足りなくなったギガを買う方法は?どこで売ってるの?

ドコモでギガを買う場合の手順と単価

・スマホ、パソコン、タブレットなどからかんたんに手続きできる
・電話やドコモショップで直接契約も可能
・単価は1ギガ1,000円

スマホでネットするとき、気になるのはギガ残量ですよね?
友達のSNSを毎日チェックしたり、好きなアーティストのPVをYOUTUBEで見たりしているうちに
あっという間に月間の通信制限にひっかかってしまいます。

私も以前はスマホの通信制限が気になっていて、好きな芸能人のSNSや知り合いのSNSのチェック
を会社のパソコンで休憩時間にしていました。こんなふうに家や会社などの固定回線がある環境で
見たりすることでギガを節約できます。

でも、せっかくスマホを持っているんだから自分の好きなタイミングでチェックしたいですよね?
そこで好きなだけネットしていると、どうしても引っかかってしまう通信制限をギガを追加で買う
ことで解決しましょう。

例えばドコモでギガを追加で買うときは、スマホ、パソコン、タブレットなどの通信機器で
dメニューにアクセスします。そこからギガを追加で買う申し込みをすればいいだけです。

操作の仕方がよくわからないという人は電話でも申し込めるし、電話は苦手という人はドコモ
ショップで直接申し込みをすることもできます。
単価は1ギガ当たり1,000円。緊急の時は役に立ちますが、安くはないですね。

auでギガを買う場合の手順と単価

・My auから申し込みをする
・0.5ギガは550円、1ギガは1,000円
・21時までに申し込みをしないとその日中には使えない

ドコモの追加料金が高いような気がしたのですが、他のキャリアの携帯会社と比較してみないと
わからないですよね?そこで、今度はauのギガ追加で買う料金を調べてみました。
その結果、auは0.5ギガと1ギガの容量で買えることがわかりました。

料金は0.5ギガは550円、1ギガは1,000円。1ギガ当たりはドコモと変わらないですね。
そして、申し込みをする時間帯は21時までにしましょう。
21時以降に申し込みができるのですが、21時以降の申し込みだとギガが追加されるのが翌朝8時に
なります。

「夜のうちに友達と画像のやり取りをしたい!」「明日までに動画を見てダンスを練習しないと
いけない!」という場合は困ってしまいますね。
ギガ残量をこまめにチェックして、追加購入するべきか早めに決めましょう。

ソフトバンクでギガを買う場合の手順と単価

・MySoftBankからか電話で手続きができる
・単価は1ギガあたり1,000円とほかのキャリアと同じ
・追加買った月の請求月末まで使える

ソフトバンクでギガを追加で買う場合は、MySoftBankからか電話から手続きができます。
どちらから手続きをしても追加料金は同じで1ギガ当たり1,000円です。
ドコモやauと同じ料金ですね。

追加買ったギガは買った月の請求月末まで使えます。
つまり、翌月末まで使えるので最長で2か月間は使えますね。
ドコモはその月末までしか使えません。auは購入から62日間使えます。

ソフトバンクの追加ギガを使える期間は、ドコモとauの中間といったところですね。
auはどのタイミングでギガを買っても一律で62日間使えるから、わかりやすいしお得です。
でもギガの消費量が多い人は、62日もたたないうちに使い切ってしまいます。

どれくらいの期間使えるかよりも、追加がどれくらい必要かを考えて追加購入しましょう。
1ギガ1,000円だから安いと思うかもしれませんが、1ギガは高画質動画を90分見るとなくなります。
人によっては1回ギガを買えばで十分という人もいるかもしれません。

でもスマホでよく高画質動画を見る人は通信制限にひっかかかるたびに追加していたら、
通信費が大変な金額になります。通信費の合計を計算しながらギガを買ってくださいね。

コンビニで買えるギガはauだけ?

・auの場合はギガを追加できるカードが1.5ギガ、3ギガ、5ギガの3種類がある
・iTunesカードならキャリア関係なく使える
・Google Pleyカードなら購入してアプリをインストールできる

スマホのギガがなくなってしまったら、キャリアの携帯会社に申し込むと有料で追加できます。
でも、手続きが面倒という場合はコンビニで購入しましょう。

例えばauには「データチャージカード」というギガを追加できるカードがあります。
このカードを購入して、デジラアプリというau専用のギガ測定アプリからカードのQRコードを
読み取ります。

「データチャージカード」には1.5ギガ、3ギガ、5ギガの3種類があります。
でもau以外でもコンビニでカードを買って、ギガを追加できます!

iTunesカードならどのキャリアのスマホでも、iTunesストアから音楽を購入できます。
1,500円、3,000円、5,000円、10,000円と4種類あります。
App Storeのデザインもありますが、iTunesカードと同じです。

ほかにはAndroidのスマホだったら、Googleplayカードを購入すればGoogle Playからアプリを
インストールできます。auの「データチャージカード」のようにギガそのものを増やすわけでは
ありませんが、多くのギガを消費するアプリのインストールができるようになります。

