光ファイバー対応とは?アパートでネットする方法まとめ

光ファイバー対応ってどういう意味なのか

・光ファイバー通信エリア内にアパートがあって光ファイバーを使える
・廊下や階段などの共通部分か部屋にまで回線が届いてる
・部屋にまで回線が届いていると工事費がいらないのでお得

一人暮らしを始めるためや単身赴任のため、家族の事情で引っ越しをするために新しい
部屋を探していると「光ファイバー対応」という文字が装備欄に書かれていることがあります。
ネットの光回線なら聞いたことあるけど、光ファイバーってよくわからないですよね?

私も以前は物件のそういう情報に詳しくなかったので、意味も分からず「非対応よりいいか」
と思い、入居を決めたことがあります。でも、のちのち後悔したのであなたも後悔しないように、
ここで「光ファイバー対応」のアパートとはどういうものなのか、具体的にお話ししていきます。

まず光ファイバーとは光回線のことです。
光回線は光ファイバーという素材でできた回線なので、光ファイバーと呼ぶこともあります。
「光ファイバー対応」ということは「光回線が使えますよ」という意味ですね。

光ファイバーにはスマホと同じようにいくつか通信会社があって、通信エリアがあります。
対応しているアパートは通信エリア内に建っているのです。
それだけではなく、光ファイバーの回線が廊下などの共通部分か部屋にまで来ています。

共通部分まで来ている場合は部屋まで回線を引き延ばす、かんたんな工事が必要。
部屋まで回線が来ている場合は、工事不要なので工事費が浮いてお得です!

電話回線よりも光回線のほうが通信速度が速いのは、よく知られているところなので
「光ファイバー対応のほうがいいじゃん」と思うかもしれません。
でも、実は光ファイバーは一人暮らしにはハイスペックすぎるのです。

光ファイバーが一人暮らしには十分すぎる理由とは

・家の中で高速で安定した通信が無制限できるけど家にあまりいないから
・外出先ではスマホで通信するので通信制限を気にすることになるから
・動画をよく見たり、アプリのインストールをよくする人には向いてる

光ファイバーはフレッツ光、NURO光などの会社があります。
フレッツ光の場合は最大速度が1Gbpsと、超高速通信ができるのです。
しかも、通信制限がないから好きな時に好きなだけネットできます。

ただ、通信できる範囲は家の中だけ。
外出先ではスマホで通信するから、ドコモやソフトバンクなどの通信制限がかかります。
一人暮らしで基本的に家にいるという人は少ないので、基本的にスマホでネットすることに。

これではせっかくのハイスペックな通信環境が生かせませんよね?
光ファイバーは家庭を持っていて、家族みんなで生活している人向きの通信環境なのです。
あとは一人暮らしで毎日のように帰宅後動画をみたり、アプリをインストールする人向き。

私は毎日のように映画を見ているので、光ファイバーの環境にあっていました。
でも、外出先で通信制限を気にしながらネットしているのにイライラしてたし、引っ越しの
たびに光ファイバーを撤去して、設置してと面倒でした。

「光ファイバー対応」と書かれていて、部屋まで回線が来ている場合は回線の撤去工事は
いりません。でも新しい部屋が部屋まで回線が来ていないと設置工事があります。
引っ越しはネット環境以外にも注目したいポイントがあるし、いちいち気にするのが面倒。

そこで、私はポケットwifiにしました!
無線通信だから回線工事不要で、引っ越しの時も手続きがいらないのです。
家でも外出先でもネットできるし、WIMAXなら3日間で10GBの通信量ですよ。

それを生かして今はスマホのパケットプランを解約して、ポケットwifiだけでネットしているので
通信費は以前の半額以下です。節約にもなるしイライラも解消するし、一石二鳥ですね。

光ファイバー対応アパートでも契約は必要。その理由

・部屋の契約と光ファイバーの契約は別なので契約は必要
・ずっと契約している状態だと大家さんが通信費を負担することになる
・一つの部屋に住む住人が同じパスワードを使うから電波を盗まれてしまう可能性も!

光ファイバー対応アパートは対応しているから、契約はいらないというわけではありません。
部屋を管理しているのは大家さん、光ファイバーを管理しているのは通信会社。
別のところが管理しているから、別で契約が必要になります。

もし、光ファイバー対応のアパートが契約不要になるとしたら、受忍が住んでいるときも
住んでいないときもずっと契約している必要があります。
住人がいないときはもちろん大家さんが料金を負担するから、大変になりますよね?

