賃貸マンションで光ファイバーを使ってwifiを飛ばすには?

賃貸でもwifiを飛ばせる?ネットの基本がよくわからない

・賃貸でも分譲でも関係なくwifiは飛ばせる
・光ファイバーに対応しているマンションなら通信会社が指定されてる
・プロバイダは自由に選べるところがほとんど

一人暮らしを始めたり、引っ越しをしたりして「wifiを飛ばせたら便利だなー」と思いつつ、
あきらめているという人もいるかと思います。
私も一人暮らしを始める時「ネットはよくわからないからあとでいいや」と思っていました。

でも、引っ越した先のマンションで大家さんにフレッツ光に加入するのを進められて、
「ネットはよくわからないからありがたい!」と言われるがままに契約しました。
最初は便利だったのですが、やっぱり通信費が高くて支払うのが大変になってきたのです。

しかも、大変なところはそれだけじゃなくて引っ越しのときにいちいち通信回線の撤去と
設置の工事をしないといけないんですよね。
これが面倒で、イライラして解約してしまいました。

今はポケットwifiを使ってネットしているので、工事がなくてとても楽です。
ポケットwifiは無線通信だから、わずらわしい手続きもないし、とても手軽ですよ!

また、光ファイバーでもポケットwifiでも賃貸も分譲も関係なくwifiを飛ばせます。
光ファイバーに対応しているマンションなら、私が初めて住んだところと同じで通信会社
が指定されています。

でも、プロバイダという通信回線とあなたを結ぶ会社は選べるので、該当する会社を比較
してお得なところを選びましょう。

光ファイバーの会社に申し込む方法がわからない!主な手順まとめ

・光ファイバーの会社のサイトから申し込む
・会社の代理店サイトから申し込む
・家電量販店から申し込む

光ファイバーに申し込む場合は、大家さんにお願いしてもダメです。
あなた自身で申し込みをしないといけません。
申し込む方法は、主に3つあります。

・申し込み方法1 「光ファイバーの公式サイトから」
フレッツ光やauひかりなどの光ファイバーの公式サイトから直接申し込みます。
入力フォームに必要事項を入力していくだけなので、ネットの知識がなくてもかんたん。
工事費無料や高額キャッシュバックなどのキャンペーンが、ときどき行われています。

・申し込み方法2 「会社の代理店のサイトから」
光ファイバーの会社の代理店のサイトからも申し込みができます。
光ダイバーの会社よりも高額なキャッシュバックがあるので、お得ですよ。

・申し込み方法3 「家電量販店から」
コジマ電気やヤマダ電機などの家電量販店からも申し込みができます。
キャッシュバックなどもありますが手数料がかかる分、サイトからの申し込みよりも
料金が高くなります。

家電量販店で申し込むと有料のオプションを追加されていたりして、損をします。
例えば「パソコン無料!」というキャンペーンをやっている変わりに月額利用料が
高かったりとよく見てみると、お得じゃないので気を付けてください。

ネット加入と同時にノートパソコンがほしいと思っている人は多いので、そういうときは
もっとお得に買いましょう。

光ファイバーの加入と同時にノートパソコンを買いたいとき

・高額キャッシュバックをもらって通販で安く買おう
・自分で使うソフトが初めから入っているノートパソコンを買おう
・家電量販店はパソコンが結局有料なので注意

光ファイバーに契約をするのと同時にノートパソコンがほしい場合は、家電量販店より
公式サイトや代理店サイトで高額キャッシュバックをもらうほうがお得です。
ノートパソコンはAmazonなどの通販サイトで安く売られています。

私が買ったのは6万円くらいでした。
ノートパソコンを初めてかったので買う前は「10万以上はする」と勝手に思ってました。
でも、6万円で済んだし高額キャッシュバックで3万円もらえたので実質3万円ですね。

Amazonには2万円くらいのノートパソコンがあって一瞬「これにしよう」と思いましたが、
商品説明をよく読んだら、ExcelとかWordとかが入っていませんでした。
別でソフトを買った場合を知りたくて調べてみると、それぞれのソフトが2万円づつ…。

合計で6万円くらいで同じなので、最初から入っている方が楽でいいですよね?
安すぎるノートパソコンには、理由があるので商品説明をよく読みましょう。

wifiを飛ばす方法は?ノートパソコンの設定はどうする

・wifiは光ファイバーに契約すると手に入るルーターで飛ばす
・設定は業者の人にしてもらえるから安心
・ノートパソコンはルーターのWPSボタンを押せばつながる

光ファイバーをお得に契約したら、いよいよwifiを飛ばします。
wifiは契約すると手に入るwifiルーターで飛ばすので、特別な手順は必要ありません。
wifiルーターの設置や設定は、通信回線の工事をしてくれる業者の人がしてくれます。

