フレッツ光の申込みはアパマンショップ経由じゃないとだめなの?

Q.pngフレッツ光の契約について、質問があります。

近々、小さなアパートへ引っ越しをする予定になっています。
不動産会社はアパマンショップです。

仕事と趣味の両方で、インターネットは、どうしても必要です。
出来るなら、フレッツ光がいいと思っています。

それで、フレッツ光のサイトを調べました。
私に合うプランを決めました。
キャッシュバックや家電のプレゼントなど、特典もあります。

このことをアパマンショップへ連絡したのです。
でも、指定した窓口からしか、申し込みを受け付けない、とのことです。
それは、フレッツ光でした。
なので、そこまではよかったのです。

でも、私がサイトで見た特典などは付いていません。
このことを伝えると。
「そのようなキャンペーンはありません」とのことです。
そんな筈はない、と聞いても。
「そのようなサービスはありません」の一点張りです。

同じフレッツ光なのに、なぜ違うのでしょうか?
今度の対応で、アパマンショップに不信感を持ちました。
アパマンショップで同じような体験をした方、いらっしゃいませんか?

どうか、回答をお願いします。

■インターネット対応物件、光ファイバー導入済物件って?

物件を探していると「インターネット対応」「光ファイバー導入済」などの表記を
目にすることが多いと思います。

インターネット使い放題であると思ってその物件にされた方もいるのではないでしょうか。
ところが入居してみたら各種申込みはご自分でしなくてはならず、非常に困ったという
経験がある方もいらっしゃるでしょう。

確かにインターネットが備え付けのようになっていて、毎月一定の金額を払ったり、
もしくは無料で入居してすぐインターネットが使用できる物件もあります。

そういった物件が増えていることは確かですが、一般に「インターネット対応」などと
表記されている場合、備え付けのようになっていないと考えた方がいいでしょう。

では、この「インターネット対応」というのはどういう意味でしょうか?

マンションやアパートのような集合住宅では、電柱や地下から屋内にある
建物の共有スペースにまでまず配線を引き、その後に各部屋に配線を引きます。

光ファイバーでも、この屋内の共有スペースまで光ファイバーを使用して
各部屋には電話線で配線を伸ばすという方法もありますし、
各部屋まで光ファイバーを引く方法もあります。

当然各部屋まで光ファイバーを使用する方が回線速度は速いですが、
入居する建物の配線方式を変えることは難しいので入居前に確認するしかありません。

少し脱線しましたが、「インターネット対応」物件は、建物の共有スペースにまで
配線が引かれているという意味です。

なので、入居して部屋でインターネットをする場合は、共有スペースにまできている
配線と部屋を繋いでもらわなければなりません。

工事を申し込んでから完了までに2-3週間ほどかかりますので、「インターネット対応」
と表記されていてもすぐに使用できるわけではないことを覚悟しておいてください。

■不動産に指定されたところからしかインターネットは申し込めない?

アパマンショップが管理している物件の中には、指定された窓口からの申し込みしか
受け付けていないと言われるかもしれません。

インターネットや家電量販店経由で申し込むとキャッシュバックがたくさんあり、
お得に契約できます。

しかし、このような不動産経由の場合、キャッシュバックはないことが多く、
もしあっても額が少ないことがほとんどです。

そのような場合でも指定されたところから申し込まなければならないのでしょうか?

不動産側がインターネットを指定してくる理由として以下のことが考えられます。

①仲介料が入るから

不動産経由でインターネットを申し込むとプロバイダーなどから紹介料として
不動産にお金が入ると考えられます。

本来ならば契約者に還元されるはずの分も不動産にいってしまうため、
契約者にとっては損です。

NTTによる配線工事が終わっているアパートであれば、不動産経由でも個人で申し込んでも
最初のキャッシュバック以外は特に変わりません。

②マンション単位でインターネット定額サービスに入っているから

マンションでインターネットをする場合でも、NTTとプロバイダーに個人で加入する
必要がありますが、NTTと不動産などが契約を交わし、一定の月額料金で
入居者がインターネットを利用できるマンションもあります。

多くの人で回線を共有するため、入居者一人一人の利用料金は安くなります。
そのようなサービスがある物件の場合は、不動産経由で申し込むことになります。

キャッシュバックなどはないことが多いですが、契約料や解約料などが不要なことが多く、
結果的にお得になるかもしれません。

入居からインターネット開通までが早い傾向があります。

③ケーブルテレビの配線を完備している物件だから

インターネットサービスを提供しているのはNTTだけではありません。
ケーブルテレビでも提供しているところもあります。

ケーブルテレビでインターネットをする場合も専用の配線工事が必要です。
ケーブルテレビの工事を済ませている物件も「インターネット対応」です。

ケーブルテレビに対応していてもNTTのフレッツ光を利用したい場合は、
別途工事が必要となります。

また、ケーブルテレビによるインターネットでも大家さんの一部もしくは全額負担により
お得にインターネットが利用できるようになっている物件もあります。

ケーブルテレビのインターネット速度も上がってきていますが、フレッツ光と比べると
まだまだ劣ってしまいます。
速度重視の方は個人的にフレッツ光などに申し込んでもいいかもしれません。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

フレッツ光の申込みはアパマンショップ経由じゃないとだめなの? はコメントを受け付けていません。 フレッツ光