契約したら料金高い!光ファイバーのマンションでの節約方法?

光ファイバーを契約したら料金が高くてびっくりした

・規模が小さいマンションほど光ファイバーの料金は高い
・一つの回線の料金を住人で割り勘するので料金が安くなる
・3戸以下のアパートだと戸建てと同じ料金になる

光ファイバーは高速で安定した通信ができると好評で、多くの人が契約をしています。
光ファイバーに対応していて、引っ越すだけでその日から光ファイバーでネットできる
物件はとても人気で、空き部屋対策として光ファイバーを導入するマンションもあります。

私が以前住んでいた部屋も光ファイバー対応でした。
もちろん、部屋を選んだ時に「光ファイバー対応」と書かれているのに惹かれて購入したのです。
でも、実際に契約していると毎月の料金の高さに悩まされることになりました。

私は住んでいたのは全部で6戸ある小さいマンション。
大型マンションが家賃も高いからネット料金も高いイメージがあったので、小さいところに。
でも実際には逆で、規模が小さいマンションのほうがネット料金が高かったのです。

マンションやアパートなどの集合住宅は住人全員で、1本の通信回線を使います。
だから、通信量はみんなで割り勘するのです。
大規模なマンションのほうが当然、住人が多いので一人当たりの負担は軽くなりますね。

私が住んでいたマンションはフレッツ光だったので毎月4,500円くらいかかっていました。
年間で54,000円です。これで家でしかネットできないことはかなり不満でした。

1日中どこででも無制限でネットできてこの料金なら納得だけど、家でだけでこの料金!
しかもこれにスマホのパケット代が月々5,000円、年間60,000円かかるのです。
インターネットのヘビーユーザーでもないのに、年間の通信費が114,000円はつらかったです。

知り合いの話では3戸以下の集合住宅の場合は、戸建てと同じ料金(月額5,100円~)らしいです。
「もっと安くネットしたい!」と本気で思って、いろいろ調べてみました。

光ファイバーのマンションはネット料金がみんな高いの?比較してみた

・フレッツ光はどのプランでも西日本でも東日本でも2,000円代~4,000円代
・auひかりは3,000円代~5,000円代
・NURO光は5,000円前後

光ファイバーの料金はどの会社でも高いイメージですよね?
でも、実際はどうなのか検証してみました。

・フレッツ光 東日本 2年目まで2,877円~3,412円、3年目以降は2,813円~4,042円
・フレッツ光 西日本 2年目まで2,992円~4,147円、3年目以降は2,813円~3,905円
・auひかり 3,990円~5,250円
・NURO光 4,980円

比べてみると、群を抜ていお得な会社はないですね…。
でも、プロバイダの組み合わせによって高額キャッシュバックがあります。

・BB.excite フレッツ光 東日本20,000円
・GMOとくとくBB フレッツ光 東日本30,000円、西日本36,000円、auひかり42,000円
・So-net フレッツ光40,000円、auひかり40,000円、NURO光15,000円
・BIGLOBE フレッツ光40,000円、auひかり25,000円

こうしてみるとフレッツ光が多いですね。
でもマンションごとに契約する回線は決まっているので、自由に選べません。
もし該当する会社に当たったら、プロバイダを自由に選べる場合はキャッシュバックを選びましょう。

フレッツ光は西と東で料金が違う!同じ会社でも料金が違うなら同じマンションでも違う?

・同じマンションなら低雄会でも高層階でも料金は同じ
・プロバイダを自由に選べないマンションは完全に同じ料金で住人全員がネットをする
・通信費を抑えるためスマホのパケットは節約が難しい

フレッツ光は西日本と日が足日本に分かれています。
同じ会社なのに、料金は異なっていて最大で2,000円前後の開きがあります。
これは不公平な感じがしますよね?

だた、そういうシステムになっているので改善することはできません。
会社全体で料金を値下げしてくれるのを待ちましょう。

こんな風に同じ会社なのに、住むところが違うだけで料金が異なることがあると心配に
なってくるのは「同じマンションでも料金が違うことはあるのか?」ということ。
こちらの方が調べてみましたが、心配いりません。

同じマンションに住んでいて、同じ会社の回線を使っているなら基本的に料金は同じ。
「同じマンションに住んでるのにネット料金が違うじゃない!」というクレーム対応として
プロバイダをマンション全体で指定しているところもあります。

そういうマンションは住人全員が完全に同じ料金で、ネットをします。
その分、高額キャッシュバックのあるプロバイダを選ぶことはできません。
こんな風に光ファイバーに対応してるマンションでは通信費の節約は難しいのです。

スマホのパケットを見直そうとしても、外出先でかなり節約しないといけなくなるから、
それはそれで大変です。どうすれば、マンションの契約をやぶらずに料金を節約できるので
しょうか?

