wifiを飛ばしたい!光ファイバー・マンションの場合は?

マンションでwifiを飛ばす方法の基礎まとめ

・親機であるwifiルーターと子機であるスマホやパソコンが必要
・光ファイバーが事前に通ってるマンションなら部屋にあるLANケーブルにつなぐだけ
・光ファイバーが事前に通ってないマンションなら回線契約からはじめよう

インターネットしたいけど、契約したことがないからよくわからないという人は今も多いです。
若くてこれから一人暮らしを始める人、結婚するまで実家にいた人、結婚後も奥さんにすべて
やってもらっていて出張先などで初めて自分だけで契約する人。

私も一人暮らしを始めたころにインターネットについて基礎の基礎から知りたいと思いました。
ネットで契約の方法を調べても、専門用語の説明とかがないんですよね?
どうしていいかわからなくなり、結局NTTに言われるがままに契約をしました。

でも、のちのち不満がたくさん出てきて途中で解約することになり、今はポケットwifiをフル
活用してネットしています。最初からポケットwifiにしておけば、余計なお金を使わないで
済んだのに…。とても後悔しているので、この記事にwifiの飛ばし方をまとめてみました。

さまざまな事情でインターネットをこれから始めて契約する人のために、wifiの基礎からお話し
していきます。契約の際に参考にしてみてくださいね!

まず、wifiを飛ばすには親機と子機が必要。
親機は無線LANルーター、wifiルーターと呼ばれる機器です。黒か白で単行本サイズの薄い箱状の
ものをどこかで見かけたことがあると思います。

このルーターから発信される電波がwifiなのです。これをキャッチするのがwifi受信機内蔵のスマホ、
パソコン、タブレットなど。ここ10年以内に購入したものならwifi受信機は内臓されています。
この場合は設定でwifiをオンにするだけで、簡単にネットにつながりますよ。

以前はパスワードの入力などがあったのですが、今はルーターのWPSボタンを長押しするだけ。
パスワードの入力って意外と面倒ですよね?でも、今はボタンひとつでwifi設定が完了します。

光ファイバーが事前に通っているマンションなら、何の契約もなしに壁のLANポートにケーブルを
差し込むだけでネットにつながります。
でも、事前に光ファイバーに契約していないマンションだと、自分で契約することになります。

ただマンションが「光ファイバー対応」と書かれていれば部屋まで回線が来ていますよ。

すべての光ファイバー対応マンションが契約不要じゃない

・プロバイダは自分で選んで契約するパターンもある
・マンション自体のHPがあってパソコンやスマホやあればその日からネットできるところもある
・「光ファイバー対応」でも引っ越した当日から確実にネットが使えるわけではない

「光ファイバー対応」と書かれていても、部屋に引っ越して来たらすぐにネットが使えるとは
限りません。中にはプロバイダに個人で契約しないといけないところもあります。

光ファイバーに対応しているマンションはフレッツ光、ドコモ光、au光、ソフトバンク光など
の光ファイバーを利用した通信サービスを提供している会社とマンションごと契約しています。
ですので、自分で好きな通信会社を選べません。

ただ、この通信会社はそれぞれいくつかのプロバイダがあります。
プロバイダとは、インターネット回線と利用者であるあなたを結び付けるための会社です。
加入しないとネットが使えないので、必ず契約しましょう。

プロバイダはマンションで一括で決まっているところもあれば、自由に選べるところもあります。
自由に選べるところでは、料金が一番安いところ、メールアドレスがたくさんもらえるところなどを
あなたがいいと思うところを選べますが、契約が面倒というデメリットも。

ネットから申し込めますが自宅に来て、契約書にサインをするのでそれまでネットが使えません。
マンションで一括でプロバイダと契約をしているところなら、引っ越してきてすぐに
契約できます。自由に選べない分、手間はかからないのです。

光ファイバーでもwifiルーターが使えないことがあるのか

・光ファイバーがつながっているならwifiを後から買っても使うことができる
・wifiはどの機種でも使えるので部屋の規模に合わせて選ぼう
・最大速度をチェックして買うと失敗がない

ある男性の体験談で光ファイバー対応のマンションに住んでいるけど、ドコモショップの
店員さんに「今のままではwifiルーターは使えない」と言われてしまったそうです。
「光ファイバーに対応してるのにどうして?」と思ったそうですが、実はこれは店員さんの誤解です。

光ファイバーに対応しているマンションであれば、wifiルーターを設置することはもちろんできるし、
そのwifiでパソコン、スマホ、タブレットなどの通信機器と無線でつながることができます。
5,000円くらいで買えるので、最大速度をチェックしてから購入しましょう。

また、wifiルーターが部屋にないということはこの男性はLANポートにLANケーブルを刺して、
パソコンやスマホと優先接続している状態です。
優先接続は安定しますが、不便なのでルーターを買ったほうがいいでしょう。