ほかにはAAmazonギフト券や楽天ポイントギフトカードなどがあります。
こうしたカードもギガを増やしてくれるわけではなくて、特定のサイトで買い物をするときにしか
使えないカードです。

しかも、通信制限に引っかかっている状態でこうしたギフトカードを使おうとすると、商品の
画像を読み込んだりするのに時間がかかります。
通販でお買い物をするのにイライラしてしまうので、WIFI環境が必要になりますね。

私も一度だけAmazonギフト券をもらったことがあるのですが、珍しいからすぐ使いたくなります。
その時は自宅の光回線があったので自宅のWIFI環境でお買い物しましたが、いろんな商品の画像を
みたり、説明動画を見たりして結構な通信量だったと思います。

アプリのインストールに使えるカードとギフトカード以外には、アプリ内の架空通貨を買うための
カードなどがありますが、やはり通信容量そのものは増やすことができません。

となると、通信容量が多いスマホを選んだ方がいいですね。
最近は通信容量が多い格安SIMも登場しているので、乗り換えも考えてみてください。

携帯キャリアと格安SIMのギガ単価の差はいくら?

・ドコモの通信パックは「データMパック(5ギガ)」で月額5,000円
・格安SIMのnuro mobileなら月間5ギガで月額1,600円
・格安SIMはドコモよりも680円単価が安い

格安SIMはキャリアのスマホにさして使えるので、周りから見るとキャリアのスマホを使って
いるように見えます。友達にバレずに通信費を節約できますよ。

気になる料金は、携帯キャリアのドコモだと「データMパック(5ギガ)」で月額5,000円。
格安SIMのnuro mobileなら同じ月間5ギガで月額1,600円です。
格安SIMはドコモよりも680円単価が安い計算になります。

ドコモでギガを追加購入しても1ギガ当たり1,000円なので、格安SIMとの差額は同じです。
月間20ギガ使える「ウルトラデータLパック(20ギガ)」なら月額6,000円だから、単価は300円。
格安SIMの単価は320円なので単価は安くなりますが、そもそも月間20ギガ必要な人はほとんど
いません。

私の個人的な毎月の通信量で言うと、月間15ギガくらいです。
月間5ギガや7ギガじゃ足りないけど、20ギガだとあまる。
15ギガくらいの料金プランがあったらいいのに、それがあるキャリアの携帯会社はありません。

ただ、格安SIMはキャリアの携帯会社よりも細かく料金プランを用意しているところが多いので、
15ギガくらいのちょうどいい料金プランがあります。でも、通信の品質は高くありません。

格安SIMは速度が遅くなる場合も

・ユーザーが増える昼休みや午後8時以降は速度が遅くなってしまう
・土日は朝から晩まで速度が遅い
・「使い物にならない」とイライラするユーザーもいる

格安SIMはキャリアの携帯会社よりも細かく料金設定を用意してくれています。
とても便利ですが、通信の櫃は高くありません。
気キャリアの通信回線をレンタルして通信しているので、速度制限が厳しいのです。

あとユーザーが増える昼休みや夕方8時以降は速度が落ちてしまうことが多いです。
土日は朝から晩までユーザーが多いので、ネットができなくなることも。
「これじゃ使い物にならない」とイライラして解約するユーザーも少なくありません。

私の友達も格安SIMですが、「家に固定回線がある人じゃないと無理だよ」といっていました。
キャリアの高速通信に慣れていると、どうしてもストレスを感じてしまう遅さなのです。

そこで基本的にはキャリアの通信回線でネットをして、足りなくなったらポケットWIFIを使うと
いう方法にしてみてください。
ヤフーWIFIだと、安く5ギガプラスされてちょうどいい通信容量になります。

ヤフーWIFIはギガ単価が安い

・月間5ギガ使えて月額2,000円くらい
・単価にすると400円
・格安SIMとほとんど変わらない料金でネットできる

ヤフーWIFIというポケットWIFIは月間5ギガ使えて、月額2,000円です。
単価にすると1ギガ400円で買えるので、単価が1,000円のキャリアの半額以下です。
格安SIMとほとんど変わらない料金で、ネットできます。

例えば月間7ギガの通信パックを契約している人なら、月間5ギガプラスで月間12ギガの通信量に
なります。私はこれくらいがちょうどいいと思います。
月額2,000円のほかには、月間無制限で使える料金プランもあります。

私もポケットWIFIを使っていますが、昼休みでも夕方でも快適に通信できます。
YOUTUBEを見ていても、ギガの残量を気にしないでいいからストレスがありません。
ポケットWIFIは固定回線と違って家でも外出先でもWIFIでネットできて、とても便利ですよ!



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 



 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








足りなくなったギガを買う方法は?どこで売ってるの? はコメントを受け付けていません。 速度制限