アパートでwifiを飛ばす方法は?光ファイバーは使える?

アパートでwifiを飛ばすことはできるのか

・どんなアパートでもいくつか方法があるのでwifiを飛ばせる
・アパート全体で契約している通信回線に契約するのが一般的
・ほかの通信回線を契約したい場合は大家さんと相談しないといけない

アパートでwifiを飛ばしたいと思っても、「マンションじゃないとダメかな」とあきらめて
しまっている人は少なくありません。
でも、どんなに古いアパートでもwifiを飛ばす方法はいくつかあるので、可能ですよ。

私の知り合いもアパートに住んでいて、wifiをあきらめていました。
でも、私がwifiについて教えてあげたら、その1か月後には光ファイバーでネットして
いました。あなたがきちんと調べさえすればアパートでもwifiは飛ばせるのです。

ただ、アパートやマンションは全体で通信回線を契約しています。
住人全員が同じ通信回線に契約をして、1本の回線をシェアするのが一般的。
例えばみんながNURO光なのに、あなただけフレッツ光を契約するのは難しいです。

でも、光ファイバーを使いたい場合光回線といえばフレッツ光だから、フレッツがいい
と思っている人は多いはず。そういう場合は大家さんに相談をしてみましょう。
ある男性の体験談には、大家さんとかなり話し合いをして決めたそうです。

アパートに入居してから通信回線がauひかりであることがわかり、どうせ光回線なら
フレッツ光がいいと思って大家さんに頼んでみたそうです。

すると大家さんが「それは難しいですね」と断られてしまい、「そこを何とか」と
お願いすると「ほかの住人の方にも『フレッツがいい』と言われてしまうと、
いくつも回線を引かないといけなくなるので」と言われてしまったそうです。

そこから2か月くらい話し合いを何度も重ねて、やっとフレッツ光の通信回線を
引くことができたそうです。大家さんによってはかんたんにOKしてくれる人もいますが、
ほとんどの大家さんがもう引いてある回線を使ってほしいといいます。

アパート全体で契約している回線を使うことを大前提で、考えておきましょう。
また、アパート全体で通信回線を契約していない場合は、どうすればいいのでしょうか?

アパート全体で通信回線を契約していない場合

・大家さんに頼んで通信回線を引いてもらう
・個人的に一から通信回線を設置する
・一からの場合は電線から共通部分までを他の住人に使われる可能性もある

もし、あなたが住んでいるアパートが通信回線と契約していない場合、大家さんに頼んで
回線を引いてもらうことになります。また個人的に一から通信回線を設置します。
大家さんが引いてくれる場合は、工事は廊下などの共通部分から自分の部屋へ引くだけです。

でも大家さんが通信回線を引くことの許可はくれるものの、「工事は自分でやって」と
言われた場合は外の電線から自分の部屋まで回線を実費で引くことになります。
この場合は、戸建てと同じ工事になるので工事費は戸建ての場合と同じになります。

フレッツ光の場合は、集合住宅の工事費が15,000円、戸建ての場合は18,000円。
そこまで変わらないので、自己負担でも問題ないかと思います。
ただ、あなたが実費で回線を同じアパートの他の住人が共通部分まで使う可能性があります。

その場合に「工事費を一部だけでも払います」と言ってくれる人は、まずいません。
のちのちほかの住人にも使われることを理解しておきましょう。

そもそも「光ファイバー対応」「光ファイバー非対応」の意味

・光ファイバー対応は引っ越してすぐに光ファイバーを使える
・光ファイバー未対応は電話回線のADSLでネットするか、一から回線を引く
・光ファイバーを使って高速通信がしたいなら「光ファイバー対応」にする

そもそも「光ファイバー対応」と「光ファイバー未対応」の違いとは、なんなのでしょうか?
光ファイバーとは光回線のこと。光ファイバーを使って通信するので、この呼び名もあります。
そして対応しているアパートは回線が部屋まで来ているか、廊下まで来ています。

部屋まで回線が来ている場合は壁にLANポートがあって、そこにケーブルを差し込めばいいだけ。
工事いらずで光ファイバーが使えます。
廊下までの場合は工事が必要ですが工事する範囲が狭いので、すぐに終わりますよ。

でも光ファイバー未対応の場合は電話回線のADSLでネットするか、先ほどの体験談の男性と
同じように一から回線を引くことになります。光ファイバーでネットしたい場合は、
「光ファイバー対応」と装備欄に書かれているアパートを選びましょう。

光ファイバーでwifiを飛ばす方法まとめ

・工事する場合は業者さんが全部やってくれる
・工事不要の場合はケーブル、モデム、wifiルーターが送られてくる
・送られてくる説明書をよく読んでつなぐ

光ファイバー対応のアパートで、wifiを飛ばすためにはどうしたらいいのでしょうか?
通信回線を工事する場合は、業者さんが全部やってくれます。
あなたが準備するものはとくにありません。

でも回線が部屋まで来ていて工事不要の場合は、あなた自身で機器を設置します。
光ファイバーの会社と契約するとケーブル、モデム、wifiルーターが送られてきます。
これらを一緒に送られてくる説明書に従って、つなぎます。

