ポケットwifiの中で一番つながるwifiはどれですか?

そもそもポケットwifiがよくわからない…

・無線でネットに繋がれるコードレスの通信機器のこと
・ネットから契約できて初期設定はスマホよりもかんたん!
・タッチパネル式だから操作も直感的にできる

一人暮らしを始めたり、旅行や出張で遠征したり、家族が多くて通信回線が1本じゃ足りない
ような気がしたりしたとき「ポケットwifiがほしい」と思いますよね?

私も一人暮らしを始めてから最初は光回線を引いていたのですが、引っ越すたびに回線の
撤去工事と引っ越し先で設置工事があってイライラして、ポケットwifiがほしくなりました。
でも、「ポケットwifiがほしい」と思っている人の中にはよくわかっていない人が意外と多いです。

私の以前はその中の一人でした。
今まで携帯もスマホもシステムをよくわかっていない状態で契約して、特に問題がなかったから
よくわかってなくてもいいかと思っていたのですが、そうでもありません。

まず、ポケットwifiには聞きなれない会社の商品があるからどれをえらんでいいかわからないのです!
ここでは、ポケットwifiの基礎知識から一番つながるwifiまでお話ししていきます。

ポケットwifiにはどんな会社があるのか

ポケットwifiやスマホなどの通信機器と聞いて一番最初にイメージするのはドコモ、au、
ソフトバンクですよね?でも、ポケットwifiにはauとソフトバンクの商品がありません。
それぞれの傘下であるWIMAXとワイモバイル、ヤフーwifiになります。

ポケットwifiは、スマホと同じように無線でネットにつながる通信機器です。
よくスタバやマックにあるwi-fiを持ち歩いているようなものです。
1台あればゲーム機やタブレット、スマホなど10台くらいの通信機器がネットに接続できます。

ネットから契約でいて初期設定はスマホよりもかんたん。操作もタッチパネル式でスマホ
感覚で使えます。かなり便利なので、毎日の生活が快適になりますよ。

一番つながるポケットwifiはどれなのか

・通信エリアが広いのはドコモ
・WIMAXはau、ワイモバイル、ヤフーwifiはソフトバンクの通信エリアと独自エリアを使える
・2つのエリアを使える、WIMAX、ワイモバイル、ヤフーwifiがつながりやすい

ポケットwifiを発売しているのはドコモ、auのWIMAX、ソフトバンクのワイモバイル、
ヤフーwifiの3つです。この3つのポケットwifiの特徴をまとめてみると…

ドコモはNTTドコモ回線を使って通信します。人口カバー率は99%とキャリアの中で最高。
安定性やつながりやすさにも定評があります。

WIMAXはau回線とWIMAX専用回線の2つを使うことができます。
どちらも全国的に通信エリアが広がっているので、つながりやすいです。
auでつながらないならWIMAXでという方法が取れるから、つながりにくくても安心です。

ワイモバイルとヤフーwifiも、それぞれの独自回線とソフトバンク回線を両方使えます。
2つの通信回線を使えると、つながりにくくなるので安心感があります。
このようにつながりやすいのはWIMAX、ワイモバイル、ヤフーwifiですね。

この中でどれが一番つながるかは、使う人が住んでいる環境によって違います。
それぞれの会社のサイトで通信エリアマップをチェックしてみて、あなたが住んでいる
地域でエリアが一番広い会社を選びましょう。

つながりやすさ=通信エリアの広さ

・通信速度は5Mbps以上あれば十分速く感じる
・つながりやすさは通信速度ではなく通信エリアの広さで決まる
・住んでいる地域、よくいく場所が通信エリアに入っているかをチェックしよう

ポケットwifiのつながりやすさは、通信速度で決まると思っている人が多いです。
私も以前はそう思っていました。通信速度が速ければ早いほど早くつながると。
でも、実際はそうではありません。

通信速度は5Mbps以上あれば、ストレスなくネットにつながります。
ポケットwifiの「実際の速度を図った結果=実測」は、どの会社も10Mbps以上です。
WIMAXは90Mbpsというところもありますので、どの会社を選んでも十分な速度ですね。

ただ、通信エリアは会社によって力を入れている地域が違います。
例えば、ドコモは山岳地以外は一通りつながります。
WIMAXは都市部中心、ワイモバイル、ヤフーwifiも山岳地以外なら基本的につながります。

このように違いが出るのは、ドコモ、ワイモバイル、ヤフーwifiはLTEで通信していて、
WIMAXは独自回線だから。私はWIMAXを使っているのですが、都市部でも地方でも問題
なくつながります。都市部中心だから、地方ではつながらないという意味ではありません。

WIMAXのつながりやすさはどれくらいなのか?私の体験談

・高画質動画でもさくさく読み込んでくれるし、新幹線の中でもつながる
・地下鉄の駅、電車内、高層のオフィスでも快適にネットできる
・2年使っていて不満がほとんどない