ルーターを買っても定額プランにしているなら、利用料金が上がることはありません。
新しく契約も必要ないです。ルーターだけを買ってパソコンやスマホをつないでいたケーブルで
ルーターとLANポートをつなぐだけですよ。

光ファイバーはどれくらい速いのか?口コミを見て事前にチェック

・最大速度が100Mbpsのときに約95Mbps出ていた
・理論上の数値とほとんど変わらない速度ということはそれだけ安定しているということ
・ポケットwifiだと無線通信なので最大速度の4分の1くらいの速度になってしまう

光ファイバーの最大の魅力は、その通信速度の速さと安定性です。
どれくらいなのか調べてみると、かなり前のデータが出てきました。

体験談を書いた人はフレッツ光を使っていました。現在のフレッツ光の最大速度は1Gbps。
でも、その時の最大速度は100Mbpsでした。それでも実測は約95Mbpsだったのです!

95Mbpsは今でもかなり速い通信速度。
しかも、最大値とほとんど変わらない速度ということは通信に無駄がなく安定しているという
ことなので、品質の高さがわかります。

ポケットwifiの場合は、当時の最大速度がWIMAXは40Mbps、ドコモは100Mbps。
これに対して実際の通信速度は、WIMAXは約10Mbps,ドコモは約9Mbps。
WIMAXは4分の1、ドコモに関しては100分の1以下の速度になってしまっています。

でも、これは珍しいことではありません。私が今現在使っているWIMAXの最大速度は440Mbps。
しかし、いつも使っているときの通信速度は約80Mbps。5分の1以下の速度になっているのです。
この原因は無線通信だから。

無線通信は外を電波が直接飛んでいるので木や鳥、雨、人、建物、車など様々なものにぶつかって
減速しながらあなたのところに電波が届きます。
しかし、光ファイバーはケーブル内を電波が通ってくるので障害物がありません。
距離が多いと少し減速してしまうだけで、ほとんど最大速度で自宅まで届くのです!

高速で安定している通信ができる光ファイバーの最大のデメリット

・家でしかネットできないので外ではスマホで直接通信することになる
・月間の通信制限を気にしながら利用するので、ストレスになる
・外出先でネットを我慢しながらの生活を送ることになる

高速で安定した通信ができる光ファイバー。完璧に思える通信環境ですがひとつだけ
大きなデメリットがあります。それは「家でしか高速通信ができないこと」。
家でなら通信制限なく快適にネットできますが、外出先ではそうもいかないのです。

外出先ではスマホの通信で直接ネットすることになるので、月間7GBの通信制限に
引っかからないようにいろいろ工夫をしながらネットしないといけないのです。
これは仕事や趣味でネットを使う社会人も、勉強や趣味でネットを使う学生も同じです。

最近はSNSが流行っているので、友達のインスタを一通りチェックしただけであっという間に
かなりの通信量を使ってしまうことになります。

これでは家でしかハイスペックな通信環境を使えないことになりますよね?
そのために毎月5,000円近い利用料を支払わないといけないのです。
もう少し安い通信料金の固定回線もありますが、マンション自体が光ファイバーに対応している
から変えることができません。

こういう場合は、どうやって通信費を節約すればいいのでしょうか?

光ファイバーに対応しているマンションでも無理なくできる通信費の節約方法

・料金プランの変更をしてみる
・ポケットwifiを契約する
・wifiルーターは売れるからリサイクルショップにもっていってみよう

光ファイバーに対応しているマンションでは、通信回線を変えることはできません。
対応していないマンションでもマンション全体で契約している通信回線以外の会社と契約
しようとすると、大家さんに嫌な顔をされてしまいます。

そこで、無理なくできる通信費の節約方法を考えてみました。
まずは料金プランを変更してみることです。
今契約している料金プランよりも安いものにすれば、かんたんに通信費を節約できます。

私もこれを真っ先に思い付いたのですが個人的にプラン変更ができませんでした。
ですので、ポケットwifiに変更してください。
wifiルーターは売れるので、リサイクルショップにもっていってみましょう。

ポケットwifiにするメリットまとめ

光ファイバーのマンションでも契約は強制ではないので、ポケットwifiを使えます。
ポケットwifiにするとどれくらいお得なのか、そのメリットをまとめてみました。

・スマホのパケットを解約してもネットできるからパケット料金がタダになる
・月額4,880円以下なので固定回線よりも安く利用できる
・家でも外でも通信できるからネットを我慢する必要がない

家賃にインターネット代が含まれている場合でも…

家賃にインターネット大が腹案れている場合は、解約できません。
でもポケットwifiはスマホのパケットプランよりも安いので、その場合でも節約になります。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

wifiを飛ばしたい!光ファイバー・マンションの場合は? はコメントを受け付けていません。 wifi