基本的には、「LANポート→ケーブル→モデム→ケーブル→wifiルーター」とつなぎます。
ここまでつないだら、スマホやパソコンのwifi設定画面を立ち上げてwifiルーターのWPS
ボタンを長押しするだけ。

ネットの知識がない人でもかんたんいできるので、初心者でも大丈夫ですよ!

wifiを飛ばすとどんなメリットがあるの?優先接続よりもいい理由

・スマホやノートパソコン、タブレットなど同時にネットにつなげることができる
・ケーブルをいちいち差し込まなくてもネットできる
・光ファイバーに契約すれば自動でwifiルーターを送ってもらえる

光ファイバーを部屋に引いてwifiを飛ばすことには、どんなメリットがあるのでしょうか?
調べてみると、いろいろなメリットが見つかりました。

・同時にスマホ、タブレット、パソコンをネットにつなぐことができる
・優先接続のようにケーブルをいちいち差し込まなくてもネットできる
・wifiルーターは光ファイバーに契約すれば自動的に送ってもらえる

このようにネットをするときに手軽にできるようになるので、調べ物をしたり人に連絡を
するのが楽になります。友達のSNSをチェックするのも楽ですよ。

でも、光ファイバーは本格的な契約だし、工事も手間がかかります。
引っ越してきたときに手間がかかるということは、今の部屋を引き払って新しい部屋に
引っ越しをするときにも点がかかるということです。

一人暮らしや今後どれくらい今の部屋に住み続けるかわからない人には、光ファイバーは
ハイスペックすぎですよね?
そこで、もっと手軽に契約できて手軽に契約できるネット回線はないのか調べてみました。

光ファイバーを契約するのに抵抗がある場合はポケットwifiを

・ポケットwifiなら無線通信だから工事不要
・引っ越しの時も手続きがいらない
・今の部屋を2年以内に引っ越すかもしれない人向き

光ファイバーはスマホと同じように、2年間の最低利用期間があります。
ですのでその間に引っ越しをする場合は、解約料を支払わないといけません。
フレッツ光を例に考えてみると、解約料は1,500円です。

一人暮らしの場合はいつ引越しをするかわからないし、できればネットのことを考えないで
引っ越したいときに引っ越したいですよね?そこでポケットwifiにしてみましょう。

ポケットwifiは、無線通信だから回線工事がいりません。
ネットで申し込んで自宅に届いたルーターに簡単な設定をすれば、すぐにネットが使える
ようになります。

もちろん引っ越しの時も手続き不要なので、気軽に引っ越しができます。
今の部屋に2年以上は済まない可能性が高い人に向いています。
私も一人暮らしなので、ポケットwifiです。

いつ引っ越すことになってもいいので、精神的に余裕があります。
ネットはあまり詳しくないし、別にこだわりもない。
でも、通信量は多いという人にはポケットwifiが向いていますよ。

ポケットwifiの種類。WIMAXとLTEの特徴まとめ

・ポケットwifiにはWIMAXとLTE2種類ある
・WIMAXはKDDIが大本で都市部を中心につながりやすい
・LTEやドコモ、ソフトバンク系列で地方でも都市部でもつながりやすい

私が使っているポケットwifiには2種類あります。
KDDI系列のWIMAXとドコモ、ソフトバンク系列のLTEです。
WIMAXは都市部に基地局と呼ばれる発信源が多く、つながりやすいです。

LTEは全国的にまんべんなく基地局が多いので、都市部でも地方でもつながりやすいです。
わかりやすく言えばLTEはスマホと同じ電波なので、スマホ並みによくつながります。

WIMAXはスマホとは違い直進性に優れている電波なので、大容量多いファイルをインス
トールするようなデータ量の多いやり取りに向いています。
私はWIMAXなのですが、仕事でネットを使う人に向いているのかなと思っています。

私のネットの使い道は4割くらいは仕事で2割はプライベート、そして2割は映画鑑賞です。
スマホで映画を見ることが多いから、家でも外出先でもネットができるWIMAXをフル活用中。

通信制限が3日間で10GBと緩いので、かなりネットを使えますよ。

ネットをよく使う人はWIMAがいい!LTEの通信制限は厳しい

・WIMAXが3日間で10GB使えるのに対してLTEは3日家電3GB
・キャリアの回線なのでスマホと同じ通信回線を使ってネットする
・WIMAXは独自回線だから余裕がある

ネットをよく使う人がポケットwifiにするならWIMAXがいいでしょう。
LTEは3日間で3GBという厳しい通信制限だからです。
これはLTEはスマホと同じ通信回線を使っていて、WIMAXが独自回線だから。

WIMAXのほうが余裕があるので、通信制限が緩いということですね。
仕事でネットを使ったり、スマホで動画をたくさん見たり、SNSをよくやる人はWIMAXが向いて
います。SNSは意外と通信料を食うので、LTEでは制限に引っかかる可能性が高いです。

逆にSNSもしない、仕事でネットを使わないという人はLTEで十分。
月額はLTEが3,696円、WIMAXが4,880円と、LTEのほうが安いので無駄が出ませんよ。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 



 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








アパートでwifiを飛ばす方法は?光ファイバーは使える? はコメントを受け付けていません。 wifi