しかも、同じ部屋に住むすべての住人が同じパスワードで使うことになるから、電波を
盗まれてしまう可能性もあります。大家さんが大変で、セキュリティー上よくないから、
住人が入るたびに契約をして、引っ越しをするたびに解約をするというシステムなのです。

私はこの手間が嫌でポケットwifiにしました。
引っ越しを考えるときに「でもネットの工事があるし」と思わずに済んで、楽になりましたよ。

光ファイバーじゃないとネットがさくさくつながらないのはうそ

・今はポケットwifiでもスマホと同じように快適につながる時代
・「ネットがとびれるのが心配」という理由で光ファイバーにしているなら解約を
・ただオンラインゲームをする人でもWIMAXなら大丈夫

光ファイバーじゃないと、ネットにさくさくつながらないと思っている人が多いですが、
実はあれはうそです!
今は通信技術は発達していて、ポケットwifiでも超高画質動画が楽に見れます。

私はKDDIが提供しているUQ WIMAXというポケットwifiで毎日快適に映画をみたり、
好きなアーティストのPVを見ていますよ。
動画を見ている途中で止まってしまったり、データが読み込めないことがありません。

いつも快適に見られているので、無線通信のポケットwifiをメイン回線にしても問題なしです。
ポケットwifiにはWIMAXの他にLTEがありますが、こちらはスマホと同じで通信制限あり。
WIMAXも通信制限はありますが、3日間で10GBなのでオンラインゲームも十分楽しめます。

光ファイバー対応のアパートじゃないとネットできないのか

・スマホだけでも家でネットできる
・通信制限があるからすぐに引っかかってしまう
・ポケットwifiがあって通信エリア内なら通信制限を気にしないでネットできる

光ファイバー対応のアパートは光ファイバーを契約するのに、とても便利。
でも、光ファイバーがないと家でネットできないのでしょうか?

詳しく調べてみると、実はスマホだけでもネットできるみたいです。
仕組みはかんたんで外出先でスマホでネットしているのと同じように、スマホの回線で
ネットするだけです。

家のネット契約をわざわざしたくないという人は、部屋の契約だけでいいでしょう。
でもスマホの回線だけで家でも外出先でもネットするから、通信制限にすぐに引っかかります。

私の友達も「夫婦だけだからインターネットはいいか」と契約しないでいたら、しゅちゅう
通信制限の警告が来て大変なことになっているそうです。
光ファイバー対応じゃないアパートでは、電話回線のADSLでネットする方法があります。

でも、電話回線は一昔前の回線だからYOUTUBEの超高画質動画を読み込むのは相当な時間が
かかってしまいます。光ファイバー対応じゃないアパートで超高画質動画を見るには、やっぱり
ポケットwifiがいいですね!

また、光ファイバーは超高速通信を売りにしていますが、アパートやマンションだとそうも
いかない場合があります。

光ファイバーは個人宅の方がアパート・マンションより速いという事実

・1つの建物に1本の回線を設置するから集合住宅は部屋別に回線を枝分かれさせる
・個人宅は1本の回線をそのまま使うから速度が落ちない
・小さいアパートだと料金は個人宅波の高さ、速度は個人宅よりも遅い

光ファイバーの最大のメリットである超高速通信は、個人宅じゃないと最大限に利用できません。
それは集合住宅でも、個人宅でも1つの建物に1本の回線しか設置しないからです。
集合住宅はいくつも部屋があるから、回線が枝別れしています。

その枝分かれ部分で速度が落ちたり、通信が不安定になったりするのです。
でも個人宅なら1本の回線をそのまま使えるから、超高速で通信は安定しています。

その分集合住宅では料金が安い、個人宅では料金が高いということに。
でも、ほとんどの通信会社でアパートのような小規模の建物は料金が個人宅と同じです。
つまり料金は個人宅レベルに高いけど、通信の質は集合住宅レベルに下がるのです。

これじゃ損ですよね?
ポケットwifiなら通信回線を使わないから、集合住宅でも個人宅でも料金は同じ。
どちらが損ということはありません。

ポケットwifiはルーターの異変に気付きやすいというメリットも

・持ち歩くからルーター異変に気づきやすい
・光ファイバーのルーターはめったに触らないから故障に気が付かない
・持ち歩く分壊したりなくしたりしやすいというデメリットも!

ポケットwifiは引っ越しの時に楽とは外出先でも使えるということ以外にも、メリットが
あります。それはルーターの異変に気付きやすいということ。持ち歩くから触る機会が多く、
「発熱してる」「端が欠けてる」などの異変がすぐにわかります。

光ファイバーだとめったに触る機会がないから異変に気付きにくいです。
ただポケットwifiは持ち運ぶ分、無くしたり壊したりしやすいというデメリットもあります。

アパートに長く住むつもりがないならポケットwifiがいい

今住んでいるアパートに2年以上住み続けるつもりなら、光ファイバーでもいいですが、
すぐに引っ越しをするつもりなら、引っ越しの時に楽なポケットwifiがいいでしょう。

私の会社の同僚にも気分で引っ越しを繰り返している人がいますが、彼女にポケットwifiを
進めたら、「引っ越しの点が省けた!」ととても喜んでくれました。私自身もそうで、

引っ越しの時のイライラが解消されたし、外出先で通信制限を気にしてネットを見るのをやめる
こともなくなりました。仕事でも趣味でもネットをフル活用できていて、毎日快適です。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 



 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








光ファイバー対応とは?アパートでネットする方法まとめ はコメントを受け付けていません。 wifi