家賃にインターネット料金が組み込まれていない場合はポケットwifiを

・すでに設置してある回線も契約しなければ料金は発生しない
・ポケットwifiなら無線通信だから回線の工事がないのでマンションに迷惑をかけない
・「インターネット無料」と書かれている場合は家賃に入っている

マンションの家賃にインターネット料金が組み込まれていない場合は、ポケットwifiを
契約すればかんたんにインターネットの料金を節約することができますよ。

ポケットwifiはネットから申し込めて、自宅に届くルーターを設定して使います。
無線で通信するから、回線の設置工事も必要ありません。

月額は最安値級のものだと月額2,000円前後!
高くても月額4,380円なので、固定回線より高くなることはありません。
しかも外出先でもネットできるし、月額4,880円は3日間で10GBも使えます。

固定回線で実現する無制限のwifi環境を持ち歩けるようなものなので、かなり便利です。
スマホのパケットを解約できるから、その分の費用が浮きます。
ソフトバンクで月間7GBのプランに加入していると、月額5,700円かかります。

これが毎月節約できるのですから、年間で68,400円浮きます。
この金額が節約できるのは、うれしいですよね?
光ファイバーでは実現できない通信費の節約になるので、試してみてください。

ただ、「インターネット無料」と書かれているマンションは家賃に光ファイバーの料金が
組み込まれています。これだと解約できないのでスマホのパケットのみを解約することに
なります。

それでも、月間7GBしか使えないで月額5,700円が月間ほとんど無制限で月額4,880円に
なるので、節約にもなるし、通信量も増えて便利になります。
外出中の「ネット節約しないと」という焦りがなくなって、イライラしなくなりますよ。

ソフトバンクのパケットを解約してWIMAXに変更した場合は、毎月1,320円の節約になります。
年間で15,840円の節約になるので、なかなかお得ですね。
こんな風に節約になるので、家賃にネット料金が組み込まれている場合でも試してみてください。

光ファイバーも契約してキャリアのスマホでネットして通信料金を節約するのは難しいです。
ほかには、こんな方法があります。

格安スマホにして通信費を抑える方法

・毎月6,000円~7,000円の料金がかかるスマホを格安スマホにする
・外出先での通信が不安定になるというデメリットがある
・SNSがカウントフリーになる格安スマホがある

光ファイバーが解約できない場合に実践できる通信費の節約方法に、格安スマホがあります。
毎月6,000円~7,000円かかるスマホ台を3分の1以下にできるのです。
格安スマホはさまざまな会社から発売されていますが、LINEモバイルならSNSが無料です。

LINE、Twitter、facebook、インスタがカウントフリーになっているのです!
SNSをメインで使う人にはぴったりな格安スマホですね。

月間の通信量は3GB、5GB、7GB、10GBで月額1,110円~。
月間7GBは月額2,880円と今までの半額以下になります。
このスマホに変更するだけでも、通信費の節約になりますね。

ただ、格安スマホは通信速度が遅いから動画の再生に時間がかかったり、ユーザーが多くなる
昼休みや夕方に通信が不安定になるというデメリットがあります。
WIMAXをはじめとするポケットwifiにはそういうことがありません。

安定した通信ができるので、快適にネットを使うことができますよ。

ほとんどの光ファイバー対応マンションはプロバイダを自由に選べる

・ほとんどの光ファイバー対応のマンションはホールセール型
・回線プロバイダ一体型のマンションは少ない
・プロバイダは無駄のないところを選んで節約しよう

光ファイバー対応マンションの中には、プロバイダがマンション全体で決まっている
ところがあります。

こういうシステムをとっているところを「回線プロバイダ一体型」と言います。
一方、通信回線は決まっているけど、プロバイダは自由に選べるところを「ホールセール型」
と言います。ほとんどのマンションは、「ホールセール型」。

あなたの好きなプロバイダを選べるので、無駄のないところにしましょう。
月額500円前後が相場ですが、中には1,000円くらいするところも。
そういうところは大容量のデータ保存サービスがあったり、メールアドレスが何個も提供され
たりします。

しかし、一人暮らしでメールアドレスが何個も必要な人はなかなかいません。
データもパソコンに保存すれば済む場合が多いので、本当に必要なのか十分に考えてから契約
してくださいね。

光ファイバーじゃなくても快適にネットできる

私はWIMAXというポケットwifiでネットしていますが高画質動画もサクサク進んで、
快適にネットできています。

職場の人とLINEしていても「返事遅いね」と言われたことがありません。
周りにも迷惑をかけないので、ポケットwifiはいいですよ。

WIMAXには高額キャッシュバックがある

光ファイバーを解約して新しいネット環境を準備するのはお金がかかりますが、WIMAXには
キャッシュバックがあるから、ネット環境の変更の出費も節約できますよ。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 



 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








契約したら料金高い!光ファイバーのマンションでの節約方法? はコメントを受け付けていません。 wifi