ノートパソコンやスマホ、タブレットにwifiを飛ばすのは、ルーターのWPSボタンを押せば
すぐに設定できるので初心者でもかんたんです。

ただ、ルーターとパソコンやスマホの通信規格に注意しましょう。

通信規格ってなに?どれがいちばんいいのかまとめ

・通信規格とは電波を飛ばす通信方式
・年々進化しているので古い通信規格だと高速通信できない
・パソコンやタブレットを中古で買うと古い通信規格のものがある

通信規格とは、電波を飛ばすときの通信方式のこと。
年々進化していて、光ファイバーの最大の魅力である高速で安定した通信を体感する
ためには最新の通信規格じゃないといけません。

光ファイバーにふつうに契約してwifiルーターを手に入れれば、最新の通信規格に対応
しているルーターを用意してもらえます。
でも、発信源が最新でも受信する側であるスマホやパソコンの通信規格が古いとだめです。

スマホをもう3年以上使っている場合は機種変更しましょう。
パソコンやタブレットを買うなら中古だと古い通信規格なので、やめて新品を買ってください。
通信規格は、こんな感じで表記されています。

・11d 電話回線(ADSL)時代の通信規格で速度が54Mbpsくらいしか出ない
・11n 最新ではないけど65~600Mbpsくらいとふつう並みの速度が出る
・11ac 最新の通信規格で433Mbps~7Gbpsくらいまで出る高速通信規格

光ファイバーの最大速度は1Gbpsなので、最大限に高速通信したいなら「11ac」。
でも、私が使っているポケットwifiのWIMAXは80Mbpsくらいですが、十分速いです。
超高画質動画も数秒で読み込んでくれるから、「11n」でも十分な気がします。

「光ファイバー対応」ということは契約は必要ないのか

・対応しているというだけで契約はふつうに必要
・プロバイダとも同時に契約しないとネットを使えない
・部屋にLANポートがあれば工事は不要

契約したマンションが「光ファイバー対応」と書かれていると、
「ネットの契約しないで使えるのかな?」と少し期待してしまいますよね?
でも、実際には契約が必要です。

契約の方法はさきほどお話しした公式サイトや代理店サイトから、かんたんにできます。
プロバイダも同時に契約できるので、手間はかかりません。
でも回線が部屋まで届いていないと、工事は必要になります。

部屋の壁をチェックしてLANポートがあれば、部屋まで届いている証拠です。
チェックしてみてください。
もしLANポートがない場合は、契約日とは別に工事をしてもらいます。

立ち会ったり、説明を聞いたりと面倒なので、できれば避けたいですよね?
そういう時は工事不要のポケットwifiにしましょう!

ポケットwifiと光ファイバーの違い。ADSLとどっちが優秀なのか

・ポケットwifiは回線工事不要、契約かんたん、家でも外でも使えるネット回線
・光ファイバーほどの速度は出ないけど、ADSLより断然速い
・契約は面倒、工事は嫌、外でもネットを気兼ねなく使いたい人向け

ポケットwifiは無線でネットにつながる回線工事がいりません。
契約もネットからサイトにアカウントを作るような手続きで簡単にできます。
無線だしポケットサイズのルーターだから、家でも外でもネットができます。

無線通信は速度が遅かったり、安定しないのが不安ですよね?
でも、電話回線を使ったADSLより断然速いから快適にネットできますよ。

通信量もWIMAXを選べば3日間で10GBも使えます。
光ファイバーほどではありませんが、高速で無制限に近い感覚で使えるのです。
気になる料金も月額4,880円と月額5,100円~の光ファイバーよりもややお得です。

私はWIMAXにしてから、ネットのことで悩む機会がかなり減りました。
まず、引っ越しのたびに回線工事をしなくていいのが助かります。
ポケットwifiは引っ越しの時に住所変更をすればいいだけなので、とても楽です。

あとは外でも、気兼ねなくSNSやYOUTUBEを見られるのがうれしいですね。
光ファイバーのころはスマホの通信制限を気にしながら、ネットしてたので。

ポケットwifiはネットを始める時にとにかく楽!初心者向けのネット環境

・光ファイバーはモデム、ケーブル、wifiルーターと機器が多く必要
・ポケットwifiならルーターだけなので手軽
・ネットの知識がない人や手間を省きたい人向け

光ファイバーはモデムと呼ばれる通信回線を通ってきた電波をいったん受け取る機器や
ケーブル、wifiルーターといろいろなものが必要です。
すべて用意してもらえて、業者さんにつないでもらえますが、家の中がごちゃごちゃします。

ポケットwifiならルーターだけなので、ごちゃごちゃしないし、わかりやすいです。
もしネットをしていてつながらないというトラブルが起きたときも、ルーターを再起動すれば
トラブルが解消することがほとんど。

光ファイバーだとwifiルーターに原因があるのかケーブルに原因があるのか、モデルに原因が
あるのかを業者の人に来てもらって調べてもらうことになります。
これではただでさえ不安なトラブルが余計に不安になりますよね?

いざというときに知識がなくても対処ができるくらい扱いがかんたんなところも、ポケットwifiの
メリットですね。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 



 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








賃貸マンションで光ファイバーを使ってwifiを飛ばすには? はコメントを受け付けていません。 wifi