーターです。

じゃあ、私はどんなモバイルルーターを使っているのか。
私が実際に使ってみて、いいと思ったのはこちらのモバイルルーターです。

LTEタイプのモバイルルーターで大容量を使うならコスパ最強のネクストモバイルが人気

せっかくモバイルルーターを使うならどこでも使える回線で使いたい。
しかもお得な月額料金でスマホとも併用したい。

そんな私の希望を叶えてくれたのがネクストモバイルの大容量プランです!
20GBや30GBって大容量のプランが業界最安値クラスで利用できます。

ネクストモバイルのモバイルルーターはソフトバンク回線を使ったLTEタイプです。
LTE回線なので反射しにくく室内でも安定して接続できるのは私も実感できました。

そして月額料金は20GBプランで2,760円、30GBプランでも3,490円とかなりお得!
普通のスマホの大容量データ定額パックよりも安く使えるんです。

30GBプランなら口座振替にも対応しているのでクレジットカードがない方でも
安心して契約できます。

まあ出来れば20GBプランでも口座振替に対応して欲しいところですが。
それでもつながりやすさやコスパを考えるとここが最強だと思います。

実際に使っているユーザーとしての感想は、固定回線のWi-Fiルーターのような
面倒な設定をしないでスマホの接続ができるのは嬉しかったです。

スマホのデータパックの用量を少なくして月額料金を安くすることも出来ます。
自宅でもモバイルルーターを使ってスマホを使っても大丈夫。

障害物にも強いので部屋の中で動画も快適に見ることが出来ています。
大容量だから通信速度制限もあまり気にならず、スマホ+固定回線よりもお得です。

インターネット回線の契約に迷っているなら設置工事の必要ないモバイルルーター
特にネクストモバイルの大容量プランはおすすめです!



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

モバイルルーターの契約をする時には審査なしで契約することは出来る? はコメントを受け付けていません。 wifi