私は2年前からWIMAXを使っています。
スマホで高画質動画を見る時も、さくさくデータを読み込んでくれるし、新幹線の中でも
快適につながります。

地下鉄の駅や電車内、高層の建物の中でもネットできるので、かなり便利です。
WIMAXにしてからネットがつながらなくてイライラしたことが、ほとんどありません。

スマホにある通信制限がポケットwifiにもありますが、WIMAXの場合は3日間で10GBと
大容量。毎日のように映画を見ても、通信速度制限にひっかかりません。
また、引っかかったとしても制限されるのは18時から翌朝2時まで。

ワイモバイルやヤフーwifiは丸1日制限されてしまうのですが、WIMAXはその心配がありません。
速度も速くて通信制限も緩いので、WIMAXは一番つながるwifiと言えますね。

WIMAXの電波は都市部でつながりやすい!その理由

・直進が得意なので、遠くまでよく届くから
・基地局が多いから発信源から基地局までが近いから
・高層ビルの屋上に基地局が設置されているから

WIMAXは地方よりも都市部のほうがつながりやすいです。
その理由は、WIMAXの電波の特徴、そして基地局の設置の特徴にあります。

まずWIMAXは、2.5Ghzという高周波の電波で通信をします。
ですので、直進が得意で遠くまでよく届きます。
またそれだけではなく基地局が都市部を中心に増えているので、基地局と発信源が近いです。

そのため、入り組んだ場所でもつながりやすいのです。以前は直進性が高い分、入り組んだ場所
ではつながりにくいというデメリットがありましたが、基地局を増やして改善しました。

あと電波の特徴に関係なく、高層ビルや高層マンションの上層階では電波が届きにくいのですが、
WIMAXは電波がしっかり届きます。これは、高層ビルや高層マンションの屋上に基地局を設置
しているからです。

ただ、理論上は直進性が強いと雨や雪、建物などの障害物に反射してつながりにくくなります。
でも私はWIMAXを使っていて、雨の日でも晴れの日でも速度に違いを感じたことはありません。

雪の日はつながりにくいこともありますが、それは雪に電波が反射しているからというよりも、
ユーザーがみんな交通情報をチェックしているから。
ドコモやソフトバンク系のポケットwifiでも、同じようなことが起こると思います。

LTEは直進性が弱いですが、その分回り込むのが得意です。
障害物があっても土地が凸凹でも、柔軟につながってくれます。ただ全国的にまんべんなく基地局を
設置しているので、引っ越しが多い人や出張、旅行をよくする人向きですね。

私のような普段あまり長い距離を移動しない人によっては、一番つながるwifiは、WIMAXです。

ドコモのワイヤレスゲートは本当にお得!?見落としがちなデメリット

・通信料金が高くても根強い人気のドコモ
・ワイヤレスゲートはルーターなしでも全国でwifiが使えて便利
・ルーターの通信制限は月間3GBと少ない

ドコモのスマホを使っている人の中にはWIMAXとワイモバイルなどのポケットwifiを契約しないで、
ワイヤレスゲートを使っているという人もいます。
月額3,980円でもてるポケットwifiで、全国3万か所にあるwifiスポットが無料でつかえます。

実際にワイヤレスゲートを使っている人の体験談を読んでみると、池袋のカフェで実測
約9Mbps、明治神宮前駅の中では約3Mbps、上野では約3Mbpsという結果でした。
WIMAXの実測を調べると、池袋で約54Mbps、原宿で約46Mbps、上野で約76Mbpsでした。

WIMAXのほうが早いですね。
また、ワイヤレスゲートのルーターの月間の通信量をみてみるとたった3GBでした。
WIMAXなら月間7GBで月額3,696円、月額4,880円では3日間で10GB使えます。

ワイヤレスゲートはかなり高い料金で、速度も速くないということがわかりますね。
全国のwifiスポットを無料で使えるのもメリットのように思うかもしれませんが、
WIMAXで全国どこででも通信制限を気にせず、ネットできたほうが快適だと思います。

wifiスポットでネットするときはいちいちスポットを探さないといけないので、手間ですし。

つながりやすいポケットwifiを調べるのに確実な方法

・1日それぞれの会社のルーターをレンタルする
・1日500円くらいでレンタルできるから4社レンタルしても2,000円
・見切り発車で契約してすぐ解約すると解約料がとられてしまう

つながりやすいポケットwifiを調べるのに確実な方法は、1日だけそれぞれの会社のルーターを
レンタルすること。1日500円くらいでレンタル業者から借りられるので、実際に使ってみてください。
4社すべてのルーターをレンタルしても2,000円で済むので、安心です。

見切り発車で契約しても納得できずにすぐ解約ということになると、解約料が2万円以上かかります。
特にヤフーwifiとワイモバイルは月額利用料金が安い分、解約料金が高く設定されています。

WIMAXはレンタル業者に多く取り扱われているし、試しやすさも一番です。
失敗しないためにもレンタルをしてみてください。私はWIMAXにしてから外出先でSNSを更新する
機会が増えました。今までよりもネットを楽しく活用できていて、満足しています。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 



 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








ポケットwifiの中で一番つながるwifiはどれですか? はコメントを受け付けていません。 wifi